SlideShare a Scribd company logo
1 of 66
Download to read offline
1
続・BIM Importer
田村 尚希 / 株式会社 ディックス
中村 薫 / 株式会社 ホロラボ
桑山 優樹 / 株式会社 桑山瓦
2
はじめに
3
本日は、お忙しい所誠に有難うございます
本年もBIM Importerに関する講演を実施
✓ 昨年から進化した点
✓ ユーザー事例
はじめに
4
ご存知の方もいらっしゃいますが…
Unity BIM Importer
大人の事情で「Unity」の冠が外れました…
とわいえ、引き続き協力関係にあります!!
アジェンダ
5
1. BIM Importerとは?
2. BIM Importerのシステム紹介
3. ユーザー事例紹介
・ ホロラボ様事例: HoloLens中心
・ 桑山瓦様事例: VR事例中心
4. BIM Importerの今後
5. まとめ
アジェンダ
6
1. BIM Importerとは?
2. BIM Importerのシステム紹介
3. ユーザー事例紹介
4. BIM Importerの今後
5. まとめ
BIM ?
7
BIM : Building Information Modeling
コスト
施主
設計
施工
図面
仕様
スケジュール
3D
製作
8
BIM → Unity ?
9
BIM Unity
10
表現
xR
UI / UX
AI
BIM Unity
11
UnityBIM部材数 ポリゴン数
12
BIM UnityBIM Importer
13
アジェンダ
14
1. BIM Importerとは?
2. BIM Importerのシステム紹介
3. ユーザー事例紹介
4. BIM Importerの今後
5. まとめ
2. BIM Importerのシステム紹介
15
・ システム概要
・ 操作手順
・ 製品特徴
・ 昨年度からの改善点
・ ライセンス形態 / 価格
2. BIM Importerのシステム紹介
16
・ システム概要
・ 操作手順
・ 製品特徴
・ 昨年度からの改善点
・ ライセンス形態 / 価格
専用 Importer
データ入力
※ BIM Importer は、あくまでディックス開発のVizitViewer専用ファイルを取り込みます
BIMのオリジナルデータを取り込むものではありません
VizitViewer
専用ファイル
(VZT)
VizitExporter
VizitViewer
(外部ビューア)
既に製品として多数の
利用実績がある
⇒ 高品質なデータ出力
Revit / ARCHICAD
Rhinoceros / Grasshopper
Navisworks
17
BIM Importer
2. BIM Importerのシステム紹介
18
・ システム概要
・ 操作手順
・ 製品特徴
・ 昨年度からの進化
・ ライセンス形態 / 価格
操作手順1: BIMからのデータ出力
Revit でのデータ出力 ARCHICAD でのデータ出力
Rhinoceros でのデータ出力 Navisworks でのデータ出力
19
操作手順1: BIMからのデータ出力
Revit でのデータ出力 ARCHICAD でのデータ出力
Rhinoceros でのデータ出力 Navisworks でのデータ出力
20
BIMデータを簡単にUnityに取り込める!!
操作手順2: Unityで利用
21
2. BIM Importerのシステム紹介
22
・ システム概要
・ 操作手順
・ 製品特徴
・ 昨年度からの進化
・ ライセンス形態 / 価格
形状・マテリアル・テクスチャデータがBIMから高品質で渡る!!
特徴1: 高品質・高速な出力
23
Revitからのデータ出力: 224秒
Unityへのデータ入力: 55秒
※ Revitで物件を開く時間: 64秒
特徴1: 高品質・高速な出力
24
BIM Importerでは、マテリアル毎にメッシュを自動マージ
特徴2: Unity上での円滑な動作
25
BIMで設定した照明をUnityライトに自動配置
特徴3: ライト出力・ライトマップベイク対応
26
2. BIM Importerのシステム紹介
27
・ システム概要
・ 操作手順
・ 製品特徴
・ 昨年度からの進化
・ ライセンス形態 / 価格
昨年度からの進化
28
・ プロパティ表示
・ 図面表示
・ 対応製品の拡充
・ 教育機関版の整備
昨年度からの進化
29
・ プロパティ表示
・ 図面表示
・ 対応製品の拡充
・ 教育機関版の整備
・ プロパティ表示
・ 図面表示
・ 対応製品の拡充
⇒ Rhinoceros / Grasshopper / Navisworks に対応
・ 教育機関版の整備
昨年度からの進化
30
昨年度からの進化
31
・ プロパティ表示
・ 図面表示
・ 対応製品の拡充
⇒ Rhinoceros / Grasshopper / Navisworks に対応
・ 教育機関版の整備
⇒ Unity教育機関ライセンス専用の無償版を用意
2. BIM Importerのシステム紹介
32
・ システム概要
・ 操作手順
・ 製品特徴
・ 昨年度からの進化
・ ライセンス形態 / 価格
ライセンス形態 / 価格
33
提供ライセンス形態:
・ スタンドアローン: 単一PCで利用
・ フローティング: 複数のPCで共用可能
価格:
・ スタンドアローン: 年 30,000 円 / ライセンス
・ フローティング: 年 45,000 円 / ライセンス
※ フローティングライセンスは3ライセンスより契約可能です
アジェンダ
34
1. BIM Importerとは?
2. BIM Importerのシステム紹介
3. ユーザー事例紹介
・ ホロラボ様事例: HoloLens中心
・ 桑山瓦様事例: VR事例中心
・ Unity VR Archi Contest 2019
4. BIM Importerの今後
5. まとめ
HoloLensとBIMを使った
BIM Importerの活用事例
株式会社ホロラボ
中村 薫
HoloLens
Mixed Reality (MR)
MR(Mixed Reality)
37
https://en.wikipedia.org/wiki/Mixed_reality
Real
Environment
Augmented
Reality (AR)
Virtual
Environment
Augmented
Virtuality (AV)
AR/VR/MR
38
Real world
Computer generated
Virtual Reality
(VR)
Augmented Virtuality
(AV)
Augmented Reality
(AR)
Real
Mixed Reality
(MR)
事例1
ARCHICADデータを使って
BIMデータとプロパティを閲覧する
(鹿島建設様)
39
ARCHICADデータをUnityに取り込む
40
BIMImporterPropertyViewer.csを元に
HoloLens用に少しだけコードを実装
注意
41
— これから流すビデオは主観で撮影したものです。気分が悪くなる
などしたら目をそらしてください。
42
事例2
Revitデータを使って
UTJオフィスを重畳
43
44
45
RealとVirtualの度合いによる変化
46
Real world
Computer generated
Virtual Reality
(VR)
Augmented Virtuality
(AV)
Augmented Reality
(AR)
Real
Mixed Reality
(MR)
mixpace(ミクスペース)
47
mixpace(ミクスペース)
48
https://biz.cas.softbank.jp/mixpace/
mixpace iOS版/Oculus Quest版(Beta)
AR VR MR
設計をVRで確認
BIM Importerの活用事例
株式会社 桑山瓦
桑山 優樹
50
51
2016年 VR制作サービス開始
伊勢古市参宮街道資料館「大安旅館VR」etc
2018年 BIM Importer導入
業務改善率 最大40%
モデル変換時間:1~3日 → 1分~8分
建築VR
52
設計検討
・ 設計確認(意匠、日影、見えない所の確認)
・ 設計者とクライアントの意思疎通向上
施工検討
・ 図面表示
・ 危険個所の確認
53
発注者:学校法人中央工学校
BIMデータ:田中土建工業株式会社
制作の流れ
54
BIMデータ受領
↓
BIM Importer で Unity に取り込む
↓
VRコンテンツ(.exe)を納品
55
Unity VR Archi Contest 2019
56
BIM Importerを利用したコンテストを実施
アジェンダ
57
1. BIM Importerとは?
2. BIM Importerのシステム紹介
3. ユーザー事例紹介
4. BIM Importerの今後
5. まとめ
BIMデータの更なる活用
58
ノードツリーをユーザーが自由に指定出来るにしたい
予定1: メッシュマージ方法の指定
59
現状は全てStanderd ShaderかつAlbedo Mapのみ反映
予定2: マテリアルの強化
60
・ 切断機能の標準提供
・ 部材単位のハイライト表示
予定3: 細部のブラッシュアップ
61
予定4: 対応製品の拡張
BIM Importer for 3dsMax を開発着手
・ 高品質な入力
・ 図面取り込み
・ Vrayマテリアル
・ 四角形ポリゴン化
62
アジェンダ
63
1. BIM Importerとは?
2. BIM Importerのシステム紹介
3. ユーザー事例紹介
4. BIM Importerの今後
5. まとめ
まとめ
64
本日はBIM Importerの現状を共有致しました
BIM Importerは今後も進化を続けます!!
是非皆様にお使い頂ければ幸いです!!
告知
65
11月に体験会を開催予定!!
(Holo2も間に合ったら良いな…)
詳細決まりましたら、SNS/Unity AECブログ
等で告知致します!!
66
ご清聴有難うございました!!
製品HP: https://www.dix.ne.jp/departs/it/bimimporter/
評価版DL: https://www.dix.ne.jp/trial/

