Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

良い感じの状況をつくる

2,638 views

Published on

POStudy2018 Slide

Published in: Software
  • Be the first to comment

良い感じの状況をつくる

  1. 1. 市⾕聡啓 良い感じの状況をつくる
  2. 2. “事業やサービスの⽴ち上げ業を続けて4年。 ⾃分の⼿元に残った3つの⼤切なことに ついて話します。”
  3. 3. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. Ichitani Toshihiro 市⾕聡啓 ソフトウェア開発16年 SIer→サービス→受託→起業 仮説検証とアジャイル開発 ギルドワークス株式会社 代表 株式会社 エナジャイル 代表 ⼀般社団法⼈ 越境アジャイルアライアンス代表理事 DevLOVE コミュニティ ファウンダ 0 → 1 @papanda
  4. 4. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. スタートアップや事業会社での 新規事業、新規サービスの⽴ち上げ 事業会社での現場改善、仮説検証コーチ ギルドワークス 「正しいものを正しくつくる」 Why What
  5. 5. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. https://lp.canvas.guildworks.jp/
  6. 6. 4年 のべ200件
  7. 7. ⾃分の中にある意思
  8. 8. 仮説検証をばんばんやっていく リーンなスタートアップふやす アジャイルなチームを⽀える 起業家に寄り添っていく 逆境にある組織のカイゼンを促す : Whatとしては間違っていないが Whyではない
  9. 9. 良い感じの状況をつくる 良い状況でも、正しい状況でも無くて、良い感じ。 変えたい状況は、親⼦の間かもしれない、 ⿂市場かもしれない、チームや組織かもしれない。
  10. 10. 良い感じの状況をつくる1.0 良い感じの状況をつくる2.0 良い感じの状況をつくる3.0
  11. 11. ⼤事にしていることを3つ
  12. 12. 良い感じの状況をつくる1.0 ・Start with Why. ・よく分からないものは、やらない。 ・⾃分たちの良い感じの開発をやる。 (〜201X年)
  13. 13. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. Golden Circle What How Why Start with Why. ⽬的から、はじめる。
  14. 14. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. チーム 組織 共感できるwhyではない =分からないもの =やらない ⾃分たちにとっての良い感じ ⽬的 ⼿段 ⽬的 ⼿段 ⽬的 ⼿段 事業 良い感じの「開発」 =⾃分たちらしい開発 =いわゆるアジャイル
  15. 15. 違和感
  16. 16. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 間違ったものを 正しくつくる Do the Wrong things Right Photo credit: BeaLeiderman via VisualHunt.com / CC BY-NC-SA
  17. 17. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. いくら型通りに 正しく作っていても 間違ったモノを つくる限り ⽬的を果たすことは 無い Photo credit: Rich B-S via Visualhunt / CC BY
  18. 18. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. ⾃分がいる塹壕の中だけでは 正しいものを探せる芽はない こっちが決めた ”相⼿との境界”の向こう側に 正しいものを探す可能性がある
  19. 19. 良い感じの状況をつくる1.0 良い感じの状況をつくる2.0 良い感じの状況をつくる3.0
  20. 20. 良い感じの状況をつくる2.0 ・Start with Why. ・⾃分から越境する。 ・分からないものを分かるようにする。  (2014年〜)
  21. 21. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 忠誠を誓う対象は、 アジャイルでも、 技術でも、 クライアントでも、 ユーザーでもない。 ⽬的に忠誠を誓う。 No Why , No Dev.
  22. 22. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. ⽬的のために、役割を選ばない。 ⽬的のために、あらゆる⼈を巻き込む。 ⽬的のために、あらゆる⼿段を取る。 ⽬的のために、⽬的を問い続ける。 越境 Photo credit: Chill Mimi via Visual Hunt / CC BY
  23. 23. 良い感じの状況をつくる2.0 ・Start with Why. ・⾃分から越境する。 ・分からないものを分かるようにする。  (2014年〜)
  24. 24. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 仮説検証型のアジャイル開発 アイデア段階のため 何をつくるべきか 選択肢の幅は広い 検証結果を踏まえて 何をつくるべきかの 選択肢は狭まる どうなれば完成と いえるのか条件が定義 可能となるまで詳細化する 仮説 エピック ストーリー
