SlideShare a Scribd company logo
これからはじめる
インフラエンジニア
   2012/12/17
知的ヘンタイ六番勝負 第三戦

外道父@GedowFather
             Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   1
わ言そ
      興          イ な
かわん   味          ン に
っれな   が          フ ?
とんこ   な          ラ
るでと   い          に
わも
!     ?          な
                 ん
                 て


      Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   2
自己紹介


       Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   3
自己紹介

■私は
    外道父@GedowFather
■所属
    ドリコム
■職種
    インフラエンジニア
■ブログ
   http://blog.father.gedow.net/
                        Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                           4
概 要


      Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   5
概要




      広く浅~く
      知識の存在を認識
      何に興味が湧くか

               Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                  6
ITインフラとは


      Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   7
ITインフラとは
インフラ(infrastructure)
     基盤、基礎構造

インフラ アーキテクチャ(infrastructure architecture)
     基盤の、仕組み・設計概念
生活インフラ
     道路/水道/電気
     生活に欠かせない基盤

ITインフラ
   ネットワーク/サーバ/ソフトウェア
   インターネットのサービス提供に欠かせない基盤


                           Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                              8
ITインフラの目的

 ユーザ(IT端末・デバイス)に対して
 WEB サービス・サイト・アプリ を提供すること


  検索        ゲーム           生活情報




                  Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                     9
ITインフラ基盤って?

  ユーザ    途中色々                 データセンタ




         携帯会社
         回線業者




  端末     インフラ全体             自社管理

                  Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                     10
情報通信の基本           クライアントとサーバ

          ねっとさーふぃん(笑)がしたい



              http://google.co.jp/
クライアント                                                            サーバ
         source   リクエスト        destination



    destination    レスポンス        source



                                     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                                        11
HTTPを噛み砕いてみる
[アドレスバー] http://google.co.jp/

                 google.co.jp      DNSから正引きしてIPアドレスを取得
                                     Root → jp → co → google
               74.125.235.151, …



              IPアドレスに接続
  WEB
                 大量のネットワーク機器を通って1台1台から道を教えてもらう
              80番ポートに接続
                 WEBサーバがリクエストを受け付ける
                 静的コンテンツを返す(画像/JavaScript/CSSなど)
  AP
              アプリケーション(プログラミング言語)が
              動的コンテンツ(HTMLなど)を作成して返す

             ブラウザがHTMLを描画し、
             さらに必要なコンテンツを取得・表示する
                                         Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                                            12
HTTPの中身

          GET /request_url.html HTTP/1.0
          Host: www.google.co.jp



                  リクエスト



                    レスポンス



        HTTP/1.0 200 OK
  ヘッダ   Date: Fri, 07 Dec 2012 06:48:43 GMT
        Expires: ……

        <html>
  ボディ   <body>
        …
                                      Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                                         13
HTTPS(SSL)による暗号化
    個人情報など、中身が丸見えだと
    PCからサーバへ届くまでの機器で傍受される可能性


 HTTP   GET /request_url.html   HTTP/1.0 200 OK
        …                       …




        !”%&’()==~|*+?><        ><`~=)(‘&%$#”!
HTTPS   …                       …


  中身が読めない
  ホスト名もリクエストURIもわからない
  復号化もできない
  SSL証明書を売ってるサイトのガイドを読めば知識としては十分
                                        Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                                           14
その他のプロトコル
     メール                                •       SSH
(SMTP/POP/IMAP) データベース
                                        •       FTP
                                        •       LDAP
                                        •       NTP
                                        •       DNS
                                        •       ……

     リクエスト と レスポンスがあって
     内容にルールがあって(プロトコル)
     暗号化やエンコードや圧縮してやり取りする
    という基本は一緒

                         Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                            15
ITインフラとは   まとめ


 様々な通信ルールがあり
 様々なサービスがあり
 クライアントとサーバがデータをやり取りする

      ためのシステム全体を指す




                 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                    16
インフラ分野


     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   17
簡単なフロー

    端末
    ネットワーク(L2/L3・各種ケーブル)
    ハードウェア(バランサ・サーバ)
    OS
    ミドルウェア
    ソフトウェア



                Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                   18
ネットワーク



     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   19
ネットワーク
         世界中がつながっている中で

         クライアントがサーバにたどり
         着くまでの経路




                 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                    20
ペンタゴン

        よく漫画では

        「俺はその気になれば
         アメリカの国防総省
         にだって侵入できるぜ」

        とあるが・・・


        なんと前例がある!
        よいこのみんなは(ry


           Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                              21
ルーティング
         途中にある多数のネットワーク機器が道筋
         を教えてくれ、最終的にたどり着ける。
         直接つながるわけではない




                   Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                      22
ネットワーク機器

        L2・L3スイッチと呼ばれる

        ルータ・スイッチングハブとも




      LANケーブルや

      LC-LCコネクタ 光ファイバーケーブル




                 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                    23
通信プロトコル




     レイヤー(L1~7)
     IP/MAC
     TCP/UDP
             Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                24
ハードウェア



     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   25
データセンタとラック
 通常、企業はインフラを
 データセンタに構築する                            回線契約




                                      Unit
                                      電源(A)
                                      マウントレール
                                      通気性
                                      ラック間接続


     ラックに自社ネットワークとサーバを構築
     IDC管理会社と自社の責任分界点は契約次第
                   Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                      26
ハードウェアの種類
             汎用的なラックマウント型サーバ
 ネットワーク機器




アクセス分散する            最低単位がラックの
ロードバランサ             解析システム

            ストレージ




                     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                        27
ラックマウント型サーバ

              とりあえず開けてみる

                 マザーボード
                 電源
                 CPU
                 メモリ
                 HDD/SSD
                 RAIDカード
                 NIC



                    Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                       28
マザーボード



         各種パーツを
         装着するための
         基盤

         BIOS/UEFI
         による認識管理など




            Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                               29
CPU


      コンピュータの中心的な処理装置

         処理速度(GHz)
         Turbo Boost
         L3 Cache
         コア数/マルチスレッド
         消費電力




               Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                  30
メモリ


      データの一次記憶装置

       電源が落ちるとデータも消える
       HDDよりI/Oがかなり速い
       HDDより容量単価が高い

       保管する必要のない処理途中の
        データを格納する



            Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                               31
HDD/SSD/ioDrive


              データの永続化をするストレージ

                 記憶媒体/構造
                 容量/単価
                 読み書き速度
                 壊れやすさ
                 寿命
                 接続インターフェース
                  (SATA/SAS/PCIe)



                        Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                           32
RAIDカード

          複数のHDDをカードに接続して
          1つのディスクに見せる

           高速化(ストライピング)
           冗長化(ミラーリング)

