SlideShare a Scribd company logo
グループワークの進め方,サーベイのやり方
先 端 技 術 と メ デ ィ ア 表 現 # 1
落合陽一 Yoichi Ochiai Ph.D
筑波大・落合研助教(デジタルネイチャー研究室)
CEO, Pixie Dust Technologies Inc,
#ochyai @ochyai
#FTMA15
先端技術とメディア表現#1
ochyai.manage@gmail.com
筑波大メディア創成07入学,東大を飛び級で出て15から教員
落合陽一
メディアアーティスト
筑波大助教・落合陽一研究室
(デジタルネイチャー研究室
CEO of Pixie Dust Tech.
VRコンソーシアム理事
自 己 紹 介
質問はなんでも受け付けます.友達が少ないので仲良くしてください
Facebook歓迎
先端技術とメディア表現#1
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
CEO of Pixie Dust Technologies Inc.
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
Toward Programmable World. Like a wonderland Alice walked,
We envision programmable environment which alter physical
object into programmable matter. It will update our humanities.
Vision 先端技術とメディア表現#1
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
9
Acoustic Potential Energy Distribution in standing waves(Novelty)
Densities of MediumDensities of Small Sphere
Compression ratios of the small sphere and the medium,
the root mean square (RMS) amplitude,,
the normalized cross-sectional distribution of the ultrasonic beam
Our Approach: Employ Phased Array as Transducers
Related Work
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
Computational Light Fields
Simulated Result
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
Airfrow Soundlight MagnetismRF Wifi GravityOdor
S
N
These works are combination of
Physics, Computer Science,
Wave Engineering, Art context, and Design
先端技術とメディア表現#1
吉田有花さん(IPLAB)
T A 紹 介
@yopita_
IPA未踏事業のときの後輩!
コードも書けるし研究もできる!
先端技術とメディア表現#1
今週のポイント
先 端 技 術 と メ デ ィ ア 表 現 # 1
#FTMA15
先端技術とメディア表現#1
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
つまらない実装やアイデアのほとんどは
先行研究や事例への無知によって生まれている.
そしてよく事例を知っている人でも,
コンテクストを理解しないと次にどういう大きな
流れが来るのかを読むのは難しい.
実装コスト≠クオリティ
18 #FTMA15
1994 Navicam(Jun Rekimoto)
19 #FTMA15
1996 Cyber Code(Jun Rekimoto)
20 #FTMA15
1998 Shader Lamps(Ramesh Raskar)
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
トレンドを読むことは重要.勉強することも重要.
流行りのコンテクストからどんだけ「離脱」し,
さらにどんだけ先人たちと違うことをできるか.
今だから,あなただからできることは何?
しかし一番重要なのはトレンドを作る側になること
この授業のメインテーマ
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
サーベイしてよく知る,発表する.
踏み台にして作れるようになる.
コンテクストを教員が解説.
成績はどうやって評価するの?
先 端 技 術 と メ デ ィ ア 表 現 # 1
#FTMA15
先端技術とメディア表現#1
成績評価方法
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
各回,2分間のグループサーヴェイ.
それによる評価を行う.
※サーヴェイ(関連事例の調査のこと)
③鬼コース
先端技術とメディア表現#1
①仏コース
②人間コース
何人でもいいのでグループを組んで週2本論文を読んでください.
1-2分の発表スライドを毎週提出してください.(当てます)
ただ単位が欲しい人向け
この分野に進みたい人向け
この分野に詳しくなりたい人向け
1人で週1本論文を読んでください.それとリファレンス欄にある関
連研究5本のアブスト&イントロ&結論だけ読んできてください.
1-2分の発表スライドを毎週提出してください.(当てます)
次のページへ:「人間性を捧げろ!」 #FTMA15
③鬼コース
#FTMA15
1週目:自分の興味ある論文を25本読んできてく
だ さ い . そ れ を 踏 ま え 興 味 あ る 分 野 に な ぜ 興 味 あ
るか1-2分でプレゼンしてください.
2 週 目 : 教 員 が 上 の プ レ ゼ ン を 踏 ま え ア ド バ イ ス
を す る の で , も う ち ょ っ と テ ー マ を 絞 っ て 興 味 あ
る論文を25本読んできてください.先人がやり残
し て い る こ と は 何 か 1 - 2 分 で プ レ ゼ ン し て く だ さ
い
③鬼コース
#FTMA15
3 週 目 : 教 員 が ア ド バ イ ス す る の で 先 人 が や り 残
し て い る こ と を 解 決 す る た め の ア プ ロ ー チ を 論 文
に 限 ら ず 調 べ て き て , 1 - 2 分 で プ レ ゼ ン し て く だ
さい
4-7週目(実装):1-2分で進捗をプレゼンしてく
ださい.
8週目:進捗と現状の最終発表までの計画を1-2分
でプレゼンしてください.
③鬼コース
9 週 目 : 周 り の 人 に 助 け て 欲 し い こ と を プ レ ゼ ン
してください.1-2分.
10週目:最終発表です.3分.
困 っ た こ と は 吉 田 さ ん と 落 合 さ ん が 助 け て く れ る
はず!
課題提出方法
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
1.読んだ論文とまとめたスライドを
ochyai.lecture@gmail.comに
送ってください.(毎週木曜23:59まで)
(これは成績評価用です!)
2.論文とスライドを印刷して持ってきてください.
(出席代わり+教室で回覧します,一部でおk)
今日やること
先 端 技 術 と メ デ ィ ア 表 現 # 1
#FTMA15
先端技術とメディア表現#1
今日のタスク
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
成績評価の説明
こころがまえ
教員TAの自己紹介
スライドの作り方
カンファレンスの紹介
グループ分け
サーベイの仕方
と論文の読み方
この授業で扱う論文誌
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
ACM SIGGRAPH
(シーグラフとよむ)
インタラクティブ技術と
コンピュータグラフィクスでは
最も古い国際会議で論文誌
Transactions on Graphics
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
この授業で扱う国際会議
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
ACM SIGCHI & UIST
(カイ&ウイストとよむ)
インタラクティブ技術と
ヒューマンファクターでは,
トップカンファレンス
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
36
この授業で扱う論文誌
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
IEEE Computer Graphics
インタラクティブ技術と
コンピュータグラフィクスでは
有名な論文誌
サーベイの仕方
