オリエンテーション
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

オリエンテーション

on

  • 1,876 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,876
Views on SlideShare
1,876
Embed Views
0

Actions

Likes
3
Downloads
21
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

オリエンテーション Presentation Transcript

  • 1. 京大サマーデザイン スクール2013 京大サマーデザインスクール2013     (c)2013 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和
  • 2. オリエンテーション オリエンテーション      
  • 3. オリエンテーション       資料は講義の後に 紙で配布します
  • 4. オリエンテーション 講師の紹介     講師 西尾泰和 & 竹迫良範 サイボウズ・ラボ
  • 5. オリエンテーション 講師の紹介     サイボウズ グループウェア国内シェアNo.1 グループウェアって?
  • 6. オリエンテーション 講師の紹介     グループウェア グループのためのソフトウェア コミュニケーション支援、タスク管理、 ワークフロー、スケジュール調整、 etc. 複数の人が協力してチームワークする際に それを支援するソフトがグループウェア
  • 7. オリエンテーション      
  • 8. オリエンテーション 講師の紹介    
  • 9. オリエンテーション      
  • 10. オリエンテーション 講師の紹介    
  • 11. このプロジェクトの目的 オリエンテーション 目的     
  • 12. チームワークのデザイン オリエンテーション 目的     
  • 13. オリエンテーション 目的 計画 = 自分の属している組織を改善するためになにをすればいいか   理想 受講者が広い視野を持ち 様々な手法を使いこなし 計画し実行し成果を出す
  • 14. オリエンテーション 目的     現実 三日間のワークショップで その理想を達成するのは無理
  • 15. オリエンテーション 目的     達成可能な今回の目標 ・多様な分野の講義を聞く ・KJ法を経験する ・改善計画を考え、発表する
  • 16. なぜ改善計画を作る? オリエンテーション 目的     
  • 17. オリエンテーション 目的     PDCAサイクルを回すことで学ぶ
  • 18. オリエンテーション 目的     学びのための最初の一歩!
  • 19. オリエンテーション 目的 PlanだけではなくDoして、結果をCheck   学んで体験して終わりではなく 帰って自分の所属するチームで 実践することで学びが得られる
  • 20. オリエンテーション 目的     実際にやってみることが大事
  • 21. オリエンテーション メタな話 これは西尾のプログラミング教育経験からアナロジーで展開した デザイン教育の3ステップ 1: あるデザインをまずはそのまま経験する 2: なぜそうデザインされているのか   理由を学ぶ 3: 自分で考えて新しいデザインを作る
  • 22. オリエンテーション メタな話   みなさんは実際に 「西尾によるデザイン」 を経験することになる
  • 23. オリエンテーション メタな話   1: まず経験 2: なぜ?を学ぶ 3: 自分で作る
  • 24. オリエンテーション プロジェクトの全体像     ・最終成果物のフォーマット ・使うことができる時間 ・おおまかな流れ
  • 25. オリエンテーション プロジェクトの全体像:最終成果物のフォーマット     最終日 成果発表会 15分の発表時間 各自2 3分で発表
  • 26. オリエンテーション プロジェクトの全体像:使える時間     1日目 5時間 2日目 5時間 3日目 2時間 計12時間
  • 27. オリエンテーション プロジェクトの全体像:おおまかな流れ     発散 収束
  • 28. オリエンテーション プロジェクトの全体像:おおまかな流れ     ・発散:まずは書き出す ・発散:かき混ぜ組み合わせる ・収束:整理する ・収束:一つに絞る ・発表準備
  • 29. オリエンテーション プロジェクトの全体像:おおまかな流れ     講義のおおまかな流れ ・書いてから考えよう ・断片的情報の構造化(KJ法) ・一つを選ぶ方法 演習の合間に色々な分野の紹介を挿入
  • 30. オリエンテーション プロジェクトの全体像:おおまかな流れ     ここまでで何か質問?
  • 31. オリエンテーション 最初の演習     ここからは最初の演習について
  • 32. オリエンテーション 最初の演習     チームが作られると よく行われる儀式 自己紹介
  • 33. オリエンテーション 最初の演習     自己紹介が うまく機能しない ことがある
  • 34. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン     自己紹介の問題点は?
  • 35. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン 先に話す方が楽なのに自信がない人ほど後にしがち   問題点1 自分の話す内容の作文に必死で 他人の話を聞かない人がいる
  • 36. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン 一生懸命話す内容を考えるが…   問題点2 自分の順番が近づくと そわそわしてしまう人がいる
  • 37. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン たくさんの内容を語っても記憶には残らない…   問題点3 人数が多いと 結局何も覚えてない
  • 38. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン     なぜ自己紹介をするのか?
  • 39. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン     お互いをよく知るため
  • 40. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン     なぜそのやりかたでやるのか?
  • 41. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン     特に理由はない? ならばやり方を変えることで 問題を改善できないか?
  • 42. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン     自分の話す内容の作文に必死で 他人の話を聞かない人がいる ↓ 考えるフェーズと 聞くフェーズを分離
  • 43. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン     自分の順番が近づくと そわそわしてしまう人がいる ↓ 順番をランダム化して 自分の番を予測不能にする
  • 44. オリエンテーション 最初の演習:自己紹介のリデザイン 人間が覚えられる量には限界がある   結局何も覚えてない ↓ 情報を最小限にする 「自分と相手の共通点」 だけに絞ろう
  • 45. オリエンテーション 最初の演習:共通点探しゲーム     共通点探しゲーム
  • 46. オリエンテーション 最初の演習:共通点探しゲーム:目的     各メンバーと 自分の共通点を 見つける
  • 47. オリエンテーション 最初の演習:共通点探しゲーム:ルール     • 自分に関する情報を付箋に書き出す(2分半 • 付箋1枚に1項目 • ランダムに当てられた人が1つ発表 • それが自分にも当てはまると思った人は 早い者勝ちで名乗りを上げる • 最初に全員と共通点が見つかった人が勝ち
  • 48. オリエンテーション 最初の演習:共通点探しゲーム:ルール ここに描き込む  
  • 49. オリエンテーション 最初の演習:共通点探しゲーム:ルール     質問ある?
  • 50. オリエンテーション 最初の演習:共通点探しゲーム:ルール     スタート!
  • 51. オリエンテーション 付録     付録
  • 52. 京大サマーデザインスクール2013 共通点探しゲームについて     隠れ目的: 後の演習で使う『付箋にタイム トライアルで書き出す』を 早めに体験させておきたい
  • 53. 京大サマーデザインスクール2013 共通点探しゲームについて     「人間です」「男です」「学生です」 と書かれてしまう可能性について この種のばかり何十件も出るとは考えにくい ゲーム上大きな問題ではない 規制すると書き出しを萎縮させる →「規制しない」という判断をした
  • 54. 京大サマーデザインスクール2013 共通点探しゲームについて     実際にやってみてどうだったか? 「みんな当然こうだよね?」という 思い込みが裏切られることによって メンバー・価値観の多様さを痛感できた。 当初の目的である共通点探しよりも このメリットのほうが大きかった。
  • 55. このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2013で行った「チームワークのデザイン」の 講義資料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2013/ で見つ けることができます。   このスライドについて