SlideShare a Scribd company logo
振り返れば見えてくる、
自社のIT活用効果と今後の取り組
               み
    ~中小企業の IT 活用 総括 10 年~




                          森戸裕一
       ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役
       ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役
                          http://www.tisiki.net/
                          http://www.tisiki.net/
   一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 事務局長
   一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 事務局長
                    http://www.biz-solution.org/
                    http://www.biz-solution.org/
プロフィール
一般社団法人 日本中小企業情報化支援協議会 事務局長
ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役
                                                                                     http://www.tisiki.net/
森戸 裕一                                                                         http://www.biz-solution.org/
セミナー・研修講師実績                                        専門分野

商工会議所様主催 IT活用セミナー                                  戦略的人材育成(人材育成・人材採用)
公的団体主催  Facebook ビジネス活用セミナー                        戦略的企業情報化戦略(ERP、SFA、CRM、ナレッジマネジメント)
中小企業団体中央会様主催 人材育成セミナー                              IT経営手法(中小・中堅企業経営革新)
マイクロソフト様 IT実践塾(経営者セミナー:全国47都道府県)                   インターネット活用技術(Webマーケティング、セキュリティ)
マイクロソフト様 ERP導入セミナー基調講演                             CGM活用によるコミュニティ型ビジネス創造
マイクロソフトカンファレンス クライアントシステム導入成功事例紹介                  インターネットを活用した教育システム構築( e-Learning )
マイクロソフト様 パートナー向け営業担当者向け実践トレーニング
マイクロソフト様 パートナー向け戦略的情報共有セミナー
日本ヒューレット・パッカード様 中堅市場向け情報化セミナー                      コンサルティング活動
日本ヒューレット・パッカード様 パートナー向けカンファレンス 基調講演
富士通パートナー企業様 ソリューションフェア講演                           組織改革(人材育成、情報共有、コミュニケーション)
富士通様 組織内情報共有研修                                     人材採用(採用支援、内定者研修、新人研修)
富士通ファミリ会様 組織活性化セミナー                                営業システム導入(販売戦略、営業担当者研修)
NEC様、大塚商会様主催 IT経営セミナー                              IT戦略策定(中小・中堅企業向けIT戦略)
東芝様 管理職向け情報戦略立案研修(ナレッジマネジメント)                      ベンチャー企業支援(企画、マーケティング、営業戦略)
パナソニック様 上級幹部社員研修(最新技術動向)
ソフトバンククリエイティブ様 中堅中小企業競争力強化実践セミナー 基調講演
ソフトバンクBB ビジネス・パートナーセミナー 2007 秋 基調講演
                                                   その他活動
オービックビジネスコンサルタント様 奉行フォーラム講演
コマツ製作所様 インターネット戦略策定研修                              教育工学会企業内研究部会(会員)
河北新報社様主催 東北ビジネスフォーラム 基調講演                          日本ビジネスモデル学会(会員)
ホンダ技研様 戦略的人材育成に関する講演                               早稲田大学IT戦略研究所リーダーズフォーラム(会員)
インフォコム様 企業コンテンツ管理による『見える化』セミナー                     サイバー大学 客員教授
                                    他多数

                       All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012                                   2
ビジネスの ” 三種の神器 ”
10 年前、 5 年前、そして現在

自社のIT活用度と成果、動機と使い方を振り返
                     る
10 年前、三種の神器

                                                                インターネッ
                                                                インターネッ
   LAN
   LAN               電子メール
                     電子メール
                                                                   ト
                                                                   ト




      <当時、重要とされていたこと>
                                                         社外から社内の情報に
経営者が全社の情報を       迅速に低コストで                                 アクセスすること、
  把握すること          伝達すること                                 取引先や顧客との情報の
                                                         やりとりができること
         All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012            4
新・三種の神器とは

                      スマートフォン
                      スマートフォン
  SNS
  SNS                 タブレット端末
                                                                     動画
                                                                     動画
                      タブレット端末




        <今、重視すべきこと>
  顧客、企業と        どこにでも持ち運べ、                                            情報を
コミュニケーション        商品・サービスの                                          リアルタイムに
コラボレーション        利用イメージを持って                                          わかりやすく
   すること           もらえること                                           届けられること

            All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012             5
自社の IT 活用度を振り返る

▼  企業の情報システム活用の段階( IT 化ステージ)




          出所:経済産業省、電子商取引推進協議会、野村総合研究所
         「平成 14 年度我が国企業の IT 化に対応する企業経営の分析」より
             All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012   6
自社の IT 活用度を振り返る 次の表を使って、自社の IT 活用につ
                 いて振り返りを行ってください。
「活用度」は次の5段階で評価してください。
5 :十分に活用した  4 :まぁ活用したといえる  3 :どちらともいえない  2 :一部しか活用していない  1 :ほぼ活用
していない
     IT ツール等    導入年   導入費     運用費          動機、きっかけ         活用度
インターネット環境
電子メール
会計ソフト
業務用ソフト
共有サーバ
自社サイト
ブログ
グループウェア
e コマース:電子商取引
ノート PC など モバイル環
境
SFA :営業管理ツール
クラウドサービス
Skype など
インターネット電話
Facebook など 各種   SNS
スマートフォン
タブレット端末
その他


                       All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012   7
振り返ってみましょう

 成果につながった IT ツール等                              意味がなかった IT ツール等




        ↓                                                          ↓
 成功要因は何だと思いますか?                              失敗要因は何だと思いますか?




            All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012       8
自社の成功法則を見出す

全社で使いこなすまでの導入ステップを考えましょう
。        例        自社の場合

      ・社内で担当者を決める
検討期   ・ 3 つのツールを候補にあげ、比較検討し
      て絞り込む



      ・試用版を一部の社員で利用する
導入期   ・活用モデルをつくって全員に共有
      ・利用におけるルールを策定する



      ・ある程度決められた使い方で利用する
運用期   ・定期的な勉強会を開催する



      ・新しい活用方法を提案させる
活用期   ・連携して活用できるツール、拡張機能の
       利用を検討する


              All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012   9
IT活用で売れる仕組み構築に
  たどりつく道のりと分岐点


” 無料 ” に魅かれ続けた中小企業、 IT 活用の顛末
無料ツール導入でありがちな失敗


 「無料だから」という理由でツールを選択すると・・・




 運用にも当然、費用はかけないので「使えない」
   例) Twitter を利用しているが、一社員(素人)が運用しているので
                   フォロワーを増やせない


使わなくてもマイナスにはならないので「使えない」
  「これだけのコストをかけたんだから・・・」というプレッシャーがなく、
無理にアイデアを出して使わなくてもよい、使えないツールだ、という判断になる


            All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012   11
そもそも、無料ツールは使えるのか?

