Baremetal openstackのご紹介

14,408 views

Published on

講師:日本仮想化技術 玉置
日時:2013/11/13
アジェンダ:
- OpenStackとは
- ベアメタルOpenStackについて
--- ベアメタルOpenStackの特徴
--- Ironicプロジェクトの紹介
--- ユースケース
- OpenStack構築支援サービスのご紹介

Published in: Technology
0 Comments
9 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
14,408
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8,694
Actions
Shares
0
Downloads
138
Comments
0
Likes
9
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Baremetal openstackのご紹介

  1. 1. Baremetal OpenStack のご紹介 日本仮想化技術株式会社 玉置 伸行 ntamaoki@VirtualTech.jp
  2. 2. 自己紹介 • 玉置 伸行(たまおき のぶゆき) – ntamaoki@virtualtech.jp – twitter.com/ntamaoki facebook.com/ntamaoki • 日本仮想化技術株式会社 2013/8 – エンタープライズクラウド事業部 • OpenStackの価値を伝える – @ITで「たまおきのクラウドウオッチ」連載中 – 「OpenStack最新情報セミナー」を企画、11/20(水)夜に開 催予定 • エンタープライズクラスのクラウド基盤構築の検討支援 • 日本オラクル株式会社 1998/4 – 2013/7 – ミドルウェア製品のプリセールエンジニア 2 – 知識管理・コンテンツ管理製品の製品マーケティング
  3. 3. 日本仮想化技術株式会社 概要 • 社名:日本仮想化技術株式会社 • • • • • • • • • – 英語名:VirtualTech Japan Inc. – 略称:日本仮想化技術/VTJ ベンダーニュートラ 設立:2006年12月 ルな独立系仮想化技 資本金:2,000万円 術の 売上高:1億3,573万円(2013年7月期) 本社:東京都渋谷区渋谷1-8-1 エキスパート集団 取締役:宮原 徹(代表取締役社長兼CEO) 伊藤 宏通(取締役CTO) スタッフ:9名(うち、8名が仮想化技術専門エンジニアです) URL:http://VirtualTech.jp/ 仮想化技術に関する研究および開発 – – – – 仮想化技術に関する各種調査 仮想化技術に関連したソフトウェアの開発 仮想化技術を導入したシステムの構築 OpenStackの導入支援・新規機能開発 3
  4. 4. 仮想化環境構築をトータルサポート • 戦略立案 – 戦略立案 • コスト削減、社内標準化、将来プランのコンサルティ ング 設計 – 要求仕様の策定 設計 導入・移行 運用保守 – サーバ、ストレージからネットワークまでアプ リケーションまで考慮した設計最適化 – キャパシティプランニング(ベンチマーク) • 導入 – 仮想化ソリューションパッケージの提供 – 仮想化統合(P2V既存環境移行) • 運用保守 – エンジニア教育 – 技術サポートの提供 – OSSソースコードレベルサポート ベンダーニュートラルなワンストップ・サポートをご提供 4
  5. 5. OpenStackへの取り組み • お客様向けOpenStack評価環境の構築 • Baremetal OpenStackの開発 – 仮想環境と物理環境をOpenStackで一括管 理 – 単一のイメージで仮想マシンと物理マシン の双方を起動可能 – 2013年4月リリースのGrizzlyで本体にマー ジ • 某OpenStackクラウドサービス評価 5
  6. 6. 本日のアジェンダ • OpenStackとは • ベアメタルOpenStackについて – ベアメタルOpenStackの特徴 – Ironicプロジェクトの紹介 – ユースケース • OpenStack構築支援サービスのご紹介 6
  7. 7. OpenStackとは • 2010年にRackSpaceとNASAによって始 められたIaaSクラウドコンピューティン グプロジェクト。 • AMD、インテル、カノニカル、 openSUSE、レッドハット、シスコシス テムズ、デル、ヒューレット・パッ カード、IBM、Yahoo!などをはじめ、 150社以上が参加している。 Wikipediaより 7
  8. 8. OSSのクラウド基盤を選択する理 由 • Anti Vendor Lock-in • Cost Saving – ライセンス: トータル&イニシャルコストの 削減 – ストレージ: 仮想化環境用の高額ストレージ – ネットワーク: AWSの下り転送量の従量課金 • Innovation – 仮想/物理混在クラウド: ハイパフォーマンス、VPS用途 8
