Next-L Enju 開発ワークショップ #10

1,177 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,177
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Next-L Enju 開発ワークショップ #10

  1. 1. Next-L Enju 開発ワークショップ #10 田辺浩介
  2. 2. Next-L Enjuをクラウド上で動かしてみよう
  3. 3. クラウドといっても● サーバのみを提供する(IaaS) – Amazon EC2, さくらのクラウドなど – 自由度が高い、設定が面倒● サーバやソフトウェアを組み合わせて提供する (PaaS) – Herokuなど – 設定や管理が楽、自由度が低い
  4. 4. 管理の手間● IaaS – 面倒を見てくれるのは基本的に仮想マシンのみ – 仮想マシンにインストールしたソフトウェアは自分 で面倒を見なければならない● PaaS – 仮想マシンだけでなく、データベースなどソフト ウェアの管理まで面倒を見てくれる – サービス側で障害が発生すると全く手出しができな い
  5. 5. Enjuで必要なソフトウェア● Ruby 1.9.3● Ruby on Rails● PostgreSQL / MySQL / SQLiteのいずれか● Apache Solr● 以上が最低限必要なもの
  6. 6. クラウドで動作させる例Amazon EC2とHeroku
  7. 7. Amazon EC2● root権限のついた専用サーバ● 好きなソフトウェアをインストールできる● 好きなOSをインストールできるが、 Amazon LMIがおすすめ
  8. 8. Amazon EC2での注意点● microインスタンスではかなり動作が重い – 実際に使うならsmall以上が必要かも● 初期設定ではTCPの22番ポートしか開いていな いため、管理コンソールでポートを開けること – TCP/80(HTTP) – 場合によってはSolrの使用するポート(TCP/8983, TCP/8080など)
  9. 9. Heroku● 1dyno(1インスタンス)なら月750時間まで 無料 – 1ヶ月は最大744時間なので、事実上月額無料● 標準でPostgreSQLを用意 – 10000行まで無料、10,000,000行まで月9ドル● 豊富なアドオン(追加機能) – バックアップ、死活監視、キャッシュなど
  10. 10. Heroku● SSLに標準・無料で対応 – 独自ドメインを使用する場合は有料● Webブラウザからボタンひとつでサーバの台数 を増減可能
  11. 11. Herokuでの注意点● アップロードしたファイルの保存ができない – Amazon S3などの外部サービスを使用する必要が ある● Solrを直接動作させることができない – Solrのアドオンがあるが高価(月20ドルから) – 別途Amazon EC2でSolr専用のサーバを用意するの が手っ取り早い – microインスタンスで月5ドル程度から
  12. 12. いろいろなクラウド環境にインストールしてみよう!
  13. 13. 今日の目標● インストールと動作ができたクラウドベンダー の一覧を作る● インストールと動作について、クラウドベン ダーごとの注意点をまとめる

×