SlideShare a Scribd company logo
優れた研究論文の書き方
7つの提案
Simon Peyton Jones
Microsoft Research, Cambridge
(翻訳:角征典 @kdmsnr)
http://research.microsoft.com/en-us/um/people/simonpj/papers/giving-a-talk/giving-a-talk.htm
#1 とにかく書く
論文の書き方:モデル1
アイデア 研究 論文執筆
論文の書き方:モデル2
 明快になり、集中できる
 理解していないことが明確になる
 誰かと話す可能性が高まる
(現実性の確認、批評、協力)
アイデア 研究 論文執筆
アイデア 論文執筆 研究
論文の書き方:モデル2
 明快になり、集中できる
 理解していないことが明確になる
 誰かと話す可能性が高まる
(現実性の確認、批評、協力)
アイデア 研究 論文執筆
アイデア 論文執筆 研究
#2 鍵となる
アイデアを見つける
Papers communicate ideas
 読者の脳にあなたのアイデアを(ウィルスの
ように)感染させたい
 論文はプログラムよりも長持ちする(モーツァ
ルトを考えてみよう)
優れたアイデアを自身にとどめてお
くことは(まさしく)無価値である
ゴール:有益かつ再利用可
能なアイデアを届けること
怖気づかない
論文を書こう
発表しよう
どんなアイデア
でも構わない
つまらないダメなアイデアだと思っても
ウソ 論文を執筆する前に素晴らしいアイデアを思
いつく必要がある(みんなそうしている)。
怖気づかない
 論文を執筆することでアイデアが発展する
 最初はつまらないと思っていても、いずれおもしろく
てやりがいのあるものになる
論文を書こう
発表しよう
どんなアイデア
でも構わない
つまらないダメなアイデアだと思っても
アイデアとは
 論文にはただ1つだけの「ping」
(1つの明確な鋭いアイデア)が必要
 論文を書き始めるときには、pingが何かは正確
にはわからないが、書き終わる頃にはわかっ
ているはずである
 アイデアがたくさんあれば、たくさん論文を書
けばいい
アイデア
再利用可能な知見であり
読者に役立つもの
「ping」が聞こえる?
 多くの論文には優れたアイデアが含まれてい
るが、それらをそのまま出してはいけない。
 問題が何であるかが読者に確実に伝わるよ
うにしよう。100%明確に。
 “本論文の主要なアイデアは……”
 “本セクションでは、この論文の主要な貢献を提
示する。”
Joe Touchの“one ping”に感謝
#3 物語を伝える
あなたの物語の流れ
ホワイトボードで説明していると考えよう
 これが問題です
 これは興味深い問題です
 これは未解決の問題です
 これが私のアイデアです
 私のアイデアは有効です(詳細、データ)
 他の人の手法との比較です
解決方法
を知りた
い!
うまくいき
そう。
やったね!
構造(学会論文)
 タイトル(読者1000人)
 アブストラクト(4つの文、読者100人)
 イントロダクション(1ページ、読者100人)
 問題(1ページ、読者10人)
 アイデア(2ページ、読者10人)
 詳細(5ページ、読者3人)
 関連研究(1〜2ページ、読者10人)
 結論と追加研究(0.5ページ)
アブストラクト
 私は最後にアブストラクトを書いている
 プログラム委員が読む論文を決めるのに使う
 4つの文 [Kent Beck]
1. 問題を述べる
2. なぜその問題がおもしろいのかを述べる
3. ソリューションが解決することを述べる
4. ソリューションが引き起こす影響を述べる
アブストラクトの例
1. 多くの論文は悪文で理解し難い。
2. 優れたアイデアであっても論文が認められ
ないのは残念なことである。
3. これから紹介する簡単なガイドラインに従え
ば、論文の質は劇的に向上する。
4. そうすれば、研究成果は広く利用され、読者
からのフィードバックによって研究がさらに
改善されるだろう。
#4 貢献を明らかにする
構造
 アブストラクト(4つの文)
 イントロダクション(1ページ)
 問題(1ページ)
 アイデア(2ページ)
 詳細(5ページ)
 関連研究(1〜2ページ)
 結論と追加研究(0.5ページ)
イントロダクション(1ページ目)
1. 問題を記述する
2. 貢献を説明する
...それだけ
1ページだけでいい!
問題を記述する
問題
の
記述には
例
を使う