More Related Content

What's hot

【Unite Tokyo 2019】Unity Monetization SDKでできることと使い方
【Unite Tokyo 2019】Unity Monetization SDKでできることと使い方【Unite Tokyo 2019】Unity Monetization SDKでできることと使い方
【Unite Tokyo 2019】Unity Monetization SDKでできることと使い方UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場 自動車編】トヨタのxR活用で進める現場DXへの挑戦 ~UnityとHoloLens 2を用いて~
【Unity道場 自動車編】トヨタのxR活用で進める現場DXへの挑戦 ~UnityとHoloLens 2を用いて~【Unity道場 自動車編】トヨタのxR活用で進める現場DXへの挑戦 ~UnityとHoloLens 2を用いて~
【Unity道場 自動車編】トヨタのxR活用で進める現場DXへの挑戦 ~UnityとHoloLens 2を用いて~UnityTechnologiesJapan002
 
【Unite Tokyo 2019】データよりも面白さ? 芸者東京に学ぶ!グローバルでヒットするハイパーカジュアルゲームの作り方
【Unite Tokyo 2019】データよりも面白さ? 芸者東京に学ぶ!グローバルでヒットするハイパーカジュアルゲームの作り方【Unite Tokyo 2019】データよりも面白さ? 芸者東京に学ぶ!グローバルでヒットするハイパーカジュアルゲームの作り方
【Unite Tokyo 2019】データよりも面白さ? 芸者東京に学ぶ!グローバルでヒットするハイパーカジュアルゲームの作り方UnityTechnologiesJapan002
 
BIMを活用? 現場環境をアプリで再現・管理する取り組みとその効果
BIMを活用? 現場環境をアプリで再現・管理する取り組みとその効果BIMを活用? 現場環境をアプリで再現・管理する取り組みとその効果
BIMを活用? 現場環境をアプリで再現・管理する取り組みとその効果UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity Reflect】足りない要素を追加してみよう~開発導入編~
【Unity Reflect】足りない要素を追加してみよう~開発導入編~【Unity Reflect】足りない要素を追加してみよう~開発導入編~
【Unity Reflect】足りない要素を追加してみよう~開発導入編~Unity Technologies Japan K.K.
 
