Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
一生役立つ
3つのライティング本
株式会社ビープラウド
佐藤治夫
2017/10/31
@BPLL#14
今の時代、人を動かすための文章を書く場面が増えてきた
インターネットの広がり、コミュニティの広がり = 個人が情報を発信する時代の訪れ
↓
・ブログ
・スライド
・勉強会のイベントページ
・雑誌記事、書籍
・企画書(社内、クラウドファンディング...
「人を動かす」といっても、大げさなことではありません
・興味を持つ
・動かしてみたいと思う
・読んでみたいと思う
・行ってみようと思う
・登録しようと思う
・買おうと思う
・SNSのいいね、シェア
など
人を動かすための文章の難しさ
・要件定義の文書
・仕事相手とのメール
・Slackなどチャットの会話
・ブログ、Qiita(自分のメモ)
・ブログ
・スライド
・勉強会のイベントページ
・商品のランディングページ(LP)
・雑誌記事、書籍
・企...
内容が伝わるだけで良い文章の目的
【ToBe】
【AsIs】
離脱
理解した
よく分からない
どうしたら良いか分からない
内容を知りたい
読みにくい
理解できない
人を動かすための文章の目的
【ToBe】
【AsIs】
離脱
理解した
興味が生まれた
参加したい
購入したい
よく分からない
どうしたら良いか分からない
内容を知りたい
テーマに興味はある
読みにくい
理解できない
興味をひかない
・書きたいことはあるが、良い文章を書こうとして、手が止まる
・書いてみたが、人に読ませられる文章ではない(自分のメモレベル)
・小学生の作文のような文章になってしまう
・ボリュームを増やせない
・しっかり書こうとすると膨大な時間がかかってしまう...
ブログ、僕も書けませんでした。。
「ビープラウド社長のブログ」(http://shacho.beproud.jp/) の投稿数
量を書いて、文章力をつけようとしていた時期
→ 量を書いたが、結局書けるようにならなかった
→ 量を書いても、質に転...
スライドも。。。
勉強会などでの登壇の依頼
↓
土日をフルに使って、苦労し、身を削る思いでスライドをつくる
ライティングの本で独学した効果
←はてなブックマーク 614( 2017年8月17日)
←はてなブックマーク 545( 2017年7月18日)
←はてなブックマーク 434( 2017年6月15日)
←はてなブックマーク 74( 2017年7月...
ライティングの本で独学した効果その2
テーマの違う5件の登壇(1ヶ月で5件)を乗り切った(2017/7/28〜2017/8/31)
2017/7/28
Developers Summit 2017
Summer
2017/8/9
みんなのPyt...
学んだもの
エンパシーライティング
やってみたことと効果
テンプレートを書籍から印刷、付箋を使って作成
↓
(効果)
はてなブックマーク 434( 2017年6月15日)
→ 書く内容の質があがった
(問題点)
・紙の持ち運びが面倒くさい、付箋がはがれる
・不明点がある時に書籍を...
ブログの「量」と「質」が増えて
「書く時間」が短縮された!
一生役立つ
3つのライティング本
今日知ってほしいこと
文章を書くスキルは
プログラミングスキルと共通している
なぜ、そう思ったか?
3冊の書籍がある共通の内容を主張していた
プログラミングの工程
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
誰にとって
何が嬉しいか?
(Why)
読みやすいよう
にプログラムを
整える
何をつくるか?
(What)
どのようにつくるか?
(How)
書く
プログラミングの初心者が陥るバッドパターン
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
誰にとって
何が嬉しいか?
(Why)
読みやすいよう
にプログラムを
整える
何をつくるか?
(What)
どのようにつくるか...
エンパシーライティングのプロセス
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
①ゴール設定
エンパシーライティングのプロセス
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
①ゴール設定
②対象者
②ポジティブなセリフ
文章を読んでどのようなことを言うか
エンパシーライティングのプロセス
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
③ポジティブな感情
文章を読んでどのような感情になったか
エンパシーライティングのプロセス
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
④あなたが相手に求める行動
エンパシーライティングのプロセス
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
⑤ポジティブへの言葉がけ
どのようなことを伝えたから
ポジティブな感情になったのか
エンパシーライティングのプロセス
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
⑥ネガティブな感情
ポジティブな感情の真逆の
感情を書く
つまらない←→面白い
エンパシーライティングのプロセス
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
⑦ネガティブなセリフ
エンパシーライティングのプロセス
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
⑧ネガティブの背景・本
音
エンパシーライティングのプロセス
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
⑨ネガティブへの言葉が
け
ネガティブな感情の人に
どのようなことを伝えて
話を聞いてもらうか
エンパシーライティングのプロセス
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
⑩テーマ・タイトル
全体に対してタイトル
を設定する
ここまでで以下が完了
・つくる目的を定める
・要件定義
ここまでの完成サンプル
↑付箋紙
↑付箋紙
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
エンパシーライティングのプロセス
何をどのような順番で伝えれば
読者がToBeの状態になるか(=文章の設計)
目次に該当する
【ToBe】
【AsIs】
要件定義 設計 プログラミング リファクタリング
つくる目的
を定める
エンパシーライティングのプロセス
設計に従って書く
エンパシーライティング(まとめ)
素材集め 組み立てる 書く
読みやすく
整える
書く目的と
読者を定める
素材のもと素材のもと
伝える順番
を構成する
構成に従って書く
超スピード文章術
素材集め 組み立てる
一気に
書き上げる
(粗々で書く)
読みやすく
整える
・何を書くかに集中する。
どうやって書くかは考えない
・誤字も表現も気にしない。
トップスピードで書く
・多く書いて、あとで削る
読みやすい文章を書...
材料集め
文章の
組み立て
書く
読みやすく
整える
文書の役割確認
主題の選定
目標規定文
2.2 文書の役割の確認
2.3 主題の選定
2.4 目標規定文
2.5 材料集め 3. 文章の組み立て
4. パラグラフ
5. 文の構造と文章の流れ...
まとめ
・プログラミングとライティングの共通点
→工程を分けて、それぞれに集中しよう
(同時にできるのは相当の達人レベル)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

