SlideShare a Scribd company logo
LoRaWAN 4 チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB
日本語マニュアル
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
目次
1. イントロダクション........................................................................................................................4
1.1 LoRaWAN 4 チャンネル電流センサーコンバーターとは?...................................................................... .4
1.2 特徴................................................................................................................................ .5
1.3 仕様............................................................................................................................... .5
1.4 スリープモードとワークモード....................................................................................................... .5
1.5 ボタン & LED..................................................................................................................... .6
1.6 BLE 接続......................................................................................................................... .7
1.7 メカニカル............................................................................................................................7
1.8 電流センサー仕様................................................................................................................ .8
2. LoRaWAN ネットワークに CS01-LB 接続設定................................................................................... .8
2.1 どのように動作するか?........................................................................................................... .8
2.2 LoRaWAN ネットワークサーバー (OTAA)接続クイックガイド................................................................. .8
2.3 デバイスステータス, FPORT=5................................................................................................ .11
2.4 ワークモード & アップリンクペイロード.............................................................................................13
2.4.1 MOD=1(一般取得モード), FPORT=2................................................................................. .13
2.4.2 MOD=2(連続サンプリングモード), FPORT=7.......................................................................... .15
2.5 ペイロードデコーダーファイル..................................................................................................... .16
2.6 データログ機能................................................................................................................... .16
2.6.1 LoRaWAN 経由でのデータログ取得方法..................................................................................16
2.6.2 Unix タイムスタンプ...........................................................................................................16
2.6.3 デバイスタイム設定.......................................................................................................... .17
2.6.4 データログアップリンクペイロード (FPORT=3)............................................................................. .17
2.7 周波数プラン......................................................................................................................19
2.8 ファームウェア変更ログ........................................................................................................... .19
3. CS01-LB の設定....................................................................................................................19
3.1 設定方法........................................................................................................................ .19
3.2 一般コマンド..................................................................................................................... .20
3.3 CS01-LB 専用コマンド......................................................................................................... .20
3.3.1 送信間隔時間設定........................................................................................................20
3.3.2 デバイスステータス取得.......................................................................................................20
3.3.3 データ取得................................................................................................................... .20
3.3.4 インタ‐ラプトモード設定..................................................................................................... .21
3.3.5 出力持続時間設定........................................................................................................ .21
3.3.6 ワークモード設定..............................................................................................................21
3.3.7 アラーム閾値設定......................................................................................................... .22
3.3.8 アラーム間隔設定......................................................................................................... .22
3.3.9 測定チャンネルを可/不可設定............................................................................................. .23
4. ユースケース......................................................................................................................... .23
4.1 オフィスの電源ステータスを監視..................................................................................................23
5. バッテリー & 電力消費............................................................................................................ .23
6. OTA ファームウェアアップデート..................................................................................................... .24
7. FAQ................................................................................................................................. .24
8. トラブルシューティング................................................................................................................ .24
8.1 なぜ、取得した電流値が不正確なのか?..................................................................................... .24
9. 注文情報........................................................................................................................... .24
10. 梱包情報.......................................................................................................................... .25
11. サポート............................................................................................................................ .25
3 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
1. イントロダクション
1.1 LoRaWAN 4 チャンネル電流センサーコンバーターとは?
Dragino CS01-LB は、 LoRaWAN 4 チャンネル電流センサー・コンバーターです。 電流センサーからの読み取り値を変換
して、LoRaWAN ネットワーク経由で IoT アプリケーションサーバーにアップロードすることができます。
CS01-LB は、マシン稼働状況の監視や消費電力の傾向分析に応用できます。CS01-LB は、最大 4 つの電流センサーをサ
ポートしています。電流センサーは取り外し可能で、異なるスケールに交換することができます。
CS01-LB は、BLE コンフィギュレーションとワイヤレス OTA アップデートをサポートしており、ユーザーは簡単に設定利用ができま
す。 CS01-LB は、8500mAh の Li-SOCI2 バッテリーを搭載しており、数年間の長期使用に耐えるように設計されていま
す。各 CS01-LB には、LoRaWAN ネットワーク登録用のユニークなキー・セットがプリロードされています。 TTN など
LoRaWAN ネットワークサーバーに登録することで、電源投入後に自動接続され利用することができます。
1.2 特徴
• LoRaWAN 1.0.3 クラス A
• 帯域:CN470/EU433/KR920/US915/EU868/AS923/AU915/IN865
• 超低消費電力
• 最大 4 個の電流センサーをサポート
• 様々な電流センサー比に対応:50A、100A など
• マシンの稼動状況の監視
• 電力消費傾向の分析
• 電流のアラーム対応
• Bluetooth v5.1 および LoRaWAN リモート接続をサポート
• ワイヤレス OTA アップデート・ファームウェアをサポート
• 定期的にアップリンク
• LoRaWAN ダウンリンクで設定を変更
• 8500mAh Li/SOCl2 バッテリー搭載
1.3 仕様
共通 DC 特性:
• 電源電圧: 内蔵バッテリー、2.5v〜3.6v
• 動作温度: -40°C ~ 85°C
LoRa 仕様:
• 周波数範囲、バンド 1(HF): 862 ~ 1020 Mhz
• 最大+22 dBm 一定 RF 出力比
• 受信感度:-139dBm まで
• 優れた遮断耐性
バッテリー:
• Li/SOCI2 非充電式バッテリー
• 容量:8500mAh
• 自己放電 <1%/年 @ 25°C
• 最大継続電流: 130mA
4 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
• 最大昇圧電流: 2A, 1 秒
消費電力
• スリープモード: 5uA @ 3.3v
• LoRa 送信モード: 125mA @ 20dBm, 82mA @ 14dBm
1.4 スリープモードとワークモード
ディープスリープモード: センサーは、LoRaWAN アクティベーションを実行しません。 このモードは、バッテリーの寿命を節約す
るために保管や出荷に使用されます
ワークモード: このモードでは、センサーは LoRaWAN センサーとして動作し、LoRaWAN ネットワークに参加し、センサーデー
タをサーバーに送信します。 定期的に各サンプリング/送受信の間センサーは IDLE モードになります。 IDLE モードでは、センサー
はディープスリープモードと同じ消費電力となります。
5 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
1.5 ボタン&LED
ACT での振る舞い 機能 アクション
1 秒<3 秒の間に ACT を押す アップリンク送信 もしセンサーが既に LoRaWAN ネットワークに参加している場合、
センサーはアップリンクパケットを送信します。
しかし、青色 LED が 1 回点滅します。
その間、BLE モジュールはアクティブになり、ユーザーは BLE 経由でデバ
イスに接続することができます。
ACT を 3 秒以上押す デバイスアクティブ 緑色 LED が高速で 5 回点滅し、デバイスは 3 秒間 OTA モードに入り
ます。そして、LoRaWAN ネットワークに参加し始めます。
6 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
1.6 BLE 接続
CS01-LB は、BLE リモート接続をサポートしています。
BLE は、センサーのパラメータを設定したり、センサーからのコンソール出力を確認するために使用することができます。BLE は、
以下の場合のみ有効です:
• ボタンを押してアップリンク送信
• ボタンを押して、デバイスをアクティブにします
• デバイスの電源オンまたはリセット
60 秒以内に BLE のアクティビティ接続がない場合、センサーは BLE モジュールをシャットダウンし、低電力モードに入ります。
1.7 メカニカル
7 / 26
緑色 LED は、ネットワークに参加した後、5 秒間点灯します。
センサーがアクティブになると、BLE モジュールがアクティブになり、
ユーザーはデバイスが LoRaWAN ネットワークに参加するかどうか
に関係なく、デバイスを接続するために BLE を介して接続するこ
とができます。
赤色 LED が 5 秒間点灯します。デバイスがディープスリープモードにある
