Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
株式会社イーラーニング
松崎 剛
• 株式会社イーラーニング
– 東京都港区芝5-29-20 クロスオフィス三田 2F
– Moodleパートナー
• Moodle構築、ホスティング、テーマ作成、プラグイン開発 トレーニング、
コンサルティング、コンテンツ作成
– IT エンジ...
• 2016年5月にリリース予定
• LTS(Long Term Support)
– 通常の1年半サポート期間に対して3年間のサポート期間
• Moodle派生LMSの機能を統合
– Totara, ELIS, IOMAD, ESCM
– 派...
現在公式にサポートされ
ているのは、2.7以降
Moodle 1.9は
2007年10月で
サポート終了
Moodle 3.1はMoodle 2.7以来のLTSとなります。
Moodleのバージョン
Moodleのサ
ポートは
1年半
LTSは...
• コンピテンシーとは、組織の置かれた
環境と職務上の要請を埋め合わせる
行動に結びつく個人特性としてのキャ
パシティ、あるいは、強く要請された結
果をもたらすものである
– (Boyatiz,1982)
• コンピテンシーとは、職務や役割にお...
コンピテンシー
フレームワークA
コンピテンシーA
コンピテンシーB
コンピテンシーC
ラーニングプランA
コンピテンシー
フレームワークB
コンピテンシー
フレームワーク
コンピテンシー
フレームワークはサイト or カテゴリーに作成可能
コンピテンシーの設定可能項目
リンクコース
関連コンピーテンシー
ルール:下位階層の条件など
• サイト or コースカテゴリーに作成
コンピテンシー
にマッピング
ユーザ、コー
ホートにマッピ
ング
ダッシュボード
> プロファイル
コースA
コースB
コースC
ユーザA
ユーザB
コーホートA
リソース/活動
ユーザC
コースA
コースB
コースC
ユーザA
ユーザB
コーホートA
コンピテンシー
フレームワークA
コンピテンシーA
コンピテンシーB
コンピテンシ
ーC
ラーニングプランA
コンピテンシー
フレームワークB
ユーザ、コースの紐付けが
従来のもの...
Course administration > Reports > Competency•
コンピーテンシー– からの成績を見ることができる
先生– は評価することができる
A Evidence of prior learning,• 予習の証...
2015• /12/3正式リリース
PHP• 5.6に比べて2倍以上のパフォーマンス向上
メモリ• 使用量削減
Moodle• では3.0.1より正式サポート(広まるはMoodle 3.1から
か?)
Moodle• 構築、ホスティング
運用• 、テーマ作成
カスタマイズ• 、プラグイン開発
トレーニング•
サポート• 、コンサルティング
コンテンツ• 作成
Moodleパートナーとして、
Moodleに関することは何でも提供させていただきま...
• 株式会社イーラーニング
• info@e-learning.co.jp
• https://www.facebook.com/matsuzakit
人と人を繋ぐeラーニング
Moodle3.1の概要
Moodle3.1の概要
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Moodle3.1の概要

3,912 views

Published on

Moodle Moot 2016での発表資料です。

Published in: Software
  • Be the first to comment

Moodle3.1の概要

  1. 1. 株式会社イーラーニング 松崎 剛
  2. 2. • 株式会社イーラーニング – 東京都港区芝5-29-20 クロスオフィス三田 2F – Moodleパートナー • Moodle構築、ホスティング、テーマ作成、プラグイン開発 トレーニング、 コンサルティング、コンテンツ作成 – IT エンジニア向けコンテンツ • CCNA, iOSプログラミング, LPIC • 松崎剛 – 株式会社イーラーニングCEO – 日本ムードル協会ビジネス部会長 – モバイルラーニングコンソーシアム理事 – LPI Japan 発起人、構成員 – 日本人で唯一の? MCCC(Moodle Course Creater Certificate)
  3. 3. • 2016年5月にリリース予定 • LTS(Long Term Support) – 通常の1年半サポート期間に対して3年間のサポート期間 • Moodle派生LMSの機能を統合 – Totara, ELIS, IOMAD, ESCM – 派生LMSの機能を取り込んでMoodle標準を作る – コンピテンシー • PHP 7対応 • フォーラム – テンプレートとJSサポート • 評定の新インターフェイス • LTI 準拠 • ダッシュボード – 何をしたのか、次に何をするか
  4. 4. 現在公式にサポートされ ているのは、2.7以降 Moodle 1.9は 2007年10月で サポート終了 Moodle 3.1はMoodle 2.7以来のLTSとなります。 Moodleのバージョン Moodleのサ ポートは 1年半 LTSは3年
  5. 5. • コンピテンシーとは、組織の置かれた 環境と職務上の要請を埋め合わせる 行動に結びつく個人特性としてのキャ パシティ、あるいは、強く要請された結 果をもたらすものである – (Boyatiz,1982) • コンピテンシーとは、職務や役割にお ける効果的ないしは優れた行動に結 果的に結びつく個人特性である – Evarts (1987) • Competencies - a unit of learning – Moodle HQ
  6. 6. コンピテンシー フレームワークA コンピテンシーA コンピテンシーB コンピテンシーC ラーニングプランA コンピテンシー フレームワークB
  7. 7. コンピテンシー フレームワーク コンピテンシー フレームワークはサイト or カテゴリーに作成可能 コンピテンシーの設定可能項目 リンクコース 関連コンピーテンシー ルール:下位階層の条件など
  8. 8. • サイト or コースカテゴリーに作成 コンピテンシー にマッピング ユーザ、コー ホートにマッピ ング
  9. 9. ダッシュボード > プロファイル
  10. 10. コースA コースB コースC ユーザA ユーザB コーホートA リソース/活動 ユーザC
  11. 11. コースA コースB コースC ユーザA ユーザB コーホートA コンピテンシー フレームワークA コンピテンシーA コンピテンシーB コンピテンシ ーC ラーニングプランA コンピテンシー フレームワークB ユーザ、コースの紐付けが 従来のものとコンピテンシー 経由の2つになっている? リソース/活動
  12. 12. Course administration > Reports > Competency• コンピーテンシー– からの成績を見ることができる 先生– は評価することができる A Evidence of prior learning,• 予習の証拠 – 前もって生徒がどの程度熟達しているのかを提出できる your– own learning plans page from your profile and click on the "Evidence of prior learning" link completion• activity competencies コンピテンシーは– 個々のアクティビティにも紐づけることができる Courses /– ▶︎ ESL / ▶︎ Course competencies
  13. 13. 2015• /12/3正式リリース PHP• 5.6に比べて2倍以上のパフォーマンス向上 メモリ• 使用量削減 Moodle• では3.0.1より正式サポート(広まるはMoodle 3.1から か?)
  14. 14. Moodle• 構築、ホスティング 運用• 、テーマ作成 カスタマイズ• 、プラグイン開発 トレーニング• サポート• 、コンサルティング コンテンツ• 作成 Moodleパートナーとして、 Moodleに関することは何でも提供させていただきます。
  15. 15. • 株式会社イーラーニング • info@e-learning.co.jp • https://www.facebook.com/matsuzakit 人と人を繋ぐeラーニング

×