ロボット「toio」をUnityで自在に制御!「toio SDK for Unity 」の紹介
ロボット「toio」をUnityで自在に制御!「toio SDK for Unity 」の紹介ロボット「toio」をUnityで自在に制御!「toio SDK for Unity 」の紹介
ロボット「toio」をUnityで自在に制御!「toio SDK for Unity 」の紹介UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場 自動車編】HMIにおけるUnity活用事例
【Unity道場 自動車編】HMIにおけるUnity活用事例【Unity道場 自動車編】HMIにおけるUnity活用事例
【Unity道場 自動車編】HMIにおけるUnity活用事例UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場 名古屋SP】HMI及び自動運転におけるUnity活用事例
【Unity道場 名古屋SP】HMI及び自動運転におけるUnity活用事例【Unity道場 名古屋SP】HMI及び自動運転におけるUnity活用事例
【Unity道場 名古屋SP】HMI及び自動運転におけるUnity活用事例Unity Technologies Japan K.K.
 
【Unite Tokyo 2019】トヨタのxR活用事例ご紹介
【Unite Tokyo 2019】トヨタのxR活用事例ご紹介【Unite Tokyo 2019】トヨタのxR活用事例ご紹介
【Unite Tokyo 2019】トヨタのxR活用事例ご紹介UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場 教育編】さまざまに広がるUnityの世界 2021
【Unity道場 教育編】さまざまに広がるUnityの世界 2021【Unity道場 教育編】さまざまに広がるUnityの世界 2021
【Unity道場 教育編】さまざまに広がるUnityの世界 2021UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場 建築スペシャル2】UnityJapanOffice 丸裸SP
【Unity道場 建築スペシャル2】UnityJapanOffice 丸裸SP【Unity道場 建築スペシャル2】UnityJapanOffice 丸裸SP
【Unity道場 建築スペシャル2】UnityJapanOffice 丸裸SPUnityTechnologiesJapan002
 
【Unite Tokyo 2018】HoloLens/Unityによる産業向けAR/VR開発の勘所とソリューション
【Unite Tokyo 2018】HoloLens/Unityによる産業向けAR/VR開発の勘所とソリューション【Unite Tokyo 2018】HoloLens/Unityによる産業向けAR/VR開発の勘所とソリューション
【Unite Tokyo 2018】HoloLens/Unityによる産業向けAR/VR開発の勘所とソリューションUnityTechnologiesJapan002
 
【Unite Tokyo 2019】開発から運用まで、デベロッパーをサポートするUnity Services
【Unite Tokyo 2019】開発から運用まで、デベロッパーをサポートするUnity Services【Unite Tokyo 2019】開発から運用まで、デベロッパーをサポートするUnity Services
【Unite Tokyo 2019】開発から運用まで、デベロッパーをサポートするUnity ServicesUnityTechnologiesJapan002
 
Webプログラマの為のUnity入門
Webプログラマの為のUnity入門Webプログラマの為のUnity入門
Webプログラマの為のUnity入門Yusuke Ando
 
Unityでお手軽ロボット開発「toio SDK for Unity」最新事例
Unityでお手軽ロボット開発「toio SDK for Unity」最新事例Unityでお手軽ロボット開発「toio SDK for Unity」最新事例
Unityでお手軽ロボット開発「toio SDK for Unity」最新事例UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場 自動車編】モビリティへの活用に向けて
【Unity道場 自動車編】モビリティへの活用に向けて【Unity道場 自動車編】モビリティへの活用に向けて
【Unity道場 自動車編】モビリティへの活用に向けてUnityTechnologiesJapan002
 
【Unite Tokyo 2019】中の人がいない!? 音声対話型AIサービスを使ったバーチャルキャラクターの作り方
【Unite Tokyo 2019】中の人がいない!? 音声対話型AIサービスを使ったバーチャルキャラクターの作り方【Unite Tokyo 2019】中の人がいない!? 音声対話型AIサービスを使ったバーチャルキャラクターの作り方
【Unite Tokyo 2019】中の人がいない!? 音声対話型AIサービスを使ったバーチャルキャラクターの作り方UnityTechnologiesJapan002
 

What's hot (20)

【Unite Tokyo 2019】Unity Monetization SDKでできることと使い方
【Unite Tokyo 2019】Unity Monetization SDKでできることと使い方【Unite Tokyo 2019】Unity Monetization SDKでできることと使い方
【Unite Tokyo 2019】Unity Monetization SDKでできることと使い方
 
【Unity道場 自動車編】トヨタのxR活用で進める現場DXへの挑戦 ~UnityとHoloLens 2を用いて~
【Unity道場 自動車編】トヨタのxR活用で進める現場DXへの挑戦 ~UnityとHoloLens 2を用いて~【Unity道場 自動車編】トヨタのxR活用で進める現場DXへの挑戦 ~UnityとHoloLens 2を用いて~
【Unity道場 自動車編】トヨタのxR活用で進める現場DXへの挑戦 ~UnityとHoloLens 2を用いて~
 
