SlideShare a Scribd company logo
1 of 73
Download to read offline
Shimadzu Business Systems
株式会社 島津ビジネスシステムズ 赤羽根 州晴
MySQL勉強会 in 大阪 #5 2013年11月7日
Copyright (c) Shimadzu Business Systems All Rights Reserved.
Redmine + MySQL
応答性能の調査結果と対策
~ 200万チケット、画面応答100ms/req
を想定したチューニング~
※最新情報を反映したスライドをUploadしました。以下のURLをご参照ください。 

Redmineチューニングの実際と限界 (2016-03)
http://www.slideshare.net/kakahane/redmine-48214015

旧資料(2012-10)

情報システム部門のタスク管理管理

~ITS応答性能の調査結果と対策~

http://www.slideshare.net/kakahane/rx-tstudy6
・赤羽根 州晴(@akahane92)
・島津製作所 業務系システム子会社
 → 開発技術者
 
Shimadzu Business Systems
話者紹介
  → 障害対策専任
  → 内部統制
   → 基盤技術標準化 (現在)
3
参加団体
・JaSST関西
・RxTstudy
・AFFORDD 関西部会
・京都アジャイル勉強会
・WARAIテスト勉強会
Shimadzu Business Systems
4
ありがとう。
Shimadzu Business Systems
5
1)応答性能低下の回避
      Redmine + MySQL5.6
      200万チケット, 100ms/req
2)暖機運転の時間短縮
      MySQL5.6 新機能
      BufferPool 終了時Dump & 起動時Load
3)その他の対策
      Ruby2.0, Passenger4 (OOBW-GC)
      通信遅延回避
今日お話しすること
[*1]
[*3]
[*2]
Shimadzu Business Systems
6
Redmine, MySQL
運用者は?
教えてください!
遅いと感じている方は?
性能チューニングの
ご経験者は?
→ Redmine 60%
→ MySQL 90%
→ Redmine 20%
→ 70%
Shimadzu Business Systems
7
背景紹介 (簡単に)
Shimadzu Business Systems
8
島津製作所グループ
 (国内外拠点 57カ所)
背景
Shimadzu Business Systems
9
背景 - 課題管理モデル2
 課題 3 ~ 課題・要望
問合せ受付
調査と確認
状況報告
方針決定
対処と確認
結果報告
時間
 課題 2 ~ トラブル
問合せ受付
調査と確認
状況報告
方針決定
対処と確認
結果報告
時間
 課題 1 ~ タスク
問合せ受付
調査と確認
状況報告
方針決定
対処と確認
結果報告
時間
複数
ユーザー複数
ユーザー
複数の
国内外支社
・販社
担当者
複数
ユーザー複数
ユーザー
複数の
国内外部門
・担当者
N  :  N  :  N
l Global Issue Tracking System
Shimadzu Business Systems
10
背景 - 運営状況
業務システム
103種
利用者
7000人
案件36000
件
改版(コミット)
20500回
1783
KLOC
開発運用
200人
/年
/年
/年
自動生成コード含む
Shimadzu Business Systems
11
背景 - 運営状況
BUSINESSMAN BURIED IN PAPERWORK --- IMAGE BY © ROYALTY-FREE/CORBIS
Shimadzu Business Systems
12
背景 - 全てを統合
統合管理
全面導入
SVN
Mail
[*5]
チケットを
京大式カードの
延長線と考える
んや! (想像)
[*4]
Shimadzu Business Systems
13
背景 - 課題管理システムの全体像
Project A
問合せ
要望・課題
障害・バグ
タスク
Project B
問合せ
要望・課題
障害・バグ
タスク
課題管理システ
ム
(ITS)
自動化ツール
ビルド
テスト
リリース
構成管理ツール
•Subversion, CVS
•版数管理
(差分・結合・分派)
(未着手)
■日常業務に浸透
•トータルで負担減少
•状態の掌握が容易
•コミュニケーション促進
■トレーサビリティー
       一意性
永続的な   連鎖性
       履歴追跡性
■変化への適応
 状況変化を記録し
 追従する。後々の
 参照が容易になる。
Shimadzu Business Systems
14
(チケット実物)
Shimadzu Business Systems
15
一意識別
↓
関連維持
↓
追跡可能
↓
信頼可能
個人の利益を動機とする 局所
最適型 行動規範が、(結果とし
て) 経営に資する知識管理システ
ムとして、全体最適型 の均衡を
得ていた。
 IT全般統制
 ISO
 ITIL
 FDA (Part 11)
 省庁監査
【統制要求】
 統制実現
 コスト低減
 属人性軽減
 品質, CS向上
 業績貢献
【経営要求】
 現業務を表現可能なTool
 入力コストに見合うTool
 <ユーザー体験>
  いつでも どこでも
  素早く必ず見つかる
  休みやすい
【現場の要求】
 
