Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

パターン・ランゲージ入門講座(Pattern Language Innovators Summit)

3,243 views

Published on

「パターン・ランゲージ入門講座」(井庭 崇, Pattern Language Innovators Summit, Tokyo, 2017)

Published in: Design
  • Hey guys! Who wants to chat with me? More photos with me here 👉 http://www.bit.ly/katekoxx
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

パターン・ランゲージ入門講座(Pattern Language Innovators Summit)

  1. 1. Pattern Language Innovators Summit パターン・ランゲージ入門講座 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授
  2. 2. Natural & Creative Living Lab Takashi Iba Laboratory at SFC, Keio University with Pattern Language ... Takashi Iba 博士(政策・メディア) 慶應義塾大学SFC 総合政策学部 准教授 株式会社クリエイティブシフト 代表取締役 The Hillside Group 理事 創造社会を支える方法・道具をつくる ● 個人・組織・社会が、より創造的になることの支援 ● システム理論、方法論 ● 「パターン・ランゲージ」の研究と実践 井庭 崇
  3. 3. CCreation CCConsumption Communication C CCConsumption Communication Creation 消費社会 コミュニケーション社会 (狭義の情報社会) 創造社会
  4. 4. C CCConsumption Communication Creation 消費社会 コミュニケーション社会 (狭義の情報社会) 創造社会 Creative Society 人々が、自分たちで 自分たちなりのものや仕組みを つくることができる社会。
  5. 5. パターン・ランゲージ(Pattern Language)
  6. 6. パターン・ランゲージとは何か
  7. 7. 対象領域における「経験則」を「言語化」したもの
   = 成功に潜む共通パターンを言語(ランゲージ)化する パターン・ランゲージ(Pattern Language)
  8. 8. 対象領域における「経験則」を「言語化」したもの
   = 成功に潜む共通パターンを言語(ランゲージ)化する パターン・ランゲージ(Pattern Language) プレゼンテーション 企画 認知症とともによりよく生きる プレゼンテーション パターン プロジェクトデザイン パターン 旅のことば
  9. 9. 対象領域における「経験則」を「言語化」したもの
   = 成功に潜む共通パターンを言語(ランゲージ)化する パターン・ランゲージ(Pattern Language) 経験 経験 経験 経験経験 経験 経験 経験 経験 パターン パターン 経験
  10. 10. 対象領域における「経験則」を「言語化」したもの
   = 成功に潜む共通パターンを言語(ランゲージ)化する たくさんのパターンで構成されていて、それぞれのパターン を指し示す「言葉」が定義されている それらの言葉によって、「認識」「思考」「コミュニケー ション」を支援する パターン・ランゲージ(Pattern Language) 共感のチームづくり 挑戦は、「目指す未来」や「志」に 共感できる仲間とともに。 自分たちの「目指す未来」や「志」に共感で きる人とチームを組む。 意味のある混沌 何をどうすればよいのがわからない状況。 その状況こそ、まったく新しい道が 開くチャンスである。 行き詰まって混沌とした状態を、新しい道 が開けるチャンスだと捉え、そこにとどまっ て考え抜く。
  11. 11. どういう「状況」のときに、どういう「問題」が生じやす く、それをどう「解決」(解消)するとよいのか、そして、そ の「結果」どうなるのか 少し抽象的に書かれている 「具体性の罠」に陥らない「中空の言葉」 パターン(Pattern)
  12. 12. Empathetic Union 共感のチームづくり 挑戦は、「目指す未来」や「志」に 共感できる仲間とともに。
  13. 13. プロジェクトに参加するメンバーを集めている。 ▼その状況において 専門性や知識・スキルの「多様性」ばかり重視してメンバーを集めると、 チームがバラバラでうまくいかなくなるリスクが生じる。 ・専門が異なれば、認識や考え方、価値観が根本的に異なる。 ・自分の専門と異なる人と話すためには、自分の専門の特徴をよく理解した上で、 相手にわかるように話さなければならない。 ・特定の専門性や知識・スキルが、そのプロジェクトに本当に役立つかどうかは、 実際に取り組んでみないとわからない。 ▼ そこで
  14. 14. ▼ そこで 自分たちの「目指す未来」や「志」に共感できる人とチームを組む。 プロジェクトの目的や意義、今後のヴィジョンを語り、それに共感してくれる人 とチームを組む。プロジェクトに必要となりそうな専門性や知識・スキルを持っ ていることもよいが、あくまでも「目指す未来」や「志」に共感することを優先する。 現在の自分たちに足りない知識やスキルについては、プロジェクトを進めながら、 新しく身につけたり強化したりするとよい。 ▼その結果 あらかじめ共有されている目標に向かって、各人がどのような「貢献の領域」(No.8) で貢献するのか、チームとしてどのようなことをしなければならないのかを、全 員で考えることができるようになる。全員がプロジェクトの目指すところに共感 して参加しているので、「自発的なコミットメント」(No.10)も生じやすい。また、 必要に応じて、足りない知識やスキルを身につけることになるので、各人の「成 長のリターン」(No.9)にもつながる。
