Next-L Enjuのこれまでとこれから(2013年版)

1,293 views

Published on

2013年11月23日 EnjuKaigi2013 基調講演

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,293
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
42
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Next-L Enjuのこれまでとこれから(2013年版)

  1. 1. Next-L Enjuの
 これまでとこれから(2013年版) 田辺 浩介 (@nabeta) ! 2013年11月24日 九州大学 EnjuKaigi2013
  2. 2. 今日の話題 1. はじめに 2. この1年を振り返る A. 自分自身について B. Project Next-Lについて C. Next-L Enjuについて 3. Next-Lの将来展望 4. おわりに
  3. 3. 1. はじめに
  4. 4. 7年続きました
  5. 5. 自己紹介 • 1978年、岡山県生まれ • 愛媛県愛光高等学校卒業 • 慶應義塾大学図書館・情報学科卒業 • 同大学大学院政策・メディア研究科修了
  6. 6. 世界のデジタル奈良絵本 (2003) http://dbs.humi.keio.ac.jp/naraehon/
  7. 7. 職歴 • 東京工科大学大学院バイオ・情報メディア研究科 • • 助手(図書館担当) 大学非常勤講師 • 慶應義塾大学・東洋大学・筑波大学 • 合同会社次世代図書館システム • 独立行政法人物質・材料研究機構(現職)
  8. 8. 2. この1年を 振り返る
  9. 9. A. 自分自身について
  10. 10. ポジションの変化 • 独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)
 企画部門科学情報室 NIMS特別専門職(7月まで) • 独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)
 企画部門科学情報室 エンジニア(8月以降) • パーマネントになりました
  11. 11. 職場環境の変化 • ふたたび業務の前線に立った • • 今までは長らく一開発者としてしか携わっていな かった 初めて経験する業務が増えた • 電子ジャーナル管理、研究者総覧
  12. 12. NIMS研究者総覧データベース 「SAMURAI」 http://samurai.nims.go.jp
  13. 13. 変化によるよい影響 • 自分の業務のために開発できる • 今そこにある問題に当事者として取り組める • Next-L Enjuの始まりもそうだった • 当時自分が働いていた大学サテライトキャンパス にあった図書館のために開発
  14. 14. 新たなネタに
 触れる機会が増えた
  15. 15. B. Project Next-Lに
 ついて
  16. 16. コミュニティとしての活動 • Next-L Enju開発ワークショップ • FRBR・RDA勉強会 • 南三陸町図書館・みやぎデポジットライブラリーの 運用支援
  17. 17. Next-L Enju 開発ワークショップ ! • 月1回のペースで開催中、現在までに20回開催 • インストールから初期設定までの体験、
 追加機能についての議論や実装を行う • 最近の参加者は5名∼10名程度
  18. 18. 開発ワークショップの風景(第19回)
  19. 19. ワークショップの成果 • enju_leafのインストール手順の大幅な改善 • 大部分のインストール作業の自動化 • インストールにテキストエディタを使用しないよ うになった
  20. 20. FRBR・RDA勉強会 • 新しい目録モデルのFRBR、
 新しい目録規則であるRDAの勉強会 • FRBRの報告書やRDAの本文を読んでいく形式 • 2週間に1回の割合で東京で開催 • 毎回10名∼15名程度の参加者
  21. 21. FRBR&RDA勉強会の様子
 (江草由佳. つながれインフォプロ 第1回. 情報管理56巻7号) https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/ 56/7/56_473/_html/-char/ja/
  22. 22. FRBRとは? • FRBR(Funcational Requirements for Bibliographic Records) • 書誌の構造をWork/Expression/Manifestation/ Itemの4要素に分け、それらの要素の関連で書誌を 表すモデル
  23. 23. RDAとは? • Resource Description and Access • FRBRをもとにした図書館の目録規則 • この規則に従って書誌を作成する • すでにアメリカの大学図書館などで導入が始まっ ている
  24. 24. FRBR ( w1:( e1: Work( ( ( Expression( ( content physical(form Manifesta4on( ( ( Item( ( ( ( ( m1:Bloomsbury [ ]( (((((((((((((ISBN:9780747532699)( i1: i2: e2: ( m1: [CD]( ((((((((((((((((((ISBN:190754500X)( m2: [ ] ((((((((((((((((((ISBN:1855493942)( e3: ( m1: [ ](((((( (ISBN:9784915512490)( i1: ( 1( i2: ( 2
  25. 25. 勉強会の成果 • 幅広い属性の参加者 • Next-L Enjuへの成果の反映はまだ始まったばかり
  26. 26. 南三陸町図書館・みやぎ
 デポジットライブラリー運用支援 • 震災復興支援として、Project Next-Lによる
 Next-L Enjuの運用支援を行っている • 2011年より南三陸町図書館の運用を開始 • 2012年よりみやぎデポジットライブラリーの運用 を開始
  27. 27. C. Next-L Enjuに
 ついて
  28. 28. Next-L Enju • Project Next-Lで開発されている
 図書館管理システム • Ruby on Rails, Apache Solr, PostgreSQL/ MySQLなどのOSSを利用して構築 • Next-L Enju自体もOSSとして構築
