• Like
センス・オブ・ワンダーナイトの紹介
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

センス・オブ・ワンダーナイトの紹介

  • 1,096 views
Published

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,096
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2

Actions

Shares
Downloads
3
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 「センス・オブ・ワンダー ナイト 2009」の紹介 新清士
  • 2. 開催概要 • 「センス・オブ・ワンダー ナイト 2009(SOWN 2009)」は、ゲーム開発者にスポットライトを当て、“見た瞬間、コンセプトを聞いた瞬間に、誰もがはっと、 自分の世界が何か変わるような感覚”=「セ ンス・オブ・ワンダー」を引き起こすようなゲームのアイデアを発掘し、東京ゲームショウにてプレゼン テーションの機会を提供するもので、昨年初めて開催し ました。 • 前回は、14の国と地域から67件の応募があり、選考の結果、海外4作品を含む計11作品のプレゼンテーションが行われました。同時開催した「イン ターナショナル・パーティー」と合わせて、22の国と地域から500名を超えるオーディエンスが参加。発表会場は、国際的な雰囲気のなか、盛況のう ちに幕 を閉じました。 • 2回目となるSOWN 2009も、より斬新なアイデアを広く募集します。世界中からゲーム業界関係者が集う東京ゲームショウで、あなたのアイデアを プレゼンテーションしてみま せんか? そして、そのプレゼンテーションに参加する他の仲間や、オーディエンスからも刺激を受け、新しい発見や人 的ネットワークを得ていただきたいと考 えています。 • 主催:社団法人コンピュータエンターテインメント協会/日経BP社 • 協力:国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本) • 協賛:関連企業を予定 ホームページをみてください! http://tgs.cesa.or.jp/sown/
  • 3. 「センス・オブ・ワンダー ナイト」の目的 ○実験的であり、創造的であり、伝統的と呼ばれないゲームデザインやアイデアを含んだゲームを紹介すること ○「センス・オブ・ワンダー」を感じられるゲームが作られることの重要性を紹介し、それにより、ゲーム産業の活性化を図ること ○実験的なゲームを開発している人たちに、将来へのチャンスの場を提供すること ○ゲームデザインに新しい領域を作り出していくこと • 発表を期待されているのは、プロトタイプのデモや、実験的な要素を持った発売済もしくは発売予定のゲーム、変なことを思いついた学生が開発し たゲームといったものです。 • プロやアマチュアといった区別もまったくあり ません。小さなベンチャー企業のゲームや、 一人で開発しているような同人ゲームの投稿 を歓迎します。 • もし、「センス・オブ・ワンダー」を引き起こせるようなゲームを発表したいと思われるなら、以下のエントリー方法をご確認のうえ、ぜひ作品を応募してください。
  • 4. 「センス・オブ・ワンダー ナイト」が 対象とするゲーム • ユーザーインターフェースのイノベーション • 自動生成によって生み出されるようなゲーム • インタラクティブなストーリーテリング • 創発的な要素を持っているようなゲーム • とにかくなんだか訳が分からな いけれど、すごいもの とにかく観た瞬間に「これはスゴ イ…」と感銘を与えられるゲーム
  • 5. プレゼンテーション概要 • 開催日 2009年9月25日(金)〈時間未定〉 会場 幕張メッセ・国際会議場内(予定) 観覧方法 東京ゲームショウ2009ビジネスデイの入場パスをお持 ちの方であれば、参加いただけます。詳細については、会期前に あらためて発表いたします。 • 選考を通過し、プレゼン参加者に決定した方には、「東京ゲーム ショウ2009」のビジネスデイおよびTGSフォーラムの招待チケットが 贈られます。 • プレゼン参加者には、10分間のプレゼンテーションの時間が提供 されます。 ※講演は、英語への逐次通訳方式で行われます。 • プレゼンテーションは録画され、後日、ウェブサイト上で動画として 公開されます。事前に提出されたゲームの情報についても、公開 されます。
  • 6. 募集概要 • 応募締切 2009年8月16日(日)〈日本時間〉 • 応募資格 国籍、年齢、職業(学生、ゲーム制 作者など)、一切不問 • 選考 応募いただいたゲームアイデアは選考 委員により10作品を上限にプレゼンテーショ ン通過作品を選考します。 • 結果発表 2009年8月26日(水)(予定) 選考通過作品の応募者に直接連絡いたしま す。
  • 7. 選考委員 長 健太氏 Simon Carless氏 高橋 慶太氏 ABA Games Independent Games バンダイナムコゲームス Festival / Gamasutra 片山 崇氏 杉内 賢次氏 新 清士氏 ベクター エンターブレイン 国際ゲーム開発者協会日本
  • 8. 東京ゲームショウ「センスオブワンダーナイト2008」 08年10月 画像は、すべてインサイド 小野憲史さんの記事より 【TGS2008】新たなゲームの可能性を切り開く「センス・オブ・ワンダーナイト2008」開催 幕張メッセ http://www.inside-games.jp/news/316/31610.html 参加者500名
  • 9. なんでこんなことをやるの? • モデルとしているのは、Game Developers Conferenceで 2002年にスタートした「Experimental Gameplay Workshop」。 – 大型化していくゲームへの疑問からスタートしたもの? – 本当にゲームの可能性はこんな大手か出ているもので終わり なの? • 各社さんの協力(昨年は、マイクロソフトさん、任天堂さん) • ただし、特に、このイベントの成功は、CRIさんのアイデア提 案のおかげ! – ピコピコハンマー –昨年の様子(ムービー)
  • 10. 応募のための「傾向と対策」 • 審査は投票形式 – 一次審査を行った後の候補を、 – 昨年は審査員が集まり、その場で資料を見ながら、委員の投票形式で決め ていく – かなりフェアに決まります • どちらかというと変なゲームが好まれる傾向 – ゲームでさえないものも高い評価を得られている • 別に商業用ゲームだから有利というわけではない! – 最初の1分ぐらいで、直感的にわかりやすいものが有利 • 動画があるとなお有利(YouTube等に上げておくをお勧め) • 海外勢は「コンテスト」に慣れている – すでに2000年代初頭から、コンペ入賞したものが商品化される流れができて いるために、Indie系は、メジャールートの可能性として、様々なコンペを狙い に来る • 日本勢はベクター系強し! – 昨年の応募の多くがベクター系
  • 11. 投稿のお願い • どうかお気軽に投稿ををお願いします! • http://tgs.cesa.or.jp/sown/ – どーにかなります。 – 全世界に告知されるため、反響は結構大きい • このおかげで完成できたという作り手の方か らの感想は運営側としては泣きそうなぐらい 嬉しい! – SCE「ゴミ箱」のチーム
  • 12. ただ、いきなり「甲子園」が 大変だという方に • 前回の懇親会時に酔った勢いで決めてしまいましたが、 10月24日(土)に 「(仮)同人・インディ ゲーム プレゼン ジャム」を IGDA日本SIG-Indieで開催予定 • 秋葉原UDXをお借りする予定で交渉中 • ほぼ、「センスオブワンダーナイト」と同じような形式ですが、 タイトルはまったく限らず、もっと緩いレギュレーションで、各ゲームを開 発された方に次々セルフプレゼンテーションしていただく機会を提供した いと思っています。 • 詳細は、今日のセミナー終了後に懇親会2次会で関係者で議論予 定っ! – 運営や参加に関心のある方は、ぜひ、名乗りを上げてください