Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

聞く技術

1,211 views

Published on

このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクール 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資料の一部です。

他のスライドは http://nhiro.org/kuds2014/ で見つけることができます。

Published in: Education
  • Be the first to comment

聞く技術

  1. 1. 京大サマーデザインスクール2014   京大サマーデザイン スクール2014   (c)2014 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和 1
  2. 2. 聞く技術        2 2
  3. 3. 盲点に気づくための 聞く技術        3 3
  4. 4. 4 インタビュアーが守るべき 3つの原則 白紙・受容・個の追求       上野啓子(2004)"マーケティング・インタビュー 問題解決のヒントを「聞き出す」技術" 東洋経済新報社 4
  5. 5. 白紙 先入観なく見る        5 5
  6. 6.     先入観なく見るのは難しい    6 6
  7. 7. 多くの視点を知ることで 先入観を減らす        7 7
  8. 8. 8 “日本人は、自分たちが基本 的にお互い似通っていると いう前提で物事を見ている ようです”     ハーバルスタム、日本での取材が苦労した理由を振り返って 野村進(2008)"調べる技術・書く技術" 講談社 8
  9. 9. 相手の物の見え方は 自分とは異なる だからこそ それを知る価値がある        9 9
  10. 10. 受容 受け入れられていると感じると 自分の考えを気持ちよく話せる        10 10
  11. 11. 話し始めは遮らずに 一区切りするまで待つ        11 11
  12. 12. 相手が黙っても 焦らず30秒は待つ        12 12
  13. 13.     どんなシャイな人でも 自分の好きなことには雄弁 どんな人でも何かの達人    13 13
  14. 14. 相手が何を話したいかを 見つけ出すゲーム        14 14
  15. 15.     問いで口を開かせる 良い問いを見つけるゲーム    15 15
  16. 16. 個の追求     16 相手の個性をいかに出すか   原正紀(2010)"インタビューの教科書"  16
  17. 17. 具体的事実を聞く        17 17
  18. 18. “何もしてないのに パソコンが壊れた!” これは解釈。事実を聞く        18 18
  19. 19. “コツは何ですか?” “特に何もしてないよ” これも解釈。事実を聞く        19 19
  20. 20. “なぜそれをやった?” “~~だからだよ” これも解釈。事実を聞く        20 20
  21. 21. 「なぜ?」の答えは 後付けかもしれない 行動にフォーカスせよ       21 ライル・M. スペンサー、シグネ・M. スペンサー(2011) "コンピテンシー・マネジメントの展開" 21
  22. 22. “思っていること” ではなく “実際に行ったこと” を聞く        22 22
  23. 23. インタビュー対象自身も 気づいていなかった側面 に光が当たる        23 23
  24. 24. 質問を通して 言語化を促す        24 24
  25. 25. 京大サマーデザインスクール2013 参考文献    上野啓子(2004)"マーケティング・インタビュー 問題解決のヒント を「聞き出す」技術" 東洋経済新報社 早尾恭子(2014) "マーケティング・インタビューのプロ モデレー ター 聞き出す技術" 野村進(2008)"調べる技術・書く技術" 講談社 原正紀(2010)"インタビューの教科書" 同友館 ライル・M. スペンサー、シグネ・M. スペンサー(2011) "コンピテ ンシー・マネジメントの展開" 生産性出版 佐藤智子(2014)”1万人インタビューで学んだ「聞き上手」さんの 習慣" 飛鳥新社 東山紘久(2000)"プロカウンセラーの聞く技術" 25
  26. 26.   このスライドについて このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資 料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2014/ で見つ けることができます。    26

×