 用途          例                                 効果                      活用には

       ・ Facebook              すぐに利用者が増えるので                          プロに運用をサポート
       ・ Twitter               、初期に取り組んだ企業の                          してもらう、何らかの
社外への
       ・無料ブログ                  一人勝ち状態。                               有料ツールとの連携、
情報発信   ・無料ホームページ               後で取り組むほど、効果を                          広告出稿などの投資が
                  他            感じるのは難しくなる。                           必要。


       ・無料オンライン
        ストレージ                  使用できる機能や期間が制
 社内の   ・ Evernote 無料版          限されているため、効果が
                                                                     有料版の利用が必要。
情報活用   ・グループウェアや               実感できるレベルまで活用
       SFA 等の試用版               するのは難しい。
                      他



    無料で効果が出るのであれば、
 有料サービスは存在しないと考えるのが妥当
              All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012                12
変革を阻む、現状維持バイアス

       人間はよほど強い動機がない限り、
 「今の状況を変えて何かを失うくらいなら、今のままがいい」
           という心理が働く
               ||
       現状維持バイアスが起きる
   10 年前の対処法                                   これから 10 年の対処法

 業務プロセスを大幅に                                10 通りのアイデアを考
 変え、 IT を活用した                              えてからの IT 活用。
 仕事のやり方に変革せ                                “ 改善 ” の発想ではなく
 ざるを得ない状況をつ                                、“その時 ” うまくいく
 くる。                                       “新しい ” やり方、それ
                                           を考えることを習慣化
                                           する。
          All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012   13
5 年前、 10 年前に言われていたこと

セカンドライフで新しいビジネス空間ができる
セカンドライフで新しいビジネス空間ができる

 携帯キャリアの公式サイトに掲載されると自社 Web サイトに集客
 携帯キャリアの公式サイトに掲載されると自社 Web サイトに集客
できる
できる

チーム内のコミュニケーションに はメーリングリストを活用
チーム内のコミュニケーションにはメーリングリストを活用


PDA (インターネット接続不可)の活用で営業活動が円滑になる
PDA (インターネット接続不可)の活用で営業活動が円滑になる


メールマーケティングは不特定多数にとにかく送信
メールマーケティングは不特定多数にとにかく送信

今、「取り組むべき」と言われていることも、 5 年後、 10 年後に
               は
 当たり前のこと、あまり意味がないことになる可能性がある。
変化の激しい今の時代、正解と言えるやり方は
          ない
          All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012   14
IT 活用成功の鍵は“発想 ”

  制約がある無料の IT ツールを与えられて・・・
       業務・ビジネスに活用するアイデアが次々に湧く人
                  ||
                               経験者、専門家
      中小企業の一社員にそれを求めてもほぼ期待できない



  IT 活用がうまくいくための方法は・・・

          活用に耐え得る有料のツールを検討し、

         「どのようなことに活用できるか?」
            既存の枠にとらわれず、
        複数の視点でたくさんのアイデアを出す

          All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012   15
成果を手にする未来をつくるI
T活用の見直しとこれからの使
            い方
    ヒントは一つ、やり方は 10 通り、
        自社に合う方法の判断基準
何を“成果 ” とするか

1 章で振り返り、「意味がなかった」「成果が出なかった」とした
     IT ツールは、本当に何ももたらさなかったのか?
         継続すれば成果が出た可能性はないか?

 成果の例)
    部下と、共通の認識を持った言葉で会話ができるようになった
    訪問できるお客様の件数が増えた
    Web サイトの訪問者数が増えた
    問合せの件数が増えた
    部下からの質問が具体的になった
    連絡がつかないことによるストレスが軽減した


売上や利益の増加に直結していなくても、そこにつながる
 ステップの一つであれば、成果として考えたほうが良い
           All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012   17
判断基準を考える

     継続して活用度合いを上げていくためには、
        ステージごとに“成果 ” を決める

社員の活用度だけでなく、
【期間】例) 1 年間は利用してみる
                                                     Stage4 :活用期
                                                     Stage4 :活用期
【投資額】例)○○万円まではかける                                    SFA 導入の例)担当者自ら、不足のリード
                                                     数を把握し、対策を提案するようになる
など、判断する際の
条件も考える                     Stage3 :運用期
                           Stage3 :運用期
                           SFA 導入の例)遅延なく営業担当者全員が情報を入力する


          Stage2 :導入期
          Stage2 :導入期
         SFA 導入の例)営業責任者が営業プロセスを確認するための数字を“読める”ようになる


Stage1 :検討期
Stage1 :検討期
SFA 導入の例)最低限、“見たい”数字を決める

                All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012         18
新・三種の神器[SNS]


                    SNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービ
                                                     ス)
                  Web サイト上でコミュニティを形成することができるサービ
                  ス。人と人、企業がつながり、コミュニケーションを深めて
                  いくための様々な機能がある。



活用できないと感じる理
     由
 ・プライベートの内容が多く、ビジネスにおいて活用する場合の情報の出
  し方がよくわからない
 ・企業ページを作ることで、集客できる・商品が売れると考えている
 ・活用目的があいまいすぎる
 ・利用用途の視野が狭すぎる
                                                                 ・・・ etc.


          All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012              19
SNSの活用方法を考える
隣の席の方と、SNSがどのようなことに活用できると思うか、話し合ってください。




                 <発想のヒント>
 社員教育としての             情報を資産化する                                     ツール、事業、企業など
    視点                   視点                                          連携の視点

例)社内のグループを作り、     例)コミュニティのテーマに                                例)会社の Web サイトに誘導し、
  競合の情報を提供し合う       関心を示した人を分析する                                 閲覧者数を増やす



            All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012                 20
新・三種の神器[スマートフォン・タブレット端
末]

                       スマートフォン・タブレット端末
                  持ち運びやすく、タッチパネルで操作する。インターネット
                  に接続でき、電子メール、動画の録画・再生、電子書籍の閲
                  覧など、様々なことに利用できる。




活用できないと感じる理
     由

 ・書類を電子化したまでに留まり、パンフレットやカタログ以外の使い方
  がわからない
 ・会社から支給したのみで、活用方法、管理方法が属人的になっている
 ・便利なアプリケーションを知らない
                                                                 ・・・ etc.



          All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012              21
スマートフォン・タブレット端末の活用方法を考
える
隣の席の方と、スマートフォン・タブレット端末がどのようなことに活用できると思うか、
話し合ってください。




                  <発想のヒント>
  社員教育としての             情報を資産化する                                     ツール、事業、企業など
     視点                   視点                                          連携の視点

 例)eラーニングを配信し、   例)名刺情報を取り込み営業                                  例)オンラインストレージ
   資格取得に取り組んで      リストを作成、すぐに検索                                   サービスで社内の提案書
   もらう             できるようにする                                       を共有し、どこにいても
                                                                  利用できるようにする
             All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012                 22
新・三種の神器[動画]


                                                    動画
                  動き、音声で伝えるため、文字よりも理解しやすく、インパ
                  クトもある。 YouTube やニコニコ動画など、動画共有サイト
                  の利用者も多く、 Web 上で拡散しやすい。




活用できないと感じる理
     由

 ・高い費用で制作したため(映像)、古い情報のまま作り直せない
 ・動画コンテンツは持っているものの、たくさんの人に見てもらう方法が
  わからない
 ・何をどのように動画にすればよいのかがわからない
                                                                 ・・・ etc.



          All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012              23
動画の活用方法を考える
 隣の席の方と、動画がどのようなことに活用できると思うか、話し合ってください。




                 <発想のヒント>
 社員教育としての             情報を資産化する                                     ツール、事業、企業など
    視点                   視点                                          連携の視点

例)経営者から、毎週社内に     例)お客様の声を集め、 Web                              例)商品のデモ動画を作り、
  メッセージを配信する        サイトに掲載する                                     販売パートナーに利用
                                                                 してもらう


            All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012                 24
10 通りの活用方法を考えましょう。
導入している/導入を検討している IT ツールについて、 10 通りの活用方法を考えてください。
〈




視     社員教育                  情報の資産化
                                                                     ツール、事業、企業など
点                                                                        連携
〉




              業績アップ
              All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012                 25

More Related Content

What's hot

IT VALUE EXPERTS会社案内資料
IT VALUE EXPERTS会社案内資料IT VALUE EXPERTS会社案内資料
IT VALUE EXPERTS会社案内資料
IT VALUE EXPERTS Inc.
 
