Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「つながるデータ」へ向けた研究情報の提供 : 農業情報を事例として

1,030 views

Published on

情報組織化研究グループ 2014年10月月例会発表資料

国際連合食糧農業機関(FAO)においては、文献データベースAGRISやシソーラスAGROVOCの提供をはじめとする農業関連の科学技術情報の提供を行っており、近年ではLinked Open Data(LOD)を活用した事例も見られる。
本発表においては、FAOによる書誌データのLOD化への勧告、LODE-BD(Linked Open Data(LOD)-enabled bibliographical data)などの事例を紹介するほか、国内の書誌データ、研究データ等との連係の可能性について検討する。

Published in: Science
  • Be the first to comment

「つながるデータ」へ向けた研究情報の提供 : 農業情報を事例として

  1. 1. 「つながるデータ」へ向けた 研究情報の提供: 農業情報を事例として 国際農林水産業研究センター 林賢紀 tzhaya@affrc.go.jp 情報組織化研究グループ2014年10月月例研究会2014年10月25日(土)14:30-17:00 弁天町ORC200生涯学習センター第2研修室
  2. 2. 私事 • 2014年4月から 独立行政法人国際農林水産業研究センター 企画調整部情報広報室情報管理科 で勤務しています • 図書館業務全般とWebサイトを担当しています • 絵に描いたようなワンパーソンライブラリーです • 引き続きよろしくお願いいたします 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 2 月例研究会
  3. 3. 国際農林水産業研究センター? • 茨城県つくば市と沖縄県石垣市に所在 • 熱帯又は亜熱帯に属する地域その他開発途 上地域における農林水産業の研究を包括的 に行う研究機関 – 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水 産技術の研究開発 – 国際的な食料・農林水産業及び農山漁村に関す る動向把握のための情報の収集・分析及び提供 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 3 月例研究会
  4. 4. 研究成果の例 パパイヤ品種 「石垣珊瑚」の 開発 オイルパーム廃棄 木からのバイオエタ ノールの抽出 熱帯アジアのイネ の収量を増加する 遺伝資源の発見 屋内型エビ生産シ ステムで飼育され たバナメイエビの おいしさ 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 4 月例研究会
  5. 5. 今日の概要 農業情報とLinked Open Data • LODにするためのツールや勧告を概説 • 主として農学分野を対象としているが、LOD化の手法は他分 野でも参考となる FAO(国際連合食糧農業機関)などにおける取組 • AGRIS • AGROVOC • LODE-BD(Linked Open Data (LOD)-Enabled Bibliographical Data) 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 5 月例研究会
  6. 6. AGRIS 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 6 月例研究会
  7. 7. AGRISとは? 農業関連の科学技術情報の共有のための 国際的な書誌情報データベース • 1979年から構築、760万件以上が蓄積 • 世界65か国の150以上の機関による共同構築 • 日本では農林水産研究情報総合センターから国内文献 を年間約7,000件の書誌情報を送信 学術論文のほか、書籍、会議録、学位論文、 灰色文献が含まれる 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 7 月例研究会
  8. 8. AGRIS構築のしくみ A国インプットセンター A国インプットセンター A国インプッ各ト国セのンター インプットセンター 各国のインプットセンターの データをFAOで集約、DB構築 自国の農業関連の科学技術情 報を収集、目録データを作成 http://agris.fao.org/ 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 8 月例研究会
  9. 9. AGRISが目指すもの 各国の インプットセンター FAOでDBの構築とインプットセ ンター上の全文、他の関連す る情報資源へリンク リポジトリ インプットセンターで 書誌情報と全文を収集、 リポジトリを構築 GBIF 世界 銀行 DB pedia 農業情報へのアクセスを容易にし、 特に発展途上国における農業研究へ貢献 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 9 月例研究会
  10. 10. AGRISの検索結果例 該当文献と抄録 GBIF上の遺伝資源 情報 IFPRI(国際食料政 策研究所)上の各 国概要 Googleによる関連 文献 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 10 月例研究会
  11. 11. FAOの役割 ルール整備 • メタデータ語彙 (AGRIS Application Profile) • シソーラス (AGROVOC) • 書誌記述の勧 告 (LODE-BD) ツール提供 • AgriMetamaker (小規模なメタデータ 作成) • AgriDrupal (Webサイト構築) • AgriOcean Dspace (リポジトリ構築) ポータル構築 • AIMS (Agricultural Information Management Standards) 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 11 月例研究会
  12. 12. AGRIS Application Profile 農業情報の標準化のために、FAOがこれまでのAGRISの データフォーマットを再構成 • Dublin Core (DC) • Australian Government Locator Service Metadata (AGLS) • Agricultural Metadata Element Set (AgMES) 標準的な語彙はDublinCore、AGRIS特有の語彙はAgMES (FAOで定義)を使用 過去の資産をできるだけ生かす http://www.fao.org/docrep/008/ae909e/ae909e00.htm 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 12 月例研究会
