SlideShare a Scribd company logo
1 of 51
Download to read offline
1Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
CCPMカレー
ワークショップ
みずのり(水野のりゆき)
@TOC/TOCfE北海道、TEF道
WARAI(関西SWテスト勉強会)
.reviewrc、TOCfE関西分科会
2Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
本資料目的
本内容では、CCPM(Critical Chain Project Management)
における計画作りとバッファ管理グラフを用いた進捗管理方法を
学ぶため「カレー作り」を題材としたワークショップを行います。
このワークショップは比較的簡単にできる内容ですので、
本資料を参考に各自で実施ワークショップを実施頂いても
構いません。
なお、本資料自体は「Creative Commons」にてライセンス化しています。
目的は、「ワークを実施頂いた場合におけるフィードバック」を
極力頂くようにして、今後のワーク自体の向上に努めたいためです。
「コンテンツ自体を発展させる」という目的のため、ご了承お願いします。
※コンテンツのフィードバックいただく前提で、商用利用もOKです。
3Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
内容紹介
コンテンツは以下の内容になります。
・参考コンテンツ(リンク情報)
・チーム構成(推奨)
・全体像、目的(学ぶことの出来る内容)
・計画編
- やることの内容、流れ
- タスク作成、全体の計画へ
・実践編
- やることの流れ
- ルール、進捗入力、マネージャの判断・支援
4Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
参考コンテンツ(リンク情報)
参考コンテンツとして、以下の2点の内容がありますので、
本資料とあわせてご確認ください。
・CCPMカレーワークExcelフォーマット
⇒ 本資料内の数値管理部分で使用しているExcelデータです。
http://www.amateur-factory.jp/factory/ccpm/ccpmcurry.xlsx
・Blog:CCPMのおはなし(まとめリンク)
⇒ 本資料の内容と同等の内容を「実践編」として、
CCPM実践の手順としてまとめております。
※あわせて全体の手順や原理についても紹介しております。
http://blog.amateur-factory.jp/?eid=1444265
5Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
チーム構成(推奨)
チーム構成としては、1チーム3~5名を推奨します。
3チーム以上がおりますと、各チームの進捗差が発生し
CCPMの判断基準の体感がよりできるようになります。
4名 4名 3名
集まったメンバーを3~5名の
グループに分けて、各グループ
単位で活動します。
※実践編では、マネージャ(進行役)が
全体を支援するという想定です。
6Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
全体像
「カレー」と「サラダ」の
2つを作る計画を作ってみましょう。
進捗をCCPMバッファ管理グラフで
管理してみましょう。
1.計画編
2.実践編
1.計画編
2.実践編
全体として、大きく2編に分かれております。
7Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
全体像:目的(学ぶことの出来る内容)
・クリティカルチェーンの計画方法
・クリティカルチェーンの特定方法
1.計画編
2.実践編
1.計画編
2.実践編
2編それぞれの目的(学ぶことのできる内容)を
以下に記載しておきます。
・バッファ管理グラフを用いた進捗管理方法
・マネージャの判断方法
8Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
計画編の紹介
以下、計画編の紹介です。
1.計画編
1.計画編
2.実践編
「カレー」と「サラダ」の
2つを作る計画を作ってみましょう。
※学ぶことの出来る内容
・クリティカルチェーンの計画方法
・クリティカルチェーンの特定方法
9Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
計画編:やることの内容
2.実践編
1.計画編
計画編の全体的な内容は以下です。
1.計画編
カレーを作るための計画を付箋で書き出しつつ、
リソース制約や見積もりを考慮した最も長いタスク列を
“クリティカルチェーン”として確定します。
買い物
に行く
Aさん
Bさん
25分
タマネギを
切る・炒める
Cさん、包丁
コンロ
15分
ごはんを
とぐ
Cさん
炊飯器
5分
ごはんを
炊く
Cさん
炊飯器
5分+
45分
カレー用野菜
肉を切る
Bさん
包丁
10分
炒める
煮る
Bさん
コンロ
30分
サラダの
野菜を切る
5分
サラダを
盛り付ける
Aさん 10分
カレーの
ルーで味付
Bさん
コンロ
10分
カレーを
盛り付ける
Bさん
Cさん
5分
Aさん
包丁
【設定目標】
カレーとサラダを
完成する計画作り!
やること!
カレーの
食材を切る
包丁
みずのり
10分
XXX
XXX XX分
XXX
XXX XX分
クリティカルチェーン⇒ XX分
【成果物】
付箋でタスク出し。タスクを
つないでクリティカルチェーン
の時間を報告して下さい。
10Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
計画編:やることの流れ
2.実践編
1.計画編
計画編の全体的な流れは以下です。
カレー用野菜
肉を切る
1.計画編
1.付箋でカレー等を作るためのタスクを書き出す
2.各タスクに必要なリソースを書き出し、見積もる
3.タスクをつなげて全体の計画を作る
4.最も長いクリティカルチェーンを決定する
カレー用野菜
肉を切る
母親
包丁
10分
買い物
に行く
娘
母親
25分
タマネギを
切る・炒める
15分
カレー用野菜
肉を切る
母親
包丁
10分
・・・
・・・ ・・・
1.タスクを
書き出す
2.リソース
書き出し、見積り
3.タスクをつないで
全体計画へ
4.クリティカル
チェーンを決定
買い物
に行く
Aさん
Bさん
25分
タマネギを
切る・炒める
Cさん、包丁
コンロ
15分
ごはんを
とぐ
Cさん
炊飯器
5分
ごはんを
炊く
Cさん
炊飯器
5分+
45分
カレー用野菜
肉を切る
Bさん
包丁
10分
炒める
煮る
Bさん
コンロ
30分
サラダの
野菜を切る
5分
サラダを
盛り付ける
Aさん 10分
カレーの
ルーで味付
Bさん
コンロ
10分
カレーを
盛り付ける
Bさん
Cさん
5分
Aさん
包丁
11Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
計画編:タスク作成
1.付箋でカレー等を作るためのタスクを書き出す
2.各タスクに必要なリソースを書き出し、見積もる
1.計画編
2.実践編
1.計画編
■付箋のタスクカード例
タスク内容
リソース 見積り
カレーの
食材を切る
包丁
みずの
10分
■制約条件
・スーパーへは片道5分
・自宅にある食材 ※他は購入
タマネギ沢山、お米沢山
調味料もあります。
■リソース
・人はグループメンバー(3‐4人)を割当て
・包丁1つ、コンロ1つ、鍋1つ
・炊飯器1つ
12Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
計画編:タスク作成(参考)
1.付箋でカレー等を作るためのタスクを書き出す
2.各タスクに必要なリソースを書き出し、見積もる
1.計画編
2.実践編
1.計画編
■(参考)付箋の使い方
タスクを記載する付箋を3つのゾーンに分けて、
それぞれ「タスク内容」、「使用するリソース」、
「タスクの見積り時間」を記載します。
タスク内容
リソース 見積り
カレーの
食材を切る
包丁
母親
10分※記載例
13Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
計画編:全体の計画へ
3.タスクをつなげて全体の計画を作る
4.最も長いクリティカルチェーンを決定する
1.計画編
2.実践編
1.計画編
タスク内容
リソース 見積り
タスク内容
リソース 見積り
タスク内容
リソース 見積り
タスク内容
リソース 見積り
タスク内容
リソース 見積り