           RAID 0, 1, 5, 6, 10
           OSでソフトウェアRAID




                    Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                       33
NIC(Network Interface Card)


                LANケーブルをつなぐところ

                カードをPCIeに挿して増設
                普通はオンボード


                100Mbps ~ 10Gbps




                        Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                           34
O S



      Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   35
OSの役割




        ハードウェアを認識し
        ミドルウェア/ソフトウェアを
        動かための基盤ソフトウェア

        大部分がLinuxカーネル




              Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                 36
OSごとの違い

           デスクトップ環境
           ファイルシステム
            (NTFS/EXT4/XFS)
           パッケージ管理
           (APT/yum)
           ファイルパスルール

          慣れれば意外と大差がなかったりする
          目的が効率良く果たせれば
          なんでもOK


                       Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                          37
ミドルウェア



     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   38
ミドルウェアの種類
         WEBサーバ
         (Apache / lighttpd / Nginx)

                   Applicationサーバ
                   (Tomcat / Jboss / unicorn / CGI)
DBサーバ
(MySQL / PostgreSQL / ORACLE)

          KVSサーバ
          (memcached / Membrain / kyototycoon)

      OSとアプリケーションの中間で処理を制御する
      サーバ側となってリクエストを受ける
                                  Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                                     39
インフラエンジニアの肝

 ミドルウェアでやること
   研究と選択
   構築手順の確立と構築
   設定/チューニング/トラブルシューティング

 アーキテクチャ
   安定/効率的/拡張性
   わかりやすさ


 OSとミドルウェアの扱いに長けるべし

                  Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                     40
楽しいミドルウェアの例
      データベースに詳しくて損はない
      公式リファレンスマニュアルだけでも楽しい


 複数OSを扱える喜び
 何か1つ習得しておくだけで
  その他の研究が数倍捗る



        BigDataは技術の集合体で楽しすぎる
        ネットワークからソフトウェアまで全部
        攻撃的な人にオススメ

                  Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                     41
ソフトウェア



     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   42
ソフトウェアとは

WEBアプリ
    (ゲーム/メール/メッセンジャーなど)
プログラミング言語で組まれたシステム全般

Railsなどのフレームワークもソフトウェアの一部

プログラミング言語自体もソフトウェアだけど
ミドルウェア的位置付けとして、知識は必要




                    Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                       43
技術の習得


    Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   44
処理順序と習得順序はたいてい逆

     端末
     ネットワーク(L2/L3・各種ケーブル)
 処                                                         習
 理   ハードウェア(バランサ・サーバ)
                                                           得
 順   OS                                                    順
 序                                                         序
     ミドルウェア
     ソフトウェア

 目に見える(グラフィカルな)結果はソフトウェアのみ
 インフラ方面から興味を持つことは難しい
 TCPの本とかつまらなすぎてヤバイ
                   Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                      45
習得の基本的な流れ
     ブラウザの表示を編集したい
        HTML/CSS/JavaScript
     動的ページを生成したい
        プログラミング言語
     もっと複雑にデータを扱いたい
        RDBMS
     サーバ上で公開したい
        WEBサーバ/OS
     パフォーマンスチューニングしたい
        OS/DB/KVS/ミドルウェア設定
     自宅サーバでやりたい
        ハードウェア/回線
     仕事で大量サーバ
        ネットワーク/データセンタ

                       Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                          46
何をどれくらい習得すべきか
      いきなり全範囲を知ろうとする必要はない
      しかし広い分野を知ると選択肢と効率が向上する

      得意分野を伸ばすことに特化しつつも
      興味が湧いた・必要が生じた分野や
      レイヤーが近い分野から知識を広げていく

難易度




                    分野

                         Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                            47
エンジニアの種類
    ネ        ハ        ミ                            ソ
    ッ        ー        ド                            フ
何   ト        ド        ル                            ト                          や
を   ワ        ウ        ウ                            ウ                          り
武   ー        ェ        ェ                            ェ                          た
器   ク        ア        ア                            ア                          い
に                                                                             こ
し                                                                             と
て                                                                             で
何   ネットワーク                                                                    会
を              インフラ                                                           社
目                                                                             も
指                   DBA                                                       変
す                                                                             わ
か                                                                             る
                          アプリケーション


        ブルーオーシャン or レッドオーシャン ?
                           Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                                  48
インフラ技術


     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   49
選択肢の広さ と 適切な選択
 ある目的に対して
 どのソフトウェア/ハードウェアが利用できるのか
 どのような構成(アーキテクチャ)で組むのか
 を構想・検証できること

 選択肢が広く、知識が深いほど
 叩き台の時点で完成度が高くなり
 実際に運用してからの調整が少なく安定する

            WEBサーバ

   CPU
                     ストレージ


                     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   50
冗長化 と 負荷分散

【冗長化】
ある1箇所が故障しても
2つ目で稼働すること
SPoFを作らない


【負荷分散】
ある役割のサーバ群の
キャパシティに限界が
きた時に、サーバを増設
するだけで対応できる


              Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                 51
監視 と グラフ化
  【監視】
  サーバ1台1台に対して、または
  ユーザ視点でのサービス動作を、
  監視サーバからチェックを行い
  異常があれば管理者に通知する


             【グラフ化】
             トラフィックやCPUといった
             サーバの負荷状態などを
             可視化することで
             より安定した運用を行なう

                    Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                       52
パフォーマンスチューニング


サーバの負荷を減らすために
様々な施策を行う



   OSの設定
   ミドルウェアの設定
   アプリケーションのリファクタリング
   SQLの改善
   キャッシュの利用

                        Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                           53
バックアップ


ストレージの破損・データの誤編集・削除に備える

   バックアップ取得速度
   圧縮効率
   別サーバへの転送時間
   バックアップ容量
   リストア時間




                  Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                     54
インフラ費用/管理コスト
       【設計】
          アーキテクチャ・ネットワーク
          回線の速度・品質
          ラックの仕様・電源容量
          サーバのスペック・台数
          各種、増設期間の確認

       【費用(初期/月額)】
          回線
          ラック・電源
          サーバ(購入/レンタル/リース)
          IDC保守費用
          自社管理コスト(人件費)
                  Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                     55
セキュリティ
          防御 攻撃があると防御が発達し、
             新しい防御を破る攻撃が生まれる繰り返し
             守るためには攻撃方法を知る必要がある
攻撃
                    Buffer Overflow
セ                   (バッファオーバーフロー)
キ                   Cross Site Scripting
ュ   •   OS          (クロスサイトスクリプティング)
リ   •   ミドルウェア      Parameter Manipulation
テ   •   プログラミング言語
                    (パラメータ改ざん)
ィ                   Backdoor & Debug Options

