アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ

2,098 views

Published on

第52回名古屋アジャイル勉強会のワークショップ資料
http://blogs.yahoo.co.jp/nagoya_agile_study_group/37391376.html

Published in: Technology
0 Comments
12 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,098
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
88
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
12
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

アジャイルマニフェストから見るインセプションデッキ

  1. 1. アジャイルマニフェスト から見る インセプションデッキ第52回 名古屋アジャイル勉強会 2013/04/26(金) You&I
  2. 2. ジコ、ショウカイ。 H/N: You&I(読み:ユーアンドアイ) SNS: @you_and_i 出身: 生まれも育ちも名古屋市 年齢: 30代中盤 本職: 商学部出身の職業プログラマ 言語: C++, C#, VB6.0, 日本語COBOL 所属: プログラミング生放送 名古屋支部 名古屋アジャイル勉強会 わんくま同盟 名古屋勉強会 2
  3. 3. AGENDA1. 動機付け2. アジャイル開発とは3. ワークショップ1(アジャイルマニフェスト)4. インセプションデッキとは5. ワークショップ2(インセプションデッキ)6. まとめ 3
  4. 4. 1. 動機付け 4
  5. 5. 動機付け(1/3) 4月と言う事もあり、新しい職場、新しい環 境などに移動・配属になった方もいらっしゃ るかと思います。 新しい環境で新しい事を始めるこの時期だ からこそ、アジャイル開発について学んでみ ようと思って参加された方もこの中にはい らっしゃるかと思います。 5
  6. 6. 動機付け(2/3) アジャイル開発を進める上で欠かせない要 素としては、その概念の根幹であるアジャイ ルマニフェストであると私は思います。 今日のワークショップでは、まずアジャイル マニフェストについて理解して頂き、その概 念から生まれた実践手段の1つである、イン セプションデッキを通じてアジャイル開発につ いて理解を深めて頂こうと思っています。 6
  7. 7. 動機付け(3/3) 名古屋アジャイルの活動の目的は、スタッフ はもちろん事、参加者の皆さんの職場の活 性化や問題解決に繋がる何かを提供する事 です。 そしてアジャイルなやり方が当たり前な世界 になる事を目指して、ワークショップ資料な どは、ふりかえりや皆さんの現場でも活用で きるように公開しております。是非ご活用下 さい。 7
  8. 8. ATTENTION 本資料は後日公開致します。 資料の内容について全ての メモを取る必要はありません。 セッション内容に集中して 頂ければ幸いです。 8
  9. 9. 2. アジャイル開発とは 9
  10. 10. アジャイル開発とは(1/15) まずはアジャイル開発に至る背景について、 振り返ってみたいと思います。 10
  11. 11. アジャイル開発とは(2/15) 1960年:トヨタ生産方式体系化 1986年:Scrum命名元論文発表 1988年:Triumph of the Lean Production System 記事発表 1992年:ザ・ゴール出版 1993年:Scrum体系化 1996年:eXtremeProgramming体系化 1996年:RationalUnifiedProcess誕生 2001年:アジャイルマニフェスト制定 11
  12. 12. アジャイル開発とは(3/15) 1960年頃にトヨタ生産方式が体系化 • アジャイル開発の源流はトヨタ生産方式にありま す。 • トヨタ生産方式は、戦後の日本が米国の大量生 産品に対抗する為に、米国フォード社が生み出 したフォード・システム(流れ作業による大量生 産方式)と、PDCAサイクルの考えを日本に広め たエドワーズ・デミング博士の理念などから多 品種少量生産を仕組みを実現する為に生み出さ れました。 12
