SlideShare a Scribd company logo
さらば!
データサイエンティスト
PFIセミナー 2013/08/22
株式会社Preferred Infrastructure
リサーチャー&Jubatusチームリーダー
比戸 将平
自己紹介
 比戸将平(HIDO Shohei)
 TwitterID: @sla
 専門:データマイニング、機械学習
 経歴:
 2006-2012: IBM東京基礎研究所データ解析グループ
 機械学習(特に異常検知)のアルゴリズム研究開発
 お客様案件でデータ解析プロジェクトに従事
 2012-: 株式会社プリファードインフラストラクチャー
 大規模オンライン分散機械学習基盤Jubatusチームリーダー
 2013-: Preferred Infrastructure America, Inc.
 Chief Research Officer
2
IT Leaders様にインタビュー記事掲載:
数日間Google検索のトップにいた(?)
http://it.impressbm.co.jp/e/2013/08/01/5054
データサイエンティスト三部作・完結編
「さらば!データサイエンティスト」
 つくり方:データサイエンティストグループの構築
 つかい方:仕事を依頼する側のリテラシーの話
 今回は定義論もあるあるも活用方法も無し
Slideshareにて公開中
 続:データサイエンティストブーム
 なぜ「さらば」なのか?
 具体例
 まとめ
 作者のあとがき
Agenda
データサイエンティスト
うおおおおおお
NHKクローズアップ現代で統計ブーム特集
 “統計学を使いこなす「データサイエンティスト」と呼
ばれる専門職は「最もセクシーな(魅力的な)職業」だ
として、多くの企業から引く手あまたの状況だ。”
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/index_yotei_3375.html
Google Trendsによる検索人気度のMAX:
第2回時の3倍、第1回時の15倍
7
データサイエンティスト協会設立
→役割の定義と育成へ
http://www.datascientist.or.jp/
各社による育成ビジネス
http://www.albert2005.co.jp/release/archives/201307/29_120043.html
http://www.brainpad.co.jp/news/2013/pdf/0806.pdf
http://japan.emc.com/microsites/bigdata/why-big-data-datascientist.htm
関連本の相次ぐ出版:今年4月以降だけでこれだけ
育成、データ分析、統計推し、事例集、情シスの逆襲
現時点での決定版:
データサイエンティスト養成読本(今見た)
 広いトピックがコンパクトにかつ初歩には必要十分
 データ分析基礎編、データサイエンス、R、NumPy、
機械学習、Fluentd、マーケティング分析、SNS分析、SQL
 インストール方法、サンプルも豊富に載ってる
 データサイエンティストを目指すなら必読
本日のキーメッセージ
データサイエンティストは…
養成できません!!!
(そう簡単には)
 続:データサイエンティストブーム
 なぜ「さらば」なのか?
 具体例
 まとめ
 作者のあとがき
Agenda
データサイエンティスト
うおおおおおお
ビッグデータ分析の導入:まだまだこれから
 IBMの2012年調査
 24%がまだビッグデータ活用について調査段階
 47%がビッグデータ活用方法について検討段階
 わずか6%が導入してビジネス価値を生み出している
 導入の困難さと効率化の困難さがやや混同されている
IBM Institute of Business Value “Analytics: The real-world use of big data”, 2013
ビッグデータ
解析
データ
アナリティクス
ビ
ッ
グ
デ
ー
タ
ビッグデータ分析の現状:ブラックボックス?
15
応用
利益最大化
コスト最小化
需要予測
故障予知
営業戦略最適化
パーソナライズ
マーケ最適化
データ
サイエンティスト
ビ
ッ
グ
デ
ー
タ
ビッグデータ処理系と解析ソフトウェアの組合せ
16
データサイエンティスト
ビッグデータ処理系
応用
利益最大化
コスト最小化
需要予測
故障予知
営業戦略最適化
パーソナライズ
マーケ最適化
大規模DB
解析ソフトウェア
ビッグデータ分析の導入と効率化における3つの壁
IT
1
2
3
 パターン1:ビジネスに結びつける組織・体制
 パターン2:データ収集と蓄積の基盤
 ☆パターン3:解析の手法とスキルと効果測定
壁パターン1:ビジネスに結びつける組織・体制
