SlideShare a Scribd company logo
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験&
Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
⽇⽴製作所 研究開発グループ
2024/05/16
佐藤⻯也 (Tatsuya Sato)
Hyperledger Meetup Tokyo
はじめに
⾃⼰紹介:
• 佐藤⻯也 (Tatsuya Sato)
– ⽇⽴製作所 研究開発グループ 主任研究員
– 主な研究分野: ブロックチェーン x 運⽤管理
このたび光栄なことにHyperledger Fabricのコア
メンテナに就任いたしましたので、この場をお借りして
コミュニティ活動を通じての体験や学び、雰囲気、
Hyperledger Fabricの最新状況について共有
できればと思います。
2
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
1. Hyperledger Fabricの概要
2. Hyperledger Fabricコミュニティ体験&学び
3. Hyperledger Fabricコミュニティアップデート
4. おわりに
Contents
3
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
1. Hyperledger Fabricの概要
2. Hyperledger Fabricコミュニティ体験&学び
3. Hyperledger Fabricコミュニティアップデート
4. おわりに
Contents
4
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
1-1. Hyperledger Fabric
エンタープライズ向けパーミッション型ブロックチェーンプラットフォーム
– エンタープライズ利⽤に求められる要件に対応した機能/⾮機能を提供
• 幅広い業界/ユースケースに対応可能な汎⽤的な仕組み
• 性能確保/向上のためのアーキテクチャ設計
• コンソーシアム内でのデータアクセス制御機能を提供
– 本番適⽤に向けた安定性やサポート状況
• 成熟していることを⽰す”Graduated”ステータスのプロジェクト
• コミュニティ内で開発ロードマップが策定されており継続的に開発が進んでいる
• 特定バージョンについてコミュニティによりLong Term Support (LTS)される
– ‘23年3⽉に新しいLTS版であるv2.5系がリリース
• 複数の事業者がBlockchain as a Service (BaaS)として提供
Graduated
5
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
サプライチェーン/トレーサビリティ
⾦融分野
1-2. Hyperledger Fabricのユースケース
– 以下ではLinux FoundationおよびHyperledger Foundationの公式ページ(Publications, Wiki
など)に掲載される事例を中⼼にいくつか抜粋
貿易⾦融 (GSBN): GSBN
は海運コンソーシアムである。
BCを活⽤しステークホルダー
が関わる貨物リリースや貿易
⾦融プロセスのデジタル化。
ヘルスケア
⾷品サプライチェーン (Walmart):
⾷品の出所追跡を数秒に短縮。
同社は25+の⾷品に適⽤済で葉
物野菜に義務付けなど範囲拡⼤。
ダイヤモンド管理 (EverLedger):
ダイヤの出⾃情報や取引来歴を
BC上で管理する。
CBDC (各国事例): ナイジェ
リア(eNaria)では本番稼働中。
保険 (openIDL): ⽶国にて
保険会社と規制者間での
データ共有を安全/効率化。
製造部品管理 (GoDirect Trade):
中古航空機部品マーケットプレイス
。部品ライフライクル全体を記録。
購⼊時間が数⽇から数分に短縮。
サステナブル/ESG
医療品サプライチェーン
(BRUINchain): 医薬品の
供給をリアルタイムに薬局の
冷蔵庫レベルまで追跡可能。
(*) 留意点: 各リンクの通り、主にケーススタディやホワイトペーパーなどに記載の情報に基づくため最新の情報でない可能性があります。
ESG情報可視化 (4AIR社
(HyperledgerClimate記事より)):
持続可能な航空燃料(SAF)
のカーボンフットプリントにBC
を活⽤。航空燃料バッチを
トークン化して流通管理。
様々な業種でB2Bユースケースを中⼼に活⽤されている (本番・実証中含む)
6
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
1-3. Hyperledger Fabricを使い始めたい⽅へ
– マテリアル: これまで⽇本国内でもミートアップなどの様々なイベントでFabricが紹介
されてきたため、それらの資料を参照すると学習効率がよい
• 例) ’23年10⽉開催のHyperledger Tokyo Enterprise Blockchain
Workshop「エンタープライズブロックチェーン構築の基礎」
のスライドや動画が残っている
– 公式ドキュメント: コミュニティ内 (Fabric Japanese Documentation Working
Group) にて、LTS版を対象とした⽇本語翻訳活動を推進中
• 現在の状況: v2.2(旧LTS版)のコンテンツで全ページの⽇本語翻訳済
で、v2.5(新LTS版)との差分更新に着⼿
– コミュニティ内でのレビューに基づくため翻訳精度が⾼い
– 最新版ではないが機能や⽂書に劇的な更新があったわけではないので⼗分有⽤
– 現在v2.5の差分翻訳に向けて貢献者募集中!
⽇本語版のマテリアルやドキュメントも存在・⽐較的充実している
7
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
1. Hyperledger Fabricの概要
2. Hyperledger Fabricコミュニティ体験&学び
3. Hyperledger Fabricコミュニティアップデート
