SlideShare a Scribd company logo
Code for Numazu 1
Code for Numazu
- Code for Numazu の紹介 -
2016年7月18日
Code for Numazu 2
CivicTechとCode for xxxについて
CivicTechとは
行政は必要なデータやリソースを提供し、市民が必要なサービスを決定できる
ようなプラットフォームとなり、市民自身が課題を解決していく活動。
行政に対して不満をぶつけるだけだった市民が立ち上がり自分たち自身がテ
クノロジーも活用しながら、より良い世界の実現に参画する活動。
米国では、シビックテック・スタートアップと呼ばれるビジネスを立ち上げる人々
が生まれ市民・行政・企業を含むエコシステムとも呼べる状況を構成し発展して
いる。
Code for XXXとは
地域の住民が、地域の課題を、テクノロジーの力を梃子に、行政・企業を
巻き込みながら解決する活動です。
その活動内容には、自治体と企業、住民を繋ぐ活動、地域の子供たちを
次世代のシビックハッカーに育てる活動も含まれます。
※ハッカーとは、何かを創造する人たちのことです。
必要な情報は、自分たちでも作る、自治体に働きかけ、オープンデータを
充実させることを通じて、より豊かな社会を作ることを目指します。
Code for Numazu 3
Code for Numazuのご紹介
「ITを梃子に地域住民の課題を解決し、より良い社会を目指します」を
めざす市民の集まりです。
①~③を通じて、沼津の誇り、課題を見える化し、みんなで解決します。
情報、活動をオープンにすることで、みんなで中立的に検討できます。
公式サイト
http://www.code4numazu.org/
①地域情報の見える化 ②地域活動の見える化 ③地域課題をみんなで解決
・行政所有データ(統計、避難所情
報等)を使い、沼津の強み、弱みを
見える化してみる。
・データやアプリ作成、Webサイトを
利用し沼津の役に立てる(例:AED
情報を整備し利用できる形にする)。
・沼津の成功/課題がある場所、よ
い点・悪い点を地元の方にお聞きし、
要因は何か考え、情報発信する。
・地元イベントや特産物に対してIT
ができることを考える。(例:印刷可
なイベント地図情報の提供等)
・①、②を通じて、分かった課題を、
市民が対策を考え、解決に繋げる。
・解決事例を増やし、市民同士の交
流、繋がりを広げて、市民で解決で
きるものを広げる。
若者~年配者まで色々な方が参加しています!
困りごと解決の中から、住民の輪が広がっていくとうれしいです。
皆様、ご協力、よろしくお願いします!
Code for Numazu 4
活動&成果物の一部
■ 「ふむふむ」 iOS/Android版公開中
https://itunes.apple.com/jp/app/fumufumu/id1077970627?mt=8
■ 「マッピングパーティの様子」
◆静岡新聞
http://www.at-s.com/news/article/local/east/228837.html
◆朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ4C3GJ9J4CUTPB007.html?iref=sp_areatop_n
■ 沼津市HPのAEDデータをエクセル
にまとめ、ジオコーディング(緯度
経度)を設定した。「AEDオープン
データ検索」で利用可能。
■ 月1ベースで沼津市役所とも打合せ。
危機管理課から3つのデータから
オープンデータ化を進めている。
Code for Numazu 5
定例の様子(月1開催)
■議題は毎月参加者で持ち寄り、ITに限らず防災や観光等も議論。
定例会の参加は自由で、静岡と縁のない方も参加することもある。
■代表の市川博之氏は地図/ITの専門家であり、前回より慶應大学の
GIS専攻の学生が足を運んで検討に参加している。メンバーは市議会
議員や弁護士、街づくりの専門家等様々なスペシャリストがおり内
容も深く語られる。
■幅広い年齢層が参加し、柔軟な
アイデアと、議論を重ねることができ
学生にも貴重な経験の場となる。
■開発やデータ作成のイベントにも
学生の力は発揮できる!
毎月様々なテーマを見える化、検討し、自らに腹落ちしてもらい
本来の課題は何か、どうやって解決するか考えます。
Code for Numazu 6
アーバンデータチャレンジ2016
(現在企画中)
■アーバンデータチャレンジとは
◆地域課題の解決を目的とした、地方自治体を中心とする公共データを活
用したイベント開催を伴う一般参加型コンテスト。
◆自治体が広くデータを流通・公開することや、ビジネスレベルで多くの
民間企業等が参画することを促進している。
静岡県ブロックにも協力中
◆Code for Numazuでも東部でイベント開催予定。
◆沼津市役所のクレーム一覧を利用し、オープンデータの活用法を考える
アイデアソンを沼津市と計画中です。
◆静岡県でもオープンデータアプリコンテストを企画中のため、良いアイ
デアは、コンテストを狙えるように連携を考えています。
■沼津の課題を、市民の手で解決しよう!
◆市民自らもっと課題を自分ごととして考えていこう!
◆沼津からもっと情報発信、沼津発のアプリを発信していこう!
◆課題検討や開発を通じて、新たな繋がりをつくろう!
Code for Numazu 7Copyright © Cambridge Technology Partners Limited, All Rights Reserved. Proprietary and Confidential
市川電産のご紹介
 Code for Numazuの代表市川は、市川電産という屋号で
趣味で開発、データ作りをしています。
 昨年は、数々のハッカソンやオープンデータコンテストで優勝・受賞
いたしました。
 そのような縁もあり、会津大学や、奈良先端科学技術大学院大学等の
教授や学生たちと開発を続けたり、各地でオープンデータを利用した
シビックテック活動を続けています。
その他ハッカソン受賞暦
 MashUpAwars Hackathon 会津 会津若松市長賞
 MashUpAwars Hackathon 生駒 最優秀賞
(MashupAwards運営委員会主催、2015/8)
 シビックテック2015 (2015/11) オープンデータパート
ナー賞
 オープンデータコンテスト会津若松(2016/2)優秀賞
 アーバンデータチャレンジ2015 (2016/2)銀賞
 NUL-G TechWeek Winter 技術賞、アシアル社賞
SPAJAM (MCF主催、2015/7)
中部大会優勝
NUL-G TechWeek(2016/2) 技術賞、
他
HackCars Days2015
(トヨタ、マツダ、スバル主催、
2015/9)最優秀賞