  13. 13. アジャイル開発とは(4/15) 1960年頃にトヨタ生産方式が体系化 • トヨタ生産方式の概念 ● http://www.toyota.co.jp/jpn/company/vision/production_system/index.html 1. 自働化 (にんべんの付いた自動化) 2. Just-In-Time • この2つの概念を実現する為に絶え間ない改善 を行い、その手段としてかんばん方式などが生 み出されてきました。 • 詳細は大野耐一著「トヨタ生産方式」を読んで みて下さい。 13
  14. 14. アジャイル開発とは(5/15) 1986年のScrum命名元論文発表 • スクラムは、1986年に野中&竹内両名により発 表された論文にて、日本の製造業における新製 品開発の流れをラグビーのスクラムに例えられ た事にその名前は由来する。 ● The New New Product Development Game • 詳細は平鍋さんと野中先生による著書「アジャ イル開発とスクラム」を読んでみて下さい。 14
  15. 15. アジャイル開発とは(6/15) 1988年のTriumph of the Lean Production Systemの記事発表 • アジャイル開発の源流はトヨタ生産方式であると 説明しましたが、リーン生産方式はMITの研究 者がトヨタ生産方式を研究して、再体系化した ものである。その最初がこの記事。 ● トヨタ生産方式→リーン生産方式→リーンソフトウェア 開発→アジャイル開発 • このようにトヨタ生産方式の概念は、その理念 や原則を元に様々な分野に応用されている。 15
  16. 16. アジャイル開発とは(7/15) 1992年のザ・ゴール出版 • エリヤフ・ゴールドラット博士が生産スケジュー ルソフトのOPTの基礎理論を分かりやすく世に 広める為に書いた小説が「ザ・ゴール」。 • その基礎理論とは、制約条件の理論(Theory Of Constraints)と呼ばれる。博士は大野耐一氏を 尊敬する1人に挙げており、TOCはトヨタ生産方 式の全体最適の考えの影響を受けている。 • TOCの後にもクリティカルチェーン プロジェクト 管理(CCPM)などの方法論を提唱した。 16
  17. 17. アジャイル開発とは(8/15) 1993年のScrum体系化 • 1986年の野中&竹内両名により発表された論文 文を受けて、1993年に Ken Schwaber博士と Jeff Sutherland博士によってScrumは体系化さ れました。 • Scrum Allianceでは認定スクラムマスター講習 などを行っている。 ● http://scrumalliance.org/ 17
  18. 18. アジャイル開発とは(9/15) 1996年のeXtremeProgramming体系化 • TDDなどでも有名なKent Beck氏らによって体 系化された。 • eXtremeProgramming入門 第2版では、5つの 価値、14の原則、25のプラクティスが紹介され ている。XPの価値・原則の定義は、XP入門の 初版から第2版の間にフィードバックされ価値・ 原則・プラクティスに改善が入っています。 • XPは年を経る毎に、状況に合わせて価値・原 則が変化しています。 18
  19. 19. アジャイル開発とは(10/15) 1996年のRationalUnifiedProcess誕生 • Rational Software社が1996年にRational acquired the Objectory Processとして制定され た。 • その後Rational Software社はIBMに買収され、 2003年にIBMはラショナル統一プロセス(RUP) として発表した。 • RUPの実施を支援するRational製品群が存在す る。RUPの特徴としてはモデリング(UML)を取 り入れている事が挙げられる。 19
  20. 20. アジャイル開発とは(11/15) 2001年のアジャイルマニフェスト制定 • http://agilemanifesto.org/iso/ja/ • 2001年2月11日に、アメリカ合衆国ユタ州ス ノーバードに軽量ソフトウェア開発手法を実践す る17人達が集まって制定されたのが4つの価値 と12の原則としてまとめられたアジャイルマニ フェスト。日本語訳の公開は2010年。 • 昨年4月のワークショップでは参加者全員で、4 つの価値と12の原則を音読しました! 20
  21. 21. アジャイル開発とは(12/15) 私たちは、ソフトウェア開発の実践あるいは実践を手 助けをする活動を通じて、よりよい開発方法を見つ けだそうとしている。 この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。 • プロセスやツールよりも個人と対話を、 • 包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、 • 契約交渉よりも顧客との協調を、 • 計画に従うことよりも変化への対応を、 価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があ ることを認めながらも、私たちは右記のことがらによ り価値をおく。 21
