Your SlideShare is downloading. ×
0
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

マルチデバイスを見据えたコンテンツ設計

1,120

Published on

2013年1月、茅場町コワーキングスペース Co-Edo で開催されたセミナー&ワークショップのスライド。ワークショップの部分を省いたかたちで公開してあります。 …

2013年1月、茅場町コワーキングスペース Co-Edo で開催されたセミナー&ワークショップのスライド。ワークショップの部分を省いたかたちで公開してあります。

解説記事はこちら
http://www.yasuhisa.com/could/article/content-for-multidevices/

Published in: Design
0 Comments
12 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,120
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
12
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. design content for multiple devices マルチデバイス化を見据えたコンテンツ設計 CSS Nite @ Co-Edo 2013年1月11日 長谷川恭久
  • 2. ハ セ ガ ワ ヤ ス ヒ サ 長谷川恭久 @yhassy
  • 3. 70% IKEA
  • 4. 100+ Groupon
  • 5. $ 7B Coca Cola
  • 6. 61% 52% Custom Content Blogs 42% Articles & Blogs Brafton (2012)
  • 7. 収益 ブランド ロイアリティ リスク管理 市場拡大
  • 8. question
  • 9. ブログ記事 オンラインセミナー Webページ ニュースレター オーディオ プレスリリース ビデオ 記事 写真 ホワイトペーパー 電子書籍 自動返信メール ケーススタディ インフォグラフィック
  • 10. 利用者が 必要としているものは? 利用者のタスクの達成を補助するために 必要とされる要素。
  • 11. Useful 使える Consistent 一貫性 User Centered 利用者中心 Clear 明確 Concise 簡潔
  • 12. コワーキングスペース良いよ!
  • 13. Co-Edoのコワーキングスペース良いよ!
  • 14. Co-Edoにはこんな良いことあるよ!
  • 15. Co-Edoであなたの仕事がこう変わる!
  • 16. Cafe Co-Edo ニュース シェフのメッセージ コンセプト メニュー イベント 今月のおすすめ 〒104-0033 東京都中央区新川1-3-4 PAビル5F お問い合わせ ニュース
  • 17. メイン画像 予約 (アニメーション付) おすすめ コンセプト ニュース 店名 シェフからのメッセージ プロモーション (読み方含む) お問い合わせ 本日のランチ (又はディナー) 駐車場情報
  • 18. 企業ミッション 代表者の挨拶 冗長な文書 ギミック イントロムービー 当たり前を疑い省く
  • 19. 86% Information 20% Facebook Users Pew Internet Research (2012) by Johan Larsson
  • 20. Useful 使える User Centered 利用者中心 Consistent 一貫性 Clear Concise 簡潔 明確
  • 21. Useful 使える User Centered 利用者中心 Consistent Clear 簡潔 フォーカス Social ソーシャル 一貫性 Concise Focus 明確
  • 22. What about Context? コンテキスト(文脈)はどうなの? by Ed Yourdon
  • 23. デバイス 天気 知識 経験 ムード 場所 社会 文化 使い方 目的 時間 人との距離 欲求
  • 24. ムード 場所 ゴール 動き 好み Context ヒューマン テクニカル 時間 デバイス 期待 欲求 天気
  • 25. ムード 場所 ゴール 動き 好み Context ヒューマン テクニカル 時間 デバイス 期待 欲求 天気
  • 26. ユーザー設定 デバイス 履歴 検索キーワード
  • 27. GPS / IPアドレス ネットワーク 履歴 時間 ソーシャルメディア
  • 28. Not yet Is Context King?
  • 29. 情報交換 ショッピング メール What is mobile? モバイルだからといって使い方って限定してる? Web観覧 読書 ビデオ ブログ
  • 30. 31% Pew (2012) 28% Pew (2011)
  • 31. いつ、どこで、どのように コンテンツにアクセスするかは利用者の自由
  • 32. コンテキストを察知して パーソナライズ化した コンテンツを 用意しましたー。
  • 33. コンテキストを察知して パーソナライズ化した いや、 コンテンツを そんなの頼んでないし。 用意しましたー。
  • 34. Context will be King
  • 35. Content is Broken 今のコンテンツは壊れている