【管理手法】
Shimadzu Business Systems
詳細(ご参考)
16
http://www.slideshare.net/kakahane/it-13718690
・IT全般統制
・ITS全社適用
・Excel脱却
・全体最適化
・10ルール
・主要画面応答
 100ms以下
http://www.slideshare.net/kakahane/rx-tstudy6
http://www.slideshare.net/kakahane/3-d1-ja-sst13-kansai
[*6]
Shimadzu Business Systems
詳細(ご参考)
17
http://www.slideshare.net/kakahane/it-13718690
・IT全般統制
・ITS全社適用
・Excel脱却
・全体最適化
・10ルール
・主要画面応答
 100ms以下
http://www.slideshare.net/kakahane/rx-tstudy6
http://www.slideshare.net/kakahane/3-d1-ja-sst13-kansai
ユーザーコミュニティー
2013年11月30日
RxTstudy #9
ATND: http://atnd.org/events/45152
Shimadzu Business Systems
18
現 状
Shimadzu Business Systems
0
70
140
0
50000
100000
全チケット数
プロジェクト数
ITS現状 ー 計測
20112010 2012
98,000 Tickets
130 Projects
350 Users
19
2013
2013年11月7日時点
Shimadzu Business Systems
ITS現状 ー 計測
0
50
100
0
50000
100000
2010 後 2011 前 2011 後 2012 前 2013前 2013後
全チケット数
1日平均発行数
完了率
20
Closed 92%
3000 Tickets/Month
20112010 2012 2013
2013年11月7日時点
Shimadzu Business Systems
1. 応答性能低下の回避
21
Shimadzu Business Systems
22
1. 応答性能低下の回避
・ITSの業務活用が急拡大
・チケット200万件まで確認
・問題を洗い出した
Shimadzu Business Systems
23
基 準
Shimadzu Business Systems
24
1. 応答性能低下の回避
・画面応答時間の基準とは?
参考文献
  #1 Jakob Nielsen (1993). Response Times: The 3 Important Limits
    http://www.useit.com/papers/responsetime.html
  #2 Miller, R. B. (1968). Response time in man-computer conversational transactions.
    http://theixdlibrary.com/pdf/Miller1968.pdf
100ms 直接操作している一体感
1000ms 遅延を感じつつも軽快
10000ms 集中限界、進捗表示必須
[*7]
Shimadzu Business Systems
25
1. 応答性能低下の回避
・画面応答時間の基準とは?
参考文献
  #1 Jakob Nielsen (1993). Response Times: The 3 Important Limits
    http://www.useit.com/papers/responsetime.html
  #2 Miller, R. B. (1968). Response time in man-computer conversational transactions.
    http://theixdlibrary.com/pdf/Miller1968.pdf
100ms 直接操作している一体感
1000ms 遅延を感じつつも軽快
10000ms 集中限界、進捗表示必須
ITSは「文房具」
[*7]
Shimadzu Business Systems
26
1. 応答性能低下の回避
チューニング対象
 Rails, Redmineを除く、
 電子計算機全域が対象
Shimadzu Business Systems
27
対 策
Shimadzu Business Systems
28
1. 応答性能低下の回避
 対策3種
# 対象 対策 例
① 通 信 狭帯域を回避 Ether Net
② 情報量 圧 縮 HTML
JS
③ 電算処理 再処理を回避
CPU
FileSystem
DBMS
Shimadzu Business Systems
29
1. 応答性能低下の回避
 対策① 狭帯域通信を避ける
Auth
ClientAPL
DB
MS
SVN
WebEthernet等
低速通信
Shimadzu Business Systems
30
1. 応答性能低下の回避
 対策① 狭帯域通信を避ける
Web
DB
MS
Auth
Client
APL
SVN
少数Serverへ集約
狭帯域6→3
Shimadzu Business Systems
31
1. 応答性能低下の回避
 対策② 情報量の圧縮
Web
DB
MS
Auth
Client
APL
SVN
Http/1.1
Compress
↓
最大10倍速
Shimadzu Business Systems
32
1. 応答性能低下の回避
 対策③ 再処理回避
Server
Pass
enger
RAID
OS   FS   NW
Ruby
Rails
Redmine
DBMS
HTTP
Reverse
Proxy
Client
OS   FS   NW
Browser
JavaScript / DOM
Shimadzu Business Systems
33
1. 応答性能低下の回避
 対策③ 再処理回避
Server
Pass
enger
RAID
OS   FS   NW
Ruby
Rails
Redmine
DBMS
HTTP
Reverse
Proxy
Client
OS   FS   NW
Browser
JavaScript / DOM
㋖㋖
㋖㋖
㋖
㋖
㋖
㋖
㋖
㋖
潤沢なメモリ
キャッシュ
Shimadzu Business Systems
34
1. 応答性能低下の回避
 サーバー構成: 対象領域
Passenger4
OOBW
GC
RAID5  
+20GB
OS  CentOS6 (64bit)
Ruby 2.0.0
Rails3.2
Redmine2.3
DBMS
MySQL
5.6
HTTP
Apache
2.2
メモリ 4~16GBCPU 2~4コア
VMware (運用円滑化)
VCS
Subversion
1.7
HTTP
Reverse
Proxy
---
:5 Key Point
Shimadzu Business Systems
35
1. 応答性能低下の回避
 サーバー構成: 対象領域
Passenger4
OOBW
GC
RAID5  
+20GB
OS  CentOS6 (64bit)
Ruby 2.0.0
Rails3.2
Redmine2.3
DBMS
MySQL
5.6
HTTP
Apache
2.2
メモリ 4~16GBCPU 2~4コア
VMware (運用円滑化)
VCS
Subversion
1.7
HTTP
Reverse
Proxy
---
:5 Key Pointcv詳説
Shimadzu Business Systems
36
1. 応答性能低下の回避
 MySQL 5.6.14
・初期値のままでは直ぐに1秒/req越
 
