SlideShare a Scribd company logo
1
2
モデレーター
山下 ひとみ / Hitomi Yamashita

2019年、新卒でメルカリに入社。メタバースやXRを中心とした先端テ
クノロジーの研究開発や広報を担当。その後メルカリのAI社員
「HISASHI」のプロジェクトに従事したのち、経営戦略室へ。現在はイ
ンターナルコミュニケーションの活性化や経営戦略の推進サポートを
行う。

@haiero

株式会社メルカリ 経営戦略室

#メルカリロードマップ .
3
メルカリのロードマップとは

4
ミッション達成までの道筋を描いた

メルカリグループの Will .

私たちの目指す 未来への道筋.

5
お知らせ
mercan(メルカン)にてロードマップ経営に関する記事を掲載中
#メルカリロードマップ .
6
登壇者紹介
河野 秀治 / Shuji Kawano

ライブドアの投資銀行部門、ゴールドマン・サックス証券とSBI
ホールディングスによる合弁の投資ファンドを経て、戦略コンサ
ルティング会社である経営共創基盤(IGPI)に入社。その後、起
業を経験。さらにGunosyの経営戦略室長として上場を経験した
のち、2018年7月メルカリ入社。上級執行役員、 経営戦略室長。

@shuji

株式会社メルカリ 上級執行役員

#メルカリロードマップ .
7
全てはミッション達成のために
新たな価値を生みだす、世界的なマーケットプレイスを創る
#メルカリロードマップ .
8
ミッションを達成するための行動指針
メルカリのバリュー
Go Bold
大胆にやろう

All for One
全ては成功のために

Be a Pro
プロフェッショナルであれ

#メルカリロードマップ .
9
組織の土壌となる価値観
メルカリのファンデーション
Sustainability
Diversity & Inclusion
Trust & Openness
Well-being for Performance
#メルカリロードマップ .
10
メルカリの 経営メカニズム とは

11
ミッション達成に向けた

毎日の良い習慣.を促す しかけ. 

12
ミッション達成に向けた、毎日の習慣を促すしかけ
超・ドキュメント文化
● 白黒つけるべき論点とその背景をナラティブで整理
● 参加者はその資料に、必ず目を通した状態で会議に参加
● 事前コメントや、フィードバックを歓迎
#メルカリロードマップ .
13
メルカリの ロードマップ とは

14
メルカリの 経営ツール の

最上位概念

15
メルカリのロードマップ
表紙・ビジョン動画
#メルカリロードマップ .
16
メルカリのロードマップ
はじめに
#メルカリロードマップ .
17
メルカリのロードマップ
はじめに
#メルカリロードマップ .
18
メルカリのロードマップ
Group Vision
メルカリのロードマップ
Group Visionの構成
19
メルカリのロードマップ
Group Visionに込めた経営の想い
#メルカリロードマップ .
20
メルカリのロードマップ
事業Roadmapとは
#メルカリロードマップ .
21
メルカリのロードマップ
Group Visionに込めた経営の想い
22
23
メルカリのロードマップ
事業ロードマップ イントロ
#メルカリロードマップ .
24
  
Long term Growth Image of Mercari Group
24
主要事業の中期目標と投資領域
ビジネス領域 主な事業 中期的なありたい姿 今後の主な投資領域
全社共通
◼ 外部パートナーと組み、循環型社会を牽引する
 エコシステムを実現している
◼ グローバル人材が活躍できるボーダレスな組織
 が構築されている
◼ 更なるグローバル展開を推進している
・AI、データ基盤の強化
・安心、安全な利用環境の強化
・情報セキュリティの堅持
・D&I、Well-beingの推進
・グローバルでの事業構築
・AIを通じたマッチング精度の向上
・CtoC、BtoC、Fintech、オフラインを
融合した最適なUXの実現
◼ グループシナジーを活かした金融サービスにより、 
 新たな金融文化の構築に向けた「循環型金融2」が
 促進されている
・Marketplaceへ還流するUXの実現
・Creditのさらなる強化(AI与信等)
・ブロックチェーンを活用した
 暗号資産やNFTへの体験拡張
◼ USにおいて”the easiest and safest selling app”
としての知名度と評価が確立されている
・ユーザ基盤の拡大
・出品簡便化
・AIを通じたマッチング精度の向上
・配送オプションの拡充
◼ 循環型社会のリーダー
 ・循環型社会の実現に欠かせない存在として
  マーケットを牽引。さらに外部パートナーとの連携
  を加速させている
 ・GMV 3年 CAGR +15%、調整後営業利益率40%以上
  を想定1
1. GMVはCtoCとBtoCのGMVを合算した数値、調整後営業利益率は全社費用を含めずBtoCのソウゾウやメルロジの費用を含めたMarketplaceとしての数値を指す
2.「モノ」「お金」に加え、これまでの属性情報に囚われない多様な「信用」をより活用・循環させることを表した造語
Market
place
Fintech
US
Payment・Credit
Crypto・NFT
BtoC
CtoC
CtoC
* FY2022.4Q 決算説明会資料より一部抜粋
  
