2013年11月24日 第6回LODチャレンジデー
パートナーリソース活用ハッカソン

国立国会図書館の
Linked Open Data
国立国会図書館
電子情報部電子情報流通課
標準化推進係長

柴田洋子

standardization@...
データ提供パートナーになりました

2
本日、3種類のデータをご紹介します

1

書誌データ

2

典拠データ

3

震災関連データ
3
1

書誌データ

4
1

書誌データ

本、雑誌、記事論文、新聞、デジタルコ
ンテンツ(画像、音声、ウェブサイト
等)等に関する情報
国立国会図書館だけでなく、全国の公共
図書館、公文書館、美術館、学術情報機
関等のさまざまな機関が持っているコン
テンツのメタ...
本の場合
6
http://iss.ndl.go.jp/

7
1

書誌データ

Web API
プロトコル

入力形式

出力形式

アクセスURL

SRU

URL

XML

http://iss.ndl.go.jp/api/sru

SRW

XML

XML

機能

http://iss.n...
OAI-PMH
(GetRecord)
返戻データ例
9
1

書誌データ

詳しくは

http://iss.ndl.go.jp/information/api/

10
2

典拠データ

11
2

典拠データ

ヒトやモノゴトを同定・識別するための
情報 同定
識別
複数の名前(筆名、旧
姓など)をもつ著者

同名異人

表記が違っても同じ

表記が同じでも意味

意味のテーマ。

が異なるテーマ。

同義語

同綴(形)異義語
...
2

典拠データ

個人名
家族名
団体名
地名
普通件名

夏目, 漱石, 1867-1916
徳川(家)
国立国会図書館
東京都
インターネット、鉛筆

約80万件
約2千件
約19万件
約3万件
約10万件

*約112万件 (平成25年...
人の場合
14
モノゴトの場合
15
http://id.ndl.go.jp/auth/ndla/
16
2

典拠データ

SPARQL
SPARQL Endpoint
SPARQL(RDFデータの検索・操作のための
クエリ言語)を受け付けるURI
http://id.ndl.go.jp/auth/ndla

入力フォームも

17
「夏目漱石」の生没年、
標目形、別名とそれぞ
れのカナヨミを調べた
場合
18
2

典拠データ

詳しくは

http://iss.ndl.go.jp/ndla/sparql/

19
3

震災関連データ

20
3

震災関連データ

東日本大震災及びその他の災害やそれらに関
連する本、雑誌、記事論文、新聞、写真、音
声、動画、ウェブサイト等に関する情報
国立国会図書館の震災関連コンテンツのメタ
データ(書誌データ)
日本原子力研究開発機構図書館...
http://kn.ndl.go.jp/

22
23
3

震災関連データ

Web API
プロトコル

SRU

入力形式

URL

出力形式

アクセスURL

機能

XML

http://kn.ndl.go.jp/api/sru

OpenSearch URL

http://kn....
SRU
返戻データ例
25
3

震災関連データ

詳しくは

http://kn.ndl.go.jp/static/api

26
1

それぞれの利用方法はこちらを
ご覧ください

書誌データ
2
典拠データ
3
震災関連
データ

http://iss.ndl.go.jp/information/api/riyou/

http://iss.ndl.go.jp/ndla...
使ってみてください、
国立国会図書館のデータを。

まずは

ありがとうございました
そして

つなげてみてください、
いろいろなデータと。
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

第6回LODチャレンジデー 国立国会図書館のLinked Open Data

1,268

Published on

2013年11月24日に渋谷で開催した「第6回LODチャレンジデー パートナーリソース活用ハッカソン」で、国立国会図書館様がプレゼンされた資料です。
http://peatix.com/event/22468/

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,268
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