  15. 15. Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem SolutionContext Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern 個々のパターンは、小さい単位でまとめられている。 パターンは相互に関係し合い、ひとつの言語体系を形成する。 これら全体的で「いきいきとした質」を実現する。 パターン・ランゲージ(Pattern Language)
  16. 16. これまでどんな パターン・ランゲージ がつくられてきたのか?
  17. 17. C. Alexander, S. Ishikawa, M. Silverstein, A Pattern Language: Towns, Buildings, Construction, Oxford University Press, 1977 40年前に生まれた「パターン・ランゲージ」 Christopher Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979 クリストファー・アレグザンダー, 『時を超えた建設の道』 , 鹿島出版会, 1993 クリストファー・アレグザンダー 他, 『パタン・ランゲージ:環境設計の手引』, 鹿島出版会, 1984
  18. 18. Kent Beck & Ward Cunningham, “Using Pattern Languages for Object-Oriented Program”, OOPSLA '87, 1987 ソフトウェア分野の「デザイン・パターン」 Erich Gamma, Richard Helm, Ralph Johnson, John M. Vlissides, Design Patterns: Elements of Reusable Object-Oriented Software, Addison-Wesley Professional, 1994 Erich Gamma, Ralph Johnson, Richard Helm, John Vlissides, 『オブジェクト指向における再利用のための デザインパターン』 (改訂版), ソフトバンククリエイティブ, 1999
  19. 19. James O. Coplien, Neil B. Harrison, Organizational Patterns of Agile Software Development, Prentice Hall, 2004 その後、組織や教育に応用された James O. Coplien, Neil B. Harrison, 『組織パターン:チームの成長によりアジャイル ソフトウェア開発の変革を促す』, 翔泳社, 2013
  20. 20. Pedagogical Patterns Editorial Board, Pedagogical Patterns: Advice For Educators, Createspace., 2012 その後、組織や教育に応用された Mary Lynn Manns, Linda Rising, Fearless Change: Patterns for Introducing New Ideas, Addison-Wesley, 2005 Mary Lynn Manns, Linda Rising, 『Fearless Change:アジャイルに効く アイ デアを組織に広めるための48のパターン』, 丸善出版, 2014
  21. 21. パターン・ランゲージの歴史については パターン・ランゲージ Reality リアリティ プラス Pattern Languages 創造的な未来をつくるための言語 中 埜 博 NakanoHiroshi 江 渡 浩 一 郎 EtoKoichiro 中 西 泰 人 NakanishiYasuto 竹 中 平 蔵 TakenakaHeizō 羽 生 田 栄 一 EiitiHanyuda 井 庭 崇﹇ 編 著 ﹈ IbaTakashi 定価(本体 2,400円+税) 創造的な社会へ 応急処置的な社会から、 中埜 博 江渡浩一郎 中西泰人 竹中平蔵 羽生田栄一 井庭 崇 パターン・ランゲージによって、私たちはどのような未来をつくることができるのか? 気鋭の社会学者・井庭崇が、中埜博、江渡浩一郎、中西泰人、竹中平蔵、羽生田栄一 という各界のフロントランナーを迎え、徹底討論。 読者のリアリティに、新たな知をプラスする ﹇ 編 著 ﹈                                           !! 『クリストファー・アレ グザンダー:建築の新し いパラダイムを求めて』 (スティーブン・グラ ボー, 工作舎, 1989) 『パターン、Wiki、XP: 時を超えた創造の原則』 (江渡浩一郎, 技術評論社, 2009) 『パターン・ランゲージ: 創造的な未来をつくるた めの言語』 (井庭 崇 編著, 慶應義塾大学出版会, 2013)
  22. 22. 井庭研でも日常的な活動のパターン・ランゲージを作成 ラーニング・パターン 創造的な学びのパターン・ランゲージ (2009) Ver. 0.50 Presentation Patterns Project 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ プレゼンテーション・パターン A Pattern Language for Creative Presentations プレゼンテーション・パターン 創造的プレゼンテーションのパターン・ ランゲージ(2011) Ver. 0.60 Collaboration Patterns Project 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ コラボレーション・パターン コラボレーション・パターン 創造的コラボレーションのパターン・ ランゲージ(2012) Takashi Iba with Iba Laboratory Collaboration Patterns A Pattern Language for Creative Collaboration “井庭研3部作”