ホ   •   フレームワーク     (バックドアとデバックオプション)

ー   •   アプリケーション
                    Session Hijacking/Replay
                    (セッション・ハイジャック/リプレイ)
ル
                    SQL Injection(SQL の挿入)
色
                    OS Command Injection(OS コマンドの挿入)
々
                                      Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                                         56
インフラ心得


     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   57
心得(1)
    情報収集
         書籍/雑誌
         ググれ
         Twitter
                            情報発信
                                       ブログ
                                       Twitter
                                       勉強会

         ツールの習得
            Linuxコマンド
            エディタ
                         Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                            58
心得(2)
          メタル経験値
            トラブルを乗り越える
            失敗する




英語
    最新技術やマイナーソフトウェアは英語
    技術マニュアルと掲示板
    少しの読解能力/Google翻訳/英辞郎
    読めなければ解決できない場面で成長する
                     Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                        59
インフラエンジニアのいいところ
終わりがある
  アプリエンジニアはサービス終了まで
   永遠に更新し続けなければならない
  インフラエンジニアは構築物が半永久
   的に動けば安らぎがある



     技術力次第
          サーバ1台壊れただけで休日に呼び出さ
           れるか、翌営業日に対応すればよいか
          いかに大量処理を効率化して早く終わら
           せ、研究や勉強に時間を割くか

                   Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.
                                                                      60
な      イ               ち え
3イ最   り      ン               ょ ?
年ン初   た      フ               っ
早フか
いラら   く      ラ               と
わな    な      エ               だ
!ん    っ      ン               け
 て    た      ジ
      ?      ニ
             ア



       fin
             に


      Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved.   61

More Related Content

What's hot

AWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティスAWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティス
Akihiro Kuwano
 
データウェアハウスモデリング入門(ダイジェスト版)(事前公開版)
データウェアハウスモデリング入門(ダイジェスト版)(事前公開版) データウェアハウスモデリング入門(ダイジェスト版)(事前公開版)
データウェアハウスモデリング入門(ダイジェスト版)(事前公開版)
Satoshi Nagayasu
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法について
Yuji Otani
 
AWSにおけるバッチ処理の ベストプラクティス - Developers.IO Meetup 05
AWSにおけるバッチ処理の ベストプラクティス - Developers.IO Meetup 05AWSにおけるバッチ処理の ベストプラクティス - Developers.IO Meetup 05
AWSにおけるバッチ処理の ベストプラクティス - Developers.IO Meetup 05
都元ダイスケ Miyamoto
 
オープンソースライセンスの基礎と実務
オープンソースライセンスの基礎と実務オープンソースライセンスの基礎と実務
オープンソースライセンスの基礎と実務
Yutaka Kachi
 
webエンジニアのためのはじめてのredis
webエンジニアのためのはじめてのrediswebエンジニアのためのはじめてのredis
webエンジニアのためのはじめてのredis
nasa9084
 
コンテナネットワーキング(CNI)最前線
コンテナネットワーキング(CNI)最前線コンテナネットワーキング(CNI)最前線
コンテナネットワーキング(CNI)最前線
Motonori Shindo
 
MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法
Tetsutaro Watanabe
 
TLS, HTTP/2演習
TLS, HTTP/2演習TLS, HTTP/2演習
TLS, HTTP/2演習
shigeki_ohtsu
 
Apache Airflow入門 (マーケティングデータ分析基盤技術勉強会)
Apache Airflow入門  (マーケティングデータ分析基盤技術勉強会)Apache Airflow入門  (マーケティングデータ分析基盤技術勉強会)
Apache Airflow入門 (マーケティングデータ分析基盤技術勉強会)
Takeshi Mikami
 
スペシャリストになるには
スペシャリストになるにはスペシャリストになるには
スペシャリストになるには
外道 父
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Kouhei Sutou
 
RDF Semantic Graph「RDF 超入門」
RDF Semantic Graph「RDF 超入門」RDF Semantic Graph「RDF 超入門」
RDF Semantic Graph「RDF 超入門」
オラクルエンジニア通信
 
20190911 AWS Black Belt Online Seminar AWS Batch
20190911 AWS Black Belt Online Seminar AWS Batch20190911 AWS Black Belt Online Seminar AWS Batch
20190911 AWS Black Belt Online Seminar AWS Batch
Amazon Web Services Japan
 
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
Shohei Koyama
 
爆速クエリエンジン”Presto”を使いたくなる話
爆速クエリエンジン”Presto”を使いたくなる話爆速クエリエンジン”Presto”を使いたくなる話
爆速クエリエンジン”Presto”を使いたくなる話
Kentaro Yoshida
 
20200422 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elastic Container Service (Amaz...
20200422 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elastic Container Service (Amaz...20200422 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elastic Container Service (Amaz...
20200422 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elastic Container Service (Amaz...
Amazon Web Services Japan
 
[AKIBA.AWS] AWS Elemental MediaConvertから学ぶコーデック入門
[AKIBA.AWS] AWS Elemental MediaConvertから学ぶコーデック入門[AKIBA.AWS] AWS Elemental MediaConvertから学ぶコーデック入門
[AKIBA.AWS] AWS Elemental MediaConvertから学ぶコーデック入門
Shuji Kikuchi
 
PHPからgoへの移行で分かったこと
PHPからgoへの移行で分かったことPHPからgoへの移行で分かったこと
PHPからgoへの移行で分かったこと
gree_tech
 
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design PatternAWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
Amazon Web Services Japan
 

What's hot (20)

AWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティスAWSのログ管理ベストプラクティス
AWSのログ管理ベストプラクティス
 
データウェアハウスモデリング入門(ダイジェスト版)(事前公開版)
データウェアハウスモデリング入門(ダイジェスト版)(事前公開版) データウェアハウスモデリング入門(ダイジェスト版)(事前公開版)
データウェアハウスモデリング入門(ダイジェスト版)(事前公開版)
 
Redisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法についてRedisの特徴と活用方法について
Redisの特徴と活用方法について
 
AWSにおけるバッチ処理の ベストプラクティス - Developers.IO Meetup 05
AWSにおけるバッチ処理の ベストプラクティス - Developers.IO Meetup 05AWSにおけるバッチ処理の ベストプラクティス - Developers.IO Meetup 05
AWSにおけるバッチ処理の ベストプラクティス - Developers.IO Meetup 05
 
オープンソースライセンスの基礎と実務
オープンソースライセンスの基礎と実務オープンソースライセンスの基礎と実務
オープンソースライセンスの基礎と実務
 
webエンジニアのためのはじめてのredis
webエンジニアのためのはじめてのrediswebエンジニアのためのはじめてのredis
webエンジニアのためのはじめてのredis
 