【Unite Tokyo 2019】データよりも面白さ? 芸者東京に学ぶ!グローバルでヒットするハイパーカジュアルゲームの作り方
【Unite Tokyo 2019】データよりも面白さ? 芸者東京に学ぶ!グローバルでヒットするハイパーカジュアルゲームの作り方【Unite Tokyo 2019】データよりも面白さ? 芸者東京に学ぶ!グローバルでヒットするハイパーカジュアルゲームの作り方
【Unite Tokyo 2019】データよりも面白さ? 芸者東京に学ぶ!グローバルでヒットするハイパーカジュアルゲームの作り方
 
BIMを活用? 現場環境をアプリで再現・管理する取り組みとその効果
BIMを活用? 現場環境をアプリで再現・管理する取り組みとその効果BIMを活用? 現場環境をアプリで再現・管理する取り組みとその効果
BIMを活用? 現場環境をアプリで再現・管理する取り組みとその効果
 
【Unity Reflect】足りない要素を追加してみよう~開発導入編~
【Unity Reflect】足りない要素を追加してみよう~開発導入編~【Unity Reflect】足りない要素を追加してみよう~開発導入編~
【Unity Reflect】足りない要素を追加してみよう~開発導入編~
 
ロボット「toio」をUnityで自在に制御!「toio SDK for Unity 」の紹介
ロボット「toio」をUnityで自在に制御!「toio SDK for Unity 」の紹介ロボット「toio」をUnityで自在に制御!「toio SDK for Unity 」の紹介
ロボット「toio」をUnityで自在に制御!「toio SDK for Unity 」の紹介
 
【Unity道場 自動車編】HMIにおけるUnity活用事例
【Unity道場 自動車編】HMIにおけるUnity活用事例【Unity道場 自動車編】HMIにおけるUnity活用事例
【Unity道場 自動車編】HMIにおけるUnity活用事例
 
【Unity道場 名古屋SP】HMI及び自動運転におけるUnity活用事例
【Unity道場 名古屋SP】HMI及び自動運転におけるUnity活用事例【Unity道場 名古屋SP】HMI及び自動運転におけるUnity活用事例
【Unity道場 名古屋SP】HMI及び自動運転におけるUnity活用事例
 
徹底解説 Unity Reflect【概要編 ver2.0】
徹底解説 Unity Reflect【概要編 ver2.0】徹底解説 Unity Reflect【概要編 ver2.0】
徹底解説 Unity Reflect【概要編 ver2.0】
 
【Unite Tokyo 2019】トヨタのxR活用事例ご紹介
【Unite Tokyo 2019】トヨタのxR活用事例ご紹介【Unite Tokyo 2019】トヨタのxR活用事例ご紹介
【Unite Tokyo 2019】トヨタのxR活用事例ご紹介
 
【Unity道場 教育編】さまざまに広がるUnityの世界 2021
【Unity道場 教育編】さまざまに広がるUnityの世界 2021【Unity道場 教育編】さまざまに広がるUnityの世界 2021
【Unity道場 教育編】さまざまに広がるUnityの世界 2021
 
【Unity道場 建築スペシャル2】UnityJapanOffice 丸裸SP
【Unity道場 建築スペシャル2】UnityJapanOffice 丸裸SP【Unity道場 建築スペシャル2】UnityJapanOffice 丸裸SP
【Unity道場 建築スペシャル2】UnityJapanOffice 丸裸SP
 
【Unite Tokyo 2018】HoloLens/Unityによる産業向けAR/VR開発の勘所とソリューション
【Unite Tokyo 2018】HoloLens/Unityによる産業向けAR/VR開発の勘所とソリューション【Unite Tokyo 2018】HoloLens/Unityによる産業向けAR/VR開発の勘所とソリューション
【Unite Tokyo 2018】HoloLens/Unityによる産業向けAR/VR開発の勘所とソリューション
 
【Unite Tokyo 2019】開発から運用まで、デベロッパーをサポートするUnity Services
【Unite Tokyo 2019】開発から運用まで、デベロッパーをサポートするUnity Services【Unite Tokyo 2019】開発から運用まで、デベロッパーをサポートするUnity Services
【Unite Tokyo 2019】開発から運用まで、デベロッパーをサポートするUnity Services
 
Webプログラマの為のUnity入門
Webプログラマの為のUnity入門Webプログラマの為のUnity入門
Webプログラマの為のUnity入門
 
Unityでお手軽ロボット開発「toio SDK for Unity」最新事例
Unityでお手軽ロボット開発「toio SDK for Unity」最新事例Unityでお手軽ロボット開発「toio SDK for Unity」最新事例
Unityでお手軽ロボット開発「toio SDK for Unity」最新事例
 
【Unity道場 自動車編】モビリティへの活用に向けて
【Unity道場 自動車編】モビリティへの活用に向けて【Unity道場 自動車編】モビリティへの活用に向けて
【Unity道場 自動車編】モビリティへの活用に向けて
 