 経営陣による戦略決定、組織横断のチームづくり
 関係部門全てに対する負担要請と利害調整
 ビッグデータ分析の効果の公平な分配
壁パターン2:データ収集と蓄積の基盤
 データが収集されていない、組織内にはるが出て来ない
 蓄積するための統合ITインフラが用意されていない
 部門単位でコストをかけるにはリスクが高すぎる
…そこをなんとか…
機密情報だからなー
個人情報保護もあるし。
そんなデータないよ。
え?新しく取れ?
(面倒だな…)
データサイエンティスト
マネージャー
現場社員
壁パターン3:解析の手法とスキルと効果測定
 統計学が重要というコンセプトレベルでは皆同意
 一方でデータサイエンティストへの過度の期待
 「うちのビジネスをよく理解してくれて〜」
 「コミュニケーション能力とPM力高くて〜」
 「統計も機械学習の最新技術も全部わかってて〜」
 「PDCAサイクル回すの手伝ってくれて〜」
あー完璧なデータサイエンティスト
どっかにいないかな〜
上層部
データサイエンティスト
……………………
スキルの問題:教育によりある程度解決する見込み
 真実:完璧なデータサイエンティストは存在しない
Communication
Skill
Business
Understanding
Project
Management
第3の支え:進化した解析用ソフトウェア
今ほとんど触れられることのない部分
ビッグデータ分析
ビッグデータ
ITインフラ
統
計
学
デ
ー
タ
サ
イ
エ
ン
テ
ィ
ス
ト
進
化
し
た
解
析
用
ソ
フ
ト
現状使われているソフトウェア群
RDB / NoSQL Hadoop / SQL-like
Analytics
○○○出現以前のビッグデータ分析プロセス
[データサイエンティスト w/ Hadoop+R+Weka, 2013]
ビ
グ
デ
ー
タ
データサイエンティスト
ビッグデータ処理理系
需要予測
故障予知
パーソナライズ
マーケ最適化
⼤大規
模
DB
解析ソフトウェア
プログラム言語出現以前のプログラミング
[ENIAC, 1946]
出典:wikipedia.org
 急募!配線エンジニア
 設計書通りに壁の穴から穴へ配線を繋ぐだけの簡単なお仕事
 これからのコンピュータ時代に求められるスキルが身につきます!
解析ソフトウェアの進化:あまり考慮されていない
今後もこれからのツールがずっと使われるのか?
 Matlab: 1984-
 SPSS: 1988-
 Weka: 1993-
 GNU R: 1996-
 元のS言語は
1984-
RDB / NoSQL Hadoop / SQL-like
Analytics
統計リテラシーの向上と解析ツールの進歩により
データサイエンティスト不要のケースが増大
ビ
グ
デ
ー
タ
需要予測
故障予知
パーソナライズ
マーケ最適化
データ分析担当者
新たな分析ツール群
健全なビッグデータ分析を実現するために
 ビッグデータという言葉によって
データとミドルウェアだけに注目が
集まっている
 そこで解決できない課題を人力で何
とかしてくれるデータサイエンティ
ストの出現と、その理想像に関する
議論が盛んに行われている
 組織の意識変革や経営陣・マネジメ
ント層の統計リテラシー向上も重要
だが、その他の変化も見失ってはい
けない
解析ソフト
人
組織
データ
ミドルウェア
 続:データサイエンティストブーム
 なぜ「さらば」なのか?
 具体例
 まとめ
 作者のあとがき
Agenda
データサイエンティスト
うおおおおおお
解析ソフトウェアの進化とは
 何が解析ソフトウェアをどう変えるのか
 メモリの大容量化→インメモリ処理のスケーラビリティ向上
 仮想化技術→面倒なデータ管理をユーザーから隠蔽
 ネットワークの高速化→処理結果を瞬時に伝送可能
 ブラウザ上GUIの進化→ブラウザからカンタンにに使えるUI
 クラウド→環境構築と性能増減のコストがほぼゼロに
 進化した解析ソフトウェアの特徵
 インメモリ動作:解析処理のインタラクティブ性を重視
 クラウド、SaaS化:データは向こう側に置いて結果だけ得る
 使いやすいUIに特化:ユーザーの敷居を出来る限り下げる
 シンプルな課金体系:無料トライアル+機能x月額料金
紹介する実例
 インタラクティブなデータ可視化ツール
 QlikView
 Tableau
 表形式データ加工ツール
 Fivetran
 カンタンに使える機械学習ツール
 bigML
 Bazil
 データサイエンティストのお助けツール
 MLbase
 maf
インタラクティブなデータ可視化(1/2)
QlikTech - QliKview (1996-)
 従来のBIツールとの違い:セルフサービス型
 データをインメモリで保持しビューをその場で変更可能
 複数の情報源を透過的に組合せ検索しながら深堀り・絞込み
