Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
京大サマーデザインスクール2014 
  
京大サマーデザイン 
スクール2014 
  
(c)2014 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 
西尾泰和 
1
自己紹介ワーク 
自己紹介で話すことを 
付箋に書く 
オリエンテーション 
  
2分間でなるべく多く 
  
2 
2
1分間で話す順に並び替え 
1分で話す 
オリエンテーション 
  
1分で話せるように優先順位をつけて並べる 
  
3 
3
オリエンテーション 
  
オリエンテーション 
   
4 
4
オリエンテーション 
  
   
資料は講義の後に 
紙で配布します 
5 
5
オリエンテーション 
  
   
講義資料を書き写すための 
‘ノート取り’は必要ありません 
自分の考えを記録するための 
‘メモ取り’は大歓迎 
6 
6
オリエンテーション 
講師の紹介 
   
講師 
西尾泰和 & 竹迫良範 
サイボウズ・ラボ 
7 
7
オリエンテーション 
講師の紹介 
でも、グループウェアって何? 
  
サイボウズ 
グループウェア国内シェアNo.1 
8 
8
オリエンテーション 
講師の紹介 
   
グループウェア 
グループのためのソフトウェア 
ソフトウェアによって 
組織の能力を増強する 
9 
9
オリエンテーション 
  
   
具体例10 
10
オリエンテーション 
講師の紹介 
   
情報共有 
TODO 
ファイル共有 
スケジュール 
掲示板 
11 
11
オリエンテーション 
  
   
12 
12
オリエンテーション 
講師の紹介 
   
情報共有データベース 
コミュニケーション 
13 
13
オリエンテーション 
講師の紹介 
既存のグループウェアは情報の出力・共有の能力は増強した、でも入力は? 
  
グループウェア 
情報 
集める 
溜める 
共有する 
個人 
出力 
入力 
14 
14
オリエンテーション 
講師の紹介 
   
“組織内で知識を共有する” 
だけではなく、その知識を 
“個人が習得し応用する” 
ことを増強する研究が必要 
15 
15
このWSの目的 
オリエンテーション 
目的  
   
16 
16
オリエンテーション 
目的  
学び方のデザイン 
   
17 
17
オリエンテーション 
目的 
   
理想 
18 
受講者が自分の学び方を改善し 
それによって実益を得ること 
18
オリエンテーション 
目的 
   
現実 
三日間のワークショップで 
改善案を実践して実益があるか 
検証するのは時間的に難しい 
19 
19
オリエンテーション 
目的 
*既存研究+他の参加者との交流によって **改善すべき点 ***自分の学び方の 
  
達成可能な今回の目標 
・多様な視点を得る* 
・自分の盲点**に気付く 
・改善計画***を作って発表 
20 
20
オリエンテーション 
目的  
なぜ改善計画を作る? 
   
21 
21
オリエンテーション 
目的 
   
PDCAサイクルを回す学び方 
22 
22
オリエンテーション 
目的 
   
23 
学びのための最初の一歩は計画 
23
オリエンテーション 
目的 
24 
PlanだけではなくDoして、結果をCheck 
  
✕ WSでワイワイして終わり 
◎ WSで立てた計画を、帰って 
実践してうまくいくか検証 
24
オリエンテーション 
プロジェクトの全体像 
   
・最終成果物のフォーマット 
・使うことができる時間 
・おおまかな流れ 
25 
25
オリエンテーション 
プロジェクトの全体像:最終成果物のフォーマット 
   
最終日 
2分の発表時間 
ポスター発表 
26 
26
オリエンテーション 
プロジェクトの全体像:使える時間 
   
1日目 5時間 
2日目 5時間 
3日目 2時間 
計12時間 
27 
27
オリエンテーション 
プロジェクトの全体像:おおまかな流れ 
   
発散収束 
発表準備 
28 
28
オリエンテーション 
プロジェクトの全体像:おおまかな流れ 
   
・発散:まずは書き出す 
・発散:かき混ぜ組み合わせる 
・収束:整理する 
・収束:一つに絞る 
・発表準備 
29 
29
オリエンテーション 
プロジェクトの全体像:おおまかな流れ 
   
講義のおおまかな流れ 
・書いてから考えよう 
・断片的情報の構造化(KJ法) 
・一つを選ぶ方法 
演習の合間に色々な分野の紹介を挿入 
30 
30
オリエンテーション 
プロジェクトの全体像:おおまかな流れ 
   
ここまでで何か質問? 
31 
31
  
このスライドについて 
このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 
と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー 
ル 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資 
料の一部です。 
他のスライドは http://nhiro.org/...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

