Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

IoTやデジタル活用で価値を生み出すための開発手法 ~BtoBでも、ChatOps等のモダンな開発・運用ができる!~

1,054 views

Published on

Developers Summit 2017 エンジニアとして生きる、技術の先にある現実に踏み出す
http://event.shoeisha.jp/devsumi/20170216

2017年2月17日(金) 【17-D-4】
http://event.shoeisha.jp/devsumi/20170216/session/1306/
Developers Summit 2017
Day 2 Room D

ニフティIoTデザインセンターでは、BtoBのクラウドインテグレーションを行っています。「SI・受託」の要素と「WBE・自社開発」の要素を取り込んだ、時代に即したモダンな開発・運用を実現しています。今回は『ChatOps』の推進事例などを中心に、「実践」している内容を共有します。「SI・受託」だから難しい!と諦めていませんか?お勧めのアプローチをご紹介致します

Published in: Technology
  • Be the first to comment

IoTやデジタル活用で価値を生み出すための開発手法 ~BtoBでも、ChatOps等のモダンな開発・運用ができる!~

  1. 1. IoTやデジタル活用で価値を 生み出すための開発手法 Developers Summit 2017 2017年2月17日 ニフティ株式会社 佐々木 浩一 五月女 雄一 #devsumiD ~BtoBでも、ChatOps等のモダンな 開発・運用ができる!~
  2. 2. 本日のお話 ニフティIoTデザインセンターでは、BtoBの クラウドインテグレーションを行っています。 「SI・受託」の要素と「WEB・自社開発」の要素を取り込んだ 時代に即したモダンな開発・運用を実現しています。 今回は『ChatOps』の推進事例などを中心に、「実践」してい る内容を共有します。 「SI・受託」だから難しい!と諦めていませんか? お勧めのアプローチをご紹介致します。 ▼ ▼ ▼ ▼ モダンな開発・運用の環境を自社に取りれたい方へ ▼ モダンな開発を行うパートナーを探している方へ 1
  3. 3. 自己紹介 IoTデザインセンター センター長 1996年 某独立系SIer勤務。2000年 よりニフ ティ勤務。ポータルサイト・モバイルアプリの 開発を担当。2011年度より、ニフティクラウ ドを担当。クラウドを活用し、IoT・データ活 用に取り組む皆様をご支援します! 佐々木 浩一 五月女 雄一 クラウドインフラ部 クラウドサービスの企画・設計・開発・運用を 担当。DC作業からアプリ開発、顧客提案まで。 ニフティクラウド何でも屋。 2
  4. 4. ニフティ株式会社の事業内容 ISP事業 クラウド事業 WEBサービス事業 IoT 3
  5. 5. ニフティ IoTデザインセンター ご紹介 クリ博ナビ就活直前セミナー 2017年2月1日 ニフティ株式会社 IoTデザインセンター ニフティが目指す「モダンな開発・ 運用」とは? アジェンダ ChatOps等の導入のために奮闘し た(している)話 「モダンな開発・運用」を実現する 組織・体制 1. 2. 3. まとめ4.
  6. 6. ニフティって「B2B」やってるの? 5
  7. 7. ニフティのエンジニアリング 自社 サービス クライアント ワーク 社内 SE いわゆる「情報システム」部門 社内OA・基幹・業務系・セキュリティ・品質など WEB・アプリなどのC向け ニフティクラウドなどB向け IoTデザインセンターなど B向け・B2B2C 今日の中心はこのへん 6
  8. 8. ニフティが行っているクライアントワーク ニフティIoTデザインセンターを中心に、BtoBの クラウドインテグレーションを行っています。 「SI・受託」の要素と「WEB・自社開発」の要素を取り込んだ 時代に即したモダンな開発・運用を実現しています。 クライアント ワーク ニフティ クラウド お客様 WEB 自社開発 市場のニーズ ニーズに応える 機能 ニーズの把握 クラウドを活用した コンサル・SI 自社サービス開発の スタイル・ノウハウ 7
  9. 9. どんな「クライアントワーク」 があるの? 8
  10. 10. http://mb.cloud.nifty.com/app_dev/ クライアントワークの例:アプリ開発パック 9