4. おわりに
Contents
8
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
2-1. メンテナになるまでの活動振り返り
地道な貢献活動で少しずつ経験/実績を積み上げることが⼤事
‘16 ‘17 ‘18 ‘19 ‘20 ‘21 ‘22 ‘23 ‘24
’16/2-:
Fabric⽴上げ時より
⽇⽴は開発に参画
最初はFabricを
ユーザとして評価
運⽤まわりを
気にし始める
‘21/2-:
OpsSCをLabs化
Upstream
Firstに
‘23/5-:
fabric-samples
のメンテナ就任
(K8s版サンプルの
維持/保守に提⾔)
’23/8-:
メンテナ育成プロ
グラムのオファー
受け貢献加速
‘24/3:
コアメンテナ
就任
’20/7-:
Fabricドキュメント
⽇本語翻訳PJに
⽴上げ時から参画
’18/2:
⼩さなバグ修正か
らパッチ投稿開始
(はじめてのOSS活動)
Typo
修正
チェーンコードやチャ
ネル運⽤に関する
パッチを投げ始める
運⽤管理技術(OpsSC)の開発
9
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
2-2. 社内外の関係者からのサポート
社内外の関係者からのサポートによりコミュニティ活動推進を加速
– 会社からのサポート
• メンバー企業として参画し、ブロックチェーン研究開発を続けさせてくれている
• コミュニティ活動も仕事の⼀部として位置付けてくれるのでやりやすさがある
• 同僚たちが継続的にパッチ投稿やコミュニティ貢献し実績を積み上げてくれていた
ことがとても⼤きい
– Hyperledger Foundation&Linux Foundationからのサポート
• 我々のコミュニティ活動貢献に関して、感謝状(Certificate of Appreciation)や
Community Recognitionsを頂いた
• それが励みになったことに加え、社内的にも活動アピール材料となり評判がよかった
• 我々の活動状況をみて、Fabricのメンテナ育成プログラム (Fabric Maintainer
Fast Track Program) のオファーを頂き、本参画により貢献活動を加速できた
• プログラムでは現役メンテナからアドバイスをもらいながらパッチ投稿/レビュー実績を蓄積
10
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
2-3. メンテナの仕事内容紹介 (まだ始まったばかりですが・・)
メンテナはプロジェクト全体の技術的な⽅向性を決定しパッチレビュー/マージに責任を持つ
– ⽉次のContributor Meetingにて開発状況と今後の開発/リリース計画を確認、
プロジェクトの⽅向性を議論 (v3.0のロードマップ/開発項⽬は議論済のため最近は粛々と進めるモード)
– ⽇々の主な活動
• Issueの確認や回答 (24時間以内に誰かが反応するのが⽬標)
• パッチレビュー/マージ (72時間以内を誰かが反応するのが⽬標)
– マージしたパッチは適宜バックポート、新しいContributorに対するガイド/サポートもする
• パッチ投稿も適宜 (Contributor Meetingで分担したパッチやメンテナンス系パッチが新たに)
メンテナ就任に伴いレビュー割合が
増えているのが確認できる
‘22 ‘23 ‘24
参考: GitHub上のアクティビティ変遷
なるべく多く・早く反応したいの
だが現実にはなかなか⼤変・・・
11
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
2-4. これまでのOSSコミュニティ活動を通じての気づき/感想
⼀つひとつの⼩さな貢献が積み重なり、⼤きなソフトウェアへと成⻑し価値を創造する
– 怖がらずに⼩さなこと/できることから貢献を始めて継続することが⼤事
• [貢献前] OSS活動やパッチ投稿は⼤変でハードルが⾼い
• [実際] ⼩さな改善もコミュニティにとって⼤きな価値がある
– メンテナも⼿が回っていないのでありがたい。⼩さな積み上げがコード品質を保つことにつながる
• [実際] ⾊々な貢献の形がある (ドキュメント、翻訳、軽微なメンテナンスパッチ etc.)
– ドキュメントが整備/維持されていることが⼤事 (ユーザを増やすことがコントリビュータを増やす)
– ドキュメント翻訳活動もユーザ拡⼤に貢献 (翻訳を通じてバグや不備に気づくことも)
– OSS貢献活動は⼤変さはあるが、それ以上にやりがいがある
• 世界中で⾊々な⽅々が使っているソフトウェアに関与できるのは特別な体験
• ⾃分の活動にフィードバックがもらえるのがうれしい
• コミュニティ活動を通じて新しいつながりができる
12
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
1. Hyperledger Fabricの概要
2. Hyperledger Fabricコミュニティ体験&学び
3. Hyperledger Fabricコミュニティアップデート
4. おわりに
Contents
13
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
3-1. Hyperledger Fabricの開発状況
LTS版(v2.5系)のメンテナンスと次期版(v3.0系)の開発が並⾏して進んでいる
– LTS版: 現LTS版のv2.5系(’23年3⽉よりリリース)継続的にメンテナンス中
– バグ修正やセキュリティ問題の対処を中⼼に品質の維持/保守
– おおむね3-4か⽉ごとに定期リリースされており、’24/4末時点ではv2.5.7までリリース済
– 次期版: v3.0.0のGeneral Available版リリースに向け開発が粛々と進んでいる
– BFT Ordererが⽬⽟機能 (次ページ以降で紹介)
– ’24/3にv3.0.0-betaがリリース済
注意: 前LTS版であるv2.2は’23/12末をもってコミュニティメンテナンス期間を過ぎました
→ 利⽤中の⽅はぜひv2.5系への早期マイグレーションをご検討ください