※作成したタスクをつないで全体の計画を作ります。
14Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
3.タスクをつなげて全体の計画を作る
4.最も長いクリティカルチェーンを決定する
1.計画編
2.実践編
1.計画編
タスク内容
リソース 見積り
タスク内容
リソース 見積り
タスク内容
包丁 10分
タスク内容
リソース 見積り
タスク内容
包丁 5分
この場合・・・
順番を決めて実施
計画編:全体の計画へ
※この際、リソース制約の競合が発生する場合には順番を決めます。
15Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
3.タスクをつなげて全体の計画を作る
4.最も長いクリティカルチェーンを決定する
1.計画編
2.実践編
1.計画編
タスク内容
リソース 10分
タスク内容
リソース 20分
タスク内容
包丁 10分
タスク内容
リソース 5分
タスク内容
包丁 5分
この場合・・・
順番を決めて実施
計画編:全体の計画へ
※リソース制約(包丁)の競合により順番を決めた例
16Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
3.タスクをつなげて全体の計画を作る
4.最も長いクリティカルチェーンを決定する
1.計画編
2.実践編
1.計画編
タスク内容
リソース 10分
タスク内容
リソース 20分
タスク内容
包丁 10分
タスク内容
リソース 5分
タスク内容
包丁 5分
例:クリティカルチェーン⇒ 40分
★クリティカルチェーンの時間を決めて報告下さい!
計画編:全体の計画へ
※最も長いタスク列の
時間を確認します。
17Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
買い物
に行く
Aさん
Bさん
25分
タマネギを
切る・炒める
Cさん、包丁
コンロ
15分
ごはんを
とぐ
Cさん
炊飯器
5分
ごはんを
炊く
Cさん
炊飯器
5分+
45分
カレー用野菜
肉を切る
Bさん
包丁
10分
炒める
煮る
Bさん
コンロ
30分
サラダの
野菜を切る
5分
サラダを
盛り付ける
Aさん 10分
カレーの
ルーで味付
Bさん
コンロ
10分
カレーを
盛り付ける
Bさん
Cさん
5分
Aさん
包丁
計画編:ワーク用1ページまとめ
1.計画編
2.実践編
■条件
・スーパーへは片道5分
・自宅にある食材 ※他は購入
タマネギ沢山、お米沢山
調味料もあります。
【設定目標】
カレーとサラダを
完成する計画作り!
やること!
時間の目安
■リソース
・人はグループメンバー(3-4人)を割当て
・包丁1つ、コンロ1つ、鍋1つ
・炊飯器1つ
条件
カレーの
食材を切る
包丁
みずの
10分
XXX
XXX XX分
XXX
XXX XX分
クリティカルチェーン⇒ XX分
1.タスク出し+リソース設定+時間設定 :10分
2.つないでクリティカルチェーンの時間決定:5分
【注意事項】
キリ無いのでカレー種類等の関係
ない検討に凝らない方が良いです。
【成果物】
付箋でタスク出し。タスクを
つないでクリティカルチェーン
の時間を報告して下さい。
18Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
計画編:作成例
■作成例
1.計画編
2.実践編
1.計画編
買い物
に行く
Aさん
Bさん
25分
タマネギを
切る・炒める
Cさん、包丁
コンロ
15分
ごはんを
とぐ
Cさん
炊飯器
5分
ごはんを
炊く
Cさん
炊飯器
5分+
45分
カレー用野菜
肉を切る
Bさん
包丁
10分
炒める
煮る
Bさん
コンロ
30分
サラダの
野菜を切る
Aさん
包丁
5分
サラダを
盛り付ける
Aさん 10分
カレーの
ルーで味付
Bさん
コンロ
10分
カレーを
盛り付ける
Bさん
Cさん
5分
※こちらのページはワーク完了後に紹介のこと
19Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
■作成例:リソース制約を考慮
1.計画編
2.実践編
1.計画編
買い物
に行く
Aさん
Bさん
25分
タマネギを
切る・炒める
Cさん、包丁
コンロ
15分
ごはんを
とぐ
Cさん
炊飯器
5分
ごはんを
炊く
Cさん
炊飯器
5分+
45分
カレー用野菜
肉を切る
Bさん
包丁
10分
炒める
煮る
Bさん
コンロ
30分
サラダの
野菜を切る
Aさん
包丁
5分
サラダを
盛り付ける
Aさん 10分
カレーの
ルーで味付
Bさん
コンロ
10分
カレーを
盛り付ける
Bさん
Cさん
5分
計画編:作成例
※こちらのページはワーク完了後に紹介のこと
20Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
■作成例:クリティカルチェーンの決定
1.計画編
2.実践編
1.計画編
買い物
に行く
Aさん
Bさん
25分
タマネギを
切る・炒める
Cさん、包丁
コンロ
15分
ごはんを
とぐ
Cさん
炊飯器
5分
ごはんを
炊く
Cさん
炊飯器
5分+
45分
カレー用野菜
肉を切る
Bさん
包丁
10分
炒める
煮る
Bさん
コンロ
30分
サラダの
野菜を切る
5分
サラダを
盛り付ける
Aさん 10分
カレーの
ルーで味付
Bさん
コンロ
10分
カレーを
盛り付ける
Bさん
Cさん
5分
クリティカルチェーン
⇒ 80分
Aさん
包丁
計画編:作成例
※ワーク完了後に紹介のこと
21Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
計画編:終了時チェック
最終的に、全チームのクリティカルチェーンの時間が
決まりましたら、次の実践編に入ります。
※次の実践編では、クリティカルチェーンの時間のみ使用します。
1.計画編
2.実践編
1.計画編
チーム1 チーム2 チーム3
75分 100分80分
買い物
に行く
Aさん
Bさん
25分
タマネギを
切る・炒める
Cさん、包丁
コンロ
15分
ごはんを
とぐ
Cさん
炊飯器
5分
ごはんを
炊く
Cさん
炊飯器
5分+
45分
カレー用野菜
肉を切る
Bさん
包丁
10分
炒める
煮る
Bさん
コンロ
30分
サラダの
野菜を切る
5分
サラダを
盛り付ける
Aさん 10分
カレーの
ルーで味付
Bさん
コンロ
10分
カレーを
盛り付ける
Bさん
Cさん
5分
Aさん
包丁
22Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
計画編:実践編準備
1.計画編
2.実践編
1.計画編
実践編の準備としてシートに入力します。
1.クリティカルチェーンの長さを半分にします。
2.減らした分を(今回は)全てバッファに設定します。
3.各数値をシートへ入力します。
Excelシートはこちら:「各チームシート」に入力
http://www.amateur-factory.jp/factory/ccpm/ccpmcurry.xlsx
③バッファ:(例)40分
2.バッファを設定
①元の見積り・クリティカルチェーン:(例)80分
②短縮:(例)40分
1.長さを半分にする
※クリティカルチェーンのみ着目
3.シート
へ入力
23Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編の紹介
以下、実践編の紹介です。
2.実践編
1.計画編
2.実践編
進捗をCCPMバッファ管理グラフで
管理してみましょう。
※学ぶことの出来る内容
・バッファ管理グラフを用いた進捗管理方法
・マネージャの判断方法
24Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編:やることの流れ
実践編の全体的な流れは以下です。
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
3.進捗が遅れたチームをマネージャーが支援する
(以降繰り返し)
2.実践編
8
1.カード
を引いて
進捗決定
2.バッファ
管理グラフへ
進捗入力
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
チーム2チーム1 チーム3
マネージャ
5
3.遅れたチーム
をマネージャが
支援
1.計画編
2.実践編
25Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編:やることの流れ
1.計画編
2.実践編
2.実践編
ワークは「クリティカルチェーンのみ」を対象。
※他は余裕で間に合うという仮設定します。
③バッファ:(例)40分
