SlideShare a Scribd company logo
Unity-Photon-WebGL
Handson
2016/06/26
第91回「WTM + 広島Unity勉強会」
一般社団法人T.M.C.N / 株式会社システムフレンド
前本 知志
1
・システムフレンドという会社でセンサー&デバイス部長やってます!
KINECT等のセンサーを使ったアプリ(イベント用コンテンツ、医療ヘルスケア系)
スマフォのARアプリなどを作っています。
http://www.systemfriend.co.jp/kinect_nui https://youtu.be/ZSXwhj8HqkE
・TMCN (Tokyo MotionControl Network) Co-founder(理事)
https://www.facebook.com/TokyoMotioncontrolNetwork
・著書「Intel RealSense SDK センサープログラミング」
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798139630
・HoloMagicians – 日本初のホロレンズ開発者チーム
http://holomagicians.azurewebsites.net/
自己紹介
2
0.TMCN、HMCNとかなに?
3
ゴール
 Unityに触れたことのない方でもUnityを使ってイ
ンタラクティブコンテンツを簡単に開発できるこ
とを知る。
 Photonを使ってクラウド上の仮想ルームでのマル
チプレイヤーゲーム体験をする。
対象者:
Unityに触れたことのない方
前提:
Unityをセットアップ済みである
4
Agena
1. Unityをさわってみる
a. Unityの基本説明
b. 物理挙動を使ってみる
2. スマホの傾きを使ってみる Unity WebGLがスマホ未サポートだった…
3. Photonを使ってクラウド上のルームへ!
4. みんなで同じルームの中を飛んでみよう!
5. これは面白い!と思った人へのNext Step.
5
1.Unityをさわってみる
6
TMCNで開催したイベン
トからまるぱく!
http://www.slideshare.net/RikakoTakahashi/ppt-windows
7
Unity女子が教える
ゲームエンジン入門
Unityおじさん
や
ら
な
い
か
8
初めまして^^
https://github.com/SystemFriend/MyFirstUnity
いきなりだが
完成品はここにある。
もう知ってるという人は
困っている人を助けてくれると
おじさんは助かるぞ。
9
講師紹介
▼IoTイノベーターカップ 特別賞
▼Innovator Academy 特別賞
▼Tokyo Hackademics 2015 優勝
▼Shockathon2015 京セラ賞
Tech in AsiaやMaker Faire tokyo2015など出展
来月は2つのハッカソンに出場予定
高橋 理佳子
獨協大学 経済学部経営学科 在学
サイバーエージェント、voyage group、Benesse、
リンクアンドモチベーションなど8社のインターンに参
加
その後、ビジコンに参加するも企画立案で終わることに
物足りなさを感じハッカソンに参加。そこで自分の技術
にの低さを痛感&プログラミングに出会い、独学で勉強中
4月からリクルートホールディングスに入社予定
10
今日はおじさん
でごめん。。
今日のながれ
① アイスブレーク
(1)たかりかを知ろう(2)unityを知ろう!
② unityを触ってみよう!
③ ゲームを作ってみよう!
④ 遊んでみよう!
⑤ クロージング
11
unityってなーに?
 一言で言えば
“ゲーム開発ツール”
・ゲームを動かすために
“ゲームエンジン”と
ゲーム内のコンテンツを編集する
“エディター”が統合された
“エディター統合型ゲームエンジン”
12
3Dゲームをはじめイ
ンタラクティブなアプ
リが作りやすいぞ。
インストールしましたよね♪
13
それじゃ起動しましょうか
14
プロジェクトの作成
15
プロジェクトの生成
適当に名前を決めて
適当に保存先を決めて
※空のフォルダ
Create projectを押す!!
16
画面の説明
ツールバー
Sceneビュー
Hierarchyビュー
Inspectorビュー
projectビュー
現在のシーンを視覚的に確認できる
シーンの中に配置されてい
る
オブジェクトの階層構造を
確認できる
オブジェクトやファイルの
内容を確認したり、
詳細に設定することが出来
る.
プロジェクト内の、
ファイルの 様子を表示する画
面。 .
※ここは使いながら追々覚えましょう
17
画面レイアウトがよくわからなくなったら…
とりあえず
2 by 3 だ。
ウィンドウを消して
しまったら
「Window」からまた
開けるぞ。
18