予告: これまでの⾮推奨 (Deprecated) 機能の⼀部がv3.0.0にて廃⽌予定です
→ LTS化は少し先になるとは思いますが、⾮推奨機能は早めの移⾏がお薦めです
14
3-2. BFT Ordererの概要
– ビザンチン障害耐性 (Byzantine Fault Tolerance, BFT): ノードが任意の動作をする
障害を許容するモデル ⇒ 悪意のあるノードが存在するケースもカバーできるようになる
– Fabricの真の⾮中央集権化実現・適⽤範囲拡⼤のために重要かつ不可⽋な機能
– 設計⽅針: スループットより、レイテンシやプロトコルのシンプルさと管理容易性を重視
– アルゴリズム: SmartBFTというBFT合意形成アルゴリズム採⽤ (v0.6のPBFTに類似)
– 管理⽅法: Raft Ordererとほぼ同様に設定可能
[1] Y. Manevich, Understanding Byzantine Fault Tolerance in Hyperledger Fabric,
Virtual Hyperledger meetup, 2023
設計⽅針([1]より抜粋) アーキテクチャ ([1]より抜粋)
BFT: Byzantine Fault Tolerance
PBFT: Practical BFT
ビザンチン障害耐性を備えたBFT Ordererは次期版であるv3系の⽬⽟機能
15
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
3-3. BFT Ordererを試す
– fabric-samplesのtest-networkでBFT Ordererを試すサンプルが提供されている
• チュートリアルドキュメント
• test-network: Docker上でFabricのテストネットワークを実⾏するサンプル
• test-network-nano: ローカルマシン上でFabricのテストネットワークを実⾏するサンプル
– 以下のようにネットワーク⽴上げとチャネル⽣成コマンド実⾏時に-bftフラグを設定するだけで、
BFT Ordererを利⽤したFabricネットワークを動かすことができる
• Fabricネットワーク構成:
– OrdererOrgが管理する4つのOrderer Nodes (BFTコンセンサスタイプ)
– Org1が管理する1つのPeer、Org2が管理する1つのPeer
# -bftフラグを設定して⽴上げ&チャネル⽣成
./network.sh up -bft
./network.sh createChannel –bft
# 以降は変更点なし
./network.sh deployCC -ccn basic -ccp ../asset-transfer-basic/chaincode-go -ccl go
...
v3.0.0-previewから機能プレビュー版と動作検証⽤のサンプルの提供開始
16
3-4. BFT Ordererの本番利⽤に向けて
24年中に本番利⽤版BFT Ordererを備えたv3.0が正式リリースされる⾒込み
– コミュニティではv3.0 GA(General Availability)版リリースに向けてBFT Orderer開発推進中
• v3.0.0-betaではRaftからBFT Ordererへのマイグレーションも可能になった
• 現在はテストカバレッジ拡充に注⼒中
• 24年中に本番利⽤版BFT Ordererをリリースする⽬標
– 個⼈的な意⾒: BFT Ordererの使いこなしに関する拡充も必要では?
• 複数組織がOrdererを持つシステム構成でのサンプル拡充
• 運⽤⼿順や不正な設定値/⼿順がクリティカル
➡ 設定⼿順の⾃動化やスクリプト化が有効
17
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
1. Hyperledger Fabricの概要
2. Hyperledger Fabricコミュニティ体験&学び
3. Hyperledger Fabricコミュニティアップデート
4. おわりに
Contents
18
© Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved.
4. まとめ
Hyperledger Fabricはコミュニティと共に発展中
– Hyperledger Fabricコミュニティアップデート
• LTS版(v2.5)のメンテナンスと次期メジャーリリース版(v3.0)の開発が粛々と進んでいる
• v3.0の⽬⽟機能であるBFT OrdererはFabricの真の⾮中央集権化実現に不可⽋な機能
• v2.2のコミュニティメンテナンスが終了→ 利⽤中の⽅はv2.5系への早期移⾏を検討ください
– Feedback Welcome! Contributions Welcome!
• 私⾃⾝の体験より: コミュニティ貢献には様々な形があり⼩さな貢献の積み重ねが重要
• コミュニティはユーザからのフィードバックやコントリビューションを常に求めている
• Fabricドキュメント⽇本語翻訳活動に貢献してくれる⽅を絶賛募集中!
• リポジトリはこちら:
https://github.com/hyperledger/fabric-docs-i18n
• Hyperledger⽤Discordに専⽤チャンネルもあるのでお気軽に⽇本語で問合せください!
(#fabric-japanese)
((*) チャットサービス)
https://discord.com/invite/hyperledger
最初はこの2つのラベルが付いたIssueをチェック
Trademarks
• Hyperledger、Hyperledger Fabricは、The Linux Foundationの商標または登
録商標です
• GitHubは、GitHub Inc.の商標または登録商標です
• その他記載の会社名、製品名、サービス名、その他固有名詞は、それぞれの会社の
商標または登録商標です
• 本発表中の⽂章、図では、TM、🄬マークは表記しておりません
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介