 概要ムービー
インタラクティブなデータ可視化(2/2)
Tableau (2003-)
 VizQLという独自の可視化クエリ言語に基づいたシステム
 Amazon EC2で動作可能、クラウドサービスもリリース
 サンプルデモ
表形式データ加工ツール:
Fivetran (2013-)
 完全ブラウザベースで表形式データの処理を実行
 「ExcelとMatlabの間」→サンプルデモ
 独自の処理クエリを入力すると結果が次の表になる
 単なる変換から集計、時系列分析まで機能を拡張中
カンタンに使える機械学習ツール(1/2)
bigML (2012-)
 “Machine Learning for Everyone”
 決定木アルゴリズムによる学習&予測フローを固定化
 パラメータ調整や結果の表示を重視
 動作デモ
分析
担当者
テキスト ログ/履歴
Webブラウザ クラウド
予測要因 予測評価
数値データ
カンタンに使える機械学習ツール(2/2)
Preferred Infrastructure - Bazil (2013-)
 “Machine Learning for Everyone”
 決定木アルゴリズムによる学習&予測フローを固定化
 パラメータ調整や結果の表示を重視
 動作デモ
データサイエンティストのお助けツール(1/2)
UC Berkley - MLbase in BDAS(2013-)
 機械学習タスクの実行クエリを抽象的に記述
 アルゴリズムやパラメータを変更して分散実行
[Kraska+, CIDR2013]
データサイエンティストのお助けツール(2/2)
Preferred Infrastructure – maf (2013-)
 アルゴリズムやパラメータを変更して実行
 wafベース、設定から可視化(matplotlib)までを
pythonコードとして簡単に記述できる
解析ソフトウェアの変化がもたらすもの:
データサイエンティストの負担が減る
 今は非力でもソフトウェアの高性能化と抽象化が後押し
 不要になる:面倒なデータ管理や前処理の繰り返し
 自動化される:実験設定を変更しては再実行の試行錯誤
 敷居が下がる:一般ユーザーがExcelのようにこなせる仕事
従来のソフトウェア基盤 新しいソフトウェア基盤
BI
・例:Cognos、BusinessObjects
・DB上でのバッチ処理
・固定のビュー・ドリルダウン
・定型的なレポート中心
・例:QlikView、Tableau
・インメモリで高速処理
・自由に変更可能なビュー
・インタラクティブな分析
機械学習
・例:R、MATLAB
・任意の解析処理が実現可能
・専用スクリプトの記述が必要
・結果の解釈は重視されていない
・例:bigML、Bazil
・解析フローは固定、調整可
・スクリプト無し、設定のみ
・結果の可視化なども統合
 続:データサイエンティストブーム
 なぜ「さらば」なのか?
 具体例
 まとめ
 作者のあとがき
Agenda
データサイエンティスト
うおおおおおお
まとめ
 ビッグデータ分析を効率化するためのソフトウェアが
必ずこれからどんどん市場に出てきます
 この解析ソフトウェアの進化は、データインフラの整
備、統計リテラシーの向上、組織的ビッグデータ戦略の
浸透、データサイエンティストの育成と並行して進みま
す
 重要なスキル、組織のIT戦略、ソフトウェア、ミドル
ウェア、ハードウェア、コンピュータアーキテクチャは
刷新サイクルはがそれぞれ異なります
 それを見極めるのが最先端を逃さないために重要です
 続:データサイエンティストブーム
 なぜ「さらば」なのか?
 具体例
 まとめ
 作者のあとがき
Agenda
データサイエンティスト
うおおおおおお
作者のあとがき
 良くも悪くも全てはポジショントーク!
 データサイエンティストとして自分を高く売りたい人
 育成ビジネスで儲けたい研修サービス会社
 ブームに乗って関連本を売りたい出版社
 最終的にIT投資を増やして欲しいベンダー
 ネットでちょっとウケて目立ちたかった僕
ブームに乗せられるのではなく、乗る
 ビッグデータとかデータサイエンティストとかの言葉は
滅びるかもしれない
 けど以下の事実は不変
 収集できるデータの量、品質、種類が増える
 データ分析を支えるツールの使いやすさと計算能力が上がる
 経営陣、マネジメント層にデータ活用の意識が高まる
 これまでデータ活用で何かを成し遂げようとしたときに
障害となってきたデータ/ソフト/ハード/組織の壁が
どんどん低くなりつつある
 これらのハードルをギリギリで飛び越えて結果を出した
勇者のみがデータサイエンティストを名のれる!!
 まぁ観念論はこの辺にして、Excel作業に戻ろうか…
Have a
happy data scientist life!!
そんじゃーね!

