Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

イノベーション創発塾_2017 001

324 views

Published on

東北大学、2017年8月22日
博士後期課程の学生さん向けの講義スライドです。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

イノベーション創発塾_2017 001

  1. 1. イノベーション創発塾 ベンチャー起業とキャリアパス 2016年8月22日 9:00〜12:00 東北⼤学 @⻘葉記念会館4階401 ⽯井⼒重 Rikie Ishii アイデアプラント 代表 早稲田⼤学 非常勤講師 東北⼯業⼤学 非常勤講師 rikie.ishii@gmail.com 1
  2. 2. “ベンチャー”、というのは、社会通念上は、 規模の⼤きい事業規模(数⼗億円〜)、 特に、ハイテク・スタートアップスを指します。 私の場合は「ベンチャーを起業︕」なんて、 それっぽい感じの言い方はふさわしくない。 もう少し平たく、 「創業」(︓=事業を始めること)と、言いたいところ。 ⾃分の能⼒にぴったりの仕事場がないので、 作ってしまった、というのが、実際です。 2
  3. 3. 好きなことで飯を食う道には二通りある 「就職する」、か、「仕事を作る」 3
  4. 4. 好きなことで飯を食う道には二通りある 「就職する」、か、「仕事を作る」 4
  5. 5. 今日の話は、「好き」と「得意」から、事業アイデアを考案しよう、というものです。 5
  6. 6. と、いうことで、この講義の中身にぴったりのタイトルは・・・ 6
  7. 7. イノベーション創発塾 ベンチャー起業とキャリアパス 2016年8月22日 9:00〜12:00 東北⼤学 @⻘葉記念会館4階401 ⽯井⼒重 Rikie Ishii アイデアプラント 代表 早稲田⼤学 非常勤講師 東北⼯業⼤学 非常勤講師 rikie.ishii@gmail.com 博士の後は創業という道もある 好きな仕事を「作り出す」ワークショップ 7
  8. 8. 進行 0900 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 1.ストーリー『2つの博士を退学した人が、創業したら・・・』(30) 0930 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2.「好き」×「得意」 ワーク(10+40+5+15) 1040 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ <休憩(10)> 3.「好き」×「得意」×「社会的需要」(10+30) 1120 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 4.その先の話(10) 5.メッセージ+α(30) 1200 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 8
  9. 9. ストーリー『2つの博士を退学した人が、創業したら』 9
  10. 10. 石井力重(いしいりきえ)のケース 商社 独⽴⾏政法人 学部 理学 修士 理学 博士 工学 博士 経済学 創業 (至る現在) 博士課程は、単位は必要以上に取るも 転籍と退学という形で、博士号無し。 (なので、最終学歴は、理学修士) (B、M、D、D、・・・全て東北⼤です) 1993 1999 1997 2004 2006 2009 10