・MyNA発表資料「MySQL5.6パラ
 メータ検討会」がとても参考になった。
  http://d.hatena.ne.jp/sh2/20130806
 
・DBMS設定のチューニングは難しい。
 (制限付きだが) 13項目に絞って計測。
[*8]
Shimadzu Business Systems
37
1. 応答性能低下の回避
 MySQL 5.6.14
注意! ・変更前の my.cnf を確保
    ・データベースのバックアップ確保
    ・DBが起動しなくなる場合があります。
     実施は自己責任でお願いします。
検証時の制限:
 ・Redmine, DBMS専用 仮想サーバー
 ・4コア
 ・メモリ 16GB
 ・MySQL 5.6.8以上
 ・同時接続、処理数=コア数
 ・クラスタ分散無し
Shimadzu Business Systems
1. 応答性能低下の回避
[mysqld]
# InnoDB Paramaters
# http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/
innodb-parameters.html
innodb_buffer_pool_size = 8G
innodb_log_file_size = 2G
innodb_thread_concurrency = 8
innodb_additional_mem_pool_size = 16M
innodb_buffer_pool_dump_at_shutdown = ON
innodb_buffer_pool_load_at_startup = ON
# MySQL Server System Variables
# http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/
server-system-variables.html
join_buffer_size = 128M
sort_buffer_size = 1M
query_cache_type = 1
query_cache_size = 64M
query_cache_limit = 2M
tmp_table_size = 64M
max_heap_table_size = 64M
38
 (参考値)
Shimadzu Business Systems
1. 応答性能低下の回避
1)innodb_buffer_pool_size = 1G ~ 8G
   →サーバー主メモリの40%~70%を設定
2)innodb_log_file_size = 512M ~ 4G
   →上記1)の値の25%(~50%)を設定。
    大きくしすぎるとリカバリに時間が
    かかる。また、この値を書き換える時
    は要注意。
39
 (参考値) 変化する値は2種に固定
Shimadzu Business Systems
ITSの耐用検証(応答基準)
40
Shimadzu Business Systems
41
このまま使い続けて大丈夫なのか?
0
250,000
500,000
750,000
1,000,000
2013 2015 2020 2025 2030
チケット数
10万件の実データを複
写し、実際に200万
件まで動作を確認した。
1. 応答性能低下の回避
Shimadzu Business Systems
42
現在 最大想定
チケット数 6万 200万
カスタムField値 63万 1200万
添付ファイル 3万 140万
時間記録 2万 74万
注記欄 14万 363万
Watcher 3万 76万
Ticket関係 1万 27万
1. 応答性能低下の回避
Shimadzu Business Systems
2012年10月時点の
ベンチマークと課題
43
Shimadzu Business Systems
ITSの耐用検証(応答基準)
44
0 ms
300 ms
600 ms
900 ms
1,200 ms
6万 10万 20万 30万 50万 70万 100万 150万 200万
Issue C
Issue B
Issue A
Ticket List
PJ Top
PJ List
ITS Top
※計測諸条件→巻末注記1
BP:4G
LogFile:1G
Shimadzu Business Systems
ITSの耐用検証(応答基準)
45
0 ms
300 ms
600 ms
900 ms
1,200 ms
6万 10万 20万 30万 50万 70万 100万 150万 200万
Issue C
Issue B
Issue A
Ticket List
PJ Top
PJ List
ITS Top
全文検索 20秒
対策必須
DB始動時の
暖機運転5分
2012年末リリースの
MySQL 5.6に対策有り
(巻末注記2-1)
(BufferPool Dump/Restore)
BufferPool
4GBでの結果
→ 8GB必須
※計測諸条件→巻末注記1
Shimadzu Business Systems
2013年10月時点の
ベンチマークと課題
46
Shimadzu Business Systems
ITSの耐用検証(応答基準)
47
0 ms
300 ms
600 ms
900 ms
1,200 ms
10万 20万 30万 50万 70万 100万 150万 200万
Issue C
Issue B
Issue A
Ticket List
PJ Top
PJ List
ITS Top
※計測諸条件→巻末注記1
BP:8G
LogFile:2G
Shimadzu Business Systems
ITSの耐用検証(応答基準)
48
0 ms
300 ms
600 ms
900 ms
1,200 ms
10万 20万 30万 50万 70万 100万 150万 200万
Issue C
Issue B
Issue A
Ticket List
PJ Top
PJ List
ITS Top
※計測諸条件→巻末注記1
全文検索 20秒
対策必須
DB始動時の
暖機運転1~3分
Shimadzu Business Systems
2. 暖機運転の時間短縮
49
Shimadzu Business Systems
【口頭解説】
DBMSサーバーの再起動時の暖機運転が軽減される(Version 5.6)
暖機運転とは、DBMS再起動後にデータやインデックスをメモリ上へ読
み込ませる一連の処理。対象となるデータが増えると、長時間かかる
こともある。  
50
2. 暖機運転の時間短縮
Shimadzu Business Systems
2013年10月時点
 BP:8G
 LogFile:2G
暖機運転に代わる
BufferPool Dump&Load
の効果
51
2. 暖機運転の時間短縮
Shimadzu Business Systems
ITSの耐用検証(応答基準)
52
0 ms
1,250 ms
2,500 ms
3,750 ms
5,000 ms
10万 20万 30万 50万 70万 100万 150万 200万
Issue C
Issue B
Issue A
Ticket List
PJ Top
PJ List
ITS Top
※計測諸条件→巻末注記1
起動直後
BP Load:無
Shimadzu Business Systems
ITSの耐用検証(応答基準)
53
0 ms
1,250 ms
2,500 ms
3,750 ms
5,000 ms
10万 20万 30万 50万 70万 100万 150万 200万
Issue C
Issue B
Issue A
Ticket List
PJ Top
PJ List
ITS Top
※計測諸条件→巻末注記1
起動直後
BP Load:有
Shimadzu Business Systems
ITSの耐用検証(応答基準)
54
0 ms
1,250 ms
2,500 ms
3,750 ms
5,000 ms
10万 20万 30万 50万 70万 100万 150万 200万
Issue C
Issue B
Issue A
Ticket List
PJ Top
PJ List
ITS Top
※計測諸条件→巻末注記1
起動直後
BP Load:有
2. 暖機運転の時間短縮
200万チケットの時は暖機運転に
かなりの時間が必要だった。
MySQL5.6のBufferPool
Dump&Load機能により、有効なペー
ジキャッシュが短時間で回復していると
確認できた。
Shimadzu Business Systems
ITSの耐用検証(応答基準)
55
BufferPool
Dump&Load機能と、
メモリ割当て量の関係
Shimadzu Business Systems
2013年10月時点
 BP:1 ~ 8G
 LogFile:512M~2G
暖機運転に代わる
BP Dump&Load
の効果 → BPサイズを変化させる
56
2. 暖機運転の時間短縮
Shimadzu Business Systems
57
2. 暖機運転の時間短縮
Shimadzu Business Systems
58
2. 暖機運転の時間短縮
2. 暖機運転の時間短縮
BufferPoolメモリを十分に積み込
めば新機能が効果を発揮し、暖機運
転の時間が短縮される。
しかしBufferPoolメモリが不十分
だと効果が薄れると確認。
Shimadzu Business Systems
3.その他対策
59
Shimadzu Business Systems
3.その他対策
・Ruby 2.0.0/1.9.3
・Passenger4 OOBW-GC  有/無
・(参考)Redmine バージョン間の比較
60
Shimadzu Business Systems
3.その他対策
【口頭解説】
RailsアプリケーションサーバーであるPassenger4は、遅延を軽減する
OOBW(Out-of-Band Work)- GC(Garbage Collection)機能を実装実
現している。
Request処理中にRubyがGCすると処理遅延が生じるので「5回に1度だ
け、Requestの間隙にGC」させる機能。
61
Shimadzu Business Systems
62
0
60
120
180
240
300
ITS Top PJ List PJ Top Ticket List Issue A Issue B Issue C
Ruby1.9.3
Ruby2.0.0 OOBW-GC
※計測諸条件→巻末注記1
3.その他対策
Shimadzu Business Systems
63
0
60
120
180
240
300
ITS Top PJ List PJ Top Ticket List Issue A Issue B Issue C
Ruby1.9.3
Ruby2.0.0 OOBW-GC
※計測諸条件→巻末注記1
3.その他対策
今回の計測環境
200万チケット、主要画面7種
結果
Ruby2.0.0 + Passenger4 OOBW-
GCは、Ruby1.9.3 + Passenger4
に対し、画面6種において平均8.5%の
応答速度向上を確認した。
Shimadzu Business Systems
3.その他対策
(参考)
 Redmine バージョン間の比較
64
Shimadzu Business Systems
65
0
100
200
300
400
500
ITS Top PJ List PJ Top Ticket List Issue A Issue B Issue C
Redmine 1.4
Redmine 2.0Tuned
Redmine 2.1Tuned
Redmine 2.3Tuned
※計測諸条件→巻末注記1
10万チケット
Redmine
各バージョンの比較
3.その他対策
Shimadzu Business Systems
66
ITSと連動した全文検索の解決策
と、16GBのメモリがあれば
200万チケットの運用に於いても
日常的に使用する画面・機能にお
いて100ms前後の応答性能を
Redmine2.3系で期待できる。
まとめ1
Shimadzu Business Systems
67
MySQL5.6 の改善
・Redmine2.0→2.3の機能追
加を吸収しつつも性能の劣化が少
ない。
・十分なメモリを与えれば、暖機
運転も妥当な運用レベルに収束す
ると確認できた。
まとめ2
Shimadzu Business Systems
68
Ruby2.0, Passenger4
OOBW-GCによる改善
・平均8.5%の応答時間向上
まとめ3
Shimadzu Business Systems
69
■応答時間の計測条件(詳細)
 1)評価サーバー
   計算機環境 VM 1台 (CPU Xeon 3GHz x4 Cores, Memory 8GB, Storage iSCSI-1G 150GB) on VMware ESXi
    ※ 評価用サーバーを単独使用。よって外部からの影響要素は無視できる。
 2)ソフトウェア構成
   Redmine 2.3.3 本体改変無し、Plug-in無し
   ・CentOS6.4(x64), Apache2, Ruby1.9.3, Passenger4, Rails3.2, MySQL5.6.14 +(設定値 13種)
   ・CentOS6.4(x64), Apache2, Ruby2.0.0, Passenger4, Rails3.2, MySQL5.6.14 +(設定値 13種)
 3)評価対象 7画面
   (1) Redmine Top 画面 (5) Issue A - Light
   (2) Project 一覧画面 (6) Issue B - Heavy
   (3) Project Top 画面(150Users) (7) Issue C - Regular
   (4) Ticket List (200件 / 10000件表示)
 4)評価方法
  httperf http://www.hpl.hp.com/research/linux/httperf/ (下記コマンドをサーバー上で10回実行し、平均する)
httperf --hog --server=localhost --port=80 --uri=/its --num-conns 2 --num-calls 25
httperf --hog --server=localhost --port=80 --uri=/its/projects --num-conns 2 --num-calls 25
httperf --hog --server=localhost --port=80 --uri=/its/projects/sscope --num-conns 2 --num-calls 25
httperf --hog --server=localhost --port=80 --uri=/its/issues?per_page=200 --num-conns 2 --num-calls 25
httperf --hog --server=localhost --port=80 --uri=/its/issues/1 --num-conns 2 --num-calls 25
httperf --hog --server=localhost --port=80 --uri=/its/issues/47548 --num-conns 2 --num-calls 25
httperf --hog --server=localhost --port=80 --uri=/its/issues/51782 --num-conns 2 --num-calls 25
巻末注記1
Shimadzu Business Systems
70
参考文献
1.Redmine / OpenSource Software / Jean-Philippe Lang
  http://www.redmine.org/
2.MySQL 5.6 BufferPool Dump and Load

