Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

0

Share

Download to read offline

公式部活動技術書典部の活動紹介

Download to read offline

GREE Tech Conference 2020 で発表された資料です。
https://techcon.gree.jp/2020/session/ShortSession-8

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

公式部活動技術書典部の活動紹介

  1. 1. グリーライフスタイル株式会社 ソフトウェアエンジニア 樋口雅拓 株式会社WFS ソフトウェアエンジニア 遠藤辰弥 公式部活動 技術書典部活動紹介
  2. 2. ● グリーグループのグリーライフスタイル株式会社で、LIMIA という住まい領域の メディアを作っています。ゲーム会社ですが、最近はメディアに力を入れていま す。 ● LIMIAではインフラ、サーバ、Web、RecSysを経てAndroidを担当しています。6 歳の娘のパパ。twitter: @mahiguch1 ● 技術書典7からサークル参加しています。 2 Masahiro Higuchi/樋口雅拓 Tatsuya Endo/遠藤辰弥 ● グリーグループ,WFSのサーバーエンジニア ● スマホ向けアプリ共通で使うライブラリをグループに提供 ● アカウント管理、課金、キーワードフィルタ、など
  3. 3. 3 公式部活動(グリーオフィシャルクラブ制度)とは 制度の目的 ・本制度は、本部の垣根を超えた 社員同士の交流、及びクロスコミ ュニケーションを図り親睦を深め ることを目的としています。
  4. 4. 技術書典とは、技術書の即売会。 規模がすごい! ● 参加サークル数: 約700 ● 来場者数: 約10,000名 ● 流通総数: 約75,000部 山手線のラッシュ並みの混雑の中、大量の技 術書が頒布されます。2020年春からはオン ライン開催となっています。 4 技術書典とは?
  5. 5. 技術書典6の会場で同僚を見かけたので、 「合同誌書いて技術書典7にサークル参加し ようぜ!」と暑苦しく誘ってみたら、意外と okもらった。早速SlackにChannelを作って みる。 部活動にしちゃえば、会社はテクニカルブラ ンディング、寄稿した人はキャリアアップ、 運営は持ち出しが減るので、全員得するんじ ゃね!? 合同誌を作って技術書典で頒布する部活動、 グリー技術書典部を申請して承認された。 5 技術書典部とは?
  6. 6. 6 本の作り方 6
  7. 7. ● Re:VIEWのGitHub repositoryをcloneします。 ● Re:VIEW形式で書いてPull Requestを作ります。 ● GitHubActionsで自動的にbuildが走り、PDFが出力されます。 Re:VIEW GitHub repository: https://github.com/kmuto/review Re:VIEWのおかげで、簡単に技術同人誌が作れるようになりました。こ れを作ってくれた皆様に大大大感謝しています! 本の作り方
  8. 8. Re:VIEWは、MarkdownとTexを混ぜたようなものです。 ● Markdown: 簡単だけど数式や行番号付きコードが書けない ● Tex: 綺麗だが面倒 基本はMarkdownのように書いて、複雑な部分だけTexで書けるフォー マットが出来ました。それがRe:viewです。技術書典に出している人は ほとんどこれで書いています。 Re:VIEW形式について
  9. 9. 9 Re:VIEWの書き方1 = Kotlin MPPで作るドメインモデル実装 == 要件 プロジェクトを開始した10月上旬にいただいた要件は、次のも のでした。 * セッション情報がみれる * スケジュールがみれる * ニュースがみれる セッションとは、1コマの発表のことです。 スケジュールとは、セッションを時系列で一覧表示したもので す。 9 実装例
  10. 10. 10 Re:VIEWの書き方2 //listnum[SessionModel][SessionModel][kotlin]{ package jp.gree.techcon.common.model import kotlinx.serialization.Serializable @Serializable data class Session( val id: Long, val name: List<Speaker>, val startTime: Long, val endTime: Long, val title: String, val description: String) //} 10 実装例
  11. 11. 11 Re:VIEWの書き方3 //table[SessionTable][Session]{ 属性名 型 説明 -------------------- Id Int . Speaker List<Speaker> 登壇者情報 StartTime Timestamp 開始時刻 EndTime Timestamp 終了時刻 Title String タイトル Description String 説明文 SlideUrl String SlideShareのURL //} 11 実装例
  12. 12. Re:VIEW環境のコンテナが dockerhubに上がっており、以下 のようなコマンドでPDFをbuildで きます。 docker run -t --rm -v $(pwd):/book vvakame/review:4.1 /bin/bash -ci "cd /book && ./setup.sh && REVIEW_CONFIG_FILE=$REVIEW_CONFIG_ FILE npm run pdf" 生成されたPDFには、製本して綴 じるためののり代が付与されてお り、このまま印刷所に入稿可能で す。 超感謝 https://github.com/TechBooster/ReVIEW-Template build方法と出来上がったPDF 12
  13. 13. 13 どんな本を作ったか 13
  14. 14. グリー技術書典部誌 2019年秋号 14
  15. 15. 【スケジュール】 * 8月10日: 概要締め切り * 8月31日: 本文締め切り * 9月6日: 校正締め切り * 9月22日: 技術書典7当日 スケジュールと進捗管理 15 各締め切りをデッドラインの 1週間前に設定し、締め切り 日に状況を見てデッドライン 近くまで延長する作戦。
  16. 16. 1人10ページぐらい書いて、 ノンジャンルの合同誌を作っ て頒布してきました。 頒布部数は、96部。収支はト ントンぐらいです。 技術書典7にサークル参加
  17. 17. グリー技術書典部誌 2020年春号 17
  18. 18. 【スケジュール】 * 2020/01/17: タイトル締切り * 2020/01/24: アウトライン締切り * 2020/02/07: 本文及び表紙締切り * 2020/02/14: 広報確認締切り * 2020/03/01: 技術書典8当日(中止) * 2020/03/07: 技術書典応援祭当日 技術書典8が中止 18 COVID-19の影響で技術書典 8が中止。オンラインイベン トの技術書典応援祭が開催。
  19. 19. 19 19 ⓘ Start presenting to display the poll results on this slide. 技術書典応援祭でグリー技術書典部誌 2020年春号は何冊 頒布されたでしょうか?
  20. 20. 技術書典9で新刊頒布中! 第1章 Mozilla Hubs を用いたオン ラインイベント WebVR 化テクニ ック 第2章 スマホ課金での定期課金と サーバー通知 第3章 「コーディングを考える」 を考える 第4章 メディアアプリ LIMIA にお けるプッシュ通知配信システム https://techbookfest.org/organization/276320001 グリー技術書典部誌 2020年秋号 20
  21. 21. ● 技術書典は、エンジニアの祭典。 ● 半年毎に開催されているので、参加してみてください。 ● Blog一本分の記事を書くだけで参加できるサークルを作りました。 ● 自分で書いた本を見ると、震える。 めっちゃ楽しいんで、ぜひみんなで参加しましょう! Ask The Speakerは、B会場です。 まとめ 21
  22. 22. 22

GREE Tech Conference 2020 で発表された資料です。 https://techcon.gree.jp/2020/session/ShortSession-8

Views

Total views

987

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

553

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×