  • 36. <meta property="og:title" content="ソムリエは知っている! ボジョレーよりもおすすめのヌーヴォー(新 酒ワイン)" /> <meta property="og:type" content="article" /> <meta property="og:url" content="http://www.lifehacker.jp/ 2012/11/121118sommelier.html" /> <meta property="og:image" content="http://www.lifehacker.jp/upload_files/ 121118sommelier.jpg" /> <meta property="og:description" content="皆様こんにちは。グルメスチュワートの浅田です。街の装いも 変わって、少しずつ本格的な冬が近づいてきま" />
  • 37. ? 現状、どのようにコンテンツが管理されているのか?システムは? Webマスターは誰?また、コンテンツの責任者は? ? 見直しや、調整が行われているか?コンテンツは古くなってないか? ? コンテンツ制作や配信のためのルールは築かれているか?
  • 38. プレミアムデザイン リッチインタラクション
  • 39. 6バージョン作成 3倍以上のコスト
  • 40. 4.1% 810,000
  • 41. 5.5インチのディスプレイ
  • 42. 5.5インチのディスプレイ 27インチのタブレット?
  • 43. ? 現存の情報を再利用できるのか?それとも新しくコンテンツを作らなけ ればならないのか? ? 現存の CMS と連携ができるのか?配信までのプロセスは? ? もし、新しいサービスのフレームワークを現存の CMS が保持できない なら、すべて新しい CMS へ移行するのか?それとも別なのを加えるの か?
  • 44. すべてを自動化できない 今だけのことを考えて作れない 作る以外にも考えることが多い コンテンツはとてもコスト高!
  • 45. 真のマルチデバイス化という新しい価値の提供 長期的なお客様、利用者への満足 より、コンテンツを活かしたデザインをつくるチャンス
  • 46. Content is Hard! コンテンツは難しい!
  • 47. 企画 仕様設計 デザイン 制作・開発 リリース
  • 48. 企画 仕様設計 デザイン 制作・開発 リリース
  • 49. by Harsh Agrawal
  • 50. 86% Neilsen, Google
  • 51. 78% Model Metrics 2011 by Adam Grabek
  • 52. Smatrphone Computer Tablet Game Console アメリカの 6 歳から 19 歳までの男女
  • 53. 啓蒙 レビュー 調整・構成 最適化
  • 54. 今あるコンテンツの在庫項目を洗い出す コンテンツの品質チェック ミスや手直しが必要なものの作業をする 他に必要なコンテンツがあるか話し合う
  • 55. Content Model コンテンツモデル
  • 56. Content Model コンテンツの細分化 最小の単位を定義する工程 設計のためのテンプレート コンテンツモデル
  • 57. COPE Create Once, Publish Everywhere 1回作り込んで、すべての場で配信する
  • 58. 日付 タイトル 画像 本文 地図 会場情報 申し込み
  • 59. 日付 短めのタイトル タイトル 画像 本文 地図 会場情報 申し込み
  • 60. 日付 短めのタイトル タイトル サムネイル 画像 本文 地図 会場情報 申し込み
  • 61. 日付 短めのタイトル タイトル サムネイル 画像 詳細 スピーカー 概要 日付 地図 会場情報 申し込み 会場 開始時間 終了時間
  • 62. 日付 サブタイトル タイトル サムネイル 詳細 画像 スピーカー 概要 日付 地図 会場情報 申し込み 会場 開始時間 終了時間
  • 63. プレスリリース タイトル(短) タイトル(長) イントロダクション 本文 概要 サムネイル 公開日 改訂日 担当者名 添付ファイル 関連製品 お問い合わせ情報
  • 64. パソコン モバイル ソーシャル タイトル(長) タイトル(短) タイトル(短) イントロダクション イントロダクション サムネイル 公開日 公開日 概要 改訂日 改訂日 本文 本文 関連製品 関連製品 添付ファイル お問い合わせ情報 お問い合わせ情報 担当者名 担当者名
  • 65. ゴールに沿ったモデリングかどうか 運営するためのリソースがあるか メッセージを伝えるために十分かどうか トーン&マナーは適しているかどうか
  • 66. CMS
  • 67. CMS=API
  • 68. CMS=API 再利用できるような設計を意識する コンテンツは自由に組み合わせができる小さな塊 コンテンツとスタイリングを切り離す メタデータを入力できる環境を整える
  • 69. ページ パッケージ
  • 70. モバイルだからという先入観をもたない 利用者にとっての良いコンテンツをつくる 早い段階からスタート デザインがより自由になる CMSをAPIのように使ってみる
  • 71. THANK YOU! 長谷川恭久 mail@yasuhisa.com @yhassy yasuhisa.com/could

×