  11. 11. 2009年4月 アイデアプラント 創業 ◎アイデア発想ツールの企画・開発 (製造・販売はパートナー企業にて) ◎アイデアワークショップの設計・運営 ◎創造研修の提供 2014年4月 早稲田⼤学・非常勤講師(◎デザイン論 担当) 2017年4月 東北⼯業⼤学・非常勤講師(◎アイデア創出基礎及び同演習 担当) 創業以降 (⾃分の事業からの稼ぎと、2つの⼤学から給与を頂いています) 11
  12. 12. 創業のやり方 12
  13. 13. ⿐息荒く「起業するぞ︕」って感じの スタートではありませんでした。 (構想やビジョンはありましたが。) 13
  14. 14. ⿐息荒く「起業するぞ︕」って感じの スタートではありませんでした。 (構想やビジョンはありましたが。) 2009年3月31日23:59 独⽴⾏政法人のフェロー職、任期満了に伴う退職 2009年4月1日 午前9時過ぎ 近くの税務署へ。 14
  15. 15. ⿐息荒く「起業するぞ︕」って感じの スタートではありませんでした。 (構想やビジョンはありましたが。) 2009年3月31日23:59 独⽴⾏政法人のフェロー職、任期満了に伴う退職 2009年4月1日 午前9時過ぎ 近くの税務署へ。 個人事業主の「開業届」(紙切れ⼀枚)を 書いて出し、完了。 午後には、机に座ってPCで仕事を始めていました。 15
  16. 16. 創業から8年たった現在、どんな日々︖ 16
  17. 17. 旅仕事、 年間100泊 ⼀年間の旅費で、 ⾃動⾞2台買えるほど 毎日、どこかで アイデア創出に 携わる ⼤企業の イノベーション部門にて 学会の賞を受賞 (2016年) 日本創造学会 (neko note の開発事例) ⾃宅は仙台、 4人家族 仕事場(書斎)は ⾃宅から徒歩5分 どんな仕事(+α)の日々︖ 皆さんと同じで、 やはり、学問が好きなんです 好きな仕事をして そこから得たものを 知の世界に返しています 20%は海外 個人事業主でも 海外出張は、 結構、するんです 17
  18. 18. すぐに、飯は⾷えるの︖ 18
  19. 19. すぐに、飯は⾷えるの︖ • ⾷えます。 • でも、実はちょっと⼯夫が要ります。 • 創業時に、18か月分の⾃⼰資⾦を持っておくこと。 – 最初の頃は、「稼ぎ」<「出費」 – 創業期の「出費」≒ほぼ⾃分の給与(数⼗万円) – PCや道具は︖→“起業家の信条“「1.貰う、2.借りる、3.買う」「創造⼒では負けない」 – 頭とパソコンだけでできる仕事でも 【18カ月×自分の給与】は創業資⾦として持っておこう。 • 生活費はいる。「給与」を非現実的に小さくしないこと。 • 創業しながら、バイトで稼ぐ、はダメ。刃を研ぐための時間が大事です。 19
  20. 20. すぐに、飯は⾷えるの︖ • ⾷えます。 • でも、実はちょっと⼯夫が要ります。 • 創業時に、18か月分の⾃⼰資⾦を持っておくこと。 – 最初の頃は、「稼ぎ」<「出費」 – 創業期の「出費」≒ほぼ⾃分の給与(数⼗万円) – PCや道具は︖→“起業家の信条“「1.貰う、2.借りる、3.買う」「創造⼒では負けない」 – 頭とパソコンだけでできる仕事でも 【18カ月×自分の給与】は創業資⾦として持っておこう。 • 生活費はいる。「給与」を非現実的に小さくしないこと。 • 創業しながら、バイトで稼ぐ、はダメ。刃を研ぐための時間が大事です。 20
  21. 21. すぐに、飯は⾷えるの︖ • ⾷えます。 • でも、実はちょっと⼯夫が要ります。 • 創業時に、18か月分の⾃⼰資⾦を持っておくこと。 – 最初の頃は、「稼ぎ」<「出費」 – 創業期の「出費」≒ほぼ⾃分の給与(数⼗万円) – PCや道具は︖→“起業家の信条“「1.貰う、2.借りる、3.買う」「創造⼒では負けない」 – 頭とパソコンだけでできる仕事でも 【18カ月×自分の給与】は創業資⾦として持っておこう。 • 生活費はいる。「給与」を非現実的に小さくしないこと。 • 創業しながらバイトで稼ぐ、はダメ。質の飛躍的向上のための時間が必要です。 21
