Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【Unite Tokyo 2018】HoloLens/Unityによる産業向けAR/VR開発の勘所とソリューション

3,422 views

Published on

講演者:遠藤 文昭(ソフトバンク コマース&サービス株式会社)
   :中村 薫(株式会社ホロラボ)

こんな人におすすめ
・HoloLens/Windows Mixed Reality関連技術に興味のある方
・産業分野向けAR/VRコンテンツ開発に興味のある方
・所属会社内でAR/VRビジネスを推進または検討されている方

受講者が得られる知見
・HoloLens/Windows Mixed Reality開発ノウハウ
・事例に基づく産業分野で活用のヒント
・自社ソリューションを育てていく上でのポイント

Published in: Technology
  • Be the first to comment

【Unite Tokyo 2018】HoloLens/Unityによる産業向けAR/VR開発の勘所とソリューション

  1. 1. HoloLens/Unityによる産業向け AR/VR開発の勘所とソリューション 2018/5/8 遠藤 文昭 / ソフトバンク コマース&サービス株式会社 中村 薫 / 株式会社ホロラボ
  2. 2. 遠藤 文昭 3Dデータをクラウド経由でAR/VR化するソリューション 「AR CAD Cloud」を企画開発。CAD/BIMデータの AR/VR分野での利活用拡大に向けて活動中。 ソフトバンク コマース&サービス株式会社 / AR・VR・MRソリューション担当
  3. 3. 中村 薫 HoloLensを仕事にするために株式会社ホロラボを設 立。「AR CAD Cloud」を含め、様々な業種のお客様と HoloLensを使った案件を進めている。 株式会社ホロラボ / 代表取締役CEO
  4. 4. ソフトバンク コマース&サービスご紹介 •”オリジナル”ソフトバンク •ICT商材の流通(卸売) •取扱メーカー様4000社/取引販売店様10000社 日本で唯一のUnity認定リセラー日本で唯一Autodesk全製品取扱
  5. 5. ホロラボご紹介 •株式会社ホロラボ(http://hololab.co.jp/) •HoloLens/Windows Mixed Realityが事業の中心 •HoloLensの導入から開発支援まで
  6. 6. 今日のアジェンダ •産業向けソリューション紹介とデモ •CAD/BIMデータ利活用拡大の課題 •HoloLens開発留意事項
  7. 7. “ ” はやい、やすい、うまい
  8. 8. 「産業AR/VRに必要なモノは?」
  9. 9. AR CAD Cloud の仕組み「はやい、やすい、うまい」 ③ AR/VRデバイス にダウンロード ② AR CAD Cloudで 自動最適化変換 ① CAD/BIMデータを アップロード
  10. 10. デモ
  11. 11. 国内CAD市場規模 ※出典:矢野経済研究所 3637億円(2017年) 機械/建築分野で伸長 大量のCADデータが存在
  12. 12. データのAR/VR化によって期待される効果 l 可視化 l 合意形成 l 生産性向上 l 技能伝承 AR/VRへの期待は大きい
  13. 13. 日本の現状:弊社アンケートより(1) アンケート期間: 2017年11月28日~ 2017年12月27 日 アンケートテーマ: 「AR/VR」についてのアンケート 回答数: 196 件(ユニーク) ※出典:BUILT
  14. 14. 日本の現状:弊社アンケートより(2) 78.1% 3Dデータ取扱に 業務上何かしら 関連している割合
  15. 15. 日本の現状:弊社アンケートより(3) 3D活用の課題 ①データ取扱 ②人材、スキル ③時間、コスト
  16. 16. 日本の現状:弊社アンケートより(4) 6.1% AR/VR導入済 または一部導入済
  17. 17. CAD/BIM AR/VR コンテンツ CAD/BIMをリアルスケール3Dで見たい! 折角の3Dデータ、AR/VRで活用されていないのが現状 データの問題 人材スキルの問題
  18. 18. AR CAD Cloudの特長 l はやい データをアップロードするだけあとは自動変換 l やすい クラウド利用のためシステム構築の初期投資不要 l うまい Unity使えなくてもOK (でもちゃんと裏でUnity動いてる)
  19. 19. 最新アップデート「AR CAD Cloud for BIM」建設向け
  20. 20. デモに戻ります
  21. 21. HoloLensアプリ開発時の留意事項