 http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/innodb-performance.html 

 14.2.13.2.8. Faster Restart by Preloading the InnoDB Buffer Pool
3.Passenger OOBW-GC http://blog.phusion.nl/2013/01/22/phusion-passenger-4-technology-preview-
out-of-band-work/
4.知的生産の技術 / 岩波新書 / 梅棹忠夫, 1969
5.Redmineによるタスクマネジメント技法 / 翔泳社 / 小川明彦, 阪井誠, 2010
6.過去の発表資料
 ・情報システム部門のタスク管理とIT全般統制 ~ Excel管理からの脱却 ~ (ITS Redmine #RxTstudy #5)
 http://www.slideshare.net/kakahane/it-13718690
 ・情報システム部門のタスク管理~ITS応答性能の調査結果と対策 編~
 http://www.slideshare.net/kakahane/rx-tstudy6
 ・ソフトウェアの品質向上に資する、開発・運用現場の情報管理
http://www.slideshare.net/kakahane/3-d1-ja-sst13-kansai
7. #1 Jakob Nielsen (1993). Response Times: The 3 Important Limits
  http://www.useit.com/papers/responsetime.html
#2 Miller, R. B. (1968). Response time in man-computer conversational transactions.
  http://theixdlibrary.com/pdf/Miller1968.pdf
8. MyNA発表資料「MySQL5.6パラメータ検討会」 http://d.hatena.ne.jp/sh2/20130806
Shimadzu Business Systems
ご清聴
ありがとう
ございました
協 力
島津ビジネスシステムズ
72
Shimadzu Business Systems
島津製作所のご紹介
 
 島津製作所グループ
  事業領域
   ・分析計測
   ・医用機器
   ・航空機器
   ・半導体機器
   ・油圧, 光学
73

More Related Content

What's hot

Redmineサーバ統合事例
Redmineサーバ統合事例Redmineサーバ統合事例
Redmineサーバ統合事例Yuuki Nara
 
Redmineをちょっと便利に! プログラミング無しで使ってみるREST API
Redmineをちょっと便利に! プログラミング無しで使ってみるREST APIRedmineをちょっと便利に! プログラミング無しで使ってみるREST API
Redmineをちょっと便利に! プログラミング無しで使ってみるREST APIGo Maeda
 
継続使用と新規追加したRedmine Plugin
継続使用と新規追加したRedmine Plugin継続使用と新規追加したRedmine Plugin
継続使用と新規追加したRedmine PluginMei Nakamura
 
Prometheus入門から運用まで徹底解説
Prometheus入門から運用まで徹底解説Prometheus入門から運用まで徹底解説
Prometheus入門から運用まで徹底解説貴仁 大和屋
 
ある工場の Redmine 2022 〜ある工場の Redmine 5.0 バージョンアップ〜 ( Redmine of one plant 2022 ...
ある工場の Redmine 2022 〜ある工場の Redmine 5.0 バージョンアップ〜 (  Redmine of one plant 2022 ...ある工場の Redmine 2022 〜ある工場の Redmine 5.0 バージョンアップ〜 (  Redmine of one plant 2022 ...
ある工場の Redmine 2022 〜ある工場の Redmine 5.0 バージョンアップ〜 ( Redmine of one plant 2022 ...Kohei Nakamura
 
PacemakerのMaster/Slave構成の基本と事例紹介(DRBD、PostgreSQLレプリケーション) @Open Source Confer...
PacemakerのMaster/Slave構成の基本と事例紹介(DRBD、PostgreSQLレプリケーション) @Open Source Confer...PacemakerのMaster/Slave構成の基本と事例紹介(DRBD、PostgreSQLレプリケーション) @Open Source Confer...
PacemakerのMaster/Slave構成の基本と事例紹介(DRBD、PostgreSQLレプリケーション) @Open Source Confer...Tatsuya Watanabe
 
Redmineによるwebサポート窓口の実装と運用
Redmineによるwebサポート窓口の実装と運用Redmineによるwebサポート窓口の実装と運用
Redmineによるwebサポート窓口の実装と運用Go Maeda
 