More Related Content

What's hot

IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革 (2017/02版)
IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革 (2017/02版)IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革 (2017/02版)
IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革 (2017/02版)
Koichi Masukura
 
IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革
IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革
IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革
Koichi Masukura
 
自治体DX概観
自治体DX概観自治体DX概観
自治体DX概観
明平 吉本
 
C4 susono 2019_intro
C4 susono 2019_introC4 susono 2019_intro
C4 susono 2019_intro
義人 中原
 
コーポレートフェローシップについて(2015年1月7日会見配布資料)
コーポレートフェローシップについて(2015年1月7日会見配布資料)コーポレートフェローシップについて(2015年1月7日会見配布資料)
コーポレートフェローシップについて(2015年1月7日会見配布資料)
Code for Japan
 
LTc4s
LTc4sLTc4s
デジタルエコノミーに向けた法制度のあり方について
デジタルエコノミーに向けた法制度のあり方についてデジタルエコノミーに向けた法制度のあり方について
デジタルエコノミーに向けた法制度のあり方について
Masakazu Masujima
 
210512opengovernment101
210512opengovernment101210512opengovernment101
210512opengovernment101
Kenji Hiramoto
 
140413東大オープンガバメント
140413東大オープンガバメント140413東大オープンガバメント
140413東大オープンガバメント
Kenji Hiramoto
 
浪江町タブレット事業:事業者説明会資料
浪江町タブレット事業:事業者説明会資料浪江町タブレット事業:事業者説明会資料
浪江町タブレット事業:事業者説明会資料
Hal Seki
 

What's hot (10)

IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革 (2017/02版)
IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革 (2017/02版)IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革 (2017/02版)
IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革 (2017/02版)
 
IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革
IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革
IoT(Internet of Things)時代のビジネス変革
 
自治体DX概観
自治体DX概観自治体DX概観
自治体DX概観
 
C4 susono 2019_intro
C4 susono 2019_introC4 susono 2019_intro
C4 susono 2019_intro
 
コーポレートフェローシップについて(2015年1月7日会見配布資料)
コーポレートフェローシップについて(2015年1月7日会見配布資料)コーポレートフェローシップについて(2015年1月7日会見配布資料)
コーポレートフェローシップについて(2015年1月7日会見配布資料)
 
LTc4s
LTc4sLTc4s
LTc4s
 
デジタルエコノミーに向けた法制度のあり方について
デジタルエコノミーに向けた法制度のあり方についてデジタルエコノミーに向けた法制度のあり方について
デジタルエコノミーに向けた法制度のあり方について
 
210512opengovernment101
210512opengovernment101210512opengovernment101
210512opengovernment101
 
140413東大オープンガバメント
140413東大オープンガバメント140413東大オープンガバメント
140413東大オープンガバメント
 
浪江町タブレット事業:事業者説明会資料
浪江町タブレット事業:事業者説明会資料浪江町タブレット事業:事業者説明会資料
浪江町タブレット事業:事業者説明会資料
 

Viewers also liked

Codefor numazu(第6回)
Codefor numazu(第6回)Codefor numazu(第6回)
Codefor numazu(第6回)
Hiroyuki Ichikawa
 
