SlideShare a Scribd company logo
© 2015 NTT Software Innovation Center
サンパト プリヤンカラ
I三P I方D
NTTソフトウェアイノベーションセンタ
2016/06/23
仮想マシンHA機能の現状と今後の方向性
仮想マシンHA機能の現状と今後の方向性
2Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
仮想マシンHA機能とは,
仮想マシンの高可用性を実現
仮想マシン(VM)故障時に、オペレータを介さずに自動復旧する機
能を提供する.
仮想マシンHA機能の必要性
• PET VMの存在
[1]
• すべてのアプリケーションはクラウドネイティブではない
• 仮想マシンの高可用性を実現させるためのOSS
[1] http://www.slideshare.net/randybias/pets-vs-cattle-the-elastic-cloud-story
http://www.theregister.co.uk/2013/03/18/servers_pets_or_cattle_cern/
3Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
仮想マシンHAの要件
仮想マシンHAのuser storyについてコミュニティで議論しています.[2]
[2] http://specs.openstack.org/openstack/openstack-user-stories/user-stories/proposed/ha_vm.html
運用:
• Capacity Reservation
仮想マシンを復旧させるために、必要
な空き容量を常に確保
• Host Maintenance
計画メンテナンスなどを行う際に
仮想マシンHA機能を無効化
• Event History
過去のイベント履歴など
故障検知:
• Computeノード故障
• プロセス故障
 qemu-kvmプロセス故障(VM crashes)
 nova-computeプロセスの異常
• VM故障
 I/O errorなど
• その他の故障
 Network component fails
 AZ, DC, Region failure
• 仮想マシンが故障から自動的に復旧する
• VM毎に仮想マシンHA機能を設定可能
4Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
Openstack HA Team
Andrew Beekhof
@REDHAT
Ken Gaillot
@REDHAT
Michele Baldessari
@REDHAT
Adam Spiers
@SUSE
Dawid Deja
@Intel
主なメンバー
NTT Group
SIC: Sampath Priyankara, Masahito Muroi, Toshikazu Ichikawa
NTT Data: Takashi Kajinami
NTT Data Inc: Tushar Patil
Team情報
ML: openstack-dev@lists.openstack.org subject: [openstack-dev] [HA]
IRC: http://eavesdrop.openstack.org/#High_Availability_Meeting
ミーティング時間:
毎週の月曜日 17:00 JST
相談・雑談: #openstack-ha
5Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
Austinサミットで議論
http://clusterlabs.org/pipermail/users/2016-May/002864.html
Photo credit goes to Ken Gaillot
今後の仮想マシンHAの進め方について議論した.
開催:Austinサミット期間中で,4/26 – 4/29 ad-hoc
Etherpad:
https://etherpad.openstack.org/p/newton-instance-ha
議論初日からの流れはetherpadの上から順に記述されています
サミット会場でのランチミーティング
6Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
既存の仮想マシンHAソリューション
Source:
発表者:Adam Spiers, Dawid Deja
https://www.openstack.org/videos/video/high-availability-for-pets-and-hypervisors-state-of-the-nation
7Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
Austinサミットで議論内容
いくつかのアプローチが提案されているが、それぞれに長所短所があ
り、まだコミュニティとして方向性が決まっていない
• 今回の議論結果
• 公式プロジェクト化はチームとして進める(リリースチームと相談済み)
• 本来解としてMistralのWorkflowでMasakari相当機能を実現する
→ コミュニティで引き続き議論
• 短期解としてMasakariとresource-agent連携を進める
• チームとしてのToDo事項
• Mistralの品質向上(高可用性や信頼性など) (Intel)
• Masakariとresource-agentとの連携(NTT, Suse, RedHat)
• Pacemakerへのアラート機能追加 (RedHat)
• resource-agentにおけるVM状態監視機能の追加(Suse)
8Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
Openstack Instance HA - Short term implementation
Resource-agent(libvirt-
monitor)
Resource-agent(process-
monitor)
pacemaker
ComputeNode
Resource-agent(libvirt-
monitor)
Resource-agent(process-
monitor)
pacemaker
ComputeNode
Nova
Mistral
VM
1.Resource-
agent/pacemakersend
thealerttoHA-
controller
3. Mistral workflow call nova API
to evacuate/restart/rebuild..etc
4. Nova perform the rescue task
Mistral
work
flows
Congress
HAController
operator
Monasca
Role of HA Controller (leverage Masakari’s
code)
1. Avoid fault/duplicate alerts, prioritize
alerts
2. API to get past/ongoing Alert/Action
details
3. Stop recursive rescue of VM after
configurable retry counts.
4. Control the parallel processing
evacuate/migrate count
5. Fail-over-host management
6. Capacity reservation of fail-over-hosts
(i.e. block nova scheduler to select the node
for new vms)
7. Resume non-processed alerts when HA
Contoller fails over
Need HA !!!
9Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
Openstack Instance HA - Long term implementation
Resource-agent(libvirt-
monitor)
Resource-agent(process-
monitor)
pacemaker
ComputeNode
Resource-agent(libvirt-
monitor)
Resource-agent(process-
monitor)
pacemaker
ComputeNode
Nova
Mistral
VM
Resource-agent/pacemaker send the alert to
monasca
Mistral workflow call nova
API to
evacuate/restart/rebuild..etc
Nova perform the rescue task
Mistral Work
flows
Monasca
Congress
7. Avoid alert losses in Monasca
failover
Nova scheduler
6. For capacity reservation, add Congress consultation to
Nova(#5) so that the request is passed or rejected based on
the request context such as VM creation by a user or
evacuation by system to the fail-over-hosts
1. Need to ignore false alerts, prioritize the alerts
and some cases need to be neglected such as VM
failure come right before host failure.
2. Mistral API to get the past flow execution details
3. If VM frequently fail even after autorecovery,
must stop rescue of theVM after configurable
retry count
4. Control the parallel processing
evacuate/migrate count
5. Need to implement custom filter in Nova to select the
appropriate fail-over-host using same shared storage
コミュニティで引き続き議論中
10Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
コミュニティで引き続き議論
(1) Product Working Groupでの取り組み
High Availability for VMs
https://wiki.openstack.org/wiki/ProductTeam/User_Stories/HA_VMs
User story
http://specs.openstack.org/openstack/openstack-user-stories/user-
stories/proposed/ha_vm.html
Gerrit:
https://review.openstack.org/#/c/318431/
(2) Openstack HA Teamでの議論
ML: openstack-dev@lists.openstack.org subject: [openstack-dev] [HA]
IRC: http://eavesdrop.openstack.org/#High_Availability_Meeting
過去のログ: http://eavesdrop.openstack.org/meetings/ha/
ミーティング時間:
毎週の月曜日 17:00 JST
相談・雑談: #openstack-ha
11Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
NTTの取り組み
Masakari
https://github.com/ntt-sic/masakari
• 仮想マシン故障した際に自動復旧
• 5分以内に復旧
故障検知:
• VM故障
• Libvirtイベント監視
• プロセス故障
• プロセスの死活監視
• Computeノード故障
• pacemaker利用
Masakariを試す
Vagrantを利用したPOCが用意しています.
https://github.com/ntt-sic/masakari-deploy
運用:
Capacity Reservation
• Reserved hostの管理
Event History
• Masakariの各種ログ
12Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
Masakari Architecture Overview
ComputeNodesControllerNodes
&BackendNodes
13Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
VM故障からの復旧
Libvirt
Masakari
1. Notify down VM’s Info
(VM-ID, Host Name, etc.)
Libvirt Monitor
Detect VM down
VM1 VM2 VM3
Libvirt
Libvirt Monitor
VM5 VM6
HostHost
Nova
2. Call Rebuild API for the down VM
3. Rebuild the VM
Down
14Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
プロセス故障からの復旧
1. Restart manager
process when it’s down
Process Monitor
Masakari
2. Notify manager process down
if fail to restart few times
Libvirt Nova-compute
Host A
Libvirt Nova-compute
Host B
Nova
3. Notify Nova to disable schedule
for Host A
Process Monitor
Down
15Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
Computeノード故障からの復旧
RA
CIB
RA
RA
Node’s
Status
pacemaker
Heartbeat communications
Masakari
Check its Host’s status
1. Notify another host down
Start
Stop
Monitor
WatchDog&
Shutdowner
Host Fail Monitor
Polling
RA
CIB
RA
RA
Node’s
Status
pacemaker
Start
Stop
Monitor
WatchDog&
Shutdowner
Host Fail Monitor
Polling
Down
Host A Host B
Nova
2. Call Evacuate API for all VM on Host B
16Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
Masakariの今後
Masakariをopenstackプロジェクトとして提案中
https://review.openstack.org/#/c/330370/
https://launchpad.net/masakari
Todo:
• Masakari API
• Failover Segment
• Capacity Reservation
• Host Maintenance
• Event History
https://github.com/ntt-sic/masakari/wiki/Masakari-API-Design
• Openstack resource-agent連携
• 各masakari-monitorの変わりにopenstack-resource-agentを利用
17Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved.
御清聴ありがとうございました