コンテナネットワーキング(CNI)最前線
コンテナネットワーキング(CNI)最前線コンテナネットワーキング(CNI)最前線
コンテナネットワーキング(CNI)最前線
 
MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法MongoDBが遅いときの切り分け方法
MongoDBが遅いときの切り分け方法
 
TLS, HTTP/2演習
TLS, HTTP/2演習TLS, HTTP/2演習
TLS, HTTP/2演習
 
Apache Airflow入門 (マーケティングデータ分析基盤技術勉強会)
Apache Airflow入門  (マーケティングデータ分析基盤技術勉強会)Apache Airflow入門  (マーケティングデータ分析基盤技術勉強会)
Apache Airflow入門 (マーケティングデータ分析基盤技術勉強会)
 
スペシャリストになるには
スペシャリストになるにはスペシャリストになるには
スペシャリストになるには
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
 
RDF Semantic Graph「RDF 超入門」
RDF Semantic Graph「RDF 超入門」RDF Semantic Graph「RDF 超入門」
RDF Semantic Graph「RDF 超入門」
 
20190911 AWS Black Belt Online Seminar AWS Batch
20190911 AWS Black Belt Online Seminar AWS Batch20190911 AWS Black Belt Online Seminar AWS Batch
20190911 AWS Black Belt Online Seminar AWS Batch
 
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
インフラエンジニアの綺麗で優しい手順書の書き方
 
爆速クエリエンジン”Presto”を使いたくなる話
爆速クエリエンジン”Presto”を使いたくなる話爆速クエリエンジン”Presto”を使いたくなる話
爆速クエリエンジン”Presto”を使いたくなる話
 
20200422 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elastic Container Service (Amaz...
20200422 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elastic Container Service (Amaz...20200422 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elastic Container Service (Amaz...
20200422 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Elastic Container Service (Amaz...
 
[AKIBA.AWS] AWS Elemental MediaConvertから学ぶコーデック入門
[AKIBA.AWS] AWS Elemental MediaConvertから学ぶコーデック入門[AKIBA.AWS] AWS Elemental MediaConvertから学ぶコーデック入門
[AKIBA.AWS] AWS Elemental MediaConvertから学ぶコーデック入門
 
PHPからgoへの移行で分かったこと
PHPからgoへの移行で分かったことPHPからgoへの移行で分かったこと
PHPからgoへの移行で分かったこと
 
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design PatternAWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
AWS Black Belt Online Seminar 2018 Amazon DynamoDB Advanced Design Pattern
 

Viewers also liked

プログラムを高速化する話
プログラムを高速化する話プログラムを高速化する話
プログラムを高速化する話
京大 マイコンクラブ
 
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
賢 秋穂
 
⼤企業で実現するイマドキの内製開発
⼤企業で実現するイマドキの内製開発⼤企業で実現するイマドキの内製開発
⼤企業で実現するイマドキの内製開発
NTT Communications Technology Development
 
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみてアプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
Sato Shun
 
インフラ構築とテストについて(ITインフラ業務自動化現状確認会)
インフラ構築とテストについて(ITインフラ業務自動化現状確認会)インフラ構築とテストについて(ITインフラ業務自動化現状確認会)
インフラ構築とテストについて(ITインフラ業務自動化現状確認会)
Yosuke Hiraishi
 
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
Operation Lab, LLC.
 
インフラエンジニアがUnityをやるべきたった一つの理由
インフラエンジニアがUnityをやるべきたった一つの理由インフラエンジニアがUnityをやるべきたった一つの理由
インフラエンジニアがUnityをやるべきたった一つの理由
axsh co., LTD.
 
みんなのTerraformで AWSをテラフォーミングさせるぜ
みんなのTerraformで AWSをテラフォーミングさせるぜみんなのTerraformで AWSをテラフォーミングさせるぜ
みんなのTerraformで AWSをテラフォーミングさせるぜ
Takamasa Sakai
 
データサイエンティスト協会スキル委員会4thシンポジウム講演資料
データサイエンティスト協会スキル委員会4thシンポジウム講演資料データサイエンティスト協会スキル委員会4thシンポジウム講演資料
データサイエンティスト協会スキル委員会4thシンポジウム講演資料
The Japan DataScientist Society
 
深層学習と確率プログラミングを融合したEdwardについて
深層学習と確率プログラミングを融合したEdwardについて深層学習と確率プログラミングを融合したEdwardについて
深層学習と確率プログラミングを融合したEdwardについて
ryosuke-kojima
 
Pythonと機械学習によるWebセキュリティの自動化
Pythonと機械学習によるWebセキュリティの自動化Pythonと機械学習によるWebセキュリティの自動化
Pythonと機械学習によるWebセキュリティの自動化
Isao Takaesu
 
Pythonistaデビュー #PyNyumon 2016/5/31
Pythonistaデビュー #PyNyumon 2016/5/31Pythonistaデビュー #PyNyumon 2016/5/31
Pythonistaデビュー #PyNyumon 2016/5/31
Shinichi Nakagawa
 
Windows10タブレットに各種Linuxディストリを入れて遊ぼう 2017年度東京Spring版
Windows10タブレットに各種Linuxディストリを入れて遊ぼう 2017年度東京Spring版Windows10タブレットに各種Linuxディストリを入れて遊ぼう 2017年度東京Spring版
Windows10タブレットに各種Linuxディストリを入れて遊ぼう 2017年度東京Spring版
Netwalker lab kapper
 
スキルチェックリスト 2017年版
スキルチェックリスト 2017年版スキルチェックリスト 2017年版
スキルチェックリスト 2017年版
The Japan DataScientist Society
 
ABテスト・LPOのための統計学【社内向けサディスティックエディション】データアーティスト株式会社
ABテスト・LPOのための統計学【社内向けサディスティックエディション】データアーティスト株式会社ABテスト・LPOのための統計学【社内向けサディスティックエディション】データアーティスト株式会社
ABテスト・LPOのための統計学【社内向けサディスティックエディション】データアーティスト株式会社
Satoru Yamamoto
 
DeNAの大規模データマイニング活用したサービス開発
DeNAの大規模データマイニング活用したサービス開発DeNAの大規模データマイニング活用したサービス開発
DeNAの大規模データマイニング活用したサービス開発
Koichi Hamada
 
Kaggle meetup #3 instacart 2nd place solution
Kaggle meetup #3 instacart 2nd place solutionKaggle meetup #3 instacart 2nd place solution
Kaggle meetup #3 instacart 2nd place solution
Kazuki Onodera
 