画面の説明
Gameビュー
Consoleビュー
ツールバーのプレイを押すこと
で
作成中のゲームを実際に動かし
て
プレビューすることが出来る
エラーメッセージを確認することが出来ま
す
19
下準備をしましょう
ProjectビューのAssetフォルダを右クリック
↓
Createからfolderを選択
20
フォルダ管理📂
フォルダを三つ作って
“Materials”,“Scenes”,“Scripts”と名前を振る.
これをやらないと後々後悔しますよ~
21
そろそろなんか作りましょうか
22
とりあえずなんかつくってみましょ
 この章ではこんなのを作ります!!
23
板をつくる
Hierarchyビューで
“create”→“Cube”を選択
玉ころがしの
床をつくるぞ。
24
板をつくる
Hierarchyビューで
“Cube”が追加されている
Positionは
(x,y,z)=(0.0.0)にする
スケールツールを選択
試しに他のツールも触ってみましょうか25
板をつくる
この■を引っ張る
26
板をつくる
(50,1,50)と入
力
27
軽くtips
①ALT + CTRL(Macの人はcommand) + ドラッグ
⇒“平行移動!!”
②ALT + ドラッグ
⇒“視界の旋回!!”
③マウスホイール
⇒“ズーム”
④Hierarchyから選択したオブジェクトをダブルクリック
⇒選択したオブジェクトに焦点を合わせる
これは便利ですよ28
玉をつくる
“Hierarchyビュー”
⇒“Sphere”
29
玉をつくる
移動ツールと
スケールツールを使ってうまい感じに
30
玉をつくる
うまくいかないな~ってひとは
こちらを参考にしてみてください
31
玉に物理挙動を与える
玉(Sphere)を選択して、メニューから
“Component”⇒“Physics”⇒“Rigidbody”
Unityでは重力に従っ
た動きを簡単に使え
るぞ。
32
玉に物理挙動を与える
Use Gravityに☑が入れば
重力が適用され
Y軸に負の方向に落下しようとする力が
発生します.
33
床にも物理挙動を与える
床はその場でとどまっててほしいので
Is Kinematicに☑を入れる
床(Cube)を選択して、メニューから
“Component”⇒“Physics”⇒“Rigidbody”
Is Kinematicにチェックを入
れる場合と入れない場合を
Playして試してみるといい
ぞ。
34
うごかしてみましょ
ココを押して
35
でけぇ!!
アップすぎ!!
停止押してもう一度playボタン押して
36
playボタン押してる状
態
え!プロパティ変更が保存されないんだけど!
playボタン押してない状
態
今の状態を確認したらplayボタン押して
ない状態にしましょう!
保存されないのです.. > < ..
最初よく戸惑う
ポイントだ。
37
カメラを動かしましょう
移動ツールや回転ツールでうまい感じに調整して…
右下のプレビューで確認して..,
あんまりうまくいかなかったらとりあえず
position(0,30,-60) Rotation(25,0,0)
でなんとかしてください
38
もう一度再生!!
39
ん?なんか不自然!
ボールってバウンドするよね!
40
次は反発係数を入力
Project⇒createから
Physic Materialを選択
出てきたものをAssets/Materials
フォルダへ入れる
Physic Materialは
物体表面の特性を
設定するものだ。
41
反発係数を入力
0~1で値を入力
42
反発係数を入力
Sphereへ
ドラッグ&ドロップ
43
反発係数を入力
Cubeにも
ドラッグ&ドロップ
玉と床がお互いに
反発するようにな
るぞ。
44
うごかしてみましょ!!
ココ押して
回転ツールでいじって
Cubeに傾きをつけ
ておくと面白いぞ。
45
キー操作を実装しましょうか
※ここから先は時間に余裕があれば試
してみましょう。
GitHubに完成版があります。
https://github.com/SystemFriend/MyFirstUnity/blob/master/MyFirstUnity/
Assets/Scripts/KeyMove.cs
46
Scriptを作成
Project⇒Create⇒JAVA script
47
※C# Scriptでもかまいません。
かきましょう
出来たscriptをダブルクリックすると
こんな画面になります
48
かきましょう
このオブジェクトの姿勢を秒間30度の速さで入力方向にZ軸回転する
49
実装
ドラッグ&ドロップ
50
2.スマホの傾きをつかってみる
51
UnityとWeb
 Unityは一つのプロジェクトから様々なプラットフォームへの書き出し
ができます。
WebGLが最近本格サポートされました。
つまりWebブラウザがあれば特別なものを
インストールしなくてもプレイができるのです。