More Related Content

What's hot

OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in JapaneseOpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
Toshikazu Ichikawa
 
OpenStack Summitの歩き方
OpenStack Summitの歩き方OpenStack Summitの歩き方
OpenStack Summitの歩き方
Hideki Saito
 
OpenStack Summit Vancouver YVR Ops
OpenStack Summit Vancouver YVR OpsOpenStack Summit Vancouver YVR Ops
OpenStack Summit Vancouver YVR Ops
NTT Communications Technology Development
 
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年8月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年8月Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年8月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年8月
VirtualTech Japan Inc.
 
Open stack界でのコンテナの現状
Open stack界でのコンテナの現状Open stack界でのコンテナの現状
Open stack界でのコンテナの現状
株式会社 NTTテクノクロス
 
Mirantis OpenStack 5.0で作るOpenStack Icehouse構築入門
Mirantis OpenStack 5.0で作るOpenStack Icehouse構築入門Mirantis OpenStack 5.0で作るOpenStack Icehouse構築入門
Mirantis OpenStack 5.0で作るOpenStack Icehouse構築入門
VirtualTech Japan Inc.
 
OpenStack東京サミットに向けて
OpenStack東京サミットに向けてOpenStack東京サミットに向けて
OpenStack東京サミットに向けて
shintaro mizuno
 
HP Helion 標準搭載!! OpenStack TripleO解説課題 – OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
HP Helion 標準搭載!! OpenStack TripleO解説課題 – OpenStack最新情報セミナー 2015年2月HP Helion 標準搭載!! OpenStack TripleO解説課題 – OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
HP Helion 標準搭載!! OpenStack TripleO解説課題 – OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
VirtualTech Japan Inc.
 
OpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッション
OpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッションOpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッション
OpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッション
NTT Communications Technology Development
 
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
Rakuten Group, Inc.
 
OpenStackネットワーク実装の現状と運用 自動化開発の実際 第一部: OpenStackネットワーク実装の現状 – OpenStack最新情報セミナ...
OpenStackネットワーク実装の現状と運用 自動化開発の実際 第一部: OpenStackネットワーク実装の現状 – OpenStack最新情報セミナ...OpenStackネットワーク実装の現状と運用 自動化開発の実際 第一部: OpenStackネットワーク実装の現状 – OpenStack最新情報セミナ...
OpenStackネットワーク実装の現状と運用 自動化開発の実際 第一部: OpenStackネットワーク実装の現状 – OpenStack最新情報セミナ...
VirtualTech Japan Inc.
 