外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
満徳 関
 
企業における統計学入門
企業における統計学入門企業における統計学入門
企業における統計学入門
antibayesian 俺がS式だ
 
Pycon2017
Pycon2017Pycon2017
Pycon2017
Yuta Kashino
 

Viewers also liked (20)

プログラムを高速化する話
プログラムを高速化する話プログラムを高速化する話
プログラムを高速化する話
 
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
 
⼤企業で実現するイマドキの内製開発
⼤企業で実現するイマドキの内製開発⼤企業で実現するイマドキの内製開発
⼤企業で実現するイマドキの内製開発
 
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみてアプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
アプリエンジニアからクラウド専用のインフラエンジニアになってみて
 
インフラ構築とテストについて(ITインフラ業務自動化現状確認会)
インフラ構築とテストについて(ITインフラ業務自動化現状確認会)インフラ構築とテストについて(ITインフラ業務自動化現状確認会)
インフラ構築とテストについて(ITインフラ業務自動化現状確認会)
 
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
2015-05-23 クラウドの運用になって インフラエンジニアは何が変わるのか?
 
インフラエンジニアがUnityをやるべきたった一つの理由
インフラエンジニアがUnityをやるべきたった一つの理由インフラエンジニアがUnityをやるべきたった一つの理由
インフラエンジニアがUnityをやるべきたった一つの理由
 
みんなのTerraformで AWSをテラフォーミングさせるぜ
みんなのTerraformで AWSをテラフォーミングさせるぜみんなのTerraformで AWSをテラフォーミングさせるぜ
みんなのTerraformで AWSをテラフォーミングさせるぜ
 
データサイエンティスト協会スキル委員会4thシンポジウム講演資料
データサイエンティスト協会スキル委員会4thシンポジウム講演資料データサイエンティスト協会スキル委員会4thシンポジウム講演資料
データサイエンティスト協会スキル委員会4thシンポジウム講演資料
 
深層学習と確率プログラミングを融合したEdwardについて
深層学習と確率プログラミングを融合したEdwardについて深層学習と確率プログラミングを融合したEdwardについて
深層学習と確率プログラミングを融合したEdwardについて
 
Pythonと機械学習によるWebセキュリティの自動化
Pythonと機械学習によるWebセキュリティの自動化Pythonと機械学習によるWebセキュリティの自動化
Pythonと機械学習によるWebセキュリティの自動化
 
Pythonistaデビュー #PyNyumon 2016/5/31
Pythonistaデビュー #PyNyumon 2016/5/31Pythonistaデビュー #PyNyumon 2016/5/31
Pythonistaデビュー #PyNyumon 2016/5/31
 
Windows10タブレットに各種Linuxディストリを入れて遊ぼう 2017年度東京Spring版
Windows10タブレットに各種Linuxディストリを入れて遊ぼう 2017年度東京Spring版Windows10タブレットに各種Linuxディストリを入れて遊ぼう 2017年度東京Spring版
Windows10タブレットに各種Linuxディストリを入れて遊ぼう 2017年度東京Spring版
 
スキルチェックリスト 2017年版
スキルチェックリスト 2017年版スキルチェックリスト 2017年版
スキルチェックリスト 2017年版
 
ABテスト・LPOのための統計学【社内向けサディスティックエディション】データアーティスト株式会社
ABテスト・LPOのための統計学【社内向けサディスティックエディション】データアーティスト株式会社ABテスト・LPOのための統計学【社内向けサディスティックエディション】データアーティスト株式会社
ABテスト・LPOのための統計学【社内向けサディスティックエディション】データアーティスト株式会社
 
DeNAの大規模データマイニング活用したサービス開発
DeNAの大規模データマイニング活用したサービス開発DeNAの大規模データマイニング活用したサービス開発
DeNAの大規模データマイニング活用したサービス開発
 
Kaggle meetup #3 instacart 2nd place solution
Kaggle meetup #3 instacart 2nd place solutionKaggle meetup #3 instacart 2nd place solution
Kaggle meetup #3 instacart 2nd place solution
 
外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
外部委託から内製化アジャイルへの切替支援を通してわかったこと #augj
 
企業における統計学入門
企業における統計学入門企業における統計学入門
企業における統計学入門
 
Pycon2017
Pycon2017Pycon2017
Pycon2017
 

Similar to これからはじめるインフラエンジニア

キャパシティ プランニング
キャパシティ プランニングキャパシティ プランニング
キャパシティ プランニング
外道 父
 
Fluentd Meetup #2 @外道父 Fluentdを優しく見守る監視事例
Fluentd Meetup #2 @外道父 Fluentdを優しく見守る監視事例Fluentd Meetup #2 @外道父 Fluentdを優しく見守る監視事例
Fluentd Meetup #2 @外道父 Fluentdを優しく見守る監視事例
外道 父
 
IBM SoftLayer @ Osc tokyo-2014-fall
IBM SoftLayer @ Osc tokyo-2014-fallIBM SoftLayer @ Osc tokyo-2014-fall
IBM SoftLayer @ Osc tokyo-2014-fall
Yasushi Osonoi
 
ソーシャルアプリを分析してみた
ソーシャルアプリを分析してみたソーシャルアプリを分析してみた
ソーシャルアプリを分析してみた
Drecom Co., Ltd.
 
DApps のユーザ認証に web3.eth.personal.sign を使おう!
DApps のユーザ認証に web3.eth.personal.sign を使おう!DApps のユーザ認証に web3.eth.personal.sign を使おう!
DApps のユーザ認証に web3.eth.personal.sign を使おう!
Drecom Co., Ltd.
 
Cloudera impala
Cloudera impalaCloudera impala
Cloudera impala
外道 父
 
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
Drecom Co., Ltd.
 
