connpassの戦略決定〜チームで取り組んだ価値のデザイン

1,017 views

Published on

Developers Summit 2017 のセッション「人気イベントサービスの実例から見るWebサービス・コミュニティ発展のコツ」のLT資料です。

Published in: Internet
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,017
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
210
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

connpassの戦略決定〜チームで取り組んだ価値のデザイン

  1. 1. の戦略決定 株式会社ビープラウド 代表取締役社長 佐藤治夫 2017/2/16 Developer Summit 2017 〜エンジニアとして生きる、 技術の先にある現実に踏み出す 〜チームで取り組んだ価値のデザイン
  2. 2. IT勉強会 発表時ユニフォーム正装化へ ©PyCon JP 2015
  3. 3. 自己紹介 •佐藤治夫(Sato Haruo) •株式会社ビープラウド代表取締役社長(2006年設立) •Twitter http://twitter.com/haru860 •connpass 企画・開発・運営(2011年〜) •BPStudy主催(2007年9月〜)
  4. 4. 「エンジニアをつなぐ IT勉強会支援プラットフォーム」 → IT勉強会に特化 ・2011年11月サイトオープン(リリースして5年3か月) connpassとは URL:https://connpass.com/
  5. 5. connpassを使っているコミュニティ(一部) Bluemix Users Group IoT LT UI Crunch D-Cube 東京Node学園 PyCon JP html5j UX MILK UX Sketch Jenkins勉強会 Docker Meetup Tokyo Go Con クラスメソッド PHP Conference Japan Wontedly PyData Tokyo BPStudy 歌舞伎座.tech gap ja night Start Python Club Hatena Engineer Seminar GDG 東京 Skyland Ventures Meetup TensorFlow User Group Tokyo GMOペパポ Ansible ユーザー会 DroidKaigi ニフティIoTデザインセンター Tokyo クックパッド
  6. 6. リリースから現在までのconnpassの伸び(ページビュー ) 横ばい期間 成長期 (2年11か月で約10倍の伸び)
  7. 7. 横ばい期間 成長期間 (3年1か月で約10倍の伸び) 本日は、サイト成長の裏にある connpassチームの取り組みについて紹介します。 この期間の取り組み
  8. 8. 実装する機能について意見を出しあう(ブレスト) ↓ どの機能を実装するかを議論する ↓ なかなか結論が出ない(時間が過ぎていく) ↓ 妥協して決定プロセスへ ↓ 合意感、納得感が無いまま開発へ突入 ↓ 効果が出ない(=価値が生み出せていない) 横ばい期間のconnpassチーム チーム構成:エンジニア2人、デザイナー1人
  9. 9. 成長期の connpassの取り組み ・2014年1月〜匠メソッドを導入 ・匠メソッドとは 匠Business Placeの萩本順三さんが開発している価値創造メソッド (http://www.takumi-method.biz/ ) ・匠メソッドを使って「価値のデザイン」に取り組んだ つらい状況を脱出するために・・・
  10. 10. 匠メソッドのステップ ステップ0 問題の発見(ブレスト・議論) ステップ1 ステークホルダーは誰か? ステップ2 自分たちはどのようなサイトをつくって行きたいのか? ステップ3 ユーザーのニーズを考える ステップ4 要求(IT要求)に落とし込む
  11. 11. ステップ0 解決すべき問題領域の発見(ブレスト・議論) 現状 解決したい課題 実現したい価値 ToB e AsIs 解決するべき問題は何か?
  12. 12. ステップ1 ステークホルダーは誰か? 問題領域のステークホルダーを洗い出す
  13. 13. ステップ2 自分たちはどのようなサイトをつくって行きたいのか? ビジョン、コンセプトを決める connpassのビジョン 「エンジニアをつなぐ IT勉強会支援プラットフォーム」
  14. 14. ステップ3 ユーザーのニーズを考える ・誰に対して、どのような価値(嬉しいこと)があるのか?を考える ・その価値を実現する「プロジェクトの目的」を決める ステークホルダー 価値 プロジェクト の目的
  15. 15. ステップ4 要求(IT要求)に落とし込む 要求分析ツリーの作成 ビジョン→コンセプト→目的→業務要求→IT要求 のツリー ビジョン IT要求業務要求目的コンセプト
  16. 16. 匠メソッドへの取り組みによる サービス開発への効果
  17. 17. 建設的な議論が可能に 枝葉のレベルだと議論が収集しない (具体的、そもそも論で話しにくい) Aさんの アイデア Bさんの アイデア 取捨選択の議論がしやすい (そもそもの価値に近い) プロジェクトの目的A <個人の価値観><Projectの価値観> プロジェクトの目的B
  18. 18. 「要求の爆発」の恐怖からの解放 (通常) 優先度を決める段階で、さらに新しいアイデアを出す → 議論を収束させていきたい段階では敬遠されがち (要求分析ツリーによる方法) 「ツリーに葉を足すだけ」というのが目に見える ↓ 精神的負担が軽く、新しいアイデアに対しても 前向きに議論できる 赤色のIT要求 =要求分析ツリーをつくってからアイデアとして出たIT要求
  19. 19. connpassでの企画・戦略(抽選機能) 必要充分でミニマムなリリース
  20. 20. ↓ 迅速な戦略の決定、合意形成 かかった時間:約1日 ・午前中:価値分析モデル(2時間) ・午後:要求分析ツリー(4時間) connpassでの企画・戦略(グループ機能フェーズ1)
  21. 21. connpassでの企画・戦略(グループ機能フェーズ2) 1次リリース後に明らかになった課題を 1次リリース時の要求分析ツリーに追加 ↓ 1次リリースと2次リリースが シームレスにつながる <課題・問題領域>
  22. 22. 戦略における「攻め」と「守り」 <攻めの戦略要求> <守りの戦略要求> 小改善、運用向け改善 etc… ユーザー向けの大きな機能開発etc… ・「前回のフェーズは攻めて効果が出たから、引き続き攻める」 ・「前回は攻めて一定の効果が出たから、今回は守りを固める」
  23. 23. まとめ:価値をデザインすることにより得られた効果 ・ユーザー価値に近い、建設的な議論が可能に ・「要求の爆発」の恐怖からの解放 ・必要充分でミニマムなリリース ・迅速な戦略の決定、合意形成 ・1次リリースと2次リリースがシームレスにつながる ・戦略における「攻め」と「守り」
  24. 24. まとめ:サービス開発における戦略の重要性 【チームのモチベーションのために重要】 チーム内で「納得感」のある合意形成が短時間でできること 時間・リソースは有限(常に充分にあるという組織は無い) 【組織のために重要】 ・何をどのような順番でやるか ・何をやり、何をやらないか
  25. 25. まとめ:リソースを集中するべきところ シーズ:自分たちは どのようなサイトをつくって行きた いのか? ニーズ: ユーザーが求めていること IT:機能 ここに集中!
  26. 26. ご静聴ありがとうございました! 「エンジニアをつなぐ IT勉強会支援プラットフォーム」 connpassをよろしくお願いします。 ・

×