Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
京大サマーデザイン
スクール2013
京大サマーデザインスクール2013
 
 
(c)2013 西尾泰和(サイボウズ・ラボ)
西尾泰和
断片的情報の構造化
断片的情報の構造化
 
 
 
みなさんの前には
たくさんの付箋
断片化した情報がある
断片的情報の構造化
 
 
 
これをどうするのか?
断片的情報の構造化
 
 
 
情報を構造化したい
   組織化したい
  統合したい
  整理したい
断片的情報の構造化
 
 
 
色々な言い方はあるが
要は「まとめたい」
断片的情報の構造化
 
 
 
なぜまとめられない?
断片的情報の構造化
 
「まとめたい→まとめられない」のギャップはなぜ?
 
情報が多すぎて混乱
人間の認知能力の限界
断片的情報の構造化
 
 
 
やり方の工夫で
乗り越えよう
断片的情報の構造化
 
 
 
そこで
KJ法
断片的情報の構造化
 
 
 
KJ法の流れ
KJ法の実践
KJ法の背景
断片的情報の構造化
 
 
 
KJ法の流れ
KJ法の実践
KJ法の背景
断片的情報の構造化
 
 
 
京大サマーデザインスクール2013
 
 
 
実録
KJ法の流れ
今回このKJ法の資料作り自体を
KJ法でやって過程を記録した
実録 KJ法の流れ
 
 
 
雰囲気をつかむために
流れを追ってみよう
実録 KJ法の流れ
 
 
 
実録 KJ法の流れ
まず2分半で脳内の思いついたことを書きだしてみた(7枚)
 
 
実録 KJ法の流れ
次に25分で「発想法」を読みながら思いついたことを書きだしたり抜き書き
 
 
実録 KJ法の流れ
「そもそも何のためなの」が抜けていると思ったので2分半で書き出し
 
 
実録 KJ法の流れ
さらに25分「発想法」を読む。手法の章だったので抜き書きの枚数が多い。
27分で41枚
 
実録 KJ法の流れ
「知の探検学」を25分読んで付箋づくり
 
 
実録 KJ法の流れ
実は講義の全体像を練るために事前に書いていた付箋がいくつかあるので回収
 
 
実録 KJ法の流れ
適当な空いている机を見つけたのでここに広げることに決めた
 
 
実録 KJ法の流れ
付箋を広げた(6分かかった)
(実はまだホワイトボードに貼られていた付箋は合流していない)
 
実録 KJ法の流れ
3分後、徐々にまとまってきた
隙間が増えたのでホワイトボードの付箋も合流させた
 
実録 KJ法の流れ
まとめ始めて10分経過
 
 
実録 KJ法の流れ
一部拡大
 
 
実録 KJ法の流れ
20分経過、表札は赤丸で囲むことにした
 
 
実録 KJ法の流れ
どんどん束ねて表札をつけ、圧縮していく
25分やって、休憩して、再開して10分目の写真
 
実録 KJ法の流れ
イレギュラーな「図の付箋」が動き始める
17分目
 
実録 KJ法の流れ
 
 
 
実録 KJ法の流れ
50分経過
正確には「25分のセッションの2回目が終了」途中に休憩が入っている
 
実録 KJ法の流れ
「離れザル」を集めてみた
どこに入れるか悩ましい…
 
実録 KJ法の流れ
空間的配置に意味をもたせた
離れザルは未解決
 
実録 KJ法の流れ
おおまかに2つのグループがあるが、継ぎ目にある付箋をどちらに入れるか悩む
 
 
実録 KJ法の流れ
おおまかに2つのグループがあるが、継ぎ目にある付箋をどちらに入れるか悩む
 
 
実録 KJ法の流れ
75分経過、束を更に束ねて離れザルも吸収
第3セッション終了時 
 
実録 KJ法の流れ
あらためて空間的配置
自宅に持ち帰っているので背景が変わっている
 
実録 KJ法の流れ
KJ法A型(図解化)途中
よくあるクロッキー帳(30.7cmx25.3cm)を使っている
 
実録 KJ法の流れ
もう片方も空間的配置
 
 
実録 KJ法の流れ
KJ法A型(図解化)完了
 
 
実録 KJ法の流れ
話の流れを描き入れた
実は図解化してから2日後。A4にコピーして書き込んでいる
 
実録 KJ法の流れ
「KJ法の背景」の「まとめる」をスライド化(KJ法B型の亜種)
スライドを作る過程で机に並べた。25分、付箋23枚、スライド20枚
 
実録 KJ法の流れ
「KJ法の背景」の「実験科学」「問題理解の必要」をスライド化
つなぎがスムーズでないので「実験科学は万能ではない」を追加
25分、付箋18枚、スライド15枚
実録 KJ法の流れ
「KJ法の背景」の「チームワーク」「関係するかもしれない」をスライド化
25分、付箋20枚、スライド12枚
スムーズでないのでかなり組み替えた。特に「関係するかもしれない」は
個人とチームの両方に入っていたので、くくりだして...
実録 KJ法の流れ
修正された図解
 