挫折しないRedmine
挫折しないRedmine挫折しないRedmine
挫折しないRedmineGo Maeda
 
Redmineの画面をあなた好みにカスタマイズ - View customize pluginの紹介 - Redmine Japan 2020
Redmineの画面をあなた好みにカスタマイズ - View customize pluginの紹介 - Redmine Japan 2020Redmineの画面をあなた好みにカスタマイズ - View customize pluginの紹介 - Redmine Japan 2020
Redmineの画面をあなた好みにカスタマイズ - View customize pluginの紹介 - Redmine Japan 2020onozaty
 
View Customize Pluginで出来ること
View Customize Pluginで出来ることView Customize Pluginで出来ること
View Customize Pluginで出来ることonozaty
 
とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例agileware_jp
 
Redmineを使ったヘルプデスクシステムでサポート業務を効率化
Redmineを使ったヘルプデスクシステムでサポート業務を効率化Redmineを使ったヘルプデスクシステムでサポート業務を効率化
Redmineを使ったヘルプデスクシステムでサポート業務を効率化Go Maeda
 
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjugYahoo!デベロッパーネットワーク
 
View customize plugin for Redmineの紹介 (2019年版)
View customize plugin for Redmineの紹介 (2019年版)View customize plugin for Redmineの紹介 (2019年版)
View customize plugin for Redmineの紹介 (2019年版)onozaty
 
3種類のTEE比較(Intel SGX, ARM TrustZone, RISC-V Keystone)
3種類のTEE比較(Intel SGX, ARM TrustZone, RISC-V Keystone)3種類のTEE比較(Intel SGX, ARM TrustZone, RISC-V Keystone)
3種類のTEE比較(Intel SGX, ARM TrustZone, RISC-V Keystone)Kuniyasu Suzaki
 
限界性能試験を自動化するOperatorを作ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #14 発表資料)
限界性能試験を自動化するOperatorを作ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #14 発表資料)限界性能試験を自動化するOperatorを作ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #14 発表資料)
限界性能試験を自動化するOperatorを作ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #14 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
View customize pluginを使いこなす
View customize pluginを使いこなすView customize pluginを使いこなす
View customize pluginを使いこなすonozaty
 
ソーシャルゲームのためのデータベース設計
ソーシャルゲームのためのデータベース設計ソーシャルゲームのためのデータベース設計
ソーシャルゲームのためのデータベース設計Yoshinori Matsunobu
 
Twitterのsnowflakeについて
TwitterのsnowflakeについてTwitterのsnowflakeについて
Twitterのsnowflakeについてmoai kids
 
初心者向けCTFのWeb分野の強化法
初心者向けCTFのWeb分野の強化法初心者向けCTFのWeb分野の強化法
初心者向けCTFのWeb分野の強化法kazkiti
 

What's hot (20)

Redmineサーバ統合事例
Redmineサーバ統合事例Redmineサーバ統合事例
Redmineサーバ統合事例
 
Redmineをちょっと便利に! プログラミング無しで使ってみるREST API
Redmineをちょっと便利に! プログラミング無しで使ってみるREST APIRedmineをちょっと便利に! プログラミング無しで使ってみるREST API
Redmineをちょっと便利に! プログラミング無しで使ってみるREST API
 
継続使用と新規追加したRedmine Plugin
継続使用と新規追加したRedmine Plugin継続使用と新規追加したRedmine Plugin
継続使用と新規追加したRedmine Plugin
 
Prometheus入門から運用まで徹底解説
Prometheus入門から運用まで徹底解説Prometheus入門から運用まで徹底解説
Prometheus入門から運用まで徹底解説
 
ある工場の Redmine 2022 〜ある工場の Redmine 5.0 バージョンアップ〜 ( Redmine of one plant 2022 ...
ある工場の Redmine 2022 〜ある工場の Redmine 5.0 バージョンアップ〜 (  Redmine of one plant 2022 ...ある工場の Redmine 2022 〜ある工場の Redmine 5.0 バージョンアップ〜 (  Redmine of one plant 2022 ...
ある工場の Redmine 2022 〜ある工場の Redmine 5.0 バージョンアップ〜 ( Redmine of one plant 2022 ...
 
PacemakerのMaster/Slave構成の基本と事例紹介(DRBD、PostgreSQLレプリケーション) @Open Source Confer...
PacemakerのMaster/Slave構成の基本と事例紹介(DRBD、PostgreSQLレプリケーション) @Open Source Confer...PacemakerのMaster/Slave構成の基本と事例紹介(DRBD、PostgreSQLレプリケーション) @Open Source Confer...
PacemakerのMaster/Slave構成の基本と事例紹介(DRBD、PostgreSQLレプリケーション) @Open Source Confer...
 
Redmineによるwebサポート窓口の実装と運用
Redmineによるwebサポート窓口の実装と運用Redmineによるwebサポート窓口の実装と運用
Redmineによるwebサポート窓口の実装と運用
 
挫折しないRedmine
挫折しないRedmine挫折しないRedmine
挫折しないRedmine
 
Redmineの画面をあなた好みにカスタマイズ - View customize pluginの紹介 - Redmine Japan 2020
Redmineの画面をあなた好みにカスタマイズ - View customize pluginの紹介 - Redmine Japan 2020Redmineの画面をあなた好みにカスタマイズ - View customize pluginの紹介 - Redmine Japan 2020
Redmineの画面をあなた好みにカスタマイズ - View customize pluginの紹介 - Redmine Japan 2020
 
View Customize Pluginで出来ること
View Customize Pluginで出来ることView Customize Pluginで出来ること
View Customize Pluginで出来ること
 
とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例
 
Redmineを使ったヘルプデスクシステムでサポート業務を効率化
Redmineを使ったヘルプデスクシステムでサポート業務を効率化Redmineを使ったヘルプデスクシステムでサポート業務を効率化
Redmineを使ったヘルプデスクシステムでサポート業務を効率化
 
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug
実運用して分かったRabbit MQの良いところ・気をつけること #jjug
 
View customize plugin for Redmineの紹介 (2019年版)
View customize plugin for Redmineの紹介 (2019年版)View customize plugin for Redmineの紹介 (2019年版)
View customize plugin for Redmineの紹介 (2019年版)
 
3種類のTEE比較(Intel SGX, ARM TrustZone, RISC-V Keystone)
3種類のTEE比較(Intel SGX, ARM TrustZone, RISC-V Keystone)3種類のTEE比較(Intel SGX, ARM TrustZone, RISC-V Keystone)
3種類のTEE比較(Intel SGX, ARM TrustZone, RISC-V Keystone)
 