(続)Itプロジェクトマネジメント成功のための勘どころ 20140318
(続)Itプロジェクトマネジメント成功のための勘どころ 20140318(続)Itプロジェクトマネジメント成功のための勘どころ 20140318
(続)Itプロジェクトマネジメント成功のための勘どころ 20140318
ITinnovation
 
[G-Tech2015]攻めのITとは、それを実現する人材とは ~IT関係者は期待されている!そして期待に応えるために!~ - 日本情報システム・ユーザ...
[G-Tech2015]攻めのITとは、それを実現する人材とは ~IT関係者は期待されている!そして期待に応えるために!~ -  日本情報システム・ユーザ...[G-Tech2015]攻めのITとは、それを実現する人材とは ~IT関係者は期待されている!そして期待に応えるために!~ -  日本情報システム・ユーザ...
[G-Tech2015]攻めのITとは、それを実現する人材とは ~IT関係者は期待されている!そして期待に応えるために!~ - 日本情報システム・ユーザ...
Trainocate Japan, Ltd.
 
[G-Tech2015]攻めのIT経営銘柄に選ばれたアサヒグループホールディングス様の基幹刷新への取り組み ~MCFrameによる基幹システム刷新事例 F...
[G-Tech2015]攻めのIT経営銘柄に選ばれたアサヒグループホールディングス様の基幹刷新への取り組み ~MCFrameによる基幹システム刷新事例 F...[G-Tech2015]攻めのIT経営銘柄に選ばれたアサヒグループホールディングス様の基幹刷新への取り組み ~MCFrameによる基幹システム刷新事例 F...
[G-Tech2015]攻めのIT経営銘柄に選ばれたアサヒグループホールディングス様の基幹刷新への取り組み ~MCFrameによる基幹システム刷新事例 F...
Trainocate Japan, Ltd.
 
211101_DXの基礎
211101_DXの基礎211101_DXの基礎
211101_DXの基礎
Masanori Saito
 
It業界理解
It業界理解It業界理解
It業界理解Jun Chiba
 
ITプレナーズ社オンラインセミナー講演資料_Why ITSM?_20210421
ITプレナーズ社オンラインセミナー講演資料_Why ITSM?_20210421ITプレナーズ社オンラインセミナー講演資料_Why ITSM?_20210421
ITプレナーズ社オンラインセミナー講演資料_Why ITSM?_20210421
IT VALUE EXPERTS Inc.
 
211101_LiBRA_DX
211101_LiBRA_DX211101_LiBRA_DX
211101_LiBRA_DX
Masanori Saito
 
第9回八子クラウド座談会資料 20121208
第9回八子クラウド座談会資料 20121208第9回八子クラウド座談会資料 20121208
第9回八子クラウド座談会資料 20121208
知礼 八子
 
超高速開発の基礎概念 20141119 0
超高速開発の基礎概念 20141119 0超高速開発の基礎概念 20141119 0
超高速開発の基礎概念 20141119 0
正善 大島
 
Pmi日本フォーラム2015講演資料(アイ・ティ・イノベーション 井上英明) v1.0_講演用_カスタマイズ
Pmi日本フォーラム2015講演資料(アイ・ティ・イノベーション 井上英明) v1.0_講演用_カスタマイズPmi日本フォーラム2015講演資料(アイ・ティ・イノベーション 井上英明) v1.0_講演用_カスタマイズ
Pmi日本フォーラム2015講演資料(アイ・ティ・イノベーション 井上英明) v1.0_講演用_カスタマイズ
ITinnovation
 
IT関連コストの最適化コンサルティング・サービス
IT関連コストの最適化コンサルティング・サービスIT関連コストの最適化コンサルティング・サービス
IT関連コストの最適化コンサルティング・サービス
sinrock
 
[G-Tech2015]攻めのITに必要なITサービスマネジメント人材と組織 - 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック[講演資料]
[G-Tech2015]攻めのITに必要なITサービスマネジメント人材と組織 - 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック[講演資料][G-Tech2015]攻めのITに必要なITサービスマネジメント人材と組織 - 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック[講演資料]
[G-Tech2015]攻めのITに必要なITサービスマネジメント人材と組織 - 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック[講演資料]
Trainocate Japan, Ltd.
 
基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」Cybozucommunity
 
B2Bデジタルマーケティング最前線 〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
B2Bデジタルマーケティング最前線〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜B2Bデジタルマーケティング最前線〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
B2Bデジタルマーケティング最前線 〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
MKT International Inc.
 
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
Tokoroten Nakayama
 
日本のシステム開発とDevOpsテクノロジ
日本のシステム開発とDevOpsテクノロジ日本のシステム開発とDevOpsテクノロジ
日本のシステム開発とDevOpsテクノロジ
Takashi Niwa
 
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
Tokoroten Nakayama
 

What's hot (20)

IT VALUE EXPERTS会社案内資料
IT VALUE EXPERTS会社案内資料IT VALUE EXPERTS会社案内資料
IT VALUE EXPERTS会社案内資料
 
(続)Itプロジェクトマネジメント成功のための勘どころ 20140318
(続)Itプロジェクトマネジメント成功のための勘どころ 20140318(続)Itプロジェクトマネジメント成功のための勘どころ 20140318
(続)Itプロジェクトマネジメント成功のための勘どころ 20140318
 
[G-Tech2015]攻めのITとは、それを実現する人材とは ~IT関係者は期待されている!そして期待に応えるために!~ - 日本情報システム・ユーザ...
[G-Tech2015]攻めのITとは、それを実現する人材とは ~IT関係者は期待されている!そして期待に応えるために!~ -  日本情報システム・ユーザ...[G-Tech2015]攻めのITとは、それを実現する人材とは ~IT関係者は期待されている!そして期待に応えるために!~ -  日本情報システム・ユーザ...
[G-Tech2015]攻めのITとは、それを実現する人材とは ~IT関係者は期待されている!そして期待に応えるために!~ - 日本情報システム・ユーザ...
 
[G-Tech2015]攻めのIT経営銘柄に選ばれたアサヒグループホールディングス様の基幹刷新への取り組み ~MCFrameによる基幹システム刷新事例 F...
[G-Tech2015]攻めのIT経営銘柄に選ばれたアサヒグループホールディングス様の基幹刷新への取り組み ~MCFrameによる基幹システム刷新事例 F...[G-Tech2015]攻めのIT経営銘柄に選ばれたアサヒグループホールディングス様の基幹刷新への取り組み ~MCFrameによる基幹システム刷新事例 F...
[G-Tech2015]攻めのIT経営銘柄に選ばれたアサヒグループホールディングス様の基幹刷新への取り組み ~MCFrameによる基幹システム刷新事例 F...
 