  22. 22. アジャイル開発とは(13/15) アジャイル宣言の背後にある原則 1. 顧客満足を最優先し、価値のあるソフトウェアを早く継続的に提供 します。 2. 要求の変更はたとえ開発の後期であっても歓迎します。変化を味 方につけることによって、お客様の競争力を引き上げます。 3. 動くソフトウェアを、2-3週間から2-3ヶ月というできるだけ短い時間 間隔でリリースします。 4. ビジネス側の人と開発者は、プロジェクトを通して日々一緒に働か なければなりません。 5. 意欲に満ちた人々を集めてプロジェクトを構成します。環境と支援 を与え仕事が無事終わるまで彼らを信頼します。 6. 情報を伝えるもっとも効率的で効果的な方法はフェイス・トゥ・ フェイスで話をすることです。 22
  23. 23. アジャイル開発とは(14/15) アジャイル宣言の背後にある原則 7. 動くソフトウェアこそが進捗の最も重要な尺度です。 8. アジャイル・プロセスは持続可能な開発を促進します。一定の ペースを継続的に維持できるようにしなければなりません。 9. 技術的卓越性と優れた設計に対する不断の注意が機敏さを高め ます。 10. シンプルさ(ムダなく作れる量を最大限にすること)が本質です。 11. 最良のアーキテクチャ・要求・設計は、自己組織的なチームから 生み出されます。 12. チームがもっと効率を高めることができるかを定期的に振り返り、 それに基づいて自分たちのやり方を最適に調整します。 23
  24. 24. アジャイル開発とは(15/15) 以上、アジャイル開発に至る背景を紹介しま したが、如何でしたでしょうか? もうお腹いっぱいな感じでしょうか? 告知文にも少し書きましたが、アジャイルマ ニフェストで定義された4つの価値と12の原 則を元に、数多くのアジャイルプラクティス が存在します。 説明はここまでにして、実際に皆さんに頭を 働かせてアジャイル開発を理解して頂きます。 24
  25. 25. プロジェクトの問題とアジャイルマニフェスト3. ワークショップ1 25
  26. 26. 3. ワークショップ1 3-1. 自己紹介 26
  27. 27. 自己紹介(1/4) ワークショップはグループ単位で行います。 まずはグループ内で各位自己紹介を行いま しょう。 自己紹介は1人1分で、以下の3つの事につい て話して下さい。 1. お名前 2. 現在抱えている「夜も眠れなくなるような問 題」は何か? (仕事/プライベート) 3. 今の自分を一言で言い表すと何か?自分の キャッチコピー/二つ名は? 27
  28. 28. 夜も眠れなくなるような問題は? プロジェクトを進める上で、これが起きたら 目的を達成できなくなるという、最悪のケー スは何でしょうか。予めそれを想定し、対処 法や回避法を考えましょう。 • リスクの洗い出し • リスクに対する対処法の洗い出し • リスクに対する回避法の洗い出し • リスクへの対応に価値があるかないかを見極め る 28
  29. 29. パッケージデザイン 雑誌の広告ページのように、1ページや1枚紙 でプロジェクトをアピールするとしたら、どの ような内容になるか。 • ビジョンの定義 • プロジェクトの成果物名は何か • プロジェクトの成果物の目玉は何か • ユーザー視点で書く 29
  30. 30. 自己紹介(4/4) 今回はインセプションデッキを使って自己紹 介してみましょう。 自己紹介は1人1分で、以下の3つの事につい て話して下さい。 1. お名前 2. 現在抱えている「夜も眠れなくなるような問 題」は何か?(仕事/プライベート) 3. 今の自分を一言で言い表すと何か?自分の キャッチコピー/二つ名は? 5分間 30
  31. 31. 3. ワークショップ1 3-2. 現状把握 31
  32. 32. 現状把握(1/5) では早速アジャイル開発を始めます!といって 始められれば良いのですが、そうではあり ませんよね? いや、そもそもなぜにアジャイル開発を行う のか?アジャイル開発でなくてはならないの か? 数多の開発の現場がある中で、アジャイル 開発が銀の弾丸たり得るのか? →違います! 32
  33. 33. 現状把握(2/5) 小高い丘の先  高い山の上 理想 理想 現状 現状 海を隔てた先/孤島  月の上!? 理想 理想 現状 現状 33
