• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
非開発者のためのアジャイル開発入門
 

非開発者のためのアジャイル開発入門

on

  • 3,054 views

ESM の入門セミナーでの発表資料です。

ESM の入門セミナーでの発表資料です。
話を聞かないと分からない資料かと思いますが、ご参考までに。

Statistics

Views

Total Views
3,054
Views on SlideShare
3,011
Embed Views
43

Actions

Likes
14
Downloads
0
Comments
0

3 Embeds 43

http://agile-community.siz.nes.nec.co.jp 32
https://twitter.com 10
http://clipin.me 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    非開発者のためのアジャイル開発入門 非開発者のためのアジャイル開発入門 Presentation Transcript

    • 開発者ではない方のための アジャイル開発入門 ESM セミナー アジャイル開発の始め方 株式会社アトラクタ 原田騎郎
    • 原田 騎郎 Kiro  HARADA アジャイルコーチ ドメインモデラー SCMコンサルタント Twitter:  @haradakiro 認定スクラムプロフェッショナル 認定スクラムマスター 認定スクラムプロダクトオーナー 株式会社アトラクタ  代表取締役
    • アジャイル開発って何?•  アジャイルマニフェスト見る
    • なぜアジャイルマニフェスト?•  プロジェクトの失敗•  使われないシステム•  予算・納期の超過•  確定しない要件
    • ウォーターフォールの失敗?•  要件定義をしっかりやれていない•  仕様がちゃんと決まっていない•  外部設計書がまとも書けていない•  テストを真面目にやっていない
    • ウォーターフォールを しっかりやる方法はないの?•  手戻りのない要件確定手法はあるか?•  すなわち、未来予測をする能力はあるの か?
    • プロジェクトマネジメント•  限られた期間において唯一性のある成果物を 生み出すしくみをどうマネージできるか。•  正しい計画を立てて、計画を忠実に実行する or•  唯一性のある成果物の価値を最大限に高める ために、必要に応じて計画も変更する
    • 企業情報システムの使われ方 http://www.kogures.com/hitoshi/webtext/kj1-hatten-nenpyo/index.html
    • 企業で使われるソフトウェア•  業務の効率化 –  経理、販売、在庫、人事、etc.•  業務の統合化 –  ERP –  BPR•  新業務そのもの –  SCM –  CRM –  E-Commerce etc.
    • 問題ドメインの変化•  あることをうまくやる(速く、安く、正確 に)•  全体を見通す•  新しい業務(顧客)を開拓する
    • クネビンフレームワークDave Snowden らにより提唱された問題ドメインを分類するフレームワーク•  シンプル(Simple)•  煩雑(Complicated)•  複雑(Complex)•  カオス(Chaotic)•  無秩序(Disorder) Cynefin  Framework  h/p://www.youtube.com/watch?v=N7oz366X0-­‐8
    • クネビンフレームワーク
    • シンプル•  対象の問題を誰が見てもすぐに理解できる•  知覚->分類->対応•  うまくやる方法をベストプラクティスとし て利用できる
    • 煩雑•  対象の問題を理解するには、専門知識と 作業が必要•  知覚->分析->対応•  うまくやる方法は複数あるので、それらを グッドプラクティスとして活用できる。
    • 複雑•  対象の問題を理解するには、観察するだ けでは無理で、探査が必要•  探査->知覚->対応•  対象がどんな反応をするかを安全小規模 に確かめつつ、次の対応を考える。プラ クティスは出現する。
    • カオス•  対象を理解することも難しいかもしれな い。やってみて結果をみて反応する。•  行動->知覚->対応•  まったく新しいプラクティスを考えなけれ ばならない。既存の知識は役に立たない。
    • シンプルな問題?
    • 情報システムの課題の変化•  シンプル→煩雑→複雑•  課題に合わせてプロセスも変化 –  プロセス定義なし→ウォーターフォール→繰 り返し型→アジャイル
    • 企業システム 対象業務 典型例 開発運用プ 問題ドメイ ロセス ン70∼ 業務の一部 経理システム なし シンプル80 データ入力 (カウボー EUC イ)90∼ バックオフィス業務 ERP - BPR WF 煩雑00∼ 他部署との連携 オープン SCM アジャイル 複雑 社外との連携08∼ 個人の余暇 ソーシャルゲーム アジャイル? カオス?
    • 知識と学習•  複雑系を複雑系のまま扱うには、 –  予測が困難 –  コスト効率が悪い•  繰り返しの学習の中で、複雑と煩雑を切り 分ける能力を身につける
    • ビジネスのイノベーション•  製品イノベーション•  プロセスイノベーション•  コンウェイの法則•  顧客の学習能力、改善能力を活かす製品 が必要となってきた。
    • コンウェイの法則システムを設計する組織は、その構造をそっくりまねた構造の設計を生み出してしまう」 http://www.flickr.com/photos/mwichary/2356663850/
    • 複雑なドメインへの対応(例) 境界 リズム フィードバック 細胞 細胞膜 サーカディアン イオンチャネル Scrum チーム境界 スプリント スプリントレビュー   プランニング DDD 明確に境界づけら モデリングのうずま ユビキタス言語 れたコンテキスト き TPS ライン タクトタイム かんばん
    • まとめ•  ウォーターフォールがうまくいかなくなっ たのは、やる人の能力がなかったからで はない。•  対象とする課題が、シンプル、煩雑から複 雑なものに移り変わってきたから。
    • まとめ(きれず) •  プロセスを決定する前に、問題ドメインを 理解する努力をしよう。 –  事前に理解しきれなかったら、学習すること を活動に入れたプロセスを使う。•  効率性を重視するプロセスから、学習と 改善を重視するプロセスへ。 –  そのやり方の一つがアジャイル開発手法