Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

広島ソフトウェアテスト勉強会1511

2,506 views

Published on

少しだけ論理的につないでみたテストのおはなし

Published in: Software

広島ソフトウェアテスト勉強会1511

  1. 1. 12015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 WARAI(関西SWテスト勉強会) Presents @広島ソフトウェアテスト勉強会 テストでモヤモヤしている皆様へ ~論理的に品質やテストの ことを考えてみよう~ みずのり(水野のりゆき) @WARAI(関西SWテスト勉強会)
  2. 2. 22015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 いきなりですが? (無いかもしれませんが) テストに対しての疑問点や モヤモヤしていることは なんでしょう?
  3. 3. 32015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 モヤモヤしよう! 開発者のやるコトが神 テスト担当者(専任者)がいれば不具合が減るかも… テストのやり方が分かれば、きっと不具合も減る!? 不具合が出たら…とにかく減らせ! テストが 足りない! レビューが 足りない! チェック リストだ!
  4. 4. 42015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 モヤモヤしよう! 開発者のやるコトが神 テスト担当者(専任者)がいれば不具合が減るかも… テストのやり方が分かれば、きっと不具合も減る!? 不具合が出たら…とにかく減らせ! 組織で強制されるプロセスはあるけど…役立ってる? テストやるコトになってるけど、新人が仕様をコピペ… 不具合をとにかく減らせ!⇒「これは仕様です」 要求(らしき何か)とのトレーサビリティが全て
  5. 5. 52015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 ひとまず分類 いろいろな方がおりますので 簡単な分類とターゲットを調整します。 提供 向上 組織の 整備 不具合が少ない・減っている 顧客・提供者への価値向上が 出来ている。 組織的に安定した手順で 作業できるようテストプロセスや ツールが整備されている。
  6. 6. 62015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 ひとまず分類 先ほどの内容をマッピング 提供 向上 組織の 整備 除外? 開発者が神 テスト担当者 欲しい テストの知識 が有れば… 役立ってる? 新人コピペ テスト
  7. 7. 72015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 その1 もやもやの理由を 考えてみよう! ~マクロな視点から 紹介します~
  8. 8. 82015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 マクロな視点から プロダクト ※提供する「何か」 開発 テスト 何か
  9. 9. 92015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 こんな構成 プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か 評価する人 感情 行動
  10. 10. 102015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 こんな構成 プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か 評価する人 感情 行動 感動・満足、安全・安心・確実 楽しさ、驚き、魅力・夢中、期待 ・・・etc やりたいコトが出来る 行動を加速できる ・・・etc
  11. 11. 112015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 こんな構成 プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か 評価する人 感情 行動 継続的に使ってもらう、儲かる 現場の生産性がUPする。 作ったものが使われなく、廃れていく。 余計なモノ…という判断をされる。事業撤退… 感動・満足、安全・安心・確実 楽しさ、驚き、魅力・夢中、期待 ・・・etc やりたいコトが出来る 行動を加速できる ・・・etc
  12. 12. 122015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 いろいろ考えてみよう! プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か 評価する人 感情 行動 要求をそのまま テストするのは 良いの? 売れなくなった らテストを強化 する? テストさえすれば、 担当者がいれば よくなるの?
  13. 13. 132015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 こんな構成 プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か By オレゴン大学の実験@アレグザンダー 評価する人 感情 行動 要求をそのまま テストするのは 良いの? 売れなくなった らテストを強化 する? テストさえすれば、 担当者がいれば よくなるの?
  14. 14. 142015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 いろいろ考えてみよう! プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か 評価する人 感情 行動 なぜか 上手く行く? そんなテストで 大丈夫か? 囲む世界 (ザ・ワールド) 全て含めたサービス感