①元の見積り・クリティカルチェーン:(例)80分
②短縮:(例)40分
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
3.進捗が遅れたチームをマネージャーが支援する
(以降繰り返し)
26Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編:やることの流れ(ルール)
1.計画編
2.実践編
2.実践編
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
各チームにトランプのカードを7枚用意します。
J(11)が出たら、「0」の扱いにします。
J 1 2 5 8 9 10
「0」の扱い 数値通りに扱う
※上記7枚のカードの平均は「5」になります。
27Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編:やることの流れ(ルール)
1.計画編
2.実践編
2.実践編
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
毎ターンカードを引いて進捗を決定します。
クリティカルチェーンの元の見積りが80分なら、
ターンNで合計80以上に達すれば完了です。
8 5
ターン1 ターン2
・・・
①元の見積り・クリティカルチェーン:(例)80分
進捗8 進捗5 ・・・ 進捗9
9
ターンN
28Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編:やることの流れ(進捗入力の仕組み)
1.計画編
2.実践編
2.実践編 J=0 1 2 5 8 9 10
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
A)毎ターントランプを1枚引いて進捗を決める。
B)バッファ管理側では進捗は半分相当となる。
C)1ターンでトランプの平均:5分進む想定として、
バッファ管理側で進捗が少ない時はバッファ消費。
③バッファ:(例)40分
①元の見積り・クリティカルチェーン:(例)80分
②短縮:(例)40分
8
ターン1
進捗8分
A)元の見積りでは
8分相当進捗
元の見積り
バッファ管理
29Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
1.計画編
2.実践編
2.実践編 J=0 1 2 5 8 9 10
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
A)毎ターントランプを1枚引いて進捗を決める。
B)バッファ管理側では進捗は半分相当となる。
C)1ターンでトランプの平均:5分進む想定として、
バッファ管理側で進捗が少ない時はバッファ消費。
③バッファ:(例)40分
①元の見積り・クリティカルチェーン:(例)80分
②短縮:(例)40分
8
ターン1
進捗8分
A)元の見積りでは
8分相当進捗
元の見積り
バッファ管理
進捗4
B)バッファ管理
側での進捗
実践編:やることの流れ(進捗入力の仕組み)
30Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
1.計画編
2.実践編
2.実践編 J=0 1 2 5 8 9 10
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
A)毎ターントランプを1枚引いて進捗を決める。
B)バッファ管理側では進捗は半分相当となる。
C)1ターンでトランプの平均:5分進む想定として、
バッファ管理側で進捗が少ない時はバッファ消費。
③バッファ:(例)40分
①元の見積り・クリティカルチェーン:(例)80分
②短縮:(例)40分
8
ターン1
進捗8分
A)元の見積りでは
8分相当進捗
元の見積り
バッファ管理
進捗4
B)バッファ管理
側での進捗
1分
C)5分より進捗が少ない
とバッファ消費
実践編:やることの流れ(進捗入力の仕組み)
31Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
1.計画編
2.実践編
2.実践編 J=0 1 2 5 8 9 10
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
確定した進捗からバッファ管理グラフへ展開する。
⇒プロジェクトの進捗率、バッファ消費率へ
③バッファ:(例)40分
①元の見積り・クリティカルチェーン:(例)80分
②短縮:(例)40分
8
ターン1
進捗8分
A)元の見積りでは
8分相当進捗
元の見積り
バッファ管理
進捗4
B)バッファ管理
側での進捗
1分
C)5分より進捗が少ない
とバッファ消費
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
実践編:やることの流れ(進捗入力の仕組み)
32Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
②短縮:40分
①元の見積り・クリティカルチェーン:80分
実践編:具体的なシート入力方法(ターン1)
1.計画編
2.実践編
8
8分
A)
4分
③バッファ:40分
1ターンの
見込み:5分
⑧バッファ消費
5分-4分=1分
1
ここまで
進んでいるべき
2.実践編
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
1
B) C)
A)元の見積りでは
8分相当進捗
B)バッファ管理側
での進捗は4分
C)5分より進捗が
少ないとバッファ消費
※バッファ管理側の進捗が
1ターン目で「5分」まで
進んでいるべきと見込む
★ターン1の流れ
33Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
②短縮:40分
①元の見積り・クリティカルチェーン:80分
実践編:具体的なシート入力方法(ターン1)
1.計画編
2.実践編
8
8分
A)
4分
③バッファ:40分
1ターンの
見込み:5分
⑧バッファ消費
5分-4分=1分
1
ここまで
進んでいるべき
2.実践編
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
1
B) C)
※シートの各項目へ入力します。
8÷80≒10%
1÷40≒2.5%
★ターン1の流れ
34Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
②短縮:40分
①元の見積り・クリティカルチェーン:80分
実践編:具体的なシート入力方法(ターン1)
1.計画編
2.実践編
8
8分
A)
4分
③バッファ:40分
1ターンの
見込み:5分
⑧バッファ消費
5分-4分=1分
1
ここまで
進んでいるべき
2.実践編
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
1
B) C)
※グラフ数値をプロットします。
8÷80≒10%
1÷40≒2.5%
★ターン1の流れ
10%
2.5%
35Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
②短縮:40分
①元の見積り・クリティカルチェーン:80分
実践編:具体的なシート入力方法(ターン2)
1.計画編
2.実践編
8
8分
A)
4分
③バッファ:40分
1
2.実践編
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
3.5
B)
C)
A)元の見積りでは
8+5分相当進捗
B)バッファ管理側
での進捗は4+2.5分
C)10分より進捗が
少ないとバッファ消費
⇒合計3.5分消費
※ターン2で「5」が出たものとします。
2.5
分
5分
2.5
2ターンの
見込み:10分 ここまで
進んでいるべき
⑧バッファ消費
10分-6.5分=3.5分
5
★ターン2の流れ
36Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
①元の見積り・クリティカルチェーン:80分
③バッファ:40分②短縮:40分
実践編:具体的なシート入力方法(ターン2)
1.計画編
2.実践編
8
8分
A)
4分 1
2.実践編
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
3.5
B)
C)
※シートの各項目へ入力。
2.5
分
5分
2.5
2ターンの
見込み:10分 ここまで
進んでいるべき
⑧バッファ消費
10分-6.5分=3.5分
5
13÷80≒16%