美味彩才 SPAJAM 岐阜予選
美味彩才 SPAJAM 岐阜予選美味彩才 SPAJAM 岐阜予選
美味彩才 SPAJAM 岐阜予選
Hiroyuki Ichikawa
 
さすけね2016
さすけね2016さすけね2016
さすけね2016
Hiroyuki Ichikawa
 
オープンデータ研修
オープンデータ研修オープンデータ研修
オープンデータ研修
Hiroyuki Ichikawa
 
Code for numazu(第10回)
Code for numazu(第10回)Code for numazu(第10回)
Code for numazu(第10回)
Hiroyuki Ichikawa
 
チャレンジオープンガバナンス アイデアシート(裾野市)
チャレンジオープンガバナンス アイデアシート(裾野市)チャレンジオープンガバナンス アイデアシート(裾野市)
チャレンジオープンガバナンス アイデアシート(裾野市)
Hiroyuki Ichikawa
 
街Ing! シャッター街でも儲けまくれ!
街Ing! シャッター街でも儲けまくれ!街Ing! シャッター街でも儲けまくれ!
街Ing! シャッター街でも儲けまくれ!
Hiroyuki Ichikawa
 
オープンデータのAPI利用と開発
オープンデータのAPI利用と開発オープンデータのAPI利用と開発
オープンデータのAPI利用と開発
Hiroyuki Ichikawa
 
Code for Numazu 一年の振り返り
Code for Numazu 一年の振り返りCode for Numazu 一年の振り返り
Code for Numazu 一年の振り返り
Hiroyuki Ichikawa
 
Code for numazu(第11回)
Code for numazu(第11回)Code for numazu(第11回)
Code for numazu(第11回)
Hiroyuki Ichikawa
 
Hear!We!Go!
Hear!We!Go!Hear!We!Go!
Hear!We!Go!
Hiroyuki Ichikawa
 
オープンデータディ2017 ワークショップ
オープンデータディ2017 ワークショップオープンデータディ2017 ワークショップ
オープンデータディ2017 ワークショップ
Hiroyuki Ichikawa
 
裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン開催
裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン開催裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン開催
裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン開催
Hiroyuki Ichikawa
 
ナイトアウトドア
ナイトアウトドアナイトアウトドア
ナイトアウトドア
Hiroyuki Ichikawa
 
ぼぼっとナビ by 市川電産
ぼぼっとナビ by 市川電産ぼぼっとナビ by 市川電産
ぼぼっとナビ by 市川電産
Hiroyuki Ichikawa
 
Codefor numazu(第9回)
Codefor numazu(第9回)Codefor numazu(第9回)
Codefor numazu(第9回)
Hiroyuki Ichikawa
 
Monacaハンズオン(三島ハッカソン用)
Monacaハンズオン(三島ハッカソン用)Monacaハンズオン(三島ハッカソン用)
Monacaハンズオン(三島ハッカソン用)
Hiroyuki Ichikawa
 
活用、CivicTechでNCMB!
活用、CivicTechでNCMB!活用、CivicTechでNCMB!
活用、CivicTechでNCMB!
Hiroyuki Ichikawa
 
Light up Numazu 基調講演 「オープンデータ 活用によるまちづくり」
Light up Numazu 基調講演 「オープンデータ活用によるまちづくり」Light up Numazu 基調講演 「オープンデータ活用によるまちづくり」
Light up Numazu 基調講演 「オープンデータ 活用によるまちづくり」
Hiroyuki Ichikawa
 
真剣10代学び場
真剣10代学び場真剣10代学び場
真剣10代学び場
Hiroyuki Ichikawa
 

Viewers also liked (20)

Codefor numazu(第6回)
Codefor numazu(第6回)Codefor numazu(第6回)
Codefor numazu(第6回)
 
美味彩才 SPAJAM 岐阜予選
美味彩才 SPAJAM 岐阜予選美味彩才 SPAJAM 岐阜予選
美味彩才 SPAJAM 岐阜予選
 
さすけね2016
さすけね2016さすけね2016
さすけね2016
 
オープンデータ研修
オープンデータ研修オープンデータ研修
オープンデータ研修
 
Code for numazu(第10回)
Code for numazu(第10回)Code for numazu(第10回)
Code for numazu(第10回)
 
チャレンジオープンガバナンス アイデアシート(裾野市)
チャレンジオープンガバナンス アイデアシート(裾野市)チャレンジオープンガバナンス アイデアシート(裾野市)
チャレンジオープンガバナンス アイデアシート(裾野市)
 
街Ing! シャッター街でも儲けまくれ!
街Ing! シャッター街でも儲けまくれ!街Ing! シャッター街でも儲けまくれ!
街Ing! シャッター街でも儲けまくれ!
 