25
Marketplace 2023.6 事業方針
新規ユーザの
獲得による
MAU増加
既存ユーザの
活性化による
ARPU1増加
成果が着実に
積みあがる
投資
優先順位を
意識した
規律ある投資
CtoCとBtoCの連携強化を通じた出品増によって、
通期GMVはYoY₊10-15%、調整後営業利益率30-35%を想定
循環型社会の実現にとって欠かせない存在としてマーケットを牽引
外部パートナーとの連携を加速させている
FY2023.6の事業方針
中期的なありたい姿
成長性 収益性/投資方針
1. ARPU:ユーザ一人当たりの平均購入金額
* FY2022.4Q 決算説明会資料より一部抜粋
  
Crypto・NFT1
Payment・Credit
Fintech FY2023.6 事業方針
● グループシナジーを活かす金融サービスの提供
● Pay, Buy, Sell連携強化による「メルペイ」利用機会の増加
● Credit事業の拡大による収益基盤のさらなる強化
● メルカリグループの特徴を活かした、暗号資産を活用した利便性の
 高いサービスの提供
● ブロックチェーン技術を活かしたサービスの開発、提供
26
グループシナジー強化による循環型金融の促進
1. 株式会社メルコインにおける事業内容「暗号資産」「NFT」を指す
グループシナジーを活かした金融サービスにより、
新たな金融文化の構築に向けた「循環型金融」が促進されている
FY2023.6の事業方針
中期的なありたい姿
* FY2022.4Q 決算説明会資料より一部抜粋
  
マーケティング
27
US FY2023.6 事業方針
● 主にcasual sellers獲得のための効果的かつ
 中長期目線でのプロモーション
● ローカル配送の強化を通じた新たなカテゴ
 リーの掘り起こし
● 写真を撮るだけで基本情報が自動で入力さ 
れる新機能”Omakase”のカテゴリー拡大
購入の促進
出品の強化
FY2023.6の事業方針
主に出品と購入両方の促進に向けたプロダクトの磨き込みに注力
通期GMVはYoY ₊0-10%成長を想定
USにおいて”the easiest and safest selling app”としての認知度と評価が確立されている
中期的なありたい姿
プロダクト
● パーソナライゼーションによるおすすめ
 商品の精度向上
● BNPL1の強化による購入機会の創出
配送
● 継続的な購入を促進するインセンティブの
 導入
● 購入者の配送料負担を軽減する一括配送オ
 プションの追加
1. 「Buy Now Pay Later」と呼ばれる後払い方式の決済サービス
* FY2022.4Q 決算説明会資料より一部抜粋
28
登壇者紹介
浅井 宗裕 / Munehiro Asai

メルカリで、ロードマップを軸とした全社戦略の策定と運用をリー
ド。副業として、数百人のエグゼクティブ、ミドルマネージャー向
けにコーチングサービスを提供(国際コーチング連盟 プロフェッ
ショナル認定コーチ)。前職のヤフー・Zホールディングスで12年
間、プロダクトマネジメントと経営企画、エグゼクティブコーチング
に従事。

@mune

株式会社メルカリ 経営戦略室

#メルカリロードマップ .
29
メルカリロードマップ経営の特徴

30
● ミッション達成に本気でコミット

● 経営の想いを言語化しきる

31
出来上がった言葉よりも、その過程で経
営チームが獲得する 共通言語.にこそ、
価値が宿る

32
経営における共通言語の形成

33
共通言語の形成って、 面倒くさい.

● 同じ言葉を使っていても、それぞれの意図が違う

● 話していることと、伝わっていることが違う

● そもそも利害が噛み合わない

34
でも乗り越えると、 なめらかに.なる

● 経営に、強い納得感と主体性が生まれる

● 隣の仲間を、心から リスペクト できる

● 誰かの顔色を伺わなくてすむ

競合の煽りや、声の大きな上司、カリスマ経営者 etc
35
共通言語の事例

36
事業戦略編
● メルカリの目指すべき姿って、GMV XX円?

● 世界のC2CマーケットプレイスシェアNo.1?

● 短期KPIと競合との比較に陥ったらすり減るだけでは?

● ところで横のカンパニーの投資、あれは健全なんですか?

表面的に言われがちなこと
#メルカリロードマップ .
37
事業戦略編
● 人間社会の根深い課題を解決したい

● 循環型社会への移行は世界的な潮流として不可逆

● この流れにおける、世界的なファーストムーバーになりたい

● そのために、今できていること、これからやるべきことは?

本当に話したいこと(共通言語になりうること)
#メルカリロードマップ .
38
財務戦略編
● 営業利益XX億円必達!?

● いやいやそんなことよりも、ユーザーに向き合った指標とかを掲げ
ないの?

● みんなの賞与を削ってでも利益を出さなければいけないの?

表面的に言われがちなこと
#メルカリロードマップ .
#メルカリロードマップ .
39
事業戦略編
● ミッション達成のためには継続的に成長・拡大できる収益基盤と、
それをレバレッジさせた資金調達力が必要

● 事業を適切な規律でコントロールし、収益性を向上させる

● 足元、どう緩急をつけるのが、我々にとってベストなのか?

本当に話したいこと(共通言語になりうること)
#メルカリロードマップ .
#メルカリロードマップ .
40
技術戦略編
● 技術負債が常に解消され続ける、モダンなシステムアーキテクチャ
を実現するべき!

● いやいやそんなことよりも、目先の目標達成に向けた機能改修、急
いでよ、、、

表面的に言われがちなこと
#メルカリロードマップ .
#メルカリロードマップ .
41
技術戦略編
● ミッション達成のために肝となるのは「回すことのできる仮説検証
サイクルの数」これをいかに高速に回せるかで勝負が決まる

● そのためにやるべきこと、ビジネスとの両立手法は?