3.5÷40≒9%
★ターン2の流れ
37Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
①元の見積り・クリティカルチェーン:80分
③バッファ:40分②短縮:40分
実践編:具体的なシート入力方法(ターン2)
1.計画編
2.実践編
8
8分
A)
4分 1
2.実践編
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
3.5
B)
C)
※グラフ数値をプロットへ。
2.5
分
5分
2.5
2ターンの
見込み:10分 ここまで
進んでいるべき
⑧バッファ消費
10分-6.5分=3.5分
5
13÷80≒16%
3.5÷40≒9%
★ターン2の流れ
16%
9%
38Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編:マネージャの判断・支援
1.計画編
2.実践編
2.実践編
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
3.進捗が遅れたチームをマネージャーが支援する
(以降繰り返し)
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
チーム2チーム1 チーム3
マネージャ
チーム2が
遅れているので
支援しよう!
※各ターン終了後、全チームの進捗を確認して支援チームを決めます。
39Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編:バッファ管理グラフの読み方
1.計画編
2.実践編
2.実践編
※バッファ管理グラフの読み方とグラフ上の線の意味
一例:黄色ラインを超えると「要注意」赤は「支援必須」
より黄色・赤線を
上に越えている
チームが支援対象
40Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編:マネージャの支援
1.計画編
2.実践編
2.実践編
3.進捗が遅れたチームをマネージャーが支援する
遅れているチームにはマネージャが同一ターンに
1枚カードを引いて支援します。
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
チーム2チーム1 チーム3
マネージャ
チーム2を
支援しよう!
2
マネージャ
の支援
41Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
チーム2チーム1 チーム3
実践編:マネージャの支援
1.計画編
2.実践編
2.実践編
3.進捗が遅れたチームをマネージャーが支援する
同一ターンにチームが出したカードとマネージャが
引いたカード合計値を対象チームの進捗とします。
マネージャ
チーム2を
支援しよう!
2
マネージャ
の支援 1
チームの
カード+ = 3
該当ターンの
チーム進捗
※バッファ管理グラフも改善
42Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編:繰り返しで実施
1.計画編
2.実践編
2.実践編
1.カード(トランプ)を用いて進捗を決める
2.バッファ管理グラフへ進捗を入力する
3.進捗が遅れたチームをマネージャーが支援する
(以降繰り返し)
8
1.カード
を引いて
進捗決定
2.バッファ
管理グラフへ
進捗入力
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
プロジェクトの進捗率[%]
バッファ消費率[%]
50
50
100
100
チーム2チーム1 チーム3
マネージャ
5
3.遅れたチーム
をマネージャが
支援
以上を繰り返し、クリティカルチェーン進捗率100%まで続けます。
43Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
実践編:結果確認!
1.計画編
2.実践編
2.実践編
全体としての結果を確認してみましょう!
バッファ消費が100%超えたら、元の計画をオーバー。
バッファ消費が100%より小さい場合、工期短縮!
全チームで、どうなっているでしょう?
3~4チームで実施で、
バッファ100%以下になるはずです。
バッファ100%以下ということは、
元の工期より短縮してますね。
バッファ
元の見積り
短縮見積り
実際の結果(例:バッファ消費50%)
44Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
以上です。
以上の計画編、実践編を通じて
CCPMの計画と実際の進捗管理について
学ぶことが出来ましたら幸いです。
45Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
参考:バッファ管理グラフと実際の進捗状況
バッファ管理グラフの進捗表現と
実際の進捗状況の比較を示しております。
バッファ管理グラフの原理の確認に
お使いください。
おまけ
46Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
タスク2つだけ
の例ですが、
もっと多くても
使えます。
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
クリティカルチェーン:4日
※(参考)実際の進捗からバッファ管理グラフへ
おまけ
参考:バッファ管理グラフと実際の進捗状況
47Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
タスクの大きさを
半日~3日程度にすると
「あと何日?」で
進捗確認しやすいです。
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
クリティカルチェーン:4日
1日目進捗(1日分進んだ)
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
進捗
1日 ここまで
進んでいるべき
バッファ消費無し
進捗 ⇒ 25%
おまけ
参考:バッファ管理グラフと実際の進捗状況
※(参考)実際の進捗からバッファ管理グラフへ
48Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
遅れは
バッファ消費で
明確になります。
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
クリティカルチェーン:4日
2日目進捗(0.5日分進んだ)
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
進捗
1日 日
0.5
日
0.5
バッファ消費25%
進捗 ⇒ 37.5%
おまけ
参考:バッファ管理グラフと実際の進捗状況
※(参考)実際の進捗からバッファ管理グラフへ
49Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
クリティカルチェーン:4日
3日目進捗(1日分進んだ)
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
進捗
1日 日
0.5
日
0.5進捗
1日
この日は
順調に
進捗有り
バッファ消費25%
進捗 ⇒ 62.5%
おまけ
参考:バッファ管理グラフと実際の進捗状況
※(参考)実際の進捗からバッファ管理グラフへ
50Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
クリティカルチェーン:4日
4日目進捗(0.5日分進んだ)
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
進捗
1日 日
0.5
日
0.5進捗
1日 日
0.5
日
0.5
チョット
遅れが
目立って来た?
バッファ消費50%
進捗 ⇒ 75%
おまけ
参考:バッファ管理グラフと実際の進捗状況
※(参考)実際の進捗からバッファ管理グラフへ
51Open公開版(Creative Commons登録版) CCPMカレーワーク
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
クリティカルチェーン:4日
5日目進捗(1日分進んだ⇒完了)
タスク①
2日
タスク②
2日
バッファ
2日
進捗
1日 日
0.5
日
0.5進捗
1日 日
0.5
日
0.5
無事に完了
しましたー。
進捗
1日
バッファ消費50%
進捗 ⇒ 100%
おまけ
参考:バッファ管理グラフと実際の進捗状況
※(参考)実際の進捗からバッファ管理グラフへ