211101_DXの基礎
211101_DXの基礎211101_DXの基礎
211101_DXの基礎
 
It業界理解
It業界理解It業界理解
It業界理解
 
ITプレナーズ社オンラインセミナー講演資料_Why ITSM?_20210421
ITプレナーズ社オンラインセミナー講演資料_Why ITSM?_20210421ITプレナーズ社オンラインセミナー講演資料_Why ITSM?_20210421
ITプレナーズ社オンラインセミナー講演資料_Why ITSM?_20210421
 
211101_LiBRA_DX
211101_LiBRA_DX211101_LiBRA_DX
211101_LiBRA_DX
 
第9回八子クラウド座談会資料 20121208
第9回八子クラウド座談会資料 20121208第9回八子クラウド座談会資料 20121208
第9回八子クラウド座談会資料 20121208
 
超高速開発の基礎概念 20141119 0
超高速開発の基礎概念 20141119 0超高速開発の基礎概念 20141119 0
超高速開発の基礎概念 20141119 0
 
Pmi日本フォーラム2015講演資料(アイ・ティ・イノベーション 井上英明) v1.0_講演用_カスタマイズ
Pmi日本フォーラム2015講演資料(アイ・ティ・イノベーション 井上英明) v1.0_講演用_カスタマイズPmi日本フォーラム2015講演資料(アイ・ティ・イノベーション 井上英明) v1.0_講演用_カスタマイズ
Pmi日本フォーラム2015講演資料(アイ・ティ・イノベーション 井上英明) v1.0_講演用_カスタマイズ
 
IT関連コストの最適化コンサルティング・サービス
IT関連コストの最適化コンサルティング・サービスIT関連コストの最適化コンサルティング・サービス
IT関連コストの最適化コンサルティング・サービス
 
[G-Tech2015]攻めのITに必要なITサービスマネジメント人材と組織 - 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック[講演資料]
[G-Tech2015]攻めのITに必要なITサービスマネジメント人材と組織 - 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック[講演資料][G-Tech2015]攻めのITに必要なITサービスマネジメント人材と組織 - 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック[講演資料]
[G-Tech2015]攻めのITに必要なITサービスマネジメント人材と組織 - 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック[講演資料]
 
基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」基調講演「データのグループウェア化」
基調講演「データのグループウェア化」
 
Case Study | en-Japan
Case Study | en-JapanCase Study | en-Japan
Case Study | en-Japan
 
B2Bデジタルマーケティング最前線 〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
B2Bデジタルマーケティング最前線〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜B2Bデジタルマーケティング最前線〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
B2Bデジタルマーケティング最前線 〜顧客は会社でなく、そこに存在する人である〜
 
立教20121024
立教20121024立教20121024
立教20121024
 
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論
 
日本のシステム開発とDevOpsテクノロジ
日本のシステム開発とDevOpsテクノロジ日本のシステム開発とDevOpsテクノロジ
日本のシステム開発とDevOpsテクノロジ
 
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
ラボラトリーオートメーションのためのソフトウェア思想教育(非プログラマ―が知っておくべきプログラミングの本質)
 

Viewers also liked

Salzburg
SalzburgSalzburg
Salzburg
Umberto Pacheco
 
tai lieu ve nuoi cay thuy sinh
tai lieu ve nuoi cay thuy sinhtai lieu ve nuoi cay thuy sinh
tai lieu ve nuoi cay thuy sinh
Paradise Kiss
 
Exam 3 review
Exam 3 reviewExam 3 review
Exam 3 review
Gale Pooley
 
2013 0715 acirご紹介
2013 0715 acirご紹介2013 0715 acirご紹介
2013 0715 acirご紹介
Yuichi Morito
 
Mollejuo Enter 2013 presentation
Mollejuo Enter 2013 presentationMollejuo Enter 2013 presentation
Mollejuo Enter 2013 presentation
Joanan Hernandez
 
Implikasi sejarah perkembangan persekolahan kepada penentuan hala tujuan
Implikasi sejarah perkembangan persekolahan kepada penentuan hala tujuanImplikasi sejarah perkembangan persekolahan kepada penentuan hala tujuan
Implikasi sejarah perkembangan persekolahan kepada penentuan hala tujuanAmir Ibrahim
 
Elytroderma deformans handout
Elytroderma deformans handoutElytroderma deformans handout
Elytroderma deformans handout
Bill Layton
 
Hen 368 lecture 10 markets
Hen 368 lecture 10 marketsHen 368 lecture 10 markets
Hen 368 lecture 10 markets
Gale Pooley
 
Face to face - Integrating facial coding and survey responses
Face to face - Integrating facial coding and survey responsesFace to face - Integrating facial coding and survey responses
Face to face - Integrating facial coding and survey responses
Kantar
 
ماهو الطاغوت
ماهو الطاغوتماهو الطاغوت
ماهو الطاغوت
jaljasir
 
Vrundavan Apartments at Sangamner
Vrundavan Apartments at SangamnerVrundavan Apartments at Sangamner
Vrundavan Apartments at Sangamner
vasturekha
 
Avonturen met Colla
Avonturen met CollaAvonturen met Colla
Avonturen met Colla
Maarten Koller
 
Caricaturas de famosos
Caricaturas de famososCaricaturas de famosos
Caricaturas de famosos
Umberto Pacheco
 
Eco 202 ch 27 the basic tools of finance part 2
Eco 202 ch 27 the basic tools of finance part 2Eco 202 ch 27 the basic tools of finance part 2
Eco 202 ch 27 the basic tools of finance part 2
Gale Pooley
 
NPO法人学生ネットワークWAN事業計画
NPO法人学生ネットワークWAN事業計画NPO法人学生ネットワークWAN事業計画
NPO法人学生ネットワークWAN事業計画
Yuichi Morito
 
SIF l INDUSTRIAL
SIF l INDUSTRIALSIF l INDUSTRIAL
SIF l INDUSTRIAL
SIG-Saudi Investment Group
 
374 1
374 1374 1
Zorginstelling 3.0
Zorginstelling 3.0Zorginstelling 3.0
Zorginstelling 3.0
Tony Hardenberg
 

Viewers also liked (20)

India
IndiaIndia
India
 
Salzburg
SalzburgSalzburg
Salzburg
 
tai lieu ve nuoi cay thuy sinh
tai lieu ve nuoi cay thuy sinhtai lieu ve nuoi cay thuy sinh
tai lieu ve nuoi cay thuy sinh
 
Exam 3 review
Exam 3 reviewExam 3 review
Exam 3 review
 
2013 0715 acirご紹介
2013 0715 acirご紹介2013 0715 acirご紹介
2013 0715 acirご紹介
 
Mollejuo Enter 2013 presentation
Mollejuo Enter 2013 presentationMollejuo Enter 2013 presentation
Mollejuo Enter 2013 presentation
 
Qt abril 4
Qt abril 4Qt abril 4
Qt abril 4
 
Implikasi sejarah perkembangan persekolahan kepada penentuan hala tujuan
Implikasi sejarah perkembangan persekolahan kepada penentuan hala tujuanImplikasi sejarah perkembangan persekolahan kepada penentuan hala tujuan
Implikasi sejarah perkembangan persekolahan kepada penentuan hala tujuan
 
Elytroderma deformans handout
Elytroderma deformans handoutElytroderma deformans handout
Elytroderma deformans handout
 
Hen 368 lecture 10 markets
Hen 368 lecture 10 marketsHen 368 lecture 10 markets
Hen 368 lecture 10 markets
 
Face to face - Integrating facial coding and survey responses
Face to face - Integrating facial coding and survey responsesFace to face - Integrating facial coding and survey responses
Face to face - Integrating facial coding and survey responses
 
ماهو الطاغوت
ماهو الطاغوتماهو الطاغوت
ماهو الطاغوت
 
Vrundavan Apartments at Sangamner
Vrundavan Apartments at SangamnerVrundavan Apartments at Sangamner
Vrundavan Apartments at Sangamner
 
Avonturen met Colla
Avonturen met CollaAvonturen met Colla
Avonturen met Colla
 
Caricaturas de famosos
Caricaturas de famososCaricaturas de famosos
Caricaturas de famosos
 
Eco 202 ch 27 the basic tools of finance part 2
Eco 202 ch 27 the basic tools of finance part 2Eco 202 ch 27 the basic tools of finance part 2
Eco 202 ch 27 the basic tools of finance part 2
 
NPO法人学生ネットワークWAN事業計画
NPO法人学生ネットワークWAN事業計画NPO法人学生ネットワークWAN事業計画
NPO法人学生ネットワークWAN事業計画
 
SIF l INDUSTRIAL
SIF l INDUSTRIALSIF l INDUSTRIAL
SIF l INDUSTRIAL
 
374 1
374 1374 1
374 1
 
Zorginstelling 3.0
Zorginstelling 3.0Zorginstelling 3.0
Zorginstelling 3.0
 

Similar to IT革命からコミュニティ、コミュニケーション革命に!