本当に話したいこと(共通言語になりうること)
#メルカリロードマップ .
42
策定のプロセス

43
策定のプロセス
基本的には同じ問いかけの繰り返し
What do
you think?

Why so?
 So what?
 Really?

まずはドキュメント文化に
のっとって言語化してもら
う。
それぞれの言葉の背景に
ある「信念」「本当に成し遂
げたいこと」を想像する。問
いかける。
経営チームとして共通する
「信念」「本当に成し遂げた
いこと」に昇華させる。
もう一回問いかける。「違和
感はないか」「あるとしたら
どこか」これもドキュメント文
化で言葉にしてもらう。
#メルカリロードマップ .
44
策定のプロセス
外部環境分析
コロナと社会とメルカリ・ウクライナなど国際情勢とメルカリ・アメリカ景気とメルカリ・
国内の景況感とメルカリ・国内の政策とメルカリ・Web3トレンド・ブロックチェーンな
ど、非中央集権型トランザクションとメルカリ・新技術領域の潜在利用者(Z世代)の
思考とメルカリ・プライム上場による影響・メタバースとメルカリ・取引される財の多様
化とメルカリ・物流クライシスとメルカリ・次世代購買体験とメルカリ・Big Techとメル
カリ・デバイスシフトとメルカリ・日本経済の悲観的シナリオとメルカリ・不正利用とメル
カリ・・・
#メルカリロードマップ .
45
策定のプロセス
ドラフト化〜最終化
● 循環型社会への移行は世界的な潮流として不可逆。この流れにおける、世界的
なファーストムーバーになる(オピニオンリーダーではなく)
● フリマアプリで二次流通を活性化させるだけでは不十分。外部のさまざまな企業
や人々とパートナーシップを組み、限りある資源がなめらかに循環し、誰もがポ
ジティブな価値を生みだせるような、そんな循環型社会のエコシステムを創出す
る(プラットフォームやインフラではなく)
● 同時に、日本発のグローバルテックカンパニーになる。
#メルカリロードマップ .
  
外部パートナーと連携し、
循環型社会のエコシステムを創り出す Global expansion
Payment
Crypto
City
BtoC
NFT
Credit
ミッション達成にむけた中期的なマイルストーン
モノだけでなくあらゆる価値がテクノロジーの力に
よってなめらかに循環する社会を創る。そのために
不可欠な外部の様々なパートナーとの連携を推進
USの更なる強化を最優先としつつ、US以外のグローバル
進出も進める。世界中のタレントが活躍出来るボーダレ
スな組織を作るため、D&IやWell-beingを一層推進
46
CtoC
US
Security
AI Blockchain
Marketplace Fintech
Logistics
>>>

>>>


* FY2022.4Q 決算説明会資料より一部抜粋
47
策定のプロセス
コンテンツの縦横展開
● 財務計画に落とし込んでいくと、どうなりますか?
● 事業ごとのロードマップに落とし込んでいくと、どうなりますか?
● プロダクトのアニュアルプランに落とし込んでいくと、どうなりますか?
● それはあなたのOKRと、どう紐づいていますか?
● メディア向けには、どういうストーリーになりますか?
● 投資家向けには、どういうストーリーになりますか?
● メルカリのWillは、あなたのWillと、どう擦り合っていますか?
#メルカリロードマップ .
  
メルカリJPに次ぐ収益の柱の構築
Marketplace
● メルカリJPに次ぐ収益の柱として、Marketplace, Fintech, USの収益力を中期的に向上させ、グループの
収益基盤を強固にしていく
48
Fintech US
* FY2022.4Q 決算説明会資料より一部抜粋
  
49
FY2023.6 の事業方針 重点ポイント
● 筋肉質な事業基盤の構築
● 優先順位を明確にした規
 律ある投資
成長と収益の
バランスの取れた
経営
● CtoC・ BtoCの
 連携による出品強化
● Pay, Buy, Sellの連携強化
グループ間の
シナジー創出
● 技術基盤の継続強化
● ESGの強化、推進
グローバル基準
の組織へ
* FY2022.4Q 決算説明会資料より一部抜粋
  
50
連結
Marketplace Fintech
US その他 (鹿島アントラーズ/インド開発拠点)
●筋肉質でグローバルな事業基盤を構築し、成長と収益のバランスがとれた経営を行う
●CtoCとBtoC、更に、MarketplaceとFintechの連携強化によるシナジー創出によって更なる成長を促進
● CtoCとBtoCの連携強化による出品増によって、持続的な
  成長を進める
● 成長と収益のバランスを図りながら、通期GMV YoY+10-15%、
調整後営業利益率30-35%1を想定
  (FY2022.6におけるMarketplaceのGMVは8,933億円、
  売上高は857億円、調整後営業利益は263億円、調整後営業利益率31%)
● フットボール事業の収益力の強化と、更なる成長への
 土台作りに加えて、 ノンフットボール事業の拡大を目指す
●インド開発拠点では50-60名程度のソフトウエアエンジニア
 を採用予定
● 中長期での成長に向けて、継続的な出品簡便化や
 パーソナライゼーションなどの機能改善に注力
●不透明な外部環境の影響を見極めながら、GMV YoY成長率 
 +0-10%を想定
● グループシナジーを活かした金融サービスの提供による
 利便性の強化・利用促進
● ブロックチェーン技術の活用
1. なお本数値は監査前の値であり、今後変更になる可能性有
* FY2022.4Q 決算説明会資料より一部抜粋
FY2023.6 の事業方針 重点ポイント
51
浸透のプロセス
事前コミュニケーション
● ロードマップの内容は事前に全社員に共有
● そのさらに事前に、マネージャー全員で内容を読みこむ
○ フィードバックの嵐(発表2週間前に、約2万字)
● フィードバックの咀嚼、表現の最終チューニング
#メルカリロードマップ .
52
浸透のプロセス
全社発表会、事前フィードバックを踏まえたコミュニケーション
#メルカリロードマップ .
53
浸透のプロセス
事後コミュニケーション
● 事後アンケート、フィードバックの取得、咀嚼
○ 事業部ごとに、フォローコミュニケーション
● 四半期ごとのふりかえり、年次でのロードマップ更新
○ ミッション達成から逆算して、我々は充分に仕掛けられているのか?
○ 仕掛けられていないとしたら、どこの領域で、誰が仕掛けるのか?
● 研修プログラム化(ビジョンメイキング、OKR設計、キャリア設計など)
#メルカリロードマップ .
54
ロードマップそのものよりも