More Related Content

Similar to Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介

今さら聞けない人のためのGit超入門 GitLab 14対応版
今さら聞けない人のためのGit超入門 GitLab 14対応版今さら聞けない人のためのGit超入門 GitLab 14対応版
今さら聞けない人のためのGit超入門 GitLab 14対応版
VirtualTech Japan Inc./Begi.net Inc.
 
Pivotal Tracker概略
Pivotal Tracker概略Pivotal Tracker概略
Pivotal Tracker概略
You&I
 
osc_tokyo20100910
osc_tokyo20100910osc_tokyo20100910
osc_tokyo20100910
Shoken Fujisaki
 
今時のオンプレなgithubクローン環境構築
今時のオンプレなgithubクローン環境構築今時のオンプレなgithubクローン環境構築
今時のオンプレなgithubクローン環境構築
You&I
 
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセスFree Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
Chen Dominique
 
osc_tokyo20091030
osc_tokyo20091030osc_tokyo20091030
osc_tokyo20091030
Shoken Fujisaki
 
今すぐ始める!Ubuntu入門
今すぐ始める!Ubuntu入門今すぐ始める!Ubuntu入門
今すぐ始める!Ubuntu入門
VirtualTech Japan Inc./Begi.net Inc.
 
今すぐ始める!Ubuntu入門
今すぐ始める!Ubuntu入門今すぐ始める!Ubuntu入門
今すぐ始める!Ubuntu入門
VirtualTech Japan Inc./Begi.net Inc.
 
Mtg if(20101210)
Mtg if(20101210)Mtg if(20101210)
Mtg if(20101210)真 岡本
 
楽天の中のわたしと勉強会
楽天の中のわたしと勉強会楽天の中のわたしと勉強会
楽天の中のわたしと勉強会
Rakuten Group, Inc.
 
PTLのお仕事とリリースパイプラインの裏側
PTLのお仕事とリリースパイプラインの裏側PTLのお仕事とリリースパイプラインの裏側
PTLのお仕事とリリースパイプラインの裏側
masahito12
 
Thing.jsについて
Thing.jsについてThing.jsについて
Thing.jsについて
Masakazu Muraoka
 
Ipsj kansai(20100922)
Ipsj kansai(20100922)Ipsj kansai(20100922)
Ipsj kansai(20100922)真 岡本
 
カーネル読書会の作り方@ライブドア
カーネル読書会の作り方@ライブドアカーネル読書会の作り方@ライブドア
カーネル読書会の作り方@ライブドア
Hiro Yoshioka
 
継続的コミュニティマネジメントとアウトプット 〜大切にしてきたこと、成功、失敗〜/Continuous Community Management and ...
継続的コミュニティマネジメントとアウトプット 〜大切にしてきたこと、成功、失敗〜/Continuous Community Management and ...継続的コミュニティマネジメントとアウトプット 〜大切にしてきたこと、成功、失敗〜/Continuous Community Management and ...
継続的コミュニティマネジメントとアウトプット 〜大切にしてきたこと、成功、失敗〜/Continuous Community Management and ...
Typhon 666
 
コラボレーションツールWikiの活用110616
コラボレーションツールWikiの活用110616コラボレーションツールWikiの活用110616
コラボレーションツールWikiの活用110616
伸夫 森本
 
docomo Developer Supportを活用しよう
docomo Developer Supportを活用しようdocomo Developer Supportを活用しよう
docomo Developer Supportを活用しよう
Shinya Nakajima
 
企業のオープンソース活動を支える Open Source Program Office (OSPO)
企業のオープンソース活動を支える Open Source Program Office (OSPO)企業のオープンソース活動を支える Open Source Program Office (OSPO)
企業のオープンソース活動を支える Open Source Program Office (OSPO)
takanori suzuki
 
13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?
Atsushi Fukui
 
Osc Kobe Slide20100313
Osc Kobe Slide20100313Osc Kobe Slide20100313
Osc Kobe Slide20100313hyogontech
 

Similar to Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介 (20)

今さら聞けない人のためのGit超入門 GitLab 14対応版
今さら聞けない人のためのGit超入門 GitLab 14対応版今さら聞けない人のためのGit超入門 GitLab 14対応版
今さら聞けない人のためのGit超入門 GitLab 14対応版
 
Pivotal Tracker概略
Pivotal Tracker概略Pivotal Tracker概略
Pivotal Tracker概略
 
osc_tokyo20100910
osc_tokyo20100910osc_tokyo20100910
osc_tokyo20100910
 
今時のオンプレなgithubクローン環境構築
今時のオンプレなgithubクローン環境構築今時のオンプレなgithubクローン環境構築
今時のオンプレなgithubクローン環境構築
 
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセスFree Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
Free Hardware and Open Processes | フリー・ハードウェアとオープン・プロセス
 
osc_tokyo20091030
osc_tokyo20091030osc_tokyo20091030
osc_tokyo20091030
 
今すぐ始める!Ubuntu入門
今すぐ始める!Ubuntu入門今すぐ始める!Ubuntu入門
今すぐ始める!Ubuntu入門
 
今すぐ始める!Ubuntu入門
今すぐ始める!Ubuntu入門今すぐ始める!Ubuntu入門
今すぐ始める!Ubuntu入門
 
Mtg if(20101210)
Mtg if(20101210)Mtg if(20101210)
Mtg if(20101210)
 
楽天の中のわたしと勉強会
楽天の中のわたしと勉強会楽天の中のわたしと勉強会
楽天の中のわたしと勉強会
 
PTLのお仕事とリリースパイプラインの裏側
PTLのお仕事とリリースパイプラインの裏側PTLのお仕事とリリースパイプラインの裏側
PTLのお仕事とリリースパイプラインの裏側
 
