Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

大学向け Moodleビギナー管理者が知っておくべき10のこと

561 views

Published on

大学、高専、専門学校のMoodle管理者の方向け
Moodleは非常に多機能であり巨大なシステムです。通常は長い経験を積んでいくうちに運用のノウハウが培われるのですが、ここではMoodleパートナーとしての株式会社イーラーニングの経験から、Moodle構築、運用のすぐに役立つTipsをご紹介します。

Published in: Education
  • Be the first to comment

大学向け Moodleビギナー管理者が知っておくべき10のこと

  1. 1. Moodleパートナー 株式会社イーラーニング
  2. 2. • 1.ユーザ登録の簡易化 • 2. 履修登録の自動化(プログラム開発なしで) • 3.コース一括登録 • 4. 学籍番号の表示 • 5. コースデフォルト • 6. 学生/教員のできることを制限する • 7. 文字を変更する • 8. バージョンアップをスムーズに行う • 9. ビデオを簡単に安く作る • 10.ビデオを配信する
  3. 3. • 株式会社イーラーニング – 東京都港区芝5-29-20 クロスオフィス三田 2F – Moodleパートナー • Moodle構築、ホスティング、テーマ作成、プラグイ ン開発 トレーニング、コンサルティング、コンテンツ 作成 – IT エンジニア向けコンテンツ • CCNA, iOSプログラミング, LPIC • 松崎剛 – 株式会社イーラーニングCEO – モバイルラーニングコンソーシアム理事 – ロングセラー CCNA Super Express作者 – LPI Japan 発起人、構成員 – 日本人で唯一の? MCCC(Moodle Course Creater Certificate) – matsuzakit@e-learning.co.jp
  4. 4. ユーザ追加(Add) コース1 コース2 ユーザ登録(Enrol) グループA グループB Moodleサイト UserB UserA コース3 グループC ロール, 学習期間, グループ
  5. 5. ユーザ追加(Add) コース1 コース2 ユーザ登録(Enrol) グループA グループB Moodleサイト 他システム アカウント UserB Copy コーホート UserB UserA コース3 グループC ロール, 学習期間, グループ SSO AD/LDAP, SAML, Shibboleth, OpenID, 独自 CSV Web API
  6. 6. ユーザ追加(Add) コース1 コース2 ユーザ登録(Enrol) グループA グループB Moodleサイト コーホート UserB UserA コース3 グループC ロール, 学習期間, グループ CSV フラットファイル enrolおよびユー ザ無効化が可能
  7. 7. • 標準機能:コースをアップロードする(手動) • CSVフィールド – (*)shortname:コース省略名 – (*) fullname:長いコース名 – idnumber:IDナンバー – (*) category:コースが設置されるカテゴリのIDです。これは「category_idnumber」および「category_path」に優先します。 – category_idnumber:コースが設置されるカテゴリのIDナンバーです。これは「category_path」に優先します。 – category_path:コースが設置されるカテゴリのパスです。あなたがカテゴリ「Movies」内のカテゴリ「Science-Fiction」にコースを設置したい場合、次のような記述になります: Movies / Science-Fiction • / の前後に半角スペースが必要 – visible:コースを表示する場合 = 1、コースを非表示にする場合 = 2 – startdate:コースの開始日です。この値はタイムスタンプを生成するためにPHP関数strtotimeに渡されることに留意してください。例 01.12.2014 (2014年12月1日) – enddate:コースの終了日です。この値はstartdateと同じくタイムスタンプを生成するためにPHP関数strtotimeに渡されることに留意してください。例 01.12.2014 (2014年12月1 日) – summary:コース概要です。 – format:使用するコースフォーマットです。これは有効なコースフォーマットプラグイン名である必要があります。例) 「週」「トピック」 – theme:使用するテーマです。 – lang:使用する言語です。 – newsitems:ニュースアイテム数です。 – showgrades:「1」は学生に評定表を表示します。「0」は学生から評定表を隠します。 – showreports:「1」は活動レポートを表示します。「0」は活動レポートを隠します。 – legacyfiles:「1」はレガシーコースファイルを有効にします。「0」はレガシーコースファイルを無効にします。 – maxbytes:コースの最大アップロードサイズ (バイト) です。無制限にする場合、「0」を使用してください。 – groupmode:「0」は「グループなし」、「1」は「分離グループ」、「2」は「可視グループ」です。 – groupmodeforce:「1」はグループモードを強制します。グループモードを強制しない場合、「0」を入力してください。 – enablecompletion:「1」は活動完了を有効にします。「0」は活動完了を有効にしません。 • カテゴリーは学部/学科を推薦