More Related Content

What's hot

データサイエンス概論第一=3-1 線形代数に基づくデータ解析の基礎
データサイエンス概論第一=3-1 線形代数に基づくデータ解析の基礎データサイエンス概論第一=3-1 線形代数に基づくデータ解析の基礎
データサイエンス概論第一=3-1 線形代数に基づくデータ解析の基礎
Seiichi Uchida
 
PyTorchLightning ベース Hydra+MLFlow+Optuna による機械学習開発環境の構築
PyTorchLightning ベース Hydra+MLFlow+Optuna による機械学習開発環境の構築PyTorchLightning ベース Hydra+MLFlow+Optuna による機械学習開発環境の構築
PyTorchLightning ベース Hydra+MLFlow+Optuna による機械学習開発環境の構築
Kosuke Shinoda
 
全力解説!Transformer
全力解説!Transformer全力解説!Transformer
全力解説!Transformer
Arithmer Inc.
 
機械学習チュートリアル@Jubatus Casual Talks
機械学習チュートリアル@Jubatus Casual Talks機械学習チュートリアル@Jubatus Casual Talks
機械学習チュートリアル@Jubatus Casual Talks
Yuya Unno
 
データサイエンス概論第一=2-1 データ間の距離と類似度
データサイエンス概論第一=2-1 データ間の距離と類似度データサイエンス概論第一=2-1 データ間の距離と類似度
データサイエンス概論第一=2-1 データ間の距離と類似度
Seiichi Uchida
 
1 データとデータ分析
1 データとデータ分析1 データとデータ分析
1 データとデータ分析
Seiichi Uchida
 
失敗から学ぶ機械学習応用
失敗から学ぶ機械学習応用失敗から学ぶ機械学習応用
失敗から学ぶ機械学習応用
Hiroyuki Masuda
 
計量時系列分析の立場からビジネスの現場のデータを見てみよう - 30th Tokyo Webmining
計量時系列分析の立場からビジネスの現場のデータを見てみよう - 30th Tokyo Webmining計量時系列分析の立場からビジネスの現場のデータを見てみよう - 30th Tokyo Webmining
計量時系列分析の立場からビジネスの現場のデータを見てみよう - 30th Tokyo Webmining
Takashi J OZAKI
 
[DL輪読会]ICLR2020の分布外検知速報
[DL輪読会]ICLR2020の分布外検知速報[DL輪読会]ICLR2020の分布外検知速報
[DL輪読会]ICLR2020の分布外検知速報
Deep Learning JP
 
データサイエンティストのつくり方
データサイエンティストのつくり方データサイエンティストのつくり方
データサイエンティストのつくり方
Shohei Hido
 
Data-centricなML開発
Data-centricなML開発Data-centricなML開発
Data-centricなML開発
Takeshi Suzuki
 
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
mlm_kansai
 
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
Satoshi Hara
 
勾配ブースティングの基礎と最新の動向 (MIRU2020 Tutorial)
勾配ブースティングの基礎と最新の動向 (MIRU2020 Tutorial)勾配ブースティングの基礎と最新の動向 (MIRU2020 Tutorial)
勾配ブースティングの基礎と最新の動向 (MIRU2020 Tutorial)
RyuichiKanoh
 
相関分析と回帰分析
相関分析と回帰分析相関分析と回帰分析
相関分析と回帰分析
大貴 末廣
 
AIと最適化の違いをうっかり聞いてしまう前に
AIと最適化の違いをうっかり聞いてしまう前にAIと最適化の違いをうっかり聞いてしまう前に
AIと最適化の違いをうっかり聞いてしまう前に
Monta Yashi
 
データサイエンス概論第一=1-3 平均と分散
データサイエンス概論第一=1-3 平均と分散データサイエンス概論第一=1-3 平均と分散
データサイエンス概論第一=1-3 平均と分散
Seiichi Uchida
 
モデルではなく、データセットを蒸留する
モデルではなく、データセットを蒸留するモデルではなく、データセットを蒸留する
モデルではなく、データセットを蒸留する
Takahiro Kubo
 
最近のDeep Learning (NLP) 界隈におけるAttention事情
最近のDeep Learning (NLP) 界隈におけるAttention事情最近のDeep Learning (NLP) 界隈におけるAttention事情
最近のDeep Learning (NLP) 界隈におけるAttention事情
Yuta Kikuchi
 
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs (gMLP)
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs	(gMLP)[DL輪読会]Pay Attention to MLPs	(gMLP)
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs (gMLP)
Deep Learning JP
 

What's hot (20)

データサイエンス概論第一=3-1 線形代数に基づくデータ解析の基礎
データサイエンス概論第一=3-1 線形代数に基づくデータ解析の基礎データサイエンス概論第一=3-1 線形代数に基づくデータ解析の基礎
データサイエンス概論第一=3-1 線形代数に基づくデータ解析の基礎
 
PyTorchLightning ベース Hydra+MLFlow+Optuna による機械学習開発環境の構築
PyTorchLightning ベース Hydra+MLFlow+Optuna による機械学習開発環境の構築PyTorchLightning ベース Hydra+MLFlow+Optuna による機械学習開発環境の構築
PyTorchLightning ベース Hydra+MLFlow+Optuna による機械学習開発環境の構築
 
全力解説!Transformer
全力解説!Transformer全力解説!Transformer
全力解説!Transformer
 
機械学習チュートリアル@Jubatus Casual Talks
機械学習チュートリアル@Jubatus Casual Talks機械学習チュートリアル@Jubatus Casual Talks
機械学習チュートリアル@Jubatus Casual Talks
 
データサイエンス概論第一=2-1 データ間の距離と類似度
データサイエンス概論第一=2-1 データ間の距離と類似度データサイエンス概論第一=2-1 データ間の距離と類似度
データサイエンス概論第一=2-1 データ間の距離と類似度
 
1 データとデータ分析
1 データとデータ分析1 データとデータ分析
1 データとデータ分析
 
失敗から学ぶ機械学習応用
失敗から学ぶ機械学習応用失敗から学ぶ機械学習応用
失敗から学ぶ機械学習応用
 
計量時系列分析の立場からビジネスの現場のデータを見てみよう - 30th Tokyo Webmining
計量時系列分析の立場からビジネスの現場のデータを見てみよう - 30th Tokyo Webmining計量時系列分析の立場からビジネスの現場のデータを見てみよう - 30th Tokyo Webmining
計量時系列分析の立場からビジネスの現場のデータを見てみよう - 30th Tokyo Webmining
 