 
実録 KJ法の流れ
「KJ法の実践」スライド作成後の図解
25分 3、付箋87枚、スライド74枚
 
実録 KJ法の流れ
規模感
 
 
付箋148枚
所要時間7.5時間
実録 KJ法の流れ
規模感
『発想法』p69
 
2時間のブレストが
数十枚∼百数十枚の
付箋になる
実録 KJ法の流れ
規模感
 
 
1人でやっても
2時間で百数十枚の
付箋になった
実録 KJ法の流れ
規模感
⃝1個が25分
 
付箋づくり⃝⃝⃝⃝
まとめ作業⃝⃝⃝ 
図解化  ⃝⃝  
スライド化⃝⃝⃝⃝⃝⃝ 
付録
付録
 
 
 
付録
 
 
 
情報収集とその構造化を
KJ法で行い
発表資料を作った
付録
 
 
 
判断・収束のフェーズが
含まれていない
↓
資料は初期に「必要かも」
と思った内容を全部含む
付録
 
 
 
出来上がりを見て
「やっぱりいらない」
の枝刈りが必要
付録
 
 
 
・アイデアの干渉作用
→付録へ移動
付録
 
 
 
出来上がりを見て
 再構築(リファクタ)
付録
 
 
 
・データ集め・ラベル作り
→2章にマージ
・2章にもかかれていた
「チームでの書き出し法」
→3章にマージ
付録
 
 
 
この過程はPC上で
やることもあるし
16upでプリントして
KJ法することもある
付録
 
 
Why 16up?
付箋とほぼ
同サイズに
なるから
その後はさみで切る回数を減らすために25upマージンなしのPDFを作るツール
を作ったがまだ公開していないので、公開後ここにリンクを貼る
付録
 
「はがせるスティックのり」を試してみる予定
 
未解決問題
切り抜くのがめんどくさい
裏に糊がついていない
↓
印刷できる付箋が欲しい
このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和
と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー
ル 2013で行った「チームワークのデザイン」の
講義資料の一部です。
他のスライドは http://nhiro.org/kuds2013/ で見つ
ける...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