  15. 15. 152015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 品質って何? 誰かにとっての価値(ワインバーグ) 出荷後に社会に与える損失(品質工学) ※品質をお金で計測、品質が悪いほど失うお金が増える 備わっている特性が要求を満たす度合い(ISO9000) 「質」という言葉の意味
  16. 16. 162015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 品質って何? 誰かにとっての価値(ワインバーグ) 出荷後に社会に与える損失(品質工学) ※品質をお金で計測、品質が悪いほど失うお金が増える 備わっている特性が要求を満たす度合い(ISO9000) 「質」という言葉の意味 言葉の影響を 考えてみよう!
  17. 17. 172015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 先ほどの構成から考える プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か 評価する人 感情 行動 小さい範囲で 見てしまうと? 囲む世界 (ザ・ワールド) 全て含めたサービス感 要求を満たす 度合いだ! 損失≒不具合? を減らせ!
  18. 18. 182015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 論理的に考えてみよう! 品質は要求を 満たす度合い である 要求とはインプット で定義された仕様を 満たすことだ 要求仕様を (カンペキに) 満たすことが 品質が良い 要求の トレーサビリティ 命! プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か 評価する人 感情 行動
  19. 19. 192015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 論理的に考えてみよう! 品質は出荷後に 社会に与える 損失である 損失とは客先から 報告された不具合 で判断できる 損失となる 不具合が減ると 品質は良い 損失費を測定し 減らすよう指示 厳しく管理 数値を取って管理 することが効果的 対顧客 「仕様です」
  20. 20. 202015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 まとめ もやもやする場合、視野を広げて考えてみよう! 思い込みがある場合がある。繋げて整理しよう! 品質の用語と知識 思考の切り替え(抽象度変更、視野変更) ロジックブランチbyTOCfE A B ならば 使った技術 今回は品質を「誰かにとっての価値」 という考え方を基準に整理してみたよ
  21. 21. 212015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 その2 テスト/品質の技術を 役立ててみよう。 上手く使うと 役立つかもよー なはなし。
  22. 22. 222015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 先ほどの話 プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か 評価する人 感情 行動 遠いので考えるのが難しいですよね。 ⇒せめてプロダクトに着目できれば… 囲む世界 (ザ・ワールド) 全て含めたサービス感 遥かなるギャップ
  23. 23. 232015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 先ほどの話 プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か 評価する人 感情 行動 狭めることで集中できる! 注:マクロの繋がりを保たないとダメよ 囲む世界 (ザ・ワールド) 全て含めたサービス感 この辺までなら 考えやすい!
  24. 24. 242015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 技術を使う! プロダクト 開発 テスト 品質特性~♪ この辺までなら 考えやすい! ソフトウェアの品質特性モデル (カッコは副特性) 利用時の 品質特性モデル 機能性 (合目的性、正確性、相互運用性、セキュリティ、標準適合性) 信頼性 (成熟性、障害許容性、回復性、標準適合性) 使用性 (理解性、習得性、運用性、魅力、標準適合性) 効率性 (時間効率性、資源効率性、標準適合性) 保守性 (解析性、変更性、安定性、試験性、標準適合性) 移植性 (環境適応性、設置性、置換性、標準適合性) 有効性 生産性 安全性 満足性
  25. 25. 252015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 技術を使う! プロダクト 開発 テスト この辺までなら 考えやすい! システム・ソフトウェア品質特性 モデル(カッコは副特性) データ品質モデル 利用時の 品質特性モデル 機能適合性 (機能完全性、機能正確性、機能適切性) 性能効率性 (時間効率性、資源効率性、容量満足性) 互換性 (共存性、相互運用性) 使用性 (適切認識性、習得性、運用操作性、ユーザーエラー防止性、 ユーザーインタフェース快適性(美しさ?)、アクセシビリティ) 信頼性 (成熟性、可用性、障害許容性、回復性) セキュリティ (機密性、インテグリティ、否認防止性、責任追跡性、真正性) 保守性 (モジュール性、再利用性、解析性、修正性、試験性) 移植性 (適応性、設置性、置換性) 固有 正確性、完全性、 一貫性、信憑性、 最新性 固有&システム依存 アクセシビリティ、 標準的合成、 機密性、効率性、 精度、追跡可能性、 理解性 システム依存 可用性、移植性、 回復性 有効性 効率性 満足性 (実用性、信用性、 快感性、快適性) リスク回避性 (経済リスク緩和性、 健康・安全リスク緩和性、 環境リスク緩和性) 利用状況網羅性 (利用状況完全性、柔軟性)