  8. 8. • 基本 – 名前系で使えるフィールドは、名字、名前、名-ヨミガナ、姓-ヨミガナ、ミドルネーム、別名 – 新しいフィールドを追加することができる – 表示文字列を変更することができる – 名/姓の場所に異なるフィールドをユーザポリシーで設定できる。可能なのは上記の名前系で使 えるフィールド。複数の指定も可能。 • 方法1(シンプル) – 名字に学籍番号を入れ、名前に姓名を入れる。表示文字を変更する。 • 方法2 – 別名に学籍番号を入れる。ユーザポリシーで別名、姓、名を指定する。
  9. 9. • ダッシュボードのデフォルトはデフォルトダッシュボードページで可能だがコースの デフォルトは設定がない。 • テンプレートコースを作りMoodleからバックアップする。新しいコースは、そのファイ ルからレストアして作るルールとする。 • config.phpの$CFG->defaultblocksでデフォルトのブロックを指定可能。ブロックを最 小限にしたい時には$CFG->defaultblocks = ‘△‘;とする。△は半角スペース
  10. 10. システムロール コースロール (サイト管理者) サイト全体の管理者、全てできる コース作成者 コースの外枠の作成 作成したコースの教師となる 教師(Editing Teacher) コースの内容を作成 コース全員の成績管理 編集権限のない教師(Non Editing Teacher) コースの内容は作れないが、評点は可 能 生徒 コース内の受講 認証済みユーザ ログインに成功した全てのユーザ 権利の強さ • ロールのカスタ マイズで権限を 設定することが 可能。 • 認証済みユー ザの継承に注 意 • スコープに注意 – サイト – コース – 活動
  11. 11. • Moodleは半年ごとにバージョンアップされメンテ期間は1.5年。LTSは3年 • Moodleのファイル要素 – moodleディレクトリー:プログラム + config.php – moodledataディレクトリー:ファイル – database:データベースデータ • 年度を継続して使う – 過去のデータが全て見える – ユーザを削除しても実際のレコードはフラグが立つだけなのでデータベースが肥大化 する。 – 新しいmoodleを入れたディレクトリーをwebrootとして指定。 – 管理者でログインすると自動的にバージョンアップが起動する。 – or – MOODLEDIR/admin/cli/upgrade.phpをphpで起動 • 年度毎にクリアする – いらないコースの整理ができる – 1年分程度は別サーバにそのまま置いておく – 必要なコースをバックアップする(各教員) – 新規でMoodleを立てる。 – コースをリストアする – (ユーザアカウントはSSOが前提) – enrolを行う
  12. 12. • PPTの機能で作る – 記録 > スライドショーの記録, ビデオにエクスポート • ツールを使う – Camtesia – 動画キャプチャー & 編集 • 推薦フォーマット – コンテナ: MP4 – 音声:AAC-LC – 動画:H.264 – 解像度 • 720p: 1280x720 • 480p: 854x480 • 360p: 640x360
  13. 13. • Moodleに搭載 – 簡単、安価 – サーバとネットワークの負荷大 • Youtubeにアップロード – 簡単、安価 – 内容が公開される • ストリームサーバ – 高価 – Moodleとの接続が必要 – ストリームサーバ自体の負荷が高い • CDN – 安価 – Moodleとの接続が必要 – 負荷に強い ACFVideoを提供
  14. 14. • 株式会社イーラーニング • 03-6453-8721 • http://www.e-learning.co.jp • https://www.facebook.com/elearningJPN/ • info@e-learning.co.jp • 松崎剛 • matsuzakit@e-learning.co.jp • https://www.facebook.com/matsuzakit 人と人を繋ぐeラーニング サーバ構築、プラグイン開発、コース作成、セミナーなどMoodleに関するこ とは、私たちにお任せください。

×