ことを意味します。
デバイス非アクティブ
ACT 5回ボタン押す
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
1.8 電流センサー仕様
下記のセンサーリストは、CS01-LB には付属しておりませんので、別途ご注文ください:
型番 写真 仕様
SCT013G-D-100 * スプリットコア変流器
* 仕様: 100A/50mA
* φ16mm 開口部
* コア材質: フェライト
2. LoRaWAN ネットワークに CS01-LB 接続設定
2.1 どのように動作するか?
CS01-LB はデフォルトで LoRaWAN OTAA Class A モードに設定されています。LoRaWAN ネットワークサーバーに参
加するための OTAA キーを持っています。ローカルの LoRaWAN ネットワークに接続するには、LoRaWAN IoT サーバーに
OTAA キーを入力し、CS01-LB をアクティブにするボタンを押す必要があります。
自動的に OTAA 経由で LoRaWAN ネットワークサーバーに参加し、センサー値の送信を開始します。デフォルトのアップリンク間
隔は 20 分です。
注記: CS01-LB には電流センサーは含まれていません。別途電流センサーを入手し、CS01-LB に取り付けて測定す
る必要があります!
2.2 LoRaWAN ネットワークサーバー (OTAA)接続クイックガイド
下記は、 TTN v3 LoRaWAN ネットワークサーバーに参加する方法の例です。 この例では、LPS8 v2 を LoRaWAN ゲー
トウェイとして使用しています。
LPS8 v2 はすでに TTN ネットワークサーバーに接続されています。
8 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
ステップ 1: CS01-LB の OTAA キーで TTN にデバイスを作成します。
各 CS01-LB には、下記のデフォルト・デバイス EUI が記載されたステッカーが同梱されています:
このキーは、LoRaWAN サーバーのポータルで入力できます。下記は TTN のスクリーンショット:
デバイスの登録
9 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
DevEUI と AppKey を追加
10 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
ステップ 2: CS01-LB を起動
ボタンを 5 秒間押して CS01-LB を起動します。
緑色 LED が高速で 5 回点滅し、デバイスは 3 秒間 OTA モードに入ります。そして LoRaWAN ネットワークサーバーに参加
し始めます。ネットワークサーバーに参加した後、緑色 LED が 5 秒間点灯します。
ネットワーク参加に成功すると、TTN にメッセージがアップロードされます。そしてコンソールパネルにメッセージが表示されます。
2.3 デバイスステータス, FPORT=5
11 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
ユーザは、ダウンリンクコマンド(0x26 01)を使用することにより、CS01-LB に機器構成詳細(機器構成状況を含む)の送
信を要求することができます。 CS01-LB は、 FPort=5 経由でペイロードをサーバにアップリンクします。
ペイロードフォーマットは下記のとおりです。
デバイスステータス (FPORT=5)
サイズ (Bytes)
値
1
Sensor Model
2
Firmware Version
1
Frequency Band
1
Sub-band
2
BAT
TTNv3 の解析例
Sensor Model: CS01-LB の場合、この値は 0x33 となります。
Firmware Version: 0x0100, この意味は、 v1.0.0 version です。
Frequency Band:
• 0x01: EU868
• 0x02: US915
• 0x03: IN865
• 0x04: AU915
• 0x05: KZ865
• 0x06: RU864
• 0x07: AS923
• 0x08: AS923-1
• 0x09: AS923-2
• 0x0a: AS923-3
• 0x0b: CN470
• 0x0c: EU433
• 0x0d: KR920
• 0x0e: MA869
Sub-Band:
AU915 と US915: value 0x00 ~ 0x08
CN470: value 0x0B ~ 0x0C
他の帯域: Always 0x00
12 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
Battery Info: バッテリーの電圧を確認します。
例 1: 0x0B45 = 2885mV 例 2: 0x0B49 = 2889mV
2.4 ワークモード&アップリンクペイロード
2.4.1 MOD=1(一般取得モード), FPORT=2
注記:AT+CCAL=0,0,0,0 コマンドは、v1.0 バージョンのファームウェアを初めて使用する時に設定される必要がありま
す。
MOD=1 がデフォルトモードです。エンドノードは、以下の 2 つの場合にリアルタイム電流センサー値をアップリンクします:
• 各々の TDC インターバル
• AT+CALARM によるトリガーアラーム
アップリンクパケットは FPORT=2 を使用します。
サイズ(bytes) 2 2 2 2 2 1
Value 値 Battery Info&Interrupt
flag & Interrupt Level
Current channel
1
Current channel
2
Current channel
3
Current channel
4
Alarm_status*
Alarm_status(アラームステータス)は、
Cur1L_status、Cur1H_status、Cur2L_status、Cur2H_status、Cur3L_status、Cur3H_status、Cur4L_status、C
ur4H_status の組み合わせです。
合計 1 バイトは以下の通り:
Bit7 Bit6 Bit5 Bit4 Bit3 Bit2 Bit1 Bit0
Cur1L Cur1H Cur2L Cur2H Cur3L Cur3H Cur4L Cur4H
TTNv3 の解析例.
13 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
Battery Info
CS01-LB/LS のバッテリ電圧を確認します。
例 1: 0x0B45&0x3FFF = 2885mV
例 2: 0x0B49&0x3FFF = 2889mV
Interrupt Flag & Interrupt Level
このデータフィールドは、このパケットが割り込みによって生成されたかどうかを示します。ハードウェアとソフトウェアのセットアップについ
ては、ここをクリックしてください。 Click here
注記:割り込みピンとは、ネジ端子の GPIO_EXTI ピンのことです。
具体例:
byte[0]&0x80>>15=0x00 の場合:正常なアップリンクパケット
byte[0]&0x80>>15=0x01 の場合:アップリンクパケットの割り込み
byte[0]&0x40>>14=0x00 の場合:割り込みピン Low レベル
byte[0]&0x40>>14=0x01 の場合:割り込みピン High レベル
Current channel 1:
AC 電流測定用チャンネル 1。分解能 0.01A。 拡張: 0x03e8 =1000/100=10.00A
Current channel 2:
AC 電流測定用チャンネル 2。分解能 0.01A。 拡張: 0x041A =1050/100=10.50A
Current channel 3:
AC 電流測定用チャンネル 3。分解能 0.01A。 拡張: 0x044C =1100/100=11.00A
Current channel 4:
AC 電流測定用チャンネル 4。分解能 0.01A。 拡張: 0x04B0 =1200/100=12.00A
Cur1L_status:
チャンネル 1 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より低い場合は True、そうでない場合は False となります。
Cur1H_status:
チャンネル 1 の現在の閾値アラームを設定する場合、このフラグが設定された閾値より高ければ True、そうでなければ False となります。
Cur2L_status:
チャンネル 2 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より低い場合は True、そうでない場合は False となります。
14 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
Cur2H_status:
チャンネル 2 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より高ければ True、そうでなければ False となります。
Cur3L_status:
チャンネル 3 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より低い場合は True、そうでない場合は False となります。
Cur3H_status:
チャンネル 3 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より高い場合は True、そうでない場合は False となります。
Cur4L_status:
チャンネル 4 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より低い場合は True、そうでない場合は False となります。
Cur4H_status:
チャンネル 4 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より低い場合は True、そうでない場合は False となります。
2.4.2 MOD=2(連続サンプリングモード), FPORT=7
連続サンプリング・モード(AT+MOD=2,aa,bb)では、CS01 は現在のセンサー・データを ftx 間隔で記録し、後で IoT サー
バーに複数のデータ・グループをまとめて報告します。
注記:このモードは消費電力が大きくなります。外部電源が必要な場合があります。詳しくは消費電力の項をご覧くださ
い。
AT+MOD=2,aa,bb フォーマット:
• 最初のパラメータを 2 に設定: CS01-LB を連続サンプリング・モードで動作するように設定します。
• aa : サンプリング間隔の設定、単位: 秒
• bb : いくつのデータ・グループが一緒にアップリンクされるかを定義します。
CS01-LB が連続サンプリングモードの場合、TDC 時間設定は無効となり、CS01-LB は 「bb 」のサンプリング回数が終了す
るとアップリンクを送信します。
具体的コマンド: AT+MOD=2,60,5
CS01-LB は 、1 分毎に 4 チャンネルのデータを読み込ます。5 グループを読み取ると、CS01-LB はアップリンクを送信しま
す。つまり、アップリンク間隔は 5 分です。各アップリンクは 5 グループのセンサー値を含みます。各グループには 4 チャンネルのデー
タが含まれるため、各アップリンクのペイロードには以下が含みます:
• バッテリー(2 バイト)
• +グループ 1 センサー値(8 バイト):チャンネル 1+チャンネル 2+チャンネル 3+チャンネル 4 の最後の 4 番目の読み取り値
• +グループ 2 センサー値(8 バイト):チャンネル 1+チャンネル 2+チャンネル 3+チャンネル 4 の最後の 3 番目の読み取り値
• +グループ 3 センサー値(8 バイト):チャンネル 1+チャンネル 2+チャンネル 3+チャンネル 4 の最後の 2 番目の読み取り値
• +グループ 4 センサ値(8 バイト):チャンネル 1+チャンネル 2+チャンネル 3+チャンネル 4 の最後の読み取り値
• +グループ 5 センサ値(8 バイト):チャネル 1 + チャネル 2 + チャネル 3 の現在の読み取り値
つまり、この例では合計 42 バイトのペイロードということになります。
注記:連続サンプリング・モードは長いペイロードを生成する可能性があり、CS01-LB はデータをアップリンクするために
適切な DR を選択します。これにより、送信距離が短くなる可能性があります。
アップリンクパケットは FPORT=7 を使用します。
15 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
サイズ(bytes) 2 動的長さ、グループ数に依存
Value 値 BAT センサー値、各 8 バイトはセンサー値のセットです(最大 30 グループ)
TTNv3 の解析例
2.5 ペイロードデコーダーファイル
TTN では、カスタムペイロードを追加することができます。下記のコンソール画面でペイロードデコーダーファイルをコピー&ペーストします。
Applications --> Payload Formats --> Custom --> decoder :
↓
https://github.com/dragino/dragino-end-node-decoder/tree/main/CS01-LB
2.6 データログ機能
データログ機能は、LoRaWAN ネットワークがダウンした場合でも、IoT サーバーがセンサーから全てのサンプリングデータを取得
できるようにする機能です。各サンプリングについて、CS01-LB は将来の検索目的のために読み取り値を保存します。
2.6.1 LoRaWAN 経由でデータログを取得する方法
PNACKMD=1 に設定すると、CS01-LB はアップリンク毎に ACK を待ち、LoRaWAN ネットワークが存在しない場
合、CS01-LB は非 ACK メッセージでこれらのレコードをマークし、センサデータを保存し、ネットワーク回復後に全てのメッセージを
送信します(10s 間隔)
• a) CS01-LB は、すべてのデータがサーバに到着したことを確認するために、データレコード送信の ACK チェックを行います。
• b) PNACKMD=1 の場合、CS01-LB は CONFIRMED モードでデータを送信しますが、ACK が得られなかった場
合、CS01-LB はパケットを再送せず、NONE-ACK メッセージとしてマークするだけです。 将来のアップリンクで CS01-
LB が ACK を受信した場合、CS01-LB はネットワーク接続があるとみなし、すべての NONE-ACK メッセージを再送し
ます。
2.6.2 Unix タイムスタンプ
CS01-LB は、Unix タイムスタンプ・フォーマットを使用しています。
16 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
この時刻は右リンクから入手できます: https://www.epochconverter.com/
以下はコンバーターの例です。
そこで、AT+TIMESTAMP=1611889405 またはダウンリンク 3060137afd00 を使用して、現在時刻を設定することがで
きます。 例:現在時刻を設定する 2021 - Jan -- 29 Friday 03:03:25
2.6.3 デバイス時間の設定
MAC コマンドによる時刻同期を有効にするには、SYNCMOD=1 に設定する必要があります。
CS01-LB が LoRaWAN ネットワークに参加すると、CS01-LB は MAC コマンド(DeviceTimeReq)を送信し、サー
バーは現在の時刻を CS01-LB に送信するために(DeviceTimeAns)を返信します。 CS01-LB がサーバーから時刻を
取得できなかった場合、CS01-LB は内部時刻を使用し、次の時刻要求を待ちます(AT+SYNCTDC で時刻要求期間を
設定、デフォルトは 10 日)
注記:LoRaWAN サーバは LoRaWAN v1.0.3(MAC v1.0.3)以上に対応している必要があ
り、ChirpStack、TTN v3、loriot は対応しているが、TTN v2 には対応していません。 サーバーがこのコマンドをサポー
トしていない場合、このコマンドでアップリンクパケットをスルーしてしまうので、SYNCMOD=1 の場合、TTN v2 のタイムリ
クエストパケットを失うことになります。
2.6.4 データログアップリンクペイロード (FPORT=3)
データログアップリンクは以下のペイロードフォーマットを使用します。
検索データペイロード:
サイズ(bytes) 1 2 2 2 4
Value Interrupt flag & Interrupt_level Current1 Current2 Current3 Unix TimeStamp
17 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
割り込みフラグ&割り込みレベル:
サイズ(bit) bit7 bit6 [bit5:bit2] bit1 bit0
Value NO ACK message Poll Message Flag Reserve interrupt level interrupt flag
No ACK Message: 1: このメッセージは、このペイロードがアップリンクメッセージのものであり、サーバーから ACK を受信して
いないことを意味します。 ( PNACKMD=1 の場合)
Poll Message Flag: 1: このメッセージはポーリングメッセージの返信です。
• ポーリングメッセージフラグが 1 に設定されます。
• 各データ入力は 11 バイトで、通信時間とバッテリーを節約するため、デバイスは現在の DR と周波数帯に応じて最大バイ
トを送信されます。
例えば、US915 バンドでは、異なる DR の最大ペイロードは次のとおりです:
a) DR0: 最大 11 バイトなので、1 エントリ分のデータです。
b) DR1: 最大 53 バイトなので、デバイスは 4 エントリのデータをアップロード(合計 44 バイト)
c) DR2: 合計ペイロードには 11 エントリーのデータが含まれる。
d) DR3: 合計ペイロードには 22 エントリーのデータが含まれる。
デバイスがポーリング時間内にデータを持っていない場合、デバイスは 11 バイトの 0 をアップリンクします。
具体例:
CS01-LB が以下のデータを Flash 内に持つ場合:
ユーザーが以下のダウンリンクコマンドを送信した場合:
3165BD971865BDA5283C の意味は: 開始時間: 65BD9718 = time 23/5/24 03:30:41
終了時間: 65BDA528= time 23/5/24 03:33:00