[DL輪読会]ICLR2020の分布外検知速報
[DL輪読会]ICLR2020の分布外検知速報[DL輪読会]ICLR2020の分布外検知速報
[DL輪読会]ICLR2020の分布外検知速報
 
データサイエンティストのつくり方
データサイエンティストのつくり方データサイエンティストのつくり方
データサイエンティストのつくり方
 
Data-centricなML開発
Data-centricなML開発Data-centricなML開発
Data-centricなML開発
 
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
最近のKaggleに学ぶテーブルデータの特徴量エンジニアリング
 
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
機械学習モデルの判断根拠の説明(Ver.2)
 
勾配ブースティングの基礎と最新の動向 (MIRU2020 Tutorial)
勾配ブースティングの基礎と最新の動向 (MIRU2020 Tutorial)勾配ブースティングの基礎と最新の動向 (MIRU2020 Tutorial)
勾配ブースティングの基礎と最新の動向 (MIRU2020 Tutorial)
 
相関分析と回帰分析
相関分析と回帰分析相関分析と回帰分析
相関分析と回帰分析
 
AIと最適化の違いをうっかり聞いてしまう前に
AIと最適化の違いをうっかり聞いてしまう前にAIと最適化の違いをうっかり聞いてしまう前に
AIと最適化の違いをうっかり聞いてしまう前に
 
データサイエンス概論第一=1-3 平均と分散
データサイエンス概論第一=1-3 平均と分散データサイエンス概論第一=1-3 平均と分散
データサイエンス概論第一=1-3 平均と分散
 
モデルではなく、データセットを蒸留する
モデルではなく、データセットを蒸留するモデルではなく、データセットを蒸留する
モデルではなく、データセットを蒸留する
 
最近のDeep Learning (NLP) 界隈におけるAttention事情
最近のDeep Learning (NLP) 界隈におけるAttention事情最近のDeep Learning (NLP) 界隈におけるAttention事情
最近のDeep Learning (NLP) 界隈におけるAttention事情
 
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs (gMLP)
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs	(gMLP)[DL輪読会]Pay Attention to MLPs	(gMLP)
[DL輪読会]Pay Attention to MLPs (gMLP)
 

Similar to さらば!データサイエンティスト

プロダクトマネージャのお仕事
プロダクトマネージャのお仕事プロダクトマネージャのお仕事
プロダクトマネージャのお仕事
Shohei Hido
 
今年のKDDベストペーパーを実装・公開しました
今年のKDDベストペーパーを実装・公開しました今年のKDDベストペーパーを実装・公開しました
今年のKDDベストペーパーを実装・公開しました
Shohei Hido
 
データ分析基盤を支えるエンジニアリング
データ分析基盤を支えるエンジニアリングデータ分析基盤を支えるエンジニアリング
データ分析基盤を支えるエンジニアリング
Recruit Lifestyle Co., Ltd.
 
課題解決エンジンを支えるデータ処理システムと利活用事例
課題解決エンジンを支えるデータ処理システムと利活用事例課題解決エンジンを支えるデータ処理システムと利活用事例
課題解決エンジンを支えるデータ処理システムと利活用事例
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
gree_tech
 
プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4
プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4
プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4
shakezo
 
「今後現場で求められるAIエンジニア像とは?」株式会社ホットリンク 榊 剛史
「今後現場で求められるAIエンジニア像とは?」株式会社ホットリンク  榊 剛史「今後現場で求められるAIエンジニア像とは?」株式会社ホットリンク  榊 剛史
「今後現場で求められるAIエンジニア像とは?」株式会社ホットリンク 榊 剛史
Leading Edge Co.,Ltd.
 
大規模サイトを支えるビッグデータプラットフォーム技術
大規模サイトを支えるビッグデータプラットフォーム技術大規模サイトを支えるビッグデータプラットフォーム技術
大規模サイトを支えるビッグデータプラットフォーム技術
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
2014/06/13 若手Webエンジニア交流会発表資料「博士課程の新卒エンジニアがデータ分析環境を作った話」
2014/06/13 若手Webエンジニア交流会発表資料「博士課程の新卒エンジニアがデータ分析環境を作った話」2014/06/13 若手Webエンジニア交流会発表資料「博士課程の新卒エンジニアがデータ分析環境を作った話」
2014/06/13 若手Webエンジニア交流会発表資料「博士課程の新卒エンジニアがデータ分析環境を作った話」
圭輔 大曽根
 
リクルートライフスタイル流!分析基盤との賢い付き合い方
リクルートライフスタイル流!分析基盤との賢い付き合い方リクルートライフスタイル流!分析基盤との賢い付き合い方
リクルートライフスタイル流!分析基盤との賢い付き合い方
Recruit Lifestyle Co., Ltd.
 
