Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

クラウドとコミュニティのこれまでとこれから 20150322_#JAWSDAYS

2,763 views

Published on

JAWS DAYS 2015 キーノート資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

クラウドとコミュニティのこれまでとこれから 20150322_#JAWSDAYS

  1. 1. クラウドとコミュニティ これまでとこれから。 2015/3/22 アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 マーケティング本部長 小島 英揮 hidekio@amazon.co.jp
  2. 2. Welcome to JAWS DAYS 2015 ・Registrations: 1,600 + ・7 Tracks, 50+ Sessions ・AWS HUB, Pre-Day Events, etc
  3. 3. 小島 英揮(おじま ひでき) JAWS-UG設計者 マーケティング職一筋 C/S ⇒ XML ⇒ RIA ⇒ クラウド 好きなサービス:Amazon EC2 2009年12月に日本での採用第一号としてアマゾン データ サービス ジャパンに入社。日夜、「クラウドの都市伝説」 殲滅に励む。 自己紹介
  4. 4. 某診断メーカーによると
  5. 5. 武闘派です。 ・・
  6. 6. Gartner Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service Gartner “Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service,” Lydia Leong, Douglas Toombs, Bob Gill, Gregor Petri, Tiny Haynes, May 28, 2014. This Magic Quadrant graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research note and should be evaluated in the context of the entire report. The Gartner report is available at http://aws.amazon.com/resources/analyst-reports/. Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings or other designation. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.
  7. 7. 日本国内でも20,000以上のお客様
  8. 8. Back to Day 1: March 14th 2006
  9. 9. Almost Decade… Since 2006/03/14 http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=830816 https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon_s3/
  10. 10. Back to Another Day 1: December 1st 2009
  11. 11. 当時の日本のAWSクラウドを取り巻く状況 日本に拠点が無い クラウドは危険 クラウドはまだ早い パートナー:0 データセンターは全て海外 エンタープライズには使えない 営業:0、SE:0、サポート:0 Webは全て英語 マーケティング予算:極小 <マーケットの認識> <AWSの日本組織の状況> 「黒船」 誰も本番では使っていない
  12. 12. S3 EC2 EBS ELB RDS SQS 2009年当時の代表的なサービス
  13. 13. 2009年当時の代表的な構成 ELB - EC2 - RDS の3層構造 + Multi AZ構成
  14. 14. 2009年当時の代表的な構成 オンデマンドで並行処理を させることで、業務時間の短縮と コスト圧縮を実現 <Before> <After>
  15. 15. 当時のクラウド業界動向
  16. 16. 当時のクラウド業界動向 AWS オン ニフティクラウド・ステージ クラウドエバンジェリストサミット イン カラオケスナック(山口) Google AWS Microsoft
  17. 17. 当時のGTM ビジネスパートナー が引きあげる部分 コミュニティが広げる部分 ダイレクトタッチ ワンタッチ セルフサービス ビジネス パートナー エコシステム コミュニティ 事例 ローカライズ イベント/セミナー
  18. 18. 【コミュニティ】 元は「地域」に根ざした共同体の意味 ↓ 現在では、目的・理念を 共有する人の集まり
  19. 19. ※私の中のイメージ
  20. 20. クラウド時代において コミュニティは不可欠
  21. 21. クラウド関連の技術は 社内や仕事を通して 学べる範囲を超えている
  22. 22. コミュニティが エンジニア成長のための 大事な場所に
  23. 23. JAWS-UGの発足
  24. 24. JAWS-UG = Japan AWS User Group Since 2010 from Tokyo
  25. 25. 宮崎 札幌 仙台 名古屋大阪 金沢 京都 山口 佐賀 福岡 鹿児島沖縄 熊本 浜松 静岡 長崎 神戸 大分 湘南 岩手 福井 徳島 広島 つくば 横浜 さいたま 長岡 函館 青森 山形 秋田 中央線 島根 岡山 北九州 会津 千葉 東京 高知 愛媛 うどん県 今日現在で、日本全国に 50+ 支部あり 和歌山 磐田 世界一の規模
  26. 26. Why Community? なぜ、コミュニティが機能するか?
  27. 27. 「同じ立場」の集まりだから “Peer talk” works well for ・Listening ・Learning ・Respecting …. and having Fun!