山脈よりも小さな山を
 “コンピュータプログラムにはバグがつきも
のである。バグを排除することは極めて重
要だ [1,2]。多くの研究者たちが尽力してい
る [3,4,5,6]。非常に重要な問題である。”
 “このプログラムには興味深いバグがある。
[簡単な説明]。我々はこうしたバグを自動
的に特定および排除する技法を紹介する。
”
貢献を説明する
 最初に貢献を一覧にしよう
 貢献の一覧が論文全体を駆り立てる:
論文はあなたの主張を立証するもの
 読者は「おっ、これが本当に実現できるなら
すごいぞ。読まなきゃいけないな」と考える
はず
貢献を説明する
貢献
の
一覧
読者に
あなたの貢献を
推測させない!
貢献は反証可能にする
NO! YES!
我々はWizWozシステムにつ
いて説明する。これが本当に
すごい。
我々は並行プロセスをサポートする言
語の構文と意味論を提示する(セク
ション3)。これは革新的な機能で……
我々はその特性を調査する 我々は型システムの健全性と型チェッ
クの決定可能性を証明する(セクショ
ン4)
我々は実際にWizWozを使用
した
WizWozでGUIツールキットを構築し
た。それを用いてテキストエディタを
実装した(セクション5)。結果はJava
バージョンの半分の長さになった。
エビデンス
 イントロダクションは主張である
 論文の本文はそれぞれの主張をサポートす
るエビデンスを提供する
 イントロダクションにあるそれぞれの主張を確
認し、エビデンスを特定して、主張のところか
ら前方参照する
 「エビデンス」には、分析や比較、定理、ケー
ススタディなどが含まれる
「本論文の構成は……」はダメ
 ダメ:
 その代わり、イントロダクションの物語から前
方参照しよう。
イントロダクション(貢献も含まれる)は論文全
体の概観であり、すべての重要なところを前
方参照するものである。
本論文の構成は以下のとおりである。セク
ション2では問題を指摘する。セクション3で
は……最後のセクション8では結論を述べる。
#5 関連研究は
あとまわし
関連研究はまだいらない!
関連研究
読者 あなたのアイデア
我々は、Brown [1]のトランザクションの考えに、White [2]による分
散システムのための修正を加え、Green [3]の4フェーズ補間アルゴ
リズムを使用している。我々の研究は、応用的な廃止プロトコルにお
いて、Yellow [4]による優先順位の逆転のケースを扱っているため、
Whiteの研究とは異なる。
関連研究はまだいらない!
 問題点1: 読者は問題についてまだ
何も知らない。したがって、さまざま
な技術的トレードオフに関するあな
たの(簡潔すぎる)説明は何も理解
できない。
 問題点2: 代替手法の説明は読者と
あなたのアイデアの間にある
退
屈
よくわかん
ない
構造
 アブストラクト(4つの文)
 イントロダクション(1ページ)
 関連研究
 問題(1ページ)
 アイデア(2ページ)
 詳細(5ページ)
 関連研究(1〜2ページ)
 結論と追加研究(0.5ページ)
関連研究
ウソ 私の研究をよく見せるには、他人の
研究を悪く見せなければいけない
真実:クレジットは金ではない
他者の論文を明記することは、
あなたの論文の評価を低下させるも
のではない
 助けてくれた人たちに心から感謝しよう
 競争相手に対して寛容になろう
「刺激的な論文[Foo98]においてFoogleは……
我々は彼の論拠を以下の方法で発展させた……」
 あなたの手法の弱さを認めよう
クレジットは金ではない
他人の論文を明記しなければ
あなたの論文は台無しになる
自分のアイデアであるかのように思わせれば、被
参照者はそれがウソであることを知っているし、
 あなたはそれが古いアイデアだとは気づかない(よ
くない)
 気づいていたとしても、あなた自身のアイデアだと
見せかけることになってしまう(非常によくない)
#6 読者を第一に
構造
 アブストラクト(4つの文)
 イントロダクション(1ページ)
 問題(1ページ)
 アイデア(2ページ)
 詳細(5ページ)
 関連研究(1〜2ページ)
 結論と追加研究(0.5ページ)
アイデアの準備
3. アイデア
ハイパーモジュールシグニチャS上に二分セミラティスDが
あるとしよう。pi はDの要素とする。このときすべての pi
がエピモジュラスjであれば pj < piとなる。
 なんかすごそう……だが
 読者は眠くなるし、自分の頭が悪いんじゃな
かと思ってしまう
アイデアの準備