限界性能試験を自動化するOperatorを作ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #14 発表資料)
限界性能試験を自動化するOperatorを作ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #14 発表資料)限界性能試験を自動化するOperatorを作ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #14 発表資料)
限界性能試験を自動化するOperatorを作ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #14 発表資料)
 
View customize pluginを使いこなす
View customize pluginを使いこなすView customize pluginを使いこなす
View customize pluginを使いこなす
 
ソーシャルゲームのためのデータベース設計
ソーシャルゲームのためのデータベース設計ソーシャルゲームのためのデータベース設計
ソーシャルゲームのためのデータベース設計
 
Twitterのsnowflakeについて
TwitterのsnowflakeについてTwitterのsnowflakeについて
Twitterのsnowflakeについて
 
初心者向けCTFのWeb分野の強化法
初心者向けCTFのWeb分野の強化法初心者向けCTFのWeb分野の強化法
初心者向けCTFのWeb分野の強化法
 

Viewers also liked

Remineチョット入門
Remineチョット入門Remineチョット入門
Remineチョット入門Makoto SAKAI
 
ソフトウェアの品質向上に資する開発・運用現場の情報管理 ∼現場主導によるITS導入∼( #JaSSTKansai #RxTstudy9 @akahane92 )
ソフトウェアの品質向上に資する開発・運用現場の情報管理 ∼現場主導によるITS導入∼( #JaSSTKansai #RxTstudy9 @akahane92 )ソフトウェアの品質向上に資する開発・運用現場の情報管理 ∼現場主導によるITS導入∼( #JaSSTKansai #RxTstudy9 @akahane92 )
ソフトウェアの品質向上に資する開発・運用現場の情報管理 ∼現場主導によるITS導入∼( #JaSSTKansai #RxTstudy9 @akahane92 )Kuniharu(州晴) AKAHANE(赤羽根)
 
RedmineへのContributeとビジネス展開
RedmineへのContributeとビジネス展開RedmineへのContributeとビジネス展開
RedmineへのContributeとビジネス展開Go Maeda
 
情報システム部門のタスク管理~ITS応答性能の調査結果と対策 編~ #RxTstudy #6 #Redmine
情報システム部門のタスク管理~ITS応答性能の調査結果と対策 編~ #RxTstudy #6 #Redmine情報システム部門のタスク管理~ITS応答性能の調査結果と対策 編~ #RxTstudy #6 #Redmine
情報システム部門のタスク管理~ITS応答性能の調査結果と対策 編~ #RxTstudy #6 #RedmineKuniharu(州晴) AKAHANE(赤羽根)
 
チケット駆動開発導入のヒント - 自律と規律 -
チケット駆動開発導入のヒント - 自律と規律 -チケット駆動開発導入のヒント - 自律と規律 -
チケット駆動開発導入のヒント - 自律と規律 -Makoto SAKAI
 
プロジェクトを成功させるチケット管理
プロジェクトを成功させるチケット管理プロジェクトを成功させるチケット管理
プロジェクトを成功させるチケット管理Makoto SAKAI
 
「効率・品質・統制」の共通課題に着目した現場主導によるITS導入の効果検証
「効率・品質・統制」の共通課題に着目した現場主導によるITS導入の効果検証「効率・品質・統制」の共通課題に着目した現場主導によるITS導入の効果検証
「効率・品質・統制」の共通課題に着目した現場主導によるITS導入の効果検証Kuniharu(州晴) AKAHANE(赤羽根)
 
アイドルソング制作の工程管理
アイドルソング制作の工程管理アイドルソング制作の工程管理
アイドルソング制作の工程管理Motokazu Sekine
 
Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!
Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!
Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!TrinityT _
 
Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 -
Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 -Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 -
Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 -Makoto SAKAI
 
情報システム部門のタスク管理とIT全般統制 ~ Excel管理からの脱却 ~ (ITS Redmine #RxTstudy #5)
情報システム部門のタスク管理とIT全般統制 ~ Excel管理からの脱却 ~ (ITS Redmine #RxTstudy #5)情報システム部門のタスク管理とIT全般統制 ~ Excel管理からの脱却 ~ (ITS Redmine #RxTstudy #5)
情報システム部門のタスク管理とIT全般統制 ~ Excel管理からの脱却 ~ (ITS Redmine #RxTstudy #5)Kuniharu(州晴) AKAHANE(赤羽根)
 
Redmineによるメール対応管理の運用事例
Redmineによるメール対応管理の運用事例Redmineによるメール対応管理の運用事例
Redmineによるメール対応管理の運用事例Go Maeda
 
「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」
「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」
「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」akipii Oga
 

Viewers also liked (14)

Remineチョット入門
Remineチョット入門Remineチョット入門
Remineチョット入門
 
ソフトウェアの品質向上に資する開発・運用現場の情報管理 ∼現場主導によるITS導入∼( #JaSSTKansai #RxTstudy9 @akahane92 )
ソフトウェアの品質向上に資する開発・運用現場の情報管理 ∼現場主導によるITS導入∼( #JaSSTKansai #RxTstudy9 @akahane92 )ソフトウェアの品質向上に資する開発・運用現場の情報管理 ∼現場主導によるITS導入∼( #JaSSTKansai #RxTstudy9 @akahane92 )
ソフトウェアの品質向上に資する開発・運用現場の情報管理 ∼現場主導によるITS導入∼( #JaSSTKansai #RxTstudy9 @akahane92 )
 
RedmineへのContributeとビジネス展開
RedmineへのContributeとビジネス展開RedmineへのContributeとビジネス展開
RedmineへのContributeとビジネス展開
 
情報システム部門のタスク管理~ITS応答性能の調査結果と対策 編~ #RxTstudy #6 #Redmine
情報システム部門のタスク管理~ITS応答性能の調査結果と対策 編~ #RxTstudy #6 #Redmine情報システム部門のタスク管理~ITS応答性能の調査結果と対策 編~ #RxTstudy #6 #Redmine
情報システム部門のタスク管理~ITS応答性能の調査結果と対策 編~ #RxTstudy #6 #Redmine
 
チケット駆動開発導入のヒント - 自律と規律 -
チケット駆動開発導入のヒント - 自律と規律 -チケット駆動開発導入のヒント - 自律と規律 -
チケット駆動開発導入のヒント - 自律と規律 -
 
プロジェクトを成功させるチケット管理
プロジェクトを成功させるチケット管理プロジェクトを成功させるチケット管理
プロジェクトを成功させるチケット管理
 
「効率・品質・統制」の共通課題に着目した現場主導によるITS導入の効果検証
「効率・品質・統制」の共通課題に着目した現場主導によるITS導入の効果検証「効率・品質・統制」の共通課題に着目した現場主導によるITS導入の効果検証
「効率・品質・統制」の共通課題に着目した現場主導によるITS導入の効果検証
 
アイドルソング制作の工程管理
アイドルソング制作の工程管理アイドルソング制作の工程管理
アイドルソング制作の工程管理
 
Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!
Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!
Redmineチケットによるプロジェクト火消し戦略!
 