一生役立つ3つのライティング本

1,665 views

Published on

2017年10月31に開催された BPLL#14 ( https://bpstudy.connpass.com/event/68315/ )の資料です。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

一生役立つ3つのライティング本

  1. 1. 一生役立つ 3つのライティング本 株式会社ビープラウド 佐藤治夫 2017/10/31 @BPLL#14
  2. 2. 今の時代、人を動かすための文章を書く場面が増えてきた インターネットの広がり、コミュニティの広がり = 個人が情報を発信する時代の訪れ ↓ ・ブログ ・スライド ・勉強会のイベントページ ・雑誌記事、書籍 ・企画書(社内、クラウドファンディングなど) ・商品のランディングページ(LP) etc... インターネット、コミュニティが拡がる前は、 人を動かすための文章を書くことは、一部の人がすることだった IT業界は 他の業界にさきがけて この傾向が進んでいる
  3. 3. 「人を動かす」といっても、大げさなことではありません ・興味を持つ ・動かしてみたいと思う ・読んでみたいと思う ・行ってみようと思う ・登録しようと思う ・買おうと思う ・SNSのいいね、シェア など
  4. 4. 人を動かすための文章の難しさ ・要件定義の文書 ・仕事相手とのメール ・Slackなどチャットの会話 ・ブログ、Qiita(自分のメモ) ・ブログ ・スライド ・勉強会のイベントページ ・商品のランディングページ(LP) ・雑誌記事、書籍 ・企画書(社内、クラウドファンディングなど) 前提:内容に興味あり、離脱しにくい ↓ 必要なこと ・読みやすい ・相手に内容が伝わる 前提:内容に興味なし、途中で離脱する ↓ 必要なこと ・相手の興味をひく ・内容を知りたくなる ・読みやすい ・相手に内容が伝わる 【人を動かすための文章】【内容が伝わるだけで良い文章】
  5. 5. 内容が伝わるだけで良い文章の目的 【ToBe】 【AsIs】 離脱 理解した よく分からない どうしたら良いか分からない 内容を知りたい 読みにくい 理解できない
  6. 6. 人を動かすための文章の目的 【ToBe】 【AsIs】 離脱 理解した 興味が生まれた 参加したい 購入したい よく分からない どうしたら良いか分からない 内容を知りたい テーマに興味はある 読みにくい 理解できない 興味をひかない
  7. 7. ・書きたいことはあるが、良い文章を書こうとして、手が止まる ・書いてみたが、人に読ませられる文章ではない(自分のメモレベル) ・小学生の作文のような文章になってしまう ・ボリュームを増やせない ・しっかり書こうとすると膨大な時間がかかってしまう ・魅力的な表現ができない ・他の人の反論が怖い、めんどくさい ・人を操作するようなテクニックで煽るような文章を書きたくないという心理的抵抗 etc… 人を動かす文章を書くときに起こる問題、書かない理由
  8. 8. ブログ、僕も書けませんでした。。 「ビープラウド社長のブログ」(http://shacho.beproud.jp/) の投稿数 量を書いて、文章力をつけようとしていた時期 → 量を書いたが、結局書けるようにならなかった → 量を書いても、質に転化しない(転化する人もいるかも知れないけど) ブログエントリー数低下 ← 1月にも書かずに、3、4,5月の3か月で0件 ←ライティングの本で独学してみた
  9. 9. スライドも。。。 勉強会などでの登壇の依頼 ↓ 土日をフルに使って、苦労し、身を削る思いでスライドをつくる
  10. 10. ライティングの本で独学した効果 ←はてなブックマーク 614( 2017年8月17日) ←はてなブックマーク 545( 2017年7月18日) ←はてなブックマーク 434( 2017年6月15日) ←はてなブックマーク 74( 2017年7月4日) ←はてなブックマーク 70( 2017年8月16日) 3か月で、はてなブックマークホットエントリー 3件