  22. 22. ホロラボ開発事例 建設業製造業医療 エンターテインメント 放送インフラ ドローン
  23. 23. HoloLensの強いところ(メリット) • 現実に仮想空間を重畳できる →実際とデータとの比較 • 実寸感がある • 両手があく →スマートフォンやスマートグラスのARに対する優位性 →実際にはスマートフォンとの連携も行う
  24. 24. HoloLensの弱いところ(デメリット) • 性能が低い →高精細なモデルの表示ができない • 視野角が狭い →大きいモデルや近くのモデルが見切れる • 価格が高い →数が必要な場合のコストが合わない
  25. 25. いまのお客様 • HoloLensのデメリットを理解しつつ、それ以上にメリットに魅力を感 じてくれる →ハードウェアのデメリットは時間が解決すると考えてくれる • 開発者や現場担当のボトムアップだけでなく、予算などの権限、裁量 などトップダウンも必要
  26. 26. 建設業向けの留意事項(1):事前の考慮事項 • Mixed Realityの名のごとく現実と仮想がMixされるので現実が必要 →スケジュールや作業を見積もる場合に気を付ける • 精度はそれなり →ミリメートルでの精度は厳しい • 現場に向けての調整 →操作や位置合わせの工夫 →モデルを安定させるための工夫
  27. 27. 屋外の現場での調整 • 日光によるプロジェクションやSLAMへの影響 • 現場のネットワーク環境 現実 体験者の世界
  28. 28. モデルを安定させるための工夫 A地点 B地点 ズレやすいパターン ズレにくいパターン A地点 B地点 1 2 3 1 2 3 • HoloLensのWorldAnchorを活用する →移動後にアンカーを配置するのではなく、事前に配置しておく
  29. 29. 建設業向けの留意事項(2):開発中 • Unityのバージョンを固定する • CAD/BIMデータが高精細なのでHoloLensでの性能に影響がでる →CAD/BIMデータをUnityが取り込めないので変換が必要 →元データまたは取り込みの段階でリダクション(軽量化)が必要 • 実寸サイズが大きい(100m以上) →HoloLensの視野角では見切れるので見せ方に工夫が必要 →ただし、鉄骨は密度がなく遠くにあるので意外と見られる →モデルの移動にも工夫が必要
  30. 30. HoloLensアプリ開発に使用するUnityのバージョン • できるだけUnityのバージョンを固定する →MRTK(MR Toolkit)のバージョンはUnityに合わせる • 社内使用バージョン →OK:Unity 2017.2.2p1またはUnity 2017.4.2f2(両方ともMRTKは2017.2.1.4) →NG:Unity 2017.3からUnity 2017.4.1f1まではUnityWebRequestに不具合あり → https://issuetracker.unity3d.com/issues/wsa-isnetworkerror-always-return-true-when-running-an-uwp-app-on-86x- architecture
  31. 31. CAD/BIMデータの変換と軽量化 • CAD/BIMデータから3D CGへの変換 • AR CAD Cloudの使用 • Unity BIM Importerの使用
  32. 32. モデルの見せ方、移動への工夫 • 細かい位置合わせのための移動、回転、拡縮への対応 →モデルのサイズ変更 →コントローラーの併用(AirTapでの細かい作業はツライ) →現実とモデルの位置関係が見えるとラク(見失う)
  33. 33. 建設業向けの留意事項(3):現場 • 日々変わっていく現場に対応する • ネットワーク設計 →鉄骨がむき出しのためWi-Fi環境が悪くなりやすい →物理的に広大になるため電波の届く範囲を確認する →事前にデータをHoloLensに入れて、現場はオフライン対応も • 対応する人員の確保 →作業場所が物理的に離れる場合、それぞれに人員を置く
  34. 34. 外で稼働させる場合の留意事項 • 前提としてHoloLensは屋内用 →昼は明るすぎると見えない(プロジェクションのため) →サンバイザーなどを取り付けることで対処 →西日でトラッキングがロストする →夜は暗すぎるとトラッキングがロストする • 温度 →暑い季節は熱に注意 →寒い環境は意外と大丈夫
  35. 35. サンバイザー
  36. 36. まとめ • HoloLensはさまざまな業界での取り組みが行われている • 特に建設業界ではi-Constructionの影響もあり、3Dデータの 活用が活発 • HoloLensのハードウェア性能を超えた使い方も多いので、事 前の検証が必要
  37. 37. Thank you! ご静聴ありがとうございました!

×