  23. 23. [Learning Patterns] Creative Learning Opportunity for Learning Learning by Creating Open Learning Jump In Copycat Learner Effective Asking Output-Driven Learning Daily Use of Foreign Language Playful Learning Tornado of Learning Chain of Excitement Quantity brings Quality Skill Embodiment Language Shower Tangible Growth Thinking in Action Prototyping Field Diving A Bug’s-Eye & Bird’s-Eye View Hidden Connections Triangular Dig Passion for Exploration Brain Switch Fruit Farming Attractive Expressions The First-Draft-Halfway-Point Acceleration to the Next Community of Learning Serendipitous Encounters Good Rivals Talking Thinker Leaning by Teaching Firm Determinations Questioning Mind The Right Way Brave Changes Frontier Finder Self-Producer Main Message Touching Gift Image of Success Storytelling Exploration of Words Visual Power Dramatic Modulation Unexpected Evolution Doors of Mystery Beautiful Clarity Perfect Portion Cherry on Top Mind Bridge Reality Sharing Participation Driver Quality in Details Expression Coordinator Discomfort Removing Significant Void Activation Switch Take-Home Gift Stage Building Reminders of Success Construction of Confidence Presentership Best Effort Personally for You Invitation to the World Improvised Presentation Reflecting Forwards Unique Presenter Aesthetics of Presenting Be Authentic! [Survival Language] Survival Action Gift Safe Sleep Zone Storage Area Door Space Reverse L-Shape Lock Biting Lock Roots of TV Extrastock Daily Use of Reserves Crowbar Life over Furniture Evacuation Before Fire-Fighting Armadillo Pose Cover and Lock Kick Signal Evacuation Initiator Repetition of Better Decision [Change Making Patterns] Know Yourself Yes, and Energy Checkup Microvision Trust Your Instinc Idol Imitation Juice Work and Life Frontiership Detective Eyes Market Research 3W1H Leverage Point Field Diving Quick Actions Training for Innovation Sustainable System Root Rediscovery Roadmap to the North Star Success Prototyping Invite Aliens Excitement Delivery Trusteam Stage Setting Pile of Efforts Obsession with Everything Inspire Evangelists Passion Teller Outcome Measurer Outcome Measurer Medium Communication Idea Catcher Professionalism [Generative Beauty] Make Magic! Charming Point Superstar Starting Item [Pattern Illustrating Pattern Pattern Illustrating Can-Do List Daily Chore Self-Reflecting Room Favorite Place Voice of Experience Turning the Tide Live in the Moment Self-Intro Album Own Way of Expressing Gift of Words Going Together Team Leader Family Expert The Three Consultants Disclosing Chat Chance to Shine Preparation for the Dream Make it Funny Usual Talk The Seen World Personal