先 端 技 術 と メ デ ィ ア 表 現 # 1
#FTMA15
先端技術とメディア表現#1
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
40
まず面白そうなのをみつける
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
会議名+検索ワード
あった!!!
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
大抵動画もあるので,面白そうか品定め
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
44
一般的な論文の構成
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
関連研究
イントロダクション
アブストラクト 実験結果
結論
議論
マテリアル&メソッド 参照文献
主張の証明
何をしたいか 良さ悪さ
何をしたか(詳細)
何をしたか
他の研究
他とどう違うか
おすすめはアブスト→結論→実験→関連研究
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15※順番通りに読むのに慣れた向けの早い読み方
映像から
音を再生したい
高速カメラで取れた
硬く軽いものがいい
ノイズ除去もやった
20khz (192*192)
2mの位置から
レーザーは昔からある
画像処理がキモ
時間を決めて一気に読む(例1時間)
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
論文の研究と肩を並べるには?
試しに実装してみる.
わからない場所は他の論文を
みながら調べる.
たとえばこれだと,
読み終わったら? どんな論文だったかまとめる
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
次に読む論文を決める.
As our approach relies on the ability to extract
extremely subtle motions from video, it is also
related to recent work on magnifying and
visualizing such motions.
[Wu et al. 2012; Wadhwa et al. 2013; Wadhwa et
al. 2014; Rubinstein 2014].
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
探してみる
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
このようにして関連研究を探す
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
1本の論文を時間を決めて読もう.英語につまっ
ても良いので,論理構造の把握に努める.
「この論文は何をやったのか,何を証明したのか?
何を使って,それは今までとそれはどう異なって
いるのか? 次は何をよめばいいんだろうか?」
読んだ論文はメモと一緒に保存しておくと財産
53
気分転換して他を探してみよう
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
会議名+検索ワード
今度はCHIとかで
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
55
なるほど共鳴特性を使うらしい
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
以下略
関連研究50本あるw25本読むか
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
最近
こういうの
マジで
多いんで
本当に
厳しい…
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
たとえばクリスハリソン
スマホやウェアラブルの
出入力やりまくっている
どうこの人と差別化する?
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
今日のタスク
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
成績評価の説明
こころがまえ
教員TAの自己紹介 サーベイの仕方
と論文の読み方
スライドの作り方
カンファレンスの紹介
グループ分け
提出用スライドの作り方
先 端 技 術 と メ デ ィ ア 表 現 # 1
#FTMA15
先端技術とメディア表現#1
先端技術とメディア表現1 #FTMA15
まとめることを前提によむ
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
200711510 落合陽一 #1 (仏コース)
高速カメラの映像からその場所でかかっていた音を
復元する.一眼レフを使った例も検証した.
先行研究と比べてどこがすごい?
レーザー手法(レーザードップラー)は80年代か
らあったが,本手法ではレーザーを当てなくてもハ
イスピード動画から音を復元できる.
動画から微細な変化を検出する手法
[Wu et al 2012]や他を音声に応用
技術や手法のキモはどこ? 
どんなもの? どうやって有効だと検証した?
レーザードップラーと比べても,有用なデータが出
た.統計的誤差を比較した.
スピーチを復元してみて周波数分布を比べてみた.
音響解析してみて振動範囲を調べた.
軽くて硬いものは精度よく復元できる.
光を当てないでよい分レーザーより便利かもしれない.
議論はある?
Wu, et al 2012, かな
次に読むべき論文は?
200711510 落合陽一 #1 (人間コース)
ハイスピードカメラの映像から
些細な差を増幅して表示する
2012年の手法にくらべ,位相
を用いたモーション変化を調べ
ると,拡大率が上がる.
これを5本分
200711510 落合陽一 #1 (鬼コース)
スライド25枚
作って!
200711510 落合陽一 #1 (鬼コース)
たくさん読むと何か見える
その中で一番引用されている論文は何だった?
あなたはそういう研究の中でどういう点好きだった?
2分でプレゼン
メタ的な視点で研究を考える
その分野のどこが一番面白いとこだと思った
今の社会と合わせるとどこに問題があると思う?
③鬼コース
先端技術とメディア表現#1
①仏コース
②人間コース
何人でもいいのでグループを組んで週2本論文を読んでください.
1-2分の発表スライドを毎週提出してください.(当てます)
ただ単位が欲しい人向け
この分野に進みたい人向け
この分野に詳しくなりたい人向け
1人で週1本論文を読んでください.それとリファレンス欄にある関
連研究5本のアブスト&イントロ&結論だけ読んできてください.
1-2分の発表スライドを毎週提出してください.(当てます)
次のページへ:「人間性を捧げろ!」 #FTMA15
③鬼コース
#FTMA15
1週目:自分の興味ある論文を25本読んできてく
だ さ い . そ れ を 踏 ま え 興 味 あ る 分 野 に な ぜ 興 味 あ
るか1-2分でプレゼンしてください.
2 週 目 : 教 員 が 上 の プ レ ゼ ン を 踏 ま え ア ド バ イ ス
を す る の で , も う ち ょ っ と テ ー マ を 絞 っ て 興 味 あ
る論文を25本読んできてください.先人がやり残
し て い る こ と は 何 か 1 - 2 分 で プ レ ゼ ン し て く だ さ
い
③鬼コース
#FTMA15
3 週 目 : 教 員 が ア ド バ イ ス す る の で 先 人 が や り 残
し て い る こ と を 解 決 す る た め の ア プ ロ ー チ を 論 文
に 限 ら ず 調 べ て き て , 1 - 2 分 で プ レ ゼ ン し て く だ
さい
4-7週目(実装):1-2分で進捗をプレゼンしてく
ださい.
8週目:進捗と現状の最終発表までの計画を1-2分
でプレゼンしてください.
③鬼コース
9 週 目 : 周 り の 人 に 助 け て 欲 し い こ と を プ レ ゼ ン
してください.1-2分.
10週目:最終発表です.3分.
困 っ た こ と は 吉 田 さ ん と 落 合 さ ん が 助 け て く れ る
はず!
課題提出方法
先端技術とメディア表現#1
#FTMA15
1.読んだ論文とまとめたスライドを
ochyai.lecture@gmail.comに
送ってください.(毎週木曜23:59まで)
(これは成績評価用です!)
2.論文とスライドを印刷して持ってきてください.
(出席代わり+教室で回覧します,一部でおk)
グループワークの進め方,サーベイのやり方
先 端 技 術 と メ デ ィ ア 表 現 # 1
落合陽一 Yoichi Ochiai Ph.D
筑波大・落合研助教(デジタルネイチャー研究室)
CEO, Pixie Dust Technologies Inc,
#ochyai @ochyai
#FTMA15
先端技術とメディア表現#1
ochyai.manage@gmail.com