  11. 11. 『ニフティ IoT デザインセンター』 ニフティ IoTデザインセンターは IoTを活用して企業の事業課題を解決する プロフェッショナル集団です。 IoTに取り組む企業をビジネス・テクノロジー、両面でご支援します。 2015年7月のサービス開始以降、100件を超えるお客様のご相談に乗ってまいりました。 クライアントワークの例:IoTデザインセンター 10
  12. 12. クライアントワークの例:IoTデザインセンター ビジネス・アイデア・UI/UX システム構築 テクニカルアドバイス クラウドIoTプラットフォーム 業務特化型サービス ネットワーク/センサーデバイス プロトタイプ開発から、 本格サービスの設計.構築.開発 データサイエンティストによる分析 IoTコンサルティング IoTインテグレーション IoTソリューション 11
  13. 13. クライアントワークの例:IoTデザインセンター 12
  14. 14. クライアントワークの例:IoTデザインセンター 13
  15. 15. クライアントワークの例:IoTデザインセンター 14
  16. 16. クライアントワークの例:IoTデザインセンター × すみません。 会場のみの公開とさせて下さい。 15
  17. 17. クラウド X クライアントワークの例 16
  18. 18. 「モダンな開発・運用」って? 17
  19. 19. IoTに適したモダンな開発・運用スタイル ●従来の「IT化」のスタイル ・既存の業務の機械化・効率化 ・決められた要件・仕様に沿って業務を置き換える ・ウォーターフォール/ベンダーに発注 ●IoT/デジタル活用 ・正解が無い中から/新しい価値を模索 ・迅速なプロトタイピング/仮説の検証・試行錯誤して 価値創造 ・アジャイル/オープンイノベーション/パートナーと共創 + IoTの本質は、これまで取れなかった「データ」から価値を生 み出す事。 IoT/データ活用によって、「見える化」から、イノベーション や新規事業創造を! 18
  20. 20. <キーワード> (1)アジャイル・DevOps:反復型・継続的な改善・テスト自動化 (2)クラウドネイティブ:コア領域に集中・スモールスタート・非自前主義 IoTに適したモダンな開発・運用スタイル SoE(Systems of Engagement)で言われている事も近しい 19
  21. 21. ニフティのクライアントワーク × 既存業務の変革 ○足りないものの追加 ニフティのクライアントワークでもこの手法を取り入れています。 どっちがいい悪いじゃない 両方の良いとこどり 20
  22. 22. 実際にお客様に提出した 提案書をご覧ください 21
  23. 23. 進行スケジュールイメージ × すみません。 会場のみの公開とさせて下さい。 22
  24. 24. 「モダンな開発・運用」 のために必要な環境は? 23
  25. 25. 「モダンな開発・運用」のための環境 • Slackを中心としたChatOpsの実行環境 • 様々なシステムと連携した、各種業務の自動化 24
  26. 26. 適したスタイル ・アイデアを選択、プロトタイプを動かして、有効性を検証 ・トライアンドエラーで高速に開発・PDCAサイクルを回転 ・自律化したチーム、方向性に沿って自ら動けるチーム ・チームで協働・発想・価値・最適解の発見・共有、イノベー ションのオープン化 その解のひとつがChatOpS IoT/デジタル活用 ・正解が無い中から/新しい価値を模索 ・迅速なプロトタイピング/仮説の検証・試行錯誤して価値創造 ・アジャイル/オープンイノベーション/パートナーと共創 「モダンな開発・運用」のための環境 25
  27. 27. ニフティ IoTデザインセンター ご紹介 クリ博ナビ就活直前セミナー 2017年2月1日 ニフティ株式会社 IoTデザインセンター ニフティが目指す「モダンな開発・ 運用」とは? アジェンダ ChatOps等の導入のために奮闘し た(している)話 「モダンな開発・運用」を実現する 組織・体制 1. 2. 3. まとめ4. ここまで のまとめ
  28. 28. ここまでのまとめ ニフティはB2Bのクライアントワークを実施。 IoTやモバイル・クラウドを活用し、 コンサルティングからインテグレーションまで対応。 ● IoT・デジタル化・データ活用、そしてSoE。 そんな案件には「アジャイル」「DevOps」 「トライ&エラー」での開発・運用スタイルが最適。 ● ● そんな開発・運用スタイルを実現するための 「開発・運用環境」を整備中。 たとえば「ChatOps」等の導入など。 つづく・・ 27