0112特別canpass ver6
0112特別canpass ver60112特別canpass ver6
0112特別canpass ver6Yuichi Morito
 
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」naoki ando
 
20141018 osc tokyo2014講演(配布用)
20141018 osc tokyo2014講演(配布用)20141018 osc tokyo2014講演(配布用)
20141018 osc tokyo2014講演(配布用)
マジセミ by (株)オープンソース活用研究所
 
Salesforce crm over_view_2012_0301
Salesforce crm over_view_2012_0301Salesforce crm over_view_2012_0301
Salesforce crm over_view_2012_0301Kohei Nishikawa
 
電通、リクルート、サントリーショッピングクラブ、有名企業がいち早く選んだ kintone を徹底解説
電通、リクルート、サントリーショッピングクラブ、有名企業がいち早く選んだ kintone を徹底解説電通、リクルート、サントリーショッピングクラブ、有名企業がいち早く選んだ kintone を徹底解説
電通、リクルート、サントリーショッピングクラブ、有名企業がいち早く選んだ kintone を徹底解説
Cybozucommunity
 
20111203 第28回WebSig会議_IMJモバイル川畑さん資料
20111203 第28回WebSig会議_IMJモバイル川畑さん資料20111203 第28回WebSig会議_IMJモバイル川畑さん資料
20111203 第28回WebSig会議_IMJモバイル川畑さん資料
WebSig24/7
 
Financial Planner の為のITの活用
Financial Planner の為のITの活用Financial Planner の為のITの活用
Financial Planner の為のITの活用
Kenichi Takeuchi
 
Itca yammer提案110615
Itca yammer提案110615Itca yammer提案110615
Itca yammer提案110615
伸夫 森本
 
『ハイブリッドクラウド研究会』創立について
『ハイブリッドクラウド研究会』創立について『ハイブリッドクラウド研究会』創立について
『ハイブリッドクラウド研究会』創立について
Masahiko Ebisuda
 
NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入shibao800
 
Linked in×採用活動
Linked in×採用活動Linked in×採用活動
Linked in×採用活動
Hirofumi Kasuga
 
201203 smb Facebook Cloud
201203 smb Facebook Cloud201203 smb Facebook Cloud
201203 smb Facebook CloudYuichi Morito
 
IBMのソーシャル・ コンピューティング・ガイドライン
IBMのソーシャル・ コンピューティング・ガイドラインIBMのソーシャル・ コンピューティング・ガイドライン
IBMのソーシャル・ コンピューティング・ガイドライン
Susumu Kurihara
 
20120711 新卒採用総括セミナー
20120711 新卒採用総括セミナー20120711 新卒採用総括セミナー
20120711 新卒採用総括セミナー
URANO HEIYA
 
20120711 facebook採用総括セミナー
20120711 facebook採用総括セミナー20120711 facebook採用総括セミナー
20120711 facebook採用総括セミナー
ITmedia_HR(人事・採用)
 
第11回SIA例会プレゼン資料
第11回SIA例会プレゼン資料第11回SIA例会プレゼン資料
第11回SIA例会プレゼン資料Tae Yoshida
 
Enterprise Socialware faq_201304
Enterprise Socialware faq_201304Enterprise Socialware faq_201304
Enterprise Socialware faq_201304
八木橋 パチ
 

Similar to IT革命からコミュニティ、コミュニケーション革命に! (20)

0112特別canpass ver6
0112特別canpass ver60112特別canpass ver6
0112特別canpass ver6
 
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」
 
20141018 osc tokyo2014講演(配布用)
20141018 osc tokyo2014講演(配布用)20141018 osc tokyo2014講演(配布用)
20141018 osc tokyo2014講演(配布用)
 
Salesforce crm over_view_2012_0301
Salesforce crm over_view_2012_0301Salesforce crm over_view_2012_0301
Salesforce crm over_view_2012_0301
 
電通、リクルート、サントリーショッピングクラブ、有名企業がいち早く選んだ kintone を徹底解説
電通、リクルート、サントリーショッピングクラブ、有名企業がいち早く選んだ kintone を徹底解説電通、リクルート、サントリーショッピングクラブ、有名企業がいち早く選んだ kintone を徹底解説
電通、リクルート、サントリーショッピングクラブ、有名企業がいち早く選んだ kintone を徹底解説
 
20111203 第28回WebSig会議_IMJモバイル川畑さん資料
20111203 第28回WebSig会議_IMJモバイル川畑さん資料20111203 第28回WebSig会議_IMJモバイル川畑さん資料
20111203 第28回WebSig会議_IMJモバイル川畑さん資料
 
ランプライト
ランプライトランプライト
ランプライト
 
Financial Planner の為のITの活用
Financial Planner の為のITの活用Financial Planner の為のITの活用
Financial Planner の為のITの活用
 
Itca yammer提案110615
Itca yammer提案110615Itca yammer提案110615
Itca yammer提案110615
 
『ハイブリッドクラウド研究会』創立について
『ハイブリッドクラウド研究会』創立について『ハイブリッドクラウド研究会』創立について
『ハイブリッドクラウド研究会』創立について
 
NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入
 
Company profile 201210
Company profile 201210Company profile 201210
Company profile 201210
 
Linked in×採用活動
Linked in×採用活動Linked in×採用活動
Linked in×採用活動
 
ndsと要求開発
ndsと要求開発ndsと要求開発
ndsと要求開発
 
201203 smb Facebook Cloud
201203 smb Facebook Cloud201203 smb Facebook Cloud
201203 smb Facebook Cloud
 
IBMのソーシャル・ コンピューティング・ガイドライン
IBMのソーシャル・ コンピューティング・ガイドラインIBMのソーシャル・ コンピューティング・ガイドライン
IBMのソーシャル・ コンピューティング・ガイドライン
 
20120711 新卒採用総括セミナー
20120711 新卒採用総括セミナー20120711 新卒採用総括セミナー
20120711 新卒採用総括セミナー
 
20120711 facebook採用総括セミナー
20120711 facebook採用総括セミナー20120711 facebook採用総括セミナー
20120711 facebook採用総括セミナー
 
第11回SIA例会プレゼン資料
第11回SIA例会プレゼン資料第11回SIA例会プレゼン資料
第11回SIA例会プレゼン資料
 
Enterprise Socialware faq_201304
Enterprise Socialware faq_201304Enterprise Socialware faq_201304
Enterprise Socialware faq_201304
 

More from Yuichi Morito

シェアリングシティ推進協議会説明資料.pdf
シェアリングシティ推進協議会説明資料.pdfシェアリングシティ推進協議会説明資料.pdf
シェアリングシティ推進協議会説明資料.pdf
Yuichi Morito
 
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッションシェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
Yuichi Morito
 
シェアリングサミット2019 in 岡山 第1セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第1セッションシェアリングサミット2019 in 岡山 第1セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第1セッション
Yuichi Morito
 
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッションシェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
Yuichi Morito
 
シェアリングサミット2019 in 岡山 第3セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第3セッションシェアリングサミット2019 in 岡山 第3セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第3セッション
Yuichi Morito
 
