e-Learning Design for Teacher

1,477 views

Published on

2009年02月23日のセミナー(@東京外大)のスライド。日本語教師向けに、e-learning開発事業で押さえるべきポイントと、その前段階としてITに親しむコツについて話しました。

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,477
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
41
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

e-Learning Design for Teacher

  1. 1. Webデザインの実践プロセス 日 本 語 教師ができること すなみ ほくと 角南 北 斗 hello@shokuto.com2009.02.23 @ Tokyo University of Foreign Studies
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. PC&ネット歴1998年のiMac購入が契機書籍で学習趣味で日記サイトを制作
  4. 4. 日本語教育歴大阪大で修士課程修了日本語学校で非常勤(2年半)国際交流基金で制作スタッフ 授業補助や教材制作などを中心に
  5. 5. 転機1:制作現場で教育機関のサイトを制作ディレクターの必要性を実感 関係者間の共通言語・思想がない ロスが多く双方がストレスを抱える
  6. 6. 転機2:教育現場で情報教育系の学会に参加迷走する学校現場に強い危機感 資格・オペレーション偏重 教師に知識&自信&信念もない
  7. 7. 立ち位置のシフトWebデザイナーとしてITに積極的に関わるポジションへ 一応1年は専門学校に在籍 希望する活動形態=フリーしかなかった
  8. 8. 活動1:サイト制作情報提供系 大学 / 日本語学校 / 研究会 / 個人サイト...e-Learning コースウェア / 教育・学習用ツール...
  9. 9. 活動2:IT環境整備教材開発 テキスト作成 / 音声教材 / 映像編集情報管理 データベース作り / マニュアル作成
  10. 10. 活動3:教育への提案プレゼンテーション 日本語教育 / 情報教育 / Webデザイン講師・コンサルティング Web&IT活用 / プレゼンテーションなど 昨年から調理師専門学校にも勤務
  11. 11. デザインの実践とは
  12. 12. デザインが良いデザインが悪い
  13. 13. デザインが良い デザインが悪いデザインとは何を指すのか?
  14. 14. デザインを含む言葉を列挙してみる
  15. 15. デ ザイ ン = 設 計
  16. 16. 設計が良い設計が悪い
  17. 17. 設計が良い 設計が悪い 決して視覚的なことや表層だけを指すのではない
  18. 18. Webデザインの設計対象Webサイトの機能や形状サイトに関わる人たちに与える知識・感覚・感情それに伴う生活や社会の変化
  19. 19. 具体的には・・・デザインのフロー Webサイト !表現 !中身 !機能 !公開環境
  20. 20. 具体的には・・・ 目的デザインのフロー 目標 戦略 Webサイト スケジュール !表現 + スタッフ !中身 !機能 環境 !公開環境 広報 運営 評価
  21. 21. デザインは誰の仕事?デザインに自覚的になる広義のデザインは、決してデザイナーだけのものではないデザイナーは何をデザインする? デザイナー以外の人(つまり教師)が 何をデザインすべきなのかも明確になる
  22. 22. デザイナーに期待できるもの絶対的な線引きはない その人の考え方や力量やケースによる モノしか見ない人だっている (注)角南は出来るだけ突っ込む方です暗黙の期待は失敗のもと
  23. 23. 今日の目標
  24. 24. デザイナーと協力してWebを作る際何をどんなふうにデザインしていくべきか教師が自信を持って考えられるようになるそのきっかけをつかむ
  25. 25. 多くの教育系Webコンテンツやe-Learningがうまくいっていない理由は教師側の判断にも原因があるから
  26. 26. デザインの目的
  27. 27. 事業のはじまり外的要因 外圧で取り組まざるを得なくなった内的要因 毎日の授業で苦労していることがある何をすべきなのかを明確にする
  28. 28. デザインの目的を考える 誰がどうなれば私はハッピーなんだろう?
  29. 29. デザインの目的誰(対象)とどうなる(変化後の姿)を本音かつ具体的にイメージする今後のすべての判断基準に複数ある場合は優先順位を
  30. 30. 3つの視点
  31. 31. 3つの視点 User Client Media
  32. 32. User: 利用者をイメージする どんな人たちが スキル・考え方・属性・生活スタイル どんな現状に置かれており 何を望んでいるのか User それが本音であることが大切 Client Media
  33. 33. User: 都合よく想像しない 調査結果をもとに考える アンケート・インタビュー・観察 自分の経験もあわせる 利用者像をでっち上げない User 作りたいものに合わせて 都合良くイメージしてはダメ Client Media