 ホワイトボードを使って話しているかのように
説明しよう
 勘所を伝えることが第一、第二ではない
 読者に勘所が伝われば、詳細を理解してもら
える(逆は真ではない)
 詳細を飛ばしても、何か価値のあることを持
ち帰ってもらうことができる
勘所を伝える
問題とアイデアを伝えるには
例
を使い、それから
一般ケースを提示する
 忘れないで:ホワイトボードを使って話してい
るかのように説明しよう
例を使う
すぐに
例を
Simon PJの気持ち:
どこかにタイプライ
ターフォントはない
かな?
読者を第一に
 あなたが歩んできた発見の旅を総括しては
いけない。その道は血塗られたものだった
かもしれないが、読者がおもしろいと思うも
のではない。
 その代わり、アイデアに直接つながるような
道を選択しよう。
#7 読者に耳を傾ける
協力を求める
 モルモットが専門家であれば素晴らしい
 非専門家であっても素晴らしい
 1人の読者がはじめて論文を読むのは、
一度限りである!大切に扱おう
 協力してほしいことを丁寧に説明しよう( 「Jarvaはス
ペルミスだ」よりも「ここが読みにくかった」のほうが
はるかに重要である)
論文はできるだけ多くの
友好的なモルモットに読んでもらおう
協力を求める
 よい方法:書き終わったと思ったら、「君の研究の
ことを公正に説明してあるかな?」と言って、競争
相手に草稿を送ってみよう。
 おそらく役に立つ批評を返してくれるはずだ (彼
らもその分野に興味を持っている)
 彼らは被参照者になりたいと思っているだろうか
ら、彼らのコメントや批評を取り上げると大変よい。
レビューアに耳を傾ける
すべてのレビューを砂金のように扱おう
批判も称賛も
(心の底から)感謝しよう
これは 本当に、本当に、本当に 難しい
だが、これは
本当に、本当に、本当に、本当に、本当に、
本当に、本当に、本当に、本当に、本当に、
重要だ
レビューアに耳を傾ける
 すべての批評は、あなたの説明を明確にする
ための肯定的な提案だと受け取ろう。
 「それはあなたの頭がおかしいのであって、こ
こはXという意図で…」と返答するのは絶対に
ダメ。頭の悪い読者にもXが明らかになるよう
に論文を修正しよう。
 レビューアには心の底から感謝しよう。あなた
のために時間を使ってくれたのだ。
まとめ
1. とにかく書く
2. 鍵となるアイデアを見つける
3. 物語を伝える
4. 貢献を明らかにする
5. 関連研究はあとまわし
6. 読者を第一に(例を使う)
7. 読者に耳を傾ける
詳細: http://research.microsoft.com/~simonpj
表現とスタイル
基本事項
 締め切り前に投稿する
 分量制限を守る
 マージンを狭めない
 6ptのフォントを使わない
 時には補足となるエビデンス(実験データや完全
な証明など)を付録に含める
 常にスペルチェッカーを使う
見た目の構造
 以下を使用して、論文の見た目の構造を
作り出そう
 セクションとサブセクション
 箇条書き
 イタリック
 コードのレイアウト
 図の描き方を調べて、実際に使おう
見た目の構造
能動態を使用する
NO YES
It can be seen that... We can see that...
34 tests were run We ran 34 tests
These properties were
thought desirable
We wanted to retain these
properties
It might be thought that
this would be a type error
You might think this would
be a type error
受動態は「立派」に見えるが、論文が「薄まる」。
ぜひとも避けたい。
“We”
= あなたと
読者
“We”
= 著者
“You”
= 読者
単純で直接的な言葉使い
NO YES
The object under study was
displaced horizontally
The ball moved sideways
On an annual basis Yearly
Endeavour to ascertain Find out
It could be considered that the
speed of storage reclamation
left something to be desired
The garbage collector was really
slow