  22. 22. 18カ月目から、「稼ぎ」>「出費」 収入で⾷えるよう(単月⿊字)になります。 18カ月 全⼒で 頑張ると 22
  23. 23. 銀⾏から借りれないの︖ • 担保がないのに、経営の素人が借りようとしないこと。 • 「事業計画だけ」で貸してくれる⾒込みは薄い。 • ⽀援制度などが充実している時期には、無くもないけど、とても少額。 • 事業経験のない人(特に、学術肌の人)が、借⾦するのは、 精神的に負担が大きくて、仕事の質が乱れるので避ける。 (⾦繰りって、⾟いものです。) • 友人知人から借りるのはもっとダメ︕ • 「親」は最後のセーフティーネット。その切り札は温存して。 • 借りたら、その⾦は、もらったお⾦じゃない。 • 銀⾏でも親でも「貸し主」は、経営に⼝を挟めることを忘れるな。 – 「好きな事じゃなく、儲かることをやれ」と指導される。 23
  24. 24. 銀⾏から借りれないの︖ • 担保がないのに、経営の素人が借りようとしないこと。 • 「事業計画だけ」で貸してくれる⾒込みは薄い。 • ⽀援制度などが充実している時期には、無くもないけど、とても少額。 • 事業経験のない人(特に、学術肌の人)が、借⾦するのは、 精神的に負担が大きくて、仕事の質が乱れるので避ける。 (⾦繰りって、⾟いものです。) • 友人知人から借りるのはもっとダメ︕ • 「親」は最後のセーフティーネット。その切り札は温存して。 • 借りたら、その⾦は、もらったお⾦じゃない。 • 銀⾏でも親でも「貸し主」は、経営に⼝を挟めることを忘れるな。 – 「好きな事じゃなく、儲かることをやれ」と指導される。 24
  25. 25. 銀⾏から借りれないの︖ • 担保がないのに、経営の素人が借りようとしないこと。 • 「事業計画だけ」で貸してくれる⾒込みは薄い。 • ⽀援制度などが充実している時期には、無くもないけど、とても少額。 • 事業経験のない人(特に、学術肌の人)が、借⾦するのは、 精神的に負担が大きくて、仕事の質が乱れるので避ける。 (資⾦繰りって、⾟いものです。) • 友人知人から借りるのはもっとダメ︕ • 「親」は最後のセーフティーネット。その切り札は温存して。 • 借りた⾦は、もらったお⾦じゃない。 • 「貸し主」は、経営状態を、報告せよという。 • 「好きな事じゃなく、利益の出ることをやれ」と指導される。 25
  26. 26. 銀⾏から借りれないの︖ • 担保がないのに、経営の素人が借りようとしないこと。 • 「事業計画だけ」で貸してくれる⾒込みは薄い。 • ⽀援制度などが充実している時期には、無くもないけど、とても少額。 • 事業経験のない人(特に、学術肌の人)が、借⾦するのは、 精神的に負担が大きくて、仕事の質が乱れるので避ける。 (資⾦繰りって、⾟いものです。) • 友人知人から借りるのはもっとダメ︕ • 「親」は最後のセーフティーネット。その切り札は温存して。 • 借りた⾦は、もらったお⾦じゃない。 • 「貸し主」は、経営状態を、報告せよという。 • 「好きな事じゃなく、利益の出ることをやれ」と指導される。 26
  27. 27. (ここで、疑問に先回りして、ちょっと脱線) 27
  28. 28. 「あれ︖でもL社を作ったMさんの事例では・・・」 28
  29. 29. 投資︖、融資︖ • 「融資」・・・借りる⾦(銀⾏からのお⾦) • 「投資」・・・返さなくていい⾦(投資家らのお⾦) • じゃあ、投資がいいじゃん︕・・・となりますが 投資家は、その割合に応じて、経営権を持ちます。 • それに、そもそも、 投資はリターンを期待して⾏うものであり、 弱々しい事業に投資する意味がない。 ( 事業計画に⾼い魅⼒と実⾏可能性があり、かつ、 やり抜くと思わせる信頼や 人を動かすカリスマ性があって、初めて可能 ) 29
