Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

匠Methodを学んで 私のここが変わった

1,152 views

Published on

2018年5月30日に開催されたBPStudy#129( https://bpstudy.connpass.com/event/84760/ ) のLT資料です。

Published in: Internet
  • Be the first to comment

匠Methodを学んで 私のここが変わった

  1. 1. 匠Methodを学んで 私のここが変わった 株式会社ビープラウド 佐藤治夫 2018/5/30 @BPStudy#129
  2. 2. 自己紹介 •名前 佐藤治夫(Sato Haruo) •株式会社ビープラウド代表取締役社長 •Twitter http://twitter.com/haru860 •connpass企画・開発・運営 •IT系勉強会 BPStudy 主催
  3. 3. 匠Methodとの出会い 2012年4月27日 BPStudy#57 萩本さんにお話いただく 2013年1月 匠道場に参加 →本格的に匠Methodを学び始める →全65回中64回参加 (目指すは「匠Methodの鉄人」)
  4. 4. Before=2014年以前 After =2015年以降(3年前)
  5. 5. 匠Methodを学んで ここが変わったその1 思考が速くなった
  6. 6. Before 要求 仕様 設計 実装 私の頭の中 情報
  7. 7. ・ステークホルダー ・問題・課題 ・価値 ・目的 ・ビジョン ・コンセプト ・戦略 ・業務要求 ・IT要求 ・活動
  8. 8. After IT 要求 仕様 設計 実装 私の頭の中 業務 要求価値 ビジ ョン コンセ プト 戦略 目的 情報 ステーク ホルダー
  9. 9. 情報 情報 【After】 【Before】 思考のレイヤリング
  10. 10. 匠Methodを学んで ここが変わったその2 製品開発で結果が出始めた
  11. 11. Before 要求アイデア 仕様 設計 ・ブレスト ・プロトタイプ、βリリースと検証 ・ユーザーインタビュー ・BusinessModelCanvasつくる → 迷子になる 実装 (得意なこと) 具体的な要求があれば 仕様→設計→実装に落として 実現できる
  12. 12. 製品開発の失敗。。(1引き分け挟む5連敗) ・Webストレージ(2009年)<終了> ・SiteBackStage(2010年)<終了> ・BPR(2011年)<終了> ・liblar(2011年)→譲渡 ・connpass(2011年)→他サイトの後塵 ・Publishers(2012年)→譲渡 匠Methodを学び始める(2013年)
  13. 13. After 要求アイデア 仕様 設計 実装 製品開発の プロセスで迷わなくなった
  14. 14. PV15倍以上 匠Method導入後
  15. 15. 2017年4月正式リリース 単月黒字 非公開
  16. 16. 新製品(開発中)
  17. 17. 匠Methodという価値創造プロセスの習得 ↓ 何度でも事業・サービスを創り出せる (再現可能性) 例えばザッカーバーグは、Facebookをまたつく れるか?
  18. 18. 匠Methodを学んで ここが変わったその3 自分のリーダーとしてのスタイルが見えた
  19. 19. Before ・リーダーは大所高所で・・・ ・現場に任せる? etc… リーダーとしての自分のスタンスに迷い
  20. 20. After ビジョン 価値創造のプロセス ②少し先を進み ビジョンの実現に導く 自分のスタイルがわかった ①チームの ビジョンを描く
  21. 21. キャリアデザイン ベースとなっているもの
  22. 22. これからの私の課題 ・問題発見力(解決すべき問題を見つける力) ・「外の価値」を創り、価値を世の中に拡げる力 1→100にする力 ・価値発見力 「それは価値が高い」と認識できる瞬発力
  23. 23. 目標 匠Method世の中に広まって欲しい ↓ (そのために)圧倒的な成果を出し ↓ 世界の中心で「匠Methodのおかげです。」と叫ぶこと
  24. 24. まとめ 匠Methodを学んで私のここが変わった ①思考が速くなった(思考のレイヤリング) ②製品開発で結果が出るようになった ③自分のリーダーとしてのスタイルが見えた
  25. 25. 匠Methodを学んで 己の超変革が進んだ
  26. 26. ご清聴ありがとうございました

×