その過程で経営チームが獲得する

共通言語.にこそ、価値が宿る

55
メルカリの 経営メカニズム とは

ミッション達成に向けた

毎日の習慣.を促す しかけ のこと

56
メルカリの 経営ツール とは

ミッション達成に向けた

毎日の習慣.を促す 道具 のこと

57
メルカリの ロードマップ とは

対話 という習慣を通じて

メルカリ 共通言語 を醸成するための道具

58
共通言語ができると、 なめらかに.なる

● 経営に、強い納得感と主体性が生まれる

● 隣の仲間を、心から リスペクト できる

● 誰かの顔色を伺わなくてすむ

競合の煽りや、声の大きな上司、カリスマ経営者 etc
59
全てはミッション達成のために
新たな価値を生みだす、世界的なマーケットプレイスを創る
#メルカリロードマップ .
60
パネルディスカッション

61
みなさんから寄せられたご質問
策定のプロセス
● ロードマップ策定の中で、経営戦略室と各事業部や経営陣の意見が異なる場合もあるかと存じます
が、その際に、経営戦略室として意識されていることや、実際にとってきたアクション事例等につい
て、差し支えない範囲でお尋ねさせて頂けますと幸いです。
● 作成プロセスの中で、各経営陣の想いの拾い方。タイミングをどうしていたのか、市場分析からもっ
ていったロードマップと予言の書的な未来の描き方の合流の仕方を経営戦略室でどうやっていたか
がしりたいです!
● 経営レイヤーのプロトコルを合わせていく中でのエピソードなどあれば。
● ロードマップを策定してみて、良かったことや得られた成果などを教えていただきたいです。
#メルカリロードマップ .
62
みなさんから寄せられたご質問
コンテンツの粒度・仕上がり
● メンバーがロードマップを自分ごととしてとらえ、日々の業務をロードマップに紐づけるためには、
ロードマップにはある程度の具体性が求められると思いますが、具体と抽象のバランスは、実際に
どのように落とし込まれているのでしょうか
● ロードマップに記載される具体的な粒度。余白を残す、は共感でき、その上で、事業戦略、人材戦
略、財務戦略など、どのカテゴリをどこの粒度まで落としこむかに興味があります。
● 抽象度の高く、大きなミッションに対して、どのようなステップで段階的に解像度を上げたロードマッ
プにしていったのでしょうか。上手く設定できた論点・問いや逆にうまくいかなかった問いなどあれば
教えていただけるとありがたいです。
● ミクロとマクロのロードマップの作り方を知りたい
● ロードマップの内容を公開できる範囲でお伺いしたい
#メルカリロードマップ .
63
みなさんから寄せられたご質問
浸透のプロセス、振り返りや見直し
● インターンやアルバイトに出すものと経営者や役員等、視野が違う人にどうロードマップを伝え実行
していくのかを知りたい
● 浸透フェーズでは社内外へどのような発信や施策をおこないましたか?
● 実践フェーズではどのようにブレイクダウンしていったのでしょうか?時間軸や組織軸など様々観点
があると思うのですが、本気で達成するためのポイントなどあれば伺いたいです。
● ロードマップを現場のアクションに繋げるための創意工夫、ロードマップを起動修正・変更するため
の基準の有無やその策定根拠について
● ロードマップがワークしているかどうかの具体的なモニタリングやピボット判断の運用なども詳しく伺
いたいです。
● ロードマップを振り返る際のフレームワークや評価設定があれば聞きたいです
#メルカリロードマップ .
64
みなさんから寄せられたご質問
● チーム体制を教えていただきたいです
● 検討にあたっての外部パートナーの活用について
● ロードマップの策定は完全内製で行いましたか?それとも外部コンサルなど依頼されたのでしょう
か?
● 事前準備のPEST分析の進め方。外部コンサル等をつかったのか?自分たちだけで実施したの
か?
● 今後のロードマップに関する展望について、「将来的にはメンバー自身がその役割を担い、主体的
に運用できる環境を整えたいと思っています」とございますが、もし具体的な構想がございました
ら、可能な範囲でお尋ねさせて頂けますと幸いです。
● 今後ロードマップの策定オーナーをミドル層、メンバー層に落としていくと推察します。どのようなマ
イルストンで進め、場を設計し、支援していくのかお伺いしたいです。
チーム体制、ロードマップ策定の主体をメンバーに移譲していくアイディア
#メルカリロードマップ .
65
みなさんから寄せられたご質問
ミッション経営ついて
● 成長フェーズ(5人→拡大)の組織においてのミッション浸透についてアドバイスがあればお聞きした
いです。
● ミッション・ビジョンを社内に浸透させる効果的な方法が知りたいです。
● 自律・自走してミッションを読み解いて動けるというものが一つの競争力になるという考え方もあると
思いますが、どのようにミッションを具体化していく方向に舵を切る意思決定ができたのでしょうか。
● 「ミッションを本気で達成するぞ」を決める前段となる、そもそものミッションの作り方。メルカリでは今
のミッションを、誰がどのように言語化したのか?("世界平和" 的な、抽象度の高いものになりが
ち)
経営企画スキル
● 経営企画メンバーが身につけているスキルと基本的な考え方
その他
#メルカリロードマップ .
66
アンケート回答のお願い
表示されているQRコードより
アンケートへの回答をお願いします
次回以降のイベント企画・運営に活かしていきたいと思います。
率直なご意見・フィードバックをお願いいたします。
#メルカリロードマップ .