  29. 29. 今年の図書館総合展
  30. 30. クラウドは
 当たり前
  31. 31. ディスカバリー
 インターフェース
  32. 32. Cute.Search(九州大学、Summon) http://kyushu.summon.serialssolutions.com
  33. 33. WorldCat(神奈川工科大学) http://kait.worldcat.org
  34. 34. 最近1年の
 GitHubへの登録状況 ! • issue登録: 20件 • pull request: 9件 (田辺除く) • それほど活発なわけではない 
  35. 35. enju_leafへのcommitの数 https://github.com/nabeta/enju_leaf/graphs/ contributors
  36. 36. なぜ低調なのか?
  37. 37. (理由のひとつとして) 利用が難しいから
 ではないか?
  38. 38. 同じOSSでも… • OSや言語、開発や監視用ツール
 →多目的、いろいろな人が使うもの • 図書館システム
 →目的限定、図書館を運営する人や利用する人が
 使うもの
  39. 39. 利用者を増やすには? • 既存の図書館システムから乗り換えさせる • 新規に図書館を作るところで導入する
  40. 40. 乗り換え • とっても大変 • 乗り換えるだけのメリットは?
  41. 41. ディスカバリー? • インデックス対象となるコンテンツ(中身)の勝負 • Next-L Enjuは入れ物でしかない • コードを書くだけではどうにもできない
  42. 42. 新規導入 • Next-L Enjuは大がかりすぎる • ローカルインストール前提での開発が続いた • お手軽用途なら他のサービスがある
  43. 43. マイクロライブラリー向けのシステムの例 「リブライズ」 http://librize.com/ja
  44. 44. 実は行き場所がない
  45. 45. …ように見えて
 そうではない
  46. 46. 利用者を増やすには?(改) • 既存の図書館システムから乗り換えさせる • 新規に図書館を作るところで導入する • 現在の図書館に広く存在する業務で、
 かつ現在効率的なシステム化が行われていない業務 を見つけ、そこを効率化するためのシステムを作る
  47. 47. FRBR・RDA • 新しい時代の目録の姿とは? • それに対応した図書館システムとは? ! • その姿の一端を示す
  48. 48. enju_root • FRBRのWork/Expressionの管理と共有を行う
 ためのシステム • ブックマークレットとCiNii Books APIを使用して Work/Expression要素を作成 • 田辺浩介, 高久雅生, 江草由佳. 疎結合構成による FRBRモデルに基づく目録システムの試作. 2013.
 https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/ handle/2241/119344
  49. 49. Work* Work* Work* Expression* Expression* Expression* enju_root* Manifesta/on* Manifesta/on* Manifesta/on* hyperlink CiNii*Books*/** NDL*Search other*ILS Manifesta/on Item* Item* Manifesta/on Manifesta/on other*ILS enju_leaf Manifesta/on Item* Manifesta/on Item* Manifesta/on Item* Item*
  50. 50. 電子リソース管理 • 電子ジャーナル・電子ブックの契約管理と利用統計 を行うためのシステム • いわゆるERMS • COUNTER/SUSHI対応 • 大学図書館向けになるが… • 今年12月公開予定
  51. 51. データの流れ
  52. 52. 契約管理
  53. 53. 電子リソースのコスト計算
  54. 54. スモールデータなくして
 ビッグデータ活用も
 オープンデータ活用も あったもんじゃない
  55. 55. 3. Next-L Enjuの
 将来展望
  56. 56. 課題の整理 • (再掲)現在の図書館に広く存在する業務で、
 かつ現在効率的なシステム化が行われていない業務 を見つけ、そこを効率化するためのシステムを作る • それは単なる「普通の(安価な)図書館システム」 ではない
  57. 57. 求められる特性 • 特定の業務に特化している • 既存のシステムに組み込める • システム利用者の時間を節約できる
  58. 58. これらを実現する スモールシステムが
  59. 59. Next-L Enjuの
 目指す道?
  60. 60. いろんな道 • 目録(FRBR・RDAの関連管理) • 電子リソース管理 • それ以外には?
  61. 61. ご意見を
 お聞かせください
  62. 62. 4. おわりに
  63. 63. このプロジェクトって 何が楽しいの?
  64. 64. 意外にいいことがある • 業界で初対面の人との話のネタになる • あらかじめ自分の名前を知ってもらえる • 外国に行ったときにも役に立つ
  65. 65. 図書館の厳しい状況の中で • 予算は減る、成果は見えにくい • 新しいこと、楽しいことをしようとしたら、
 それなりにいろいろなものが必要 • • お金、資料、施設、職員、利用者、… それでも努力している図書館もたくさんある
  66. 66. 「図書館100連発 フツーの図書館にできること」
 (アカデミック・リソース・ガイド) http://www.arg.ne.jp/node/7204
  67. 67. コードは強力な武器のひとつ • パソコンが1台あればいい • 自分の努力によって達成できる部分が大きい • 必要な資料がインターネット上で入手しやすい
  68. 68. 創意工夫で 世の中にインパクトが
 与えられる
  69. 69. それは意外に叶うもの
  70. 70. カーリル http://calil.jp
  71. 71. ゆにかねっと管理画面へのログイン https://www2.iss.ndl.go.jp/admin/accounts/sign_in
  72. 72. あなたも
 始めてみませんか?

×