CS01-LB は、このペイロードをアップリンクします。
18 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
4005650562056A65BD974440055D0559056265BD97BC400562055E056765BD98344005640560056965BD98AC40056
A0566056
ここで、最初の 11 バイトは、最初のエントリーのためのものです:
40 05 65 05 62 05 6A 65 BD 97 44
Current1=0x0565/100=13.81
Current2=0x0562/100=13.78
Current3=0x056A/100=13.86
Interrupt flag & Interrupt_level=0x40 は、リプライ・データ、サンプリング・アップリンク・メッセージ、割り込みレベル
Low、割り込みフラグ False を意味します。
Unix time は 0x65BD9744=1706923844s=24/2/3 01:30:44
2.7 周波数プラン
CS01-LB は、デフォルトで OTAA モードと以下の周波数プランを使用します。各周波数帯域は異なるファームウェアを使用す
るため、ユーザーは自国の対応する周波数帯域にファームウェアを更新します。下記をご参照ください。
↓
http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/End%20Device%20Frequency%20Band/
2.8 ファームウェア変更ログ
ファームウェアダウンリンク先:
↓
https://www.dropbox.com/scl/fo/cnnyz4ynebs3am96jvtv0/hrlkey=4no594ssi0nzt2lc3irbkid9b&dl=0
3. CS01-LB 設定
3.1 メソッドの設定
CS01-LB は以下の接続方式をサポートします:
19 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
• Bluetooth 接続による AT コマンド(推奨): BLE Conftgure Instruction.
• UART 接続経由の AT コマンド: UART Connection.
• LoRaWAN ダウンリンク、様々なプラットフォーム: IoT LoRaWAN Server
3.2 一般コマンド
これらのコマンドは以下を設定するためのものです:
• 一般的なシステム設定: アップリンクインターバル
• LoRaWAN プロトコル & 無線関連コマンド
これらのコマンドは DLWS-005 LoRaWAN スタックをサポートする全ての Dragino デバイスに共通です。これらのコマンドは
wik にあります:
http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/End%20Device%20AT%20Commands%20and%20Downlink%20Command/
3.3 CS01-LB 専用特別コマンド
これらのコマンドは CS01-LB に対してのみ有効です:
3.3.1 送信間隔時間の設定
特徴: LoRaWAN エンドノード送信間隔の変更します。
AT Command: AT+TDC
コマンド例 機能 レスポンス
AT+TDC=? 現在の送信間隔表示 Interval 30000 OK
the interval is 30000ms = 30s
AT+TDC=60000 送信価格設定 OK
Set transmit interval to 60000ms = 60 seconds
Downlink Command: 0x01
フォーマット: コマンドコード(0x01)の後に 3 バイトの時間値が続きます。
ダウンリンクペイロード=0100003C の場合、エンドノードの送信間隔を 0x00003C=60(S)、タイプコードを 01 に設定します。
• 例 1: ダウンリンクペイロード: 0100001E // 送信間隔設定 (TDC) = 30 seconds
• 例 2: ダウンリンクペイロード: 0100003C // 送信間隔設定 (TDC) = 60 seconds
3.3.2 デバイスステータス取得
LoRaWAN ダウンリンクを送信し、デバイスにアラーム設定の送信を要求します。
Downlink Payload: 0x26 01
センサーは、 FPORT=5 を介してデバイスステータスをアップロードします。詳細はペイロードセクションをご参照ください。
3.3.3 データ取得
特徴 :現在のセンサーデータを取得
AT Command:
• AT+GETSENSORVALUE=0 // シリアルポートは、現在のセンサーの読み取り値を取得します。
• AT+GETSENSORVALUE=1 // シリアルポートは、現在のセンサーの読み取り値を取得し、アップロードします。
20 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
3.3.4 インターラプトモード設定
機能、PA8 ピンの割り込みモードを設定します。
AT+INTMOD=0 が設定すると、PA8 はデジタル入力ポートとして使用されます。
AT Command: AT+INTMOD
コマンド例 機能 レスポンス
AT+INTMOD=? 現在のインターラプトモード表示 0
OK
the mode is 0 =Disable Interrupt
AT+INTMOD=2 送信間隔設定 OK
0. (Disable Interrupt),
1. (Trigger by rising and falling edge)
2. (Trigger by falling edge)
3. (Trigger by rising edge)
Downlink Command: 0x06
フォーマット:コマンドコード(0x06)の後に 3 バイト
これは、エンドノードの割り込みモードが 0x000003=3(立ち上がりエッジトリガー)に設定され、タイプコードが 06 であること
を意味します。
• 例 1: Downlink Payload: 06000000 // 割り込みモードをオフ
• 例 2: Downlink Payload: 06000003 // 割り込みモードを立ち上がりエッジトリガに設定
3.3.5 出力持続時間の設定
出力時間 3.3V を制御します。各サンプリングの前にデバイスは:
1. まず、外部センサーへの電源出力を有効にします。
2. センサー値を読み取り、アップリンクペイロードを構築します。
3. 最後に、出力を閉じます。
AT Command: AT+3V3T
コマンド例 機能 レスポンス
AT+3V3T=? 3.3V オープン時間表示 0
(default)
OK
AT+3V3T=1000 1000 ミリ秒の遅延の後に閉します OK
Downlink Command: 0x07
フォーマット:コマンドコード(0x07)の後に 3 バイト。
最初のバイトはどの電力か、2 番目と 3 番目のバイトはオンになるまでの時間を意味します。
• 例 1: Downlink Payload: 07 01 01 F4 ---> AT+3V3T=500
• 例 2: Downlink Payload: 07 01 FF FF ---> AT+3V3T=65535
21 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
AT+MOD=2,60,5Set working mode 2OK
3.3.6 ワークモード設定
機能、作業モードを取得または設定します。
AT Command: AT+MOD
コマンド例 機能 レスポンス
AT+MOD=? 現在のワークモード表示 1 (default) OK
22 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
ワークモードを設定する AT 命令の説明:
コマンド例 機能 パラメーター
AT+MOD=1 一般獲得モードを設定 1: General acquisition mode.
最初のパラメータは連続検出を設定 2: Continuous acquisition mode.
AT+MOD=2,60,5 2 番目パラメータは検出サンプリングを設定 60: データは 60 秒ごとに収集
3 番目ビットパラメーターは、グループ数を設定 5 グループのデータが収集された後、データを記録
するためのアップリンクが実行されます
Downlink Command: 0x0A
フォーマット:コマンドコード(0x0A)の後に 1 バイトまたは 4 バイトが続きます。
• 例 1: Downlink Payload: 0A 01 ---> AT+MOD=1
• 例 2: Downlink Payload: 0A 02 00 3C 05 ---> AT+MOD=2,60,5
3.3.7 アラーム閾値の設定
機能、現在のアラームしきい値を取得または設定します。 (AT+MOD=1 の場合のみ有効)
AT Command: AT+CALARM
コマンド例 機能 レスポンス
AT+CALARM=? 現在のアラーム閾値取得 0,0,0,0,0,0,0,0,0(default) OK
AT+CALARM=1,1,20,1,20,0,0,0,0 電流 1 と電流 2 のアラームしきい値を設定します. OK
コマンド例 機能 パラメーター
最初のパラメータは、閾値アラームを有効または無効にします。 0: Not Alarm
1: Alarm
AT+CALARM=1,1,20,1,20,0,0,0,0 2 番目と 3 番目のパラメータは、以下の「カレント 1」を設定 0,xx: Means if value <xx, Then
アラーム閾値アラームまたは閾値以上アラーム 1,xx: Means if value >xx, Then
アラーム
4 番目と ftf 番目のパラメーターは、「current 2 」を以下の値に設定 0,xx: Means if value <xx, Then
アラーム閾値アラームまたは閾値以上アラーム。 1,xx: Means if value >xx, Then
アラーム
6 番目と 7 番目のパラメーターは、「current 3 」より下に設定 0,xx: Means if value <xx, Then
アラーム閾値アラームまたは閾値以上アラーム 1,xx: Means if value >xx, Then
アラーム
8 番目と 9 番目のパラメータは、以下の「カレント 4」を設定 0,xx: Means if value <xx, Then
アラーム閾値アラームまたは閾値以上アラーム 1,xx: Means if value >xx, Then
アラーム
Downlink Command: 0x0B
フォーマット:コマンドコード(0x0B)の後に 9 バイト
• 例 1: Downlink Payload: 0B 01 01 14 01 14 00 00 00 00 ---> AT+CALARM=1,1,20,1,20,0,0,0,0
• 例 2: Downlink Payload: 0B 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ---> AT+CALARM=0,0,0,0,0,0,0,0,0
23 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
3.3.8 アラーム間隔の設定
2 つのアラームパケットの最短時間(単位:分)デフォルトは 20 分です。
• AT Command:
AT+ATDC=30 // 2 つのアラームパケットの最短間隔は 30 分であり、アラームパケットのアップリンクがある場合、次の 30
分間に次のアラームパケットはないことを意味します。
• Downlink Payload:
0x(0C 1E)---> Set AT+ATDC=0x 1E = 30 minutes
3.3.9 測定チャンネルの有効/無効を設定
このコマンドは、ユーザーが接続する電流センサーが 4 つ未満の場合に使用できます。このコマンドは、バッテリ寿命を節約する
ために、使用されていない測定チャンネルをオフにすることができます。
AT Command: AT+ENCHANNEL
コマンド例 機能 レスポンス
AT+ENCHANNEL=? 有効なチャンネルを取得 1,1,1,1
(default) OK
AT+ENCHANNEL=1,1,1,0 チャンネル 4 は無効 OK
AT+ENCHANNEL=1,1,0,0 チャンネル 3 と 4 は無効 OK
Downlink Command: 0x08
フォーマット:コマンドコード(0x08)の後に 4 バイト
1 バイト目は第 1 チャンネル、2 バイト目は第 2 チャンネル、3 バイト目は第 3 チャンネル、4 バイト目は第 4 チャンネルを意味
し、1 がチャンネル有効、0 がチャンネル無効を意味します。
• 例 1: Downlink Payload: 08 01 01 01 01---> AT+ENCHANNEL=1,1,1,1 // 全チャンネルが有効
• 例 2: Downlink Payload: 08 01 01 01 00---> AT+ENCHANNEL=1,1,1,0 // チャンネル 4 は無効
• 例 3: Downlink Payload: 08 01 01 00 00---> AT+ENCHANNEL=1,1,0,0 // チャンネル 3 と 4 は無効
4. ユースケース
4.1 オフィスの電源状態を監視
24 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
これは、CS01-LB 電流センサーのケーススタディです。CS01 を使ってオフィスの電力使用状況を監視する方法を紹介してい
ます。詳しくはこちら 事例 1:オフィスの電力状況を監視
5. バッテリー&電力消費
CS01-LB は、ER26500+SPC1520 バッテリーパックを使用しています。バッテリー情報および交換方法の詳細については、
以下のリンクを参照してください。
↓
http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/How%20to%20calculate%20the%20battery%20life%20of%20Dragino%20sensors%3F/
注記:連続サンプリング・モードは消費電力を大幅に増加させます。
例えば、4 つのチャンネル全てをサンプリングデータに使用する場合:
-- サンプリングは 1 分ごと、アップリンクは 5 分ごと。バッテリー寿命は約 10 ヶ月
-- サンプリングは 1 分ごと、アップリンクは 20 分ごと。バッテリー寿命は約 12 ヶ月
この場合、CS01-LB に電源を供給するために外部 DC アダプターを使用したい場合は、電源デバイスは 3.3V 電源アダプター
を使用してください、 パワーデバイスは 3.3V 電源アダプタの紹介は下記リンクとなります:
http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/Can%20I%20use%20an%20external%20power%20adapter%20or%20solar%20panel
%20to%20power%20LSN50v2%3F/#H1.1A0Poweritviaexternalpower283.3v29andnoneedbackupbattery
6. OTA ファームウェアアップデート
ユーザーは、ファームウェア CS01-LB を次のように変更できます:
• 周波数帯域/地域を変更する
• 新しい機能にアップデートする
• バグを修正する
ファームウェアと変更履歴は以下からダウンロードできます : Firmware download link
↓
https://www.dropbox.com/scl/fo/cnnyz4ynebs3am96jvtv0/h?rlkey=4no594ssi0nzt2lc3irbkid9b&dl=0
ファームウェアのアップデート方法:
• (推奨)ワイヤレスによる OTA ファームウェア・アップデート:
↓
http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/ Firmware%20OTA%20Update%20for%20Sensors/
• UART TTL インターフェースによるアップデート: Instruction.
↓
http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/UART%20Access%20for%20LoRa%20ST%20v4%20base%20model/#H1.LoRaSTv4baseHardware
7. FAQ
25 / 26
LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
8. トラブルシューティング
8.1 収集した電流値が不正確な理由?
ノードによって収集された電流値が不正確な場合、ノードに AT+CCAL コマンドによって校正値が設定されているかどうかを確認
してください。もしそうであれば、校正値を 0 に変更してください!
9. 注文情報
型番 : CS01-LB-XX
XX:Th デフォルトの周波数帯域
• AS923: LoRaWAN AS923 band
• AU915: LoRaWAN AU915 band
• EU433: LoRaWAN EU433 band
• EU868: LoRaWAN EU868 band
• KR920: LoRaWAN KR920 band
• US915: LoRaWAN US915 band
• IN865: LoRaWAN IN865 band
• CN470: LoRaWAN CN470 band
注記:CS01-LB には電流センサーは含まれていません。別途お買い求めください!
電流センサー型番:
• SCT013G-D-100: 100A/50mA
10. 梱包情報
梱包内容:
• LoRaWAN 4 チャンネル電流センサー CS01-LB x 1台
Dimension and weight:
• Device Size: cm
• Device Weight: g
• Package Size / pcs : cm
• Weight / pcs : g
11. サポート
・あなたの質問がすでにウィキで回答されているかどうかを確認してください。
・サポートは、月曜日から金曜日の 09:00 から 18:00 GMT + 8 まで提供されます。
タイムゾーンが異なるため、ライブサポートを提供できません。
ただし、あなたの質問は前述のスケジュールでできるだけ早く回答されます。
・お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し
(製品モデル、問題を正確に説明し、問題を再現する手順など)、E メールで送信して下さい。
support@dragino.com
26 / 26

