非開発者のためのアジャイル開発入門

3,435
-1

Published on

ESM の入門セミナーでの発表資料です。
話を聞かないと分からない資料かと思いますが、ご参考までに。

Published in: Technology
0 Comments
21 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,435
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
21
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

非開発者のためのアジャイル開発入門

  1. 1. 開発者ではない方のための アジャイル開発入門 ESM セミナー アジャイル開発の始め方 株式会社アトラクタ 原田騎郎
  2. 2. 原田 騎郎 Kiro  HARADA アジャイルコーチ ドメインモデラー SCMコンサルタント Twitter:  @haradakiro 認定スクラムプロフェッショナル 認定スクラムマスター 認定スクラムプロダクトオーナー 株式会社アトラクタ  代表取締役
  3. 3. アジャイル開発って何?•  アジャイルマニフェスト見る
  4. 4. なぜアジャイルマニフェスト?•  プロジェクトの失敗•  使われないシステム•  予算・納期の超過•  確定しない要件
  5. 5. ウォーターフォールの失敗?•  要件定義をしっかりやれていない•  仕様がちゃんと決まっていない•  外部設計書がまとも書けていない•  テストを真面目にやっていない
  6. 6. ウォーターフォールを しっかりやる方法はないの?•  手戻りのない要件確定手法はあるか?•  すなわち、未来予測をする能力はあるの か?
  7. 7. プロジェクトマネジメント•  限られた期間において唯一性のある成果物を 生み出すしくみをどうマネージできるか。•  正しい計画を立てて、計画を忠実に実行する or•  唯一性のある成果物の価値を最大限に高める ために、必要に応じて計画も変更する
  8. 8. 企業情報システムの使われ方 http://www.kogures.com/hitoshi/webtext/kj1-hatten-nenpyo/index.html
  9. 9. 企業で使われるソフトウェア•  業務の効率化 –  経理、販売、在庫、人事、etc.•  業務の統合化 –  ERP –  BPR•  新業務そのもの –  SCM –  CRM –  E-Commerce etc.
  10. 10. 問題ドメインの変化•  あることをうまくやる(速く、安く、正確 に)•  全体を見通す•  新しい業務(顧客)を開拓する
  11. 11. クネビンフレームワークDave Snowden らにより提唱された問題ドメインを分類するフレームワーク•  シンプル(Simple)•  煩雑(Complicated)•  複雑(Complex)•  カオス(Chaotic)•  無秩序(Disorder) Cynefin  Framework  h/p://www.youtube.com/watch?v=N7oz366X0-­‐8
  12. 12. クネビンフレームワーク
  13. 13. シンプル•  対象の問題を誰が見てもすぐに理解できる•  知覚->分類->対応•  うまくやる方法をベストプラクティスとし て利用できる
  14. 14. 煩雑•  対象の問題を理解するには、専門知識と 作業が必要•  知覚->分析->対応•  うまくやる方法は複数あるので、それらを グッドプラクティスとして活用できる。
  15. 15. 複雑•  対象の問題を理解するには、観察するだ けでは無理で、探査が必要•  探査->知覚->対応•  対象がどんな反応をするかを安全小規模 に確かめつつ、次の対応を考える。プラ クティスは出現する。
  16. 16. カオス•  対象を理解することも難しいかもしれな い。やってみて結果をみて反応する。•  行動->知覚->対応•  まったく新しいプラクティスを考えなけれ ばならない。既存の知識は役に立たない。
  17. 17. シンプルな問題?
  18. 18. 情報システムの課題の変化•  シンプル→煩雑→複雑•  課題に合わせてプロセスも変化 –  プロセス定義なし→ウォーターフォール→繰 り返し型→アジャイル
  19. 19. 企業システム 対象業務 典型例 開発運用プ 問題ドメイ ロセス ン70∼ 業務の一部 経理システム なし シンプル80 データ入力 (カウボー EUC イ)90∼ バックオフィス業務 ERP - BPR WF 煩雑00∼ 他部署との連携 オープン SCM アジャイル 複雑 社外との連携08∼ 個人の余暇 ソーシャルゲーム アジャイル? カオス?
  20. 20. 知識と学習•  複雑系を複雑系のまま扱うには、 –  予測が困難 –  コスト効率が悪い•  繰り返しの学習の中で、複雑と煩雑を切り 分ける能力を身につける
  21. 21. ビジネスのイノベーション•  製品イノベーション•  プロセスイノベーション•  コンウェイの法則•  顧客の学習能力、改善能力を活かす製品 が必要となってきた。
  22. 22. コンウェイの法則システムを設計する組織は、その構造をそっくりまねた構造の設計を生み出してしまう」 http://www.flickr.com/photos/mwichary/2356663850/
  23. 23. 複雑なドメインへの対応(例) 境界 リズム フィードバック 細胞 細胞膜 サーカディアン イオンチャネル Scrum チーム境界 スプリント スプリントレビュー   プランニング DDD 明確に境界づけら モデリングのうずま ユビキタス言語 れたコンテキスト き TPS ライン タクトタイム かんばん
  24. 24. まとめ•  ウォーターフォールがうまくいかなくなっ たのは、やる人の能力がなかったからで はない。•  対象とする課題が、シンプル、煩雑から複 雑なものに移り変わってきたから。
  25. 25. まとめ(きれず) •  プロセスを決定する前に、問題ドメインを 理解する努力をしよう。 –  事前に理解しきれなかったら、学習すること を活動に入れたプロセスを使う。•  効率性を重視するプロセスから、学習と 改善を重視するプロセスへ。 –  そのやり方の一つがアジャイル開発手法

×