Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Yakyutomo

Ad

やきゅとも! 開発の裏側




株式会社Pokelabo 鈴木 匠太
    2011/7/20

Ad

やきゅとも!とは?
                                    release:     2010/4/27
                                    title:       やきゅと...

Ad

やきゅとも!の狙いとは?
■ゲームの狙い

1.やきゅとも!を通して弱小チーム監督からの成り上がり感を体験させたい。

2.試合でのハラハラ感の演出。
→3塁までランナーが進塁した!あと1本ヒットが出れば…

3.選手獲得時のワクワク感の演出
...

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Loading in …3
×

Check these out next

1 of 25 Ad
1 of 25 Ad

More Related Content

Yakyutomo

  1. 1. やきゅとも! 開発の裏側 株式会社Pokelabo 鈴木 匠太 2011/7/20
  2. 2. やきゅとも!とは? release: 2010/4/27 title: やきゅとも! platform: モバゲー category: スポーツ ■内容 自分が監督となってお好みの選手を育成し、自分だけのチームを作って 世界の強豪がひしめくライバルのいる舞台へ導く野球チーム育成シミュレーションゲーム。 ■現在(6月末時点) 会員数 約200万人 男女比 男性96% 15~30代中心 サークル人数 104,683人 過去最高ランキング 男性4位(3ヶ月間キープ) 全体7位 1位から5位へダウン
  3. 3. やきゅとも!の狙いとは? ■ゲームの狙い 1.やきゅとも!を通して弱小チーム監督からの成り上がり感を体験させたい。 2.試合でのハラハラ感の演出。 →3塁までランナーが進塁した!あと1本ヒットが出れば… 3.選手獲得時のワクワク感の演出 →子供の頃味わったBBMカードを買うときの感覚 4.ちょっとした昼ドラ要素 →登場キャラの相関設定などのこだわりをみせたい 5.当時クリックゲームが流行っていたので、それは真似をしたくない。 →怪盗ロワイアルの真逆。時間設定形ミッションに →当時、イストピカさんのビストランテを参考にした。 6.普通の野球ゲームにはしたくない。
  4. 4. やきゅとも! ということで、リリースから 1年を超えて 今更感まるだしですが。。。
  5. 5. やきゅとも!振り返り 振り返りしてみました。 (有益な情報になるか分かりませんが全て出します)
  6. 6. やきゅとも!本日のお題 1.企画の裏側 2.開発の裏側 3.運営の裏側 ザ・裏側シリーズ!
  7. 7. やきゅとも!企画の裏側 野球 / 地球防衛軍 / バトエン 簡易企画3案出し野球ゲームが選ばれる。 パワプロのサクセスのような選手育成をメインとした企画 ちなみに、地球防衛軍ゲームは、防衛軍側と怪獣側にユーザーが分かれて 互いに違うゲームをし、バトル時だけ両ゲームが連携するといった企画 バトルえんぴつゲームは、自分が小学生くらいに流行ったドラゴンクエストの バトエンをソーシャルゲームに落とし込んだら楽しいのではないかと出した企画
  8. 8. やきゅとも!のキャラクターはどこで見つけた!? 「Pixiv」で発見! 野球系のキャラクターを描いている人達にひたすらコンタクトしていった。 決まったら、絵師さんの住まいの近くの喫茶で打ち合わせ。
  9. 9. 破格のイラスト費用 球場 5パターン*2000 10000 アイテム 10パターン500 5000 応援団 2パターン*1000 2000 トレーニング 6パターン*1000 6000 ¥23,000 顔 30パターン*400 12000 頭 23パターン*400 9200 アクセサリー 15パターン*400 6000 ユニフォーム 12パターン*400 4800 ¥32,000 ちなみに、当時の発注単価 アイテム 500円 / キャラクター 1200円 球 場 2000円 / アバターパーツ 400円 と今では考えられない破格
  10. 10. やきゅとも!開発の裏側 開発環境/体制 企画・開発期間: 3ヶ月半(途中サムライ戦記開発のヘルプに入る) 開発体制: 企画/開発/デザイン/flash 1名 インフラ/1名 計2名 開発環境: LAMP / ピュアPHP / swfwrapper (現在はswfEditor) サムライキングダム、三国英雄伝、熱血硬派拳塾、 サムライ戦記とヒットタイトルが続いている中、 一人プレッシャーを感じつつ、 誰からも突っ込まれることなく黙々と開発をしていた。 ちなみに私のPHP経験は半年間。 当時は自宅開発できたから、土日関係なく開発していた。