TAM 新人ディレクター システムスキルアップ プログラム第4回「ネットワーク機器について」
TAM 新人ディレクター システムスキルアップ プログラム第4回「ネットワーク機器について」TAM 新人ディレクター システムスキルアップ プログラム第4回「ネットワーク機器について」
TAM 新人ディレクター システムスキルアップ プログラム第4回「ネットワーク機器について」
(株)TAM
 
Hbstudy41 slide
Hbstudy41 slideHbstudy41 slide
Hbstudy41 slide
Fujishiro Takuya
 
HTTP/2 draft 14 preview and IETF90 httpbis WG Report
HTTP/2 draft 14 preview and IETF90 httpbis WG ReportHTTP/2 draft 14 preview and IETF90 httpbis WG Report
HTTP/2 draft 14 preview and IETF90 httpbis WG Report
Kaoru Maeda
 
20130614 Interop SDN ShowCase-OpenStage2-MidoNet with Sakura Internet
20130614 Interop SDN ShowCase-OpenStage2-MidoNet with Sakura Internet20130614 Interop SDN ShowCase-OpenStage2-MidoNet with Sakura Internet
20130614 Interop SDN ShowCase-OpenStage2-MidoNet with Sakura Internet
Midokura
 
19-C-2 本当に問題ないですか? エンタープライズにおけるCloud&RIAアーキテクチャ
19-C-2 本当に問題ないですか? エンタープライズにおけるCloud&RIAアーキテクチャ19-C-2 本当に問題ないですか? エンタープライズにおけるCloud&RIAアーキテクチャ
19-C-2 本当に問題ないですか? エンタープライズにおけるCloud&RIAアーキテクチャ
Developers Summit
 
IETF90 Web関連WG報告 #isocjp
IETF90 Web関連WG報告 #isocjpIETF90 Web関連WG報告 #isocjp
IETF90 Web関連WG報告 #isocjp
Kaoru Maeda
 
Webページが表示されるまで
Webページが表示されるまでWebページが表示されるまで
Webページが表示されるまで
Masataka Suzuki
 
CONBU LL Diver/YAPC::Asia 2014 Network
CONBU LL Diver/YAPC::Asia 2014 NetworkCONBU LL Diver/YAPC::Asia 2014 Network
CONBU LL Diver/YAPC::Asia 2014 Network
Yuya Takahashi
 
ミドクラ様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ミドクラ様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月ミドクラ様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ミドクラ様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
VirtualTech Japan Inc.
 
Perl で作るメディアストリーミングサーバー
Perl で作るメディアストリーミングサーバーPerl で作るメディアストリーミングサーバー
Perl で作るメディアストリーミングサーバー
Hideo Kimura
 
IETF92報告IoT関連
IETF92報告IoT関連IETF92報告IoT関連
IETF92報告IoT関連
Kaoru Maeda
 
NHNグループ合同勉強会 ライブドア片野
NHNグループ合同勉強会 ライブドア片野NHNグループ合同勉強会 ライブドア片野
NHNグループ合同勉強会 ライブドア片野
livedoor
 

Similar to これからはじめるインフラエンジニア (20)

キャパシティ プランニング
キャパシティ プランニングキャパシティ プランニング
キャパシティ プランニング
 
Fluentd Meetup #2 @外道父 Fluentdを優しく見守る監視事例
Fluentd Meetup #2 @外道父 Fluentdを優しく見守る監視事例Fluentd Meetup #2 @外道父 Fluentdを優しく見守る監視事例
Fluentd Meetup #2 @外道父 Fluentdを優しく見守る監視事例
 
IBM SoftLayer @ Osc tokyo-2014-fall
IBM SoftLayer @ Osc tokyo-2014-fallIBM SoftLayer @ Osc tokyo-2014-fall
IBM SoftLayer @ Osc tokyo-2014-fall
 
ソーシャルアプリを分析してみた
ソーシャルアプリを分析してみたソーシャルアプリを分析してみた
ソーシャルアプリを分析してみた
 
DApps のユーザ認証に web3.eth.personal.sign を使おう!
DApps のユーザ認証に web3.eth.personal.sign を使おう!DApps のユーザ認証に web3.eth.personal.sign を使おう!
DApps のユーザ認証に web3.eth.personal.sign を使おう!
 
Cloudera impala
Cloudera impalaCloudera impala
Cloudera impala
 
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
[CEDEC2014]モバイルゲームにおける社内基盤開発と“実録”
 
TAM 新人ディレクター システムスキルアップ プログラム第4回「ネットワーク機器について」
TAM 新人ディレクター システムスキルアップ プログラム第4回「ネットワーク機器について」TAM 新人ディレクター システムスキルアップ プログラム第4回「ネットワーク機器について」
TAM 新人ディレクター システムスキルアップ プログラム第4回「ネットワーク機器について」
 
Hbstudy41 slide
Hbstudy41 slideHbstudy41 slide
Hbstudy41 slide
 
HTTP/2 draft 14 preview and IETF90 httpbis WG Report
HTTP/2 draft 14 preview and IETF90 httpbis WG ReportHTTP/2 draft 14 preview and IETF90 httpbis WG Report
HTTP/2 draft 14 preview and IETF90 httpbis WG Report
 
20130614 Interop SDN ShowCase-OpenStage2-MidoNet with Sakura Internet
20130614 Interop SDN ShowCase-OpenStage2-MidoNet with Sakura Internet20130614 Interop SDN ShowCase-OpenStage2-MidoNet with Sakura Internet
20130614 Interop SDN ShowCase-OpenStage2-MidoNet with Sakura Internet
 
19-C-2 本当に問題ないですか? エンタープライズにおけるCloud&RIAアーキテクチャ
19-C-2 本当に問題ないですか? エンタープライズにおけるCloud&RIAアーキテクチャ19-C-2 本当に問題ないですか? エンタープライズにおけるCloud&RIAアーキテクチャ
19-C-2 本当に問題ないですか? エンタープライズにおけるCloud&RIAアーキテクチャ
 
IETF90 Web関連WG報告 #isocjp
IETF90 Web関連WG報告 #isocjpIETF90 Web関連WG報告 #isocjp
IETF90 Web関連WG報告 #isocjp
 
Webページが表示されるまで
Webページが表示されるまでWebページが表示されるまで
Webページが表示されるまで
 
10th jan 2013_miyazaki
10th jan 2013_miyazaki10th jan 2013_miyazaki
10th jan 2013_miyazaki
 
CONBU LL Diver/YAPC::Asia 2014 Network
CONBU LL Diver/YAPC::Asia 2014 NetworkCONBU LL Diver/YAPC::Asia 2014 Network
CONBU LL Diver/YAPC::Asia 2014 Network
 
ミドクラ様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ミドクラ様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月ミドクラ様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ミドクラ様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
 
Perl で作るメディアストリーミングサーバー
Perl で作るメディアストリーミングサーバーPerl で作るメディアストリーミングサーバー
Perl で作るメディアストリーミングサーバー
 
IETF92報告IoT関連
IETF92報告IoT関連IETF92報告IoT関連
IETF92報告IoT関連
 
NHNグループ合同勉強会 ライブドア片野
NHNグループ合同勉強会 ライブドア片野NHNグループ合同勉強会 ライブドア片野
NHNグループ合同勉強会 ライブドア片野
 