More Related Content

What's hot

投資家向けピッチ練習は30秒か2分かデモでお願いします スタートアップのシード段階におけるピッチの構成の方法
投資家向けピッチ練習は30秒か2分かデモでお願いします スタートアップのシード段階におけるピッチの構成の方法投資家向けピッチ練習は30秒か2分かデモでお願いします スタートアップのシード段階におけるピッチの構成の方法
投資家向けピッチ練習は30秒か2分かデモでお願いします スタートアップのシード段階におけるピッチの構成の方法
Takaaki Umada
 
No011-01-Suc3rum-20100225
No011-01-Suc3rum-20100225No011-01-Suc3rum-20100225
No011-01-Suc3rum-20100225
Sukusuku Scrum
 
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartupLEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
Itsuki Kuroda
 
事業の進展とデータマネジメント体制の進歩(+プレトタイプの話)
事業の進展とデータマネジメント体制の進歩(+プレトタイプの話)事業の進展とデータマネジメント体制の進歩(+プレトタイプの話)
事業の進展とデータマネジメント体制の進歩(+プレトタイプの話)
Tokoroten Nakayama
 
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
Yoshiki Hayama
 
資金調達入門“以前” スタートアップが資金調達の前に考えること
資金調達入門“以前” スタートアップが資金調達の前に考えること資金調達入門“以前” スタートアップが資金調達の前に考えること
資金調達入門“以前” スタートアップが資金調達の前に考えること
Takaaki Umada
 
マッチングサービスにおけるKPIの話
マッチングサービスにおけるKPIの話マッチングサービスにおけるKPIの話
マッチングサービスにおけるKPIの話
cyberagent
 
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
Kentaro Matsui
 
UX専門家から見た「Running Lean」の改善ポイント 〜「Lean Customer Development」と読み比べ〜:2015年10月9日 ...
UX専門家から見た「Running Lean」の改善ポイント 〜「Lean Customer Development」と読み比べ〜:2015年10月9日 ...UX専門家から見た「Running Lean」の改善ポイント 〜「Lean Customer Development」と読み比べ〜:2015年10月9日 ...
UX専門家から見た「Running Lean」の改善ポイント 〜「Lean Customer Development」と読み比べ〜:2015年10月9日 ...
Yoshiki Hayama
 
スタートアップの 3 分ピッチテンプレート
スタートアップの 3 分ピッチテンプレートスタートアップの 3 分ピッチテンプレート
スタートアップの 3 分ピッチテンプレート
Takaaki Umada
 
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
Yoshiki Hayama
 
モダンオフショア開発のすすめ
モダンオフショア開発のすすめモダンオフショア開発のすすめ
モダンオフショア開発のすすめ
Arata Fujimura
 
組織にアジャイルの構造を作る
組織にアジャイルの構造を作る組織にアジャイルの構造を作る
組織にアジャイルの構造を作る
toshihiro ichitani
 
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
mosa siru
 
IT推進に必要なUXを学ぶ ~UXを意識して真の業務改善・真のDXを目指す~
IT推進に必要なUXを学ぶ ~UXを意識して真の業務改善・真のDXを目指す~IT推進に必要なUXを学ぶ ~UXを意識して真の業務改善・真のDXを目指す~
IT推進に必要なUXを学ぶ ~UXを意識して真の業務改善・真のDXを目指す~
Yoshiki Hayama
 
MonotaRO のデータ活用と基盤の過去、現在、未来
MonotaRO のデータ活用と基盤の過去、現在、未来 MonotaRO のデータ活用と基盤の過去、現在、未来
MonotaRO のデータ活用と基盤の過去、現在、未来
株式会社MonotaRO Tech Team
 
君にグロースハックはいらない
君にグロースハックはいらない君にグロースハックはいらない
君にグロースハックはいらない
Takaaki Umada
 
UXデザインの海外最新「UXトレンドレポート2022」を読んで、考える
UXデザインの海外最新「UXトレンドレポート2022」を読んで、考えるUXデザインの海外最新「UXトレンドレポート2022」を読んで、考える
UXデザインの海外最新「UXトレンドレポート2022」を読んで、考える
Yoshiki Hayama
 