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッションシェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018(実績報告書)
九州シェアリングサミット2018(実績報告書)九州シェアリングサミット2018(実績報告書)
九州シェアリングサミット2018(実績報告書)
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 長崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
九州シェアリングサミット2018 in 長崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)九州シェアリングサミット2018 in 長崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
九州シェアリングサミット2018 in 長崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
Yuichi Morito
 
シェアリングエコノミーによる地方創生 ~九州の取り組み事例~
シェアリングエコノミーによる地方創生 ~九州の取り組み事例~シェアリングエコノミーによる地方創生 ~九州の取り組み事例~
シェアリングエコノミーによる地方創生 ~九州の取り組み事例~
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
Yuichi Morito
 
Macromill Questant
Macromill QuestantMacromill Questant
Macromill Questant
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第1セッション(株式会社mazel 代表取締役 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長 株式会社ガ...
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第1セッション(株式会社mazel 代表取締役 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長 株式会社ガ...九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第1セッション(株式会社mazel 代表取締役 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長 株式会社ガ...
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第1セッション(株式会社mazel 代表取締役 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長 株式会社ガ...
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第4セッション(鹿児島県企画部交通政策課 主幹兼航空対策係長 木下 栄一さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第4セッション(鹿児島県企画部交通政策課 主幹兼航空対策係長 木下 栄一さん)九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第4セッション(鹿児島県企画部交通政策課 主幹兼航空対策係長 木下 栄一さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第4セッション(鹿児島県企画部交通政策課 主幹兼航空対策係長 木下 栄一さん)
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(富士通株式会社 デジタルフロント事業本部 デジタルビジネス事業部 ソーシャルエコノミー...
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(富士通株式会社  デジタルフロント事業本部 デジタルビジネス事業部  ソーシャルエコノミー...九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(富士通株式会社  デジタルフロント事業本部 デジタルビジネス事業部  ソーシャルエコノミー...
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(富士通株式会社 デジタルフロント事業本部 デジタルビジネス事業部 ソーシャルエコノミー...
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(株式会社ガイアックスTABICA事業部地方創生室室長 細川 哲星さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(株式会社ガイアックスTABICA事業部地方創生室室長 細川 哲星さん)九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(株式会社ガイアックスTABICA事業部地方創生室室長 細川 哲星さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(株式会社ガイアックスTABICA事業部地方創生室室長 細川 哲星さん)
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(GSE南薩観光株式会社常務取締役 菊永 瞳さん )
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(GSE南薩観光株式会社常務取締役 菊永 瞳さん )九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(GSE南薩観光株式会社常務取締役 菊永 瞳さん )
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(GSE南薩観光株式会社常務取締役 菊永 瞳さん )
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第1セッション(鹿児島県奄美市 産業創出プロデューサー 勝 眞一郎さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第1セッション(鹿児島県奄美市 産業創出プロデューサー 勝 眞一郎さん)九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第1セッション(鹿児島県奄美市 産業創出プロデューサー 勝 眞一郎さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第1セッション(鹿児島県奄美市 産業創出プロデューサー 勝 眞一郎さん)
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム代表 西岡誠)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム代表 西岡誠)九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム代表 西岡誠)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム代表 西岡誠)
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第2セッション(NPO法人TMN北九州 植木理事長)
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第2セッション(NPO法人TMN北九州 植木理事長)九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第2セッション(NPO法人TMN北九州 植木理事長)
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第2セッション(NPO法人TMN北九州 植木理事長)
Yuichi Morito
 
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第1セッション(中小機構 堺井理事)
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第1セッション(中小機構 堺井理事)九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第1セッション(中小機構 堺井理事)
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第1セッション(中小機構 堺井理事)
Yuichi Morito
 

More from Yuichi Morito (20)

シェアリングシティ推進協議会説明資料.pdf
シェアリングシティ推進協議会説明資料.pdfシェアリングシティ推進協議会説明資料.pdf
シェアリングシティ推進協議会説明資料.pdf
 
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッションシェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
 
シェアリングサミット2019 in 岡山 第1セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第1セッションシェアリングサミット2019 in 岡山 第1セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第1セッション
 
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッションシェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
 
シェアリングサミット2019 in 岡山 第3セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第3セッションシェアリングサミット2019 in 岡山 第3セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第3セッション
 
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッションシェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
シェアリングサミット2019 in 岡山 第2セッション
 
九州シェアリングサミット2018(実績報告書)
九州シェアリングサミット2018(実績報告書)九州シェアリングサミット2018(実績報告書)
九州シェアリングサミット2018(実績報告書)
 
九州シェアリングサミット2018 in 長崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
九州シェアリングサミット2018 in 長崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)九州シェアリングサミット2018 in 長崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
九州シェアリングサミット2018 in 長崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
 
シェアリングエコノミーによる地方創生 ~九州の取り組み事例~
シェアリングエコノミーによる地方創生 ~九州の取り組み事例~シェアリングエコノミーによる地方創生 ~九州の取り組み事例~
シェアリングエコノミーによる地方創生 ~九州の取り組み事例~
 
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム 代表 西岡誠さん)
 
Macromill Questant
Macromill QuestantMacromill Questant
Macromill Questant
 
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第1セッション(株式会社mazel 代表取締役 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長 株式会社ガ...
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第1セッション(株式会社mazel 代表取締役 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長 株式会社ガ...九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第1セッション(株式会社mazel 代表取締役 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長 株式会社ガ...
九州シェアリングサミット2018 in 宮崎 第1セッション(株式会社mazel 代表取締役 一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長 株式会社ガ...
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第4セッション(鹿児島県企画部交通政策課 主幹兼航空対策係長 木下 栄一さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第4セッション(鹿児島県企画部交通政策課 主幹兼航空対策係長 木下 栄一さん)九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第4セッション(鹿児島県企画部交通政策課 主幹兼航空対策係長 木下 栄一さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第4セッション(鹿児島県企画部交通政策課 主幹兼航空対策係長 木下 栄一さん)
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(富士通株式会社 デジタルフロント事業本部 デジタルビジネス事業部 ソーシャルエコノミー...
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(富士通株式会社  デジタルフロント事業本部 デジタルビジネス事業部  ソーシャルエコノミー...九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(富士通株式会社  デジタルフロント事業本部 デジタルビジネス事業部  ソーシャルエコノミー...
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(富士通株式会社 デジタルフロント事業本部 デジタルビジネス事業部 ソーシャルエコノミー...
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(株式会社ガイアックスTABICA事業部地方創生室室長 細川 哲星さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(株式会社ガイアックスTABICA事業部地方創生室室長 細川 哲星さん)九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(株式会社ガイアックスTABICA事業部地方創生室室長 細川 哲星さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第2セッション(株式会社ガイアックスTABICA事業部地方創生室室長 細川 哲星さん)
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(GSE南薩観光株式会社常務取締役 菊永 瞳さん )
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(GSE南薩観光株式会社常務取締役 菊永 瞳さん )九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(GSE南薩観光株式会社常務取締役 菊永 瞳さん )
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(GSE南薩観光株式会社常務取締役 菊永 瞳さん )
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第1セッション(鹿児島県奄美市 産業創出プロデューサー 勝 眞一郎さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第1セッション(鹿児島県奄美市 産業創出プロデューサー 勝 眞一郎さん)九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第1セッション(鹿児島県奄美市 産業創出プロデューサー 勝 眞一郎さん)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第1セッション(鹿児島県奄美市 産業創出プロデューサー 勝 眞一郎さん)
 
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム代表 西岡誠)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム代表 西岡誠)九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム代表 西岡誠)
九州シェアリングサミット2018 in 鹿児島 第3セッション(九州周遊観光活性化コンソーシアム代表 西岡誠)
 
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第2セッション(NPO法人TMN北九州 植木理事長)
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第2セッション(NPO法人TMN北九州 植木理事長)九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第2セッション(NPO法人TMN北九州 植木理事長)
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第2セッション(NPO法人TMN北九州 植木理事長)
 
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第1セッション(中小機構 堺井理事)
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第1セッション(中小機構 堺井理事)九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第1セッション(中小機構 堺井理事)
九州シェアリングサミット2018 in 熊本 第1セッション(中小機構 堺井理事)
 

IT革命からコミュニティ、コミュニケーション革命に!