More Related Content

What's hot

5分でわかった気になるインセプションデッキ
5分でわかった気になるインセプションデッキ5分でわかった気になるインセプションデッキ
5分でわかった気になるインセプションデッキ
Takao Oyobe
 

What's hot (20)

アドテクを支える技術 〜1日40億リクエストを捌くには〜
アドテクを支える技術 〜1日40億リクエストを捌くには〜アドテクを支える技術 〜1日40億リクエストを捌くには〜
アドテクを支える技術 〜1日40億リクエストを捌くには〜
 
もしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたら <レクイエム>
もしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたら <レクイエム>もしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたら <レクイエム>
もしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたら <レクイエム>
 
問題解決プロセスの紹介
問題解決プロセスの紹介問題解決プロセスの紹介
問題解決プロセスの紹介
 
「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー「速」を落とさないコードレビュー
「速」を落とさないコードレビュー
 
いまさら聞けない機械学習のキホン
いまさら聞けない機械学習のキホンいまさら聞けない機械学習のキホン
いまさら聞けない機械学習のキホン
 
ユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさ
ユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさ
ユーザーインタビューするときは、どうやらゾンビのおでましさ
 
プロジェクトの基本
プロジェクトの基本プロジェクトの基本
プロジェクトの基本
 
5分でわかった気になるインセプションデッキ
5分でわかった気になるインセプションデッキ5分でわかった気になるインセプションデッキ
5分でわかった気になるインセプションデッキ
 