  28. 28. Community is … Contents Generator(情報生成) Contents Exchanger(情報交換) Contents Archives (情報保存) about common / specific topics
  29. 29. JAWS-UG is … Contents Generator(情報生成) Contents Exchanger(情報交換) Contents Archives (情報保存) about AWS!
  30. 30. コミュニティが 成長する秘訣
  31. 31. #1 適切なリーダーの存在 #2 フォロワーの存在 #3 集まれる場の継続
  32. 32. JAWS-UGの場合:最初のリーダーの集め方 様々なコミュニティやグループから、適性者をサーチして、 リーダーグループを形成 AWS Book Authors Java Community Web Developers Community Customers Bloggers on Cloud Computing
  33. 33. AWS Samurai 2014
  34. 34. http://www.ted.com/talks/derek_sivers_how_to_start_a_movement フォロワーがリーダーを作る
  35. 35. https://www.facebook.com/AwsHub 集まれる場の継続
  36. 36. JAWS-UG 初心者支部
  37. 37. コミュニティ成長のトライアングル [勉強会] => コンテンツ生成の場 [懇親会]  ネットワーキングの場 [SNS/Web] => 見つけられる場 Beginners for AWS Join! Information feed Encouraging & Mentoring Feedbacks Connect!!
  38. 38. トライアングルがつながると…
  39. 39. デベロッパー以外にもコミュニティは有効 E-JAWS (Enterprise JAWS-UG) “CIO talks CIOs” Community
  40. 40. 2015 No Boundary 用途、エリアを問わず クラウドの普及が加速
  41. 41. インフラ 基盤サービス Regions Availability Zones Storage (Object, Block and Archive) Networking Security & Access Control プラットフォーム サービス Databases Relational NoSQL Caching Analytics Hadoop Real-time Data warehouse App Services Queuing Orchestration App streaming Transcoding Email Search Deployment & Management Containers Dev/ops Tools Resource Templates Mobile Services Identity Sync Mobile Analytics Notifications エンタープライズ アプリケーション Virtual Desktops Data Workflows Usage Tracking Monitoring and Logs Compute (VMs, Auto-scaling and Load Balancing) CDN and Points of Presence サーバー、ストレージ、DBから、アプリケーションまで 40近いクラウドサービスを提供 Document Collaboration
  42. 42. 広がる製品ポートフォリオ 仮想デスクトップ モバイル向けサービス ビッグデータ + リアルタイム Amazon Cognito Amazon Mobile Analytics Amazon Mobile SDK Hi Amazon SNS プッシュ通知 Amazon Kinesis Amazon Elastic MapReduce Amazon Redshift
  43. 43. Amazon EC2(仮想サーバ)を一切 使わないアーキテクチャーも EC2
  44. 44. Amazon EC2を一切つかわないモデルも可能 出典:デブサミ2015発表資料 http://www.slideshare.net/keis uke69/how-to- usecloudforprogrammer
  45. 45. 日本全国に広がるAWSクラウド利用の波
  46. 46. CMSの導入、運用も on AWSで http://ja.amimoto-ami.com/ https://movabletype.net/ チューニング済のWordPress環境を、 Amazon EC2上で一発起動 Movable Typeの環境を クラウドサービスとして提供
  47. 47. Windows 2003 移行も on AWSで Windows 2003環境を 特別に延長提供&サポート http://aws.typepad.com/aws_japan/2015/02/windows-server-2003_ami.html
  48. 48. プライベートクラウドからの全面移行も on AWSで http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/jirei/14/250198/101400003/
  49. 49. IoT+ビッグデータ解析も on AWSで 年間10億件にものぼるデータをクラウド上で解析、 「15分後の需要予測」を店舗で実現 →ビジネスに直接貢献
  50. 50. リアルタイム+ビッグデータ解析も on AWSで Web、業務システムのクラウド移行 から、クラウドネイティブな、 リアルタイム+ビッグデータ解析 まで、on AWSで実現
  51. 51. ITインフラのプライマリー、 セカンダリーが逆転へ 現在 将来 クラウド クラウド
  52. 52. What’s Next クラウドとコミュニティ のこれから
  53. 53. 自家発電が当たり前だった時代の終焉
  54. 54. 今までの仕組み、分業の 終わりの始まり
  55. 55. コミュニティ クラウド
  56. 56. Dive Deep into the Cloud through the Community!

×