オープンデータのAPI利用と開発
オープンデータのAPI利用と開発オープンデータのAPI利用と開発
オープンデータのAPI利用と開発
 
Code for Numazu 一年の振り返り
Code for Numazu 一年の振り返りCode for Numazu 一年の振り返り
Code for Numazu 一年の振り返り
 
Code for numazu(第11回)
Code for numazu(第11回)Code for numazu(第11回)
Code for numazu(第11回)
 
Hear!We!Go!
Hear!We!Go!Hear!We!Go!
Hear!We!Go!
 
オープンデータディ2017 ワークショップ
オープンデータディ2017 ワークショップオープンデータディ2017 ワークショップ
オープンデータディ2017 ワークショップ
 
裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン開催
裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン開催裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン開催
裾野の魅力と誇り、考え伝えよう!#1 課題検討&アイデアソン開催
 
ナイトアウトドア
ナイトアウトドアナイトアウトドア
ナイトアウトドア
 
ぼぼっとナビ by 市川電産
ぼぼっとナビ by 市川電産ぼぼっとナビ by 市川電産
ぼぼっとナビ by 市川電産
 
Codefor numazu(第9回)
Codefor numazu(第9回)Codefor numazu(第9回)
Codefor numazu(第9回)
 
Monacaハンズオン(三島ハッカソン用)
Monacaハンズオン(三島ハッカソン用)Monacaハンズオン(三島ハッカソン用)
Monacaハンズオン(三島ハッカソン用)
 
活用、CivicTechでNCMB!
活用、CivicTechでNCMB!活用、CivicTechでNCMB!
活用、CivicTechでNCMB!
 
Light up Numazu 基調講演 「オープンデータ 活用によるまちづくり」
Light up Numazu 基調講演 「オープンデータ活用によるまちづくり」Light up Numazu 基調講演 「オープンデータ活用によるまちづくり」
Light up Numazu 基調講演 「オープンデータ 活用によるまちづくり」
 
真剣10代学び場
真剣10代学び場真剣10代学び場
真剣10代学び場
 

Similar to Codefor numazu紹介(201607版)

シビック・テクノロジーによるまちづくり 自治体トピックスセミナー
シビック・テクノロジーによるまちづくり 自治体トピックスセミナーシビック・テクノロジーによるまちづくり 自治体トピックスセミナー
シビック・テクノロジーによるまちづくり 自治体トピックスセミナー
Code for Japan
 
シビックテックによる 社会課題の解決に向けて:都道府県CIOサミット
シビックテックによる 社会課題の解決に向けて:都道府県CIOサミットシビックテックによる 社会課題の解決に向けて:都道府県CIOサミット
シビックテックによる 社会課題の解決に向けて:都道府県CIOサミット
Code for Japan
 
141030オープンデータ 監査人
141030オープンデータ 監査人141030オープンデータ 監査人
141030オープンデータ 監査人
Kenji Hiramoto
 
20170308_コーポレートフェローシップ紹介資料
20170308_コーポレートフェローシップ紹介資料20170308_コーポレートフェローシップ紹介資料
20170308_コーポレートフェローシップ紹介資料
Code for Japan
 
デジタル行政&デザイン思考(三島市)
デジタル行政&デザイン思考(三島市)デジタル行政&デザイン思考(三島市)
デジタル行政&デザイン思考(三島市)
Hiroyuki Ichikawa
 
AIGID設立記念シンポジウム講演資料 コード・フォー・ジャパン 活動報告 理事 白川 展之
AIGID設立記念シンポジウム講演資料 コード・フォー・ジャパン 活動報告 理事 白川 展之AIGID設立記念シンポジウム講演資料 コード・フォー・ジャパン 活動報告 理事 白川 展之
AIGID設立記念シンポジウム講演資料 コード・フォー・ジャパン 活動報告 理事 白川 展之
Nobuyuki Shirakawa
 
20181212 シビックテックからみたオープンな科学技術とデータのあり方
20181212 シビックテックからみたオープンな科学技術とデータのあり方20181212 シビックテックからみたオープンな科学技術とデータのあり方
20181212 シビックテックからみたオープンな科学技術とデータのあり方
Nobuyuki Shirakawa
 
20160521 行政評価3.0-市民参加とシビックテック
20160521 行政評価3.0-市民参加とシビックテック20160521 行政評価3.0-市民参加とシビックテック
20160521 行政評価3.0-市民参加とシビックテック
Nobuyuki Shirakawa
 
ソーシャルファブAizu0423 D
ソーシャルファブAizu0423 DソーシャルファブAizu0423 D
ソーシャルファブAizu0423 D
Izumi Aizu
 