  30. 30. (話を、元に戻します。→“18カ月の話“) 30
  31. 31. 単月⿊字化までは、貯⾦は減り続ける 18カ月 経費 売上 31
  32. 32. 18カ月 17カ月目までは、 「経費」>「売上」なので、 毎月、差し引きマイナス。 残預⾦はどんどん減ります。 単月⿊字化までは、貯⾦は減り続ける 32
  33. 33. 18か月からは 「経費」<「売上」 もちろん、事業が伸びれば 仕事の経費(赤い線)も上がります。 ですが、知識集約型のビジネスは 価値を生む資本が「脳とパソコン」 なので、それほど激しく上がりません。 18カ月 33
  34. 34. ⼝座残額が 増えていく 18カ月 34
  35. 35. 「経費」には「給与(生活費)」も、含めていることに注意。 仮に【給与ゼロで良い】と計算しちゃえば、経費がほとんど無くなり(赤の点線)、 創業後、すぐに⿊字化できる。・・・・が、収⽀上は⿊字にできても、生活はしていけない。 現実的な経費(当人の給与)を設定し、18カ月で売上が経費を超える事業計画を練れ。 18カ月 補足 35
  36. 36. ひとたび⾷えるようになると 36
  37. 37. ひとたび⾷えるようになると • 幸いなことに、 仕事が全国から来ます。 • 博士人材がもつ ハイスペックが活きる事業は 他社では代替えできないので。 37
  38. 38. ひとたび⾷えるようになると • 幸いなことに、 仕事が全国から来ます。 • 博士人材がもつ ハイスペックが活きる事業は 他社では代替えできないので。 すごく狭い事業領域だが そこに一社しか存在しない事業になる (ウルトラ・ニッチ) ここからは、 うれしいお仕事地獄の 日々が待っています。 ⾷えるようになるまでが ⻑い仕事は、 それも参入障壁として 働く。 つまり、後発参入者が、 登場しにくい。 逆に言えば、 「創業⼀カ月目から、 ⾷えるビジネス」 なんていうのは、 すぐに模倣者が現れて、 競争になる道。 38
  39. 39. ちょっと、戦略っぽい話 39
  40. 40. 博士の顧客はだれなのか 40
  41. 41. 博士の顧客はだれなのか • 知的な仕事を提供し、⼀日30万円の報酬をもらいたい、とする。 • 年商「⼀億円」の企業が払えるだろうか︖ • 知的な仕事の提供は、企業側には、研究開発のコストの⼀部。 ↓ • 研究開発の額は、売上の2%あれば良い方。 ↓ • 1億円の2%=200万円 ↓ • ⼀年間で200万円しか研究開発投資しない企業が、 1日の知的な⽀援に30万円払う、というのはあり得るだろうか︖ 自分の顧客クライテリア(尺度、基準)が⾒えてくる。 41
  42. 42. 博士の顧客はだれなのか • 知的な仕事を提供し、⼀日30万円の報酬をもらいたい、とする。 • 年商「⼀億円」の企業が払えるだろうか︖ • 知的な仕事の提供は、企業側には、研究開発のコストの⼀部。 ↓ • 研究開発の額は、売上の2%あれば良い方。 ↓ • 1億円の2%=200万円 ↓ • ⼀年間で200万円しか研究開発投資しない企業が、 1日の知的な⽀援に30万円払う、というのはあり得るだろうか︖ 自分の顧客クライテリア(尺度、基準)が⾒えてくる。 42
  43. 43. 博士の顧客はだれなのか • 知的な仕事を提供し、⼀日30万円の報酬をもらいたい、とする。 • 年商「⼀億円」の企業が払えるだろうか︖ • 知的な仕事の提供は、企業側には、研究開発のコストの⼀部。 ↓ • 研究開発の額は、売上の2%あれば良い方。 ↓ • 1億円の2%=200万円 ↓ • ⼀年間で200万円しか研究開発投資しない企業が、 1日の知的な⽀援に30万円払う、というのはあり得るだろうか︖ 自分の顧客クライテリア(尺度、基準)が⾒えてくる。 こう考えていくと 43