  29. 29. ニフティ IoTデザインセンター ご紹介 クリ博ナビ就活直前セミナー 2017年2月1日 ニフティ株式会社 IoTデザインセンター ニフティが目指す「モダンな開発・ 運用」とは? アジェンダ ChatOps等の導入のために奮闘し た(している)話 「モダンな開発・運用」を実現する 組織・体制 1. 2. 3. まとめ4.
  30. 30. ニフティ株式会社にモダンな開発・運用環境 を導入するために奮闘した(している)話 29
  31. 31. このプロジェクトの始まり 30 漠然とした危機感 テクノロジーを売り物に している企業なのに、 社内の技術力が低下して いるんじゃないか?
  32. 32. 当時の社内状況 • 社内を聞いて回れば技術を持っている人はいる – もの凄くユーザー管理に詳しい人 – ハードウエア設計して、ファームウエア書いて、工場発 注して独自ハードウエアを作り上げられる人 – 物資の倉庫から配送まで在庫管理をつつがなく出来る人 – サポートワークフローの神様みたいな人 – インターネットバックボーン事情に詳しい人 – セキュリティのプロフェッショナルとして政府機関へ出 向してる人 – 「Web上で課金する」という仕組みを考えた人 で、何処にいるの? 31
  33. 33. 同じ社内で技術のありかに到達出来ない • 後から存在に気づく、必要な時に見つけられない – サービス立ち上げ後に、「この人に聞いておけばなー」 っていう事象 • 技術が会社組織では無く属人的 – 伝統工芸の一子相伝みたいな技術の維持 • プロジェクト/部/事業部が違うエンジニア同士の技 術交流不足 – 「隣の部のやってるあのプロジェクト、こうすると良い と思うんだけどな」という気持ち このままじゃダメだ! 32
  34. 34. 改善するための2つの目標 社内の研究開発を活性化する サービス開発速度・運用改善速度を スピードアップさせる • エンジニア同士、切磋琢磨して技術を共有 しながら獲得していけるハズ • エンジニア同士で技術を活用すれば、もっ と素早いサービス開発や運用改善が出来る 様になるハズ 33
  35. 35. 課題分析 特に、同期コミュニケーションの強制と、 非効率な非同期コミュニケーションによる課題 • 同期コミュニケーションの強制例 – 内線、会議、Skype for Business等 • 連絡を取るのが億劫になる・・・ • 非効率な非同期コミュニケーション例 – メール、yammer • 非同期コミュニケーションが理想だが効率が悪い • 使いづらい、ツール連係(≒自動化)しづらい コミュニケーションコストの高さ 34
  36. 36. 考えたこと 35 漠然とした危機感 同じ事って他社でも起こっ てるんじゃないのかな? ※2014年頃
  37. 37. 「Slack」を中心とした「ChatOps」との出会い 36
  38. 38. ChatOpsとは?(自分の捉え方) 37 • チャットからあらゆるオペレーションを行う開発・運用手法 – チャットを起点としたサービス開発・運用 • アラート発生→チャットへ自動告知→チームで対処を実施 • ソースコードのバグ発見→チャットへ通知→チームで対処相談→即時対処 • 得られる効果 – ナレッジ伝播高速化(「属人化」から「標準化」へ) – システムと人の連係を高速化(「手動」から「自動」へ) • 世界的にも「ChatOps」へ取り組む流れ – 西海岸のスタートアップ企業におけるスタンダード
  39. 39. 目指した環境 38
  40. 40. 当然あった導入障壁 39 漠然とした危機感 西海岸のスタートアップみ たいな開発・運用! どうすれば導入出来る?
  41. 41. 主な導入障壁 第三者認証規定を満たす事 人力じゃない運用が回る事 • B2B事業者として、ISMS等の第三者認証規定 クリアは必須(入札、RFP対応等) • 「認証」「認可」「トレーサビリティ」の確立 • 運用で不幸になる人を作らない事 • アカウント管理者、ログ管理者といった、 不幸な運用者を設置しない「運用性」 40
  42. 42. 「認証」「認可」「トレーサビリティ」「運用性」の実現 Slack Plus + OneLoginの組み合わせで実現 引用元: 「ChatOps」環境の構築でエンジニアが新しい価値を創造 http://biz.nuro.jp/case/case21/ 41
  43. 43. 機能例:OneLogin(IDフェデレーション)の監査情報(Custom Reports) 42 契約期間中永続的にログを保持 アカウント削除されてもログは保持 適時ほぼリアルタイムに取得が可能