Thing.jsについて
Thing.jsについてThing.jsについて
Thing.jsについて
 
Ipsj kansai(20100922)
Ipsj kansai(20100922)Ipsj kansai(20100922)
Ipsj kansai(20100922)
 
カーネル読書会の作り方@ライブドア
カーネル読書会の作り方@ライブドアカーネル読書会の作り方@ライブドア
カーネル読書会の作り方@ライブドア
 
継続的コミュニティマネジメントとアウトプット 〜大切にしてきたこと、成功、失敗〜/Continuous Community Management and ...
継続的コミュニティマネジメントとアウトプット 〜大切にしてきたこと、成功、失敗〜/Continuous Community Management and ...継続的コミュニティマネジメントとアウトプット 〜大切にしてきたこと、成功、失敗〜/Continuous Community Management and ...
継続的コミュニティマネジメントとアウトプット 〜大切にしてきたこと、成功、失敗〜/Continuous Community Management and ...
 
コラボレーションツールWikiの活用110616
コラボレーションツールWikiの活用110616コラボレーションツールWikiの活用110616
コラボレーションツールWikiの活用110616
 
docomo Developer Supportを活用しよう
docomo Developer Supportを活用しようdocomo Developer Supportを活用しよう
docomo Developer Supportを活用しよう
 
企業のオープンソース活動を支える Open Source Program Office (OSPO)
企業のオープンソース活動を支える Open Source Program Office (OSPO)企業のオープンソース活動を支える Open Source Program Office (OSPO)
企業のオープンソース活動を支える Open Source Program Office (OSPO)
 
13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?13_B_5 Who is a architect?
13_B_5 Who is a architect?
 
Osc Kobe Slide20100313
Osc Kobe Slide20100313Osc Kobe Slide20100313
Osc Kobe Slide20100313
 

More from Hyperleger Tokyo Meetup

Overview of Hyperledger Foundation
Overview of Hyperledger FoundationOverview of Hyperledger Foundation
Overview of Hyperledger Foundation
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebXHyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperleger Tokyo Meetup
 
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
Hyperleger Tokyo Meetup
 
ブロックチェーンを用いた自己主権型デジタルID管理
ブロックチェーンを用いた自己主権型デジタルID管理ブロックチェーンを用いた自己主権型デジタルID管理
ブロックチェーンを用いた自己主権型デジタルID管理
Hyperleger Tokyo Meetup
 
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
Hyperleger Tokyo Meetup
 
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chainsファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Fabric 概説
Hyperledger Fabric 概説Hyperledger Fabric 概説
Hyperledger Fabric 概説
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Besuの動向
Hyperledger Besuの動向Hyperledger Besuの動向
Hyperledger Besuの動向
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Iroha
Hyperledger IrohaHyperledger Iroha
Hyperledger Iroha
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Aries 101
Hyperledger Aries 101Hyperledger Aries 101
Hyperledger Aries 101
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Introduction; Blockchain 101
Introduction; Blockchain 101Introduction; Blockchain 101
Introduction; Blockchain 101
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出すTrusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
Hyperleger Tokyo Meetup
 
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
Hyperleger Tokyo Meetup
 
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Fabric Private Chaincodeについて
Hyperledger Fabric Private ChaincodeについてHyperledger Fabric Private Chaincodeについて
Hyperledger Fabric Private Chaincodeについて
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltzHyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
Hyperleger Tokyo Meetup
 
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
Hyperleger Tokyo Meetup
 

More from Hyperleger Tokyo Meetup (20)

Overview of Hyperledger Foundation
Overview of Hyperledger FoundationOverview of Hyperledger Foundation
Overview of Hyperledger Foundation
 
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
 
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebXHyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
Hyperledger FireFly - HYPERLEDGER Workshop, WebX
 
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
Hyperledger Irohaを活用した海外におけるCBDCとクロスボーダー送金
 
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
エンタープライズブロックチェーン構築の基礎
 
ブロックチェーンを用いた自己主権型デジタルID管理
ブロックチェーンを用いた自己主権型デジタルID管理ブロックチェーンを用いた自己主権型デジタルID管理
ブロックチェーンを用いた自己主権型デジタルID管理
 
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
異種ブロックチェーン統合ツールHyperledger Cactiご紹介
 
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chainsファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
ファイアフライ「蛍」FireFly to Public and Private Chains
 
Hyperledger Fabric 概説
Hyperledger Fabric 概説Hyperledger Fabric 概説
Hyperledger Fabric 概説
 
Hyperledger Besuの動向
Hyperledger Besuの動向Hyperledger Besuの動向
Hyperledger Besuの動向
 
Hyperledger Iroha
Hyperledger IrohaHyperledger Iroha
Hyperledger Iroha
 
Hyperledger Aries 101
Hyperledger Aries 101Hyperledger Aries 101
Hyperledger Aries 101
 
Introduction; Blockchain 101
Introduction; Blockchain 101Introduction; Blockchain 101
Introduction; Blockchain 101
 
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出すTrusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
Trusted Data Ecosystems(信頼できるデータエコシステム):アイデンティティに価値を見出す
 
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
ブロックチェーン間のインターオペラビリティ概論
 
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
ブロックチェーン統合ツールCactusとトークンエコノミー実現への期待
 
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
Hyperledger Fabric 簡単構築ツール minifabricのご紹介 〜productionへの移行をminifabricで加速〜
 