日本OpenStackユーザ会第40回勉強会 Nova最新動向
日本OpenStackユーザ会第40回勉強会 Nova最新動向日本OpenStackユーザ会第40回勉強会 Nova最新動向
日本OpenStackユーザ会第40回勉強会 Nova最新動向
Takashi Natsume
 
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
VirtualTech Japan Inc.
 
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
VirtualTech Japan Inc.
 
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
VirtualTech Japan Inc.
 
OpenStack入門 2016/06/27
OpenStack入門 2016/06/27OpenStack入門 2016/06/27
OpenStack入門 2016/06/27
株式会社 NTTテクノクロス
 
Mirantis超簡単Fuel Openstack インストール
Mirantis超簡単Fuel Openstack インストールMirantis超簡単Fuel Openstack インストール
Mirantis超簡単Fuel Openstack インストール
Kamon Nobuchika
 
Open stack summit 2016 austin参加報告
Open stack summit 2016 austin参加報告Open stack summit 2016 austin参加報告
Open stack summit 2016 austin参加報告
Takayuki Kamei
 
OpsからみたOpenStack Summit
OpsからみたOpenStack SummitOpsからみたOpenStack Summit
OpsからみたOpenStack Summit
NTT Communications Technology Development
 
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
VirtualTech Japan Inc.
 

What's hot (20)

OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in JapaneseOpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
 
OpenStack Summitの歩き方
OpenStack Summitの歩き方OpenStack Summitの歩き方
OpenStack Summitの歩き方
 
OpenStack Summit Vancouver YVR Ops
OpenStack Summit Vancouver YVR OpsOpenStack Summit Vancouver YVR Ops
OpenStack Summit Vancouver YVR Ops
 
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年8月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年8月Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年8月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年8月
 
Open stack界でのコンテナの現状
Open stack界でのコンテナの現状Open stack界でのコンテナの現状
Open stack界でのコンテナの現状
 
Mirantis OpenStack 5.0で作るOpenStack Icehouse構築入門
Mirantis OpenStack 5.0で作るOpenStack Icehouse構築入門Mirantis OpenStack 5.0で作るOpenStack Icehouse構築入門
Mirantis OpenStack 5.0で作るOpenStack Icehouse構築入門
 
OpenStack東京サミットに向けて
OpenStack東京サミットに向けてOpenStack東京サミットに向けて
OpenStack東京サミットに向けて
 
HP Helion 標準搭載!! OpenStack TripleO解説課題 – OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
HP Helion 標準搭載!! OpenStack TripleO解説課題 – OpenStack最新情報セミナー 2015年2月HP Helion 標準搭載!! OpenStack TripleO解説課題 – OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
HP Helion 標準搭載!! OpenStack TripleO解説課題 – OpenStack最新情報セミナー 2015年2月
 
OpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッション
OpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッションOpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッション
OpenStack Summit Tokyo 興味をひいたセッション
 
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
実用段階に入ったOpenStack ~ もうすぐ絶滅するというPrivate Cloudの多様性について ~
 
OpenStackネットワーク実装の現状と運用 自動化開発の実際 第一部: OpenStackネットワーク実装の現状 – OpenStack最新情報セミナ...
OpenStackネットワーク実装の現状と運用 自動化開発の実際 第一部: OpenStackネットワーク実装の現状 – OpenStack最新情報セミナ...OpenStackネットワーク実装の現状と運用 自動化開発の実際 第一部: OpenStackネットワーク実装の現状 – OpenStack最新情報セミナ...
OpenStackネットワーク実装の現状と運用 自動化開発の実際 第一部: OpenStackネットワーク実装の現状 – OpenStack最新情報セミナ...
 
日本OpenStackユーザ会第40回勉強会 Nova最新動向
日本OpenStackユーザ会第40回勉強会 Nova最新動向日本OpenStackユーザ会第40回勉強会 Nova最新動向
日本OpenStackユーザ会第40回勉強会 Nova最新動向
 
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
 
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
Canonical様講演 OpenStack最新情報セミナー 2013年11月
 
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
OpenStackコミュニティに対する取り組み - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月
 
OpenStack入門 2016/06/27
OpenStack入門 2016/06/27OpenStack入門 2016/06/27
OpenStack入門 2016/06/27
 
Mirantis超簡単Fuel Openstack インストール
Mirantis超簡単Fuel Openstack インストールMirantis超簡単Fuel Openstack インストール
Mirantis超簡単Fuel Openstack インストール
 
Open stack summit 2016 austin参加報告
Open stack summit 2016 austin参加報告Open stack summit 2016 austin参加報告
Open stack summit 2016 austin参加報告
 
OpsからみたOpenStack Summit
OpsからみたOpenStack SummitOpsからみたOpenStack Summit
OpsからみたOpenStack Summit
 
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
『フルスタックエンジニアを目指す』ためのOpenStack勉強術 - OpenStack最新情報セミナー 2014年2月
 

Viewers also liked

OpenStackユーザ会資料 - Masakari
OpenStackユーザ会資料 - MasakariOpenStackユーザ会資料 - Masakari
OpenStackユーザ会資料 - Masakari
masahito12
 
OpenStack-Ansibleで作るOpenStack HA環境 手順書解説 - OpenStack最新情報セミナー 2016年3月
OpenStack-Ansibleで作るOpenStack HA環境 手順書解説 - OpenStack最新情報セミナー 2016年3月OpenStack-Ansibleで作るOpenStack HA環境 手順書解説 - OpenStack最新情報セミナー 2016年3月
OpenStack-Ansibleで作るOpenStack HA環境 手順書解説 - OpenStack最新情報セミナー 2016年3月
VirtualTech Japan Inc.
 