01 オリエンテーション

1,310 views

Published on

このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクール 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資料の一部です。

他のスライドは http://nhiro.org/kuds2014/ で見つけることができます。

Published in: Education
  • Be the first to comment

01 オリエンテーション

  1. 1. 京大サマーデザインスクール2014   京大サマーデザイン スクール2014   (c)2014 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和 1
  2. 2. 自己紹介ワーク 自己紹介で話すことを 付箋に書く オリエンテーション   2分間でなるべく多く   2 2
  3. 3. 1分間で話す順に並び替え 1分で話す オリエンテーション   1分で話せるように優先順位をつけて並べる   3 3
  4. 4. オリエンテーション   オリエンテーション    4 4
  5. 5. オリエンテーション      資料は講義の後に 紙で配布します 5 5
  6. 6. オリエンテーション      講義資料を書き写すための ‘ノート取り’は必要ありません 自分の考えを記録するための ‘メモ取り’は大歓迎 6 6
  7. 7. オリエンテーション 講師の紹介    講師 西尾泰和 & 竹迫良範 サイボウズ・ラボ 7 7
  8. 8. オリエンテーション 講師の紹介 でも、グループウェアって何?   サイボウズ グループウェア国内シェアNo.1 8 8
  9. 9. オリエンテーション 講師の紹介    グループウェア グループのためのソフトウェア ソフトウェアによって 組織の能力を増強する 9 9
  10. 10. オリエンテーション      具体例10 10
  11. 11. オリエンテーション 講師の紹介    情報共有 TODO ファイル共有 スケジュール 掲示板 11 11
  12. 12. オリエンテーション      12 12
  13. 13. オリエンテーション 講師の紹介    情報共有データベース コミュニケーション 13 13
  14. 14. オリエンテーション 講師の紹介 既存のグループウェアは情報の出力・共有の能力は増強した、でも入力は?   グループウェア 情報 集める 溜める 共有する 個人 出力 入力 14 14
  15. 15. オリエンテーション 講師の紹介    “組織内で知識を共有する” だけではなく、その知識を “個人が習得し応用する” ことを増強する研究が必要 15 15
  16. 16. このWSの目的 オリエンテーション 目的     16 16
  17. 17. オリエンテーション 目的  学び方のデザイン    17 17
  18. 18. オリエンテーション 目的    理想 18 受講者が自分の学び方を改善し それによって実益を得ること 18
  19. 19. オリエンテーション 目的    現実 三日間のワークショップで 改善案を実践して実益があるか 検証するのは時間的に難しい 19 19
  20. 20. オリエンテーション 目的 *既存研究+他の参加者との交流によって **改善すべき点 ***自分の学び方の   達成可能な今回の目標 ・多様な視点を得る* ・自分の盲点**に気付く ・改善計画***を作って発表 20 20
  21. 21. オリエンテーション 目的  なぜ改善計画を作る?    21 21
  22. 22. オリエンテーション 目的    PDCAサイクルを回す学び方 22 22
  23. 23. オリエンテーション 目的    23 学びのための最初の一歩は計画 23
  24. 24. オリエンテーション 目的 24 PlanだけではなくDoして、結果をCheck   ✕ WSでワイワイして終わり ◎ WSで立てた計画を、帰って 実践してうまくいくか検証 24
  25. 25. オリエンテーション プロジェクトの全体像    ・最終成果物のフォーマット ・使うことができる時間 ・おおまかな流れ 25 25
  26. 26. オリエンテーション プロジェクトの全体像:最終成果物のフォーマット    最終日 2分の発表時間 ポスター発表 26 26
  27. 27. オリエンテーション プロジェクトの全体像:使える時間    1日目 5時間 2日目 5時間 3日目 2時間 計12時間 27 27
  28. 28. オリエンテーション プロジェクトの全体像:おおまかな流れ    発散収束 発表準備 28 28
  29. 29. オリエンテーション プロジェクトの全体像:おおまかな流れ    ・発散:まずは書き出す ・発散:かき混ぜ組み合わせる ・収束:整理する ・収束:一つに絞る ・発表準備 29 29
  30. 30. オリエンテーション プロジェクトの全体像:おおまかな流れ    講義のおおまかな流れ ・書いてから考えよう ・断片的情報の構造化(KJ法) ・一つを選ぶ方法 演習の合間に色々な分野の紹介を挿入 30 30
  31. 31. オリエンテーション プロジェクトの全体像:おおまかな流れ    ここまでで何か質問? 31 31
  32. 32.   このスライドについて このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2014で行った「学び方のデザイン」の講義資 料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2014/ で見つ けることができます。    32

×