More Related Content

What's hot

優れた研究論文の書き方―7つの提案
優れた研究論文の書き方―7つの提案優れた研究論文の書き方―7つの提案
優れた研究論文の書き方―7つの提案
Masanori Kado
 
最適輸送入門
最適輸送入門最適輸送入門
最適輸送入門
joisino
 
CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法
Hirokatsu Kataoka
 
優れた問いを見つける(中京大学講演)
優れた問いを見つける(中京大学講演)優れた問いを見つける(中京大学講演)
優れた問いを見つける(中京大学講演)
cvpaper. challenge
 
落合流先生流の論文要旨フォーマット
落合流先生流の論文要旨フォーマット落合流先生流の論文要旨フォーマット
落合流先生流の論文要旨フォーマット
森 哲也
 
落合陽一前陣速攻のスライド0131 #JILS
落合陽一前陣速攻のスライド0131 #JILS 落合陽一前陣速攻のスライド0131 #JILS
落合陽一前陣速攻のスライド0131 #JILS
Yoichi Ochiai
 
最適化超入門
最適化超入門最適化超入門
最適化超入門
Takami Sato
 
ChatGPTは思ったほど賢くない
ChatGPTは思ったほど賢くないChatGPTは思ったほど賢くない
ChatGPTは思ったほど賢くない
Carnot Inc.
 
論文に関する基礎知識2016
 論文に関する基礎知識2016 論文に関する基礎知識2016
論文に関する基礎知識2016
Mai Otsuki
 
工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方
ychtanaka
 
実務と論文で学ぶジョブレコメンデーション最前線2022
実務と論文で学ぶジョブレコメンデーション最前線2022実務と論文で学ぶジョブレコメンデーション最前線2022
実務と論文で学ぶジョブレコメンデーション最前線2022
Teruyuki Sakaue
 
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AIChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
Shota Imai
 
【メタサーベイ】基盤モデル / Foundation Models
【メタサーベイ】基盤モデル / Foundation Models【メタサーベイ】基盤モデル / Foundation Models
【メタサーベイ】基盤モデル / Foundation Models
cvpaper. challenge
 
ドメイン適応の原理と応用
ドメイン適応の原理と応用ドメイン適応の原理と応用
ドメイン適応の原理と応用
Yoshitaka Ushiku
 
Data-Centric AIの紹介
Data-Centric AIの紹介Data-Centric AIの紹介
Data-Centric AIの紹介
Kazuyuki Miyazawa
 
BlackBox モデルの説明性・解釈性技術の実装
BlackBox モデルの説明性・解釈性技術の実装BlackBox モデルの説明性・解釈性技術の実装
BlackBox モデルの説明性・解釈性技術の実装
Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)
 
研究法(Claimとは)
研究法(Claimとは)研究法(Claimとは)
研究法(Claimとは)
Jun Rekimoto
 
研究発表を準備する(2022年版)
研究発表を準備する(2022年版)研究発表を準備する(2022年版)
研究発表を準備する(2022年版)
Takayuki Itoh
 
最近のディープラーニングのトレンド紹介_20200925
最近のディープラーニングのトレンド紹介_20200925最近のディープラーニングのトレンド紹介_20200925
最近のディープラーニングのトレンド紹介_20200925
小川 雄太郎
 
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
mlm_kansai
 

What's hot (20)

優れた研究論文の書き方―7つの提案
優れた研究論文の書き方―7つの提案優れた研究論文の書き方―7つの提案
優れた研究論文の書き方―7つの提案
 
最適輸送入門
最適輸送入門最適輸送入門
最適輸送入門
 
CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法
 
優れた問いを見つける(中京大学講演)
優れた問いを見つける(中京大学講演)優れた問いを見つける(中京大学講演)
優れた問いを見つける(中京大学講演)
 
