Webサービス企画のコツ

  • 11,701 views
Uploaded on

UT Startup Gym …

UT Startup Gym
2012/12/01
by 和田裕介 a.k.a. yusukebe

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
11,701
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
71

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Webサービス企画のコツ UT Startup Gym 2012/12/01 和田裕介 a.k.a. yusukebe
  • 2. 自己紹介• 和田裕介 もしくは ゆーすけべー• http://yusukebe.com/ or @yusukebe• 1981年生まれ 30歳• 神奈川人• 未婚
  • 3. 最近本を出しました• 心構えと下準備• 企画• 設計• 開発• プロモーションと運用
  • 4. お仕事的バックグラウンド
  • 5. (株)ワディット社長
  • 6. (株)オモロキCTO
  • 7. 最近の業務• ワディット • メルマガ、書籍等、執筆活動 • その他過去のサービスの保守• オモロキ • ボケてシステム開発、保守 • 新サービス提案
  • 8. 一応Webアプリケーション エンジニア
  • 9. 過去つくったWebサービス
  • 10. CDTube
  • 11. ListPod
  • 12. イクイク動画
  • 13. これ☆ほしい
  • 14. Tubetter
  • 15.  札コラメーカー
  • 16. 音探し
  • 17. HatebuPaper
  • 18. つくっては潰してきた ...
  • 19. 君のラジオ
  • 20. anpiレポート
  • 21. ボケて
  • 22. 本題
  • 23. エンジニアが企画をすること• スモールスタートにとって企画もプロ グラミングも出来ないといけない• サービスをつくって公開する全プロセ スを把握することで、無駄のない企画 制作ができるはず
  • 24. どうやってつくるか?の前に「何をつくるか」
  • 25. 創造のプロセス
  • 26. 哲学 個々人が持つ変わらない思い 料理は楽しい cookpadの例アイデア 哲学をかなえる具体的なアイデア レシピを共有、手順を紹介できる、つくれぽ ... テーマ 勝負する領域 料理についてのCGMサービスコンセプト 大枠。一言で言い表す ユーザーがレシピを共有できるサービスデザイン 見た目に限らないディテール 料理写真をフューチャする、カテゴリ分け ...
  • 27. アイデアのつくり方によると...
  • 28. アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何 ものでもない
  • 29. アイデアができる行程1. 要素をかき集める2. 組み合わせを検討してみる3. 出てくるのを「待つ」4. アイデア発見の瞬間「見つけた!」5. 具現化に向けて、手を動かす
  • 30. ネタ集めは各々の工夫で
  • 31. アイデアは、シャワーを浴びている時に振ってくる
  • 32. 孵化の手間まで持っていく1. 要素をかき集める2. 組み合わせを検討してみる3.出てくるのを「待つ」4. アイデア発見の瞬間「見つけた!」5. 具現化に向けて、手を動かす
  • 33. 究極のブレインストーミング ブレストにはルールがある
  • 34. • 数を数える• 時間をはかる• 否定しない• 突飛な方向性を無駄にしない• リーダーをもうける
  • 35. リスク!リスク!
  • 36. そこに潜むリスク• 技術リスク• スキルリスク 努力で解決する• リソースリスク 回避する あきらめる• 政治リスク• 法的リスク
  • 37. sandboxディレクトリで遊ぶ • ~/work/myapp/sandbox • 技術リスク、スキルリスクの検証 • 単一スクリプトで結果が面白いか? • 例 : Web APIの利用
  • 38. チームビルディング
  • 39. • 船頭多くして船山に登る• 3人寄れば社会になる• 人数は意外や重要である• 哲学を共有できる空気感• リーダーシップを発揮できる人 ↑ここ大事
  • 40. リーダーにNOは無い
  • 41. • リーダーは全体を見渡す• リーダーは企画をつくる• リーダーは開発をする• リーダーはみんなと仲良くする• リーダーはスポンジのように柔軟
  • 42. 弁当を買ってくるだけでもメンバーへの貢献なん だよ
  • 43. 最高のプロジェクト
  • 44. moo-pong• 大学院時代、研究室のプロジェクト• コアチームメンバー3人• 全員が手を動かせるメンバーだった• SIGGRAPH Emerging Technologies 採択• 国内外10程度の展示会へ出展
  • 45. あるべき自社サービスの姿
  • 46. ポリシー• 資本入れない、会社を大きくしない• 少ないコストでサービスを立ち上げる• サービスが化けるのを待つ• 収益化していく
  • 47. 分かった事• 100万PV / 1day のサービスを作った ら、ある程度食っていける• マネタイズどうこうよりもまずはそこ を目指す• 難しいことは考えなくていいかも... !
  • 48. まとめ• There’s more than one way to do it !• 経験を踏んで「つくり方」をつくる• 素早く検証していくことが大事