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
振り返り(アジャイルレトロスペクティブズ)
 
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
 
ジャベリンボード:じょいとも事業開発ツール講座01
ジャベリンボード:じょいとも事業開発ツール講座01ジャベリンボード:じょいとも事業開発ツール講座01
ジャベリンボード:じょいとも事業開発ツール講座01
 
ユーザーインタビューからその後どうするの? 得られた情報を「UXデザイン」に落とし込む方法 | UXデザイン基礎セミナー 第3回
ユーザーインタビューからその後どうするの?得られた情報を「UXデザイン」に落とし込む方法 | UXデザイン基礎セミナー 第3回ユーザーインタビューからその後どうするの?得られた情報を「UXデザイン」に落とし込む方法 | UXデザイン基礎セミナー 第3回
ユーザーインタビューからその後どうするの? 得られた情報を「UXデザイン」に落とし込む方法 | UXデザイン基礎セミナー 第3回
 
ドワンゴの新卒エンジニアが 新規サービスを立ち上げるまで
ドワンゴの新卒エンジニアが新規サービスを立ち上げるまでドワンゴの新卒エンジニアが新規サービスを立ち上げるまで
ドワンゴの新卒エンジニアが 新規サービスを立ち上げるまで
 
If文から機械学習への道
If文から機械学習への道If文から機械学習への道
If文から機械学習への道
 
[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~
[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~
[Track3-2] AI活用人材の社内育成に関する取り組みについて ~ダイキン情報技術大学~
 
ホットな日本語入力技術のお勉強。〜 OSC 2016 Hamanako 編 〜
ホットな日本語入力技術のお勉強。〜 OSC 2016 Hamanako 編 〜ホットな日本語入力技術のお勉強。〜 OSC 2016 Hamanako 編 〜
ホットな日本語入力技術のお勉強。〜 OSC 2016 Hamanako 編 〜
 
ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版
ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版
ビジネスパーソンのためのDX入門講座エッセンス版
 
CVPR2019読み会 (Rethinking the Evaluation of Video Summaries)
CVPR2019読み会 (Rethinking the Evaluation of Video Summaries)CVPR2019読み会 (Rethinking the Evaluation of Video Summaries)
CVPR2019読み会 (Rethinking the Evaluation of Video Summaries)
 
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
5分で分かるアジャイルムーブメントの歴史 拡大版
 
論文の探し方とMendeleyを用いた論文管理
論文の探し方とMendeleyを用いた論文管理論文の探し方とMendeleyを用いた論文管理
論文の探し方とMendeleyを用いた論文管理
 

Viewers also liked

Agile Japan 2014 Okinawa
Agile Japan 2014 OkinawaAgile Japan 2014 Okinawa
Agile Japan 2014 Okinawa
y0t4
 
TOC思考プロセスを使った個人のパフォーマンス改善事例のご紹介
TOC思考プロセスを使った個人のパフォーマンス改善事例のご紹介TOC思考プロセスを使った個人のパフォーマンス改善事例のご紹介
TOC思考プロセスを使った個人のパフォーマンス改善事例のご紹介
明子 宮間
 

Viewers also liked (20)

CCPM折り紙ワークショップ(共有版)
CCPM折り紙ワークショップ(共有版)CCPM折り紙ワークショップ(共有版)
CCPM折り紙ワークショップ(共有版)
 
ボツネタシンポジウム2016 Excel CCPMをやってみて
ボツネタシンポジウム2016 Excel CCPMをやってみてボツネタシンポジウム2016 Excel CCPMをやってみて
ボツネタシンポジウム2016 Excel CCPMをやってみて
 
Agile Japan 2016 札幌サテライト 本当に必要な問題解決に集中しよう!~CCPMを活用した現場改善のケーススタディ~
Agile Japan 2016 札幌サテライト 本当に必要な問題解決に集中しよう!~CCPMを活用した現場改善のケーススタディ~Agile Japan 2016 札幌サテライト 本当に必要な問題解決に集中しよう!~CCPMを活用した現場改善のケーススタディ~
Agile Japan 2016 札幌サテライト 本当に必要な問題解決に集中しよう!~CCPMを活用した現場改善のケーススタディ~
 
企画~実現までの体験学習
企画~実現までの体験学習企画~実現までの体験学習
企画~実現までの体験学習
 
Agile Japan 2014 Okinawa
Agile Japan 2014 OkinawaAgile Japan 2014 Okinawa
Agile Japan 2014 Okinawa
 
20150131_jQueryのようにWebテストが書けるGeb Navigator APIの紹介
20150131_jQueryのようにWebテストが書けるGeb Navigator APIの紹介20150131_jQueryのようにWebテストが書けるGeb Navigator APIの紹介
20150131_jQueryのようにWebテストが書けるGeb Navigator APIの紹介
 
アントレプレナー養成
アントレプレナー養成アントレプレナー養成
アントレプレナー養成
 
よろしい、ならば自動化だっ! ~自動家の自動化哲学~ #AsianAA
よろしい、ならば自動化だっ! ~自動家の自動化哲学~ #AsianAAよろしい、ならば自動化だっ! ~自動家の自動化哲学~ #AsianAA
よろしい、ならば自動化だっ! ~自動家の自動化哲学~ #AsianAA
 
TOC思考プロセスを使った個人のパフォーマンス改善事例のご紹介
TOC思考プロセスを使った個人のパフォーマンス改善事例のご紹介TOC思考プロセスを使った個人のパフォーマンス改善事例のご紹介
TOC思考プロセスを使った個人のパフォーマンス改善事例のご紹介
 