More Related Content

Similar to LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル

LoRaWAN ドアセンサ LDS01 日本語マニュアル
LoRaWAN ドアセンサ LDS01 日本語マニュアルLoRaWAN ドアセンサ LDS01 日本語マニュアル
LoRaWAN ドアセンサ LDS01 日本語マニュアル
CRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル
LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル
LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル
CRI Japan, Inc.
 
普及版8チャンネルLoRaWAN Pico Staion LPS8ユーザーマニュアル
普及版8チャンネルLoRaWAN Pico Staion LPS8ユーザーマニュアル普及版8チャンネルLoRaWAN Pico Staion LPS8ユーザーマニュアル
普及版8チャンネルLoRaWAN Pico Staion LPS8ユーザーマニュアル
CRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアルLoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
CRI Japan, Inc.
 
汎用LoRaWANセンサノード LSN50 -V2日本語マニュアル
汎用LoRaWANセンサノード LSN50 -V2日本語マニュアル汎用LoRaWANセンサノード LSN50 -V2日本語マニュアル
汎用LoRaWANセンサノード LSN50 -V2日本語マニュアル
CRI Japan, Inc.
 
低ドロップアウト・レギュレータの資料
低ドロップアウト・レギュレータの資料低ドロップアウト・レギュレータの資料
低ドロップアウト・レギュレータの資料
Tsuyoshi Horigome
 
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
CRI Japan, Inc.
 
Dragino USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
Dragino  USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアルDragino  USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
Dragino USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
CRI Japan, Inc.
 
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-LカタログDragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
CRI Japan, Inc.
 
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JP 日本語マニュアル
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ  - LPS8N-JP 日本語マニュアル普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ  - LPS8N-JP 日本語マニュアル
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JP 日本語マニュアル
CRI Japan, Inc.
 
ビルトインTTN LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
ビルトインTTN  LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアルビルトインTTN  LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
ビルトインTTN LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
CRI Japan, Inc.
 

Similar to LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル (11)

LoRaWAN ドアセンサ LDS01 日本語マニュアル
LoRaWAN ドアセンサ LDS01 日本語マニュアルLoRaWAN ドアセンサ LDS01 日本語マニュアル
LoRaWAN ドアセンサ LDS01 日本語マニュアル
 
LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル
LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル
LoRaWAN Bluetoothトラッカー LBT1 日本語マニュアル
 
普及版8チャンネルLoRaWAN Pico Staion LPS8ユーザーマニュアル
普及版8チャンネルLoRaWAN Pico Staion LPS8ユーザーマニュアル普及版8チャンネルLoRaWAN Pico Staion LPS8ユーザーマニュアル
普及版8チャンネルLoRaWAN Pico Staion LPS8ユーザーマニュアル
 
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアルLoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
LoRaWAN 土壌&ECセンサ - LSE01日本語ユーザーマニュアル
 
汎用LoRaWANセンサノード LSN50 -V2日本語マニュアル
汎用LoRaWANセンサノード LSN50 -V2日本語マニュアル汎用LoRaWANセンサノード LSN50 -V2日本語マニュアル
汎用LoRaWANセンサノード LSN50 -V2日本語マニュアル
 
低ドロップアウト・レギュレータの資料
低ドロップアウト・レギュレータの資料低ドロップアウト・レギュレータの資料
低ドロップアウト・レギュレータの資料
 
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
防水型RS485 LoRaWANコンバーターRS485-BL 日本語ユーザーマニュアル
 
Dragino USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
Dragino  USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアルDragino  USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
Dragino USB LoRaWANアダプター LA66 日本語マニュアル
 
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-LカタログDragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
Dragino LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lカタログ
 
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JP 日本語マニュアル
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ  - LPS8N-JP 日本語マニュアル普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ  - LPS8N-JP 日本語マニュアル
普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ - LPS8N-JP 日本語マニュアル
 
ビルトインTTN LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
ビルトインTTN  LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアルビルトインTTN  LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
ビルトインTTN LoRaWANゲートウェイ LPS8v2日本語ユーザーマニュアル
 

More from CRI Japan, Inc.

LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LBカタログ
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LBカタログLoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LBカタログ
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LBカタログ
CRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
CRI Japan, Inc.
 
LoRaWANスマート距離検出センサー DS20L カタログ LiDARデバイス
LoRaWANスマート距離検出センサー  DS20L  カタログ  LiDARデバイスLoRaWANスマート距離検出センサー  DS20L  カタログ  LiDARデバイス
LoRaWANスマート距離検出センサー DS20L カタログ LiDARデバイス
CRI Japan, Inc.
 
Dragino Technology LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
Dragino Technology   LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケースDragino Technology   LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
Dragino Technology LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
CRI Japan, Inc.
 
Dragino Technology会社案内
Dragino Technology会社案内Dragino Technology会社案内
Dragino Technology会社案内
CRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdfLoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
CRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアルLoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
CRI Japan, Inc.
 