Hyperledger Fabric Private Chaincodeについて
Hyperledger Fabric Private ChaincodeについてHyperledger Fabric Private Chaincodeについて
Hyperledger Fabric Private Chaincodeについて
 
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltzHyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
Hyperledger Fabric活用事例:貿易プラットフォームTradeWaltz
 
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
パネルディスカッション : エンタープライズブロックチェーンの活用例 オラクル資料
 

Recently uploaded

Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
Hideo Kashioka
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Hirotaka Kawata
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 

Recently uploaded (13)

Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 

Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介

  • 1. © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介 ⽇⽴製作所 研究開発グループ 2024/05/16 佐藤⻯也 (Tatsuya Sato) Hyperledger Meetup Tokyo
  • 2. はじめに ⾃⼰紹介: • 佐藤⻯也 (Tatsuya Sato) – ⽇⽴製作所 研究開発グループ 主任研究員 – 主な研究分野: ブロックチェーン x 運⽤管理 このたび光栄なことにHyperledger Fabricのコア メンテナに就任いたしましたので、この場をお借りして コミュニティ活動を通じての体験や学び、雰囲気、 Hyperledger Fabricの最新状況について共有 できればと思います。
  • 3. 2 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 1. Hyperledger Fabricの概要 2. Hyperledger Fabricコミュニティ体験&学び 3. Hyperledger Fabricコミュニティアップデート 4. おわりに Contents
  • 4. 3 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 1. Hyperledger Fabricの概要 2. Hyperledger Fabricコミュニティ体験&学び 3. Hyperledger Fabricコミュニティアップデート 4. おわりに Contents
  • 5. 4 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 1-1. Hyperledger Fabric エンタープライズ向けパーミッション型ブロックチェーンプラットフォーム – エンタープライズ利⽤に求められる要件に対応した機能/⾮機能を提供 • 幅広い業界/ユースケースに対応可能な汎⽤的な仕組み • 性能確保/向上のためのアーキテクチャ設計 • コンソーシアム内でのデータアクセス制御機能を提供 – 本番適⽤に向けた安定性やサポート状況 • 成熟していることを⽰す”Graduated”ステータスのプロジェクト • コミュニティ内で開発ロードマップが策定されており継続的に開発が進んでいる • 特定バージョンについてコミュニティによりLong Term Support (LTS)される – ‘23年3⽉に新しいLTS版であるv2.5系がリリース • 複数の事業者がBlockchain as a Service (BaaS)として提供 Graduated
  • 6. 5 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. サプライチェーン/トレーサビリティ ⾦融分野 1-2. Hyperledger Fabricのユースケース – 以下ではLinux FoundationおよびHyperledger Foundationの公式ページ(Publications, Wiki など)に掲載される事例を中⼼にいくつか抜粋 貿易⾦融 (GSBN): GSBN は海運コンソーシアムである。 BCを活⽤しステークホルダー が関わる貨物リリースや貿易 ⾦融プロセスのデジタル化。 ヘルスケア ⾷品サプライチェーン (Walmart): ⾷品の出所追跡を数秒に短縮。 同社は25+の⾷品に適⽤済で葉 物野菜に義務付けなど範囲拡⼤。 ダイヤモンド管理 (EverLedger): ダイヤの出⾃情報や取引来歴を BC上で管理する。 CBDC (各国事例): ナイジェ リア(eNaria)では本番稼働中。 保険 (openIDL): ⽶国にて 保険会社と規制者間での データ共有を安全/効率化。 製造部品管理 (GoDirect Trade): 中古航空機部品マーケットプレイス 。部品ライフライクル全体を記録。 購⼊時間が数⽇から数分に短縮。 サステナブル/ESG 医療品サプライチェーン (BRUINchain): 医薬品の 供給をリアルタイムに薬局の 冷蔵庫レベルまで追跡可能。 (*) 留意点: 各リンクの通り、主にケーススタディやホワイトペーパーなどに記載の情報に基づくため最新の情報でない可能性があります。 ESG情報可視化 (4AIR社 (HyperledgerClimate記事より)): 持続可能な航空燃料(SAF) のカーボンフットプリントにBC を活⽤。航空燃料バッチを トークン化して流通管理。 様々な業種でB2Bユースケースを中⼼に活⽤されている (本番・実証中含む)