【Unite Tokyo 2019】中の人がいない!? 音声対話型AIサービスを使ったバーチャルキャラクターの作り方
【Unite Tokyo 2019】中の人がいない!? 音声対話型AIサービスを使ったバーチャルキャラクターの作り方【Unite Tokyo 2019】中の人がいない!? 音声対話型AIサービスを使ったバーチャルキャラクターの作り方
【Unite Tokyo 2019】中の人がいない!? 音声対話型AIサービスを使ったバーチャルキャラクターの作り方
 
5分でわかる Unity Reflect
5分でわかる Unity Reflect5分でわかる Unity Reflect
5分でわかる Unity Reflect
 
Unity2019 注目機能まとめ
Unity2019 注目機能まとめUnity2019 注目機能まとめ
Unity2019 注目機能まとめ
 

Similar to 【Unite Tokyo 2019】続・BIMImporter

SORACOM Canalを使った キャンペーン端末事
SORACOM Canalを使った キャンペーン端末事SORACOM Canalを使った キャンペーン端末事
SORACOM Canalを使った キャンペーン端末事Tosihiyuki Hirai
 
Current status and future trends in Node-RED
Current status and future trends in Node-REDCurrent status and future trends in Node-RED
Current status and future trends in Node-REDnodered_ug_jp
 
デバイスWebAPI/Symphonyを軸としたIoTの展開について
デバイスWebAPI/Symphonyを軸としたIoTの展開についてデバイスWebAPI/Symphonyを軸としたIoTの展開について
デバイスWebAPI/Symphonyを軸としたIoTの展開についてDevice WebAPI Consortium
 
自前でcloud foundryを構築してgooのビッグサービスをカットオーバーした話
自前でcloud foundryを構築してgooのビッグサービスをカットオーバーした話自前でcloud foundryを構築してgooのビッグサービスをカットオーバーした話
自前でcloud foundryを構築してgooのビッグサービスをカットオーバーした話和也 大木
 
【Interop Tokyo 2014】 持たないビデオ会議サービスの有効利用とは
【Interop Tokyo 2014】 持たないビデオ会議サービスの有効利用とは【Interop Tokyo 2014】 持たないビデオ会議サービスの有効利用とは
【Interop Tokyo 2014】 持たないビデオ会議サービスの有効利用とはシスコシステムズ合同会社
 
XP祭り2019 - 日立・ソフトウェア革新部会 ~会社を越境する社内コミュニティ~
XP祭り2019 - 日立・ソフトウェア革新部会 ~会社を越境する社内コミュニティ~XP祭り2019 - 日立・ソフトウェア革新部会 ~会社を越境する社内コミュニティ~
XP祭り2019 - 日立・ソフトウェア革新部会 ~会社を越境する社内コミュニティ~Masanori Kaneko
 
concrete5 導入活用セミナー in 徳島 [2016年7月]
concrete5 導入活用セミナー in 徳島 [2016年7月]concrete5 導入活用セミナー in 徳島 [2016年7月]
concrete5 導入活用セミナー in 徳島 [2016年7月]Katz Ueno
 
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1Makoto Shimizu
 
はじめてのAzure Sphere
はじめてのAzure SphereはじめてのAzure Sphere
はじめてのAzure SphereTomokazu Kizawa
 
WebRTCがビデオ会議市場に与えるインパクトを探る
WebRTCがビデオ会議市場に与えるインパクトを探るWebRTCがビデオ会議市場に与えるインパクトを探る
WebRTCがビデオ会議市場に与えるインパクトを探るShumpei Shiraishi
 
【15-A-5】ゲーミフィケーションエバンジェリストが説く、アプリ開発で見落としがちな「おもてなし」とは~面白さを伝える × 面白く魅せる~
【15-A-5】ゲーミフィケーションエバンジェリストが説く、アプリ開発で見落としがちな「おもてなし」とは~面白さを伝える × 面白く魅せる~【15-A-5】ゲーミフィケーションエバンジェリストが説く、アプリ開発で見落としがちな「おもてなし」とは~面白さを伝える × 面白く魅せる~
【15-A-5】ゲーミフィケーションエバンジェリストが説く、アプリ開発で見落としがちな「おもてなし」とは~面白さを伝える × 面白く魅せる~Developers Summit
 
Windows 10 20H2はどうなる
Windows 10 20H2はどうなるWindows 10 20H2はどうなる
Windows 10 20H2はどうなるTomokazu Kizawa
 
リコーUCSの開発をリーンスタートアップ的視点でふりかえる
リコーUCSの開発をリーンスタートアップ的視点でふりかえるリコーUCSの開発をリーンスタートアップ的視点でふりかえる
リコーUCSの開発をリーンスタートアップ的視点でふりかえるYohei Yamamoto
 
Developer's Summit 夏 EnterpriseTED 資料
Developer's Summit 夏 EnterpriseTED 資料Developer's Summit 夏 EnterpriseTED 資料
Developer's Summit 夏 EnterpriseTED 資料Atsushi Takayasu
 
My drivingではじめるazure IoT
My drivingではじめるazure IoTMy drivingではじめるazure IoT
My drivingではじめるazure IoTYoshimasa Katakura
 
OSSコンソーシアム記念講演(2017-07-10)
OSSコンソーシアム記念講演(2017-07-10)OSSコンソーシアム記念講演(2017-07-10)
OSSコンソーシアム記念講演(2017-07-10)博宣 今村
 

Similar to 【Unite Tokyo 2019】続・BIMImporter (20)