  34. 34. 現状把握(3/5) アジャイル開発の実践という理想に対して、 現状を知らずにどうやって/どのようにして辿 り着けますか? アジャイル開発を始める為の第一歩は、現 状分析です。プロジェクトを見える化する事 から始まります。 34
  35. 35. 現状把握(4/5) 現状把握として、皆さんが経験した開発プロジェク トや学生さんなら学習カリキュラム等について、ま ずはどんな事柄があるのか、特にこれは無駄だと いうものをA3用紙に簡単に洗い出して、その比率 を円グラフにしてみましょう。 プロジェクト作業 経済学学習 9% 10% 14% 30% 44% 20% 10% 23% 40% 10分間設計 開発 テスト 会議 文書作成 教科書学習 論文読み 論文書き ゼミ 35
  36. 36. 現状把握(5/5) どうですか何か書けましたか? 皆さんが書いたものをテーブル内で共有し ましょう。 以下の事柄について紹介して下さい。 1. どんな事について分析したか? 2. 円グラフにしてみて何か問題・ボトルネックは 見えたか? 10分間 36
  37. 37. 3. ワークショップ13-3. 理想に向けて 37
  38. 38. 理想に向けて(1/3) 先程のワークで皆さんの現状を円グラフとし て見える化してみました。 そこから何か問題が見えた方もいらっしゃる かも知れませんし、全く何も見えなかった人 もいらっしゃるかと思います。 問題が起こっている筈!?なのに見えなかった 人は、異なる視点で分析する必要があるか も知れませんね。但し、分析の為に指標を 色々増やしてしまうのは良くありません。 38
  39. 39. 理想に向けて(2/3) 続いてのワークでは、見つかった問題に対し て、アジャイルマニフェストのどの価値・原 則が当てはまるか考えてみましょう! 問題が見えなかった人は、現状をより良くす るには何か必要かで考えて下さい。 新しいA3用紙に、どの価値・原則がどのよ うな理由で当てはまるかを書き出して下さい。 10分間 39
  40. 40. 理想に向けて(3/3) うまく問題にマッチする価値・原則はありま したでしょうか? ここでは時間の関係上グループ内での共有 は行いません。 40
  41. 41. 4. インセプションデッキとは 41
  42. 42. インセプションデッキとは(1/3) いよいよ出てきましたインセプションデッキ! アジャイルマニフェストで定義された4つの価 値と12の原則を元に、数多くのアジャイルプ ラクティスが存在すると冒頭で説明しました。 その4つの価値と12の原則を実現する手段で あるアジャイルプラクティスのうちの1つがイ ンセプションデッキです。 42
  43. 43. インセプションデッキとは(2/3) インセプションデッキとは・・・ • プロジェクトを核心まで煮詰めて抽出した共通 理解(=合意事項)を、開発チームだけではなく、 より広範囲なプロジェクトの利害関係者へ手軽 に伝える為のツール インセプションデッキは、ジョナサン・ラスマ セン氏の2010年9月発売の著書「The Agile Samurai」において「10の手強い質問」と して紹介されています。 43
  44. 44. インセプションデッキとは(3/3) インセプションデッキは、プロジェクトの開始前に実 施するプラクティスです。プロジェクトのふりかえり の際にも利用可能です。 プロジェクトを始めるにあたって・・・ • 誰が関係するのか • 何を作るのか、どうやって作るのか • いつまでに作るのか • ・・・etc. 関係者全員で話し合い、関係者全員で合意する為 のワークショップです。上から決められた指示では なく、自分達でやる事を決めます。 44
  45. 45. インセプションデッキでは具体的 には何をする? 45
  46. 46. デッキでは具体的には何をする?(1/3)1. 利害関係者(ステークホルダー)を集める2. 集まった人達で、PowerPoint文書の穴埋めをす るワークショップを行う3. 作成したPowerPoint文書を見える所に貼り出すたったこれだけ。インセプションデッキは手軽に行えます。そして内容に変更があれば、逐次インセプションデッキの更新を行い、内容を常に最新状態に保ちます。 46
  47. 47. デッキでは具体的には何をする?(2/3) 穴埋めワークショップ • 10の手強い質問は、全てを行う必要は有りませ ん。必要な物だけ行えば良いです。 • 1つのテーマにつき1~1.5時間話し合いを行った ら、スライドにまとめます。 ● インセプションデッキのPowerPoint文書 • http://j.mp/inception-deck (英語版) • http://j.mp/inception-deck-ja (日本語版) • 次のテーマに進み、スライドをまとめるのを繰り 返す。 47