落合流先生流の論文要旨フォーマット
落合流先生流の論文要旨フォーマット落合流先生流の論文要旨フォーマット
落合流先生流の論文要旨フォーマット
 
落合陽一前陣速攻のスライド0131 #JILS
落合陽一前陣速攻のスライド0131 #JILS 落合陽一前陣速攻のスライド0131 #JILS
落合陽一前陣速攻のスライド0131 #JILS
 
最適化超入門
最適化超入門最適化超入門
最適化超入門
 
ChatGPTは思ったほど賢くない
ChatGPTは思ったほど賢くないChatGPTは思ったほど賢くない
ChatGPTは思ったほど賢くない
 
論文に関する基礎知識2016
 論文に関する基礎知識2016 論文に関する基礎知識2016
論文に関する基礎知識2016
 
工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方
 
実務と論文で学ぶジョブレコメンデーション最前線2022
実務と論文で学ぶジョブレコメンデーション最前線2022実務と論文で学ぶジョブレコメンデーション最前線2022
実務と論文で学ぶジョブレコメンデーション最前線2022
 
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AIChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
 
【メタサーベイ】基盤モデル / Foundation Models
【メタサーベイ】基盤モデル / Foundation Models【メタサーベイ】基盤モデル / Foundation Models
【メタサーベイ】基盤モデル / Foundation Models
 
ドメイン適応の原理と応用
ドメイン適応の原理と応用ドメイン適応の原理と応用
ドメイン適応の原理と応用
 
Data-Centric AIの紹介
Data-Centric AIの紹介Data-Centric AIの紹介
Data-Centric AIの紹介
 
BlackBox モデルの説明性・解釈性技術の実装
BlackBox モデルの説明性・解釈性技術の実装BlackBox モデルの説明性・解釈性技術の実装
BlackBox モデルの説明性・解釈性技術の実装
 
研究法(Claimとは)
研究法(Claimとは)研究法(Claimとは)
研究法(Claimとは)
 
研究発表を準備する(2022年版)
研究発表を準備する(2022年版)研究発表を準備する(2022年版)
研究発表を準備する(2022年版)
 
最近のディープラーニングのトレンド紹介_20200925
最近のディープラーニングのトレンド紹介_20200925最近のディープラーニングのトレンド紹介_20200925
最近のディープラーニングのトレンド紹介_20200925
 
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
 

Viewers also liked

SIGGRAPH 2017 Theater: SIGGRAPH in Japanese and Japan CG Showcase by Yoichi O...
SIGGRAPH 2017 Theater: SIGGRAPH in Japanese and Japan CG Showcase by Yoichi O...SIGGRAPH 2017 Theater: SIGGRAPH in Japanese and Japan CG Showcase by Yoichi O...
SIGGRAPH 2017 Theater: SIGGRAPH in Japanese and Japan CG Showcase by Yoichi O...
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 第一回 鬼コース 全PDF
#FTMA15 第一回 鬼コース 全PDF#FTMA15 第一回 鬼コース 全PDF
#FTMA15 第一回 鬼コース 全PDF
Yoichi Ochiai
 
Holographic Whisper - CHI2017 oral presentation by Yoichi Ochiai
Holographic Whisper - CHI2017 oral presentation by Yoichi OchiaiHolographic Whisper - CHI2017 oral presentation by Yoichi Ochiai
Holographic Whisper - CHI2017 oral presentation by Yoichi Ochiai
Yoichi Ochiai
 
機械学習の理論と実践
機械学習の理論と実践機械学習の理論と実践
機械学習の理論と実践
Preferred Networks
 
ロジスティック回帰の考え方・使い方 - TokyoR #33
ロジスティック回帰の考え方・使い方 - TokyoR #33ロジスティック回帰の考え方・使い方 - TokyoR #33
ロジスティック回帰の考え方・使い方 - TokyoR #33
horihorio
 
#1 落合流で論文読んでみた
#1 落合流で論文読んでみた#1 落合流で論文読んでみた
#1 落合流で論文読んでみた
森 哲也
 
日本神経回路学会セミナー「DeepLearningを使ってみよう!」資料
日本神経回路学会セミナー「DeepLearningを使ってみよう!」資料日本神経回路学会セミナー「DeepLearningを使ってみよう!」資料
日本神経回路学会セミナー「DeepLearningを使ってみよう!」資料
Kenta Oono
 
Phonetic Posteriorgrams for Many-to-One Voice Conversion without Parallel Dat...
Phonetic Posteriorgrams for Many-to-One Voice Conversion without Parallel Dat...Phonetic Posteriorgrams for Many-to-One Voice Conversion without Parallel Dat...
Phonetic Posteriorgrams for Many-to-One Voice Conversion without Parallel Dat...
KCS Keio Computer Society
 
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE Volume 1: The Theory of PBR by Allegorithmic』私家訳版
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE  Volume 1: The Theory of PBR by Allegorithmic』私家訳版『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE  Volume 1: The Theory of PBR by Allegorithmic』私家訳版
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE Volume 1: The Theory of PBR by Allegorithmic』私家訳版
小林 信行
 
ゲーム制作初心者が知るべき8つのこと
ゲーム制作初心者が知るべき8つのことゲーム制作初心者が知るべき8つのこと
ゲーム制作初心者が知るべき8つのこと
MASA_T_O
 
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE – Vol. 2: Practical guidelines for creating PBR ...
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE – Vol. 2: Practical guidelines for creating PBR ...『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE – Vol. 2: Practical guidelines for creating PBR ...
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE – Vol. 2: Practical guidelines for creating PBR ...
小林 信行
 
研究室輪読 Feature Learning for Activity Recognition in Ubiquitous Computing
研究室輪読 Feature Learning for Activity Recognition in Ubiquitous Computing研究室輪読 Feature Learning for Activity Recognition in Ubiquitous Computing
研究室輪読 Feature Learning for Activity Recognition in Ubiquitous Computing
Yusuke Iwasawa
 