  • 1. 振り返れば見えてくる、 自社のIT活用効果と今後の取り組 み ~中小企業の IT 活用 総括 10 年~ 森戸裕一 ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役 ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役 http://www.tisiki.net/ http://www.tisiki.net/ 一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 事務局長 一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 事務局長 http://www.biz-solution.org/ http://www.biz-solution.org/
  • 2. プロフィール 一般社団法人 日本中小企業情報化支援協議会 事務局長 ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役 http://www.tisiki.net/ 森戸 裕一 http://www.biz-solution.org/ セミナー・研修講師実績 専門分野 商工会議所様主催 IT活用セミナー 戦略的人材育成(人材育成・人材採用) 公的団体主催  Facebook ビジネス活用セミナー 戦略的企業情報化戦略(ERP、SFA、CRM、ナレッジマネジメント) 中小企業団体中央会様主催 人材育成セミナー IT経営手法(中小・中堅企業経営革新) マイクロソフト様 IT実践塾(経営者セミナー:全国47都道府県) インターネット活用技術(Webマーケティング、セキュリティ) マイクロソフト様 ERP導入セミナー基調講演 CGM活用によるコミュニティ型ビジネス創造 マイクロソフトカンファレンス クライアントシステム導入成功事例紹介 インターネットを活用した教育システム構築( e-Learning ) マイクロソフト様 パートナー向け営業担当者向け実践トレーニング マイクロソフト様 パートナー向け戦略的情報共有セミナー 日本ヒューレット・パッカード様 中堅市場向け情報化セミナー コンサルティング活動 日本ヒューレット・パッカード様 パートナー向けカンファレンス 基調講演 富士通パートナー企業様 ソリューションフェア講演 組織改革(人材育成、情報共有、コミュニケーション) 富士通様 組織内情報共有研修 人材採用(採用支援、内定者研修、新人研修) 富士通ファミリ会様 組織活性化セミナー 営業システム導入(販売戦略、営業担当者研修) NEC様、大塚商会様主催 IT経営セミナー IT戦略策定(中小・中堅企業向けIT戦略) 東芝様 管理職向け情報戦略立案研修(ナレッジマネジメント) ベンチャー企業支援(企画、マーケティング、営業戦略) パナソニック様 上級幹部社員研修(最新技術動向) ソフトバンククリエイティブ様 中堅中小企業競争力強化実践セミナー 基調講演 ソフトバンクBB ビジネス・パートナーセミナー 2007 秋 基調講演 その他活動 オービックビジネスコンサルタント様 奉行フォーラム講演 コマツ製作所様 インターネット戦略策定研修 教育工学会企業内研究部会(会員) 河北新報社様主催 東北ビジネスフォーラム 基調講演 日本ビジネスモデル学会(会員) ホンダ技研様 戦略的人材育成に関する講演 早稲田大学IT戦略研究所リーダーズフォーラム(会員) インフォコム様 企業コンテンツ管理による『見える化』セミナー サイバー大学 客員教授 他多数 All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 2
  • 3. ビジネスの ” 三種の神器 ” 10 年前、 5 年前、そして現在 自社のIT活用度と成果、動機と使い方を振り返 る
  • 4. 10 年前、三種の神器 インターネッ インターネッ LAN LAN 電子メール 電子メール ト ト <当時、重要とされていたこと> 社外から社内の情報に 経営者が全社の情報を 迅速に低コストで アクセスすること、 把握すること 伝達すること 取引先や顧客との情報の やりとりができること All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 4
  • 5. 新・三種の神器とは スマートフォン スマートフォン SNS SNS タブレット端末 動画 動画 タブレット端末 <今、重視すべきこと> 顧客、企業と どこにでも持ち運べ、 情報を コミュニケーション 商品・サービスの リアルタイムに コラボレーション 利用イメージを持って わかりやすく すること もらえること 届けられること All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 5
  • 6. 自社の IT 活用度を振り返る ▼  企業の情報システム活用の段階( IT 化ステージ) 出所:経済産業省、電子商取引推進協議会、野村総合研究所 「平成 14 年度我が国企業の IT 化に対応する企業経営の分析」より All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 6
  • 7. 自社の IT 活用度を振り返る 次の表を使って、自社の IT 活用につ いて振り返りを行ってください。 「活用度」は次の5段階で評価してください。 5 :十分に活用した  4 :まぁ活用したといえる  3 :どちらともいえない  2 :一部しか活用していない  1 :ほぼ活用 していない IT ツール等 導入年 導入費 運用費 動機、きっかけ 活用度 インターネット環境 電子メール 会計ソフト 業務用ソフト 共有サーバ 自社サイト ブログ グループウェア e コマース:電子商取引 ノート PC など モバイル環 境 SFA :営業管理ツール クラウドサービス Skype など インターネット電話 Facebook など 各種 SNS スマートフォン タブレット端末 その他 All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 7
  • 8. 振り返ってみましょう 成果につながった IT ツール等 意味がなかった IT ツール等 ↓ ↓ 成功要因は何だと思いますか? 失敗要因は何だと思いますか? All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 8
  • 9. 自社の成功法則を見出す 全社で使いこなすまでの導入ステップを考えましょう 。 例 自社の場合 ・社内で担当者を決める 検討期 ・ 3 つのツールを候補にあげ、比較検討し て絞り込む ・試用版を一部の社員で利用する 導入期 ・活用モデルをつくって全員に共有 ・利用におけるルールを策定する ・ある程度決められた使い方で利用する 運用期 ・定期的な勉強会を開催する ・新しい活用方法を提案させる 活用期 ・連携して活用できるツール、拡張機能の 利用を検討する All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 9
  • 10. IT活用で売れる仕組み構築に たどりつく道のりと分岐点 ” 無料 ” に魅かれ続けた中小企業、 IT 活用の顛末
  • 11. 無料ツール導入でありがちな失敗 「無料だから」という理由でツールを選択すると・・・ 運用にも当然、費用はかけないので「使えない」 例) Twitter を利用しているが、一社員(素人)が運用しているので フォロワーを増やせない 使わなくてもマイナスにはならないので「使えない」 「これだけのコストをかけたんだから・・・」というプレッシャーがなく、 無理にアイデアを出して使わなくてもよい、使えないツールだ、という判断になる All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 11
  • 12. そもそも、無料ツールは使えるのか? 用途 例 効果 活用には ・ Facebook すぐに利用者が増えるので プロに運用をサポート ・ Twitter 、初期に取り組んだ企業の してもらう、何らかの 社外への ・無料ブログ 一人勝ち状態。 有料ツールとの連携、 情報発信 ・無料ホームページ 後で取り組むほど、効果を 広告出稿などの投資が 他 感じるのは難しくなる。 必要。 ・無料オンライン  ストレージ 使用できる機能や期間が制 社内の ・ Evernote 無料版 限されているため、効果が 有料版の利用が必要。 情報活用 ・グループウェアや 実感できるレベルまで活用 SFA 等の試用版 するのは難しい。 他 無料で効果が出るのであれば、 有料サービスは存在しないと考えるのが妥当 All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 12