  44. 44. 機能例:Slack(ChatOps環境)の情報取得(Compliance Exports) 43 誰が、何時、どのアプリへログインしたか等、アプリケーションへの直接 ログインを禁止し、全てOneloginからSSOでログインする事で状態を保存 全てのやりとりをSlackで行う事でシステム間・ユーザー感のログを一元化 バッチ処理にて、日時、週次、月次でトレーサビリティログを自動作成 Owner権限以上保有者は、Slack社へ取得申請をする事で、 プライベートチャンネル、DM等と含む全ての監査ログの取得が可能
  45. 45. これまでに出来た事 44
  46. 46. これまでに出来た事 • ユーザー:502アクティブユーザー(含社外ゲスト) • 流量:平均6000メッセージ/日 メッセージ流量 書き・読みのアクティブユーザー数 45
  47. 47. ChatOps実施による効果 • サンプル内容 – 2016年8月よりChatOps全面導入した社員を対象 – 全面導入以前の03月~07月(5ヶ月間)と全面導入後の 08月~12月(5ヶ月間)で「メール送信件数」「会議開 催数」を2015年度と2016年度で比較 • 測定結果 – 「メール送信件数」 •平均-35%,-338件 削減 – 「会議開催数」 •平均-24%,-92件 削減 46
  48. 48. ChatOps実施による効果 • 「メール送信件数」削減の効果 – 1件のメール送信に平均5分要したと仮定 • 特に簡単な返信が削減対象だった想定 – 5ヶ月間における平均削減件数が338件なので、 5分/件*338件=28.1時間/5ヶ月=5.6時間/1ヶ月 –5.6時間/月/人を別業務へ転換 • 「会議開催件数」削減の効果 – 1件の会議時間が概ね45分間と仮定 • 特に30分~1時間程度のチームミーティングが削減対象だったと想定 – 5ヶ月における平均削減件数が92件なので、 45分/件*92件=69時間/5ヶ月=13.8時間/1ヶ月 –13.8時間/月/人を別業務へ転換 47
  49. 49. 今後もさらに取り組んで行く事 BOTを活用したシステム連携で、 対システムコミュニーションも自動化・省力化を推進 48
  50. 50. ニフティ IoTデザインセンター ご紹介 クリ博ナビ就活直前セミナー 2017年2月1日 ニフティ株式会社 IoTデザインセンター ニフティが目指す「モダンな開発・ 運用」とは? アジェンダ ChatOps等の導入のために奮闘し た(している)話 「モダンな開発・運用」を実現する 組織・体制 1. 2. 3. まとめ4.
  51. 51. なぜ「高速開発」が可能な 環境が実現できるの? 50
  52. 52. エンジニアパワーの向上をミッションとする社内組織 技術戦略委員会 ○環境改善・既存業務の見直し ○採用・育成・スキルマップ・キャリアプラン ○経営ビジョンの共有 など・・ 51
  53. 53. 技術戦略委員会:ゴールとミッション 持続的にビジネスを提供できる体制 事業のスピードアップ 価値の高い事業創造 エンジニアパワーの向上 環境改善 人財改善 52
  54. 54. 技術戦略委員会 設立の背景・目的 ・経営戦略における技術的側面の強化 ・社内技術力の向上、ナレッジの透明化・属人化抑止 運用 ・委員は全社エンジニア有志で構成(事業部横断型)。 ・社長・役員も参加。月例の議事録は全社に公開。 ・委員会の他に「子会」や「サポートメンバー」も構成。 人事・総務なども参加し、各タスクを並列で推進。 主な「子会」活動 ・環境改善・既存業務の見直し ・採用・育成・スキルマップ・キャリアプラン ・経営ビジョンの共有 など 53
  55. 55. どんな成果が出ているの? 54
  56. 56. 技術戦略委員会:採用・育成・キャリアプラン • 技術研修内製化 – 新入社員の研修を外部委託から先輩社員による内製に変更 • キャリアパス明確化・スペシャリスト登用 – 技術のスペシャリストを、マネージャー相当の待遇に • 技術賞の表彰 – 技術の観点で、最も貢献した活動・プロジェクトを全社会議で表彰。 • 技術相談団 – 技術的な相談を社内で共有、有識者が回答する仕組み。 • 技術広報の強化 – イベント協賛・ブログ等での情報発信など 55
  57. 57. 技術戦略委員会:開発・運用環境 • 開発用ネットワーク設置 – 汎用度を上げる事で、クラウド・IoT開発を実現 • 開発端末改善 – スペック改善、Mac標準化により、検証・開発の障壁撤廃 • R&Dルール策定 – OSSプロジェクトのサービス利用・参加のルール作成 • コミュニティスペース・コワーキングスペースの活用 – 社員同士のつながりを高め、自己研鑽や協力姿勢の活性化 • ChatOps導入 – 対人、対システムのコミュニケーションコスト削減による効率化 56