  48. 48. デッキでは具体的には何をする?(3/3) 作成したスライドを貼り出す • 10の手強い質問についてまとめたスライドを印 刷して見える所に貼り出します。 • サーバーの共有フォルダ等にスライドの電子 ファイルを置いただけでは、共有した事にはな りませんので注意! • プロジェクトで大事な事を周囲に報告する事も 兼ねて、目に付く位置に貼り出します。 48
  49. 49. インセプションデッキの10の手強い質問紹介 49
  50. 50. 「なぜ」に関する質問 我々はなぜここにいるのか? エレベーターピッチ パッケージデザイン やらないことリスト ご近所さんを探せ 50
  51. 51. 1.我々はなぜここにいるのか?何の為にインセプションデッキ作成の場に集まったのかを明確にし、自分の認識と周りとで認識が合っているのか確認する。 ミッションの定義 自分達の顧客は誰なのか プロジェクトの始まった理由はなんなのか プロジェクトの目的やゴールは何か 51
  52. 52. 我々はなぜここにいるのか • [大事な理由(その1)] • [大事な理由(その2)] • [大事な理由(その3)][プロジェクトの根幹を成す、 最も大事な理由] 52
  53. 53. 2.エレベーターピッチプロジェクトをTV CMのように30秒でアピールするとしたら何を伝えるべきだろうか? ニーズの定義 どんな顧客の要望に応えるのか プロジェクトの成果物名は何か プロジェクトの成果物はどのように分類されるものなのか プロジェクトの成果物は何ができるのか プロジェクトの成果物の目玉は何か 53
  54. 54. エレベーターピッチ [潜在的な、ニーズを満たしたり・課題/問題 を解決したい] したい。 [対象となる顧客] 向けの [プロダクト名] と いうプロダクトは [プロダクトの種別] です。 これは [重要な利点、対価に見合う説得力 のある理由] ができ、[考え得る最も有力な 代替手段] とは違って [代替手段とは差別化 される決定的な特徴] が備わっている。 54
  55. 55. 3.パッケージデザイン雑誌の広告ページのように、1ページや1枚紙でプロジェクトをアピールするとしたら、どのような内容になるか。 ビジョンの定義 プロジェクトの成果物名は何か プロジェクトの成果物の目玉は何か ユーザー視点で書く 55
  56. 56. パッケージデザイン [プロダクトの名前] [素敵な写真][最高のキャッチコピー][ユーザーへのアピール(その1)][ユーザーへのアピール(その2)][ユーザーへのアピール(その3)] 56
  57. 57. 4.やらないことリストプロジェクトで実現したい事は明確になっている事が多い。やらなくても良い事を明確にする事で、やるべき事を明確にする。 スコープの定義 まずはやりたい事を洗い出す やる・やらない・あとで決めるに分類する 57
  58. 58. やらないことリスト やる やらない[作業1] [作業3][作業2] あとで決める[作業4] 58
  59. 59. 5.ご近所さんを探せプロジェクトの終盤での不意の横槍は対応が大変です。早めに関係者を洗い出し、顔合わせをしましょう。 プロジェクトコミュニティの定義 自分達が思っているよりも、プロジェクトの関係者に含まれ る範囲は広い。 利害関係者(ステークホルダー)の洗い出し 実際に顔合わせする 59
  60. 60. 技術的な解決案 利害関係者 [XXX部門] [YYYグループ]コアチーム [ZZZチーム] [営業部門][顧客] [運用部門][開発チーム] [安全管理者][マネージャ] [セキュリティ専門家][品証部門] ・ ・ ・ 60
  61. 61. 「どうやって」に関する質問 技術的な解決案を描く 夜も眠れなくなるような問題は? 期間を見極める トレードオフスライダー 何がどれだけ必要か? 61
  62. 62. 6.技術的な解決案を描くプロジェクトの成果物をどのように実現するか、予め決めましょう。またどこに問題が起こりそうかも当たりを付けましょう。 アーキテクチャの定義 利用技術の洗い出し リスクの洗い出し 構成を決める 62
  63. 63. 技術的な解決案 クラウド 端末 ブラ データ ウザ ベース [通信プロトコル [クラウドサービス をどうする?] がダウンしたら?] あとで決めるやらない •[利用クラウドサービス]•[端末の多機種対応] •[利用データベース] 63
  64. 64. 7.夜も眠れなくなるような問題は?プロジェクトを進める上で、これが起きたら目的を達成できなくなるという、最悪のケースは何でしょうか。予めそれを想定し、対処法や回避法を考えましょう。 リスクの洗い出し リスクに対する対処法の洗い出し リスクに対する回避法の洗い出し リスクへの対応に価値があるかないかを見極める 64