  44. 44. 30万を軽く出せる企業とは︖ ↓ 年間で最低でも3000万円のR&D投資ができる企業 ↓ 2%を元に逆算すると、売上15億円 ↓ (数字の上では、この辺の売上⾼をもつ企業。) ↓ 実際はもっとシビア。 ↓ それよりも1~2桁上の売り上げを出す企業が クライアント候補になる。(つまり、売上 数百億〜数千億) ↓ ゆえに・・・ 顧客は「⼤企業」である IPOを視野に入れ始めた ベンチャー企業は これぐらいのサイズ 44
  45. 45. 30万を軽く出せる企業とは︖ ↓ 年間で最低でも3000万円のR&D投資ができる企業 ↓ 2%を元に逆算すると、売上15億円 ↓ (数字の上では、この辺の売上⾼をもつ企業。) ↓ 実際はもっとシビア。 ↓ それよりも1~2桁上の売り上げを出す企業が クライアント候補になる。(つまり、売上 数百億〜数千億) ↓ ゆえに・・・ 顧客は「⼤企業」である IPOを視野に入れ始めた ベンチャー企業は これぐらいのサイズ 45
  46. 46. 顧客が、⾒えたところで・・・ • 博士の仕事を買ってくれる候補は⼤企業。 • 日本の⼤企業は、12,000社。 • さて「⼤企業」をターゲットとして、 博士人材が持つ「ニッチで超⾼度な能⼒」から、 創業すべき事業内容は、どうなる︖ 46
  47. 47. ①「好きなこと(好きで寝食忘れてもやりたいこと)」 ②「得意なこと(他の人よりも上手く出来ること)」 の2つを明らかにする必要がある。 ⼀般に、この二つの“円“は、わずかしか重ならない。 なので、まずは、たくさん、吐き出してみることが⼤事。 まずは、、、 47
  48. 48. 「好き」×「得意」 • ⽯井の場合は・・・ 「新技術や新しいモノゴトが⼤好き」で 「アイデアを出すのも得意」 (更にアカデミアの最後は「創造⼯学」の研究もした) • これを事業にするとなると、どんな方略があるだろう︖ (私は、創業前の事業アイデアは30個以上考えていました) → ちょっと、皆さんから、聞きます。 • →そのあと、⽯井事例はここまでにして、 皆さんの宝探しに入ります。 (得意要素の⼀部となるもの) 48
  49. 49. 「好き」×「得意」 ワーク 49
  50. 50. まずは ①「好きなこと」 ②「得意なこと」 を山ほど出す。 ①②の重なりに、創業プランがある。 この二つの要素の集合は、 わずかしか重ならない。 なので、たくさん、吐き出してみることが、⼤事。 その前に・・・ 50
  51. 51. 飯が⾷えるのは、3つの円の重なり ①好き ②得意 ③社会的需要 ・顧客がお⾦を払いたいと思うこと ・市⺠や社会にとって価値があり 対価が社会から捻出されること (要は、お⾦、になる、というファクターです) 51
  52. 52. 飯が⾷えるのは、3つの円の重なり ①好き ②得意 ③社会的需要 ・顧客がお⾦を払いたいと思うこと ・市⺠や社会にとって価値があり 対価が社会から捻出されること (要は、お⾦、になる、というファクターです) これは、あなたの外側にあるので 机上だけでやるのは難しい。 52
  53. 53. ワーク まずは ①「好きなこと」 ②「得意なこと」 を山ほど出す。 53
  54. 54. 出す作業のコツ ◎抽象的なものを書いたなら、 それをもっと具体的にしたものも書く。 (具体的材料は、具体的アイデアを生む) ◎「そんなの何の価値もなさそう」というものも書き出す。 あとで使える素材が、意外とそういうところにも。 ◎考えて、書き出して、人と話すこと。 引き出してもらったり、⾃分で話しながら気づいたり。 54