これからはじめるインフラエンジニア

  • 1. これからはじめる インフラエンジニア 2012/12/17 知的ヘンタイ六番勝負 第三戦 外道父@GedowFather Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 1
  • 2. わ言そ 興 イ な かわん 味 ン に っれな が フ ? とんこ な ラ るでと い に わも ! ? な ん て Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 2
  • 3. 自己紹介 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 3
  • 4. 自己紹介 ■私は 外道父@GedowFather ■所属 ドリコム ■職種 インフラエンジニア ■ブログ http://blog.father.gedow.net/ Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 4
  • 5. 概 要 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 5
  • 6. 概要  広く浅~く  知識の存在を認識  何に興味が湧くか Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 6
  • 7. ITインフラとは Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 7
  • 8. ITインフラとは インフラ(infrastructure)  基盤、基礎構造 インフラ アーキテクチャ(infrastructure architecture)  基盤の、仕組み・設計概念 生活インフラ  道路/水道/電気  生活に欠かせない基盤 ITインフラ  ネットワーク/サーバ/ソフトウェア  インターネットのサービス提供に欠かせない基盤 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 8
  • 9. ITインフラの目的 ユーザ(IT端末・デバイス)に対して WEB サービス・サイト・アプリ を提供すること 検索 ゲーム 生活情報 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 9
  • 10. ITインフラ基盤って? ユーザ 途中色々 データセンタ  携帯会社  回線業者 端末 インフラ全体 自社管理 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 10
  • 11. 情報通信の基本 クライアントとサーバ ねっとさーふぃん(笑)がしたい http://google.co.jp/ クライアント サーバ source リクエスト destination destination レスポンス source Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 11
  • 12. HTTPを噛み砕いてみる [アドレスバー] http://google.co.jp/ google.co.jp DNSから正引きしてIPアドレスを取得 Root → jp → co → google 74.125.235.151, … IPアドレスに接続 WEB  大量のネットワーク機器を通って1台1台から道を教えてもらう 80番ポートに接続  WEBサーバがリクエストを受け付ける  静的コンテンツを返す(画像/JavaScript/CSSなど) AP アプリケーション(プログラミング言語)が 動的コンテンツ(HTMLなど)を作成して返す ブラウザがHTMLを描画し、 さらに必要なコンテンツを取得・表示する Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 12
  • 13. HTTPの中身 GET /request_url.html HTTP/1.0 Host: www.google.co.jp リクエスト レスポンス HTTP/1.0 200 OK ヘッダ Date: Fri, 07 Dec 2012 06:48:43 GMT Expires: …… <html> ボディ <body> … Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 13
  • 14. HTTPS(SSL)による暗号化 個人情報など、中身が丸見えだと PCからサーバへ届くまでの機器で傍受される可能性 HTTP GET /request_url.html HTTP/1.0 200 OK … … !”%&’()==~|*+?>< ><`~=)(‘&%$#”! HTTPS … … 中身が読めない ホスト名もリクエストURIもわからない 復号化もできない SSL証明書を売ってるサイトのガイドを読めば知識としては十分 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 14
  • 15. その他のプロトコル メール • SSH (SMTP/POP/IMAP) データベース • FTP • LDAP • NTP • DNS • ……  リクエスト と レスポンスがあって  内容にルールがあって(プロトコル)  暗号化やエンコードや圧縮してやり取りする という基本は一緒 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 15
  • 16. ITインフラとは まとめ  様々な通信ルールがあり  様々なサービスがあり  クライアントとサーバがデータをやり取りする ためのシステム全体を指す Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 16
  • 17. インフラ分野 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 17
  • 18. 簡単なフロー 端末 ネットワーク(L2/L3・各種ケーブル) ハードウェア(バランサ・サーバ) OS ミドルウェア ソフトウェア Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 18
  • 19. ネットワーク Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 19
  • 20. ネットワーク 世界中がつながっている中で クライアントがサーバにたどり 着くまでの経路 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 20
  • 21. ペンタゴン よく漫画では 「俺はその気になれば アメリカの国防総省 にだって侵入できるぜ」 とあるが・・・ なんと前例がある! よいこのみんなは(ry Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 21
  • 22. ルーティング 途中にある多数のネットワーク機器が道筋 を教えてくれ、最終的にたどり着ける。 直接つながるわけではない Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 22
  • 23. ネットワーク機器 L2・L3スイッチと呼ばれる ルータ・スイッチングハブとも LANケーブルや LC-LCコネクタ 光ファイバーケーブル Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 23
  • 24. 通信プロトコル  レイヤー(L1~7)  IP/MAC  TCP/UDP Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 24
  • 25. ハードウェア Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 25
  • 26. データセンタとラック 通常、企業はインフラを データセンタに構築する 回線契約  Unit  電源(A)  マウントレール  通気性  ラック間接続  ラックに自社ネットワークとサーバを構築  IDC管理会社と自社の責任分界点は契約次第 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 26
  • 27. ハードウェアの種類 汎用的なラックマウント型サーバ ネットワーク機器 アクセス分散する 最低単位がラックの ロードバランサ 解析システム ストレージ Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 27
  • 28. ラックマウント型サーバ とりあえず開けてみる  マザーボード  電源  CPU  メモリ  HDD/SSD  RAIDカード  NIC Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 28
  • 29. マザーボード 各種パーツを 装着するための 基盤 BIOS/UEFI による認識管理など Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 29
  • 30. CPU コンピュータの中心的な処理装置  処理速度(GHz)  Turbo Boost  L3 Cache  コア数/マルチスレッド  消費電力 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 30
  • 31. メモリ データの一次記憶装置  電源が落ちるとデータも消える  HDDよりI/Oがかなり速い  HDDより容量単価が高い  保管する必要のない処理途中の データを格納する Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 31
  • 32. HDD/SSD/ioDrive データの永続化をするストレージ  記憶媒体/構造  容量/単価  読み書き速度  壊れやすさ  寿命  接続インターフェース (SATA/SAS/PCIe) Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 32
  • 33. RAIDカード 複数のHDDをカードに接続して 1つのディスクに見せる  高速化(ストライピング)  冗長化(ミラーリング)  RAID 0, 1, 5, 6, 10  OSでソフトウェアRAID Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 33