  • 13. 変革を阻む、現状維持バイアス 人間はよほど強い動機がない限り、 「今の状況を変えて何かを失うくらいなら、今のままがいい」 という心理が働く || 現状維持バイアスが起きる 10 年前の対処法 これから 10 年の対処法 業務プロセスを大幅に 10 通りのアイデアを考 変え、 IT を活用した えてからの IT 活用。 仕事のやり方に変革せ “ 改善 ” の発想ではなく ざるを得ない状況をつ 、“その時 ” うまくいく くる。 “新しい ” やり方、それ を考えることを習慣化 する。 All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 13
  • 14. 5 年前、 10 年前に言われていたこと セカンドライフで新しいビジネス空間ができる セカンドライフで新しいビジネス空間ができる 携帯キャリアの公式サイトに掲載されると自社 Web サイトに集客 携帯キャリアの公式サイトに掲載されると自社 Web サイトに集客 できる できる チーム内のコミュニケーションに はメーリングリストを活用 チーム内のコミュニケーションにはメーリングリストを活用 PDA (インターネット接続不可)の活用で営業活動が円滑になる PDA (インターネット接続不可)の活用で営業活動が円滑になる メールマーケティングは不特定多数にとにかく送信 メールマーケティングは不特定多数にとにかく送信 今、「取り組むべき」と言われていることも、 5 年後、 10 年後に は 当たり前のこと、あまり意味がないことになる可能性がある。 変化の激しい今の時代、正解と言えるやり方は ない All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 14
  • 15. IT 活用成功の鍵は“発想 ” 制約がある無料の IT ツールを与えられて・・・ 業務・ビジネスに活用するアイデアが次々に湧く人 || 経験者、専門家 中小企業の一社員にそれを求めてもほぼ期待できない IT 活用がうまくいくための方法は・・・ 活用に耐え得る有料のツールを検討し、 「どのようなことに活用できるか?」 既存の枠にとらわれず、 複数の視点でたくさんのアイデアを出す All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 15
  • 16. 成果を手にする未来をつくるI T活用の見直しとこれからの使 い方 ヒントは一つ、やり方は 10 通り、 自社に合う方法の判断基準
  • 17. 何を“成果 ” とするか 1 章で振り返り、「意味がなかった」「成果が出なかった」とした IT ツールは、本当に何ももたらさなかったのか? 継続すれば成果が出た可能性はないか? 成果の例)  部下と、共通の認識を持った言葉で会話ができるようになった  訪問できるお客様の件数が増えた  Web サイトの訪問者数が増えた  問合せの件数が増えた  部下からの質問が具体的になった  連絡がつかないことによるストレスが軽減した 売上や利益の増加に直結していなくても、そこにつながる ステップの一つであれば、成果として考えたほうが良い All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 17
  • 18. 判断基準を考える 継続して活用度合いを上げていくためには、 ステージごとに“成果 ” を決める 社員の活用度だけでなく、 【期間】例) 1 年間は利用してみる Stage4 :活用期 Stage4 :活用期 【投資額】例)○○万円まではかける SFA 導入の例)担当者自ら、不足のリード 数を把握し、対策を提案するようになる など、判断する際の 条件も考える Stage3 :運用期 Stage3 :運用期 SFA 導入の例)遅延なく営業担当者全員が情報を入力する Stage2 :導入期 Stage2 :導入期 SFA 導入の例)営業責任者が営業プロセスを確認するための数字を“読める”ようになる Stage1 :検討期 Stage1 :検討期 SFA 導入の例)最低限、“見たい”数字を決める All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 18
  • 19. 新・三種の神器[SNS] SNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービ ス) Web サイト上でコミュニティを形成することができるサービ ス。人と人、企業がつながり、コミュニケーションを深めて いくための様々な機能がある。 活用できないと感じる理 由 ・プライベートの内容が多く、ビジネスにおいて活用する場合の情報の出 し方がよくわからない ・企業ページを作ることで、集客できる・商品が売れると考えている ・活用目的があいまいすぎる ・利用用途の視野が狭すぎる ・・・ etc. All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 19
  • 20. SNSの活用方法を考える 隣の席の方と、SNSがどのようなことに活用できると思うか、話し合ってください。 <発想のヒント> 社員教育としての 情報を資産化する ツール、事業、企業など 視点 視点 連携の視点 例)社内のグループを作り、 例)コミュニティのテーマに 例)会社の Web サイトに誘導し、   競合の情報を提供し合う   関心を示した人を分析する   閲覧者数を増やす All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 20
  • 21. 新・三種の神器[スマートフォン・タブレット端 末] スマートフォン・タブレット端末 持ち運びやすく、タッチパネルで操作する。インターネット に接続でき、電子メール、動画の録画・再生、電子書籍の閲 覧など、様々なことに利用できる。 活用できないと感じる理 由 ・書類を電子化したまでに留まり、パンフレットやカタログ以外の使い方 がわからない ・会社から支給したのみで、活用方法、管理方法が属人的になっている ・便利なアプリケーションを知らない ・・・ etc. All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 21
  • 22. スマートフォン・タブレット端末の活用方法を考 える 隣の席の方と、スマートフォン・タブレット端末がどのようなことに活用できると思うか、 話し合ってください。 <発想のヒント> 社員教育としての 情報を資産化する ツール、事業、企業など 視点 視点 連携の視点 例)eラーニングを配信し、 例)名刺情報を取り込み営業 例)オンラインストレージ   資格取得に取り組んで   リストを作成、すぐに検索   サービスで社内の提案書   もらう   できるようにする   を共有し、どこにいても   利用できるようにする All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 22
  • 23. 新・三種の神器[動画] 動画 動き、音声で伝えるため、文字よりも理解しやすく、インパ クトもある。 YouTube やニコニコ動画など、動画共有サイト の利用者も多く、 Web 上で拡散しやすい。 活用できないと感じる理 由 ・高い費用で制作したため(映像)、古い情報のまま作り直せない ・動画コンテンツは持っているものの、たくさんの人に見てもらう方法が わからない ・何をどのように動画にすればよいのかがわからない ・・・ etc. All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 23
  • 24. 動画の活用方法を考える 隣の席の方と、動画がどのようなことに活用できると思うか、話し合ってください。 <発想のヒント> 社員教育としての 情報を資産化する ツール、事業、企業など 視点 視点 連携の視点 例)経営者から、毎週社内に 例)お客様の声を集め、 Web 例)商品のデモ動画を作り、   メッセージを配信する   サイトに掲載する   販売パートナーに利用   してもらう All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 24
  • 25. 10 通りの活用方法を考えましょう。 導入している/導入を検討している IT ツールについて、 10 通りの活用方法を考えてください。 〈 視 社員教育 情報の資産化 ツール、事業、企業など 点 連携 〉 業績アップ All Rights Reserved, Copyright © ナレッジネットワーク株式会社 2012 25

Editor's Notes

  1. http://www.fukunet.or.jp/event2/detail.cgi?eid=1087 振り返れば見えてくる、自社のIT活用効果と今後の取り組み   ~中小企業の IT 活用 総括 10 年~ 日時   平成 24 年 11 月 13 日(火) 13 : 30 ~ 16 : 30 場所   福岡商工会議所 会議室