構造化データをツールで簡単に分析
構造化データをツールで簡単に分析構造化データをツールで簡単に分析
構造化データをツールで簡単に分析
Yoshitaka Seo
 
WebDB Forum 2013
WebDB Forum 2013 WebDB Forum 2013
WebDB Forum 2013
Recruit Technologies
 
20190606_ml_and_buisiness
20190606_ml_and_buisiness20190606_ml_and_buisiness
20190606_ml_and_buisiness
Yoichi Tokita
 
People analyticsをアカデミックの視点で見る~組織行動論とpeople analyticsの違い~
People analyticsをアカデミックの視点で見る~組織行動論とpeople analyticsの違い~People analyticsをアカデミックの視点で見る~組織行動論とpeople analyticsの違い~
People analyticsをアカデミックの視点で見る~組織行動論とpeople analyticsの違い~
KeiHasegawa2
 
ビッグデータとクラウドソーシング
ビッグデータとクラウドソーシングビッグデータとクラウドソーシング
ビッグデータとクラウドソーシング
tokyowebmining-common
 
DBREから始めるデータベースプラットフォーム
DBREから始めるデータベースプラットフォームDBREから始めるデータベースプラットフォーム
DBREから始めるデータベースプラットフォーム
Insight Technology, Inc.
 
エッジヘビーコンピューティングと機械学習
エッジヘビーコンピューティングと機械学習エッジヘビーコンピューティングと機械学習
エッジヘビーコンピューティングと機械学習
Preferred Networks
 
「Data Infrastructure at Scale 」#yjdsw4
「Data Infrastructure at Scale 」#yjdsw4「Data Infrastructure at Scale 」#yjdsw4
「Data Infrastructure at Scale 」#yjdsw4
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
やはりデータ設計は大切です 藤原紀章
やはりデータ設計は大切です 藤原紀章やはりデータ設計は大切です 藤原紀章
やはりデータ設計は大切です 藤原紀章
Noriaki Fujiwara
 

Similar to さらば!データサイエンティスト (20)

プロダクトマネージャのお仕事
プロダクトマネージャのお仕事プロダクトマネージャのお仕事
プロダクトマネージャのお仕事
 
今年のKDDベストペーパーを実装・公開しました
今年のKDDベストペーパーを実装・公開しました今年のKDDベストペーパーを実装・公開しました
今年のKDDベストペーパーを実装・公開しました
 
Yahoo! JAPANを支えるビッグデータプラットフォーム技術
Yahoo! JAPANを支えるビッグデータプラットフォーム技術Yahoo! JAPANを支えるビッグデータプラットフォーム技術
Yahoo! JAPANを支えるビッグデータプラットフォーム技術
 
データ分析基盤を支えるエンジニアリング
データ分析基盤を支えるエンジニアリングデータ分析基盤を支えるエンジニアリング
データ分析基盤を支えるエンジニアリング
 
課題解決エンジンを支えるデータ処理システムと利活用事例
課題解決エンジンを支えるデータ処理システムと利活用事例課題解決エンジンを支えるデータ処理システムと利活用事例
課題解決エンジンを支えるデータ処理システムと利活用事例
 
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
「ドキュメント見つからない問題」をなんとかしたい - 横断検索エンジン導入の取り組みについて-
 
プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4
プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4
プロトタイプで終わらせない死の谷を超える機械学習プロジェクトの進め方 #MLCT4
 
「今後現場で求められるAIエンジニア像とは?」株式会社ホットリンク 榊 剛史
「今後現場で求められるAIエンジニア像とは?」株式会社ホットリンク  榊 剛史「今後現場で求められるAIエンジニア像とは?」株式会社ホットリンク  榊 剛史
「今後現場で求められるAIエンジニア像とは?」株式会社ホットリンク 榊 剛史
 
大規模サイトを支えるビッグデータプラットフォーム技術
大規模サイトを支えるビッグデータプラットフォーム技術大規模サイトを支えるビッグデータプラットフォーム技術
大規模サイトを支えるビッグデータプラットフォーム技術
 
2014/06/13 若手Webエンジニア交流会発表資料「博士課程の新卒エンジニアがデータ分析環境を作った話」
2014/06/13 若手Webエンジニア交流会発表資料「博士課程の新卒エンジニアがデータ分析環境を作った話」2014/06/13 若手Webエンジニア交流会発表資料「博士課程の新卒エンジニアがデータ分析環境を作った話」
2014/06/13 若手Webエンジニア交流会発表資料「博士課程の新卒エンジニアがデータ分析環境を作った話」
 
リクルートライフスタイル流!分析基盤との賢い付き合い方
リクルートライフスタイル流!分析基盤との賢い付き合い方リクルートライフスタイル流!分析基盤との賢い付き合い方
リクルートライフスタイル流!分析基盤との賢い付き合い方
 
構造化データをツールで簡単に分析
構造化データをツールで簡単に分析構造化データをツールで簡単に分析
構造化データをツールで簡単に分析
 
WebDB Forum 2013
WebDB Forum 2013 WebDB Forum 2013
WebDB Forum 2013
 
20190606_ml_and_buisiness
20190606_ml_and_buisiness20190606_ml_and_buisiness
20190606_ml_and_buisiness
 
People analyticsをアカデミックの視点で見る~組織行動論とpeople analyticsの違い~
People analyticsをアカデミックの視点で見る~組織行動論とpeople analyticsの違い~People analyticsをアカデミックの視点で見る~組織行動論とpeople analyticsの違い~
People analyticsをアカデミックの視点で見る~組織行動論とpeople analyticsの違い~
 