  11. 11. ライティングの本で独学した効果その2 テーマの違う5件の登壇(1ヶ月で5件)を乗り切った(2017/7/28〜2017/8/31) 2017/7/28 Developers Summit 2017 Summer 2017/8/9 みんなのPython 勉強会#27 2017/8/25 流山高校授業 2017/8/30 DDD Alliance 2017/8/31 BPStudy#120
  12. 12. 学んだもの エンパシーライティング
  13. 13. やってみたことと効果 テンプレートを書籍から印刷、付箋を使って作成 ↓ (効果) はてなブックマーク 434( 2017年6月15日) → 書く内容の質があがった (問題点) ・紙の持ち運びが面倒くさい、付箋がはがれる ・不明点がある時に書籍を読み返すのが面倒くさい iEmpathyという ツールがあるのを知る (1か月無料登録) iEmpathyを使う ↓ (効果) ①書く量が増えた PCで作業できるので開始時の心理的障壁が低くなった →「書き溜める」を気軽にできる→書く量が増えた ②書く時間の短縮 書籍の内容を読み返す手間がなくなった → 要点を画面上のホバーで確認できる キーボードを使えるので作業が速い
  14. 14. ブログの「量」と「質」が増えて 「書く時間」が短縮された!
  15. 15. 一生役立つ 3つのライティング本
  16. 16. 今日知ってほしいこと 文章を書くスキルは プログラミングスキルと共通している
  17. 17. なぜ、そう思ったか? 3冊の書籍がある共通の内容を主張していた
  18. 18. プログラミングの工程 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める 誰にとって 何が嬉しいか? (Why) 読みやすいよう にプログラムを 整える 何をつくるか? (What) どのようにつくるか? (How) 書く
  19. 19. プログラミングの初心者が陥るバッドパターン 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める 誰にとって 何が嬉しいか? (Why) 読みやすいよう にプログラムを 整える 何をつくるか? (What) どのようにつくるか? (How) 書く 使われないもの をつくってしまう プログラミングを始 めたあとに、 要件確認が発生して 開発スピードが落ち る。戻りが発生 最初からきれいなコードを 書こうとして手が動かなくなる。 動くものをつくれない 設計が悪く改修時 に「作り直したほ うが早い」と言わ れてしまう
  20. 20. エンパシーライティングのプロセス 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める ①ゴール設定
  21. 21. エンパシーライティングのプロセス 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める ①ゴール設定 ②対象者 ②ポジティブなセリフ 文章を読んでどのようなことを言うか
  22. 22. エンパシーライティングのプロセス 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める ③ポジティブな感情 文章を読んでどのような感情になったか
  23. 23. エンパシーライティングのプロセス 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める ④あなたが相手に求める行動
  24. 24. エンパシーライティングのプロセス 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める ⑤ポジティブへの言葉がけ どのようなことを伝えたから ポジティブな感情になったのか
  25. 25. エンパシーライティングのプロセス 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める ⑥ネガティブな感情 ポジティブな感情の真逆の 感情を書く つまらない←→面白い
  26. 26. エンパシーライティングのプロセス 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める ⑦ネガティブなセリフ