※ただし現在モバイルブラウザは未サポート
52
というわけで
本当はスマホの傾きで板が動くものを作ってスマホブラウザから動かして
みたかったのですが残念ながら断念。
下記にWebGLビルドしたものがあるのでPCブラウザからアクセスしてみ
てください。
矢印キー上下左右で板をコントロールできます。
ここでは
Unityアプリは簡単にブラウザ上で動作する
ということを理解してください。
http://goo.gl/YziuOB
53
3.Photonを使ってクラウド上のルームへ!
完成状態のサンプルコード:
https://github.com/SystemFriend/PhotonFlySample/tree/issue/1
54
Photonとは
 クラウド上の仮想ルームにログインして多人数でプレイするゲームな
どを作れるものです。
 サーバーを持っていなくてもすぐ使えます。
 無料プランでも20人まで同時接続ができます。
 Unityから簡単に使えます。
 GMOクラウドさんが窓口です。
 チュートリアル
http://photonengine.jp/
http://photonengine.jp/support/movie.html
55
Photonサインアップ & ログイン
 今日は時間の関係で実際のアカウント登録は割愛しますが
手順は下記動画をご覧頂き、ご自身で手続きをお願い致します。
https://youtu.be/vFzPyJ7YEMA
【公式】Photonのアカウント取得方法
56
Unityで新規プロジェクトを作成
 Unityを起動しなおして、PhotonFlySample という新規プロジェクトを
作る
57
UnityからPhotonを使えるようにする
 ブラウザで下記URLへアクセス
Photon Unity Networking Free を「Open in Unity」し、Unityの
[AssetStore]よりダウンロード&インポートする。
http://u3d.as/2ey
58
Unity Asset Storeからインストール 02
 Unityへインポート
59
アプリIDの設定
 AppIdを入力します。 ※AppIdは本日のみ利用できるものをお伝えします
ここでシーンを一度保存しておきましょう。
メニューより[File]-[Save Scene]とし、
Assets/Scenes/Main に保存します。
60
Photonと接続する設定 01
 空(から)のオブジェクトをつくる
[Hierarchy]-[Create]-[Create Empty]
61
Photonと接続する設定 01
 Photonのスクリプトをオブジェクトに張り付ける
[Assets]-[Photon Unity Networking]-[Demos]-[MarcoPolo-Tutorial]-
[RandomMatchmaker]をGameObjectにドロップする
[Inspector]でGameObjectにスクリプトがつきます。
62
床をつくる 01
 キャラクターが動き回る床をつくる
[Hierarchy]-[3D Objects]-[Plane]
Scale (X, Y, Z)を(10, 1, 10)とする
63
床をつくる 02
 床ができるとこんなビューになります
64
ここで動かしてみましょう!
Room 01
Room 0265
http://goo.gl/kS51SK
http://goo.gl/x0h6Yw
別Roomですが完成品もこちらに
4.みんなで同じルームの中を飛んでみよう!
完成状態のサンプルコード:
https://github.com/SystemFriend/PhotonFlySample
66
Let’s fly!
 前のセクションで作成したデモに少し手を加えたものを用意しました。
自由にフライトを楽しんでください!
操作方法:
← → 操縦桿左右
↑ ↓ 操縦桿上下(上げると下降 下げると上昇)
スペースキー 自分視点と神視点の切り替え
http://goo.gl/gPGhOy
http://goo.gl/D12kut
Room 01
Room 02
67
5.これは面白い!と思った人へのNext Step
68
サンプルを改造しよう
 岩や他の飛行機にぶつかったときに跳ね返ったりダメージをうけたり
 弾を撃てるようにしたりスコアやステージを用意してよりゲームっぽ
くしてみたり
 BGMや効果音を追加したり
 AppStoreやGoogle Playストア、Windosストアなどストアにアプリをリ
リースしたり
 広告で儲けたりw
様々なことがUnityで行えます。
ぜひトライしてみてください。
69
困ったときには
このハンズオン会場にいるUnity関連コミュニティに参加して、学習をし
たり教えてもらうこともできますね!
ぜひ広島のUnityを盛り上げてください。
70
告知
あのコンテストの予選が
広島で初めて開催されます!
71