  13. 13. Mappingの例 • “Appendix B: AGRIS to AGRIS AP mapping”より 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 13 月例研究会
  14. 14. AGROVOC 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 14 月例研究会
  15. 15. AGROVOC 農学分野のシソーラスとして1980年代から運用 • 2009年にLOD化 多言語への対応 • 当初は英語、フランス語、スペイン語 (国連公用語の一部) • その後、日本語を含む21言語3.2万ワードまで拡大 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 15 月例研究会
  16. 16. AGROVOCからつながるデータ LCSH NAL Thesaurus DDC DBpedia AGROVOC Geopolical GeoNames Ontology 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 16 http://aims.fao.org/standards/agrovoc/月例研究会 linked-open-dataを元に作成
  17. 17. 2014/10/25 情報組織化研究グループ2014年10月 月例研究会 17 NHK. NHK連続テレビ小説「マッサン」 http://www.nhk.or.jp/massan/ 背景画像より(accessed 2014-10-24)
  18. 18. AGROVOCのリンクの例 https://twitter.com/Dominique_Domon/status/517307378488709120 2014/10/25 情報組織化研究グループ2014年10月 月例研究会 18
  19. 19. 「オオムギ」で検索してみた 2014/10/25 情報組織化研究グループ2014年10月 月例研究会 19 http://aims.fao.org/standards/agrovoc/functionalities/search
  20. 20. HTMLでの表示例 2014/10/25 情報組織化研究グループ2014年10月 月例研究会 20 http://aims.fao.org/aos/agrovoc/c_823.html
  21. 21. 上位語、下位語、多言語の表現 2014/10/25 skosxl:prefLabel skosxl:prefLabel 情報組織化研究グループ2014年10月 月例研究会 21 AV:c_1474 穀物@ja Cereals@en AV:c_823 オオムギ@ja Barley@en AV: c_25485 麦芽用大麦 @ja Malting barley@en skosxl:prefLabel skos:narrower skos:broader
  22. 22. SKOSによるAGROVOCの表現例 下位 トウモロコシ デントコーン 異名 http://aims.fao.org/standards/agrovoc/concept-scheme より情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 22 月例研究会
  23. 23. 入力ツール 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 23 月例研究会
  24. 24. 様々なツールを提供 AGRIMetamaker • AGRISへのデータ 搭載用のメタ データ作成ツー ル • FAOがホスティン グ AgriOcean Dspace • 機関リポジトリ構 築ツール • DspaceをFAOと UNESCO-IOC/ IODEでカス タマイ AgriDrupal • CMS(Contents Management System) • DrupalにRDFや AGROVOC対応の モジュールを付 与 いずれもメタデータにはAGRIS AP、統制語彙としてAGROVOCが 2014/10/25 情報組織化研究グループ2014年10月 月例研究会 24 容易に付与できるようカスタマイズされている
  25. 25. ツールの例:AgriDrupal • FAO,CGIAR(国際農業研究協議グループ)等が開発・パッケージン グしたDrupalの拡張モジュール • Drupalのコアモジュールに加えてインストールするだけで使用可能 • 農学分野のコミュニティにおける基礎的な情報交換用のプラット フォームとして開発 – 標準的なメタデータと統制語彙(AGROVOCなど)の採用 – 文献データベースAGRIS の入力とFAOへのデータ送信ツールとして 使用できる • CMSであるDrupalでのWebサイト管理と,文献情報,ニュース,求 人,会議などの情報の組織化,管理,発信ツールとして利用でき る • ダウンロード: http://aims.fao.org/tools/agridrupal • 参考:AgriDrupal: general presentation http://www.slideshare.net/valeriap/agridrupal-general-presentation 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 25 月例研究会
  26. 26. 図書の入力例(1) • Drupal標準の入力 画面 • 資料種別、タイトル とタイトル言語を入 力 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 26 月例研究会
  27. 27. 図書の入力例(2) • 著者、出版事項な どを入力 • 著者はシステム内 の典拠データを参 照あるいは作成し てリンク 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 27 月例研究会
  28. 28. 図書の入力例(3) • AGROVOCのキーワード(自動検索)とAGRIS Subject Category code(分野コード)を入力 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 28 月例研究会
  29. 29. Webで見る 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 29 月例研究会
  30. 30. RDF的に見る Subject Property Object http://192.168.50.129/a gridrupal/node/47135 「沖縄シマ豆腐」物語 dcterm:title 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 30 月例研究会
  31. 31. LODE-BE 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 31 月例研究会