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7 - VM Instance HA Architecture
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7 - VM Instance HA ArchitectureRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7 - VM Instance HA Architecture
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7 - VM Instance HA Architecture
Etsuji Nakai
 
OpenStack Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告
OpenStack Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告OpenStack Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告
OpenStack Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告
NTT Communications Technology Development
 
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform環境でのDocker活用テクニック
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform環境でのDocker活用テクニックRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform環境でのDocker活用テクニック
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform環境でのDocker活用テクニック
Etsuji Nakai
 
ポリドックにServerspecを教えよう!
ポリドックにServerspecを教えよう!ポリドックにServerspecを教えよう!
ポリドックにServerspecを教えよう!
ftnk
 
Openstackサテライトプロジェクトまとめ
OpenstackサテライトプロジェクトまとめOpenstackサテライトプロジェクトまとめ
Openstackサテライトプロジェクトまとめ
Takahiro Shida
 
Ironic introduction
Ironic introductionIronic introduction
Ironic introduction
VirtualTech Japan Inc.
 
Ceilo componentization diagrams
Ceilo componentization diagramsCeilo componentization diagrams
Ceilo componentization diagrams
Fabio Giannetti
 
Storing VMs with Cinder and Ceph RBD.pdf
Storing VMs with Cinder and Ceph RBD.pdfStoring VMs with Cinder and Ceph RBD.pdf
Storing VMs with Cinder and Ceph RBD.pdf
OpenStack Foundation
 
Webinar Monitoring in era of cloud computing
Webinar Monitoring in era of cloud computingWebinar Monitoring in era of cloud computing
Webinar Monitoring in era of cloud computing
CREATE-NET
 
Cisco Connect Japan 2014: サービス プロバイダー向け SDN/NFV 戦略
Cisco Connect Japan 2014: サービス プロバイダー向け SDN/NFV 戦略Cisco Connect Japan 2014: サービス プロバイダー向け SDN/NFV 戦略
Cisco Connect Japan 2014: サービス プロバイダー向け SDN/NFV 戦略
シスコシステムズ合同会社
 
HP OpenStack取り組み120828b
HP OpenStack取り組み120828bHP OpenStack取り組み120828b
HP OpenStack取り組み120828b
Toru Makabe
 
OpenStack Icehouseに向けたHPの取り組みとHP Cloud OSのご紹介
OpenStack Icehouseに向けたHPの取り組みとHP Cloud OSのご紹介OpenStack Icehouseに向けたHPの取り組みとHP Cloud OSのご紹介
OpenStack Icehouseに向けたHPの取り組みとHP Cloud OSのご紹介
Toru Makabe
 
Enforcing Application SLA with Congress and Monasca
Enforcing Application SLA with Congress and MonascaEnforcing Application SLA with Congress and Monasca
Enforcing Application SLA with Congress and Monasca
Fabio Giannetti
 
ネットワークスイッチ構築実践 2.STP・RSTP・PortSecurity・StormControl・SPAN・Stacking編
ネットワークスイッチ構築実践 2.STP・RSTP・PortSecurity・StormControl・SPAN・Stacking編ネットワークスイッチ構築実践 2.STP・RSTP・PortSecurity・StormControl・SPAN・Stacking編
ネットワークスイッチ構築実践 2.STP・RSTP・PortSecurity・StormControl・SPAN・Stacking編
株式会社 NTTテクノクロス
 
DRBD/Heartbeat/Pacemakerで作るKVM仮想化クラスタ
DRBD/Heartbeat/Pacemakerで作るKVM仮想化クラスタDRBD/Heartbeat/Pacemakerで作るKVM仮想化クラスタ
DRBD/Heartbeat/Pacemakerで作るKVM仮想化クラスタ
株式会社サードウェア
 
エンタープライズクラスのOpenStackとは
エンタープライズクラスのOpenStackとはエンタープライズクラスのOpenStackとは
エンタープライズクラスのOpenStackとは
ThinkIT_impress
 
Beyond x86: Managing Multi-platform Environments with OpenStack
Beyond x86: Managing Multi-platform Environments with OpenStackBeyond x86: Managing Multi-platform Environments with OpenStack
Beyond x86: Managing Multi-platform Environments with OpenStack
Phil Estes
 
IBM Cloud - Open by Design
IBM Cloud - Open by DesignIBM Cloud - Open by Design
IBM Cloud - Open by Design
Sonia Baratas Alves
 

Viewers also liked (20)

OpenStackユーザ会資料 - Masakari
OpenStackユーザ会資料 - MasakariOpenStackユーザ会資料 - Masakari
OpenStackユーザ会資料 - Masakari
 
OpenStack-Ansibleで作るOpenStack HA環境 手順書解説 - OpenStack最新情報セミナー 2016年3月
OpenStack-Ansibleで作るOpenStack HA環境 手順書解説 - OpenStack最新情報セミナー 2016年3月OpenStack-Ansibleで作るOpenStack HA環境 手順書解説 - OpenStack最新情報セミナー 2016年3月
OpenStack-Ansibleで作るOpenStack HA環境 手順書解説 - OpenStack最新情報セミナー 2016年3月
 
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7 - VM Instance HA Architecture
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7 - VM Instance HA ArchitectureRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7 - VM Instance HA Architecture
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7 - VM Instance HA Architecture
 
OpenStack Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告
OpenStack Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告OpenStack Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告
OpenStack Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告
 
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform環境でのDocker活用テクニック
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform環境でのDocker活用テクニックRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform環境でのDocker活用テクニック
Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform環境でのDocker活用テクニック
 
ポリドックにServerspecを教えよう!
ポリドックにServerspecを教えよう!ポリドックにServerspecを教えよう!
ポリドックにServerspecを教えよう!
 