UDC2016 final COG
UDC2016 final COGUDC2016 final COG
UDC2016 final COG
CSISi
 
オープンデータとSNSは 地域の交通課題、地域活性化に どう活用できるか
オープンデータとSNSは地域の交通課題、地域活性化にどう活用できるかオープンデータとSNSは地域の交通課題、地域活性化にどう活用できるか
オープンデータとSNSは 地域の交通課題、地域活性化に どう活用できるか
Masahiko Shoji
 
第33回Code for Kitakyushu定例会資料
第33回Code for Kitakyushu定例会資料第33回Code for Kitakyushu定例会資料
第33回Code for Kitakyushu定例会資料
Ikumi Itokawa
 
Cluster広島LT大会
Cluster広島LT大会Cluster広島LT大会
Cluster広島LT大会
Tatsuya Takemura
 
地域フィールドラボ活動紹介(2019年)
地域フィールドラボ活動紹介(2019年)地域フィールドラボ活動紹介(2019年)
地域フィールドラボ活動紹介(2019年)
Code for Japan
 
Code for toyama city 201908
Code for toyama city 201908Code for toyama city 201908
Code for toyama city 201908
Code for Toyama City
 
Code For Kitakyushu 紹介
Code For Kitakyushu 紹介Code For Kitakyushu 紹介
Code For Kitakyushu 紹介
hiroyukiyano1
 
Creating a New Public Affairs Industry for Social Innovation in Japan
Creating a New Public Affairs Industry  for Social Innovation in JapanCreating a New Public Affairs Industry  for Social Innovation in Japan
Creating a New Public Affairs Industry for Social Innovation in Japan
Ko Fujii
 
Codefor japan workshop 20140731 Code for America Brigade program
Codefor japan workshop 20140731 Code for America Brigade programCodefor japan workshop 20140731 Code for America Brigade program
Codefor japan workshop 20140731 Code for America Brigade program
Shigeomi Shibata
 

Similar to Codefor numazu紹介(201607版) (20)

シビック・テクノロジーによるまちづくり 自治体トピックスセミナー
シビック・テクノロジーによるまちづくり 自治体トピックスセミナーシビック・テクノロジーによるまちづくり 自治体トピックスセミナー
シビック・テクノロジーによるまちづくり 自治体トピックスセミナー
 
シビックテックによる 社会課題の解決に向けて:都道府県CIOサミット
シビックテックによる 社会課題の解決に向けて:都道府県CIOサミットシビックテックによる 社会課題の解決に向けて:都道府県CIOサミット
シビックテックによる 社会課題の解決に向けて:都道府県CIOサミット
 
141030オープンデータ 監査人
141030オープンデータ 監査人141030オープンデータ 監査人
141030オープンデータ 監査人
 
20170308_コーポレートフェローシップ紹介資料
20170308_コーポレートフェローシップ紹介資料20170308_コーポレートフェローシップ紹介資料
20170308_コーポレートフェローシップ紹介資料
 
デジタル行政&デザイン思考(三島市)
デジタル行政&デザイン思考(三島市)デジタル行政&デザイン思考(三島市)
デジタル行政&デザイン思考(三島市)
 
AIGID設立記念シンポジウム講演資料 コード・フォー・ジャパン 活動報告 理事 白川 展之
AIGID設立記念シンポジウム講演資料 コード・フォー・ジャパン 活動報告 理事 白川 展之AIGID設立記念シンポジウム講演資料 コード・フォー・ジャパン 活動報告 理事 白川 展之
AIGID設立記念シンポジウム講演資料 コード・フォー・ジャパン 活動報告 理事 白川 展之
 
20181212 シビックテックからみたオープンな科学技術とデータのあり方
20181212 シビックテックからみたオープンな科学技術とデータのあり方20181212 シビックテックからみたオープンな科学技術とデータのあり方
20181212 シビックテックからみたオープンな科学技術とデータのあり方
 
20160521 行政評価3.0-市民参加とシビックテック
20160521 行政評価3.0-市民参加とシビックテック20160521 行政評価3.0-市民参加とシビックテック
20160521 行政評価3.0-市民参加とシビックテック
 
ソーシャルファブAizu0423 D
ソーシャルファブAizu0423 DソーシャルファブAizu0423 D
ソーシャルファブAizu0423 D
 
UDC2016 final COG
UDC2016 final COGUDC2016 final COG
UDC2016 final COG
 
オープンデータとSNSは 地域の交通課題、地域活性化に どう活用できるか
オープンデータとSNSは地域の交通課題、地域活性化にどう活用できるかオープンデータとSNSは地域の交通課題、地域活性化にどう活用できるか
オープンデータとSNSは 地域の交通課題、地域活性化に どう活用できるか
 
第33回Code for Kitakyushu定例会資料
第33回Code for Kitakyushu定例会資料第33回Code for Kitakyushu定例会資料
第33回Code for Kitakyushu定例会資料
 