  34. 34. Client: 自分に何ができるか 教師という職業人の強みや 自分が得意とする分野 どんなコンテンツを持っているか これから作り出せるか User 他より有利な条件 Client Media 時間とか資金とか知名度とか
  35. 35. Client: 自分に何が足りないか 専門家の協力が必要な部分を しっかりと見極める 内部リソースか外部リソースか どの視点で評価されたいか User 他より不利な条件 時間とか資金とか知名度とか Client Media
  36. 36. Media: Webの特徴を知る なぜWebをメディアとするのか 作るものはWebの強みを生かしたものを すぐにできること できないこと ・ Web的な感覚を理解する User Client Media
  37. 37. Media: Web的な感覚の会得方法 とにかく知ることを楽しむ 知ることにかかるコストを惜しまない 開発者である前に利用者であれ 理屈をこねるよりやってみよ 何でも自分で確かめる User 最終判断は教師に求められる Client Media
  38. 38. 三大ポイントを押さえるデザインの目的 誰がどうなればハッピーか?を自問自答デザインのフロー どの部分のデザインを誰が行うかを明確にデザインの視点 User・Client・Mediaの3つをまず考える
  39. 39. 事例紹介
  40. 40. 事例1:e-Learning 日本語でケアナビ http://nihongodecarenavi.jp
  41. 41. 日本語でケアナビについて看護・介護に携わる日本語学習者を対象にした学習ツール紙媒体にない方法で、言葉の意味や用法を学ぶことができる2005年から続くプロジェクト
  42. 42. デザインの目的日本での仕事や生活場面でのコミュニケーションを円滑にするのに役立ててもらう
  43. 43. 3つの視点:User 使える日本語を学びたい コンピューターの操作は不慣れ 個人というよりみんなで使う 楽しめることが大切
  44. 44. 3つの視点:Client スタッフに看護の専門家はいない 外部協力者の力を積極的に借りるべき 自身の家族の経験を生かす 日本語教師としての専門性で勝負 データを1から作る時間はある
  45. 45. 3つの視点:Media 紙媒体にはないWebの長所を 使いやすさをとにかく追求する 既製品では実現不可=根本から設計 ツールとしての汎用性を高める 特定コース用ではない道具としての柔軟性
  46. 46. 目的教師側 目標Webデザイナー側 戦略 Webサイト スケジュール !表現 + スタッフ !中身 !機能 環境 !公開環境 広報 運営 評価
  47. 47. デザインのフロー使い勝手に対するこだわり 見た目も機能もシンプルでブレのないものをコミュニケーションの促進 気付きは何でも共有する・記録するデータの管理と作業環境の向上 大量のデータを安全かつ効率的に作成
  48. 48. e-Learning系のコツ 学習については教師の仕事 学習をどう定義するのか、学習者とどんな関係 を結ぶのかは、教師が責任を持って判断 DB作りは技術者とよく相談 フォーマットや入力環境は技術面のサポートに よってロスを大幅に減らせる
  49. 49. 事例2:コースサポートツールPhoto Album
  50. 50. Photo Albumとは 日本語コースの学習者が イベント等で撮った写真を みんなで共有したいという要望 授業や学習とは直接関係ないが 毎年対応が望まれている要素
  51. 51. デザインの目的日本語コース参加者が自分たちが撮った写真を自由に共有し楽しんでもらう
  52. 52. 3つの視点:User 仲間で写真をやり取りしたい コンピュータースキルはまちまち とにかく手軽に
  53. 53. 3つの視点:Client 教師は技術面は不慣れ 極力手間はかけたくない
  54. 54. 3つの視点:Media アップロードは誰がする? 枚数やファイルサイズの制限は? 無制限だとサーバーの容量が足りない 無料Webサービスを把握 手動で作成 → BBS → Gmail → Flickr
  55. 55. 目的教師がやること 目標角南のサポート 戦略 Webサイト スケジュール !表現 + スタッフ !中身 !機能 環境 !公開環境 広報 運営 評価
  56. 56. 目的教師がやること 目標角南のサポート 戦略 Webサイト スケジュール !表現 + スタッフ !中身 !機能 環境 !公開環境 広報 運営 評価
  57. 57. コースサポートツールのコツ機能面での妥協点を探る 最近は無料のWebサービスでもかなり大丈夫 利用者のITリテラシー次第ディレクションの必要度合 Webサービスに詳しい教師がいるといい 自分たちでノウハウを溜めていく意識を
  58. 58. デザインを支援する無料Webサービス
  59. 59. コミュニケーション系Skype 導入が楽・自動的に起動・邪魔にならない クローズドなチャットルーム・ログ保存 簡易メーリングリストで情報共有 離れた場所・不定期出勤のパートナーと ちょっとした会話の議事録に サイズを問わないファイル送信
  60. 60. 記録系SkypeGoogleドキュメント Docs:共有ドキュメントでぺーパーレス SpreadSheets:予定表や工程表にWriteboard 関係者でつくる社内向け告知ボード
  61. 61. ファイル管理系Dropbox 複数人でのデータの非同時編集に便利 ファイルは常にローカルにあるので安心 差分アーカイブで安全対策 一般公開ファイルの置き場所としても 簡単に導入・容量も通常用途なら十分