Dl hacks輪読: "Unifying distillation and privileged information"
Dl hacks輪読: "Unifying distillation and privileged information"Dl hacks輪読: "Unifying distillation and privileged information"
Dl hacks輪読: "Unifying distillation and privileged information"
Yusuke Iwasawa
 
研究室輪読 Recommending Investors
for Crowdfunding Projects
研究室輪読 Recommending Investors
for Crowdfunding Projects研究室輪読 Recommending Investors
for Crowdfunding Projects
研究室輪読 Recommending Investors
for Crowdfunding Projects
Yusuke Iwasawa
 
008 20151221 Return of Frustrating Easy Domain Adaptation
008 20151221 Return of Frustrating Easy Domain Adaptation008 20151221 Return of Frustrating Easy Domain Adaptation
008 20151221 Return of Frustrating Easy Domain Adaptation
Ha Phuong
 
[DL輪読会] Semi-Supervised Knowledge Transfer For Deep Learning From Private Tra...
[DL輪読会] Semi-Supervised Knowledge Transfer For Deep Learning From Private Tra...[DL輪読会] Semi-Supervised Knowledge Transfer For Deep Learning From Private Tra...
[DL輪読会] Semi-Supervised Knowledge Transfer For Deep Learning From Private Tra...
Yusuke Iwasawa
 
[DL Hacks輪読] Semi-Supervised Learning with Ladder Networks (NIPS2015)
[DL Hacks輪読] Semi-Supervised Learning with Ladder Networks (NIPS2015)[DL Hacks輪読] Semi-Supervised Learning with Ladder Networks (NIPS2015)
[DL Hacks輪読] Semi-Supervised Learning with Ladder Networks (NIPS2015)
Yusuke Iwasawa
 
[ICLR2016] 採録論文の個人的まとめ
[ICLR2016] 採録論文の個人的まとめ[ICLR2016] 採録論文の個人的まとめ
[ICLR2016] 採録論文の個人的まとめ
Yusuke Iwasawa
 
JSAI2017:敵対的訓練を利用したドメイン不変な表現の学習
JSAI2017:敵対的訓練を利用したドメイン不変な表現の学習JSAI2017:敵対的訓練を利用したドメイン不変な表現の学習
JSAI2017:敵対的訓練を利用したドメイン不変な表現の学習
Yusuke Iwasawa
 
[DL輪読会] GAN系の研究まとめ (NIPS2016とICLR2016が中心)
[DL輪読会] GAN系の研究まとめ (NIPS2016とICLR2016が中心)[DL輪読会] GAN系の研究まとめ (NIPS2016とICLR2016が中心)
[DL輪読会] GAN系の研究まとめ (NIPS2016とICLR2016が中心)
Yusuke Iwasawa
 

Viewers also liked (20)

SIGGRAPH 2017 Theater: SIGGRAPH in Japanese and Japan CG Showcase by Yoichi O...
SIGGRAPH 2017 Theater: SIGGRAPH in Japanese and Japan CG Showcase by Yoichi O...SIGGRAPH 2017 Theater: SIGGRAPH in Japanese and Japan CG Showcase by Yoichi O...
SIGGRAPH 2017 Theater: SIGGRAPH in Japanese and Japan CG Showcase by Yoichi O...
 
#FTMA15 第一回 鬼コース 全PDF
#FTMA15 第一回 鬼コース 全PDF#FTMA15 第一回 鬼コース 全PDF
#FTMA15 第一回 鬼コース 全PDF
 
Holographic Whisper - CHI2017 oral presentation by Yoichi Ochiai
Holographic Whisper - CHI2017 oral presentation by Yoichi OchiaiHolographic Whisper - CHI2017 oral presentation by Yoichi Ochiai
Holographic Whisper - CHI2017 oral presentation by Yoichi Ochiai
 
機械学習の理論と実践
機械学習の理論と実践機械学習の理論と実践
機械学習の理論と実践
 
ロジスティック回帰の考え方・使い方 - TokyoR #33
ロジスティック回帰の考え方・使い方 - TokyoR #33ロジスティック回帰の考え方・使い方 - TokyoR #33
ロジスティック回帰の考え方・使い方 - TokyoR #33
 
#1 落合流で論文読んでみた
#1 落合流で論文読んでみた#1 落合流で論文読んでみた
#1 落合流で論文読んでみた
 
日本神経回路学会セミナー「DeepLearningを使ってみよう!」資料
日本神経回路学会セミナー「DeepLearningを使ってみよう!」資料日本神経回路学会セミナー「DeepLearningを使ってみよう!」資料
日本神経回路学会セミナー「DeepLearningを使ってみよう!」資料
 
Phonetic Posteriorgrams for Many-to-One Voice Conversion without Parallel Dat...
Phonetic Posteriorgrams for Many-to-One Voice Conversion without Parallel Dat...Phonetic Posteriorgrams for Many-to-One Voice Conversion without Parallel Dat...
Phonetic Posteriorgrams for Many-to-One Voice Conversion without Parallel Dat...
 
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE Volume 1: The Theory of PBR by Allegorithmic』私家訳版
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE  Volume 1: The Theory of PBR by Allegorithmic』私家訳版『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE  Volume 1: The Theory of PBR by Allegorithmic』私家訳版
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE Volume 1: The Theory of PBR by Allegorithmic』私家訳版
 
ゲーム制作初心者が知るべき8つのこと
ゲーム制作初心者が知るべき8つのことゲーム制作初心者が知るべき8つのこと
ゲーム制作初心者が知るべき8つのこと
 
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE – Vol. 2: Practical guidelines for creating PBR ...
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE – Vol. 2: Practical guidelines for creating PBR ...『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE – Vol. 2: Practical guidelines for creating PBR ...
『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE – Vol. 2: Practical guidelines for creating PBR ...
 