Openstackサテライトプロジェクトまとめ
OpenstackサテライトプロジェクトまとめOpenstackサテライトプロジェクトまとめ
Openstackサテライトプロジェクトまとめ
 
Ironic introduction
Ironic introductionIronic introduction
Ironic introduction
 
Ceilo componentization diagrams
Ceilo componentization diagramsCeilo componentization diagrams
Ceilo componentization diagrams
 
Storing VMs with Cinder and Ceph RBD.pdf
Storing VMs with Cinder and Ceph RBD.pdfStoring VMs with Cinder and Ceph RBD.pdf
Storing VMs with Cinder and Ceph RBD.pdf
 
Webinar Monitoring in era of cloud computing
Webinar Monitoring in era of cloud computingWebinar Monitoring in era of cloud computing
Webinar Monitoring in era of cloud computing
 
Cisco Connect Japan 2014: サービス プロバイダー向け SDN/NFV 戦略
Cisco Connect Japan 2014: サービス プロバイダー向け SDN/NFV 戦略Cisco Connect Japan 2014: サービス プロバイダー向け SDN/NFV 戦略
Cisco Connect Japan 2014: サービス プロバイダー向け SDN/NFV 戦略
 
HP OpenStack取り組み120828b
HP OpenStack取り組み120828bHP OpenStack取り組み120828b
HP OpenStack取り組み120828b
 
OpenStack Icehouseに向けたHPの取り組みとHP Cloud OSのご紹介
OpenStack Icehouseに向けたHPの取り組みとHP Cloud OSのご紹介OpenStack Icehouseに向けたHPの取り組みとHP Cloud OSのご紹介
OpenStack Icehouseに向けたHPの取り組みとHP Cloud OSのご紹介
 
Enforcing Application SLA with Congress and Monasca
Enforcing Application SLA with Congress and MonascaEnforcing Application SLA with Congress and Monasca
Enforcing Application SLA with Congress and Monasca
 
ネットワークスイッチ構築実践 2.STP・RSTP・PortSecurity・StormControl・SPAN・Stacking編
ネットワークスイッチ構築実践 2.STP・RSTP・PortSecurity・StormControl・SPAN・Stacking編ネットワークスイッチ構築実践 2.STP・RSTP・PortSecurity・StormControl・SPAN・Stacking編
ネットワークスイッチ構築実践 2.STP・RSTP・PortSecurity・StormControl・SPAN・Stacking編
 
DRBD/Heartbeat/Pacemakerで作るKVM仮想化クラスタ
DRBD/Heartbeat/Pacemakerで作るKVM仮想化クラスタDRBD/Heartbeat/Pacemakerで作るKVM仮想化クラスタ
DRBD/Heartbeat/Pacemakerで作るKVM仮想化クラスタ
 
エンタープライズクラスのOpenStackとは
エンタープライズクラスのOpenStackとはエンタープライズクラスのOpenStackとは
エンタープライズクラスのOpenStackとは
 
Beyond x86: Managing Multi-platform Environments with OpenStack
Beyond x86: Managing Multi-platform Environments with OpenStackBeyond x86: Managing Multi-platform Environments with OpenStack
Beyond x86: Managing Multi-platform Environments with OpenStack
 
IBM Cloud - Open by Design
IBM Cloud - Open by DesignIBM Cloud - Open by Design
IBM Cloud - Open by Design
 

Similar to openstackの仮想マシンHA機能の現状と今後の方向性

20140404 vyatta users Group / REST API解説
20140404 vyatta users Group / REST API解説20140404 vyatta users Group / REST API解説
20140404 vyatta users Group / REST API解説Yukihiro Kikuchi
 
Spring Boot × Vue.jsでSPAを作る
Spring Boot × Vue.jsでSPAを作るSpring Boot × Vue.jsでSPAを作る
Spring Boot × Vue.jsでSPAを作る
Go Miyasaka
 
HeapStats: Introduction and Technical Preview
HeapStats: Introduction and Technical PreviewHeapStats: Introduction and Technical Preview
HeapStats: Introduction and Technical Preview
Yuji Kubota
 
App controllerとSPFで実現するハイブリッドクラウド
App controllerとSPFで実現するハイブリッドクラウドApp controllerとSPFで実現するハイブリッドクラウド
App controllerとSPFで実現するハイブリッドクラウドTakashi Kanai
 
NET MAUI for .NET 7 for iOS, Android app development
 NET MAUI for .NET 7 for iOS, Android app development  NET MAUI for .NET 7 for iOS, Android app development
NET MAUI for .NET 7 for iOS, Android app development
Shotaro Suzuki
 
【HinemosWorld2016】A2-3_Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット
【HinemosWorld2016】A2-3_Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット【HinemosWorld2016】A2-3_Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット
【HinemosWorld2016】A2-3_Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット
Hinemos
 
JVMに裏から手を出す!JVMTIに触れてみよう(オープンソースカンファレンス2020 Online/Hiroshima 講演資料)
JVMに裏から手を出す!JVMTIに触れてみよう(オープンソースカンファレンス2020 Online/Hiroshima 講演資料)JVMに裏から手を出す!JVMTIに触れてみよう(オープンソースカンファレンス2020 Online/Hiroshima 講演資料)
JVMに裏から手を出す!JVMTIに触れてみよう(オープンソースカンファレンス2020 Online/Hiroshima 講演資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
App controllerとwindows azure packで作る大規模プライベートクラウド
App controllerとwindows azure packで作る大規模プライベートクラウドApp controllerとwindows azure packで作る大規模プライベートクラウド
App controllerとwindows azure packで作る大規模プライベートクラウド
Takashi Kanai
 
Browser andsecurity2015
Browser andsecurity2015Browser andsecurity2015
Browser andsecurity2015
彰 村地
 
20120822_dstn技術交流会_仮想化について
20120822_dstn技術交流会_仮想化について20120822_dstn技術交流会_仮想化について
20120822_dstn技術交流会_仮想化についてdstn
 