Time Emotion Switch Casual Counseling Special Day Generational Mix The Amusement Committee Hint of Feelings Job-Specific Contributions On-the-Spot Helper Encouraging Supporter Personal Connections Mix-Up Event Inventing Jobs Delivering the Voice Warm Design [Collaboration Patterns] Creative Collaboration Mission for the Future Innovative Ways Create a Legend Growth Spiral Sympathetic Union Vinyl Lavatory Breaker Off Contact by Any Means Return of Growth Spontaneous Commitments Loose Connections Vulnerability Disclosure Words of Thanks Emergence Vigor Loaf of Time Collaborative Field Activity Footprints Chaotic Path to Breakthrough Ideas Taking Shape Inside Innovator Roadmap to the Goal Improvised Roles Spadework for Creativity Power to Change the World Quality Line Creative Clashes Generative Destruction Beyond Expectations Project Followers Strategic Developments Context of the World Endurance to Continue Creating Polishing Senses [Words For a Journey] A New Journey The First Step Departure Announcement Personal Attributes Guaranteed Fashion Hint Harvesting Metamorphosis Cinderella Makeover Go Natural Small Accomplishments Treat Time Positive Thinking Courage to Leave Compatibility Test Smart Shopper Good Care Balanced Diet Body Cycle Tomorrow’s Body Shape Fateful Encounters Personal Wonderland Concept of the Brand The Secret Ingredient Lavish Makeover Dream Day Growing with Love Cheer-up Cookies Spice it up! Boot Button Ignition Question Feel the Soul Various Sides Space Out Back to the Start Power from the Past Role Model Be Passionate! My Story Live Thoroughly Luminous Intellect Deep Inner Calm Candid Sentiments Noticing Mind Essential Message Moving Characters Symbolic Representation Center Words Hunting Overall Rough Sketch Sketches of Details Image of Motion Word Association Game Deciding the Amount Layout of Space Instinct Direction Zooming Out Lively Peak Capture Acting Illustrator Time Symbol Mood Unity Consistent Story Composition Differentiation Strangeness Busters Simple Illustration Illustration Fans Intriguing Doodles External Inspiration Third Person View Polishing Word Sense Stock of Expressions Improving by Drawing [Holistic Pattern-Mining] Holistic Pattern Mining Element Mining My Own Experience Posting Notes Describe it Thoroughly Re-Mining Visual Clustering Deep Connections Dyadic Comparison Balance the Islands これまで10年で 30以上のテーマで 1000以上のパターン
  24. 24. 『プレゼンテーション・パターン:創造を誘発する表現のヒント』 (井庭崇+井庭研究室, 慶應義塾大学出版会, 2013)
  25. 25. 『プロジェクト・デザイン・パターン:企画・プロデュース・新規事業に 携わる人のための企画のコツ32』(井庭 崇 , 梶原 文生, 翔泳社, 2016)
  26. 26. 『旅のことば:認知症とともによりよく生きるためのヒント』 (井庭崇・岡田誠 編著, 慶應義塾大学 井庭崇研究室 × 認知症フレンドリージャパン・ イニシアチブ 著, 丸善出版, 2015年5月) 中国語でも翻訳 出版されました
  27. 27. パターン・ランゲージ を使うと何ができるのか?