  65. 65. 夜も眠れなくなるような問題[夜も眠れなくなるような問題その1][夜も眠れなくなるような問題その2][夜も眠れなくなるような問題その3] 65
  66. 66. 8.期間を見極めるいつ頃終わるかという情報はやはり必要です。プロジェクトのスケジュールを大雑把に決めましょう。ここで決めた事は、コミットメント(確約)では有りません。 スケジュールの定義 どんな作業があるか洗い出す いつまでに終わらせる必要があるか洗い出す 66
  67. 67. 期間を見極める [環境構築] [トレーニング][一ヶ月] [二ヶ月] [半月] [開発] 67
  68. 68. 9.トレードオフスライダープロジェクトを進める上で、作業の順序づけを決めましょう。このプロジェクトでは何が優先されるかで、プロジェクトの方向性が決まります。 機能・予算・時間・品質のどれを優先するか決める どんな作業があるか洗い出す 優先度は一意なものとする。同一の優先度のものは存在し てはならない。 68
  69. 69. トレードオフスライダー 優先度 タスクMax Min [スコープ(機能)]Max Min [予算]Max Min [時間]Max Min [品質]Max MinMax MinMax Min 69
  70. 70. 10.何がどれだけ必要か?プロジェクトにおいて、予算・期間・人員がいつどれだけ必要になるか、決めましょう。 人・体制・予算・機材・場所・期間等何がどれだけ必要 になるかを定義 人員体制について、ロール(役割) 別に誰に何を期待するの か、何人必要になるのか洗い出しましょう 最終的な意志決定者が誰になるか決めましょう 70
  71. 71. 何がどれだけ必要か?(予算・期間・人)[環境構築] [開発] [トレーニング] [リリース!][一ヶ月] [二ヶ月] [半月][5人]、 [2ヶ月半]、[1,500万円] 71
  72. 72. 何がどれだけ必要か?(俺たちの"Aチーム")人数 役割 強みや期待する事 [フィードバックの為に、週1でミー[1] [顧客] ティング対応する事][3] [開発者] [C++の開発経験がある事][1] [テスター] [テスト自動化の経験がある事] [顧客要求についてチームと連携し、[1] [アナリスト] 分析が行える事] 72
  73. 73. インセプションデッキの背景にあるアジャイルマニフェスト5. ワークショップ2 73
  74. 74. インセプションデッキの背景(1/2) インセプションデッキについて、アジャイルマ ニフェストのどの価値・原則が当てはまるか 考えてみましょう! 新しいA3用紙に、どの価値・原則がどのよ うな理由で当てはまるかを書き出して下さい。 時間が短めなので気になるもの1つについて 分析してみましょう。 5分間 74
  75. 75. インセプションデッキの背景(2/2) どうですか何か書けましたか? 皆さんが書いたものをテーブル内で共有し ましょう。 以下の事柄について紹介して下さい。 1. 10の手強い質問のどれについて分析したか 2. 分析した10の手強い質問は、それぞれどんな 事を目的としたものなのか 10分間 75
  76. 76. 6. まとめ 76
  77. 77. まとめ(1/4) お疲れ様でした! まとめとして今日のワークショップでやった事 及びその目的について整理したいと思います。 そして皆さんには宿題も出したいと思います! 77
  78. 78. まとめ(2/4) ワークショップ1 1. 現状分析及び問題の見える化 2. 問題とアジャイルマニフェストの関連性の洗い 出し アジャイル開発を始める上でのとっかかりと なる現状分析の流れについて体験して頂き ました。 そして問題の本質を理解し、解決する為の 手段についても体験しました。 78
  79. 79. まとめ(3/4) ワークショップ2 • インセプションデッキの背景にあるアジャイルマ ニフェストの価値・原則の洗い出し アジャイルプラクティスの目的の理解として、 インセプションデッキというプラクティスが何 を実現しているかを考えて頂きました。 79
  80. 80. まとめ(4/4) 宿題 • 今日のワークショップでは問題を見える化して、 プラクティスの本質について少し理解しただけ で、問題解決にまでは繋がりませんでした。 • そこで・・・ 1. 現状分析 2. 問題の原因追及 3. 解決に繋がるアジャイルプラクティスを紐付ける 4. アジャイルプラクティスを実施する • 是非皆さんの現場で、この一連の流れを実践し てみて下さい! 80

×