Toolsの杜- 弥生株式会社の自動仕訳エンジンを支えるフロントエンド ~ 「ダサいは、バグだ!」を標榜してUXを徹底的に追求する ~
Toolsの杜- 弥生株式会社の自動仕訳エンジンを支えるフロントエンド ~ 「ダサいは、バグだ!」を標榜してUXを徹底的に追求する ~Toolsの杜- 弥生株式会社の自動仕訳エンジンを支えるフロントエンド ~ 「ダサいは、バグだ!」を標榜してUXを徹底的に追求する ~
Toolsの杜- 弥生株式会社の自動仕訳エンジンを支えるフロントエンド ~ 「ダサいは、バグだ!」を標榜してUXを徹底的に追求する ~
 
SORACOM Canalを使った キャンペーン端末事
SORACOM Canalを使った キャンペーン端末事SORACOM Canalを使った キャンペーン端末事
SORACOM Canalを使った キャンペーン端末事
 
Current status and future trends in Node-RED
Current status and future trends in Node-REDCurrent status and future trends in Node-RED
Current status and future trends in Node-RED
 
[GrapeCity Web TECH FORUM 2018]レガシーからの移行 - 株式会社日本プロテック
[GrapeCity Web TECH FORUM 2018]レガシーからの移行 - 株式会社日本プロテック[GrapeCity Web TECH FORUM 2018]レガシーからの移行 - 株式会社日本プロテック
[GrapeCity Web TECH FORUM 2018]レガシーからの移行 - 株式会社日本プロテック
 
デバイスWebAPI/Symphonyを軸としたIoTの展開について
デバイスWebAPI/Symphonyを軸としたIoTの展開についてデバイスWebAPI/Symphonyを軸としたIoTの展開について
デバイスWebAPI/Symphonyを軸としたIoTの展開について
 
自前でcloud foundryを構築してgooのビッグサービスをカットオーバーした話
自前でcloud foundryを構築してgooのビッグサービスをカットオーバーした話自前でcloud foundryを構築してgooのビッグサービスをカットオーバーした話
自前でcloud foundryを構築してgooのビッグサービスをカットオーバーした話
 
Winows 365登場
Winows 365登場Winows 365登場
Winows 365登場
 
【Interop Tokyo 2014】 持たないビデオ会議サービスの有効利用とは
【Interop Tokyo 2014】 持たないビデオ会議サービスの有効利用とは【Interop Tokyo 2014】 持たないビデオ会議サービスの有効利用とは
【Interop Tokyo 2014】 持たないビデオ会議サービスの有効利用とは
 
concrete5×ec cube(武氏)スライドシェア用
concrete5×ec cube(武氏)スライドシェア用concrete5×ec cube(武氏)スライドシェア用
concrete5×ec cube(武氏)スライドシェア用
 
XP祭り2019 - 日立・ソフトウェア革新部会 ~会社を越境する社内コミュニティ~
XP祭り2019 - 日立・ソフトウェア革新部会 ~会社を越境する社内コミュニティ~XP祭り2019 - 日立・ソフトウェア革新部会 ~会社を越境する社内コミュニティ~
XP祭り2019 - 日立・ソフトウェア革新部会 ~会社を越境する社内コミュニティ~
 
concrete5 導入活用セミナー in 徳島 [2016年7月]
concrete5 導入活用セミナー in 徳島 [2016年7月]concrete5 導入活用セミナー in 徳島 [2016年7月]
concrete5 導入活用セミナー in 徳島 [2016年7月]
 
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1
IAチャンネル:nissenのIA最適化事例その1
 
はじめてのAzure Sphere
はじめてのAzure SphereはじめてのAzure Sphere
はじめてのAzure Sphere
 
WebRTCがビデオ会議市場に与えるインパクトを探る
WebRTCがビデオ会議市場に与えるインパクトを探るWebRTCがビデオ会議市場に与えるインパクトを探る
WebRTCがビデオ会議市場に与えるインパクトを探る
 
【15-A-5】ゲーミフィケーションエバンジェリストが説く、アプリ開発で見落としがちな「おもてなし」とは~面白さを伝える × 面白く魅せる~
【15-A-5】ゲーミフィケーションエバンジェリストが説く、アプリ開発で見落としがちな「おもてなし」とは~面白さを伝える × 面白く魅せる~【15-A-5】ゲーミフィケーションエバンジェリストが説く、アプリ開発で見落としがちな「おもてなし」とは~面白さを伝える × 面白く魅せる~
【15-A-5】ゲーミフィケーションエバンジェリストが説く、アプリ開発で見落としがちな「おもてなし」とは~面白さを伝える × 面白く魅せる~
 
Windows 10 20H2はどうなる
Windows 10 20H2はどうなるWindows 10 20H2はどうなる
Windows 10 20H2はどうなる
 
リコーUCSの開発をリーンスタートアップ的視点でふりかえる
リコーUCSの開発をリーンスタートアップ的視点でふりかえるリコーUCSの開発をリーンスタートアップ的視点でふりかえる
リコーUCSの開発をリーンスタートアップ的視点でふりかえる
 
Developer's Summit 夏 EnterpriseTED 資料
Developer's Summit 夏 EnterpriseTED 資料Developer's Summit 夏 EnterpriseTED 資料
Developer's Summit 夏 EnterpriseTED 資料
 
My drivingではじめるazure IoT
My drivingではじめるazure IoTMy drivingではじめるazure IoT
My drivingではじめるazure IoT
 
