Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Developers Summit 2017 17-A-7 執筆を支える技術と技術書のトレンド

1,034 views

Published on

エンジニアによる技術アウトプットのひとつに執筆があります。本講演では技術書の執筆を通じた発信をメインテーマに身近な技術書のトレンドやどのように作られているのか、執筆を通じて成長できるポイントなどをお話します。最近はコミュニティ活動の一環としてアドベントカレンダーなども流行しています。技術を誤解なく、多くの人へ伝えるための工夫や執筆を支える技術について発信側の立場から触れています。

Published in: Technology

Developers Summit 2017 17-A-7 執筆を支える技術と技術書のトレンド

  1. 1. 執筆を支える技術と 技術書のトレンド 日高 正博/高橋 征義 #devsumiA
  2. 2. 本日のテーマ
  3. 3. 本日のテーマ 技術を使う側から、技術をつくり、育てる側へ
  4. 4. スピーカー紹介:日高 正博 ・ソフトウェアエンジニア ・Android開発者カンファレンスDroidKaigi代表理事 ・技術書のお祭り技術書典の主宰 ・技術技術情報の共有やコミュニケーションに興味を持ち、商業、非商業問わずエンジニ アの発信について考えてます。新しい技術を知ることが好き。
  5. 5. スピーカー紹介:高橋 征義 ・株式会社達人出版会代表取締役  ・技術書典のもう一つの主催団体 ・一般社団法人日本Rubyの会代表理事 ・著書に『たのしいRuby』(共著)など
  6. 6. 質問コーナー ✔ 今年に入ってから技術書を読んだことのある(読んでいる)人? ✔ 技術書を書いたことのある人? ✔ 技術書を作っている人?(出版・編集・印刷等のお仕事をされている方) ✔ 同人誌を買ったことのある人? ✔ 同人誌を書いたことのある人?
  7. 7. 技術者のアウトプット
  8. 8. 「執筆しました!」「新刊出ました!」「すごーい!」
  9. 9. 「本を書く」ことの重み
  10. 10. 様々な技術的アウトプット 本を執筆する 雑誌に寄稿する ブログを書いて公開する コードを書いて公開する イベントで講演する 勉強会で発表する
  11. 11. SECIモデル 暗黙知 形式知 表出化 連結化内面化 共同化 Externalization CombinationInternalization Socialization 組織的知識創造プロセスモデル (野中郁次郎・竹内弘高『知識創造 企業』)
  12. 12. 「技術者コミュニティ」という組織 コミュニティの中で(外部との交流も図りながら)知識創造プロセスを回していかなけれ ばならない
  13. 13. デブサミ=「共同化」の場 同じ場所で、直接語りかけることで「暗黙知」を伝える 「共感」しあう場
  14. 14. 「共感」の限界 その場にいる人にしか伝えられない(空間的な限界) やがて来る人たちにも伝えられない(時間的な限界) ⇒「表出」の必要性
  15. 15. 様々な技術的アウトプット 本を執筆する 雑誌に寄稿する ブログを書いて公開する コードを書いて公開する イベントで講演する 勉強会を開催する
  16. 16. 「適当にネットで検索すれば十分なのでは?」
  17. 17. しかし足りないものも当然ある
  18. 18. 「本を書く」ことの重み
  19. 19. 本の強み パッケージング 流通 質感・満足感 デバイスの利便性
  20. 20. 技術書のトレンド・流行ってる分野 ● 機械学習と人工知能 ● Python ● クラウドとかDevOpsとかアジャイルとか ● 「流行っている分野」が必ずしも本になるとは限らないのに注意(JSとかAndroidと か…) ● 「定番書」と「流行書」(定番になりやすい本、事例と上のはやってる本の事例があ れば雰囲気がわかりそう)
  21. 21. ネット・デジタルで何とかならないか? ブログやアドベントカレンダーとかも 将来的にはなんとかなるかもしれない それはそれで頑張っていきたい
  22. 22. もう一つの「本」:同人誌
  23. 23. 技術同人誌とは https://booth.pm/ja/search/%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%9B%B8?sort=ne w
  24. 24. 同人誌のメリット 商業出版の不満を解消 ・技術の進歩が早く、すぐに陳腐化する ・入門分野にかたよる 同人誌は ・趣味(たのしー!)書きたいことをかける ・すぐ出せる、薄くても許される
  25. 25. 出版社では同人誌はできない? 同人誌は ・部数がでない薄い本 ・かわりに多くのニッチをカバーする ・出版社が出しても儲からない   (個人で儲かるとは言っていない) http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1609/02/news115.html
  26. 26. どこで同人誌が見れるの? ・となりでDevBooksやってます  ・18時まで(終わってダッシュしたらみれるのでは??) ・コミックマーケット  ・夏と冬 ・技術書典2  ・4月9日 秋葉原UDX
  27. 27. 最近の問題 会社で買う時、電子書籍と相性が悪い… ライセンスが特殊だ…流通/決済が… 出入りの業者から買いたいけど特定の本屋・サイトでしか売ってない… 同人誌の在庫問題…
  28. 28. 執筆を支える技術
  29. 29. 普通の(執筆以外でも使ってる)技術
  30. 30. gitとビルドとCIで執筆する
  31. 31. 執筆プラットフォームとしてのGitHub
  32. 32. Gitでコミュニケーション ✎ ✎ + ・リポジトリ上での執筆 ・Pull Requestによるレビュー、編集 ・Issueによる進捗管理
  33. 33. 書籍の継続的インテグレーション
  34. 34. 継続的に成果物を提供、フィードバックに利用
  35. 35. デプロイ環境のコンテナ化
  36. 36. 書籍のかたち 紙や電子データでも様々なフォーマットが乱立、ビルド環境はさまざま
  37. 37. 仮想化により、だれでも製作可能に 著者それぞれの環境での構築は至難。コンテナ化で再現性を向上 $ docker pull vvakame/review $ ./build-in-docker.sh
  38. 38. マークアップ・組版 紙か電子か両方かで選択が変わる。 さらに電子の場合、固定(漫画のようなレイアウト)かリフロー(フォントサイズの変更など 可能に)か。 ● Re:VIEW ● Markdown(Pandoc, GitBook, Sphinx) ● ReST(Sphinx) ● AsciiDoc(AsciiDoctor) ● LaTeX ● InDesign
  39. 39. 執筆を支える技術=新たなインフラ整備 技術基盤を再構築:品質のためのイテレーション。書き手の「困った」を解消
  40. 40. 技術を誤解なく伝えるための工夫
  41. 41. 愚直に文章がんばろうね
  42. 42. 愚直にがんばる → とりあえず書く
  43. 43. 文章を理解してもらうには ● 言いたいことを1つに絞る ● まとめを最初に書く ● 文章は短く、簡潔に書く ● 初めての単語/概念は説明する ● 表現を統一する ● フィードバックをもらう おすすめの本:  木下是雄『理科系の作文技術』  本多勝一『新装版日本語の作文技術』  唐木元『新しい文章力の教室』  結城浩『数学文章作法基礎編』『同推敲編』  三森ゆりか『外国語を身につけるための日本語レッスン』
  44. 44. 届けたいひとを想像しよう 誰に知って欲しい? 間違えて届くとお互いが不幸に。知って欲しい ひとがいる場所に届けよう。 広く一般に普及させたい ブログやQiita、Kindle、雑誌など 深くニッチに追求したい 同人誌や専門書 ユーザコミュニティへの貢献
  45. 45. ご清聴ありがとうございました いらすとや http://www.irasutoya.com/ Special Thanks to:

×