  9. 9. OpenStackの最新情報 • IBMが自社開発を止めOpenStackを採用 • Red HatがOpenStack製品を出荷開始 • 最新版“Havana”を10/18にリリース 9
  10. 10. OpenStackの最新情報 Developer視点でみると OpenStack Google検索件数 コントリビュータの数 注1 CloudStack 5,700,000 2,050,000 1,241人 165人 注1 米国エンジニア求職サイ ト での求人数 注2 +72(77%) 39,642回 6,843回 +18,956(91%) ソースコードの修正回数 +671(117%) +989(16%) 623件 120件 2013/10/21現在 注1:OSSプロジェクト検索サイトohloh.netで12ヶ月間の集計値 注2:米国エンジニア求人サイトengineerjobs.comで調査
  11. 11. 本日のアジェンダ • OpenStackとは • ベアメタルOpenStackについて – ベアメタルOpenStackの特徴 – Ironicプロジェクトの紹介 – ユースケース • OpenStack構築支援サービスのご紹介 11
  12. 12. Baremetal OpenStackとは • OpenStackのクラウド基盤で物理サーバ を制御するための技術を利用 – General Bare-metal Provisioning Framework • サーバ仮想化技術を使用せず、 OpenStack上で直接物理サーバを割り当 てることを可能に 12
  13. 13. クラウド基盤の概念 運用管理ツール 管理コマンド 操作 操作 管理用API クラウド基盤ソフトウェア プラグイン 操作 サーバ 仮想化 ソフト 物理 サーバ プラグイン 操作 ストレージ 仮想化 ソフト 物理 13 ストレージ プラグイン 操作 ネットワー ク 仮想化 ソフト 物理 ネットワーク
  14. 14. ベアメタルOpenStackの特徴 従来のOpenStack クラウド クラウド クラウド サービスA サービスB サービスC ベアメタルOpenStack クラウド クラウド クラウド サービスA サービスB サービスC サーバ仮想化技術 を利用しない サーバ 仮想化 技術 物理サーバ群 状況に応じて 仮想/物理の 切替可能 14 物理サーバ群
  15. 15. ベアメタルOpenStackの利用シー ン • サーバ負荷が高い外部向けサービス – リソースが足りなくなってきたら仮想マシ ンから物理マシンに切り替える • 負荷の高いデータベースサーバ • 物理サーバと仮想サーバの混在環境 – OpenStackで環境構築・更新を一元管理 • マイクロサーバ(Atom C2000, など) • 本番環境で仮想マシンの採用を躊躇し ているお客様 15
  16. 16. 本日のアジェンダ • OpenStackとは • ベアメタルOpenStackについて – ベアメタルOpenStackの特徴 – Ironicプロジェクトの紹介 – ユースケース • OpenStack構築支援サービスのご紹介 16
  17. 17. OpenStackのプロジェクト 主要コンポーネント インキュベーション コンポーネント名 プロジェクト 名 コンポーネント名 プロジェクト 名 ① Compute Nova ⑩ Bare metal Ironic ② Object Storage Swift ⑪ Data processing Savanna ③ Block Storage Cinder ⑫ Database Service Trove ④ Image Service Glance ⑬ Queue service Marconi ⑤ Networking Neutron ⑭ Deployment TripleO ⑥ Identity Keystone ⑦ Dashboard Horizon ⑧ Metering/Monitoring Ceilometer ⑨ Orchestration Heat 17
  18. 18. Baremetal(Ironic) • NTTドコモ 2013年4月8日 クラウドサービスの性能を向上させる新技術を開発 クラウドサービスの応答時間を最大50%短縮 http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2013/04/08_00.html • USC/ISI(南カルフォルニア大学) • HP 18
  19. 19. 会社毎のコントリビューショ ン数 リリースHavanaプロジェクトironicで集計 19 http://stackalytics.com
  20. 20. Ironicで実現したいこと • OpenStackを使ってベアメタルを管理した い – 仮想マシンにはHyperVisorがある – ベアメタルマシンにはHyperVisorがない • HyperVisorに相当するものを用意する – ベアメタル用のイメージ(kernel+ramdisk)を用 意 – ベアメタルマシンは物理リソースに直接アクセ ス – ベアメタルマシンの起動・停止にはPXEブート とIPMIを使用 20