  25. 25. 基本は、リーン製品開発 トヨタ⽣産⽅式をプロダクト開発に適⽤したプロセスとして「リーン製品開発」がある。 リーン製品開発では、選択肢の幅を中⼼においた「セットベース」という考え⽅が基本。 正解を誰も持っていない、不確実な環境においては選択肢を早期に絞りきると、 ⼤きなムダであり、時間的なロス(ゼロからの⽴ち上げを繰り返す)となる場合がある。 構想段階 検証段階 ソリューション設計段階 アイデアの幅 ソリューションの幅 デザイン思考等で広げる 仮説検証結果を踏まえて絞る ⽅向性を定める ※選択肢は、ユーザーや顧客にサービス、  事業を届けるところで再び広がっていく。  このサイクルを繰り返す
  26. 26. ベンチャーの場合 = セットが広すぎる 採⽤の失敗 選択肢採⽤の基準がゆるく、 絞りきれていない。 何でもありになりがちで、 後々でも思いつきで⽅向性が変わる
  27. 27. ⼤企業の場合 = ポイントベース 却下の失敗 選択肢採⽤の基準が厳しすぎる。 不確実なことでも予めの検討を 詳細に求められれる。 途上で、組織的判断でアイデアが死ぬ。
  28. 28. https://right.guildworks.jp/
  29. 29. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 正しいものを 正しくつくる Do the Right things Right = DRR 分かったことを 正しくつくる =
  30. 30. 違和感
  31. 31. 本当にブレイクスルーできるのか?
  32. 32. 良い感じの状況をつくる1.0 良い感じの状況をつくる2.0 良い感じの状況をつくる3.0
  33. 33. 良い感じの状況をつくる3.0 ・⾃分から越境する。 ・分からないものをふやす。 ・ひとのときを想う。  (2018年〜) ©JT
  34. 34. 起業家は、課題は持っても、悩みは持たない
  35. 35. 開発チームが動いてくれない… 営業、マーケが動いてくれない… POが社⻑で⽅向性あってなさそう… = 悩み 開発チームが動かないなら、外部の⼒を借りる。どうやって? 営業が動かないなら、⾃分でやる。どうやればできる? 社⻑と⾳楽性が違うので辞めて、⾃分で⽴ち上げる。できる? = 課題 悩んでいるうちは、まだ越境してない。
  36. 36. 分かることを増やす = 正解があるわけではない 分かることをばんばん増やす…。 分かる範囲の中に正解があるなんて、誰も分からない。 分かることが増えてきたら、分かるを極めるのではなく、 意図的に分からないこと、分からないものを増やす。 ⾃分の理解の向こう側に越境する。
  37. 37. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. チーム 顧客 関係者⾃分 ⼈軸 ⽬的軸 社会 組織 事業 プロジェクト 視座 (⾼さ = ⽬的) と 視野 (広さ = ⼈) の間で 観るべきものを観る。
  38. 38. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. チーム 顧客 関係者⾃分 ⼈軸 ⽬的軸 社会 組織 事業 プロジェクト 同じ範囲を⾒ていても、 視座が変われば⾒えるものも 変わる
  39. 39. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. Photo credit: Isaiah115 via Visual Hunt / CC BY-SA ただ視座が⾼い、ただ視野が広い、 ことよりも ⾼低、広狭を、⾏き来ができること。 それも可能な限り早く。 結果、ムダが少なくなる。
  40. 40. 視座 視座 視座 視座 視野 視野 視野 視野 過去 未来 ⼀段⾼い ところから 視る もっと⾼く! 神の⽬で 細部に 寄って視る もっと 細部に! 神は細部に 宿る ⾃分よりの 関係者を ⼀回り広く 捉える 相⼿側の 関係者を ⼀回り広く 捉える もっと 広く! 総動員! もっと 広く! 3親等まで 考えたか? 過去から 捉える 時間軸を 思いっきり 伸ばせ! 時を重ねる ⾃分の視座、視野を強制的に広げる 上 上 下 下 左 右 左 右 B A 越境のためのコナミコマンド
  41. 41. 分からないものを増やす = 安定性が⽋ける “気持ち悪さ” と向き合う
  42. 42. イメージと⾔語の間をいったりきたり つくることで発⾒する 安易に⾔語化しない イメージでつくる 記述、⾔語にのみ頼っているうちは そこが上限になる
  43. 43. 「現場へいく → 体験する → 感じる → 解釈する」 イメージでつくることができる = ⾃分の中に基準をつくること コードの⼀⾏のあり⽅を決めるのは 最後はプログラマー だからプログラマーが⾃分の基準を つくる必要がある
  44. 44. “現場”で、コードを書いて “現場”で、試す。 “現場”とは、まさに 使われるその”とき”
  45. 45. POだから検証に⾏ってくる 開発チームだから後で聞く ではない
  46. 46. (毎回午前3時は⼤変だから やりようはある)
  47. 47. 状況の良い感じを想像できる ようになるためには ひとのときを想えること。
  48. 48. 良い感じの状況をつくる 良い状況でも、正しい状況でも無くて、良い感じ。 変えたい状況は、親⼦の間かもしれない、 ⿂市場かもしれない、チームや組織かもしれない。
  49. 49. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. 良いジャーニーを。

×