More Related Content

What's hot

CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法
Hirokatsu Kataoka
 
トップカンファレンスへの論文採択に向けて(AI研究分野版)/ Toward paper acceptance at top conferences (AI...
トップカンファレンスへの論文採択に向けて(AI研究分野版)/ Toward paper acceptance at top conferences (AI...トップカンファレンスへの論文採択に向けて(AI研究分野版)/ Toward paper acceptance at top conferences (AI...
トップカンファレンスへの論文採択に向けて(AI研究分野版)/ Toward paper acceptance at top conferences (AI...
JunSuzuki21
 
最適輸送入門
最適輸送入門最適輸送入門
最適輸送入門
joisino
 
SSII2021 [OS2-01] 転移学習の基礎:異なるタスクの知識を利用するための機械学習の方法
SSII2021 [OS2-01] 転移学習の基礎:異なるタスクの知識を利用するための機械学習の方法SSII2021 [OS2-01] 転移学習の基礎:異なるタスクの知識を利用するための機械学習の方法
SSII2021 [OS2-01] 転移学習の基礎:異なるタスクの知識を利用するための機械学習の方法
SSII
 
最適輸送の解き方
最適輸送の解き方最適輸送の解き方
最適輸送の解き方
joisino
 
学習時に使ってはいないデータの混入「リーケージを避ける」
学習時に使ってはいないデータの混入「リーケージを避ける」学習時に使ってはいないデータの混入「リーケージを避ける」
学習時に使ってはいないデータの混入「リーケージを避ける」
西岡 賢一郎
 
論文の書き方入門 2017
論文の書き方入門 2017論文の書き方入門 2017
論文の書き方入門 2017
Hironori Washizaki
 
論文に関する基礎知識2016
 論文に関する基礎知識2016 論文に関する基礎知識2016
論文に関する基礎知識2016
Mai Otsuki
 
【DL輪読会】時系列予測 Transfomers の精度向上手法
【DL輪読会】時系列予測 Transfomers の精度向上手法【DL輪読会】時系列予測 Transfomers の精度向上手法
【DL輪読会】時系列予測 Transfomers の精度向上手法
Deep Learning JP
 
工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方
ychtanaka
 
Active Learning 入門
Active Learning 入門Active Learning 入門
Active Learning 入門Shuyo Nakatani
 
研究室における研究・実装ノウハウの共有
研究室における研究・実装ノウハウの共有研究室における研究・実装ノウハウの共有
研究室における研究・実装ノウハウの共有
Naoaki Okazaki
 
モデル高速化百選
モデル高速化百選モデル高速化百選
モデル高速化百選
Yusuke Uchida
 
研究発表を準備する(2022年版)
研究発表を準備する(2022年版)研究発表を準備する(2022年版)
研究発表を準備する(2022年版)
Takayuki Itoh
 
Statistical Semantic入門 ~分布仮説からword2vecまで~
Statistical Semantic入門 ~分布仮説からword2vecまで~Statistical Semantic入門 ~分布仮説からword2vecまで~
Statistical Semantic入門 ~分布仮説からword2vecまで~
Yuya Unno
 
[DL輪読会]Grokking: Generalization Beyond Overfitting on Small Algorithmic Datasets
[DL輪読会]Grokking: Generalization Beyond Overfitting on Small Algorithmic Datasets[DL輪読会]Grokking: Generalization Beyond Overfitting on Small Algorithmic Datasets
[DL輪読会]Grokking: Generalization Beyond Overfitting on Small Algorithmic Datasets
Deep Learning JP
 
優れた研究論文の書き方
優れた研究論文の書き方優れた研究論文の書き方
優れた研究論文の書き方
Masanori Kado
 
Deep Learning Lab 異常検知入門
Deep Learning Lab 異常検知入門Deep Learning Lab 異常検知入門
Deep Learning Lab 異常検知入門
Shohei Hido
 
楽しい研究のために今からできること 〜新しく研究を始める皆さんへ〜
楽しい研究のために今からできること 〜新しく研究を始める皆さんへ〜楽しい研究のために今からできること 〜新しく研究を始める皆さんへ〜
楽しい研究のために今からできること 〜新しく研究を始める皆さんへ〜
諒介 荒木
 
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
Satoshi Hara
 

What's hot (20)

CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法CV分野におけるサーベイ方法
CV分野におけるサーベイ方法
 
トップカンファレンスへの論文採択に向けて(AI研究分野版)/ Toward paper acceptance at top conferences (AI...
トップカンファレンスへの論文採択に向けて(AI研究分野版)/ Toward paper acceptance at top conferences (AI...トップカンファレンスへの論文採択に向けて(AI研究分野版)/ Toward paper acceptance at top conferences (AI...
トップカンファレンスへの論文採択に向けて(AI研究分野版)/ Toward paper acceptance at top conferences (AI...
 