More Related Content

What's hot

ARもVRもMRもまとめてドーン
ARもVRもMRもまとめてドーンARもVRもMRもまとめてドーン
ARもVRもMRもまとめてドーン
Satoshi Maemoto
 
Kinect やセンサーデバイスと連動した楽しいアプリ開発
Kinect やセンサーデバイスと連動した楽しいアプリ開発Kinect やセンサーデバイスと連動した楽しいアプリ開発
Kinect やセンサーデバイスと連動した楽しいアプリ開発
Satoshi Maemoto
 
LODGEのいいところあげていきます!
LODGEのいいところあげていきます!LODGEのいいところあげていきます!
LODGEのいいところあげていきます!
Satoshi Maemoto
 
HMCN - センサー&デバイスでできる楽しい事例紹介
HMCN - センサー&デバイスでできる楽しい事例紹介HMCN - センサー&デバイスでできる楽しい事例紹介
HMCN - センサー&デバイスでできる楽しい事例紹介
Satoshi Maemoto
 
ARもVRもMRもまとめてドーン
ARもVRもMRもまとめてドーンARもVRもMRもまとめてドーン
ARもVRもMRもまとめてドーン
Satoshi Maemoto
 
ショッカソンのみなさんこんばんは 今注目のコミュニティーTMCN Lightning自己紹介
ショッカソンのみなさんこんばんは 今注目のコミュニティーTMCN Lightning自己紹介ショッカソンのみなさんこんばんは 今注目のコミュニティーTMCN Lightning自己紹介
ショッカソンのみなさんこんばんは 今注目のコミュニティーTMCN Lightning自己紹介
Satoshi Maemoto
 
数万円のセンサー&デバイスで できる 楽しいデジタルパフォーマンス
数万円のセンサー&デバイスで できる 楽しいデジタルパフォーマンス数万円のセンサー&デバイスで できる 楽しいデジタルパフォーマンス
数万円のセンサー&デバイスで できる 楽しいデジタルパフォーマンス
Satoshi Maemoto
 
Kinect Camp with TMCN 「Kinectでできる"楽しい"事例紹介」
Kinect Camp with TMCN 「Kinectでできる"楽しい"事例紹介」Kinect Camp with TMCN 「Kinectでできる"楽しい"事例紹介」
Kinect Camp with TMCN 「Kinectでできる"楽しい"事例紹介」
Satoshi Maemoto
 
絵心なくても大丈夫。 Holoなホラーゲームの提案
絵心なくても大丈夫。Holoなホラーゲームの提案絵心なくても大丈夫。Holoなホラーゲームの提案
絵心なくても大丈夫。 Holoなホラーゲームの提案
Akira Hatsune
 
Kinect * Unity で立体視するよ!
Kinect * Unity で立体視するよ!Kinect * Unity で立体視するよ!
Kinect * Unity で立体視するよ!
甚伍 尾坂
 
ARもVRもMRもまとめてドドンドーン!
ARもVRもMRもまとめてドドンドーン!ARもVRもMRもまとめてドドンドーン!
ARもVRもMRもまとめてドドンドーン!
Satoshi Maemoto
 
KinectV2×Unityなら ゲームからヘルスケアまで
KinectV2×Unityなら ゲームからヘルスケアまでKinectV2×Unityなら ゲームからヘルスケアまで
KinectV2×Unityなら ゲームからヘルスケアまで
Satoshi Maemoto
 
MakersHubMeetup! 「大阪のIoTスタートアップと 東京のセンサー好き飲み会が 手を組んでみた!」
MakersHubMeetup! 「大阪のIoTスタートアップと東京のセンサー好き飲み会が手を組んでみた!」MakersHubMeetup! 「大阪のIoTスタートアップと東京のセンサー好き飲み会が手を組んでみた!」
MakersHubMeetup! 「大阪のIoTスタートアップと 東京のセンサー好き飲み会が 手を組んでみた!」
Satoshi Maemoto
 
デブサミ2015 KINECT V2+UnityでVRコンテンツを作ってみたら楽しかった
デブサミ2015 KINECT V2+UnityでVRコンテンツを作ってみたら楽しかったデブサミ2015 KINECT V2+UnityでVRコンテンツを作ってみたら楽しかった
デブサミ2015 KINECT V2+UnityでVRコンテンツを作ってみたら楽しかった
Satoshi Maemoto
 
センサー・VR・MR 基本とオススメ
センサー・VR・MR 基本とオススメセンサー・VR・MR 基本とオススメ
センサー・VR・MR 基本とオススメ
Satoshi Maemoto
 
ゲームツクール第1回 Unity x VuforiaでARカメラを作ろう!
ゲームツクール第1回 Unity x VuforiaでARカメラを作ろう!ゲームツクール第1回 Unity x VuforiaでARカメラを作ろう!
ゲームツクール第1回 Unity x VuforiaでARカメラを作ろう!
ゲームツクール!
 