システム設計の謎 ~べ、別にあんたのために設計してるんじゃないんだからね///~
システム設計の謎 ~べ、別にあんたのために設計してるんじゃないんだからね///~システム設計の謎 ~べ、別にあんたのために設計してるんじゃないんだからね///~
システム設計の謎 ~べ、別にあんたのために設計してるんじゃないんだからね///~
 
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
はじめてのScrumこれから大切にしたいこと Release#2
 
Docker composeで開発環境をメンバに配布せよ
Docker composeで開発環境をメンバに配布せよDocker composeで開発環境をメンバに配布せよ
Docker composeで開発環境をメンバに配布せよ
 
ツール利用でTOC思考プロセスを楽々実践 問題解決入門
ツール利用でTOC思考プロセスを楽々実践 問題解決入門ツール利用でTOC思考プロセスを楽々実践 問題解決入門
ツール利用でTOC思考プロセスを楽々実践 問題解決入門
 
College career readiness 2017 lesson #2
College career readiness 2017 lesson #2College career readiness 2017 lesson #2
College career readiness 2017 lesson #2
 
管理画面チラ見せナイト3 登壇資料
管理画面チラ見せナイト3 登壇資料管理画面チラ見せナイト3 登壇資料
管理画面チラ見せナイト3 登壇資料
 
20150418 システムテスト自動化 第一章
20150418 システムテスト自動化 第一章20150418 システムテスト自動化 第一章
20150418 システムテスト自動化 第一章
 
20%ivanguzman
20%ivanguzman20%ivanguzman
20%ivanguzman
 
JQUERY
JQUERY JQUERY
JQUERY
 
07 03-2017-press-announcement-venloop
07 03-2017-press-announcement-venloop07 03-2017-press-announcement-venloop
07 03-2017-press-announcement-venloop
 
3Com 3C562-MODEM-CABLE
3Com 3C562-MODEM-CABLE3Com 3C562-MODEM-CABLE
3Com 3C562-MODEM-CABLE
 

Similar to CCPMカレーワークショップ(共有版)

Similar to CCPMカレーワークショップ(共有版) (20)

【関東GPGPU勉強会#2】OpenCVのOpenCL実装oclMat
【関東GPGPU勉強会#2】OpenCVのOpenCL実装oclMat【関東GPGPU勉強会#2】OpenCVのOpenCL実装oclMat
【関東GPGPU勉強会#2】OpenCVのOpenCL実装oclMat
 
MicroServiceArchitecture
MicroServiceArchitectureMicroServiceArchitecture
MicroServiceArchitecture
 
アジャイル開発&TFS導入
アジャイル開発&TFS導入アジャイル開発&TFS導入
アジャイル開発&TFS導入
 
【第27回コンピュータビジョン勉強会@関東】OpenCV 便利Tips紹介
【第27回コンピュータビジョン勉強会@関東】OpenCV 便利Tips紹介【第27回コンピュータビジョン勉強会@関東】OpenCV 便利Tips紹介
【第27回コンピュータビジョン勉強会@関東】OpenCV 便利Tips紹介
 
SwiftとCocoaPodsで始めるサクサクiOS開発!
SwiftとCocoaPodsで始めるサクサクiOS開発! SwiftとCocoaPodsで始めるサクサクiOS開発!
SwiftとCocoaPodsで始めるサクサクiOS開発!
 
アジャイル風の開発で集中を実現する
アジャイル風の開発で集中を実現するアジャイル風の開発で集中を実現する
アジャイル風の開発で集中を実現する
 
さくらのクラウドフォーメーション with Chef [XEgg session]
さくらのクラウドフォーメーション with Chef [XEgg session]さくらのクラウドフォーメーション with Chef [XEgg session]
さくらのクラウドフォーメーション with Chef [XEgg session]
 
はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して
はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して
はじめてのスクラム体験ワークショップ 〜 アジャイル時代のテスターを目指して
 
Scrum"再"入門
Scrum"再"入門Scrum"再"入門
Scrum"再"入門
 
【関東GPGPU勉強会#3】OpenCVの新機能 UMatを先取りしよう
【関東GPGPU勉強会#3】OpenCVの新機能 UMatを先取りしよう【関東GPGPU勉強会#3】OpenCVの新機能 UMatを先取りしよう
【関東GPGPU勉強会#3】OpenCVの新機能 UMatを先取りしよう
 
Dockerとdev ops
Dockerとdev opsDockerとdev ops
Dockerとdev ops
 
Openshift 20191121
Openshift 20191121Openshift 20191121
Openshift 20191121
 
ユーザーストーリーワークショップ
ユーザーストーリーワークショップユーザーストーリーワークショップ
ユーザーストーリーワークショップ
 
Scrumワークショップ
ScrumワークショップScrumワークショップ
Scrumワークショップ
 
Pivotal Trackerでアジャイルなプロジェクト管理
Pivotal Trackerでアジャイルなプロジェクト管理Pivotal Trackerでアジャイルなプロジェクト管理
Pivotal Trackerでアジャイルなプロジェクト管理
 
Agile pm6
Agile pm6Agile pm6
Agile pm6
 
Optuna on Kubeflow Pipeline 分散ハイパラチューニング
Optuna on Kubeflow Pipeline 分散ハイパラチューニングOptuna on Kubeflow Pipeline 分散ハイパラチューニング
Optuna on Kubeflow Pipeline 分散ハイパラチューニング
 
Scrum
ScrumScrum
Scrum
 
ユーザーストーリーワークショップ実践編
ユーザーストーリーワークショップ実践編ユーザーストーリーワークショップ実践編
ユーザーストーリーワークショップ実践編
 
Osaka Venture Meetup #3
Osaka Venture Meetup #3Osaka Venture Meetup #3
Osaka Venture Meetup #3
 