最適輸送入門
最適輸送入門最適輸送入門
最適輸送入門
 
SSII2021 [OS2-01] 転移学習の基礎:異なるタスクの知識を利用するための機械学習の方法
SSII2021 [OS2-01] 転移学習の基礎:異なるタスクの知識を利用するための機械学習の方法SSII2021 [OS2-01] 転移学習の基礎:異なるタスクの知識を利用するための機械学習の方法
SSII2021 [OS2-01] 転移学習の基礎:異なるタスクの知識を利用するための機械学習の方法
 
最適輸送の解き方
最適輸送の解き方最適輸送の解き方
最適輸送の解き方
 
学習時に使ってはいないデータの混入「リーケージを避ける」
学習時に使ってはいないデータの混入「リーケージを避ける」学習時に使ってはいないデータの混入「リーケージを避ける」
学習時に使ってはいないデータの混入「リーケージを避ける」
 
論文の書き方入門 2017
論文の書き方入門 2017論文の書き方入門 2017
論文の書き方入門 2017
 
論文に関する基礎知識2016
 論文に関する基礎知識2016 論文に関する基礎知識2016
論文に関する基礎知識2016
 
【DL輪読会】時系列予測 Transfomers の精度向上手法
【DL輪読会】時系列予測 Transfomers の精度向上手法【DL輪読会】時系列予測 Transfomers の精度向上手法
【DL輪読会】時系列予測 Transfomers の精度向上手法
 
工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方工学系大学4年生のための論文の読み方
工学系大学4年生のための論文の読み方
 
Active Learning 入門
Active Learning 入門Active Learning 入門
Active Learning 入門
 
研究室における研究・実装ノウハウの共有
研究室における研究・実装ノウハウの共有研究室における研究・実装ノウハウの共有
研究室における研究・実装ノウハウの共有
 
モデル高速化百選
モデル高速化百選モデル高速化百選
モデル高速化百選
 
研究発表を準備する(2022年版)
研究発表を準備する(2022年版)研究発表を準備する(2022年版)
研究発表を準備する(2022年版)
 
Statistical Semantic入門 ~分布仮説からword2vecまで~
Statistical Semantic入門 ~分布仮説からword2vecまで~Statistical Semantic入門 ~分布仮説からword2vecまで~
Statistical Semantic入門 ~分布仮説からword2vecまで~
 
[DL輪読会]Grokking: Generalization Beyond Overfitting on Small Algorithmic Datasets
[DL輪読会]Grokking: Generalization Beyond Overfitting on Small Algorithmic Datasets[DL輪読会]Grokking: Generalization Beyond Overfitting on Small Algorithmic Datasets
[DL輪読会]Grokking: Generalization Beyond Overfitting on Small Algorithmic Datasets
 
優れた研究論文の書き方
優れた研究論文の書き方優れた研究論文の書き方
優れた研究論文の書き方
 
Deep Learning Lab 異常検知入門
Deep Learning Lab 異常検知入門Deep Learning Lab 異常検知入門
Deep Learning Lab 異常検知入門
 
楽しい研究のために今からできること 〜新しく研究を始める皆さんへ〜
楽しい研究のために今からできること 〜新しく研究を始める皆さんへ〜楽しい研究のために今からできること 〜新しく研究を始める皆さんへ〜
楽しい研究のために今からできること 〜新しく研究を始める皆さんへ〜
 
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
 

Similar to 優れた研究論文の書き方―7つの提案

【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門Takanori Kashino
 
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門Takanori Kashino
 
デザイン思考入門クラス2015年2月24日
デザイン思考入門クラス2015年2月24日デザイン思考入門クラス2015年2月24日
デザイン思考入門クラス2015年2月24日
(旧アカウント)一般社団法人デザイン思考研究所
 