System Center Operations Managerによる仮想環境の高度な管理
System Center Operations Managerによる仮想環境の高度な管理System Center Operations Managerによる仮想環境の高度な管理
System Center Operations Managerによる仮想環境の高度な管理
junichi anno
 
Serverless Framework "Disptach" の紹介
Serverless Framework "Disptach" の紹介Serverless Framework "Disptach" の紹介
Serverless Framework "Disptach" の紹介
Motonori Shindo
 
たった1時間でシステム構築!“激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とは
たった1時間でシステム構築!“激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とはたった1時間でシステム構築!“激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とは
たった1時間でシステム構築!“激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とは
Rina Owaki
 
"Up" with vagrant and docker
"Up" with vagrant and docker"Up" with vagrant and docker
"Up" with vagrant and docker
Hiroshi Miura
 
Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット
Hinemosで最大化する、クラウド活用メリットHinemosで最大化する、クラウド活用メリット
Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット
Hinemos
 
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?Yuya Yamaki
 
INF-016_比べて納得! Windows Server 2016 Hyper-V の新機能すべて見せます!
INF-016_比べて納得! Windows Server 2016 Hyper-V の新機能すべて見せます!INF-016_比べて納得! Windows Server 2016 Hyper-V の新機能すべて見せます!
INF-016_比べて納得! Windows Server 2016 Hyper-V の新機能すべて見せます!
decode2016
 
【デブサミ夏A4】アジャイル開発とDevopsを促進するクラウドテクノロジー
【デブサミ夏A4】アジャイル開発とDevopsを促進するクラウドテクノロジー【デブサミ夏A4】アジャイル開発とDevopsを促進するクラウドテクノロジー
【デブサミ夏A4】アジャイル開発とDevopsを促進するクラウドテクノロジー
Developers Summit
 
Zabbix監視運用業務の自動化事例
Zabbix監視運用業務の自動化事例Zabbix監視運用業務の自動化事例
Zabbix監視運用業務の自動化事例
OSSラボ株式会社
 
巨大ポータルを支えるプライベート・クラウド構築事例から学べ!~攻める情シスのためのインフラ構築、その極意とは?~
巨大ポータルを支えるプライベート・クラウド構築事例から学べ!~攻める情シスのためのインフラ構築、その極意とは?~巨大ポータルを支えるプライベート・クラウド構築事例から学べ!~攻める情シスのためのインフラ構築、その極意とは?~
巨大ポータルを支えるプライベート・クラウド構築事例から学べ!~攻める情シスのためのインフラ構築、その極意とは?~
Brocade
 

Similar to openstackの仮想マシンHA機能の現状と今後の方向性 (20)

20140404 vyatta users Group / REST API解説
20140404 vyatta users Group / REST API解説20140404 vyatta users Group / REST API解説
20140404 vyatta users Group / REST API解説
 
Spring Boot × Vue.jsでSPAを作る
Spring Boot × Vue.jsでSPAを作るSpring Boot × Vue.jsでSPAを作る
Spring Boot × Vue.jsでSPAを作る
 
HeapStats: Introduction and Technical Preview
HeapStats: Introduction and Technical PreviewHeapStats: Introduction and Technical Preview
HeapStats: Introduction and Technical Preview
 
App controllerとSPFで実現するハイブリッドクラウド
App controllerとSPFで実現するハイブリッドクラウドApp controllerとSPFで実現するハイブリッドクラウド
App controllerとSPFで実現するハイブリッドクラウド
 
NET MAUI for .NET 7 for iOS, Android app development
 NET MAUI for .NET 7 for iOS, Android app development  NET MAUI for .NET 7 for iOS, Android app development
NET MAUI for .NET 7 for iOS, Android app development
 
【HinemosWorld2016】A2-3_Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット
【HinemosWorld2016】A2-3_Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット【HinemosWorld2016】A2-3_Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット
【HinemosWorld2016】A2-3_Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット
 
JVMに裏から手を出す!JVMTIに触れてみよう(オープンソースカンファレンス2020 Online/Hiroshima 講演資料)
JVMに裏から手を出す!JVMTIに触れてみよう(オープンソースカンファレンス2020 Online/Hiroshima 講演資料)JVMに裏から手を出す!JVMTIに触れてみよう(オープンソースカンファレンス2020 Online/Hiroshima 講演資料)
JVMに裏から手を出す!JVMTIに触れてみよう(オープンソースカンファレンス2020 Online/Hiroshima 講演資料)
 
App controllerとwindows azure packで作る大規模プライベートクラウド
App controllerとwindows azure packで作る大規模プライベートクラウドApp controllerとwindows azure packで作る大規模プライベートクラウド
App controllerとwindows azure packで作る大規模プライベートクラウド
 
Browser andsecurity2015
Browser andsecurity2015Browser andsecurity2015
Browser andsecurity2015
 
20120822_dstn技術交流会_仮想化について
20120822_dstn技術交流会_仮想化について20120822_dstn技術交流会_仮想化について
20120822_dstn技術交流会_仮想化について
 
System Center Operations Managerによる仮想環境の高度な管理
System Center Operations Managerによる仮想環境の高度な管理System Center Operations Managerによる仮想環境の高度な管理
System Center Operations Managerによる仮想環境の高度な管理
 
Serverless Framework "Disptach" の紹介
Serverless Framework "Disptach" の紹介Serverless Framework "Disptach" の紹介
Serverless Framework "Disptach" の紹介
 
たった1時間でシステム構築!“激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とは
たった1時間でシステム構築!“激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とはたった1時間でシステム構築!“激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とは
たった1時間でシステム構築!“激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とは
 
"Up" with vagrant and docker
"Up" with vagrant and docker"Up" with vagrant and docker
"Up" with vagrant and docker
 
Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット
Hinemosで最大化する、クラウド活用メリットHinemosで最大化する、クラウド活用メリット
Hinemosで最大化する、クラウド活用メリット
 
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?
Wpf 4とSilverlight 4、これから業務アプリを開発するならどっち?
 