  11. 11. やきゅとも!開発の裏側 ↑この収益予想! 今じゃとても考えられない。 ちなみにコレは勝手サイト参考仕様です。 実はmixiで出すつもりで開発していました。 (mixiの広告収益のレートが変わった為に、mixiでのリリースを中止し、勝手サイトに出せるように修正していた。) が…最終的にサムライ戦記の伸び率を見て モバゲーにて出すこととなった。
  12. 12. やきゅとも!開発の裏側 デザイン周りの裏側!
  13. 13. やきゅとも!ページデザインの裏側 マイページのデザインは 当時からあまり変わっていない。 (原点は旧mixiモバイルのマイページを参考) また、熱血硬派拳塾リリースからは サーバーダウンを避ける為、 ヘッダー画像/ライン画像など、 極力画像を使わずにした。 重いがリッチなページ<軽くてそこそこなページ サクサクプレイできるのがもっとも大事と以前、 ヒットメーカーの方に聞いて心がけるようにしている。
  14. 14. やきゅとも!ページデザインの裏側 発見 吸収 モバイルデザイン 参考デザイン やきゅとも! アーカイブ トップページ 発見+吸収 やきゅとも! アクアリウム フレンドページ
  15. 15. やきゅとも!バトル演出の裏側 激空間パワフルリーグ やきゅとも! 基本システムはターン制のバトルシステム 激空間パワフルリーグを研究。
  16. 16. やきゅとも!振り返り そう!基本は研究。 (どう見せるかが大事なわけで、活かすも殺すもその場面に合うかどうか)
  17. 17. やきゅとも!開発の裏側 余談
  18. 18. やきゅとも!隠された真実とは!? 1.主人公の裏ストーリー 高校時代、甲子園に出場しプロ野球を目指していた設定で その後、一般企業のサラリーマンをしていたが会社の経営難 でリストラをくらい、その日の帰り道、ショックで河原にいたら、 謎の爺にスカウトされたのが監督になったきっかけ。 →リストラとかは実際にプレイしている人にもそういう人が いるかもしれないからといった理由で削除された。 1.青空みなみと…!? コメント入力ページで「青空みなみ」と 入力すると、隠しflashページが表示され、 ツンデレみなみのデレの部分が見れる。 →アイデアの参考にしたのは 脱出ゲームで、テキスト入力欄に答えを 入力するといったシステムを盗んだ。
  19. 19. やきゅとも!実は全国にCMが流れるはずだった。 実際には宮崎でしか放映されませんでした。
  20. 20. やきゅとも!運営の裏側 運営は大変
  21. 21. やきゅとも!運営の裏側 運営体制: 企画/開発/デザイン/flash 1名 デバッグ兼カスタマー 2名 インフラ/1名 計4名 (2010年6月中旬まで) バグ/チート対応+新規開発+イベント対応 リリース直後の爆発的にインストール増加の恐怖。 勝手サイトとは規模が違い、対応が間に合わなかった。 土日は彼女よりやきゅとも!優先でした。 リリース1ヶ月で60万人突破。(広告なし) 10億PV越えで平均アクティブ40%
  22. 22. やきゅとも!運営の裏側 1.チートしたユーザーに対して、 DBからデータを50人以上削除し 大問題になったことがある。対応として、後日、バックアップしてあったDBデータ をインポートして解決。多くのユーザーにチートしたら消されると恐れられる存在 となった。 2.自分の個人運営ブログに ユーザーから、 「死ねよカス」と直メールが来たことがある。 3.当時、モバゲー内ではガチャといったらやきゅとも!が 一番と言われた事がある。 4.やきゅとも!開発者という情報がどこから漏れたか分からないが 何社か謎のヘッドハンティングにあった。 5.カスタマーのアルバイトがデザイナーとして活躍できるようになった。
  23. 23. やきゅとも!運営の裏側 心がけていたこと ・事前告知 ・リリース直後にサークルを盛り上げる役に徹した ・この時間に○○に行くと…(今だけ感の演出) ・○○したければ○○しなさい! (目的に対する明確な行動のアプローチ) ・善悪性(ストーリー内に良い事をする者と悪い事をする者を作る) ・ソーシャル性(友達と何かすることでインセンティブがもらえる要素を作る) ・バイラル性(何だコレと思わず人に伝えたくなる要素を作る) ・ユーザーストレス(もっと遊びたい。あれ欲しいと思わせるモノを作る) ・ライバル性(上になりたい。アイツだけには負けたくないという競争心を作る) ・攻略性(やっていて気持ちいい、謎が解けたときにうれしさを作る) ・ユーザーが停滞しているポイントの割り出し。離脱ポイントの割り出し! どこまで進行すれば継続率高いか。を割り出し、問題点を修正していく。 ・ショップで売られているアイテムは極力減らす。売れてないアイテムはすぐに削る
  24. 24. やきゅとも!振り返り リリース時期やタイミング 新規性(当時は他アプリになかったユニット制)など あらゆる要素がヒットにつながったのではないか。 あまりたいしたノウハウはないです。 あえて言うと、楽しく企画開発は出来ていた!
  25. 25. やきゅとも! ご清聴ありがとうございました。 夏の終わりに「やきゅとも2リリース予定!」

×