  28. 28. experience as a whole experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Vocabulary for Communication pattern パターン・ランゲージは対話のための語彙となる
  29. 29. 38 セルフプロデュース 22. 探究への情熱 39 突き抜ける 34. 自分で考える 36. 捨てる勇気 35. 目的へのアプローチ 32. 教えることによる学び 33. 断固たる決意 29. 偶有的な出会い 28. 学びの共同体をつくる 31. はなすことでわかる3. 学びをひらく 7. アウトプット から始まる学び 8. 外国語の普段使い 9. 学びのなかの遊び 13. 身体で覚える 14. 言語のシャワー 15. 成長の発見 10. 学びの竜巻 11. 知のワクワク! 12. 量は質を生む 18. フィールドに飛び込む 17. プロトタイピング 16. 動きのなかで考える 19. 鳥の眼と虫の眼 21. 広げながら 掘り下げる 20. 隠れた関係性から学ぶ 23. 右脳と左脳のスイッチ 24. 小さく生んで大きく育てる 37. フロンティア・アンテナ 25. 魅せる力 27. ゴール前のアクセル 26.「書き上げた」は道半ば 30. ライバルをつくる 0. 創造的な学び 5. まねぶことから 4. まずはつかる6. 教わり上手になる 1. 学びのチャンス 2. つくることによる学び 慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス (SFC) 総合政策学部・環境情報学部・看護医療学部 創造的な学びのパターン・ランゲージ patternsラーニング・パターン 2017 ラーニング・パターン 創造的な学びのパターン・ランゲージ
  30. 30. 慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス) 総合政策学部・環境情報学部・看護医療学部 これまで7年間、全1年生(約 1,000人)が入学直後に、 創造的な学びのパターン・ランゲージ「ラーニング・パターン」を学んでいる。
  31. 31. コラボレーション・パターンを用いた対話(企業・NPOの方々)
  32. 32. experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Glasses of Recognition パターン・ランゲージは「認識のメガネ」となる
  33. 33. プレゼンテーション・パターンを用いた プレゼンテーションの分析(高校生)
  34. 34. What Why How Who When Where 何を 誰が なぜ どこでいつ どのように 「つくる」ことの 本質的な一部 「つくる」ことの 背景にあたる部分 Who When Where 誰が どこでいつ What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように pattern pattern pattern pattern パターン・ランゲージは 実践・発想・改善に活かすことができる
  35. 35. プレゼンテーション・パターンを用いた プレゼンの改善(大学生・大学院生)
  36. 36. 認知症とともによりよく生きるための「旅のことば」を用いた 商品・サービスの発想(大学生)
  37. 37. "Pattern-Driven Idea Generation: Inventing New Supporting Systems for People with Dementia" 認知症とともによりよく生きるための「旅のことば」を用いた 情報システムの発想(国際学会)
  38. 38. What Why How Who When Where 何を 誰が なぜ どこでいつ どのように 「つくる」ことの 本質的な一部 「つくる」ことの 背景にあたる部分 Who When Where 誰が どこでいつ What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのよう に What Why How 何を なぜ どのよう に What Why How 何を なぜ どのように pattern pattern pattern pattern 対話のための語彙となる 「認識のメガネ」となる 実践・発想・改善に活かすことができる パターン・ランゲージは experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Glasses of Recognition experience as a whole experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Vocabulary for Communication pattern
  39. 39. ラーニング・パターン 創造的な学びの パターン・ランゲージ 38 セルフプロデュース 22. 探究への情熱 39 突き抜ける 34. 自分で考える 36. 捨てる勇気 35. 目的へのアプローチ 32. 教えることによる学び 33. 断固たる決意 29. 偶有的な出会い 28. 学びの共同体をつくる 31. はなすことでわかる3. 学びをひらく 7. アウトプット から始まる学び 8. 外国語の普段使い 9. 学びのなかの遊び 13. 身体で覚える 14. 言語のシャワー 15. 成長の発見 10. 学びの竜巻 11. 知のワクワク! 12. 量は質を生む 18. フィールドに飛び込む 17. プロトタイピング 16. 動きのなかで考える 19. 鳥の眼と虫の眼 21. 広げながら 掘り下げる 20. 隠れた関係性から学ぶ 23. 右脳と左脳のスイッチ 24. 小さく生んで大きく育てる 37. フロンティア・アンテナ 25. 魅せる力 27. ゴール前のアクセル 26.「書き上げた」は道半ば 30. ライバルをつくる 0. 創造的な学び 5. まねぶことから 4. まずはつかる6. 教わり上手になる 1. 学びのチャンス 2. つくることによる学び