ナラティブ・プロトタイピング
ナラティブ・プロトタイピングナラティブ・プロトタイピング
ナラティブ・プロトタイピング
toshihiro ichitani
 
グルーミングしながら進めるプロダクト開発
グルーミングしながら進めるプロダクト開発グルーミングしながら進めるプロダクト開発
グルーミングしながら進めるプロダクト開発
Takafumi ONAKA
 

What's hot (20)

投資家向けピッチ練習は30秒か2分かデモでお願いします スタートアップのシード段階におけるピッチの構成の方法
投資家向けピッチ練習は30秒か2分かデモでお願いします スタートアップのシード段階におけるピッチの構成の方法投資家向けピッチ練習は30秒か2分かデモでお願いします スタートアップのシード段階におけるピッチの構成の方法
投資家向けピッチ練習は30秒か2分かデモでお願いします スタートアップのシード段階におけるピッチの構成の方法
 
No011-01-Suc3rum-20100225
No011-01-Suc3rum-20100225No011-01-Suc3rum-20100225
No011-01-Suc3rum-20100225
 
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartupLEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
LEANSTARTUPアンチパターン #devlove #leanstartup
 
事業の進展とデータマネジメント体制の進歩(+プレトタイプの話)
事業の進展とデータマネジメント体制の進歩(+プレトタイプの話)事業の進展とデータマネジメント体制の進歩(+プレトタイプの話)
事業の進展とデータマネジメント体制の進歩(+プレトタイプの話)
 
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
プロトタイピングとユーザビリティテストで「UXデザイン」を練りあげよう! | UXデザイン基礎セミナー 第4回
 
資金調達入門“以前” スタートアップが資金調達の前に考えること
資金調達入門“以前” スタートアップが資金調達の前に考えること資金調達入門“以前” スタートアップが資金調達の前に考えること
資金調達入門“以前” スタートアップが資金調達の前に考えること
 
マッチングサービスにおけるKPIの話
マッチングサービスにおけるKPIの話マッチングサービスにおけるKPIの話
マッチングサービスにおけるKPIの話
 
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
 
UX専門家から見た「Running Lean」の改善ポイント 〜「Lean Customer Development」と読み比べ〜:2015年10月9日 ...
UX専門家から見た「Running Lean」の改善ポイント 〜「Lean Customer Development」と読み比べ〜:2015年10月9日 ...UX専門家から見た「Running Lean」の改善ポイント 〜「Lean Customer Development」と読み比べ〜:2015年10月9日 ...
UX専門家から見た「Running Lean」の改善ポイント 〜「Lean Customer Development」と読み比べ〜:2015年10月9日 ...
 
スタートアップの 3 分ピッチテンプレート
スタートアップの 3 分ピッチテンプレートスタートアップの 3 分ピッチテンプレート
スタートアップの 3 分ピッチテンプレート
 
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
 
モダンオフショア開発のすすめ
モダンオフショア開発のすすめモダンオフショア開発のすすめ
モダンオフショア開発のすすめ
 
組織にアジャイルの構造を作る
組織にアジャイルの構造を作る組織にアジャイルの構造を作る
組織にアジャイルの構造を作る
 
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
 
IT推進に必要なUXを学ぶ ~UXを意識して真の業務改善・真のDXを目指す~
IT推進に必要なUXを学ぶ ~UXを意識して真の業務改善・真のDXを目指す~IT推進に必要なUXを学ぶ ~UXを意識して真の業務改善・真のDXを目指す~
IT推進に必要なUXを学ぶ ~UXを意識して真の業務改善・真のDXを目指す~
 
MonotaRO のデータ活用と基盤の過去、現在、未来
MonotaRO のデータ活用と基盤の過去、現在、未来 MonotaRO のデータ活用と基盤の過去、現在、未来
MonotaRO のデータ活用と基盤の過去、現在、未来
 
君にグロースハックはいらない
君にグロースハックはいらない君にグロースハックはいらない
君にグロースハックはいらない
 
UXデザインの海外最新「UXトレンドレポート2022」を読んで、考える
UXデザインの海外最新「UXトレンドレポート2022」を読んで、考えるUXデザインの海外最新「UXトレンドレポート2022」を読んで、考える
UXデザインの海外最新「UXトレンドレポート2022」を読んで、考える
 
ナラティブ・プロトタイピング
ナラティブ・プロトタイピングナラティブ・プロトタイピング
ナラティブ・プロトタイピング
 
グルーミングしながら進めるプロダクト開発
グルーミングしながら進めるプロダクト開発グルーミングしながら進めるプロダクト開発
グルーミングしながら進めるプロダクト開発
 

Similar to コーポレートミッションを絵に描いた餅にしないために.pdf

20220524_採用ピッチ
20220524_採用ピッチ20220524_採用ピッチ
20220524_採用ピッチ
SAIRU
 
シェアコト会社概要_120309
シェアコト会社概要_120309シェアコト会社概要_120309
シェアコト会社概要_120309
孝治 田中
 
Oneandonly
OneandonlyOneandonly
Oneandonly
ChikaShibata
 
【IMJ】失敗するデジタルマーケティング戦略、その原因&成功のカギとは?
【IMJ】失敗するデジタルマーケティング戦略、その原因&成功のカギとは?【IMJ】失敗するデジタルマーケティング戦略、その原因&成功のカギとは?
【IMJ】失敗するデジタルマーケティング戦略、その原因&成功のカギとは?
IMJ Corporation
 