Cluster広島LT大会
Cluster広島LT大会Cluster広島LT大会
Cluster広島LT大会
 
地域フィールドラボ活動紹介(2019年)
地域フィールドラボ活動紹介(2019年)地域フィールドラボ活動紹介(2019年)
地域フィールドラボ活動紹介(2019年)
 
Code for toyama city 201908
Code for toyama city 201908Code for toyama city 201908
Code for toyama city 201908
 
Code For Kitakyushu 紹介
Code For Kitakyushu 紹介Code For Kitakyushu 紹介
Code For Kitakyushu 紹介
 
Creating a New Public Affairs Industry for Social Innovation in Japan
Creating a New Public Affairs Industry  for Social Innovation in JapanCreating a New Public Affairs Industry  for Social Innovation in Japan
Creating a New Public Affairs Industry for Social Innovation in Japan
 
Polipro1204
Polipro1204Polipro1204
Polipro1204
 
Sangyo2009 02
Sangyo2009 02Sangyo2009 02
Sangyo2009 02
 
Codefor japan workshop 20140731 Code for America Brigade program
Codefor japan workshop 20140731 Code for America Brigade programCodefor japan workshop 20140731 Code for America Brigade program
Codefor japan workshop 20140731 Code for America Brigade program
 

More from Hiroyuki Ichikawa

裾野市アイデアソン チームB
裾野市アイデアソン チームB裾野市アイデアソン チームB
裾野市アイデアソン チームB
Hiroyuki Ichikawa
 
裾野市アイデアソン チームC
裾野市アイデアソン チームC裾野市アイデアソン チームC
裾野市アイデアソン チームC
Hiroyuki Ichikawa
 
裾野市アイデアソン チームD
裾野市アイデアソン チームD裾野市アイデアソン チームD
裾野市アイデアソン チームD
Hiroyuki Ichikawa
 
裾野市アイデアソン チームA
裾野市アイデアソン チームA裾野市アイデアソン チームA
裾野市アイデアソン チームA
Hiroyuki Ichikawa
 
袋井市Bpr研修(第5回)
袋井市Bpr研修(第5回)袋井市Bpr研修(第5回)
袋井市Bpr研修(第5回)
Hiroyuki Ichikawa
 
袋井市Bpr研修(第4回)
袋井市Bpr研修(第4回)袋井市Bpr研修(第4回)
袋井市Bpr研修(第4回)
Hiroyuki Ichikawa
 
袋井市Bpr研修(第3回)
袋井市Bpr研修(第3回)袋井市Bpr研修(第3回)
袋井市Bpr研修(第3回)
Hiroyuki Ichikawa
 
袋井市Bpr研修(第2回)
袋井市Bpr研修(第2回)袋井市Bpr研修(第2回)
袋井市Bpr研修(第2回)
Hiroyuki Ichikawa
 
自治体DX推進計画を進めるためには
自治体DX推進計画を進めるためには自治体DX推進計画を進めるためには
自治体DX推進計画を進めるためには
Hiroyuki Ichikawa
 
業務フロー作成(基礎編)
業務フロー作成(基礎編)業務フロー作成(基礎編)
業務フロー作成(基礎編)
Hiroyuki Ichikawa
 
データアカデミー 指標作成型4
データアカデミー 指標作成型4データアカデミー 指標作成型4
データアカデミー 指標作成型4
Hiroyuki Ichikawa
 
データアカデミー 指標作成型3
データアカデミー 指標作成型3データアカデミー 指標作成型3
データアカデミー 指標作成型3
Hiroyuki Ichikawa
 
データアカデミー 指標作成型2
データアカデミー 指標作成型2データアカデミー 指標作成型2
データアカデミー 指標作成型2
Hiroyuki Ichikawa
 
データアカデミー 指標作成型1
データアカデミー 指標作成型1データアカデミー 指標作成型1
データアカデミー 指標作成型1
Hiroyuki Ichikawa
 
BPR版データアカデミーその4
BPR版データアカデミーその4BPR版データアカデミーその4
BPR版データアカデミーその4
Hiroyuki Ichikawa
 
BPR版データアカデミーその3
BPR版データアカデミーその3BPR版データアカデミーその3
BPR版データアカデミーその3
Hiroyuki Ichikawa
 
BPR版データアカデミーその2
BPR版データアカデミーその2BPR版データアカデミーその2
BPR版データアカデミーその2
Hiroyuki Ichikawa
 
BPR版データアカデミーその1
BPR版データアカデミーその1BPR版データアカデミーその1
BPR版データアカデミーその1
Hiroyuki Ichikawa
 
裾野を広げる裾野方式 LINE Bot
裾野を広げる裾野方式 LINE Bot裾野を広げる裾野方式 LINE Bot
裾野を広げる裾野方式 LINE Bot
Hiroyuki Ichikawa
 