  62. 62. スライド作成・共有系Googleドキュメント Presentation:グループ発表用に共同編集Slideshare PowerPointやPDFファイルをアップできる ブログに埋め込み発表資料の公開や共有に
  63. 63. 写真編集・共有系Flickr タグを付ければコミュニティ用に使える スライドショーなど見せ方もリッチに 同種サービスは「フォト蔵」などPicasa ローカルアプリ(Windows専用) 写真の加工作業が直感的で美しい
  64. 64. 動画共有系YouTube インフラとして非常に手軽 三洋電機「Xacti」などがあるとさらに手軽字幕.in 動画に字幕をつけられるサービス 最近はサービスの安定度がちょっと? 角川「kadoTV」あたりも今後注目
  65. 65. 音声公開系ケロログ ボイスブログを音声教材データベースに 電話録音・音声編集など機能が充実 音声再生インターフェースも使いやすい
  66. 66. 無料Webサービス 活用までの道筋
  67. 67. Webサービス活用の肝まずはWebメールの取得 Gmailが容量や使い勝手の面でオススメとにかく使ってみる使い方を解説した記事を探す 個人のブログやIT系ニュースサイトなど自分なりの使い方を考えてみる
  68. 68. ブログを使いこなす日記だと思ってませんか? ブログはコンテンツを入れる箱 ブログに入れにくいコンテンツは実は少ない情報公開・告知・共有のためのあなただけのチャンネル
  69. 69. ブログという箱のメリット自分が作ったものをアーカイブしておく場所になる Webサービスと連携するとさらに柔軟にコンテンツの追加が簡単なので運営時は技術者の協力が不要カテゴリ分けや検索機能がある
  70. 70. ブログを活用した事例(1)研修の情報告知ブログ 研修関係者の限定利用 提出書類ファイルのダウンロードリンク イベント情報やお知らせの告知メディア 来日前から情報提供ができる 教師が運営(一度も技術的な依頼は発生せず)
  71. 71. ブログを活用した事例(2)むらログ(http://mongolia.seesaa.net/) 日本語教師である村上吉文さんのブログ 副題「日本語教師の仕事術」 Webサービスを上手に活用している好例
  72. 72. ブログ入門ルート(1)まずは面白い記事を見つける ブログ単位で探すのは最初は大変 記事単位ならチェックできる量は増えるSBM(Social BookMark)に登録 ブックマーク(お気に入り)共有サービス ここでは「はてなブックマーク」を紹介 *角南はDeliciousも使っています
  73. 73. ブログ入門ルート(2)人気エントリーをチェック はてブのトップページにあるコーナー 見出しから面白そうな記事を見つけて読む 付けられたタグで内容のアタリをつける 被ブクマ数とコメントで反応具合がわかる
  74. 74. ブログ入門ルート(3)読んだ記事を「はてブ!」する 読んだらとにかく登録していく 記事中のリンク先なども「はてブ!」 タグをつけてフォクソノミーを実感 感想をコメントとしてつけてみる
  75. 75. ブログ入門ルート(4)自分のブックマークを活用する 自分が読んできてた記事を概観する 必要なときは検索できる他人のブックマークを活用する 知り合い同士でURLを教え合う 知り合いのブックマークをチェックする 他のユーザーのブックマークを見てみる
  76. 76. ブログ入門ルート(5)お気に入りブログを見つける 記事を読んだ際に他の記事も読んでみる はてブから何度か来たブログが出てくる ブログ自体を定期的に確認したくなる
  77. 77. ブログ入門ルート(6)RSSリーダーに挑戦する RSS:ブログごとの更新状況のデータ RSSリーダー:RSSを取得して一覧表示する Google、livedoor、gooなど多数 はてブ自体もRSSを提供している
  78. 78. ブログに親しんだら・・自分でも始めてみる 日記という既成概念を外せば可能性は広がる みんなに告知して張り合いを出す運営側の視点でブログを見る Webサービスのブログパーツも使ってみる 技術的な問題の解決もブログから
  79. 79. 読み物からの理解も滑川海彦「ソーシャル・ウェブ入門̶Google、mixi、ブログ…新しいWeb世界の歩き方」深見嘉明「ウェブは菩薩である」梅田望夫「ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか」
  80. 80. まとめ
  81. 81. デザインを捉えなおすデザインとは設計職業的デザイナーだけがデザインすればいいのではない教育的コンテンツは教師がいかに関われるかが肝
  82. 82. 三大ポイントを押さえるデザインの目的 誰がどうなればハッピーか?を自問自答デザインのフロー どの部分のデザインを誰が行うかを明確にデザインの視点 User・Client・Mediaの3つをまず考える
  83. 83. Web的な感覚を身につける無料Webサービスが充実利用者としてまず親しむブログの理解はSBMからブログを使って発信していく
  84. 84. おわりにWebやITを使うための敷居は毎年少しずつ下がってきている多くの人にとってプラスに働く必要なのは好奇心と少しの勇気
  85. 85. ひとりでも多くの日本語教師がWebやITを主体的に活用することを願っています。
  86. 86. ご静聴ありがとうございました

×