研究室輪読 Feature Learning for Activity Recognition in Ubiquitous Computing
研究室輪読 Feature Learning for Activity Recognition in Ubiquitous Computing研究室輪読 Feature Learning for Activity Recognition in Ubiquitous Computing
研究室輪読 Feature Learning for Activity Recognition in Ubiquitous Computing
 
Dl hacks輪読: "Unifying distillation and privileged information"
Dl hacks輪読: "Unifying distillation and privileged information"Dl hacks輪読: "Unifying distillation and privileged information"
Dl hacks輪読: "Unifying distillation and privileged information"
 
研究室輪読 Recommending Investors
for Crowdfunding Projects
研究室輪読 Recommending Investors
for Crowdfunding Projects研究室輪読 Recommending Investors
for Crowdfunding Projects
研究室輪読 Recommending Investors
for Crowdfunding Projects
 
008 20151221 Return of Frustrating Easy Domain Adaptation
008 20151221 Return of Frustrating Easy Domain Adaptation008 20151221 Return of Frustrating Easy Domain Adaptation
008 20151221 Return of Frustrating Easy Domain Adaptation
 
[DL輪読会] Semi-Supervised Knowledge Transfer For Deep Learning From Private Tra...
[DL輪読会] Semi-Supervised Knowledge Transfer For Deep Learning From Private Tra...[DL輪読会] Semi-Supervised Knowledge Transfer For Deep Learning From Private Tra...
[DL輪読会] Semi-Supervised Knowledge Transfer For Deep Learning From Private Tra...
 
[DL Hacks輪読] Semi-Supervised Learning with Ladder Networks (NIPS2015)
[DL Hacks輪読] Semi-Supervised Learning with Ladder Networks (NIPS2015)[DL Hacks輪読] Semi-Supervised Learning with Ladder Networks (NIPS2015)
[DL Hacks輪読] Semi-Supervised Learning with Ladder Networks (NIPS2015)
 
[ICLR2016] 採録論文の個人的まとめ
[ICLR2016] 採録論文の個人的まとめ[ICLR2016] 採録論文の個人的まとめ
[ICLR2016] 採録論文の個人的まとめ
 
JSAI2017:敵対的訓練を利用したドメイン不変な表現の学習
JSAI2017:敵対的訓練を利用したドメイン不変な表現の学習JSAI2017:敵対的訓練を利用したドメイン不変な表現の学習
JSAI2017:敵対的訓練を利用したドメイン不変な表現の学習
 
[DL輪読会] GAN系の研究まとめ (NIPS2016とICLR2016が中心)
[DL輪読会] GAN系の研究まとめ (NIPS2016とICLR2016が中心)[DL輪読会] GAN系の研究まとめ (NIPS2016とICLR2016が中心)
[DL輪読会] GAN系の研究まとめ (NIPS2016とICLR2016が中心)
 

Similar to 先端技術とメディア表現1 #FTMA15

TENTO 2012/01 筑波大学プレゼン資料
TENTO 2012/01 筑波大学プレゼン資料TENTO 2012/01 筑波大学プレゼン資料
TENTO 2012/01 筑波大学プレゼン資料
Shinichi Kusano
 
なぜあの人のプレゼンテーションはいつもイイねと言われるのか0716
なぜあの人のプレゼンテーションはいつもイイねと言われるのか0716なぜあの人のプレゼンテーションはいつもイイねと言われるのか0716
なぜあの人のプレゼンテーションはいつもイイねと言われるのか0716
Dai Murata
 
2012ー1 TENTOプレゼン資料
2012ー1 TENTOプレゼン資料2012ー1 TENTOプレゼン資料
2012ー1 TENTOプレゼン資料
TENTO_slide
 
No018-01-suc3rum-20100929
No018-01-suc3rum-20100929No018-01-suc3rum-20100929
No018-01-suc3rum-20100929
Sukusuku Scrum
 
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
Jun Nakahara
 
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップアジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
You&I
 
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
Jun Nakahara
 
プレゼンの作り方2019
プレゼンの作り方2019プレゼンの作り方2019
プレゼンの作り方2019
義広 河野
 
【公開相談会】フリークアウト佐藤先生、イグニス銭先生、ハッチ二宮先生に、創業期の悩み・気になることを質問しよう 先生: 佐藤 裕介
【公開相談会】フリークアウト佐藤先生、イグニス銭先生、ハッチ二宮先生に、創業期の悩み・気になることを質問しよう 先生: 佐藤 裕介【公開相談会】フリークアウト佐藤先生、イグニス銭先生、ハッチ二宮先生に、創業期の悩み・気になることを質問しよう 先生: 佐藤 裕介
【公開相談会】フリークアウト佐藤先生、イグニス銭先生、ハッチ二宮先生に、創業期の悩み・気になることを質問しよう 先生: 佐藤 裕介
schoowebcampus
 
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
Yuichiro Saito
 
プレゼン研修会20121018
プレゼン研修会20121018プレゼン研修会20121018
プレゼン研修会20121018
義広 河野
 
藤江研のビジョンと研究のポイント
藤江研のビジョンと研究のポイント藤江研のビジョンと研究のポイント
藤江研のビジョンと研究のポイント
Yo Kobayashi
 
eXtremeProgramming入門
eXtremeProgramming入門eXtremeProgramming入門
eXtremeProgramming入門
You&I
 
PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20
PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20
PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20
Visso株式会社
 