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
IMJ Corporation
 
Facebookマーケティングプロ養成講座開催レポート
Facebookマーケティングプロ養成講座開催レポートFacebookマーケティングプロ養成講座開催レポート
Facebookマーケティングプロ養成講座開催レポート
Leung Man Yin Daniel
 
マーケティング・マネージメント Part2
マーケティング・マネージメント Part2マーケティング・マネージメント Part2
マーケティング・マネージメント Part2
shotamura
 
Startup science 2018 14 資金調達の型
Startup science 2018 14 資金調達の型Startup science 2018 14 資金調達の型
Startup science 2018 14 資金調達の型
Masa Tadokoro
 
ベンチャー企業・中小企業と大企業とがうまく連携し、事業を急成長させるには!
ベンチャー企業・中小企業と大企業とがうまく連携し、事業を急成長させるには!ベンチャー企業・中小企業と大企業とがうまく連携し、事業を急成長させるには!
ベンチャー企業・中小企業と大企業とがうまく連携し、事業を急成長させるには!
ブレークスルーパートナーズ 赤羽雄二
 
Learning kotler's basic marketing in one hour
Learning kotler's basic marketing in one hourLearning kotler's basic marketing in one hour
Learning kotler's basic marketing in one hourKoichi Okubo
 
MAごころを、君に #0 Air ( ≒ No Plan )
MAごころを、君に #0 Air ( ≒ No Plan )MAごころを、君に #0 Air ( ≒ No Plan )
MAごころを、君に #0 Air ( ≒ No Plan )
Webpla LLC.
 
マーケティング全体最適化に向けて - ソリューションご紹介資料
マーケティング全体最適化に向けて - ソリューションご紹介資料マーケティング全体最適化に向けて - ソリューションご紹介資料
マーケティング全体最適化に向けて - ソリューションご紹介資料
Gaku Sato
 
Web戦略を支える基本方針の策定
Web戦略を支える基本方針の策定Web戦略を支える基本方針の策定
Web戦略を支える基本方針の策定
loftwork
 
ホラクラシーに学ぶ強い組織のつくり方
ホラクラシーに学ぶ強い組織のつくり方ホラクラシーに学ぶ強い組織のつくり方
ホラクラシーに学ぶ強い組織のつくり方
Tomohiro KIMURA
 
Tohoku rebuilders 説明会資料 201801公開用
Tohoku rebuilders 説明会資料 201801公開用Tohoku rebuilders 説明会資料 201801公開用
Tohoku rebuilders 説明会資料 201801公開用
Tohoku Rebuilders
 
SFA運用の秘訣と定着化のコツセミナー資料
SFA運用の秘訣と定着化のコツセミナー資料SFA運用の秘訣と定着化のコツセミナー資料
SFA運用の秘訣と定着化のコツセミナー資料
NetyearGroup
 

Similar to コーポレートミッションを絵に描いた餅にしないために.pdf (20)

20220524_採用ピッチ
20220524_採用ピッチ20220524_採用ピッチ
20220524_採用ピッチ
 
シェアコト会社概要_120309
シェアコト会社概要_120309シェアコト会社概要_120309
シェアコト会社概要_120309
 
Oneandonly
OneandonlyOneandonly
Oneandonly
 
【IMJ】失敗するデジタルマーケティング戦略、その原因&成功のカギとは?
【IMJ】失敗するデジタルマーケティング戦略、その原因&成功のカギとは?【IMJ】失敗するデジタルマーケティング戦略、その原因&成功のカギとは?
【IMJ】失敗するデジタルマーケティング戦略、その原因&成功のカギとは?
 
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
【IMJ】オウンドメディアマーケティングの現在と未来 江端浩人(I・CON2014)
 
リーンスタートアップ時代の事業計画とサービス開発、資金調達のあり方
リーンスタートアップ時代の事業計画とサービス開発、資金調達のあり方リーンスタートアップ時代の事業計画とサービス開発、資金調達のあり方
リーンスタートアップ時代の事業計画とサービス開発、資金調達のあり方
 
Facebookマーケティングプロ養成講座開催レポート
Facebookマーケティングプロ養成講座開催レポートFacebookマーケティングプロ養成講座開催レポート
Facebookマーケティングプロ養成講座開催レポート
 
営業研修~押し売り営業からソリューション営業へ~
営業研修~押し売り営業からソリューション営業へ~営業研修~押し売り営業からソリューション営業へ~
営業研修~押し売り営業からソリューション営業へ~
 
マーケティング・マネージメント Part2
マーケティング・マネージメント Part2マーケティング・マネージメント Part2
マーケティング・マネージメント Part2
 
Startup science 2018 14 資金調達の型
Startup science 2018 14 資金調達の型Startup science 2018 14 資金調達の型
Startup science 2018 14 資金調達の型
 
ベンチャー企業・中小企業と大企業とがうまく連携し、事業を急成長させるには!
ベンチャー企業・中小企業と大企業とがうまく連携し、事業を急成長させるには!ベンチャー企業・中小企業と大企業とがうまく連携し、事業を急成長させるには!
ベンチャー企業・中小企業と大企業とがうまく連携し、事業を急成長させるには!
 