UI/UXなUXのお話
UI/UXなUXのお話 UI/UXなUXのお話
UI/UXなUXのお話
Kenji Minamoto
 
屋外Holoアプリ開発の注意点
屋外Holoアプリ開発の注意点屋外Holoアプリ開発の注意点
屋外Holoアプリ開発の注意点
Tatsuya Sakai
 
Internet of UNCで実現する新しい共有体験
Internet of UNCで実現する新しい共有体験Internet of UNCで実現する新しい共有体験
Internet of UNCで実現する新しい共有体験
Satoshi Maemoto
 
SUPER HIGH-TECH UNC で実現する新しい世界
SUPER HIGH-TECH UNC で実現する新しい世界SUPER HIGH-TECH UNC で実現する新しい世界
SUPER HIGH-TECH UNC で実現する新しい世界
Satoshi Maemoto
 

What's hot (20)

ARもVRもMRもまとめてドーン
ARもVRもMRもまとめてドーンARもVRもMRもまとめてドーン
ARもVRもMRもまとめてドーン
 
Kinect やセンサーデバイスと連動した楽しいアプリ開発
Kinect やセンサーデバイスと連動した楽しいアプリ開発Kinect やセンサーデバイスと連動した楽しいアプリ開発
Kinect やセンサーデバイスと連動した楽しいアプリ開発
 
LODGEのいいところあげていきます!
LODGEのいいところあげていきます!LODGEのいいところあげていきます!
LODGEのいいところあげていきます!
 
HMCN - センサー&デバイスでできる楽しい事例紹介
HMCN - センサー&デバイスでできる楽しい事例紹介HMCN - センサー&デバイスでできる楽しい事例紹介
HMCN - センサー&デバイスでできる楽しい事例紹介
 
ARもVRもMRもまとめてドーン
ARもVRもMRもまとめてドーンARもVRもMRもまとめてドーン
ARもVRもMRもまとめてドーン
 
ショッカソンのみなさんこんばんは 今注目のコミュニティーTMCN Lightning自己紹介
ショッカソンのみなさんこんばんは 今注目のコミュニティーTMCN Lightning自己紹介ショッカソンのみなさんこんばんは 今注目のコミュニティーTMCN Lightning自己紹介
ショッカソンのみなさんこんばんは 今注目のコミュニティーTMCN Lightning自己紹介
 
数万円のセンサー&デバイスで できる 楽しいデジタルパフォーマンス
数万円のセンサー&デバイスで できる 楽しいデジタルパフォーマンス数万円のセンサー&デバイスで できる 楽しいデジタルパフォーマンス
数万円のセンサー&デバイスで できる 楽しいデジタルパフォーマンス
 
Kinect Camp with TMCN 「Kinectでできる"楽しい"事例紹介」
Kinect Camp with TMCN 「Kinectでできる"楽しい"事例紹介」Kinect Camp with TMCN 「Kinectでできる"楽しい"事例紹介」
Kinect Camp with TMCN 「Kinectでできる"楽しい"事例紹介」
 
絵心なくても大丈夫。 Holoなホラーゲームの提案
絵心なくても大丈夫。Holoなホラーゲームの提案絵心なくても大丈夫。Holoなホラーゲームの提案
絵心なくても大丈夫。 Holoなホラーゲームの提案
 
Kinect * Unity で立体視するよ!
Kinect * Unity で立体視するよ!Kinect * Unity で立体視するよ!
Kinect * Unity で立体視するよ!
 
ARもVRもMRもまとめてドドンドーン!
ARもVRもMRもまとめてドドンドーン!ARもVRもMRもまとめてドドンドーン!
ARもVRもMRもまとめてドドンドーン!
 
KinectV2×Unityなら ゲームからヘルスケアまで
KinectV2×Unityなら ゲームからヘルスケアまでKinectV2×Unityなら ゲームからヘルスケアまで
KinectV2×Unityなら ゲームからヘルスケアまで
 
MakersHubMeetup! 「大阪のIoTスタートアップと 東京のセンサー好き飲み会が 手を組んでみた!」
MakersHubMeetup! 「大阪のIoTスタートアップと東京のセンサー好き飲み会が手を組んでみた!」MakersHubMeetup! 「大阪のIoTスタートアップと東京のセンサー好き飲み会が手を組んでみた!」
MakersHubMeetup! 「大阪のIoTスタートアップと 東京のセンサー好き飲み会が 手を組んでみた!」
 
デブサミ2015 KINECT V2+UnityでVRコンテンツを作ってみたら楽しかった
デブサミ2015 KINECT V2+UnityでVRコンテンツを作ってみたら楽しかったデブサミ2015 KINECT V2+UnityでVRコンテンツを作ってみたら楽しかった
デブサミ2015 KINECT V2+UnityでVRコンテンツを作ってみたら楽しかった
 