More from Noriyuki Mizuno

Asian Automation Alliance システムテスト自動化構築時の考え方と進め方の一例
Asian Automation Alliance システムテスト自動化構築時の考え方と進め方の一例Asian Automation Alliance システムテスト自動化構築時の考え方と進め方の一例
Asian Automation Alliance システムテスト自動化構築時の考え方と進め方の一例
Noriyuki Mizuno
 
みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!(20140105版)
みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!(20140105版)みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!(20140105版)
みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!(20140105版)
Noriyuki Mizuno
 

More from Noriyuki Mizuno (19)

現状分析→価値開発→仕様化&テスト設計の展開事例解説:仕様&テスト編
現状分析→価値開発→仕様化&テスト設計の展開事例解説:仕様&テスト編現状分析→価値開発→仕様化&テスト設計の展開事例解説:仕様&テスト編
現状分析→価値開発→仕様化&テスト設計の展開事例解説:仕様&テスト編
 
実践ソフトウェアエンジニアリング(第9版)~長年積み上げられた体系と各種技術との関連性
実践ソフトウェアエンジニアリング(第9版)~長年積み上げられた体系と各種技術との関連性実践ソフトウェアエンジニアリング(第9版)~長年積み上げられた体系と各種技術との関連性
実践ソフトウェアエンジニアリング(第9版)~長年積み上げられた体系と各種技術との関連性
 
Jasst東京21 チュートリアル 仕様サンプル(一部)
Jasst東京21 チュートリアル 仕様サンプル(一部)Jasst東京21 チュートリアル 仕様サンプル(一部)
Jasst東京21 チュートリアル 仕様サンプル(一部)
 
伝統的食品工場エンジニアリング会社が挑むDXへのビジネスアイデアをRDRAによる要件定義でプロダクト開発へつなぐ~Side:要件定義
伝統的食品工場エンジニアリング会社が挑むDXへのビジネスアイデアをRDRAによる要件定義でプロダクト開発へつなぐ~Side:要件定義伝統的食品工場エンジニアリング会社が挑むDXへのビジネスアイデアをRDRAによる要件定義でプロダクト開発へつなぐ~Side:要件定義
伝統的食品工場エンジニアリング会社が挑むDXへのビジネスアイデアをRDRAによる要件定義でプロダクト開発へつなぐ~Side:要件定義
 
RDRA+プロトタイピングおよび仕様化時に役立つ技術、事例紹介
RDRA+プロトタイピングおよび仕様化時に役立つ技術、事例紹介RDRA+プロトタイピングおよび仕様化時に役立つ技術、事例紹介
RDRA+プロトタイピングおよび仕様化時に役立つ技術、事例紹介
 
PFD(Process Flow Diagram)の書き方紹介
PFD(Process Flow Diagram)の書き方紹介PFD(Process Flow Diagram)の書き方紹介
PFD(Process Flow Diagram)の書き方紹介
 
「提案」が断られないか検証する技術
「提案」が断られないか検証する技術「提案」が断られないか検証する技術
「提案」が断られないか検証する技術
 
Stac2017-2_LTテストカタマリー公開用
Stac2017-2_LTテストカタマリー公開用Stac2017-2_LTテストカタマリー公開用
Stac2017-2_LTテストカタマリー公開用
 
納得できるテストをつくるアプローチ(JaSST'17 Kansai向け)
納得できるテストをつくるアプローチ(JaSST'17 Kansai向け)納得できるテストをつくるアプローチ(JaSST'17 Kansai向け)
納得できるテストをつくるアプローチ(JaSST'17 Kansai向け)
 
UTP(UML Testing Profile)概要紹介
UTP(UML Testing Profile)概要紹介UTP(UML Testing Profile)概要紹介
UTP(UML Testing Profile)概要紹介
 
Warai160109 テストアーキテクチャのおはなし
Warai160109 テストアーキテクチャのおはなしWarai160109 テストアーキテクチャのおはなし
Warai160109 テストアーキテクチャのおはなし
 
STAC 2015 自動家は見た ~自動化の現場の真実~ SIDE:マネージャ
STAC 2015 自動家は見た~自動化の現場の真実~ SIDE:マネージャSTAC 2015 自動家は見た~自動化の現場の真実~ SIDE:マネージャ
STAC 2015 自動家は見た ~自動化の現場の真実~ SIDE:マネージャ
 
広島ソフトウェアテスト勉強会1511
広島ソフトウェアテスト勉強会1511広島ソフトウェアテスト勉強会1511
広島ソフトウェアテスト勉強会1511
 
AAA2015 関西風と欧米風 2つのTest Automation Patterns
AAA2015 関西風と欧米風 2つのTest Automation PatternsAAA2015 関西風と欧米風 2つのTest Automation Patterns
AAA2015 関西風と欧米風 2つのTest Automation Patterns
 
Et west テスト自動化_公開版
Et west テスト自動化_公開版Et west テスト自動化_公開版
Et west テスト自動化_公開版
 
Asian Automation Alliance システムテスト自動化構築時の考え方と進め方の一例
Asian Automation Alliance システムテスト自動化構築時の考え方と進め方の一例Asian Automation Alliance システムテスト自動化構築時の考え方と進め方の一例
Asian Automation Alliance システムテスト自動化構築時の考え方と進め方の一例
 
みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!(20140105版)
みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!(20140105版)みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!(20140105版)
みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!(20140105版)
 
Tabok 自己流自動化ふりかえり 展開版
Tabok 自己流自動化ふりかえり 展開版Tabok 自己流自動化ふりかえり 展開版
Tabok 自己流自動化ふりかえり 展開版
 
Wacate 2011 summer_bpp
Wacate 2011 summer_bppWacate 2011 summer_bpp
Wacate 2011 summer_bpp
 

Recently uploaded

Recently uploaded (9)

ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 

CCPMカレーワークショップ(共有版)