Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!

49,183 views

Published on

第二回品川RedmineLT資料です。

Published in: Technology
0 Comments
21 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
49,183
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
36,392
Actions
Shares
0
Downloads
100
Comments
0
Likes
21
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!

  1. 1. Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!!2012/1/21 高倉利明 @ TrinityT
  2. 2. はじめに● 2008年からRedmineで様々なプロジェクト管理を行ってきた。● 中には凄く忙しい案件、危機一髪な案件もあり。 →こういうケースでのチケット運用の肝が見えてきている →自分の経験を一回フィードバックしておきたい 注:あくまでもテンパる前に何とかするのが         プロジェクト管理の理想です!
  3. 3. ケーススタディ● 状況(よくありがちなケース)● どう対処するべきか?
  4. 4. 状況 (よくありがちなケース):その1● 終了済みバグ、タスクがRedmineに大量に山積みされている● 優先度や期日が有名無実化● チケットの粒度があいまい (一週間かかるものまである)● なぜかExcelやGoogleドキュメントが併用して使われている。 ※ある時点でのチケット一覧をCSVで出力。    顧客から言われて作ってしまったケースが多い。
  5. 5. 状況 (よくありがちなケース):その2● 次から次へとタスクやバグが追加される → 終わりが見えないので各担当者のモチベーションも低下● 大量のチケットの担当者が同じ人になっている →使命感のため(案件に最初から参加していた自分がやらな きゃ。。。)● みんな終電帰り →自分のタスクが終わっても帰れる雰囲気じゃない ● しかしリリース日は変えられない →既にプレスリリースしてしまった等。SI案件だと顕著
  6. 6. どう対処するべきか?大事なのは2点● トリアージ ● 効率化
  7. 7. トリアージ本全体からたった一言だけ覚えるとすれば、それはトリアージである。    [ エドワード・ヨードン「デスマーチ」 ] ● 限られた人的資源で納期を順守するために、作業に 優先/非優先の順位をつけなければならない。これ がシステム開発におけるトリアージである。   [@IT   情報マネジメント用語事典より]● 「スコープ(機能)」「予算(人員)」「時間」「品質」 を調整
  8. 8. トリアージ● プロジェクトがテンパると、無駄な作業を増やそうとす る力が働く。 → 突っぱねるための代替案が必要 ○ 一日ごとの作業状況報告書をExcelで提出しろ ○ 毎日一時間進捗報告会議 ○ ...etc● 不必要なコミュニケーションコストを最大限削る →本当に必要な作業と コミュニケーションに注力● メンバーのモチベーションUP
  9. 9. 戦略1:チケット整理● チケットの初期化● 優先度&未担当カスタムクエリ 
  10. 10. チケットの初期化step1:チケットの棚卸し+全てのタスクのチケット化● チケットの集約&棚卸し (1日潰してでも徹底して実施) ○ 他のツール管理タスクも全てRedmineに一本化 ○ 最小チケット発行の目安は5分以上かかる作業● 重いタスクやバグは分割 ○ 目安は1日で終わる単位に ○ 親子チケットは便利だが運用コスト+メンバーのリテラシがそ れなりに必要。無理ならやめた方が良い ○ 特にバグは親子チケットを使わない方が良い →バグ原因によって親子関係が変わる可能性が高い
  11. 11. チケットの初期化step2:担当者「<社名> 未担当」を作成して設定● 複数社が関わるSIでは、担当者を空欄にするとどの会社がボー ルを持っているか不明になる● 全てのチケットを最初に一回未担当にする。  → チケットを抱えこんでしまった人は気づかないが、     ほとんどのタスクは代わりに出来る人がいる
  12. 12. チケットの初期化step3:優先度、開始日、期限日の設定● この時点では判断が難しいが、設定しないよりは遙かに良い。あ る程度アバウトに。● 開始日は以外と重要 ○ 現時点で必要ない作業に取りかからない ○ タスクを終わらせるための開始の目安● 「優先度:低のチケットは無視する可能性大」 ということを関係者に伝えておく。
  13. 13. 優先度&未担当カスタムクエリ[優先度別+未担当]のカスタムクエリを三つ作成
  14. 14. 戦略2:チケット運用● チケット管理者を立てる● チケット運用フローの簡略化
  15. 15. チケット管理者を立てる● チケット管理全般を担当する ○ 優先度、開始日、期日等の調整 ○ 特別なタスクの担当者割り振り ○ その他雑用 = 煩わしい作業を一手に引き受ける● 理想は専用担当者 ○ 切羽詰まった案件ではチケット管理が最重要になるので、 重いバグ修正やタスクを兼務しない方が良い
  16. 16. チケット運用フローの簡略化各担当者が以下の簡略化フローで回す。 1. 前述した三つのカスタムクエリのチケットから「優先度が高い 順」「自分が対応できる」ものを担当者:自分担当にする。 併せて期限日を現実的な再設定する。 2. タスクを潰す 3. 作業完了後、担当者:チケット管理者にして終了 ○ 完了時コメントはテンプレ化 (バグ原因&修正方法) ○ この後はチケット管理者が対応 ■ チケットステータス変更 ■ 担当者割り振り(顧客、バグ報告者)...etc
  17. 17. 戦略の効果● 「トリアージ」の観点 ● 「効率化」の観点 
  18. 18. 「トリアージ」の観点 ● 「優先度順で処理される」システム →チケットを切る際の手間や、重要タスクの伝達漏れが減少● 残っているタスクの見える化 →顧客との期限日までに作らない機能や修正しないバグの交渉 がしやすくなる
  19. 19. 「効率化」の観点 ● カスタムクエリでプロジェクトの進捗状況把握が容易になる →進捗報告等の手間が省ける。● 各担当者が自発的にタスクを選ぶ ○ 人から言われたタスクより遙かにモチベーションが高い ○ 担当者のレベルに応じて作業を割り振る手間が省ける ○ 一時的なヘルプ要員などにタスクを割り振りやすい● 期限日を担当者自身が決める ○ 進捗遅れの発生が減少 ○ 少なからず自分でスケジュールを組める →モチベーションアップ(頑張って今日は早く帰るぞ!)
  20. 20. さいごに 何よりも大事なのは モチベーション!
  21. 21. ご静聴 ありがとうございました!

×