  • 7. 6 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 1-3. Hyperledger Fabricを使い始めたい⽅へ – マテリアル: これまで⽇本国内でもミートアップなどの様々なイベントでFabricが紹介 されてきたため、それらの資料を参照すると学習効率がよい • 例) ’23年10⽉開催のHyperledger Tokyo Enterprise Blockchain Workshop「エンタープライズブロックチェーン構築の基礎」 のスライドや動画が残っている – 公式ドキュメント: コミュニティ内 (Fabric Japanese Documentation Working Group) にて、LTS版を対象とした⽇本語翻訳活動を推進中 • 現在の状況: v2.2(旧LTS版)のコンテンツで全ページの⽇本語翻訳済 で、v2.5(新LTS版)との差分更新に着⼿ – コミュニティ内でのレビューに基づくため翻訳精度が⾼い – 最新版ではないが機能や⽂書に劇的な更新があったわけではないので⼗分有⽤ – 現在v2.5の差分翻訳に向けて貢献者募集中! ⽇本語版のマテリアルやドキュメントも存在・⽐較的充実している
  • 8. 7 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 1. Hyperledger Fabricの概要 2. Hyperledger Fabricコミュニティ体験&学び 3. Hyperledger Fabricコミュニティアップデート 4. おわりに Contents
  • 9. 8 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 2-1. メンテナになるまでの活動振り返り 地道な貢献活動で少しずつ経験/実績を積み上げることが⼤事 ‘16 ‘17 ‘18 ‘19 ‘20 ‘21 ‘22 ‘23 ‘24 ’16/2-: Fabric⽴上げ時より ⽇⽴は開発に参画 最初はFabricを ユーザとして評価 運⽤まわりを 気にし始める ‘21/2-: OpsSCをLabs化 Upstream Firstに ‘23/5-: fabric-samples のメンテナ就任 (K8s版サンプルの 維持/保守に提⾔) ’23/8-: メンテナ育成プロ グラムのオファー 受け貢献加速 ‘24/3: コアメンテナ 就任 ’20/7-: Fabricドキュメント ⽇本語翻訳PJに ⽴上げ時から参画 ’18/2: ⼩さなバグ修正か らパッチ投稿開始 (はじめてのOSS活動) Typo 修正 チェーンコードやチャ ネル運⽤に関する パッチを投げ始める 運⽤管理技術(OpsSC)の開発
  • 10. 9 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 2-2. 社内外の関係者からのサポート 社内外の関係者からのサポートによりコミュニティ活動推進を加速 – 会社からのサポート • メンバー企業として参画し、ブロックチェーン研究開発を続けさせてくれている • コミュニティ活動も仕事の⼀部として位置付けてくれるのでやりやすさがある • 同僚たちが継続的にパッチ投稿やコミュニティ貢献し実績を積み上げてくれていた ことがとても⼤きい – Hyperledger Foundation&Linux Foundationからのサポート • 我々のコミュニティ活動貢献に関して、感謝状(Certificate of Appreciation)や Community Recognitionsを頂いた • それが励みになったことに加え、社内的にも活動アピール材料となり評判がよかった • 我々の活動状況をみて、Fabricのメンテナ育成プログラム (Fabric Maintainer Fast Track Program) のオファーを頂き、本参画により貢献活動を加速できた • プログラムでは現役メンテナからアドバイスをもらいながらパッチ投稿/レビュー実績を蓄積
  • 11. 10 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 2-3. メンテナの仕事内容紹介 (まだ始まったばかりですが・・) メンテナはプロジェクト全体の技術的な⽅向性を決定しパッチレビュー/マージに責任を持つ – ⽉次のContributor Meetingにて開発状況と今後の開発/リリース計画を確認、 プロジェクトの⽅向性を議論 (v3.0のロードマップ/開発項⽬は議論済のため最近は粛々と進めるモード) – ⽇々の主な活動 • Issueの確認や回答 (24時間以内に誰かが反応するのが⽬標) • パッチレビュー/マージ (72時間以内を誰かが反応するのが⽬標) – マージしたパッチは適宜バックポート、新しいContributorに対するガイド/サポートもする • パッチ投稿も適宜 (Contributor Meetingで分担したパッチやメンテナンス系パッチが新たに) メンテナ就任に伴いレビュー割合が 増えているのが確認できる ‘22 ‘23 ‘24 参考: GitHub上のアクティビティ変遷 なるべく多く・早く反応したいの だが現実にはなかなか⼤変・・・
  • 12. 11 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 2-4. これまでのOSSコミュニティ活動を通じての気づき/感想 ⼀つひとつの⼩さな貢献が積み重なり、⼤きなソフトウェアへと成⻑し価値を創造する – 怖がらずに⼩さなこと/できることから貢献を始めて継続することが⼤事 • [貢献前] OSS活動やパッチ投稿は⼤変でハードルが⾼い • [実際] ⼩さな改善もコミュニティにとって⼤きな価値がある – メンテナも⼿が回っていないのでありがたい。⼩さな積み上げがコード品質を保つことにつながる • [実際] ⾊々な貢献の形がある (ドキュメント、翻訳、軽微なメンテナンスパッチ etc.) – ドキュメントが整備/維持されていることが⼤事 (ユーザを増やすことがコントリビュータを増やす) – ドキュメント翻訳活動もユーザ拡⼤に貢献 (翻訳を通じてバグや不備に気づくことも) – OSS貢献活動は⼤変さはあるが、それ以上にやりがいがある • 世界中で⾊々な⽅々が使っているソフトウェアに関与できるのは特別な体験 • ⾃分の活動にフィードバックがもらえるのがうれしい • コミュニティ活動を通じて新しいつながりができる
  • 13. 12 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 1. Hyperledger Fabricの概要 2. Hyperledger Fabricコミュニティ体験&学び 3. Hyperledger Fabricコミュニティアップデート 4. おわりに Contents