最終報告会
最終報告会最終報告会
最終報告会
Kazuhiro Ikeda
 
研究・企業・生き方について 情報科学若手の会2011
研究・企業・生き方について 情報科学若手の会2011研究・企業・生き方について 情報科学若手の会2011
研究・企業・生き方について 情報科学若手の会2011
Preferred Networks
 
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
schoowebcampus
 
人工知能技術の現状-今後の見通し-社会へのインパクト-岡夏樹
人工知能技術の現状-今後の見通し-社会へのインパクト-岡夏樹人工知能技術の現状-今後の見通し-社会へのインパクト-岡夏樹
人工知能技術の現状-今後の見通し-社会へのインパクト-岡夏樹
KIT Cognitive Interaction Design
 
Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~
Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~
Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~
Akiko Kosaka
 
グループディスカッションの巻
グループディスカッションの巻グループディスカッションの巻
グループディスカッションの巻
Takashi Abe
 

Similar to 先端技術とメディア表現1 #FTMA15 (20)

TENTO 2012/01 筑波大学プレゼン資料
TENTO 2012/01 筑波大学プレゼン資料TENTO 2012/01 筑波大学プレゼン資料
TENTO 2012/01 筑波大学プレゼン資料
 
なぜあの人のプレゼンテーションはいつもイイねと言われるのか0716
なぜあの人のプレゼンテーションはいつもイイねと言われるのか0716なぜあの人のプレゼンテーションはいつもイイねと言われるのか0716
なぜあの人のプレゼンテーションはいつもイイねと言われるのか0716
 
2012ー1 TENTOプレゼン資料
2012ー1 TENTOプレゼン資料2012ー1 TENTOプレゼン資料
2012ー1 TENTOプレゼン資料
 
No018-01-suc3rum-20100929
No018-01-suc3rum-20100929No018-01-suc3rum-20100929
No018-01-suc3rum-20100929
 
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
 
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップアジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
アジャイルにプロジェクトの"なぜ"を考える、インセプションデッキワークショップ
 
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
【Fan】学びの場づくり、"勝手に"最先端はこれだ! コンテンツデザインからコミュニティデザインへ
 
プレゼンの作り方2019
プレゼンの作り方2019プレゼンの作り方2019
プレゼンの作り方2019
 
【公開相談会】フリークアウト佐藤先生、イグニス銭先生、ハッチ二宮先生に、創業期の悩み・気になることを質問しよう 先生: 佐藤 裕介
【公開相談会】フリークアウト佐藤先生、イグニス銭先生、ハッチ二宮先生に、創業期の悩み・気になることを質問しよう 先生: 佐藤 裕介【公開相談会】フリークアウト佐藤先生、イグニス銭先生、ハッチ二宮先生に、創業期の悩み・気になることを質問しよう 先生: 佐藤 裕介
【公開相談会】フリークアウト佐藤先生、イグニス銭先生、ハッチ二宮先生に、創業期の悩み・気になることを質問しよう 先生: 佐藤 裕介
 
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
コミュニケーションスキルを重視したソフトウェア技術者教育手法の研究
 
プレゼン研修会20121018
プレゼン研修会20121018プレゼン研修会20121018
プレゼン研修会20121018
 
藤江研のビジョンと研究のポイント
藤江研のビジョンと研究のポイント藤江研のビジョンと研究のポイント
藤江研のビジョンと研究のポイント
 
eXtremeProgramming入門
eXtremeProgramming入門eXtremeProgramming入門
eXtremeProgramming入門
 
PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20
PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20
PresentationMethod 20130307 KnowledgeCommons vol.20
 
最終報告会
最終報告会最終報告会
最終報告会
 
研究・企業・生き方について 情報科学若手の会2011
研究・企業・生き方について 情報科学若手の会2011研究・企業・生き方について 情報科学若手の会2011
研究・企業・生き方について 情報科学若手の会2011
 
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
 
人工知能技術の現状-今後の見通し-社会へのインパクト-岡夏樹
人工知能技術の現状-今後の見通し-社会へのインパクト-岡夏樹人工知能技術の現状-今後の見通し-社会へのインパクト-岡夏樹
人工知能技術の現状-今後の見通し-社会へのインパクト-岡夏樹
 
Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~
Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~
Agile japan2011 アジャイル体験記~ふりかえりで開発を後押し~
 
グループディスカッションの巻
グループディスカッションの巻グループディスカッションの巻
グループディスカッションの巻
 

More from Yoichi Ochiai

Digital Nature Group at Ars Electronica Summit
Digital Nature Group at Ars Electronica SummitDigital Nature Group at Ars Electronica Summit
Digital Nature Group at Ars Electronica Summit
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 第七回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第七回課題 全コースサーベイ#FTMA15 第七回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第七回課題 全コースサーベイ
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 第六回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第六回課題 全コースサーベイ#FTMA15 第六回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第六回課題 全コースサーベイ
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 第三回課題 鬼コースサーベイ
#FTMA15 第三回課題 鬼コースサーベイ#FTMA15 第三回課題 鬼コースサーベイ
#FTMA15 第三回課題 鬼コースサーベイ
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 第五回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第五回課題 全コースサーベイ#FTMA15 第五回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第五回課題 全コースサーベイ
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 第四回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第四回課題 全コースサーベイ#FTMA15 第四回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第四回課題 全コースサーベイ
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 第三回課題 仏・人間コース サーベイ
#FTMA15 第三回課題 仏・人間コース サーベイ#FTMA15 第三回課題 仏・人間コース サーベイ
#FTMA15 第三回課題 仏・人間コース サーベイ
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 第二回課題 仏・人間コース サーベイ
#FTMA15 第二回課題 仏・人間コース サーベイ#FTMA15 第二回課題 仏・人間コース サーベイ
#FTMA15 第二回課題 仏・人間コース サーベイ
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 第二回課題 鬼コースサーベイ
#FTMA15 第二回課題 鬼コースサーベイ#FTMA15 第二回課題 鬼コースサーベイ
#FTMA15 第二回課題 鬼コースサーベイ
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 先端技術とメディア表現3
#FTMA15 先端技術とメディア表現3#FTMA15 先端技術とメディア表現3
#FTMA15 先端技術とメディア表現3
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 先端技術とメディア表現#2 
#FTMA15 先端技術とメディア表現#2 #FTMA15 先端技術とメディア表現#2 
#FTMA15 先端技術とメディア表現#2 
Yoichi Ochiai
 