The Things Stack説明資料 by The Things Industries
The Things Stack説明資料 by The Things IndustriesThe Things Stack説明資料 by The Things Industries
The Things Stack説明資料 by The Things Industries
CRI Japan, Inc.
 
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
CRI Japan, Inc.
 
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
CRI Japan, Inc.
 
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブDragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
CRI Japan, Inc.
 
TTNのご紹介_2023年版
TTNのご紹介_2023年版TTNのご紹介_2023年版
TTNのご紹介_2023年版
CRI Japan, Inc.
 
Dragino LoRaWAN Full Catalog. Nov.2022 Edition
Dragino  LoRaWAN Full Catalog.   Nov.2022 EditionDragino  LoRaWAN Full Catalog.   Nov.2022 Edition
Dragino LoRaWAN Full Catalog. Nov.2022 Edition
CRI Japan, Inc.
 
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
CRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by クシダ工業
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by  クシダ工業LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by  クシダ工業
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by クシダ工業
CRI Japan, Inc.
 
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
CRI Japan, Inc.
 
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスターStarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
CRI Japan, Inc.
 
SX1262 LoRaWAN温度湿度・拡張プローブ LHT65N カタログ
SX1262 LoRaWAN温度湿度・拡張プローブ LHT65N カタログSX1262 LoRaWAN温度湿度・拡張プローブ LHT65N カタログ
SX1262 LoRaWAN温度湿度・拡張プローブ LHT65N カタログ
CRI Japan, Inc.
 
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
CRI Japan, Inc.
 
エルスピーナヴェインズ株式会社・会社概要
エルスピーナヴェインズ株式会社・会社概要エルスピーナヴェインズ株式会社・会社概要
エルスピーナヴェインズ株式会社・会社概要
CRI Japan, Inc.
 

More from CRI Japan, Inc. (20)

LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LBカタログ
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LBカタログLoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LBカタログ
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LBカタログ
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
LoRaWANスマート距離検出センサー DS20L カタログ LiDARデバイス
LoRaWANスマート距離検出センサー  DS20L  カタログ  LiDARデバイスLoRaWANスマート距離検出センサー  DS20L  カタログ  LiDARデバイス
LoRaWANスマート距離検出センサー DS20L カタログ LiDARデバイス
 
Dragino Technology LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
Dragino Technology   LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケースDragino Technology   LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
Dragino Technology LoRaWANデバイス、ゲートウェイ ユースケース
 
Dragino Technology会社案内
Dragino Technology会社案内Dragino Technology会社案内
Dragino Technology会社案内
 
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdfLoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
LoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LR カタログ.pdf
 
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアルLoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
LoRaWAN To Modbus Gateway MS48-LR 日本語マニュアル
 
The Things Stack説明資料 by The Things Industries
The Things Stack説明資料 by The Things IndustriesThe Things Stack説明資料 by The Things Industries
The Things Stack説明資料 by The Things Industries
 
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
TTN vs The Things Stack Cloudとの比較
 
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
TTN高崎 エルスピーナヴェンズ活動報告 2023.7.15 全国TTNイニシエーター会議
 
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブDragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
Dragino LoRaWAN人感センサー&人感プローブ
 
TTNのご紹介_2023年版
TTNのご紹介_2023年版TTNのご紹介_2023年版
TTNのご紹介_2023年版
 
Dragino LoRaWAN Full Catalog. Nov.2022 Edition
Dragino  LoRaWAN Full Catalog.   Nov.2022 EditionDragino  LoRaWAN Full Catalog.   Nov.2022 Edition
Dragino LoRaWAN Full Catalog. Nov.2022 Edition
 
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
SX1302屋外8ch.LoRaWAN ゲートウェイ DLOS8Nマニュアル
 
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by クシダ工業
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by  クシダ工業LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by  クシダ工業
LoRaWAN完全対応、ソーラー給電スマート街灯カタログ by クシダ工業
 
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
A1ポスター StartlinkとLoRaWAN繋ぐ災害ネットワーク 防災産業展2023
 
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスターStarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
StarlinkとLoRaWANで繋ぐ災害ネットワーク A1ポスター
 
SX1262 LoRaWAN温度湿度・拡張プローブ LHT65N カタログ
SX1262 LoRaWAN温度湿度・拡張プローブ LHT65N カタログSX1262 LoRaWAN温度湿度・拡張プローブ LHT65N カタログ
SX1262 LoRaWAN温度湿度・拡張プローブ LHT65N カタログ
 
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
StarlinkとLoRaWANを連携した全地球規模IoTシステム構築のご提案
 
エルスピーナヴェインズ株式会社・会社概要
エルスピーナヴェインズ株式会社・会社概要エルスピーナヴェインズ株式会社・会社概要
エルスピーナヴェインズ株式会社・会社概要
 

Recently uploaded

MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
Tatsuya Ishikawa
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
company21
 
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
Tetsuya Nihonmatsu
 

Recently uploaded (10)

MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
 
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
 

LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル

  • 2. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル 目次 1. イントロダクション........................................................................................................................4 1.1 LoRaWAN 4 チャンネル電流センサーコンバーターとは?...................................................................... .4 1.2 特徴................................................................................................................................ .5 1.3 仕様............................................................................................................................... .5 1.4 スリープモードとワークモード....................................................................................................... .5 1.5 ボタン & LED..................................................................................................................... .6 1.6 BLE 接続......................................................................................................................... .7 1.7 メカニカル............................................................................................................................7 1.8 電流センサー仕様................................................................................................................ .8 2. LoRaWAN ネットワークに CS01-LB 接続設定................................................................................... .8 2.1 どのように動作するか?........................................................................................................... .8 2.2 LoRaWAN ネットワークサーバー (OTAA)接続クイックガイド................................................................. .8 2.3 デバイスステータス, FPORT=5................................................................................................ .11 2.4 ワークモード & アップリンクペイロード.............................................................................................13 2.4.1 MOD=1(一般取得モード), FPORT=2................................................................................. .13 2.4.2 MOD=2(連続サンプリングモード), FPORT=7.......................................................................... .15 2.5 ペイロードデコーダーファイル..................................................................................................... .16 2.6 データログ機能................................................................................................................... .16 2.6.1 LoRaWAN 経由でのデータログ取得方法..................................................................................16 2.6.2 Unix タイムスタンプ...........................................................................................................16 2.6.3 デバイスタイム設定.......................................................................................................... .17 2.6.4 データログアップリンクペイロード (FPORT=3)............................................................................. .17 2.7 周波数プラン......................................................................................................................19 2.8 ファームウェア変更ログ........................................................................................................... .19 3. CS01-LB の設定....................................................................................................................19 3.1 設定方法........................................................................................................................ .19 3.2 一般コマンド..................................................................................................................... .20 3.3 CS01-LB 専用コマンド......................................................................................................... .20 3.3.1 送信間隔時間設定........................................................................................................20 3.3.2 デバイスステータス取得.......................................................................................................20 3.3.3 データ取得................................................................................................................... .20 3.3.4 インタ‐ラプトモード設定..................................................................................................... .21 3.3.5 出力持続時間設定........................................................................................................ .21 3.3.6 ワークモード設定..............................................................................................................21 3.3.7 アラーム閾値設定......................................................................................................... .22 3.3.8 アラーム間隔設定......................................................................................................... .22 3.3.9 測定チャンネルを可/不可設定............................................................................................. .23 4. ユースケース......................................................................................................................... .23 4.1 オフィスの電源ステータスを監視..................................................................................................23 5. バッテリー & 電力消費............................................................................................................ .23 6. OTA ファームウェアアップデート..................................................................................................... .24 7. FAQ................................................................................................................................. .24 8. トラブルシューティング................................................................................................................ .24 8.1 なぜ、取得した電流値が不正確なのか?..................................................................................... .24 9. 注文情報........................................................................................................................... .24 10. 梱包情報.......................................................................................................................... .25 11. サポート............................................................................................................................ .25 3 / 26
  • 3. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル 1. イントロダクション 1.1 LoRaWAN 4 チャンネル電流センサーコンバーターとは? Dragino CS01-LB は、 LoRaWAN 4 チャンネル電流センサー・コンバーターです。 電流センサーからの読み取り値を変換 して、LoRaWAN ネットワーク経由で IoT アプリケーションサーバーにアップロードすることができます。 CS01-LB は、マシン稼働状況の監視や消費電力の傾向分析に応用できます。CS01-LB は、最大 4 つの電流センサーをサ ポートしています。電流センサーは取り外し可能で、異なるスケールに交換することができます。 CS01-LB は、BLE コンフィギュレーションとワイヤレス OTA アップデートをサポートしており、ユーザーは簡単に設定利用ができま す。 CS01-LB は、8500mAh の Li-SOCI2 バッテリーを搭載しており、数年間の長期使用に耐えるように設計されていま す。各 CS01-LB には、LoRaWAN ネットワーク登録用のユニークなキー・セットがプリロードされています。 TTN など LoRaWAN ネットワークサーバーに登録することで、電源投入後に自動接続され利用することができます。 1.2 特徴 • LoRaWAN 1.0.3 クラス A • 帯域:CN470/EU433/KR920/US915/EU868/AS923/AU915/IN865 • 超低消費電力 • 最大 4 個の電流センサーをサポート • 様々な電流センサー比に対応:50A、100A など • マシンの稼動状況の監視 • 電力消費傾向の分析 • 電流のアラーム対応 • Bluetooth v5.1 および LoRaWAN リモート接続をサポート • ワイヤレス OTA アップデート・ファームウェアをサポート • 定期的にアップリンク • LoRaWAN ダウンリンクで設定を変更 • 8500mAh Li/SOCl2 バッテリー搭載 1.3 仕様 共通 DC 特性: • 電源電圧: 内蔵バッテリー、2.5v〜3.6v • 動作温度: -40°C ~ 85°C LoRa 仕様: • 周波数範囲、バンド 1(HF): 862 ~ 1020 Mhz • 最大+22 dBm 一定 RF 出力比 • 受信感度:-139dBm まで • 優れた遮断耐性 バッテリー: • Li/SOCI2 非充電式バッテリー • 容量:8500mAh • 自己放電 <1%/年 @ 25°C • 最大継続電流: 130mA 4 / 26
  • 4. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル • 最大昇圧電流: 2A, 1 秒 消費電力 • スリープモード: 5uA @ 3.3v • LoRa 送信モード: 125mA @ 20dBm, 82mA @ 14dBm 1.4 スリープモードとワークモード ディープスリープモード: センサーは、LoRaWAN アクティベーションを実行しません。 このモードは、バッテリーの寿命を節約す るために保管や出荷に使用されます ワークモード: このモードでは、センサーは LoRaWAN センサーとして動作し、LoRaWAN ネットワークに参加し、センサーデー タをサーバーに送信します。 定期的に各サンプリング/送受信の間センサーは IDLE モードになります。 IDLE モードでは、センサー はディープスリープモードと同じ消費電力となります。 5 / 26
  • 5. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル 1.5 ボタン&LED ACT での振る舞い 機能 アクション 1 秒<3 秒の間に ACT を押す アップリンク送信 もしセンサーが既に LoRaWAN ネットワークに参加している場合、 センサーはアップリンクパケットを送信します。 しかし、青色 LED が 1 回点滅します。 その間、BLE モジュールはアクティブになり、ユーザーは BLE 経由でデバ イスに接続することができます。 ACT を 3 秒以上押す デバイスアクティブ 緑色 LED が高速で 5 回点滅し、デバイスは 3 秒間 OTA モードに入り ます。そして、LoRaWAN ネットワークに参加し始めます。 6 / 26
  • 6. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル 1.6 BLE 接続 CS01-LB は、BLE リモート接続をサポートしています。 BLE は、センサーのパラメータを設定したり、センサーからのコンソール出力を確認するために使用することができます。BLE は、 以下の場合のみ有効です: • ボタンを押してアップリンク送信 • ボタンを押して、デバイスをアクティブにします • デバイスの電源オンまたはリセット 60 秒以内に BLE のアクティビティ接続がない場合、センサーは BLE モジュールをシャットダウンし、低電力モードに入ります。 1.7 メカニカル 7 / 26 緑色 LED は、ネットワークに参加した後、5 秒間点灯します。 センサーがアクティブになると、BLE モジュールがアクティブになり、 ユーザーはデバイスが LoRaWAN ネットワークに参加するかどうか に関係なく、デバイスを接続するために BLE を介して接続するこ とができます。 赤色 LED が 5 秒間点灯します。デバイスがディープスリープモードにある ことを意味します。 デバイス非アクティブ ACT 5回ボタン押す