断片的情報の構造化の前振りと実録KJ法の流れ

2,421 views

Published on

  • Be the first to comment

断片的情報の構造化の前振りと実録KJ法の流れ

  1. 1. 京大サマーデザイン スクール2013 京大サマーデザインスクール2013     (c)2013 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和
  2. 2. 断片的情報の構造化 断片的情報の構造化      
  3. 3. みなさんの前には たくさんの付箋 断片化した情報がある 断片的情報の構造化      
  4. 4. これをどうするのか? 断片的情報の構造化      
  5. 5. 情報を構造化したい    組織化したい   統合したい   整理したい 断片的情報の構造化      
  6. 6. 色々な言い方はあるが 要は「まとめたい」 断片的情報の構造化      
  7. 7. なぜまとめられない? 断片的情報の構造化   「まとめたい→まとめられない」のギャップはなぜ?  
  8. 8. 情報が多すぎて混乱 人間の認知能力の限界 断片的情報の構造化      
  9. 9. やり方の工夫で 乗り越えよう 断片的情報の構造化      
  10. 10. そこで KJ法 断片的情報の構造化      
  11. 11. KJ法の流れ KJ法の実践 KJ法の背景 断片的情報の構造化      
  12. 12. KJ法の流れ KJ法の実践 KJ法の背景 断片的情報の構造化      
  13. 13. 京大サマーデザインスクール2013       実録 KJ法の流れ
  14. 14. 今回このKJ法の資料作り自体を KJ法でやって過程を記録した 実録 KJ法の流れ      
  15. 15. 雰囲気をつかむために 流れを追ってみよう 実録 KJ法の流れ      
  16. 16. 実録 KJ法の流れ まず2分半で脳内の思いついたことを書きだしてみた(7枚)    
  17. 17. 実録 KJ法の流れ 次に25分で「発想法」を読みながら思いついたことを書きだしたり抜き書き    
  18. 18. 実録 KJ法の流れ 「そもそも何のためなの」が抜けていると思ったので2分半で書き出し    
  19. 19. 実録 KJ法の流れ さらに25分「発想法」を読む。手法の章だったので抜き書きの枚数が多い。 27分で41枚  
  20. 20. 実録 KJ法の流れ 「知の探検学」を25分読んで付箋づくり    
  21. 21. 実録 KJ法の流れ 実は講義の全体像を練るために事前に書いていた付箋がいくつかあるので回収    
  22. 22. 実録 KJ法の流れ 適当な空いている机を見つけたのでここに広げることに決めた    
  23. 23. 実録 KJ法の流れ 付箋を広げた(6分かかった) (実はまだホワイトボードに貼られていた付箋は合流していない)  
  24. 24. 実録 KJ法の流れ 3分後、徐々にまとまってきた 隙間が増えたのでホワイトボードの付箋も合流させた  
  25. 25. 実録 KJ法の流れ まとめ始めて10分経過    
  26. 26. 実録 KJ法の流れ 一部拡大    
  27. 27. 実録 KJ法の流れ 20分経過、表札は赤丸で囲むことにした    
  28. 28. 実録 KJ法の流れ どんどん束ねて表札をつけ、圧縮していく 25分やって、休憩して、再開して10分目の写真  
  29. 29. 実録 KJ法の流れ イレギュラーな「図の付箋」が動き始める 17分目  
  30. 30. 実録 KJ法の流れ      
  31. 31. 実録 KJ法の流れ 50分経過 正確には「25分のセッションの2回目が終了」途中に休憩が入っている  
  32. 32. 実録 KJ法の流れ 「離れザル」を集めてみた どこに入れるか悩ましい…  
  33. 33. 実録 KJ法の流れ 空間的配置に意味をもたせた 離れザルは未解決  
  34. 34. 実録 KJ法の流れ おおまかに2つのグループがあるが、継ぎ目にある付箋をどちらに入れるか悩む    
  35. 35. 実録 KJ法の流れ おおまかに2つのグループがあるが、継ぎ目にある付箋をどちらに入れるか悩む    
  36. 36. 実録 KJ法の流れ 75分経過、束を更に束ねて離れザルも吸収 第3セッション終了時   
  37. 37. 実録 KJ法の流れ あらためて空間的配置 自宅に持ち帰っているので背景が変わっている  
  38. 38. 実録 KJ法の流れ KJ法A型(図解化)途中 よくあるクロッキー帳(30.7cmx25.3cm)を使っている  
  39. 39. 実録 KJ法の流れ もう片方も空間的配置    
  40. 40. 実録 KJ法の流れ KJ法A型(図解化)完了    
  41. 41. 実録 KJ法の流れ 話の流れを描き入れた 実は図解化してから2日後。A4にコピーして書き込んでいる  
  42. 42. 実録 KJ法の流れ 「KJ法の背景」の「まとめる」をスライド化(KJ法B型の亜種) スライドを作る過程で机に並べた。25分、付箋23枚、スライド20枚  
  43. 43. 実録 KJ法の流れ 「KJ法の背景」の「実験科学」「問題理解の必要」をスライド化 つなぎがスムーズでないので「実験科学は万能ではない」を追加 25分、付箋18枚、スライド15枚
  44. 44. 実録 KJ法の流れ 「KJ法の背景」の「チームワーク」「関係するかもしれない」をスライド化 25分、付箋20枚、スライド12枚 スムーズでないのでかなり組み替えた。特に「関係するかもしれない」は 個人とチームの両方に入っていたので、くくりだして「KJ法の実践」の中に移動
  45. 45. 実録 KJ法の流れ 修正された図解    
  46. 46. 実録 KJ法の流れ 「KJ法の実践」スライド作成後の図解 25分 3、付箋87枚、スライド74枚  
  47. 47. 実録 KJ法の流れ 規模感     付箋148枚 所要時間7.5時間
  48. 48. 実録 KJ法の流れ 規模感 『発想法』p69   2時間のブレストが 数十枚∼百数十枚の 付箋になる
  49. 49. 実録 KJ法の流れ 規模感     1人でやっても 2時間で百数十枚の 付箋になった
  50. 50. 実録 KJ法の流れ 規模感 ⃝1個が25分   付箋づくり⃝⃝⃝⃝ まとめ作業⃝⃝⃝  図解化  ⃝⃝   スライド化⃝⃝⃝⃝⃝⃝ 
  51. 51. 付録 付録      
  52. 52. 付録       情報収集とその構造化を KJ法で行い 発表資料を作った
  53. 53. 付録       判断・収束のフェーズが 含まれていない ↓ 資料は初期に「必要かも」 と思った内容を全部含む
  54. 54. 付録       出来上がりを見て 「やっぱりいらない」 の枝刈りが必要
  55. 55. 付録       ・アイデアの干渉作用 →付録へ移動
  56. 56. 付録       出来上がりを見て  再構築(リファクタ)
  57. 57. 付録       ・データ集め・ラベル作り →2章にマージ ・2章にもかかれていた 「チームでの書き出し法」 →3章にマージ
  58. 58. 付録       この過程はPC上で やることもあるし 16upでプリントして KJ法することもある
  59. 59. 付録     Why 16up? 付箋とほぼ 同サイズに なるから その後はさみで切る回数を減らすために25upマージンなしのPDFを作るツール を作ったがまだ公開していないので、公開後ここにリンクを貼る
  60. 60. 付録   「はがせるスティックのり」を試してみる予定   未解決問題 切り抜くのがめんどくさい 裏に糊がついていない ↓ 印刷できる付箋が欲しい
  61. 61. このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2013で行った「チームワークのデザイン」の 講義資料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2013/ で見つ けることができます。   このスライドについて    

×