OSSコンソーシアム記念講演(2017-07-10)
OSSコンソーシアム記念講演(2017-07-10)OSSコンソーシアム記念講演(2017-07-10)
OSSコンソーシアム記念講演(2017-07-10)
 

More from UnityTechnologiesJapan002

10分でわかる Unityコンピュータービジョン
10分でわかる Unityコンピュータービジョン10分でわかる Unityコンピュータービジョン
10分でわかる UnityコンピュータービジョンUnityTechnologiesJapan002
 
ROSのロボットモデルでバーチャルロボット受肉する
ROSのロボットモデルでバーチャルロボット受肉するROSのロボットモデルでバーチャルロボット受肉する
ROSのロボットモデルでバーチャルロボット受肉するUnityTechnologiesJapan002
 
Unityでロボットの教師データは作れる!
Unityでロボットの教師データは作れる!Unityでロボットの教師データは作れる!
Unityでロボットの教師データは作れる!UnityTechnologiesJapan002
 
産業用ロボット開発におけるUnityの活用
産業用ロボット開発におけるUnityの活用産業用ロボット開発におけるUnityの活用
産業用ロボット開発におけるUnityの活用UnityTechnologiesJapan002
 
建設シミュレータOCSの開発 / OCS・VTC on Unity におけるROS対応機能について
建設シミュレータOCSの開発 / OCS・VTC on Unity におけるROS対応機能について建設シミュレータOCSの開発 / OCS・VTC on Unity におけるROS対応機能について
建設シミュレータOCSの開発 / OCS・VTC on Unity におけるROS対応機能についてUnityTechnologiesJapan002
 
中国深センから盛り上がる、ソフトウェアフレンドリーなロボティクス
中国深センから盛り上がる、ソフトウェアフレンドリーなロボティクス中国深センから盛り上がる、ソフトウェアフレンドリーなロボティクス
中国深センから盛り上がる、ソフトウェアフレンドリーなロボティクスUnityTechnologiesJapan002
 
集まれ!Dreamingエンジニア! 〜箱庭で紡ぎ出されるIoT/クラウドロボティクス開発の新しいカタチ〜
集まれ!Dreamingエンジニア! 〜箱庭で紡ぎ出されるIoT/クラウドロボティクス開発の新しいカタチ〜集まれ!Dreamingエンジニア! 〜箱庭で紡ぎ出されるIoT/クラウドロボティクス開発の新しいカタチ〜
集まれ!Dreamingエンジニア! 〜箱庭で紡ぎ出されるIoT/クラウドロボティクス開発の新しいカタチ〜UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場 自動車編】Unityで実現する産業向けxRソリューション
【Unity道場 自動車編】Unityで実現する産業向けxRソリューション【Unity道場 自動車編】Unityで実現する産業向けxRソリューション
【Unity道場 自動車編】Unityで実現する産業向けxRソリューションUnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場 自動車編】空間再現ディスプレイの概要と活用事例
【Unity道場 自動車編】空間再現ディスプレイの概要と活用事例【Unity道場 自動車編】空間再現ディスプレイの概要と活用事例
【Unity道場 自動車編】空間再現ディスプレイの概要と活用事例UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場 自動車編】 リアルタイム3D技術が支えるデジタルツイン
【Unity道場 自動車編】 リアルタイム3D技術が支えるデジタルツイン【Unity道場 自動車編】 リアルタイム3D技術が支えるデジタルツイン
【Unity道場 自動車編】 リアルタイム3D技術が支えるデジタルツインUnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場 教育編】Unity が中等・高等教育の潜在的な可能性を解き放つ
【Unity道場 教育編】Unity が中等・高等教育の潜在的な可能性を解き放つ【Unity道場 教育編】Unity が中等・高等教育の潜在的な可能性を解き放つ
【Unity道場 教育編】Unity が中等・高等教育の潜在的な可能性を解き放つUnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場Houdini編】Houdini Engine とプロシージャル法
【Unity道場Houdini編】Houdini Engine とプロシージャル法【Unity道場Houdini編】Houdini Engine とプロシージャル法
【Unity道場Houdini編】Houdini Engine とプロシージャル法UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 後編
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 後編【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 後編
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 後編UnityTechnologiesJapan002
 
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 前編
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 前編【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 前編
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 前編UnityTechnologiesJapan002
 

More from UnityTechnologiesJapan002 (20)

5分でわかる Sensor SDK
5分でわかる Sensor SDK5分でわかる Sensor SDK
5分でわかる Sensor SDK
 
10分でわかる Unityコンピュータービジョン
10分でわかる Unityコンピュータービジョン10分でわかる Unityコンピュータービジョン
10分でわかる Unityコンピュータービジョン
 
5分でわかる Unity Forma
5分でわかる Unity Forma5分でわかる Unity Forma
5分でわかる Unity Forma
 
ROSのロボットモデルでバーチャルロボット受肉する
ROSのロボットモデルでバーチャルロボット受肉するROSのロボットモデルでバーチャルロボット受肉する
ROSのロボットモデルでバーチャルロボット受肉する
 
Unityでロボットの教師データは作れる!
Unityでロボットの教師データは作れる!Unityでロボットの教師データは作れる!
Unityでロボットの教師データは作れる!
 