  26. 26. 262015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 技術を使う! 本来の定義は JSTQBを参考に してください 正確性を確認するテスト ⇒正確性テスト 時間効率(応答)を 確認するテスト ⇒レスポンステスト 成熟性・障害許容性を 確認するテスト ⇒信頼性テスト ソフトウェアの品質特性モデル (カッコは副特性) 利用時の 品質特性モデル 機能性 (合目的性、正確性、相互運用性、セキュリティ、標準適合性) 信頼性 (成熟性、障害許容性、回復性、標準適合性) 使用性 (理解性、習得性、運用性、魅力、標準適合性) 効率性 (時間効率性、資源効率性、標準適合性) 保守性 (解析性、変更性、安定性、試験性、標準適合性) 移植性 (環境適応性、設置性、置換性、標準適合性) 有効性 生産性 安全性 満足性 テストタイプ 使い方の例: お客様のXXという価値を得るために XXという品質特性を満たす必要がある。 それを確認するにはXXというテストタイプでの テストを設計して実施することが効果的。
  27. 27. 272015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 技術を使う! プロダクトの 価値基準が あると役立つ 基準を考えるのは難しい。 他の人が考えた良い枠を 参考にすると効果的 プロダクトに 品質モデルを 適用して目標にする。 品質モデルという 基準が存在する。 ※ISO9126/250XX
  28. 28. 282015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 次は現場に近い話 プロダクト お金 時間 開発 テスト 何か 評価する人 感情 行動 囲む世界 (ザ・ワールド) 全て含めたサービス感 ザ・現場ワールド 実際の開発現場を 考えてみますよー
  29. 29. 292015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 開発の状況 小さな開発ならともかく… 大きな開発になるとカオス化します xx.c Hello World! xx.c xx.cxx.cxx.c xx.c xx.c xx.c xx.c xx.c xx.cxx.c xx.c xx.c Halle ward?
  30. 30. 302015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 開発の方法 何らかのカタチで整理できたほうが良いですよね。 要求分析 方式設計 詳細設計 SW適格性 確認テスト 結合テスト 単体テスト コード作成 SLCP2007:Software Life Cycle Process (共通フレーム参考)ベース システム アプリ アプリ アプリ プロセス プロセス プロセス 機能 機能 機能 ク ラ ス ク ラ ス 機能 クラス メソッド メソッド ・・・ 一般的に言う テストレベル 相当
  31. 31. 312015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 開発の方法 プロセスだけで固定した考え方は減らしましょう。 要求分析 方式設計 詳細設計 SW適格性 確認テスト 結合テスト 単体テスト コード作成 SLCP2007:Software Life Cycle Process (共通フレーム参考)ベース システム アプリ アプリ アプリ プロセス プロセス プロセス 機能 機能 機能 ク ラ ス ク ラ ス 機能 クラス メソッド メソッド ・・・ メソッド単位で 境界値とか異常は 見てくれてるよね まー、異常ケース はシステム組合せ で見るよねー。
  32. 32. 322015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 開発の方法 プロダクトサイズの考え方 システム アプリ アプリ アプリ プロセス プロセス プロセス 機能 機能 機能 ク ラ ス ク ラ ス 機能 クラス メソッド メソッド ・・・
  33. 33. 332015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 開発の方法 プロダクトサイズの考え方 システム アプリ アプリ アプリ プロセス プロセス プロセス 機能 機能 機能 ク ラ ス ク ラ ス 機能 クラス メソッド メソッド ・・・
  34. 34. 342015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 開発の方法 プロダクトサイズの考え方 システム アプリ アプリ アプリ プロセス プロセス プロセス 機能 機能 機能 ク ラ ス ク ラ ス 機能 クラス メソッド メソッド ・・・
  35. 35. 352015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 開発の方法 プロダクトサイズの考え方 システム アプリ アプリ アプリ プロセス プロセス プロセス 機能 機能 機能 ク ラ ス ク ラ ス 機能 クラス メソッド メソッド ・・・
  36. 36. 362015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 開発の方法 プロダクトサイズの考え方 システム アプリ アプリ アプリ プロセス プロセス プロセス 機能 機能 機能 ク ラ ス ク ラ ス 機能 クラス メソッド メソッド ・・・ 対象システムに あわせて、 段階的に 「塗りつぶす」 ようにテスト (Googleテスト本では“SML”ですね。)
  37. 37. 372015年11月 広島ソフトウェアテスト勉強会 まとめ 「何のために役立つか?」を考える事で 技術を有効に活用できる・・・はず。 品質特性、テストタイプ、テストレベルと いったものをどう使うか説明したよ

×