研究・論文執筆の指導について
研究・論文執筆の指導について研究・論文執筆の指導について
研究・論文執筆の指導について
Takashi Iba
 
はじめてのレポート
はじめてのレポートはじめてのレポート
はじめてのレポート
Yoshida-South Library, Kyoto University
 
第2回慶應イノベーティブデザインスクール(KiDS) 「世界を変える新規事業・起業のためのコンセプトビジュアライゼーション」 コンセプトデザインのためのア...
第2回慶應イノベーティブデザインスクール(KiDS) 「世界を変える新規事業・起業のためのコンセプトビジュアライゼーション」 コンセプトデザインのためのア...第2回慶應イノベーティブデザインスクール(KiDS) 「世界を変える新規事業・起業のためのコンセプトビジュアライゼーション」 コンセプトデザインのためのア...
第2回慶應イノベーティブデザインスクール(KiDS) 「世界を変える新規事業・起業のためのコンセプトビジュアライゼーション」 コンセプトデザインのためのア...Takanori Kashino
 
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目schoowebcampus
 
学び方のデザイン名古屋大学版
学び方のデザイン名古屋大学版学び方のデザイン名古屋大学版
学び方のデザイン名古屋大学版
nishio
 
デザイン思考入門クラス 2014年11月2日
デザイン思考入門クラス 2014年11月2日デザイン思考入門クラス 2014年11月2日
デザイン思考入門クラス 2014年11月2日
(旧アカウント)一般社団法人デザイン思考研究所
 
イノベーションの方法としてのデザイン思考
イノベーションの方法としてのデザイン思考イノベーションの方法としてのデザイン思考
イノベーションの方法としてのデザイン思考
Hiroki Tanahashi
 
2022これだけ押さえるスライド
2022これだけ押さえるスライド2022これだけ押さえるスライド
2022これだけ押さえるスライド
Yoshida-South Library, Kyoto University
 
The Web Conference 2020 国際会議報告(ACM SIGMOD 日本支部第73回支部大会・依頼講演)
The Web Conference 2020 国際会議報告(ACM SIGMOD 日本支部第73回支部大会・依頼講演)The Web Conference 2020 国際会議報告(ACM SIGMOD 日本支部第73回支部大会・依頼講演)
The Web Conference 2020 国際会議報告(ACM SIGMOD 日本支部第73回支部大会・依頼講演)
Kosetsu Tsukuda
 
PP02(2020).pdf
PP02(2020).pdfPP02(2020).pdf
PP02(2020).pdf
Masato FUKUHARA
 
デザイン思考 ワークショップ
デザイン思考 ワークショップデザイン思考 ワークショップ
デザイン思考 ワークショップYutakaTanabe
 
2021これだけ押さえる
2021これだけ押さえる2021これだけ押さえる
2021これだけ押さえる
Yoshida-South Library, Kyoto University
 

Similar to 優れた研究論文の書き方―7つの提案 (17)

【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月29日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
 
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
【9月1日開催】本場スタンフォード大学に学ぶ!デザイン思考入門
 
デザイン思考入門クラス2015年2月24日
デザイン思考入門クラス2015年2月24日デザイン思考入門クラス2015年2月24日
デザイン思考入門クラス2015年2月24日
 
研究・論文執筆の指導について
研究・論文執筆の指導について研究・論文執筆の指導について
研究・論文執筆の指導について
 
はじめてのレポート
はじめてのレポートはじめてのレポート
はじめてのレポート
 
第2回慶應イノベーティブデザインスクール(KiDS) 「世界を変える新規事業・起業のためのコンセプトビジュアライゼーション」 コンセプトデザインのためのア...
第2回慶應イノベーティブデザインスクール(KiDS) 「世界を変える新規事業・起業のためのコンセプトビジュアライゼーション」 コンセプトデザインのためのア...第2回慶應イノベーティブデザインスクール(KiDS) 「世界を変える新規事業・起業のためのコンセプトビジュアライゼーション」 コンセプトデザインのためのア...
第2回慶應イノベーティブデザインスクール(KiDS) 「世界を変える新規事業・起業のためのコンセプトビジュアライゼーション」 コンセプトデザインのためのア...
 