  40. 40. 学びのチャンス つくることによる学び 学びをひらく まずはつかる まねぶことから 教わり上手になる アウトプットから始まる学び 外国語の普段使い 学びのなかの遊び 学びの竜巻 知のワクワク! 量は質を生む 身体で覚える 言語のシャワー 成長の発見 動きのなかで考える プロトタイピング フィールドに飛び込む 鳥の眼と虫の眼 隠れた関係性から学ぶ 広げながら掘り下げる 探究への情熱 右脳と左脳のスイッチ 小さく生んで大きく育てる 魅せる力 「書き上げた」は道半ば ゴール前のアクセル 学びの共同体をつくる 偶有的な出会い ライバルをつくる はなすことでわかる 教えることによる学び 断固たる決意 自分で考える 目的へのアプローチ 捨てる勇気 フロンティア・アンテナ セルフプロデュース 突き抜ける コア 学び始め 実践のなか の学び 学びの 連鎖 鍛錬 実行力 深みのある 発想つくる力 仕上げ 学びの仲間 対人のなか の学び 自省 突き抜け Learning Patterns: 経験チャート
  41. 41. Learning Patterns: 「経験があるパターン」 緑:経験がある
  42. 42. Learning Patterns: 「経験があるパターン」と「これから取り入れたいパターン」 緑:経験がある 黄:取り入れたい
  43. 43. Learning Patterns: 「経験があるパターン」と「これから取り入れたいパターン」 【1年生始め】 緑:経験がある 黄:取り入れたい
  44. 44. Learning Patterns: 「経験があるパターン」と「これから取り入れたいパターン」 緑:経験がある 黄:取り入れたい
  45. 45. Learning Patterns: 「経験があるパターン」と「これから取り入れたいパターン」 濃い緑:経験がある 薄い緑:1年後
  46. 46. Learning Patterns: 「経験があるパターン」の変化 【1年生始め】→【2年生始め】
  47. 47. パターン・ランゲージのつくりかた
  48. 48. 対象領域における「経験則」を「言語化」したもの
   = 成功に潜む共通パターンを言語(ランゲージ)化する パターン・ランゲージ(Pattern Language) 経験 経験 経験 経験経験 経験 経験 経験 経験 パターン パターン 経験
  49. 49. Presentation Patterns Project, Iba Lab. 2011@Keio University プレゼンテーション・パターンができるまで The Making Story of the Presentation Patterns
  50. 50. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  51. 51. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  52. 52. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  53. 53. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  54. 54. 対象領域における「経験則」を「言語化」したもの
   = 成功に潜む共通パターンを言語(ランゲージ)化する パターン・ランゲージ(Pattern Language) 経験 経験 経験 経験経験 経験 経験 経験 経験 パターン パターン 経験
  55. 55. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  56. 56. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  57. 57. 書籍『旅のことば:認知症とともによりよく生きるためのヒント』 (井庭崇・岡田誠 編著, 慶應義塾大学 井庭崇研究室 × 認知症フレンド リージャパン・イニシアチブ 著, 丸善出版, 2015年5月)
  58. 58. Interviewed with the person with Dementia and their family
  59. 59. Made groups of similar problems / similar solutions
  60. 60. 書籍『プロジェクト・デザイン・パターン:企画・プロデュース・新規事業 に携わる人のための企画のコツ32』(井庭 崇 , 梶原 文生, 翔泳社, 2016)
  61. 61. 対象領域における「経験則」を「言語化」したもの
   = 成功に潜む共通パターンを言語(ランゲージ)化する たくさんのパターンで構成されていて、それぞれのパターン を指し示す「言葉」が定義されている それらの言葉によって、「認識」「思考」「コミュニケー ション」を支援する パターン・ランゲージ(Pattern Language)
  62. 62. Pattern Language Innovators Summit Tokyo, Japan 2017.9.9
  63. 63. https://www.facebook.com/groups/1777792039184957/ PLIN(パターン・ランゲージ・イノベーターズ・ネットワーク)
  64. 64. https://www.facebook.com/groups/244243222597370/ 『旅のことば』をみんなで使おう!

×