#FTMA15 第一回 仏・人間コース全PDF
#FTMA15 第一回 仏・人間コース全PDF#FTMA15 第一回 仏・人間コース全PDF
#FTMA15 第一回 仏・人間コース全PDF
Yoichi Ochiai
 
魔法使いの研究室 Vol.1
魔法使いの研究室 Vol.1魔法使いの研究室 Vol.1
魔法使いの研究室 Vol.1
Yoichi Ochiai
 
Possibility of Pixie Dust Technology
Possibility of Pixie Dust TechnologyPossibility of Pixie Dust Technology
Possibility of Pixie Dust Technology
Yoichi Ochiai
 
落合陽一 筑波大 講演資料 10月17日
落合陽一 筑波大 講演資料 10月17日落合陽一 筑波大 講演資料 10月17日
落合陽一 筑波大 講演資料 10月17日
Yoichi Ochiai
 
Pixie Dust - SIGGGRAPH 2014
Pixie Dust - SIGGGRAPH 2014Pixie Dust - SIGGGRAPH 2014
Pixie Dust - SIGGGRAPH 2014
Yoichi Ochiai
 
#devsumi 12-A-3 Physicalization of Computer Graphics
#devsumi 12-A-3 Physicalization of Computer Graphics#devsumi 12-A-3 Physicalization of Computer Graphics
#devsumi 12-A-3 Physicalization of Computer Graphics
Yoichi Ochiai
 

More from Yoichi Ochiai (18)

Digital Nature Group at Ars Electronica Summit
Digital Nature Group at Ars Electronica SummitDigital Nature Group at Ars Electronica Summit
Digital Nature Group at Ars Electronica Summit
 
#FTMA15 第七回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第七回課題 全コースサーベイ#FTMA15 第七回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第七回課題 全コースサーベイ
 
#FTMA15 第六回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第六回課題 全コースサーベイ#FTMA15 第六回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第六回課題 全コースサーベイ
 
#FTMA15 第三回課題 鬼コースサーベイ
#FTMA15 第三回課題 鬼コースサーベイ#FTMA15 第三回課題 鬼コースサーベイ
#FTMA15 第三回課題 鬼コースサーベイ
 
#FTMA15 第五回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第五回課題 全コースサーベイ#FTMA15 第五回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第五回課題 全コースサーベイ
 
#FTMA15 第四回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第四回課題 全コースサーベイ#FTMA15 第四回課題 全コースサーベイ
#FTMA15 第四回課題 全コースサーベイ
 
Ftma15 04 all
Ftma15 04 allFtma15 04 all
Ftma15 04 all
 
#FTMA15 第三回課題 仏・人間コース サーベイ
#FTMA15 第三回課題 仏・人間コース サーベイ#FTMA15 第三回課題 仏・人間コース サーベイ
#FTMA15 第三回課題 仏・人間コース サーベイ
 
#FTMA15 第二回課題 仏・人間コース サーベイ
#FTMA15 第二回課題 仏・人間コース サーベイ#FTMA15 第二回課題 仏・人間コース サーベイ
#FTMA15 第二回課題 仏・人間コース サーベイ
 
#FTMA15 第二回課題 鬼コースサーベイ
#FTMA15 第二回課題 鬼コースサーベイ#FTMA15 第二回課題 鬼コースサーベイ
#FTMA15 第二回課題 鬼コースサーベイ
 
#FTMA15 先端技術とメディア表現3
#FTMA15 先端技術とメディア表現3#FTMA15 先端技術とメディア表現3
#FTMA15 先端技術とメディア表現3
 
#FTMA15 先端技術とメディア表現#2 
#FTMA15 先端技術とメディア表現#2 #FTMA15 先端技術とメディア表現#2 
#FTMA15 先端技術とメディア表現#2 
 
#FTMA15 第一回 仏・人間コース全PDF
#FTMA15 第一回 仏・人間コース全PDF#FTMA15 第一回 仏・人間コース全PDF
#FTMA15 第一回 仏・人間コース全PDF
 
魔法使いの研究室 Vol.1
魔法使いの研究室 Vol.1魔法使いの研究室 Vol.1
魔法使いの研究室 Vol.1
 
Possibility of Pixie Dust Technology
Possibility of Pixie Dust TechnologyPossibility of Pixie Dust Technology
Possibility of Pixie Dust Technology
 
落合陽一 筑波大 講演資料 10月17日
落合陽一 筑波大 講演資料 10月17日落合陽一 筑波大 講演資料 10月17日
落合陽一 筑波大 講演資料 10月17日
 
Pixie Dust - SIGGGRAPH 2014
Pixie Dust - SIGGGRAPH 2014Pixie Dust - SIGGGRAPH 2014
Pixie Dust - SIGGGRAPH 2014
 
#devsumi 12-A-3 Physicalization of Computer Graphics
#devsumi 12-A-3 Physicalization of Computer Graphics#devsumi 12-A-3 Physicalization of Computer Graphics
#devsumi 12-A-3 Physicalization of Computer Graphics
 

先端技術とメディア表現1 #FTMA15