  32. 32. LODE-BDとは • Linked Open Data (LOD)-Enabled Bibliographical Data • LODE-BD Recommendations 2.0として公開 • http://aims.fao.org/lode/bd • 共有可能な書誌データ作成に適したLODによ る符号化を支援 • 冊子体、電子媒体、論文、報告書など書誌情 報の記述に適用 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 32 月例研究会
  33. 33. LODE-BD Recommendationsの構成 概要• 問題意識、この文書の目的、LODE-BDの原則 • 議論の対象、メタデータ語彙の概要General Recommendations Decision Trees • フローチャートによる語彙やプロパティの判断手法 References • 今後の展開、参考文献 Appendixes • 用語説明、schema.orgとのクロスウォークなど 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 33 月例研究会
  34. 34. 問題意識 書誌データをLODとして公開するためには、どのようなメタデー タ基準に準拠すればよいか データを共有するために書誌データセットに組み込む最低限の プロパティは何か 書誌データの作成に直接利用できるメタデータモデルやアプリ ケーションプロファイルはあるか これまで使用してきた統制語彙がLinked Dataで利用できる場合、 どのような値で概念を交換すればよいか Linked Dataのデータセットに移行するためには、どのようにデー タを符号化すればよいか 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 34 月例研究会
  35. 35. LODE-BD Recommendationsの原則 1. 既定のメタデータ基準やLODで用いられる語彙 の利用を促進 2. 典拠データ、統制語彙の適用 3. 可能であれば資源のURIをデータ値として適用 4. データ交換や再利用が可能な符号化のための 選択プロセスを簡易化 5. Linked Dataコミュニティのニーズから発生した、 新たなプロパティやメタデータ語彙へのリファレ ンスの提供 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 35 月例研究会
  36. 36. 議論の対象 1. 書誌情報の記述やアクセスに関する実態、 関係 – 3つの実体をベースとする簡易なモデルを使用 Resource • 論文など実 体 Agent • コンテンツ の作成など に責任を持 つ主体 Thema • 記事の主 題や論題 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 36 月例研究会
  37. 37. 議論の対象 2. 検討すべきプロパティ – すでに標準化されているプロパティについて検討 し、9つのグループを構築 タイトル責任表示物理的特性 配架・位置 情報 主題に関す る情報 コンテンツ の詳細情報 権利情報利用方法相互の関係 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 37 月例研究会
  38. 38. 議論の対象 3. プロパティに適したメタデータ語彙 – 広く利用されているメタデータ語彙を選定 – フローチャートによる決定方法の提示 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 38 月例研究会
  39. 39. タイトル • 本タイトル、並列タ イトル、翻訳タイトル などの別にプロパ ティを決定 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 39 月例研究会
  40. 40. 責任表示(例は著者) • 典拠データの有 無を判断 • 典拠データがあ り、かつLinked Dataである場合 はURIで記述 • 寄与者、出版者 も同様に判断 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 40 月例研究会
  41. 41. 物理的特性(例は識別子) • ローカル/グローバ ルのいずれの識別 子についても考慮 – 値が同じでも共存 できるように • 記述規則にのっ とっているか否か • 識別子の種類を区 別するか 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 41 月例研究会
  42. 42. 配架・位置情報 • 配架場所、住所 などを想定 • 標準的な語彙に 準拠しているか 否か 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 42 月例研究会
  43. 43. 主題に関する情報 • 統制語彙か否か、す でにLinked Dataに なっているか否かで 文字列かURIで表す かを、またプロパティ を選択 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 43 月例研究会
  44. 44. コンテンツの詳細情報 • 目次、要約、注釈 など内容の表示と これらを識別する プロパティを選択 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 44 月例研究会
  45. 45. 権利情報 • 権利の主体やラ イセンスの種類 の記述を想定 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 45 月例研究会
  46. 46. 利用方法 • 利用対象や教 育レベルなどの プロパティを選 択 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 46 月例研究会
  47. 47. 相互の関係(例はresource間) • resourceそのもの、 また相互の関係を 表すプロパティを選 択 • agentについては所 属やfounderの記 述を想定 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 47 月例研究会
  48. 48. まとめ 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 48 月例研究会
  49. 49. 今日のまとめ • 農業情報提供に関するFAOの取り組みを概観した • シソーラスAGROVOCを介して様々な情報資源とのリン クを実現している – LCSH、DBpediaなど既存のデータセットを介してさらに連携 が可能では • Drupalなど既存のCMSを利用し、構造化された情報の 構築環境を提供 – AgriDrupalはLODの学習や評価などに利用できるのでは • LODE-BDのようなLOD化の手法、手段も検討されてい る – Decision Treesによるプロパティの設定などの手法は汎用 性がある 情報組織化研究グループ2014年10月 2014/10/25 49 月例研究会

×