三重県オープンデータ研修
三重県オープンデータ研修三重県オープンデータ研修
三重県オープンデータ研修
Hiroyuki Ichikawa
 

More from Hiroyuki Ichikawa (20)

裾野市アイデアソン チームB
裾野市アイデアソン チームB裾野市アイデアソン チームB
裾野市アイデアソン チームB
 
裾野市アイデアソン チームC
裾野市アイデアソン チームC裾野市アイデアソン チームC
裾野市アイデアソン チームC
 
裾野市アイデアソン チームD
裾野市アイデアソン チームD裾野市アイデアソン チームD
裾野市アイデアソン チームD
 
裾野市アイデアソン チームA
裾野市アイデアソン チームA裾野市アイデアソン チームA
裾野市アイデアソン チームA
 
袋井市Bpr研修(第5回)
袋井市Bpr研修(第5回)袋井市Bpr研修(第5回)
袋井市Bpr研修(第5回)
 
袋井市Bpr研修(第4回)
袋井市Bpr研修(第4回)袋井市Bpr研修(第4回)
袋井市Bpr研修(第4回)
 
袋井市Bpr研修(第3回)
袋井市Bpr研修(第3回)袋井市Bpr研修(第3回)
袋井市Bpr研修(第3回)
 
袋井市Bpr研修(第2回)
袋井市Bpr研修(第2回)袋井市Bpr研修(第2回)
袋井市Bpr研修(第2回)
 
自治体DX推進計画を進めるためには
自治体DX推進計画を進めるためには自治体DX推進計画を進めるためには
自治体DX推進計画を進めるためには
 
業務フロー作成(基礎編)
業務フロー作成(基礎編)業務フロー作成(基礎編)
業務フロー作成(基礎編)
 
データアカデミー 指標作成型4
データアカデミー 指標作成型4データアカデミー 指標作成型4
データアカデミー 指標作成型4
 
データアカデミー 指標作成型3
データアカデミー 指標作成型3データアカデミー 指標作成型3
データアカデミー 指標作成型3
 
データアカデミー 指標作成型2
データアカデミー 指標作成型2データアカデミー 指標作成型2
データアカデミー 指標作成型2
 
データアカデミー 指標作成型1
データアカデミー 指標作成型1データアカデミー 指標作成型1
データアカデミー 指標作成型1
 
BPR版データアカデミーその4
BPR版データアカデミーその4BPR版データアカデミーその4
BPR版データアカデミーその4
 
BPR版データアカデミーその3
BPR版データアカデミーその3BPR版データアカデミーその3
BPR版データアカデミーその3
 
BPR版データアカデミーその2
BPR版データアカデミーその2BPR版データアカデミーその2
BPR版データアカデミーその2
 
BPR版データアカデミーその1
BPR版データアカデミーその1BPR版データアカデミーその1
BPR版データアカデミーその1
 
裾野を広げる裾野方式 LINE Bot
裾野を広げる裾野方式 LINE Bot裾野を広げる裾野方式 LINE Bot
裾野を広げる裾野方式 LINE Bot
 
三重県オープンデータ研修
三重県オープンデータ研修三重県オープンデータ研修
三重県オープンデータ研修
 

Codefor numazu紹介(201607版)