ARとUnity-Robotics-Hubの連携
ARとUnity-Robotics-Hubの連携ARとUnity-Robotics-Hubの連携
ARとUnity-Robotics-Hubの連携
 
産業用ロボット開発におけるUnityの活用
産業用ロボット開発におけるUnityの活用産業用ロボット開発におけるUnityの活用
産業用ロボット開発におけるUnityの活用
 
建設シミュレータOCSの開発 / OCS・VTC on Unity におけるROS対応機能について
建設シミュレータOCSの開発 / OCS・VTC on Unity におけるROS対応機能について建設シミュレータOCSの開発 / OCS・VTC on Unity におけるROS対応機能について
建設シミュレータOCSの開発 / OCS・VTC on Unity におけるROS対応機能について
 
UnityとROSの連携について
UnityとROSの連携についてUnityとROSの連携について
UnityとROSの連携について
 
中国深センから盛り上がる、ソフトウェアフレンドリーなロボティクス
中国深センから盛り上がる、ソフトウェアフレンドリーなロボティクス中国深センから盛り上がる、ソフトウェアフレンドリーなロボティクス
中国深センから盛り上がる、ソフトウェアフレンドリーなロボティクス
 
集まれ!Dreamingエンジニア! 〜箱庭で紡ぎ出されるIoT/クラウドロボティクス開発の新しいカタチ〜
集まれ!Dreamingエンジニア! 〜箱庭で紡ぎ出されるIoT/クラウドロボティクス開発の新しいカタチ〜集まれ!Dreamingエンジニア! 〜箱庭で紡ぎ出されるIoT/クラウドロボティクス開発の新しいカタチ〜
集まれ!Dreamingエンジニア! 〜箱庭で紡ぎ出されるIoT/クラウドロボティクス開発の新しいカタチ〜
 
5分でわかる Unity点群
5分でわかる Unity点群5分でわかる Unity点群
5分でわかる Unity点群
 
【Unity道場 自動車編】Unityで実現する産業向けxRソリューション
【Unity道場 自動車編】Unityで実現する産業向けxRソリューション【Unity道場 自動車編】Unityで実現する産業向けxRソリューション
【Unity道場 自動車編】Unityで実現する産業向けxRソリューション
 
【Unity道場 自動車編】空間再現ディスプレイの概要と活用事例
【Unity道場 自動車編】空間再現ディスプレイの概要と活用事例【Unity道場 自動車編】空間再現ディスプレイの概要と活用事例
【Unity道場 自動車編】空間再現ディスプレイの概要と活用事例
 
【Unity道場 自動車編】 リアルタイム3D技術が支えるデジタルツイン
【Unity道場 自動車編】 リアルタイム3D技術が支えるデジタルツイン【Unity道場 自動車編】 リアルタイム3D技術が支えるデジタルツイン
【Unity道場 自動車編】 リアルタイム3D技術が支えるデジタルツイン
 
【Unity道場 教育編】Unity が中等・高等教育の潜在的な可能性を解き放つ
【Unity道場 教育編】Unity が中等・高等教育の潜在的な可能性を解き放つ【Unity道場 教育編】Unity が中等・高等教育の潜在的な可能性を解き放つ
【Unity道場 教育編】Unity が中等・高等教育の潜在的な可能性を解き放つ
 
【Unity道場Houdini編】Houdini Engine とプロシージャル法
【Unity道場Houdini編】Houdini Engine とプロシージャル法【Unity道場Houdini編】Houdini Engine とプロシージャル法
【Unity道場Houdini編】Houdini Engine とプロシージャル法
 
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 後編
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 後編【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 後編
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 後編
 
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 前編
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 前編【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 前編
【Unity道場Houdini編】UnityとHoudiniで作るRealtimeVFX実践解説 前編
 
様々に広がるUnityの世界
様々に広がるUnityの世界様々に広がるUnityの世界
様々に広がるUnityの世界
 

Recently uploaded

SOPを理解する 2024/04/19 の勉強会で発表されたものです
SOPを理解する       2024/04/19 の勉強会で発表されたものですSOPを理解する       2024/04/19 の勉強会で発表されたものです
SOPを理解する 2024/04/19 の勉強会で発表されたものですiPride Co., Ltd.
 
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdf
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdfTSAL operation mechanism and circuit diagram.pdf
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdftaisei2219
 
Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介
Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介
Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介Yuma Ohgami
 
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A surveyToru Tamaki
 
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略Ryo Sasaki
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Danieldanielhu54
 
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNetToru Tamaki
 
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...Toru Tamaki
 
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムスマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムsugiuralab
 

Recently uploaded (9)

SOPを理解する 2024/04/19 の勉強会で発表されたものです
SOPを理解する       2024/04/19 の勉強会で発表されたものですSOPを理解する       2024/04/19 の勉強会で発表されたものです
SOPを理解する 2024/04/19 の勉強会で発表されたものです
 
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdf
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdfTSAL operation mechanism and circuit diagram.pdf
TSAL operation mechanism and circuit diagram.pdf
 
Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介
Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介
Open Source UN-Conference 2024 Kawagoe - 独自OS「DaisyOS GB」の紹介
 
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey
論文紹介:Semantic segmentation using Vision Transformers: A survey
 
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
 
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet
論文紹介:Automated Classification of Model Errors on ImageNet
 
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...
論文紹介:Content-Aware Token Sharing for Efficient Semantic Segmentation With Vis...
 
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムスマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
 

【Unite Tokyo 2019】続・BIMImporter