  27. 27. エンパシーライティングのプロセス 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める ⑧ネガティブの背景・本 音
  28. 28. エンパシーライティングのプロセス 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める ⑨ネガティブへの言葉が け ネガティブな感情の人に どのようなことを伝えて 話を聞いてもらうか
  29. 29. エンパシーライティングのプロセス 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める ⑩テーマ・タイトル 全体に対してタイトル を設定する ここまでで以下が完了 ・つくる目的を定める ・要件定義
  30. 30. ここまでの完成サンプル ↑付箋紙 ↑付箋紙
  31. 31. 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める エンパシーライティングのプロセス 何をどのような順番で伝えれば 読者がToBeの状態になるか(=文章の設計) 目次に該当する 【ToBe】 【AsIs】
  32. 32. 要件定義 設計 プログラミング リファクタリング つくる目的 を定める エンパシーライティングのプロセス 設計に従って書く
  33. 33. エンパシーライティング(まとめ) 素材集め 組み立てる 書く 読みやすく 整える 書く目的と 読者を定める 素材のもと素材のもと 伝える順番 を構成する 構成に従って書く
  34. 34. 超スピード文章術 素材集め 組み立てる 一気に 書き上げる (粗々で書く) 読みやすく 整える ・何を書くかに集中する。 どうやって書くかは考えない ・誤字も表現も気にしない。 トップスピードで書く ・多く書いて、あとで削る 読みやすい文章を書く7つのポイント ・一文を短くする ・スラスラ読めるリズムをつくる 「である」調をですます調に混ぜる ・「」の強調使用 ・順接の接続詞を使わない ・逆の接続詞で展開を生む ・難しい日本語を翻訳する ・リアリティを意識する ーーーーーーーーー ・形容詞を使わない →素材に置き換える ・慣用句を使わない ゼロから文章をつくろうとしない ビジネスパーソンが目指すもの:わかりやすくて、読者に役立つ文章(うまい文章は必要ない) 素材 素材の3要素 ①独自の事実 見たもの(→臨場感) コメント 自分の感覚(→説得力) ②数字 ③エピソード 表面上の目的から 真の目的まで掘り下げる 書く目的と 読者を定める (例) 表面上の目的:新商品のPR文 真の目的: ・商品の魅力を感じてもらう ・発売時期を強調したい (真の目的) その文章を読んだ読者に 何を感じてもらいたいのか? 読者を定める 書く目的を決める ・読者によって素材は変わる ・年齢や属性で特定の層をイメージする ・知り合いで読者になりそうな人を1人イメージする ・読者の興味と知識レベルを調べてから書く(相場観) サムい文章、自分がどう見られているか、配慮がある文章 素材を書き出す手間を省くと 素材が足りなくなって、 あとから素材を拾い集めに 戻ることになる 集めた素材をすべて 見える化する 目の前に読者がいるとして 話して伝えるなら、 どのような順番にするか? (意思疎通) ■書き出しでひきつけるために ・書き出しに常套句を使わない ・書き出しは作家に学んで良い ■まとめ オチにこだわらず まとめをかくと読後感が良い 全体から部分へ焦点を 移しながら修正する ①大きな論理と 適切な素材配置をチェック (問題点をピックアップするだけで 修正しない) ②説明不足を埋め「嫌悪感」を消していく ③語尾だけを見ながらリズムをつくっていく ④ボリューム調整 ⑤誤字脱字をチェックする 書く!
  35. 35. 材料集め 文章の 組み立て 書く 読みやすく 整える 文書の役割確認 主題の選定 目標規定文 2.2 文書の役割の確認 2.3 主題の選定 2.4 目標規定文 2.5 材料集め 3. 文章の組み立て 4. パラグラフ 5. 文の構造と文章の流れ 6.はっきり言い切る姿勢 7.事実と意見 8.わかりやすく簡潔な表現 理解系の作文技術
  36. 36. まとめ ・プログラミングとライティングの共通点 →工程を分けて、それぞれに集中しよう (同時にできるのは相当の達人レベル)

×