  • 1. Code for Numazu 1 Code for Numazu - Code for Numazu の紹介 - 2016年7月18日
  • 2. Code for Numazu 2 CivicTechとCode for xxxについて CivicTechとは 行政は必要なデータやリソースを提供し、市民が必要なサービスを決定できる ようなプラットフォームとなり、市民自身が課題を解決していく活動。 行政に対して不満をぶつけるだけだった市民が立ち上がり自分たち自身がテ クノロジーも活用しながら、より良い世界の実現に参画する活動。 米国では、シビックテック・スタートアップと呼ばれるビジネスを立ち上げる人々 が生まれ市民・行政・企業を含むエコシステムとも呼べる状況を構成し発展して いる。 Code for XXXとは 地域の住民が、地域の課題を、テクノロジーの力を梃子に、行政・企業を 巻き込みながら解決する活動です。 その活動内容には、自治体と企業、住民を繋ぐ活動、地域の子供たちを 次世代のシビックハッカーに育てる活動も含まれます。 ※ハッカーとは、何かを創造する人たちのことです。 必要な情報は、自分たちでも作る、自治体に働きかけ、オープンデータを 充実させることを通じて、より豊かな社会を作ることを目指します。
  • 3. Code for Numazu 3 Code for Numazuのご紹介 「ITを梃子に地域住民の課題を解決し、より良い社会を目指します」を めざす市民の集まりです。 ①~③を通じて、沼津の誇り、課題を見える化し、みんなで解決します。 情報、活動をオープンにすることで、みんなで中立的に検討できます。 公式サイト http://www.code4numazu.org/ ①地域情報の見える化 ②地域活動の見える化 ③地域課題をみんなで解決 ・行政所有データ(統計、避難所情 報等)を使い、沼津の強み、弱みを 見える化してみる。 ・データやアプリ作成、Webサイトを 利用し沼津の役に立てる(例:AED 情報を整備し利用できる形にする)。 ・沼津の成功/課題がある場所、よ い点・悪い点を地元の方にお聞きし、 要因は何か考え、情報発信する。 ・地元イベントや特産物に対してIT ができることを考える。(例:印刷可 なイベント地図情報の提供等) ・①、②を通じて、分かった課題を、 市民が対策を考え、解決に繋げる。 ・解決事例を増やし、市民同士の交 流、繋がりを広げて、市民で解決で きるものを広げる。 若者~年配者まで色々な方が参加しています! 困りごと解決の中から、住民の輪が広がっていくとうれしいです。 皆様、ご協力、よろしくお願いします!
  • 4. Code for Numazu 4 活動&成果物の一部 ■ 「ふむふむ」 iOS/Android版公開中 https://itunes.apple.com/jp/app/fumufumu/id1077970627?mt=8 ■ 「マッピングパーティの様子」 ◆静岡新聞 http://www.at-s.com/news/article/local/east/228837.html ◆朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASJ4C3GJ9J4CUTPB007.html?iref=sp_areatop_n ■ 沼津市HPのAEDデータをエクセル にまとめ、ジオコーディング(緯度 経度)を設定した。「AEDオープン データ検索」で利用可能。 ■ 月1ベースで沼津市役所とも打合せ。 危機管理課から3つのデータから オープンデータ化を進めている。
  • 5. Code for Numazu 5 定例の様子(月1開催) ■議題は毎月参加者で持ち寄り、ITに限らず防災や観光等も議論。 定例会の参加は自由で、静岡と縁のない方も参加することもある。 ■代表の市川博之氏は地図/ITの専門家であり、前回より慶應大学の GIS専攻の学生が足を運んで検討に参加している。メンバーは市議会 議員や弁護士、街づくりの専門家等様々なスペシャリストがおり内 容も深く語られる。 ■幅広い年齢層が参加し、柔軟な アイデアと、議論を重ねることができ 学生にも貴重な経験の場となる。 ■開発やデータ作成のイベントにも 学生の力は発揮できる! 毎月様々なテーマを見える化、検討し、自らに腹落ちしてもらい 本来の課題は何か、どうやって解決するか考えます。
  • 6. Code for Numazu 6 アーバンデータチャレンジ2016 (現在企画中) ■アーバンデータチャレンジとは ◆地域課題の解決を目的とした、地方自治体を中心とする公共データを活 用したイベント開催を伴う一般参加型コンテスト。 ◆自治体が広くデータを流通・公開することや、ビジネスレベルで多くの 民間企業等が参画することを促進している。 静岡県ブロックにも協力中 ◆Code for Numazuでも東部でイベント開催予定。 ◆沼津市役所のクレーム一覧を利用し、オープンデータの活用法を考える アイデアソンを沼津市と計画中です。 ◆静岡県でもオープンデータアプリコンテストを企画中のため、良いアイ デアは、コンテストを狙えるように連携を考えています。 ■沼津の課題を、市民の手で解決しよう! ◆市民自らもっと課題を自分ごととして考えていこう! ◆沼津からもっと情報発信、沼津発のアプリを発信していこう! ◆課題検討や開発を通じて、新たな繋がりをつくろう!
  • 7. Code for Numazu 7Copyright © Cambridge Technology Partners Limited, All Rights Reserved. Proprietary and Confidential 市川電産のご紹介  Code for Numazuの代表市川は、市川電産という屋号で 趣味で開発、データ作りをしています。  昨年は、数々のハッカソンやオープンデータコンテストで優勝・受賞 いたしました。  そのような縁もあり、会津大学や、奈良先端科学技術大学院大学等の 教授や学生たちと開発を続けたり、各地でオープンデータを利用した シビックテック活動を続けています。 その他ハッカソン受賞暦  MashUpAwars Hackathon 会津 会津若松市長賞  MashUpAwars Hackathon 生駒 最優秀賞 (MashupAwards運営委員会主催、2015/8)  シビックテック2015 (2015/11) オープンデータパート ナー賞  オープンデータコンテスト会津若松(2016/2)優秀賞  アーバンデータチャレンジ2015 (2016/2)銀賞  NUL-G TechWeek Winter 技術賞、アシアル社賞 SPAJAM (MCF主催、2015/7) 中部大会優勝 NUL-G TechWeek(2016/2) 技術賞、 他 HackCars Days2015 (トヨタ、マツダ、スバル主催、 2015/9)最優秀賞