運用業務でのRedmine
運用業務でのRedmine運用業務でのRedmine
運用業務でのRedmine
 
Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 -
Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 -Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 -
Remineを活かしたプロセス支援 - 失敗しないプロセス支援 -
 
情報システム部門のタスク管理とIT全般統制 ~ Excel管理からの脱却 ~ (ITS Redmine #RxTstudy #5)
情報システム部門のタスク管理とIT全般統制 ~ Excel管理からの脱却 ~ (ITS Redmine #RxTstudy #5)情報システム部門のタスク管理とIT全般統制 ~ Excel管理からの脱却 ~ (ITS Redmine #RxTstudy #5)
情報システム部門のタスク管理とIT全般統制 ~ Excel管理からの脱却 ~ (ITS Redmine #RxTstudy #5)
 
Redmineによるメール対応管理の運用事例
Redmineによるメール対応管理の運用事例Redmineによるメール対応管理の運用事例
Redmineによるメール対応管理の運用事例
 
「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」
「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」
「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」
 

Similar to Redmine + MySQL 応答性能の調査結果と対策

バックアップ時の問題から学んだDBエンジニアに必要なスキルとは
バックアップ時の問題から学んだDBエンジニアに必要なスキルとはバックアップ時の問題から学んだDBエンジニアに必要なスキルとは
バックアップ時の問題から学んだDBエンジニアに必要なスキルとはTakeshiYamamoto2049
 
アドテク×Scala×パフォーマンスチューニング
アドテク×Scala×パフォーマンスチューニングアドテク×Scala×パフォーマンスチューニング
アドテク×Scala×パフォーマンスチューニングYosuke Mizutani
 
[db tech showcase Tokyo 2017] E24: 流行りに乗っていれば幸せになれますか?数あるデータベースの中から敢えて今Db2が選ば...
[db tech showcase Tokyo 2017] E24: 流行りに乗っていれば幸せになれますか?数あるデータベースの中から敢えて今Db2が選ば...[db tech showcase Tokyo 2017] E24: 流行りに乗っていれば幸せになれますか?数あるデータベースの中から敢えて今Db2が選ば...
[db tech showcase Tokyo 2017] E24: 流行りに乗っていれば幸せになれますか?数あるデータベースの中から敢えて今Db2が選ば...Insight Technology, Inc.
 
Wot2015 微博平台护城河-构建高效的防御体系-王关胜
Wot2015 微博平台护城河-构建高效的防御体系-王关胜Wot2015 微博平台护城河-构建高效的防御体系-王关胜
Wot2015 微博平台护城河-构建高效的防御体系-王关胜Weibo Corporation
 
Redshift Spectrumを使ってみた話
Redshift Spectrumを使ってみた話Redshift Spectrumを使ってみた話
Redshift Spectrumを使ってみた話Yoshiki Kouno
 
[db tech showcase Tokyo 2015] D35:高トランザクションを実現するスケーラブルRDBMS技術 by 日本電気株式会社 並木悠太
[db tech showcase Tokyo 2015] D35:高トランザクションを実現するスケーラブルRDBMS技術 by 日本電気株式会社 並木悠太[db tech showcase Tokyo 2015] D35:高トランザクションを実現するスケーラブルRDBMS技術 by 日本電気株式会社 並木悠太
[db tech showcase Tokyo 2015] D35:高トランザクションを実現するスケーラブルRDBMS技術 by 日本電気株式会社 並木悠太Insight Technology, Inc.
 
Db2 Warehouse on Cloud Flex ご紹介資料 2020年3月版
Db2 Warehouse on Cloud Flex ご紹介資料 2020年3月版Db2 Warehouse on Cloud Flex ご紹介資料 2020年3月版
Db2 Warehouse on Cloud Flex ご紹介資料 2020年3月版IBM Analytics Japan
 
IBM Cloud Community Summit JIMUC 活動のご紹介
IBM Cloud Community Summit JIMUC 活動のご紹介IBM Cloud Community Summit JIMUC 活動のご紹介
IBM Cloud Community Summit JIMUC 活動のご紹介kazuki masuda
 
サバフェス上位入賞者にみる ioMemory×MySQL 最新チューニング教えます
サバフェス上位入賞者にみる ioMemory×MySQL  最新チューニング教えますサバフェス上位入賞者にみる ioMemory×MySQL  最新チューニング教えます
サバフェス上位入賞者にみる ioMemory×MySQL 最新チューニング教えますIDC Frontier
 
Zマイスターとの新たな価値探求 z/OS
Zマイスターとの新たな価値探求 z/OSZマイスターとの新たな価値探求 z/OS
Zマイスターとの新たな価値探求 z/OSIBMソリューション
 
Cuto紹介資料
Cuto紹介資料Cuto紹介資料
Cuto紹介資料UNIRITA
 
ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門 #6
ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門 #6ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門 #6
ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門 #6you shimajiro
 
実践!DBベンチマークツールの使い方
実践!DBベンチマークツールの使い方実践!DBベンチマークツールの使い方
実践!DBベンチマークツールの使い方Fujishiro Takuya
 
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理japan_db2
 
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理japan_db2
 
A12 既存のデータベース環境で分析業務を加速させるには? DB2が実現するソフトウエア分析ソリューション(DB2 BLU Acceleration)の仕...
A12 既存のデータベース環境で分析業務を加速させるには? DB2が実現するソフトウエア分析ソリューション(DB2 BLU Acceleration)の仕...A12 既存のデータベース環境で分析業務を加速させるには? DB2が実現するソフトウエア分析ソリューション(DB2 BLU Acceleration)の仕...
A12 既存のデータベース環境で分析業務を加速させるには? DB2が実現するソフトウエア分析ソリューション(DB2 BLU Acceleration)の仕...Insight Technology, Inc.
 
[db tech showcase Tokyo 2018] #dbts2018 #D34 『サポートのトップエンジニアが語る - ワンランク上のStats...
[db tech showcase Tokyo 2018] #dbts2018 #D34 『サポートのトップエンジニアが語る - ワンランク上のStats...[db tech showcase Tokyo 2018] #dbts2018 #D34 『サポートのトップエンジニアが語る - ワンランク上のStats...
[db tech showcase Tokyo 2018] #dbts2018 #D34 『サポートのトップエンジニアが語る - ワンランク上のStats...Insight Technology, Inc.
 