センサー・VR・MR 基本とオススメ
センサー・VR・MR 基本とオススメセンサー・VR・MR 基本とオススメ
センサー・VR・MR 基本とオススメ
 
ゲームツクール第1回 Unity x VuforiaでARカメラを作ろう!
ゲームツクール第1回 Unity x VuforiaでARカメラを作ろう!ゲームツクール第1回 Unity x VuforiaでARカメラを作ろう!
ゲームツクール第1回 Unity x VuforiaでARカメラを作ろう!
 
UI/UXなUXのお話
UI/UXなUXのお話 UI/UXなUXのお話
UI/UXなUXのお話
 
屋外Holoアプリ開発の注意点
屋外Holoアプリ開発の注意点屋外Holoアプリ開発の注意点
屋外Holoアプリ開発の注意点
 
Internet of UNCで実現する新しい共有体験
Internet of UNCで実現する新しい共有体験Internet of UNCで実現する新しい共有体験
Internet of UNCで実現する新しい共有体験
 
SUPER HIGH-TECH UNC で実現する新しい世界
SUPER HIGH-TECH UNC で実現する新しい世界SUPER HIGH-TECH UNC で実現する新しい世界
SUPER HIGH-TECH UNC で実現する新しい世界
 

Similar to Unity-Photon-WebGL Handson 20160626.WTM

vrmr-170602064754 2.pdf
vrmr-170602064754 2.pdfvrmr-170602064754 2.pdf
vrmr-170602064754 2.pdf
HiroakiKitahara
 
楽しいものづくり ファーストステップ
楽しいものづくり ファーストステップ楽しいものづくり ファーストステップ
楽しいものづくり ファーストステップ
Satoshi Maemoto
 
HoloLensとさまざまなデバイス連携ドドンドーン
HoloLensとさまざまなデバイス連携ドドンドーンHoloLensとさまざまなデバイス連携ドドンドーン
HoloLensとさまざまなデバイス連携ドドンドーン
Satoshi Maemoto
 
TMCN と HMCNって何? という質問にお答えします。
TMCN と HMCNって何? という質問にお答えします。TMCN と HMCNって何? という質問にお答えします。
TMCN と HMCNって何? という質問にお答えします。
Satoshi Maemoto
 
xR Developerなら知っておきたいカメラの基礎知識
xR Developerなら知っておきたいカメラの基礎知識xR Developerなら知っておきたいカメラの基礎知識
xR Developerなら知っておきたいカメラの基礎知識
Satoshi Maemoto
 
The Things Networkの概要と国内ユースケース
The Things Networkの概要と国内ユースケースThe Things Networkの概要と国内ユースケース
The Things Networkの概要と国内ユースケース
CRI Japan, Inc.
 
MIXED REALITY に REALITY を PLUS するハプティクス技術
MIXED REALITY に REALITY を PLUS するハプティクス技術MIXED REALITY に REALITY を PLUS するハプティクス技術
MIXED REALITY に REALITY を PLUS するハプティクス技術
Satoshi Maemoto
 
Androidが起こしたオープン・イノベーション
Androidが起こしたオープン・イノベーションAndroidが起こしたオープン・イノベーション
Androidが起こしたオープン・イノベーション
Koji Shigemura
 
SSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けて
SSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けてSSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けて
SSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けて
SSII
 
C# を使い倒す!クロス プラットフォーム アプリ開発とクラウド連携の新潮流 - Xamarin セッション
C# を使い倒す!クロス プラットフォーム アプリ開発とクラウド連携の新潮流 - Xamarin セッションC# を使い倒す!クロス プラットフォーム アプリ開発とクラウド連携の新潮流 - Xamarin セッション
C# を使い倒す!クロス プラットフォーム アプリ開発とクラウド連携の新潮流 - Xamarin セッション
Yoshito Tabuchi
 
Agile and Modeling in embedded systems safety and security
Agile and Modeling in embedded systems safety and securityAgile and Modeling in embedded systems safety and security
Agile and Modeling in embedded systems safety and security
Kenji Hiranabe
 
Sensor & Device Showcase 2014(Tokyo MotionControl Network)
Sensor & Device Showcase 2014(Tokyo MotionControl Network)Sensor & Device Showcase 2014(Tokyo MotionControl Network)
Sensor & Device Showcase 2014(Tokyo MotionControl Network)
Yukihiro Kimura
 