ビッグデータとクラウドソーシング
ビッグデータとクラウドソーシングビッグデータとクラウドソーシング
ビッグデータとクラウドソーシング
 
DBREから始めるデータベースプラットフォーム
DBREから始めるデータベースプラットフォームDBREから始めるデータベースプラットフォーム
DBREから始めるデータベースプラットフォーム
 
エッジヘビーコンピューティングと機械学習
エッジヘビーコンピューティングと機械学習エッジヘビーコンピューティングと機械学習
エッジヘビーコンピューティングと機械学習
 
「Data Infrastructure at Scale 」#yjdsw4
「Data Infrastructure at Scale 」#yjdsw4「Data Infrastructure at Scale 」#yjdsw4
「Data Infrastructure at Scale 」#yjdsw4
 
やはりデータ設計は大切です 藤原紀章
やはりデータ設計は大切です 藤原紀章やはりデータ設計は大切です 藤原紀章
やはりデータ設計は大切です 藤原紀章
 

More from Shohei Hido

CuPy: A NumPy-compatible Library for GPU
CuPy: A NumPy-compatible Library for GPUCuPy: A NumPy-compatible Library for GPU
CuPy: A NumPy-compatible Library for GPU
Shohei Hido
 
Deep Learning Lab 異常検知入門
Deep Learning Lab 異常検知入門Deep Learning Lab 異常検知入門
Deep Learning Lab 異常検知入門
Shohei Hido
 
NIPS2017概要
NIPS2017概要NIPS2017概要
NIPS2017概要
Shohei Hido
 
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
Shohei Hido
 
機械学習モデルフォーマットの話:さようならPMML、こんにちはPFA
機械学習モデルフォーマットの話:さようならPMML、こんにちはPFA機械学習モデルフォーマットの話:さようならPMML、こんにちはPFA
機械学習モデルフォーマットの話:さようならPMML、こんにちはPFA
Shohei Hido
 
Software for Edge Heavy Computing @ INTEROP 2016 Tokyo
Software for Edge Heavy Computing @ INTEROP 2016 TokyoSoftware for Edge Heavy Computing @ INTEROP 2016 Tokyo
Software for Edge Heavy Computing @ INTEROP 2016 Tokyo
Shohei Hido
 
Chainer GTC 2016
Chainer GTC 2016Chainer GTC 2016
Chainer GTC 2016
Shohei Hido
 
How AI revolutionizes robotics and automotive industries
How AI revolutionizes robotics and automotive industriesHow AI revolutionizes robotics and automotive industries
How AI revolutionizes robotics and automotive industries
Shohei Hido
 
NIPS2015概要資料
NIPS2015概要資料NIPS2015概要資料
NIPS2015概要資料
Shohei Hido
 
あなたの業務に機械学習を活用する5つのポイント
あなたの業務に機械学習を活用する5つのポイントあなたの業務に機械学習を活用する5つのポイント
あなたの業務に機械学習を活用する5つのポイント
Shohei Hido
 
PFIセミナー "「失敗の本質」を読む"発表資料
PFIセミナー "「失敗の本質」を読む"発表資料PFIセミナー "「失敗の本質」を読む"発表資料
PFIセミナー "「失敗の本質」を読む"発表資料
Shohei Hido
 
NIPS2013読み会: More Effective Distributed ML via a Stale Synchronous Parallel P...
NIPS2013読み会: More Effective Distributed ML via a Stale Synchronous Parallel P...NIPS2013読み会: More Effective Distributed ML via a Stale Synchronous Parallel P...
NIPS2013読み会: More Effective Distributed ML via a Stale Synchronous Parallel P...
Shohei Hido
 
機械学習CROSS 後半資料
機械学習CROSS 後半資料機械学習CROSS 後半資料
機械学習CROSS 後半資料
Shohei Hido
 
機械学習CROSS 前半資料
機械学習CROSS 前半資料機械学習CROSS 前半資料
機械学習CROSS 前半資料
Shohei Hido
 
Jubatusが目指すインテリジェンス基盤
Jubatusが目指すインテリジェンス基盤Jubatusが目指すインテリジェンス基盤
Jubatusが目指すインテリジェンス基盤
Shohei Hido
 
ICML2013読み会 開会宣言
ICML2013読み会 開会宣言ICML2013読み会 開会宣言
ICML2013読み会 開会宣言
Shohei Hido
 
ビッグデータはどこまで効率化できるか?
ビッグデータはどこまで効率化できるか?ビッグデータはどこまで効率化できるか?
ビッグデータはどこまで効率化できるか?
Shohei Hido
 
(道具としての)データサイエンティストのつかい方
(道具としての)データサイエンティストのつかい方(道具としての)データサイエンティストのつかい方
(道具としての)データサイエンティストのつかい方
Shohei Hido
 
FIT2012招待講演「異常検知技術のビジネス応用最前線」
FIT2012招待講演「異常検知技術のビジネス応用最前線」FIT2012招待講演「異常検知技術のビジネス応用最前線」
FIT2012招待講演「異常検知技術のビジネス応用最前線」
Shohei Hido
 