  55. 55. では、思考の助走から • 方式︓相互紹介ワーク2回 • ペアを作る。じゃんけんで、AとBを決める。 • Aの人は、 ⾃分の「好きな事」「得意な事」を、語る。 • Bの人は、それについて“面白がり“の姿勢で (興味をもって)掘り下げてみる(5分) • 次は、BとAを逆。5分 • ペアを組み直し、もう⼀度(今度は10分ずつ) 補助ツール 「六観点リスト」 55
  56. 56. 6観点リスト 出典『アイデア・スイッチ』 56
  57. 57. 五感で 感じるもの 色・形、音、におい、味、 質感、触感、食感 人 主体、客体、単数、複数、 立場、能力、市場、仕入先 モノ 製品、素材、 人以外の生き物 プロセス 人とモノの動き、 役割、相互作用 環境 風土、取り巻く場、状況、 時間、空間、構造 意味・価値 意味、感情、感性、価値、強み、 機会、情報、金、ビジョン、ゴール ( 「自分が好きなもの」「自分が得意なもの」を、各観点から、考えてみる ) 対象やテーマに対し、各サーチライトで、光をあてて、思い浮かぶことをメモする 57
  58. 58. 次は、⼀人で書き出す(5+10分) • 好きな事を8個列挙 • 得意な事を8個列挙 • その掛け算をしてみる(事業アイデア) • 考えたことは、全部、将来、参考になります。 • 紙に書き出しておいてください。 58
  59. 59. 好きな事 得意な事 ・好きなことを8つ書く ・得意なことを8つ書く ・交点ごとに、ビジネスアイデアを考えてみる (考えたことは、全部、将来、参考になる。 ふとした思い付きも、書き出しておく) 59
  60. 60. 好きなこと 得意なこと 事業アイデア (思い浮かぶことは、アイデア無くても全部書く) 60
  61. 61. 「好き」×「得意」×「社会的需要」 61
  62. 62. 社会的需要がある「すき・得意」は、天職となる 62
  63. 63. それを⾒つけるには︖ 63
  64. 64. 人に聞く 64
  65. 65. つまり、事業アイデアという仮説を はっきり、人にぶつけて、 意⾒をもらう ↓ 天職の発⾒ 65
  66. 66. でも、実際は、 聞いて、 試して、 学んで、 もっと試して、 の繰り返しが要ります。 66
  67. 67. せっかくなので、疑似体験 ランダムに、三人組を作り、 10分ずつ、ディスカッションをしてみましょう。 聞き手の二人は、アドバイスしてあげてください。 中には「好き×得意」からの事業アイデア を出せていない人もいるでしょう。 その場合は、まず、⼀緒に、事業アイデアを ブレストしてあげてください。 67
  68. 68. 今日の最後に 今日の「宝探し」は、研究テーマを探索する際にも、 同じ構造が使えます。 既存の学会で、既存の研究トレンドは、 先人たちに、なかなか追いつけない。 • ⾃分の興味あること(①) • 研究上得意な事(②) の掛け算から、研究テーマを構想し • 社会的需要があること(③) を⾒つけてみれば、多くの萌芽的な研究テーマは描けます。 68
  69. 69. その先の話 69
  70. 70. そのさきも、⼤事な段階があります。 70
  71. 71. 回せない⇒回せる 儲からない⇒儲かる 強みに依拠していない⇒依拠している Happy 事業アイデアの発展段階 71
  72. 72. メッセージ 72
  73. 73. 博士出て、社⻑をしている人って、 そこそこ、います。 73
  74. 74. 博士出て、社⻑をしている人って、 そこそこ、います。 少なくとも、博士に来るぐらいの思考⼒があれば、 自分ひとり食わす分の稼ぎなら、 頭フル回転させると、思いつく。 やりきる能力がある。 74
  75. 75. 博士出て、社⻑をしている人って、 そこそこ、います。 少なくとも、博士に来るぐらいの思考⼒があれば、 自分ひとり食わす分の稼ぎなら、 頭フル回転させると、思いつく。 やりきる能力がある。 それ以上を狙いたい人、います︖ 75