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
【Schoo web campus】「相手に伝わる」文章を書く技術 2限目
 
学び方のデザイン名古屋大学版
学び方のデザイン名古屋大学版学び方のデザイン名古屋大学版
学び方のデザイン名古屋大学版
 
デザイン思考入門クラス 2014年11月2日
デザイン思考入門クラス 2014年11月2日デザイン思考入門クラス 2014年11月2日
デザイン思考入門クラス 2014年11月2日
 
イノベーションの方法としてのデザイン思考
イノベーションの方法としてのデザイン思考イノベーションの方法としてのデザイン思考
イノベーションの方法としてのデザイン思考
 
2022これだけ押さえるスライド
2022これだけ押さえるスライド2022これだけ押さえるスライド
2022これだけ押さえるスライド
 
The Web Conference 2020 国際会議報告(ACM SIGMOD 日本支部第73回支部大会・依頼講演)
The Web Conference 2020 国際会議報告(ACM SIGMOD 日本支部第73回支部大会・依頼講演)The Web Conference 2020 国際会議報告(ACM SIGMOD 日本支部第73回支部大会・依頼講演)
The Web Conference 2020 国際会議報告(ACM SIGMOD 日本支部第73回支部大会・依頼講演)
 
PP02(2020).pdf
PP02(2020).pdfPP02(2020).pdf
PP02(2020).pdf
 
文章を企画・設計する
文章を企画・設計する文章を企画・設計する
文章を企画・設計する
 
Jmrx資料20110924
Jmrx資料20110924Jmrx資料20110924
Jmrx資料20110924
 
デザイン思考 ワークショップ
デザイン思考 ワークショップデザイン思考 ワークショップ
デザイン思考 ワークショップ
 
2021これだけ押さえる
2021これだけ押さえる2021これだけ押さえる
2021これだけ押さえる
 

More from Masanori Kado

優れた研究提案書の書き方
優れた研究提案書の書き方優れた研究提案書の書き方
優れた研究提案書の書き方
Masanori Kado
 
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #3 Prototype and Test
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #3 Prototype and TestTokyo-Tech 2017 EDP-A #3 Prototype and Test
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #3 Prototype and Test
Masanori Kado
 
2017-07-19 エンタープライズアジャイル勉強会「リーンエンタープライズ」
2017-07-19 エンタープライズアジャイル勉強会「リーンエンタープライズ」2017-07-19 エンタープライズアジャイル勉強会「リーンエンタープライズ」
2017-07-19 エンタープライズアジャイル勉強会「リーンエンタープライズ」Masanori Kado
 
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #2 Ideate & Prototype
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #2 Ideate & PrototypeTokyo-Tech 2017 EDP-A #2 Ideate & Prototype
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #2 Ideate & Prototype
Masanori Kado
 
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #1 Team Building
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #1 Team BuildingTokyo-Tech 2017 EDP-A #1 Team Building
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #1 Team Building
Masanori Kado
 
プロトタイピングとユーザーテスト
プロトタイピングとユーザーテストプロトタイピングとユーザーテスト
プロトタイピングとユーザーテスト
Masanori Kado
 
実践リーンエンタープライズ(20161027)
実践リーンエンタープライズ(20161027)実践リーンエンタープライズ(20161027)
実践リーンエンタープライズ(20161027)
Masanori Kado
 
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(CJM/POV/HMW)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(CJM/POV/HMW)データからインサイト そして、アイデアの発想へ(CJM/POV/HMW)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(CJM/POV/HMW)
Masanori Kado
 
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(KJ法)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(KJ法)データからインサイト そして、アイデアの発想へ(KJ法)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(KJ法)
Masanori Kado
 
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(タスク管理)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(タスク管理)データからインサイト そして、アイデアの発想へ(タスク管理)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(タスク管理)
Masanori Kado
 
20160924 edp-b teambuilding
20160924 edp-b teambuilding20160924 edp-b teambuilding
20160924 edp-b teambuilding
Masanori Kado
 
中高生のための夏休みプログラミング教室
中高生のための夏休みプログラミング教室中高生のための夏休みプログラミング教室
中高生のための夏休みプログラミング教室
Masanori Kado
 
hacku-titech-2016-briefing
hacku-titech-2016-briefinghacku-titech-2016-briefing
hacku-titech-2016-briefing
Masanori Kado
 
ideathon 20160325
ideathon 20160325ideathon 20160325
ideathon 20160325
Masanori Kado
 
The Lego Scrum Awakens
The Lego Scrum AwakensThe Lego Scrum Awakens
The Lego Scrum AwakensMasanori Kado
 