INF-016_比べて納得! Windows Server 2016 Hyper-V の新機能すべて見せます!
INF-016_比べて納得! Windows Server 2016 Hyper-V の新機能すべて見せます!INF-016_比べて納得! Windows Server 2016 Hyper-V の新機能すべて見せます!
INF-016_比べて納得! Windows Server 2016 Hyper-V の新機能すべて見せます!
 
【デブサミ夏A4】アジャイル開発とDevopsを促進するクラウドテクノロジー
【デブサミ夏A4】アジャイル開発とDevopsを促進するクラウドテクノロジー【デブサミ夏A4】アジャイル開発とDevopsを促進するクラウドテクノロジー
【デブサミ夏A4】アジャイル開発とDevopsを促進するクラウドテクノロジー
 
Zabbix監視運用業務の自動化事例
Zabbix監視運用業務の自動化事例Zabbix監視運用業務の自動化事例
Zabbix監視運用業務の自動化事例
 
巨大ポータルを支えるプライベート・クラウド構築事例から学べ!~攻める情シスのためのインフラ構築、その極意とは?~
巨大ポータルを支えるプライベート・クラウド構築事例から学べ!~攻める情シスのためのインフラ構築、その極意とは?~巨大ポータルを支えるプライベート・クラウド構築事例から学べ!~攻める情シスのためのインフラ構築、その極意とは?~
巨大ポータルを支えるプライベート・クラウド構築事例から学べ!~攻める情シスのためのインフラ構築、その極意とは?~
 

Recently uploaded

ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
Matsushita Laboratory
 
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアルLoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
CRI Japan, Inc.
 
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援しますキンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
Takayuki Nakayama
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
Toru Tamaki
 
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
chiefujita1
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
Osaka University
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
嶋 是一 (Yoshikazu SHIMA)
 
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
t m
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
harmonylab
 

Recently uploaded (12)

ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
 
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアルLoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
 
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援しますキンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
 