東京工業大学「ロボット技術・ロボットミドルウェア」
東京工業大学「ロボット技術・ロボットミドルウェア」東京工業大学「ロボット技術・ロボットミドルウェア」
東京工業大学「ロボット技術・ロボットミドルウェア」
NoriakiAndo
 
賢くツールを使って脱人海戦術駆動テスト
賢くツールを使って脱人海戦術駆動テスト賢くツールを使って脱人海戦術駆動テスト
賢くツールを使って脱人海戦術駆動テスト
Mitsuru Ogawa
 
サムライクラウド概要
サムライクラウド概要サムライクラウド概要
サムライクラウド概要
ncwg
 
Open stack概要とよくある議論
Open stack概要とよくある議論Open stack概要とよくある議論
Open stack概要とよくある議論
shintaro mizuno
 
Decentralized layer2 network ION
Decentralized layer2 network IONDecentralized layer2 network ION
Decentralized layer2 network ION
Takao Tetsuro
 
自社でつくれる生産性向上ツール 必要だと思ったらすぐに作れるビジネスアプリ
自社でつくれる生産性向上ツール 必要だと思ったらすぐに作れるビジネスアプリ自社でつくれる生産性向上ツール 必要だと思ったらすぐに作れるビジネスアプリ
自社でつくれる生産性向上ツール 必要だと思ったらすぐに作れるビジネスアプリ
典子 松本
 
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
Masahito Zembutsu
 
Leap motion 実践活用 ダイジェスト版
Leap motion 実践活用 ダイジェスト版Leap motion 実践活用 ダイジェスト版
Leap motion 実践活用 ダイジェスト版
Kaoru NAKAMURA
 

Similar to Unity-Photon-WebGL Handson 20160626.WTM (20)

vrmr-170602064754 2.pdf
vrmr-170602064754 2.pdfvrmr-170602064754 2.pdf
vrmr-170602064754 2.pdf
 
楽しいものづくり ファーストステップ
楽しいものづくり ファーストステップ楽しいものづくり ファーストステップ
楽しいものづくり ファーストステップ
 
HoloLensとさまざまなデバイス連携ドドンドーン
HoloLensとさまざまなデバイス連携ドドンドーンHoloLensとさまざまなデバイス連携ドドンドーン
HoloLensとさまざまなデバイス連携ドドンドーン
 
TMCN と HMCNって何? という質問にお答えします。
TMCN と HMCNって何? という質問にお答えします。TMCN と HMCNって何? という質問にお答えします。
TMCN と HMCNって何? という質問にお答えします。
 
xR Developerなら知っておきたいカメラの基礎知識
xR Developerなら知っておきたいカメラの基礎知識xR Developerなら知っておきたいカメラの基礎知識
xR Developerなら知っておきたいカメラの基礎知識
 
The Things Networkの概要と国内ユースケース
The Things Networkの概要と国内ユースケースThe Things Networkの概要と国内ユースケース
The Things Networkの概要と国内ユースケース
 
MIXED REALITY に REALITY を PLUS するハプティクス技術
MIXED REALITY に REALITY を PLUS するハプティクス技術MIXED REALITY に REALITY を PLUS するハプティクス技術
MIXED REALITY に REALITY を PLUS するハプティクス技術
 
Androidが起こしたオープン・イノベーション
Androidが起こしたオープン・イノベーションAndroidが起こしたオープン・イノベーション
Androidが起こしたオープン・イノベーション
 
SSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けて
SSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けてSSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けて
SSII2022 [OS3-03] スケーラブルなロボット学習システムに向けて
 
C# を使い倒す!クロス プラットフォーム アプリ開発とクラウド連携の新潮流 - Xamarin セッション
C# を使い倒す!クロス プラットフォーム アプリ開発とクラウド連携の新潮流 - Xamarin セッションC# を使い倒す!クロス プラットフォーム アプリ開発とクラウド連携の新潮流 - Xamarin セッション
C# を使い倒す!クロス プラットフォーム アプリ開発とクラウド連携の新潮流 - Xamarin セッション
 
Agile and Modeling in embedded systems safety and security
Agile and Modeling in embedded systems safety and securityAgile and Modeling in embedded systems safety and security
Agile and Modeling in embedded systems safety and security
 
Sensor & Device Showcase 2014(Tokyo MotionControl Network)
Sensor & Device Showcase 2014(Tokyo MotionControl Network)Sensor & Device Showcase 2014(Tokyo MotionControl Network)
Sensor & Device Showcase 2014(Tokyo MotionControl Network)
 