デザイン思考のためのアイスブレイク
デザイン思考のためのアイスブレイクデザイン思考のためのアイスブレイク
デザイン思考のためのアイスブレイク
Masanori Kado
 
アジャイル開発のススメ@香川大学
アジャイル開発のススメ@香川大学アジャイル開発のススメ@香川大学
アジャイル開発のススメ@香川大学
Masanori Kado
 
改善の型 コーチングの型
改善の型 コーチングの型改善の型 コーチングの型
改善の型 コーチングの型
Masanori Kado
 
slackを(大学の授業で)使おう
slackを(大学の授業で)使おうslackを(大学の授業で)使おう
slackを(大学の授業で)使おう
Masanori Kado
 
XP lives, XP dies, XP lives again !!
XP lives, XP dies, XP lives again !!XP lives, XP dies, XP lives again !!
XP lives, XP dies, XP lives again !!
Masanori Kado
 

More from Masanori Kado (20)

優れた研究提案書の書き方
優れた研究提案書の書き方優れた研究提案書の書き方
優れた研究提案書の書き方
 
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #3 Prototype and Test
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #3 Prototype and TestTokyo-Tech 2017 EDP-A #3 Prototype and Test
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #3 Prototype and Test
 
2017-07-19 エンタープライズアジャイル勉強会「リーンエンタープライズ」
2017-07-19 エンタープライズアジャイル勉強会「リーンエンタープライズ」2017-07-19 エンタープライズアジャイル勉強会「リーンエンタープライズ」
2017-07-19 エンタープライズアジャイル勉強会「リーンエンタープライズ」
 
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #2 Ideate & Prototype
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #2 Ideate & PrototypeTokyo-Tech 2017 EDP-A #2 Ideate & Prototype
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #2 Ideate & Prototype
 
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #1 Team Building
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #1 Team BuildingTokyo-Tech 2017 EDP-A #1 Team Building
Tokyo-Tech 2017 EDP-A #1 Team Building
 
プロトタイピングとユーザーテスト
プロトタイピングとユーザーテストプロトタイピングとユーザーテスト
プロトタイピングとユーザーテスト
 
実践リーンエンタープライズ(20161027)
実践リーンエンタープライズ(20161027)実践リーンエンタープライズ(20161027)
実践リーンエンタープライズ(20161027)
 
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(CJM/POV/HMW)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(CJM/POV/HMW)データからインサイト そして、アイデアの発想へ(CJM/POV/HMW)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(CJM/POV/HMW)
 
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(KJ法)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(KJ法)データからインサイト そして、アイデアの発想へ(KJ法)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(KJ法)
 
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(タスク管理)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(タスク管理)データからインサイト そして、アイデアの発想へ(タスク管理)
データからインサイト そして、アイデアの発想へ(タスク管理)
 
20160924 edp-b teambuilding
20160924 edp-b teambuilding20160924 edp-b teambuilding
20160924 edp-b teambuilding
 
中高生のための夏休みプログラミング教室
中高生のための夏休みプログラミング教室中高生のための夏休みプログラミング教室
中高生のための夏休みプログラミング教室
 
hacku-titech-2016-briefing
hacku-titech-2016-briefinghacku-titech-2016-briefing
hacku-titech-2016-briefing
 
ideathon 20160325
ideathon 20160325ideathon 20160325
ideathon 20160325
 
The Lego Scrum Awakens
The Lego Scrum AwakensThe Lego Scrum Awakens
The Lego Scrum Awakens
 
デザイン思考のためのアイスブレイク
デザイン思考のためのアイスブレイクデザイン思考のためのアイスブレイク
デザイン思考のためのアイスブレイク
 
アジャイル開発のススメ@香川大学
アジャイル開発のススメ@香川大学アジャイル開発のススメ@香川大学
アジャイル開発のススメ@香川大学
 
改善の型 コーチングの型
改善の型 コーチングの型改善の型 コーチングの型
改善の型 コーチングの型
 
slackを(大学の授業で)使おう
slackを(大学の授業で)使おうslackを(大学の授業で)使おう
slackを(大学の授業で)使おう
 
XP lives, XP dies, XP lives again !!
XP lives, XP dies, XP lives again !!XP lives, XP dies, XP lives again !!
XP lives, XP dies, XP lives again !!
 

優れた研究論文の書き方―7つの提案