  • 14. 13 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 3-1. Hyperledger Fabricの開発状況 LTS版(v2.5系)のメンテナンスと次期版(v3.0系)の開発が並⾏して進んでいる – LTS版: 現LTS版のv2.5系(’23年3⽉よりリリース)継続的にメンテナンス中 – バグ修正やセキュリティ問題の対処を中⼼に品質の維持/保守 – おおむね3-4か⽉ごとに定期リリースされており、’24/4末時点ではv2.5.7までリリース済 – 次期版: v3.0.0のGeneral Available版リリースに向け開発が粛々と進んでいる – BFT Ordererが⽬⽟機能 (次ページ以降で紹介) – ’24/3にv3.0.0-betaがリリース済 注意: 前LTS版であるv2.2は’23/12末をもってコミュニティメンテナンス期間を過ぎました → 利⽤中の⽅はぜひv2.5系への早期マイグレーションをご検討ください 予告: これまでの⾮推奨 (Deprecated) 機能の⼀部がv3.0.0にて廃⽌予定です → LTS化は少し先になるとは思いますが、⾮推奨機能は早めの移⾏がお薦めです
  • 15. 14 3-2. BFT Ordererの概要 – ビザンチン障害耐性 (Byzantine Fault Tolerance, BFT): ノードが任意の動作をする 障害を許容するモデル ⇒ 悪意のあるノードが存在するケースもカバーできるようになる – Fabricの真の⾮中央集権化実現・適⽤範囲拡⼤のために重要かつ不可⽋な機能 – 設計⽅針: スループットより、レイテンシやプロトコルのシンプルさと管理容易性を重視 – アルゴリズム: SmartBFTというBFT合意形成アルゴリズム採⽤ (v0.6のPBFTに類似) – 管理⽅法: Raft Ordererとほぼ同様に設定可能 [1] Y. Manevich, Understanding Byzantine Fault Tolerance in Hyperledger Fabric, Virtual Hyperledger meetup, 2023 設計⽅針([1]より抜粋) アーキテクチャ ([1]より抜粋) BFT: Byzantine Fault Tolerance PBFT: Practical BFT ビザンチン障害耐性を備えたBFT Ordererは次期版であるv3系の⽬⽟機能
  • 16. 15 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 3-3. BFT Ordererを試す – fabric-samplesのtest-networkでBFT Ordererを試すサンプルが提供されている • チュートリアルドキュメント • test-network: Docker上でFabricのテストネットワークを実⾏するサンプル • test-network-nano: ローカルマシン上でFabricのテストネットワークを実⾏するサンプル – 以下のようにネットワーク⽴上げとチャネル⽣成コマンド実⾏時に-bftフラグを設定するだけで、 BFT Ordererを利⽤したFabricネットワークを動かすことができる • Fabricネットワーク構成: – OrdererOrgが管理する4つのOrderer Nodes (BFTコンセンサスタイプ) – Org1が管理する1つのPeer、Org2が管理する1つのPeer # -bftフラグを設定して⽴上げ&チャネル⽣成 ./network.sh up -bft ./network.sh createChannel –bft # 以降は変更点なし ./network.sh deployCC -ccn basic -ccp ../asset-transfer-basic/chaincode-go -ccl go ... v3.0.0-previewから機能プレビュー版と動作検証⽤のサンプルの提供開始
  • 17. 16 3-4. BFT Ordererの本番利⽤に向けて 24年中に本番利⽤版BFT Ordererを備えたv3.0が正式リリースされる⾒込み – コミュニティではv3.0 GA(General Availability)版リリースに向けてBFT Orderer開発推進中 • v3.0.0-betaではRaftからBFT Ordererへのマイグレーションも可能になった • 現在はテストカバレッジ拡充に注⼒中 • 24年中に本番利⽤版BFT Ordererをリリースする⽬標 – 個⼈的な意⾒: BFT Ordererの使いこなしに関する拡充も必要では? • 複数組織がOrdererを持つシステム構成でのサンプル拡充 • 運⽤⼿順や不正な設定値/⼿順がクリティカル ➡ 設定⼿順の⾃動化やスクリプト化が有効
  • 18. 17 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 1. Hyperledger Fabricの概要 2. Hyperledger Fabricコミュニティ体験&学び 3. Hyperledger Fabricコミュニティアップデート 4. おわりに Contents
  • 19. 18 © Hitachi, Ltd. 2024. All rights reserved. 4. まとめ Hyperledger Fabricはコミュニティと共に発展中 – Hyperledger Fabricコミュニティアップデート • LTS版(v2.5)のメンテナンスと次期メジャーリリース版(v3.0)の開発が粛々と進んでいる • v3.0の⽬⽟機能であるBFT OrdererはFabricの真の⾮中央集権化実現に不可⽋な機能 • v2.2のコミュニティメンテナンスが終了→ 利⽤中の⽅はv2.5系への早期移⾏を検討ください – Feedback Welcome! Contributions Welcome! • 私⾃⾝の体験より: コミュニティ貢献には様々な形があり⼩さな貢献の積み重ねが重要 • コミュニティはユーザからのフィードバックやコントリビューションを常に求めている • Fabricドキュメント⽇本語翻訳活動に貢献してくれる⽅を絶賛募集中! • リポジトリはこちら: https://github.com/hyperledger/fabric-docs-i18n • Hyperledger⽤Discordに専⽤チャンネルもあるのでお気軽に⽇本語で問合せください! (#fabric-japanese) ((*) チャットサービス) https://discord.com/invite/hyperledger 最初はこの2つのラベルが付いたIssueをチェック
  • 20. Trademarks • Hyperledger、Hyperledger Fabricは、The Linux Foundationの商標または登 録商標です • GitHubは、GitHub Inc.の商標または登録商標です • その他記載の会社名、製品名、サービス名、その他固有名詞は、それぞれの会社の 商標または登録商標です • 本発表中の⽂章、図では、TM、🄬マークは表記しておりません