東京工業大学「ロボット技術・ロボットミドルウェア」
東京工業大学「ロボット技術・ロボットミドルウェア」東京工業大学「ロボット技術・ロボットミドルウェア」
東京工業大学「ロボット技術・ロボットミドルウェア」
 
賢くツールを使って脱人海戦術駆動テスト
賢くツールを使って脱人海戦術駆動テスト賢くツールを使って脱人海戦術駆動テスト
賢くツールを使って脱人海戦術駆動テスト
 
サムライクラウド概要
サムライクラウド概要サムライクラウド概要
サムライクラウド概要
 
Open stack概要とよくある議論
Open stack概要とよくある議論Open stack概要とよくある議論
Open stack概要とよくある議論
 
Decentralized layer2 network ION
Decentralized layer2 network IONDecentralized layer2 network ION
Decentralized layer2 network ION
 
自社でつくれる生産性向上ツール 必要だと思ったらすぐに作れるビジネスアプリ
自社でつくれる生産性向上ツール 必要だと思ったらすぐに作れるビジネスアプリ自社でつくれる生産性向上ツール 必要だと思ったらすぐに作れるビジネスアプリ
自社でつくれる生産性向上ツール 必要だと思ったらすぐに作れるビジネスアプリ
 
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
 
Leap motion 実践活用 ダイジェスト版
Leap motion 実践活用 ダイジェスト版Leap motion 実践活用 ダイジェスト版
Leap motion 実践活用 ダイジェスト版
 

More from Satoshi Maemoto

広島でMixed Realityやりましょう!
広島でMixed Realityやりましょう!広島でMixed Realityやりましょう!
広島でMixed Realityやりましょう!
Satoshi Maemoto
 
UNC progress report
UNC progress reportUNC progress report
UNC progress report
Satoshi Maemoto
 
TMCN振り返り 令和ver
TMCN振り返り 令和verTMCN振り返り 令和ver
TMCN振り返り 令和ver
Satoshi Maemoto
 
今話題の!AIoT MR UNCで変わる世界
今話題の!AIoT MR UNCで変わる世界今話題の!AIoT MR UNCで変わる世界
今話題の!AIoT MR UNCで変わる世界
Satoshi Maemoto
 
FESTA de UNC
FESTA de UNCFESTA de UNC
FESTA de UNC
Satoshi Maemoto
 
UNC近況報告
UNC近況報告UNC近況報告
UNC近況報告
Satoshi Maemoto
 
xRLT vol.01 LT
xRLT vol.01 LTxRLT vol.01 LT
xRLT vol.01 LT
Satoshi Maemoto
 
Magical Mirror
Magical MirrorMagical Mirror
Magical Mirror
Satoshi Maemoto
 
きゃらみらーでユニティちゃんと踊ろう!
きゃらみらーでユニティちゃんと踊ろう!きゃらみらーでユニティちゃんと踊ろう!
きゃらみらーでユニティちゃんと踊ろう!
Satoshi Maemoto
 

More from Satoshi Maemoto (9)

広島でMixed Realityやりましょう!
広島でMixed Realityやりましょう!広島でMixed Realityやりましょう!
広島でMixed Realityやりましょう!
 
UNC progress report
UNC progress reportUNC progress report
UNC progress report
 
TMCN振り返り 令和ver
TMCN振り返り 令和verTMCN振り返り 令和ver
TMCN振り返り 令和ver
 
今話題の!AIoT MR UNCで変わる世界
今話題の!AIoT MR UNCで変わる世界今話題の!AIoT MR UNCで変わる世界
今話題の!AIoT MR UNCで変わる世界
 
FESTA de UNC
FESTA de UNCFESTA de UNC
FESTA de UNC
 
UNC近況報告
UNC近況報告UNC近況報告
UNC近況報告
 
xRLT vol.01 LT
xRLT vol.01 LTxRLT vol.01 LT
xRLT vol.01 LT
 
Magical Mirror
Magical MirrorMagical Mirror
Magical Mirror
 
きゃらみらーでユニティちゃんと踊ろう!
きゃらみらーでユニティちゃんと踊ろう!きゃらみらーでユニティちゃんと踊ろう!
きゃらみらーでユニティちゃんと踊ろう!
 

Recently uploaded

【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
ARISE analytics
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
Ayachika Kitazaki
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
Sony - Neural Network Libraries
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 

Recently uploaded (14)

【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 

Unity-Photon-WebGL Handson 20160626.WTM