  • 34. NIC(Network Interface Card) LANケーブルをつなぐところ カードをPCIeに挿して増設 普通はオンボード 100Mbps ~ 10Gbps Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 34
  • 35. O S Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 35
  • 36. OSの役割 ハードウェアを認識し ミドルウェア/ソフトウェアを 動かための基盤ソフトウェア 大部分がLinuxカーネル Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 36
  • 37. OSごとの違い  デスクトップ環境  ファイルシステム (NTFS/EXT4/XFS)  パッケージ管理 (APT/yum)  ファイルパスルール 慣れれば意外と大差がなかったりする 目的が効率良く果たせれば なんでもOK Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 37
  • 38. ミドルウェア Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 38
  • 39. ミドルウェアの種類 WEBサーバ (Apache / lighttpd / Nginx) Applicationサーバ (Tomcat / Jboss / unicorn / CGI) DBサーバ (MySQL / PostgreSQL / ORACLE) KVSサーバ (memcached / Membrain / kyototycoon)  OSとアプリケーションの中間で処理を制御する  サーバ側となってリクエストを受ける Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 39
  • 40. インフラエンジニアの肝 ミドルウェアでやること  研究と選択  構築手順の確立と構築  設定/チューニング/トラブルシューティング アーキテクチャ  安定/効率的/拡張性  わかりやすさ OSとミドルウェアの扱いに長けるべし Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 40
  • 41. 楽しいミドルウェアの例 データベースに詳しくて損はない 公式リファレンスマニュアルだけでも楽しい  複数OSを扱える喜び  何か1つ習得しておくだけで その他の研究が数倍捗る  BigDataは技術の集合体で楽しすぎる  ネットワークからソフトウェアまで全部  攻撃的な人にオススメ Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 41
  • 42. ソフトウェア Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 42
  • 43. ソフトウェアとは WEBアプリ (ゲーム/メール/メッセンジャーなど) プログラミング言語で組まれたシステム全般 Railsなどのフレームワークもソフトウェアの一部 プログラミング言語自体もソフトウェアだけど ミドルウェア的位置付けとして、知識は必要 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 43
  • 44. 技術の習得 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 44
  • 45. 処理順序と習得順序はたいてい逆 端末 ネットワーク(L2/L3・各種ケーブル) 処 習 理 ハードウェア(バランサ・サーバ) 得 順 OS 順 序 序 ミドルウェア ソフトウェア  目に見える(グラフィカルな)結果はソフトウェアのみ  インフラ方面から興味を持つことは難しい  TCPの本とかつまらなすぎてヤバイ Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 45
  • 46. 習得の基本的な流れ ブラウザの表示を編集したい HTML/CSS/JavaScript 動的ページを生成したい プログラミング言語 もっと複雑にデータを扱いたい RDBMS サーバ上で公開したい WEBサーバ/OS パフォーマンスチューニングしたい OS/DB/KVS/ミドルウェア設定 自宅サーバでやりたい ハードウェア/回線 仕事で大量サーバ ネットワーク/データセンタ Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 46
  • 47. 何をどれくらい習得すべきか いきなり全範囲を知ろうとする必要はない しかし広い分野を知ると選択肢と効率が向上する 得意分野を伸ばすことに特化しつつも 興味が湧いた・必要が生じた分野や レイヤーが近い分野から知識を広げていく 難易度 分野 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 47
  • 48. エンジニアの種類 ネ ハ ミ ソ ッ ー ド フ 何 ト ド ル ト や を ワ ウ ウ ウ り 武 ー ェ ェ ェ た 器 ク ア ア ア い に こ し と て で 何 ネットワーク 会 を インフラ 社 目 も 指 DBA 変 す わ か る アプリケーション ブルーオーシャン or レッドオーシャン ? Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 48
  • 49. インフラ技術 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 49
  • 50. 選択肢の広さ と 適切な選択 ある目的に対して どのソフトウェア/ハードウェアが利用できるのか どのような構成(アーキテクチャ)で組むのか を構想・検証できること 選択肢が広く、知識が深いほど 叩き台の時点で完成度が高くなり 実際に運用してからの調整が少なく安定する WEBサーバ CPU ストレージ Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 50
  • 52. 監視 と グラフ化 【監視】 サーバ1台1台に対して、または ユーザ視点でのサービス動作を、 監視サーバからチェックを行い 異常があれば管理者に通知する 【グラフ化】 トラフィックやCPUといった サーバの負荷状態などを 可視化することで より安定した運用を行なう Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 52
  • 53. パフォーマンスチューニング サーバの負荷を減らすために 様々な施策を行う  OSの設定  ミドルウェアの設定  アプリケーションのリファクタリング  SQLの改善  キャッシュの利用 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 53
  • 54. バックアップ ストレージの破損・データの誤編集・削除に備える  バックアップ取得速度  圧縮効率  別サーバへの転送時間  バックアップ容量  リストア時間 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 54
  • 55. インフラ費用/管理コスト 【設計】  アーキテクチャ・ネットワーク  回線の速度・品質  ラックの仕様・電源容量  サーバのスペック・台数  各種、増設期間の確認 【費用(初期/月額)】  回線  ラック・電源  サーバ(購入/レンタル/リース)  IDC保守費用  自社管理コスト(人件費) Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 55
  • 56. セキュリティ 防御 攻撃があると防御が発達し、 新しい防御を破る攻撃が生まれる繰り返し 守るためには攻撃方法を知る必要がある 攻撃 Buffer Overflow セ (バッファオーバーフロー) キ Cross Site Scripting ュ • OS (クロスサイトスクリプティング) リ • ミドルウェア Parameter Manipulation テ • プログラミング言語 (パラメータ改ざん) ィ Backdoor & Debug Options ホ • フレームワーク (バックドアとデバックオプション) ー • アプリケーション Session Hijacking/Replay (セッション・ハイジャック/リプレイ) ル SQL Injection(SQL の挿入) 色 OS Command Injection(OS コマンドの挿入) 々 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 56
  • 57. インフラ心得 Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 57
  • 58. 心得(1) 情報収集  書籍/雑誌  ググれ  Twitter 情報発信  ブログ  Twitter  勉強会 ツールの習得  Linuxコマンド  エディタ Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 58
  • 59. 心得(2) メタル経験値  トラブルを乗り越える  失敗する 英語  最新技術やマイナーソフトウェアは英語  技術マニュアルと掲示板  少しの読解能力/Google翻訳/英辞郎  読めなければ解決できない場面で成長する Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 59
  • 60. インフラエンジニアのいいところ 終わりがある  アプリエンジニアはサービス終了まで 永遠に更新し続けなければならない  インフラエンジニアは構築物が半永久 的に動けば安らぎがある 技術力次第  サーバ1台壊れただけで休日に呼び出さ れるか、翌営業日に対応すればよいか  いかに大量処理を効率化して早く終わら せ、研究や勉強に時間を割くか Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 60
  • 61. イ ち え 3イ最 り ン ょ ? 年ン初 た フ っ 早フか いラら く ラ と わな な エ だ !ん っ ン け て た ジ ? ニ ア fin に Copyright © DRECOM Co., Ltd All Rights Reserved. 61