ブレークスルーキャンプ By IMJ キックオフイベント
ブレークスルーキャンプ By IMJ キックオフイベントブレークスルーキャンプ By IMJ キックオフイベント
ブレークスルーキャンプ By IMJ キックオフイベント
 
日本を活性化する、地域産業振興に必要な自治体職員のマインドとスキル
日本を活性化する、地域産業振興に必要な自治体職員のマインドとスキル日本を活性化する、地域産業振興に必要な自治体職員のマインドとスキル
日本を活性化する、地域産業振興に必要な自治体職員のマインドとスキル
 
Learning kotler's basic marketing in one hour
Learning kotler's basic marketing in one hourLearning kotler's basic marketing in one hour
Learning kotler's basic marketing in one hour
 
MAごころを、君に #0 Air ( ≒ No Plan )
MAごころを、君に #0 Air ( ≒ No Plan )MAごころを、君に #0 Air ( ≒ No Plan )
MAごころを、君に #0 Air ( ≒ No Plan )
 
マーケティング全体最適化に向けて - ソリューションご紹介資料
マーケティング全体最適化に向けて - ソリューションご紹介資料マーケティング全体最適化に向けて - ソリューションご紹介資料
マーケティング全体最適化に向けて - ソリューションご紹介資料
 
Web戦略を支える基本方針の策定
Web戦略を支える基本方針の策定Web戦略を支える基本方針の策定
Web戦略を支える基本方針の策定
 
ホラクラシーに学ぶ強い組織のつくり方
ホラクラシーに学ぶ強い組織のつくり方ホラクラシーに学ぶ強い組織のつくり方
ホラクラシーに学ぶ強い組織のつくり方
 
Tohoku rebuilders 説明会資料 201801公開用
Tohoku rebuilders 説明会資料 201801公開用Tohoku rebuilders 説明会資料 201801公開用
Tohoku rebuilders 説明会資料 201801公開用
 
SFA運用の秘訣と定着化のコツセミナー資料
SFA運用の秘訣と定着化のコツセミナー資料SFA運用の秘訣と定着化のコツセミナー資料
SFA運用の秘訣と定着化のコツセミナー資料
 

Recently uploaded

スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
Kei Watanabe
 
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
Jerimi Soma
 
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
recruit9
 
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
MASAMI KAWAI
 
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
Daisuke Yamasaki
 
Document GAI description document for saleshub
Document GAI description document for saleshubDocument GAI description document for saleshub
Document GAI description document for saleshub
Rozetta Corp.
 
Japanese Data Privacy Law update in 2022
Japanese Data Privacy Law update in 2022Japanese Data Privacy Law update in 2022
Japanese Data Privacy Law update in 2022
Jerimi Soma
 
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
Eiichi Mano
 
Rakuyaku AI description document for saleshub
Rakuyaku AI description document for saleshubRakuyaku AI description document for saleshub
Rakuyaku AI description document for saleshub
Rozetta Corp.
 
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
Management Soluions co.,ltd.
 
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.220240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
jun_suto
 
【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
NoriakiYonezawa
 
GOジョブサービス資料 GO株式会社採用支援ビジネス部運送業界専門チーム キャンペーン
GOジョブサービス資料 GO株式会社採用支援ビジネス部運送業界専門チーム キャンペーンGOジョブサービス資料 GO株式会社採用支援ビジネス部運送業界専門チーム キャンペーン
GOジョブサービス資料 GO株式会社採用支援ビジネス部運送業界専門チーム キャンペーン
hidekiochisaka1
 
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
ssuser31dbd1
 

Recently uploaded (14)

スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
スタートアップのグロースとプロダクト戦略にGenerative AIをどう活用するか_4_27_23
 
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
Case Studies in Business Strategy ―Using the ITIL 2011 Edition Framework― (in...
 
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
株式会社VISIONARY JAPANエンジニアチーム向け採用ピッチ資料6月Ver
 
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
“デカップリングポイント”って何? デカップリングポイントの意味、考え方に関する説明
 
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
第1回 WordPress テーマ unitone 勉強会 「なぜ今、unitoneを使うのか」
 
Document GAI description document for saleshub
Document GAI description document for saleshubDocument GAI description document for saleshub
Document GAI description document for saleshub
 
Japanese Data Privacy Law update in 2022
Japanese Data Privacy Law update in 2022Japanese Data Privacy Law update in 2022
Japanese Data Privacy Law update in 2022
 
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
その街の今がわかる。ビッグデータから得られた時間帯別推計流動人口統計 あさひる統計プロダクト資料(v202403/2024Q1)
 
Rakuyaku AI description document for saleshub
Rakuyaku AI description document for saleshubRakuyaku AI description document for saleshub
Rakuyaku AI description document for saleshub
 
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
株式会社マネジメントソリューションズ(MSOL エムソル) サスティナビリティレポート
 
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.220240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
20240616_Service Design Exercise_Visual Report_vol.2
 
【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
【情熱Factory】経営シミュレーションゲーム_財務会計メーカーズ~トイ’s・factory~.pdf
 
GOジョブサービス資料 GO株式会社採用支援ビジネス部運送業界専門チーム キャンペーン
GOジョブサービス資料 GO株式会社採用支援ビジネス部運送業界専門チーム キャンペーンGOジョブサービス資料 GO株式会社採用支援ビジネス部運送業界専門チーム キャンペーン
GOジョブサービス資料 GO株式会社採用支援ビジネス部運送業界専門チーム キャンペーン
 
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
2406_chouhouobuse_reiwa6nenn_6gatsugou.pdf
 

コーポレートミッションを絵に描いた餅にしないために.pdf