  58. 58. 「技術戦略員会」 どうやって立ち上げたの? 57
  59. 59. ボトムアップ組織(エンジニアタスクフォース)立ち上げ ↓ 経営層との継続的な対話/着実&地道な成果 ↓ トップダウン組織「技術戦略委員会」設立 ・開発案件の増大、外注率の増加/内製率の低下 ・開発ができない、技術力低下・モチベーション低下 ・技術的挑戦を抑止するセキュリティ ・技術者離職... こんな話、こんなお悩み、ありませんか? 58
  60. 60. 社内での活動を推進するコツ 59 • 共通用語で話す/翻訳する – 説得したい相手(経営層)の単語で話す (例:アジャイル⇒高速開発) – 日○コンピュータに載ってる単語で話す(笑) – クライアントワークで気をつける事と一緒かも・・ • 社外の方の力を借りる(フェロー的な) – 同じ事を提案したとしても、納得してくれやすい。 – 「業界標準」として捉えてもらえる。(権威のある方だと心強い) – 「エンジニア界のスター」は、伝わりずらい場合も(笑) • 理解ある上司 – 現場のボトムアップを経営層に上手に伝えてもらう。 経営層が「OK」と言うための「下地づくり」を。 メリットを納得し、経営者自身も他に説明しやすいように。
  61. 61. B2B案件、クライアントワーク でも問題ないの? 60
  62. 62. B2Bでもモダンな開発・運用 案件の選択:アジャイル/トライアンドエラー セキュリティ要件 ・IoT・SoEのような不定型な案件 ・提案・コンサルから入る「顧客と一体型」案件 ・継続型の契約 ・外部監査を満たしている事(ISMS等) ・難しく考えすぎない (認証/認可/トレーサイビリティ)※2章参照 61
  63. 63. ニフティ IoTデザインセンター ご紹介 クリ博ナビ就活直前セミナー 2017年2月1日 ニフティ株式会社 IoTデザインセンター ニフティが目指す「モダンな開発・ 運用」とは? アジェンダ ChatOps等の導入のために奮闘し た(している)話 「モダンな開発・運用」を実現する 組織・体制 1. 2. 3. まとめ4. ここまで のまとめ
  64. 64. 「モダンな開発・運用」を実現する組織・体制 63 「技術戦略委員会」で「エンジニアパワーの向上」に取 り組み中。 エンジニア有志だけでなく、経営層や管理部門も巻き込 んだ活動に発展。 ● ● 環境改善・既存業務の見直し・採用・育成・スキルマッ プ・キャリアプラン、etc.. 様々な効果が。 ● ● このような活動を社内で上手に取り組んでいくためには、 経営層がOKしやすい下地づくりをしっかり。 (共通の単語で話す/社外の権威の力を借りる、等) クライアントワークでも「モダンな開発・運用」は取り 入れられます。IoTやSoEなどの領域で提案するのが、近 道かも知れません。
  65. 65. ニフティ IoTデザインセンター ご紹介 クリ博ナビ就活直前セミナー 2017年2月1日 ニフティ株式会社 IoTデザインセンター ニフティが目指す「モダンな開発・ 運用」とは? アジェンダ ChatOps等の導入のために奮闘し た(している)話 「モダンな開発・運用」を実現する 組織・体制 1. 2. 3. まとめ4.
  66. 66. まとめ:IoTやデジタル活用で価値を生み出すための開発手法 ~BtoBでも、ChatOps等のモダンな開発・運用ができる!~ ニフティではB2Bのクライアントワークでも「モダンな開発・運 用」を行っています。クラウドを活用しIoT等の領域で実績が出 始めています。 「モダンな開発・運用」のために「ChatOps」導入がお勧めです。 ・システムと人の連係の高速化~「手動」から「自動」 ・ナレッジ伝播高速化~「属人化」から「標準化」、に効果。 ニフティでは「技術戦略委員会」という組織で、「モダンな開 発・運用」を推進しています。このような活動を上手に運営する コツは経営層がOKしやすい下地づくりをしっかり。 (共通認識ができる単語で話す/社外の権威の力を借りる等) クライアントワークでも「モダンな開発・運用」は取り入れられ ます。IoTやSoEなどの領域で提案するのが、近道だと思います。 少しでも、皆様の明日からの業務のお役に立てると幸いです。 65
  67. 67. クリ博ナビ就活直前セミナー 最後に・・ 「やりたいなー」「でも自社でやるの難しいなー」 という方は・・・
  68. 68. WE ARE HIRING! くわしくはニフティ採用情報ページまで 67

×