  • 7. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル 1.8 電流センサー仕様 下記のセンサーリストは、CS01-LB には付属しておりませんので、別途ご注文ください: 型番 写真 仕様 SCT013G-D-100 * スプリットコア変流器 * 仕様: 100A/50mA * φ16mm 開口部 * コア材質: フェライト 2. LoRaWAN ネットワークに CS01-LB 接続設定 2.1 どのように動作するか? CS01-LB はデフォルトで LoRaWAN OTAA Class A モードに設定されています。LoRaWAN ネットワークサーバーに参 加するための OTAA キーを持っています。ローカルの LoRaWAN ネットワークに接続するには、LoRaWAN IoT サーバーに OTAA キーを入力し、CS01-LB をアクティブにするボタンを押す必要があります。 自動的に OTAA 経由で LoRaWAN ネットワークサーバーに参加し、センサー値の送信を開始します。デフォルトのアップリンク間 隔は 20 分です。 注記: CS01-LB には電流センサーは含まれていません。別途電流センサーを入手し、CS01-LB に取り付けて測定す る必要があります! 2.2 LoRaWAN ネットワークサーバー (OTAA)接続クイックガイド 下記は、 TTN v3 LoRaWAN ネットワークサーバーに参加する方法の例です。 この例では、LPS8 v2 を LoRaWAN ゲー トウェイとして使用しています。 LPS8 v2 はすでに TTN ネットワークサーバーに接続されています。 8 / 26
  • 8. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル ステップ 1: CS01-LB の OTAA キーで TTN にデバイスを作成します。 各 CS01-LB には、下記のデフォルト・デバイス EUI が記載されたステッカーが同梱されています: このキーは、LoRaWAN サーバーのポータルで入力できます。下記は TTN のスクリーンショット: デバイスの登録 9 / 26
  • 9. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル DevEUI と AppKey を追加 10 / 26
  • 10. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル ステップ 2: CS01-LB を起動 ボタンを 5 秒間押して CS01-LB を起動します。 緑色 LED が高速で 5 回点滅し、デバイスは 3 秒間 OTA モードに入ります。そして LoRaWAN ネットワークサーバーに参加 し始めます。ネットワークサーバーに参加した後、緑色 LED が 5 秒間点灯します。 ネットワーク参加に成功すると、TTN にメッセージがアップロードされます。そしてコンソールパネルにメッセージが表示されます。 2.3 デバイスステータス, FPORT=5 11 / 26
  • 11. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル ユーザは、ダウンリンクコマンド(0x26 01)を使用することにより、CS01-LB に機器構成詳細(機器構成状況を含む)の送 信を要求することができます。 CS01-LB は、 FPort=5 経由でペイロードをサーバにアップリンクします。 ペイロードフォーマットは下記のとおりです。 デバイスステータス (FPORT=5) サイズ (Bytes) 値 1 Sensor Model 2 Firmware Version 1 Frequency Band 1 Sub-band 2 BAT TTNv3 の解析例 Sensor Model: CS01-LB の場合、この値は 0x33 となります。 Firmware Version: 0x0100, この意味は、 v1.0.0 version です。 Frequency Band: • 0x01: EU868 • 0x02: US915 • 0x03: IN865 • 0x04: AU915 • 0x05: KZ865 • 0x06: RU864 • 0x07: AS923 • 0x08: AS923-1 • 0x09: AS923-2 • 0x0a: AS923-3 • 0x0b: CN470 • 0x0c: EU433 • 0x0d: KR920 • 0x0e: MA869 Sub-Band: AU915 と US915: value 0x00 ~ 0x08 CN470: value 0x0B ~ 0x0C 他の帯域: Always 0x00 12 / 26
  • 12. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル Battery Info: バッテリーの電圧を確認します。 例 1: 0x0B45 = 2885mV 例 2: 0x0B49 = 2889mV 2.4 ワークモード&アップリンクペイロード 2.4.1 MOD=1(一般取得モード), FPORT=2 注記:AT+CCAL=0,0,0,0 コマンドは、v1.0 バージョンのファームウェアを初めて使用する時に設定される必要がありま す。 MOD=1 がデフォルトモードです。エンドノードは、以下の 2 つの場合にリアルタイム電流センサー値をアップリンクします: • 各々の TDC インターバル • AT+CALARM によるトリガーアラーム アップリンクパケットは FPORT=2 を使用します。 サイズ(bytes) 2 2 2 2 2 1 Value 値 Battery Info&Interrupt flag & Interrupt Level Current channel 1 Current channel 2 Current channel 3 Current channel 4 Alarm_status* Alarm_status(アラームステータス)は、 Cur1L_status、Cur1H_status、Cur2L_status、Cur2H_status、Cur3L_status、Cur3H_status、Cur4L_status、C ur4H_status の組み合わせです。 合計 1 バイトは以下の通り: Bit7 Bit6 Bit5 Bit4 Bit3 Bit2 Bit1 Bit0 Cur1L Cur1H Cur2L Cur2H Cur3L Cur3H Cur4L Cur4H TTNv3 の解析例. 13 / 26
  • 13. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル Battery Info CS01-LB/LS のバッテリ電圧を確認します。 例 1: 0x0B45&0x3FFF = 2885mV 例 2: 0x0B49&0x3FFF = 2889mV Interrupt Flag & Interrupt Level このデータフィールドは、このパケットが割り込みによって生成されたかどうかを示します。ハードウェアとソフトウェアのセットアップについ ては、ここをクリックしてください。 Click here 注記:割り込みピンとは、ネジ端子の GPIO_EXTI ピンのことです。 具体例: byte[0]&0x80>>15=0x00 の場合:正常なアップリンクパケット byte[0]&0x80>>15=0x01 の場合:アップリンクパケットの割り込み byte[0]&0x40>>14=0x00 の場合:割り込みピン Low レベル byte[0]&0x40>>14=0x01 の場合:割り込みピン High レベル Current channel 1: AC 電流測定用チャンネル 1。分解能 0.01A。 拡張: 0x03e8 =1000/100=10.00A Current channel 2: AC 電流測定用チャンネル 2。分解能 0.01A。 拡張: 0x041A =1050/100=10.50A Current channel 3: AC 電流測定用チャンネル 3。分解能 0.01A。 拡張: 0x044C =1100/100=11.00A Current channel 4: AC 電流測定用チャンネル 4。分解能 0.01A。 拡張: 0x04B0 =1200/100=12.00A Cur1L_status: チャンネル 1 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より低い場合は True、そうでない場合は False となります。 Cur1H_status: チャンネル 1 の現在の閾値アラームを設定する場合、このフラグが設定された閾値より高ければ True、そうでなければ False となります。 Cur2L_status: チャンネル 2 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より低い場合は True、そうでない場合は False となります。 14 / 26
  • 14. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル Cur2H_status: チャンネル 2 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より高ければ True、そうでなければ False となります。 Cur3L_status: チャンネル 3 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より低い場合は True、そうでない場合は False となります。 Cur3H_status: チャンネル 3 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より高い場合は True、そうでない場合は False となります。 Cur4L_status: チャンネル 4 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より低い場合は True、そうでない場合は False となります。 Cur4H_status: チャンネル 4 の現在の閾値アラームを設定する際、このフラグが設定された閾値より低い場合は True、そうでない場合は False となります。 2.4.2 MOD=2(連続サンプリングモード), FPORT=7 連続サンプリング・モード(AT+MOD=2,aa,bb)では、CS01 は現在のセンサー・データを ftx 間隔で記録し、後で IoT サー バーに複数のデータ・グループをまとめて報告します。 注記:このモードは消費電力が大きくなります。外部電源が必要な場合があります。詳しくは消費電力の項をご覧くださ い。 AT+MOD=2,aa,bb フォーマット: • 最初のパラメータを 2 に設定: CS01-LB を連続サンプリング・モードで動作するように設定します。 • aa : サンプリング間隔の設定、単位: 秒 • bb : いくつのデータ・グループが一緒にアップリンクされるかを定義します。 CS01-LB が連続サンプリングモードの場合、TDC 時間設定は無効となり、CS01-LB は 「bb 」のサンプリング回数が終了す るとアップリンクを送信します。 具体的コマンド: AT+MOD=2,60,5 CS01-LB は 、1 分毎に 4 チャンネルのデータを読み込ます。5 グループを読み取ると、CS01-LB はアップリンクを送信しま す。つまり、アップリンク間隔は 5 分です。各アップリンクは 5 グループのセンサー値を含みます。各グループには 4 チャンネルのデー タが含まれるため、各アップリンクのペイロードには以下が含みます: • バッテリー(2 バイト) • +グループ 1 センサー値(8 バイト):チャンネル 1+チャンネル 2+チャンネル 3+チャンネル 4 の最後の 4 番目の読み取り値 • +グループ 2 センサー値(8 バイト):チャンネル 1+チャンネル 2+チャンネル 3+チャンネル 4 の最後の 3 番目の読み取り値 • +グループ 3 センサー値(8 バイト):チャンネル 1+チャンネル 2+チャンネル 3+チャンネル 4 の最後の 2 番目の読み取り値 • +グループ 4 センサ値(8 バイト):チャンネル 1+チャンネル 2+チャンネル 3+チャンネル 4 の最後の読み取り値 • +グループ 5 センサ値(8 バイト):チャネル 1 + チャネル 2 + チャネル 3 の現在の読み取り値 つまり、この例では合計 42 バイトのペイロードということになります。 注記:連続サンプリング・モードは長いペイロードを生成する可能性があり、CS01-LB はデータをアップリンクするために 適切な DR を選択します。これにより、送信距離が短くなる可能性があります。 アップリンクパケットは FPORT=7 を使用します。 15 / 26
  • 15. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル サイズ(bytes) 2 動的長さ、グループ数に依存 Value 値 BAT センサー値、各 8 バイトはセンサー値のセットです(最大 30 グループ) TTNv3 の解析例 2.5 ペイロードデコーダーファイル TTN では、カスタムペイロードを追加することができます。下記のコンソール画面でペイロードデコーダーファイルをコピー&ペーストします。 Applications --> Payload Formats --> Custom --> decoder : ↓ https://github.com/dragino/dragino-end-node-decoder/tree/main/CS01-LB 2.6 データログ機能 データログ機能は、LoRaWAN ネットワークがダウンした場合でも、IoT サーバーがセンサーから全てのサンプリングデータを取得 できるようにする機能です。各サンプリングについて、CS01-LB は将来の検索目的のために読み取り値を保存します。 2.6.1 LoRaWAN 経由でデータログを取得する方法 PNACKMD=1 に設定すると、CS01-LB はアップリンク毎に ACK を待ち、LoRaWAN ネットワークが存在しない場 合、CS01-LB は非 ACK メッセージでこれらのレコードをマークし、センサデータを保存し、ネットワーク回復後に全てのメッセージを 送信します(10s 間隔) • a) CS01-LB は、すべてのデータがサーバに到着したことを確認するために、データレコード送信の ACK チェックを行います。 • b) PNACKMD=1 の場合、CS01-LB は CONFIRMED モードでデータを送信しますが、ACK が得られなかった場 合、CS01-LB はパケットを再送せず、NONE-ACK メッセージとしてマークするだけです。 将来のアップリンクで CS01- LB が ACK を受信した場合、CS01-LB はネットワーク接続があるとみなし、すべての NONE-ACK メッセージを再送し ます。 2.6.2 Unix タイムスタンプ CS01-LB は、Unix タイムスタンプ・フォーマットを使用しています。 16 / 26
  • 16. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル この時刻は右リンクから入手できます: https://www.epochconverter.com/ 以下はコンバーターの例です。 そこで、AT+TIMESTAMP=1611889405 またはダウンリンク 3060137afd00 を使用して、現在時刻を設定することがで きます。 例:現在時刻を設定する 2021 - Jan -- 29 Friday 03:03:25 2.6.3 デバイス時間の設定 MAC コマンドによる時刻同期を有効にするには、SYNCMOD=1 に設定する必要があります。 CS01-LB が LoRaWAN ネットワークに参加すると、CS01-LB は MAC コマンド(DeviceTimeReq)を送信し、サー バーは現在の時刻を CS01-LB に送信するために(DeviceTimeAns)を返信します。 CS01-LB がサーバーから時刻を 取得できなかった場合、CS01-LB は内部時刻を使用し、次の時刻要求を待ちます(AT+SYNCTDC で時刻要求期間を 設定、デフォルトは 10 日) 注記:LoRaWAN サーバは LoRaWAN v1.0.3(MAC v1.0.3)以上に対応している必要があ り、ChirpStack、TTN v3、loriot は対応しているが、TTN v2 には対応していません。 サーバーがこのコマンドをサポー トしていない場合、このコマンドでアップリンクパケットをスルーしてしまうので、SYNCMOD=1 の場合、TTN v2 のタイムリ クエストパケットを失うことになります。 2.6.4 データログアップリンクペイロード (FPORT=3) データログアップリンクは以下のペイロードフォーマットを使用します。 検索データペイロード: サイズ(bytes) 1 2 2 2 4 Value Interrupt flag & Interrupt_level Current1 Current2 Current3 Unix TimeStamp 17 / 26
  • 17. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル 割り込みフラグ&割り込みレベル: サイズ(bit) bit7 bit6 [bit5:bit2] bit1 bit0 Value NO ACK message Poll Message Flag Reserve interrupt level interrupt flag No ACK Message: 1: このメッセージは、このペイロードがアップリンクメッセージのものであり、サーバーから ACK を受信して いないことを意味します。 ( PNACKMD=1 の場合) Poll Message Flag: 1: このメッセージはポーリングメッセージの返信です。 • ポーリングメッセージフラグが 1 に設定されます。 • 各データ入力は 11 バイトで、通信時間とバッテリーを節約するため、デバイスは現在の DR と周波数帯に応じて最大バイ トを送信されます。 例えば、US915 バンドでは、異なる DR の最大ペイロードは次のとおりです: a) DR0: 最大 11 バイトなので、1 エントリ分のデータです。 b) DR1: 最大 53 バイトなので、デバイスは 4 エントリのデータをアップロード(合計 44 バイト) c) DR2: 合計ペイロードには 11 エントリーのデータが含まれる。 d) DR3: 合計ペイロードには 22 エントリーのデータが含まれる。 デバイスがポーリング時間内にデータを持っていない場合、デバイスは 11 バイトの 0 をアップリンクします。 具体例: CS01-LB が以下のデータを Flash 内に持つ場合: ユーザーが以下のダウンリンクコマンドを送信した場合: 3165BD971865BDA5283C の意味は: 開始時間: 65BD9718 = time 23/5/24 03:30:41 終了時間: 65BDA528= time 23/5/24 03:33:00 CS01-LB は、このペイロードをアップリンクします。 18 / 26