第6回LODチャレンジデー 国立国会図書館のLinked Open Data

  1. 1. 2013年11月24日 第6回LODチャレンジデー パートナーリソース活用ハッカソン 国立国会図書館の Linked Open Data 国立国会図書館 電子情報部電子情報流通課 標準化推進係長 柴田洋子 standardization@ndl.go.jp
  2. 2. データ提供パートナーになりました 2
  3. 3. 本日、3種類のデータをご紹介します 1 書誌データ 2 典拠データ 3 震災関連データ 3
  4. 4. 1 書誌データ 4
  5. 5. 1 書誌データ 本、雑誌、記事論文、新聞、デジタルコ ンテンツ(画像、音声、ウェブサイト 等)等に関する情報 国立国会図書館だけでなく、全国の公共 図書館、公文書館、美術館、学術情報機 関等のさまざまな機関が持っているコン テンツのメタデータ(書誌データ) 5
  6. 6. 本の場合 6
  7. 7. http://iss.ndl.go.jp/ 7
  8. 8. 1 書誌データ Web API プロトコル 入力形式 出力形式 アクセスURL SRU URL XML http://iss.ndl.go.jp/api/sru SRW XML XML 機能 http://iss.ndl.go.jp/api/srw OpenSearch URL http://iss.ndl.go.jp/api/open XML(RSS) search HTML 検索用 http://iss.ndl.go.jp/api/open url OpenURL URL Z39.50 (Z39.50) (Z39.50) iss.ndl.go.jp:210 OAI-PMH URL http://iss.ndl.go.jp/api/oaipmh XML ハーベス ト用  各プロトコルで返戻されるデータ形式の基本形は 「国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述(DC-NDL)」 8
  9. 9. OAI-PMH (GetRecord) 返戻データ例 9
  10. 10. 1 書誌データ 詳しくは http://iss.ndl.go.jp/information/api/ 10
  11. 11. 2 典拠データ 11
  12. 12. 2 典拠データ ヒトやモノゴトを同定・識別するための 情報 同定 識別 複数の名前(筆名、旧 姓など)をもつ著者 同名異人 表記が違っても同じ 表記が同じでも意味 意味のテーマ。 が異なるテーマ。 同義語 同綴(形)異義語 あるテーマ(キーワード)の上位語・下位語 や関連語等の情報も 12
  13. 13. 2 典拠データ 個人名 家族名 団体名 地名 普通件名 夏目, 漱石, 1867-1916 徳川(家) 国立国会図書館 東京都 インターネット、鉛筆 約80万件 約2千件 約19万件 約3万件 約10万件 *約112万件 (平成25年8月現在) 13
  14. 14. 人の場合 14
  15. 15. モノゴトの場合 15
  16. 16. http://id.ndl.go.jp/auth/ndla/ 16
  17. 17. 2 典拠データ SPARQL SPARQL Endpoint SPARQL(RDFデータの検索・操作のための クエリ言語)を受け付けるURI http://id.ndl.go.jp/auth/ndla 入力フォームも 17
  18. 18. 「夏目漱石」の生没年、 標目形、別名とそれぞ れのカナヨミを調べた 場合 18
  19. 19. 2 典拠データ 詳しくは http://iss.ndl.go.jp/ndla/sparql/ 19
  20. 20. 3 震災関連データ 20
  21. 21. 3 震災関連データ 東日本大震災及びその他の災害やそれらに関 連する本、雑誌、記事論文、新聞、写真、音 声、動画、ウェブサイト等に関する情報 国立国会図書館の震災関連コンテンツのメタ データ(書誌データ) 日本原子力研究開発機構図書館の所蔵資料の メタデータ 国立国会図書館東日本大震災アーカイブで独 自に収集したコンテンツのメタデータ  国会事故調査委員会や東京電力の動画等  メタデータは国立国会図書館が作成 21
  22. 22. http://kn.ndl.go.jp/ 22
  23. 23. 23
  24. 24. 3 震災関連データ Web API プロトコル SRU 入力形式 URL 出力形式 アクセスURL 機能 XML http://kn.ndl.go.jp/api/sru OpenSearch URL http://kn.ndl.go.jp/api/opens 検索用 XML(RSS) earch OAI-PMH XML http://kn.ndl.go.jp/api/oaipmh URL ハーベス ト用  各プロトコルで返戻されるデータ形式の基本形は 「国立国会図書館東日本大震災アーカイブメタデータスキーマ」 (DC-NDLをベースに大震災アーカイブ特有の語彙にも対応) 24
  25. 25. SRU 返戻データ例 25
  26. 26. 3 震災関連データ 詳しくは http://kn.ndl.go.jp/static/api 26
  27. 27. 1 それぞれの利用方法はこちらを ご覧ください 書誌データ 2 典拠データ 3 震災関連 データ http://iss.ndl.go.jp/information/api/riyou/ http://iss.ndl.go.jp/ndla/use/ http://kn.ndl.go.jp/static/api/use 27
  28. 28. 使ってみてください、 国立国会図書館のデータを。 まずは ありがとうございました そして つなげてみてください、 いろいろなデータと。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×