Microsoft Seminar: Design Optimization on Rescale
Microsoft Seminar: Design Optimization on RescaleMicrosoft Seminar: Design Optimization on Rescale
Microsoft Seminar: Design Optimization on RescaleRescale Japan株式会社
 
アプリケーションの性能最適化の実例1
アプリケーションの性能最適化の実例1 アプリケーションの性能最適化の実例1
アプリケーションの性能最適化の実例1 RCCSRENKEI
 
Hyper-V エンタープライズ設計の現実解:2015 年版
Hyper-V エンタープライズ設計の現実解:2015 年版Hyper-V エンタープライズ設計の現実解:2015 年版
Hyper-V エンタープライズ設計の現実解:2015 年版Daichi Ogawa
 

Similar to Redmine + MySQL 応答性能の調査結果と対策 (20)

バックアップ時の問題から学んだDBエンジニアに必要なスキルとは
バックアップ時の問題から学んだDBエンジニアに必要なスキルとはバックアップ時の問題から学んだDBエンジニアに必要なスキルとは
バックアップ時の問題から学んだDBエンジニアに必要なスキルとは
 
アドテク×Scala×パフォーマンスチューニング
アドテク×Scala×パフォーマンスチューニングアドテク×Scala×パフォーマンスチューニング
アドテク×Scala×パフォーマンスチューニング
 
[db tech showcase Tokyo 2017] E24: 流行りに乗っていれば幸せになれますか?数あるデータベースの中から敢えて今Db2が選ば...
[db tech showcase Tokyo 2017] E24: 流行りに乗っていれば幸せになれますか?数あるデータベースの中から敢えて今Db2が選ば...[db tech showcase Tokyo 2017] E24: 流行りに乗っていれば幸せになれますか?数あるデータベースの中から敢えて今Db2が選ば...
[db tech showcase Tokyo 2017] E24: 流行りに乗っていれば幸せになれますか?数あるデータベースの中から敢えて今Db2が選ば...
 
Wot2015 微博平台护城河-构建高效的防御体系-王关胜
Wot2015 微博平台护城河-构建高效的防御体系-王关胜Wot2015 微博平台护城河-构建高效的防御体系-王关胜
Wot2015 微博平台护城河-构建高效的防御体系-王关胜
 
Redshift Spectrumを使ってみた話
Redshift Spectrumを使ってみた話Redshift Spectrumを使ってみた話
Redshift Spectrumを使ってみた話
 
[db tech showcase Tokyo 2015] D35:高トランザクションを実現するスケーラブルRDBMS技術 by 日本電気株式会社 並木悠太
[db tech showcase Tokyo 2015] D35:高トランザクションを実現するスケーラブルRDBMS技術 by 日本電気株式会社 並木悠太[db tech showcase Tokyo 2015] D35:高トランザクションを実現するスケーラブルRDBMS技術 by 日本電気株式会社 並木悠太
[db tech showcase Tokyo 2015] D35:高トランザクションを実現するスケーラブルRDBMS技術 by 日本電気株式会社 並木悠太
 
Db2 Warehouse on Cloud Flex ご紹介資料 2020年3月版
Db2 Warehouse on Cloud Flex ご紹介資料 2020年3月版Db2 Warehouse on Cloud Flex ご紹介資料 2020年3月版
Db2 Warehouse on Cloud Flex ご紹介資料 2020年3月版
 
IBM Cloud Community Summit JIMUC 活動のご紹介
IBM Cloud Community Summit JIMUC 活動のご紹介IBM Cloud Community Summit JIMUC 活動のご紹介
IBM Cloud Community Summit JIMUC 活動のご紹介
 
サバフェス上位入賞者にみる ioMemory×MySQL 最新チューニング教えます
サバフェス上位入賞者にみる ioMemory×MySQL  最新チューニング教えますサバフェス上位入賞者にみる ioMemory×MySQL  最新チューニング教えます
サバフェス上位入賞者にみる ioMemory×MySQL 最新チューニング教えます
 
Zマイスターとの新たな価値探求 z/OS
Zマイスターとの新たな価値探求 z/OSZマイスターとの新たな価値探求 z/OS
Zマイスターとの新たな価値探求 z/OS
 
Cuto紹介資料
Cuto紹介資料Cuto紹介資料
Cuto紹介資料
 
ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門 #6
ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門 #6ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門 #6
ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門 #6
 
実践!DBベンチマークツールの使い方
実践!DBベンチマークツールの使い方実践!DBベンチマークツールの使い方
実践!DBベンチマークツールの使い方
 
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理
 
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理
「カラム型」が実現するビッグデータの高速処理
 
A12 既存のデータベース環境で分析業務を加速させるには? DB2が実現するソフトウエア分析ソリューション(DB2 BLU Acceleration)の仕...
A12 既存のデータベース環境で分析業務を加速させるには? DB2が実現するソフトウエア分析ソリューション(DB2 BLU Acceleration)の仕...A12 既存のデータベース環境で分析業務を加速させるには? DB2が実現するソフトウエア分析ソリューション(DB2 BLU Acceleration)の仕...
A12 既存のデータベース環境で分析業務を加速させるには? DB2が実現するソフトウエア分析ソリューション(DB2 BLU Acceleration)の仕...
 
[db tech showcase Tokyo 2018] #dbts2018 #D34 『サポートのトップエンジニアが語る - ワンランク上のStats...
[db tech showcase Tokyo 2018] #dbts2018 #D34 『サポートのトップエンジニアが語る - ワンランク上のStats...[db tech showcase Tokyo 2018] #dbts2018 #D34 『サポートのトップエンジニアが語る - ワンランク上のStats...
[db tech showcase Tokyo 2018] #dbts2018 #D34 『サポートのトップエンジニアが語る - ワンランク上のStats...
 
Microsoft Seminar: Design Optimization on Rescale
Microsoft Seminar: Design Optimization on RescaleMicrosoft Seminar: Design Optimization on Rescale
Microsoft Seminar: Design Optimization on Rescale
 
アプリケーションの性能最適化の実例1
アプリケーションの性能最適化の実例1 アプリケーションの性能最適化の実例1
アプリケーションの性能最適化の実例1
 
Hyper-V エンタープライズ設計の現実解:2015 年版
Hyper-V エンタープライズ設計の現実解:2015 年版Hyper-V エンタープライズ設計の現実解:2015 年版
Hyper-V エンタープライズ設計の現実解:2015 年版
 

Recently uploaded

新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directoryosamut
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールsugiuralab
 
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」Tetsuya Nihonmatsu
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価sugiuralab
 

Recently uploaded (7)

新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツール
 
U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介
U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介
U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介
 
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
 

Redmine + MySQL 応答性能の調査結果と対策