  • 18. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル 4005650562056A65BD974440055D0559056265BD97BC400562055E056765BD98344005640560056965BD98AC40056 A0566056 ここで、最初の 11 バイトは、最初のエントリーのためのものです: 40 05 65 05 62 05 6A 65 BD 97 44 Current1=0x0565/100=13.81 Current2=0x0562/100=13.78 Current3=0x056A/100=13.86 Interrupt flag & Interrupt_level=0x40 は、リプライ・データ、サンプリング・アップリンク・メッセージ、割り込みレベル Low、割り込みフラグ False を意味します。 Unix time は 0x65BD9744=1706923844s=24/2/3 01:30:44 2.7 周波数プラン CS01-LB は、デフォルトで OTAA モードと以下の周波数プランを使用します。各周波数帯域は異なるファームウェアを使用す るため、ユーザーは自国の対応する周波数帯域にファームウェアを更新します。下記をご参照ください。 ↓ http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/End%20Device%20Frequency%20Band/ 2.8 ファームウェア変更ログ ファームウェアダウンリンク先: ↓ https://www.dropbox.com/scl/fo/cnnyz4ynebs3am96jvtv0/hrlkey=4no594ssi0nzt2lc3irbkid9b&dl=0 3. CS01-LB 設定 3.1 メソッドの設定 CS01-LB は以下の接続方式をサポートします: 19 / 26
  • 19. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル • Bluetooth 接続による AT コマンド(推奨): BLE Conftgure Instruction. • UART 接続経由の AT コマンド: UART Connection. • LoRaWAN ダウンリンク、様々なプラットフォーム: IoT LoRaWAN Server 3.2 一般コマンド これらのコマンドは以下を設定するためのものです: • 一般的なシステム設定: アップリンクインターバル • LoRaWAN プロトコル & 無線関連コマンド これらのコマンドは DLWS-005 LoRaWAN スタックをサポートする全ての Dragino デバイスに共通です。これらのコマンドは wik にあります: http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/End%20Device%20AT%20Commands%20and%20Downlink%20Command/ 3.3 CS01-LB 専用特別コマンド これらのコマンドは CS01-LB に対してのみ有効です: 3.3.1 送信間隔時間の設定 特徴: LoRaWAN エンドノード送信間隔の変更します。 AT Command: AT+TDC コマンド例 機能 レスポンス AT+TDC=? 現在の送信間隔表示 Interval 30000 OK the interval is 30000ms = 30s AT+TDC=60000 送信価格設定 OK Set transmit interval to 60000ms = 60 seconds Downlink Command: 0x01 フォーマット: コマンドコード(0x01)の後に 3 バイトの時間値が続きます。 ダウンリンクペイロード=0100003C の場合、エンドノードの送信間隔を 0x00003C=60(S)、タイプコードを 01 に設定します。 • 例 1: ダウンリンクペイロード: 0100001E // 送信間隔設定 (TDC) = 30 seconds • 例 2: ダウンリンクペイロード: 0100003C // 送信間隔設定 (TDC) = 60 seconds 3.3.2 デバイスステータス取得 LoRaWAN ダウンリンクを送信し、デバイスにアラーム設定の送信を要求します。 Downlink Payload: 0x26 01 センサーは、 FPORT=5 を介してデバイスステータスをアップロードします。詳細はペイロードセクションをご参照ください。 3.3.3 データ取得 特徴 :現在のセンサーデータを取得 AT Command: • AT+GETSENSORVALUE=0 // シリアルポートは、現在のセンサーの読み取り値を取得します。 • AT+GETSENSORVALUE=1 // シリアルポートは、現在のセンサーの読み取り値を取得し、アップロードします。 20 / 26
  • 20. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル 3.3.4 インターラプトモード設定 機能、PA8 ピンの割り込みモードを設定します。 AT+INTMOD=0 が設定すると、PA8 はデジタル入力ポートとして使用されます。 AT Command: AT+INTMOD コマンド例 機能 レスポンス AT+INTMOD=? 現在のインターラプトモード表示 0 OK the mode is 0 =Disable Interrupt AT+INTMOD=2 送信間隔設定 OK 0. (Disable Interrupt), 1. (Trigger by rising and falling edge) 2. (Trigger by falling edge) 3. (Trigger by rising edge) Downlink Command: 0x06 フォーマット:コマンドコード(0x06)の後に 3 バイト これは、エンドノードの割り込みモードが 0x000003=3(立ち上がりエッジトリガー)に設定され、タイプコードが 06 であること を意味します。 • 例 1: Downlink Payload: 06000000 // 割り込みモードをオフ • 例 2: Downlink Payload: 06000003 // 割り込みモードを立ち上がりエッジトリガに設定 3.3.5 出力持続時間の設定 出力時間 3.3V を制御します。各サンプリングの前にデバイスは: 1. まず、外部センサーへの電源出力を有効にします。 2. センサー値を読み取り、アップリンクペイロードを構築します。 3. 最後に、出力を閉じます。 AT Command: AT+3V3T コマンド例 機能 レスポンス AT+3V3T=? 3.3V オープン時間表示 0 (default) OK AT+3V3T=1000 1000 ミリ秒の遅延の後に閉します OK Downlink Command: 0x07 フォーマット:コマンドコード(0x07)の後に 3 バイト。 最初のバイトはどの電力か、2 番目と 3 番目のバイトはオンになるまでの時間を意味します。 • 例 1: Downlink Payload: 07 01 01 F4 ---> AT+3V3T=500 • 例 2: Downlink Payload: 07 01 FF FF ---> AT+3V3T=65535 21 / 26
  • 21. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル AT+MOD=2,60,5Set working mode 2OK 3.3.6 ワークモード設定 機能、作業モードを取得または設定します。 AT Command: AT+MOD コマンド例 機能 レスポンス AT+MOD=? 現在のワークモード表示 1 (default) OK 22 / 26
  • 22. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル ワークモードを設定する AT 命令の説明: コマンド例 機能 パラメーター AT+MOD=1 一般獲得モードを設定 1: General acquisition mode. 最初のパラメータは連続検出を設定 2: Continuous acquisition mode. AT+MOD=2,60,5 2 番目パラメータは検出サンプリングを設定 60: データは 60 秒ごとに収集 3 番目ビットパラメーターは、グループ数を設定 5 グループのデータが収集された後、データを記録 するためのアップリンクが実行されます Downlink Command: 0x0A フォーマット:コマンドコード(0x0A)の後に 1 バイトまたは 4 バイトが続きます。 • 例 1: Downlink Payload: 0A 01 ---> AT+MOD=1 • 例 2: Downlink Payload: 0A 02 00 3C 05 ---> AT+MOD=2,60,5 3.3.7 アラーム閾値の設定 機能、現在のアラームしきい値を取得または設定します。 (AT+MOD=1 の場合のみ有効) AT Command: AT+CALARM コマンド例 機能 レスポンス AT+CALARM=? 現在のアラーム閾値取得 0,0,0,0,0,0,0,0,0(default) OK AT+CALARM=1,1,20,1,20,0,0,0,0 電流 1 と電流 2 のアラームしきい値を設定します. OK コマンド例 機能 パラメーター 最初のパラメータは、閾値アラームを有効または無効にします。 0: Not Alarm 1: Alarm AT+CALARM=1,1,20,1,20,0,0,0,0 2 番目と 3 番目のパラメータは、以下の「カレント 1」を設定 0,xx: Means if value <xx, Then アラーム閾値アラームまたは閾値以上アラーム 1,xx: Means if value >xx, Then アラーム 4 番目と ftf 番目のパラメーターは、「current 2 」を以下の値に設定 0,xx: Means if value <xx, Then アラーム閾値アラームまたは閾値以上アラーム。 1,xx: Means if value >xx, Then アラーム 6 番目と 7 番目のパラメーターは、「current 3 」より下に設定 0,xx: Means if value <xx, Then アラーム閾値アラームまたは閾値以上アラーム 1,xx: Means if value >xx, Then アラーム 8 番目と 9 番目のパラメータは、以下の「カレント 4」を設定 0,xx: Means if value <xx, Then アラーム閾値アラームまたは閾値以上アラーム 1,xx: Means if value >xx, Then アラーム Downlink Command: 0x0B フォーマット:コマンドコード(0x0B)の後に 9 バイト • 例 1: Downlink Payload: 0B 01 01 14 01 14 00 00 00 00 ---> AT+CALARM=1,1,20,1,20,0,0,0,0 • 例 2: Downlink Payload: 0B 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ---> AT+CALARM=0,0,0,0,0,0,0,0,0 23 / 26
  • 23. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル 3.3.8 アラーム間隔の設定 2 つのアラームパケットの最短時間(単位:分)デフォルトは 20 分です。 • AT Command: AT+ATDC=30 // 2 つのアラームパケットの最短間隔は 30 分であり、アラームパケットのアップリンクがある場合、次の 30 分間に次のアラームパケットはないことを意味します。 • Downlink Payload: 0x(0C 1E)---> Set AT+ATDC=0x 1E = 30 minutes 3.3.9 測定チャンネルの有効/無効を設定 このコマンドは、ユーザーが接続する電流センサーが 4 つ未満の場合に使用できます。このコマンドは、バッテリ寿命を節約する ために、使用されていない測定チャンネルをオフにすることができます。 AT Command: AT+ENCHANNEL コマンド例 機能 レスポンス AT+ENCHANNEL=? 有効なチャンネルを取得 1,1,1,1 (default) OK AT+ENCHANNEL=1,1,1,0 チャンネル 4 は無効 OK AT+ENCHANNEL=1,1,0,0 チャンネル 3 と 4 は無効 OK Downlink Command: 0x08 フォーマット:コマンドコード(0x08)の後に 4 バイト 1 バイト目は第 1 チャンネル、2 バイト目は第 2 チャンネル、3 バイト目は第 3 チャンネル、4 バイト目は第 4 チャンネルを意味 し、1 がチャンネル有効、0 がチャンネル無効を意味します。 • 例 1: Downlink Payload: 08 01 01 01 01---> AT+ENCHANNEL=1,1,1,1 // 全チャンネルが有効 • 例 2: Downlink Payload: 08 01 01 01 00---> AT+ENCHANNEL=1,1,1,0 // チャンネル 4 は無効 • 例 3: Downlink Payload: 08 01 01 00 00---> AT+ENCHANNEL=1,1,0,0 // チャンネル 3 と 4 は無効 4. ユースケース 4.1 オフィスの電源状態を監視 24 / 26
  • 24. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル これは、CS01-LB 電流センサーのケーススタディです。CS01 を使ってオフィスの電力使用状況を監視する方法を紹介してい ます。詳しくはこちら 事例 1:オフィスの電力状況を監視 5. バッテリー&電力消費 CS01-LB は、ER26500+SPC1520 バッテリーパックを使用しています。バッテリー情報および交換方法の詳細については、 以下のリンクを参照してください。 ↓ http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/How%20to%20calculate%20the%20battery%20life%20of%20Dragino%20sensors%3F/ 注記:連続サンプリング・モードは消費電力を大幅に増加させます。 例えば、4 つのチャンネル全てをサンプリングデータに使用する場合: -- サンプリングは 1 分ごと、アップリンクは 5 分ごと。バッテリー寿命は約 10 ヶ月 -- サンプリングは 1 分ごと、アップリンクは 20 分ごと。バッテリー寿命は約 12 ヶ月 この場合、CS01-LB に電源を供給するために外部 DC アダプターを使用したい場合は、電源デバイスは 3.3V 電源アダプター を使用してください、 パワーデバイスは 3.3V 電源アダプタの紹介は下記リンクとなります: http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/Can%20I%20use%20an%20external%20power%20adapter%20or%20solar%20panel %20to%20power%20LSN50v2%3F/#H1.1A0Poweritviaexternalpower283.3v29andnoneedbackupbattery 6. OTA ファームウェアアップデート ユーザーは、ファームウェア CS01-LB を次のように変更できます: • 周波数帯域/地域を変更する • 新しい機能にアップデートする • バグを修正する ファームウェアと変更履歴は以下からダウンロードできます : Firmware download link ↓ https://www.dropbox.com/scl/fo/cnnyz4ynebs3am96jvtv0/h?rlkey=4no594ssi0nzt2lc3irbkid9b&dl=0 ファームウェアのアップデート方法: • (推奨)ワイヤレスによる OTA ファームウェア・アップデート: ↓ http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/ Firmware%20OTA%20Update%20for%20Sensors/ • UART TTL インターフェースによるアップデート: Instruction. ↓ http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/UART%20Access%20for%20LoRa%20ST%20v4%20base%20model/#H1.LoRaSTv4baseHardware 7. FAQ 25 / 26
  • 25. LoRaWAN4 チャンネル電流センサーコンバーター CS01-LB 日本語マニュアル 8. トラブルシューティング 8.1 収集した電流値が不正確な理由? ノードによって収集された電流値が不正確な場合、ノードに AT+CCAL コマンドによって校正値が設定されているかどうかを確認 してください。もしそうであれば、校正値を 0 に変更してください! 9. 注文情報 型番 : CS01-LB-XX XX:Th デフォルトの周波数帯域 • AS923: LoRaWAN AS923 band • AU915: LoRaWAN AU915 band • EU433: LoRaWAN EU433 band • EU868: LoRaWAN EU868 band • KR920: LoRaWAN KR920 band • US915: LoRaWAN US915 band • IN865: LoRaWAN IN865 band • CN470: LoRaWAN CN470 band 注記:CS01-LB には電流センサーは含まれていません。別途お買い求めください! 電流センサー型番: • SCT013G-D-100: 100A/50mA 10. 梱包情報 梱包内容: • LoRaWAN 4 チャンネル電流センサー CS01-LB x 1台 Dimension and weight: • Device Size: cm • Device Weight: g • Package Size / pcs : cm • Weight / pcs : g 11. サポート ・あなたの質問がすでにウィキで回答されているかどうかを確認してください。 ・サポートは、月曜日から金曜日の 09:00 から 18:00 GMT + 8 まで提供されます。 タイムゾーンが異なるため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジュールでできるだけ早く回答されます。 ・お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し (製品モデル、問題を正確に説明し、問題を再現する手順など)、E メールで送信して下さい。 support@dragino.com 26 / 26