Travis E. Oliphant, "NumPy and SciPy: History and Ideas for the Future"
Travis E. Oliphant, "NumPy and SciPy: History and Ideas for the Future"Travis E. Oliphant, "NumPy and SciPy: History and Ideas for the Future"
Travis E. Oliphant, "NumPy and SciPy: History and Ideas for the Future"
Shohei Hido
 

More from Shohei Hido (20)

CuPy: A NumPy-compatible Library for GPU
CuPy: A NumPy-compatible Library for GPUCuPy: A NumPy-compatible Library for GPU
CuPy: A NumPy-compatible Library for GPU
 
Deep Learning Lab 異常検知入門
Deep Learning Lab 異常検知入門Deep Learning Lab 異常検知入門
Deep Learning Lab 異常検知入門
 
NIPS2017概要
NIPS2017概要NIPS2017概要
NIPS2017概要
 
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
 
機械学習モデルフォーマットの話:さようならPMML、こんにちはPFA
機械学習モデルフォーマットの話:さようならPMML、こんにちはPFA機械学習モデルフォーマットの話:さようならPMML、こんにちはPFA
機械学習モデルフォーマットの話:さようならPMML、こんにちはPFA
 
Software for Edge Heavy Computing @ INTEROP 2016 Tokyo
Software for Edge Heavy Computing @ INTEROP 2016 TokyoSoftware for Edge Heavy Computing @ INTEROP 2016 Tokyo
Software for Edge Heavy Computing @ INTEROP 2016 Tokyo
 
Chainer GTC 2016
Chainer GTC 2016Chainer GTC 2016
Chainer GTC 2016
 
How AI revolutionizes robotics and automotive industries
How AI revolutionizes robotics and automotive industriesHow AI revolutionizes robotics and automotive industries
How AI revolutionizes robotics and automotive industries
 
NIPS2015概要資料
NIPS2015概要資料NIPS2015概要資料
NIPS2015概要資料
 
あなたの業務に機械学習を活用する5つのポイント
あなたの業務に機械学習を活用する5つのポイントあなたの業務に機械学習を活用する5つのポイント
あなたの業務に機械学習を活用する5つのポイント
 
PFIセミナー "「失敗の本質」を読む"発表資料
PFIセミナー "「失敗の本質」を読む"発表資料PFIセミナー "「失敗の本質」を読む"発表資料
PFIセミナー "「失敗の本質」を読む"発表資料
 
NIPS2013読み会: More Effective Distributed ML via a Stale Synchronous Parallel P...
NIPS2013読み会: More Effective Distributed ML via a Stale Synchronous Parallel P...NIPS2013読み会: More Effective Distributed ML via a Stale Synchronous Parallel P...
NIPS2013読み会: More Effective Distributed ML via a Stale Synchronous Parallel P...
 
機械学習CROSS 後半資料
機械学習CROSS 後半資料機械学習CROSS 後半資料
機械学習CROSS 後半資料
 
機械学習CROSS 前半資料
機械学習CROSS 前半資料機械学習CROSS 前半資料
機械学習CROSS 前半資料
 
Jubatusが目指すインテリジェンス基盤
Jubatusが目指すインテリジェンス基盤Jubatusが目指すインテリジェンス基盤
Jubatusが目指すインテリジェンス基盤
 
ICML2013読み会 開会宣言
ICML2013読み会 開会宣言ICML2013読み会 開会宣言
ICML2013読み会 開会宣言
 
ビッグデータはどこまで効率化できるか?
ビッグデータはどこまで効率化できるか?ビッグデータはどこまで効率化できるか?
ビッグデータはどこまで効率化できるか?
 
(道具としての)データサイエンティストのつかい方
(道具としての)データサイエンティストのつかい方(道具としての)データサイエンティストのつかい方
(道具としての)データサイエンティストのつかい方
 
FIT2012招待講演「異常検知技術のビジネス応用最前線」
FIT2012招待講演「異常検知技術のビジネス応用最前線」FIT2012招待講演「異常検知技術のビジネス応用最前線」
FIT2012招待講演「異常検知技術のビジネス応用最前線」
 
Travis E. Oliphant, "NumPy and SciPy: History and Ideas for the Future"
Travis E. Oliphant, "NumPy and SciPy: History and Ideas for the Future"Travis E. Oliphant, "NumPy and SciPy: History and Ideas for the Future"
Travis E. Oliphant, "NumPy and SciPy: History and Ideas for the Future"
 

Recently uploaded

【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
Tatsuya Ishikawa
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
Tetsuya Nihonmatsu
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
company21
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 

Recently uploaded (10)

【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
2024/07/04 Blazor+ローコードで実現する.NET資産のモダナイズ
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
能動的サイバー防御の時代へ - GPTsから垣間見えた私達と未来のAIについて
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
VRM*VOICEVOX*GoogleCloudを使って自分だけのAIパートナーを作る話
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 

さらば!データサイエンティスト