  76. 76. 博士出て、社⻑をしている人って、 そこそこ、います。 少なくとも、博士に来るぐらいの思考⼒があれば、 自分ひとり食わす分の稼ぎなら、 頭フル回転させると、思いつく。 やりきる能力がある。 それ以上を狙いたい人、います︖ 欲張りですね。。。(笑) でも、それ以上どこまでいくかは、その人によります、というのが正直なところ。 76
  77. 77. いつでも、たくさんの可能性を。 専門の刃を磨くと同時に、 「いつでも飯ぐらい⾷うたるわい︕」という 気概とアイデアも醸成しておいてください。 名刀を研ぎ澄ますこととは別のことがしたくなった時、 たくさんの選択肢を作り出すことができる人は、 未来像がつねに明るい。 刀を持たない競争相手にくらべたら、 エクスカリバー(博士という刃)をもって冒険の旅に出る(ビジネスをする)ことって、 実は、かなりおもしろいですよ。 77
  78. 78. もう⼀つ 78
  79. 79. とある本によれば、 幸せには、 • 愛される • 褒められる • 人の役に立つ • 人から必要とされる ことが必要らしいです。 年収と幸福が正⽐例するのは、 数100万〜1000万円あたりまで。 それより先は、 年収じゃないなにかが、幸せを増やす。 お⾦は必要⼗分条件ではなく、必要条件。 少しは無いときついけれど、 それだけを猛進してたどり着く場所は、歪な世界。 日々を豊かに生きる、 というのは、 遊んで暮らせる資産があること とはちょっと違うみたいです。 がむしゃら、の雲の先に たどりついたら、 ふと思いだしてみてください。 79
  80. 80. 石井力重 2017年8月22日 東北大学にて 80
  81. 81. 81
  82. 82. 準備物リスト ご準備いただきたいもの ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □プロジェクター できれば2台(HDMI入⼒) □ホワイトボード できれば2台 □マイク □A4白紙(講師席に、どさっと⼀束あれば⼗分です) □ポストイット(使いたい人用ですので、半端モノのバラバラのもので結構です。講師席に、⼀掴み分ぐらい) □印刷物(各人1セット) ・handout.pdf(印刷希望仕様︓A4 両面 ホチキスどめ) ・worksheet.pdf(印刷希望仕様︓A4 片面 クリップ留め) ⽯井が持参するモノ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □ノートPC □タイマー、ボードマーカー、ポインター □iPod(音楽入り) 82
  83. 83. ワークシート 83
  84. 84. 五感で 感じるもの 色・形、音、におい、味、 質感、触感、食感 人 主体、客体、単数、複数、 立場、能力、市場、仕入先 モノ 製品、素材、 人以外の生き物 プロセス 人とモノの動き、 役割、相互作用 環境 風土、取り巻く場、状況、 時間、空間、構造 意味・価値 意味、感情、感性、価値、強み、 機会、情報、金、ビジョン、ゴール ( 「自分が好きなもの」「自分が得意なもの」を、各観点から、考えてみる ) 対象やテーマに対し、各サーチライトで、光をあてて、思い浮かぶことをメモする
  85. 85. 好きな事 得意な事 ・好きなことを8つ書く ・得意なことを8つ書く ・交点ごとに、ビジネスアイデアを考えてみる (考えたことは、全部、将来、参考になる。 ふとした思い付きも、書き出しておく)
  86. 86. 好きなこと 得意なこと 事業アイデア (思い浮かぶことは、アイデア無くても全部書く)
  87. 87. 好きなこと 得意なこと 事業アイデア (思い浮かぶことは、アイデア無くても全部書く)

×