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
 
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
 

openstackの仮想マシンHA機能の現状と今後の方向性

  • 1. © 2015 NTT Software Innovation Center サンパト プリヤンカラ I三P I方D NTTソフトウェアイノベーションセンタ 2016/06/23 仮想マシンHA機能の現状と今後の方向性 仮想マシンHA機能の現状と今後の方向性
  • 2. 2Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. 仮想マシンHA機能とは, 仮想マシンの高可用性を実現 仮想マシン(VM)故障時に、オペレータを介さずに自動復旧する機 能を提供する. 仮想マシンHA機能の必要性 • PET VMの存在 [1] • すべてのアプリケーションはクラウドネイティブではない • 仮想マシンの高可用性を実現させるためのOSS [1] http://www.slideshare.net/randybias/pets-vs-cattle-the-elastic-cloud-story http://www.theregister.co.uk/2013/03/18/servers_pets_or_cattle_cern/
  • 3. 3Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. 仮想マシンHAの要件 仮想マシンHAのuser storyについてコミュニティで議論しています.[2] [2] http://specs.openstack.org/openstack/openstack-user-stories/user-stories/proposed/ha_vm.html 運用: • Capacity Reservation 仮想マシンを復旧させるために、必要 な空き容量を常に確保 • Host Maintenance 計画メンテナンスなどを行う際に 仮想マシンHA機能を無効化 • Event History 過去のイベント履歴など 故障検知: • Computeノード故障 • プロセス故障  qemu-kvmプロセス故障(VM crashes)  nova-computeプロセスの異常 • VM故障  I/O errorなど • その他の故障  Network component fails  AZ, DC, Region failure • 仮想マシンが故障から自動的に復旧する • VM毎に仮想マシンHA機能を設定可能
  • 4. 4Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. Openstack HA Team Andrew Beekhof @REDHAT Ken Gaillot @REDHAT Michele Baldessari @REDHAT Adam Spiers @SUSE Dawid Deja @Intel 主なメンバー NTT Group SIC: Sampath Priyankara, Masahito Muroi, Toshikazu Ichikawa NTT Data: Takashi Kajinami NTT Data Inc: Tushar Patil Team情報 ML: openstack-dev@lists.openstack.org subject: [openstack-dev] [HA] IRC: http://eavesdrop.openstack.org/#High_Availability_Meeting ミーティング時間: 毎週の月曜日 17:00 JST 相談・雑談: #openstack-ha
  • 5. 5Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. Austinサミットで議論 http://clusterlabs.org/pipermail/users/2016-May/002864.html Photo credit goes to Ken Gaillot 今後の仮想マシンHAの進め方について議論した. 開催:Austinサミット期間中で,4/26 – 4/29 ad-hoc Etherpad: https://etherpad.openstack.org/p/newton-instance-ha 議論初日からの流れはetherpadの上から順に記述されています サミット会場でのランチミーティング
  • 6. 6Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. 既存の仮想マシンHAソリューション Source: 発表者:Adam Spiers, Dawid Deja https://www.openstack.org/videos/video/high-availability-for-pets-and-hypervisors-state-of-the-nation
  • 7. 7Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. Austinサミットで議論内容 いくつかのアプローチが提案されているが、それぞれに長所短所があ り、まだコミュニティとして方向性が決まっていない • 今回の議論結果 • 公式プロジェクト化はチームとして進める(リリースチームと相談済み) • 本来解としてMistralのWorkflowでMasakari相当機能を実現する → コミュニティで引き続き議論 • 短期解としてMasakariとresource-agent連携を進める • チームとしてのToDo事項 • Mistralの品質向上(高可用性や信頼性など) (Intel) • Masakariとresource-agentとの連携(NTT, Suse, RedHat) • Pacemakerへのアラート機能追加 (RedHat) • resource-agentにおけるVM状態監視機能の追加(Suse)
  • 8. 8Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. Openstack Instance HA - Short term implementation Resource-agent(libvirt- monitor) Resource-agent(process- monitor) pacemaker ComputeNode Resource-agent(libvirt- monitor) Resource-agent(process- monitor) pacemaker ComputeNode Nova Mistral VM 1.Resource- agent/pacemakersend thealerttoHA- controller 3. Mistral workflow call nova API to evacuate/restart/rebuild..etc 4. Nova perform the rescue task Mistral work flows Congress HAController operator Monasca Role of HA Controller (leverage Masakari’s code) 1. Avoid fault/duplicate alerts, prioritize alerts 2. API to get past/ongoing Alert/Action details 3. Stop recursive rescue of VM after configurable retry counts. 4. Control the parallel processing evacuate/migrate count 5. Fail-over-host management 6. Capacity reservation of fail-over-hosts (i.e. block nova scheduler to select the node for new vms) 7. Resume non-processed alerts when HA Contoller fails over Need HA !!!
  • 9. 9Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. Openstack Instance HA - Long term implementation Resource-agent(libvirt- monitor) Resource-agent(process- monitor) pacemaker ComputeNode Resource-agent(libvirt- monitor) Resource-agent(process- monitor) pacemaker ComputeNode Nova Mistral VM Resource-agent/pacemaker send the alert to monasca Mistral workflow call nova API to evacuate/restart/rebuild..etc Nova perform the rescue task Mistral Work flows Monasca Congress 7. Avoid alert losses in Monasca failover Nova scheduler 6. For capacity reservation, add Congress consultation to Nova(#5) so that the request is passed or rejected based on the request context such as VM creation by a user or evacuation by system to the fail-over-hosts 1. Need to ignore false alerts, prioritize the alerts and some cases need to be neglected such as VM failure come right before host failure. 2. Mistral API to get the past flow execution details 3. If VM frequently fail even after autorecovery, must stop rescue of theVM after configurable retry count 4. Control the parallel processing evacuate/migrate count 5. Need to implement custom filter in Nova to select the appropriate fail-over-host using same shared storage コミュニティで引き続き議論中
  • 10. 10Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. コミュニティで引き続き議論 (1) Product Working Groupでの取り組み High Availability for VMs https://wiki.openstack.org/wiki/ProductTeam/User_Stories/HA_VMs User story http://specs.openstack.org/openstack/openstack-user-stories/user- stories/proposed/ha_vm.html Gerrit: https://review.openstack.org/#/c/318431/ (2) Openstack HA Teamでの議論 ML: openstack-dev@lists.openstack.org subject: [openstack-dev] [HA] IRC: http://eavesdrop.openstack.org/#High_Availability_Meeting 過去のログ: http://eavesdrop.openstack.org/meetings/ha/ ミーティング時間: 毎週の月曜日 17:00 JST 相談・雑談: #openstack-ha
  • 11. 11Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. NTTの取り組み Masakari https://github.com/ntt-sic/masakari • 仮想マシン故障した際に自動復旧 • 5分以内に復旧 故障検知: • VM故障 • Libvirtイベント監視 • プロセス故障 • プロセスの死活監視 • Computeノード故障 • pacemaker利用 Masakariを試す Vagrantを利用したPOCが用意しています. https://github.com/ntt-sic/masakari-deploy 運用: Capacity Reservation • Reserved hostの管理 Event History • Masakariの各種ログ
  • 12. 12Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. Masakari Architecture Overview ComputeNodesControllerNodes &BackendNodes
  • 13. 13Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. VM故障からの復旧 Libvirt Masakari 1. Notify down VM’s Info (VM-ID, Host Name, etc.) Libvirt Monitor Detect VM down VM1 VM2 VM3 Libvirt Libvirt Monitor VM5 VM6 HostHost Nova 2. Call Rebuild API for the down VM 3. Rebuild the VM Down
  • 14. 14Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. プロセス故障からの復旧 1. Restart manager process when it’s down Process Monitor Masakari 2. Notify manager process down if fail to restart few times Libvirt Nova-compute Host A Libvirt Nova-compute Host B Nova 3. Notify Nova to disable schedule for Host A Process Monitor Down
  • 15. 15Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. Computeノード故障からの復旧 RA CIB RA RA Node’s Status pacemaker Heartbeat communications Masakari Check its Host’s status 1. Notify another host down Start Stop Monitor WatchDog& Shutdowner Host Fail Monitor Polling RA CIB RA RA Node’s Status pacemaker Start Stop Monitor WatchDog& Shutdowner Host Fail Monitor Polling Down Host A Host B Nova 2. Call Evacuate API for all VM on Host B
  • 16. 16Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. Masakariの今後 Masakariをopenstackプロジェクトとして提案中 https://review.openstack.org/#/c/330370/ https://launchpad.net/masakari Todo: • Masakari API • Failover Segment • Capacity Reservation • Host Maintenance • Event History https://github.com/ntt-sic/masakari/wiki/Masakari-API-Design • Openstack resource-agent連携 • 各masakari-monitorの変わりにopenstack-resource-agentを利用
  • 17. 17Copyright©2015 NTT corp. All Rights Reserved. 御清聴ありがとうございました

Editor's Notes

  1. This is quick architecture overview of Masakari. Masakari is roughly divided to 2 parts. One is Masakari controller presented in light blue box at top of the slide. Another is state monitoring processes displayed in the boxes at bottom of the slide. The controller process is in charge of calling OpenStack API depending on the type of notification from monitoring processes. The monitoring processes are monitoring whether each type of error Masakari want to detect occurs or not. In following slides, I’ll present you how each monitoring process is monitoring different errors.
  2. I show you a quick instruction of Masakari. Before setting up Masakari, there are 2 prerequisites, Masakari assumes Compute Node uses KVM as its virtualizing technology and shares storages for ephemeral disks, NFS or ceph. 2.