  21. 21. ベアメタルプロビジョニング の処理手順 2. Choose Nova-Compute 1. Instance Request Nova-API 利用者 Nova-Scheduler 3. Image Provisioning 従来のOpenStack ベアメタルOpenStack Nova-Compute Nova-Compute Xenドライバ Xen API Nova-Compute Libvirtドライ バ Libvirt Baremetal ドライバ Machine Host OS Machine Host OS VM VM Hypervisor Hypervisor 4. Network Isolation Image Service 5. Block Storage USER USER 2 21 Attachment 1 Block Storage 4. Network Isolation 5. Block Storage Attachment
  22. 22. Ironic導入の際の検討事項 • ハードウェア – PXEブートとIPMIの有無 – IPMIの仕組み(集中管理かノード毎か) • ネットワーク – ネットワーク仮想化(VXLAN) • セキュリティ – ベアメタルマシンのセキュリティ 22
  23. 23. 本日のアジェンダ • OpenStackとは • ベアメタルOpenStackについて – ベアメタルOpenStackの特徴 – Ironicプロジェクトの紹介 – ユースケース • OpenStack構築支援サービスのご紹介 23
  24. 24. OpenStackの構成例 ノードコントローラ&ベアメタルノード Node Controller Baremetal Node Baremetal Node Baremetal Node Baremetal Node Baremetal Node VLAN1 クラウド コントローラ Cloud Controller VLAN2 Client Image Service ポータル サーバ Portal 24 イメージ サービス ノード Baremetal Node
  25. 25. プロビジョニングの仕組み Node Controller Baremetal Node Baremetal Node Baremetal Node Baremetal Node Baremetal Node Baremetal Node ④PXEブート、イメージのコピー、 ネットワークの設定、ディスクの設定 VLAN1 ③プロビジョニング 先のノードの決定 Cloud Controller Image Service ②コントローラにリクエストを送付 リクエストがキューに格納 VLAN2 ①ポータルへアクセス Portal Client 25
  26. 26. 本日のアジェンダ • OpenStackとは • ベアメタルOpenStackについて – ベアメタルOpenStackの特徴 – Ironicプロジェクトの紹介 – ユースケース • OpenStack構築支援サービスのご紹介 26
  27. 27. 大規模クラウド基盤の 検討・構築をトータルサポート • 戦略立案 – 戦略立案 • コスト削減、社内標準化、将来プランのコンサルティ ング 設計 – 要求仕様の策定 設計 導入・移行 運用保守 – サーバ、ストレージからネットワークまでアプ リケーションまで考慮した設計最適化 – キャパシティプランニング(ベンチマーク) • 導入 – 仮想化ソリューションパッケージの提供 – 仮想化統合(P2V既存環境移行) • 運用保守 – エンジニア教育 – 技術サポートの提供 – OSSソースコードレベルサポート ベンダーニュートラルなワンストップ・サポートをご提供 27
  28. 28. 仮想と物理のハイブリット環 境 • 日本仮想化技術でご支援できること – Baremetal OpenStackの評価・検証の支援 – OpenStackの追加機能の開発 – OpenStack 開発チームへのフィードバック 28
  29. 29. 29
  30. 30. 参考情報 OpenStack-Zabbix連携 • • • • Zabbixについて OpenStackの監視ソリューションの現状 ZabbixとOpenStackの組み合わせ 仕組みの解説
  31. 31. Zabbixとは • Zabbix SIA社が開発するオープンソース の監視ソフトウェア • サーバー、ネットワーク、サービス等、 幅広い内容の監視をまとめて管理可能 • Linuxのみならず、WindowsやMacの監 視にも対応
  32. 32. OpenStackの監視ソリューショ ン • OpenStackの標準的なWebフロントエン ド「Horizon(OpenStack DashBoard)」 • CPU・メモリ等の割り当て状況は確認 可能 • パフォーマンスを確認する手段は今の ところなし
  33. 33. ZabbixとOpenStackの組み合わせ • ZabbixでOpenStackのインスタンスのパ フォーマンスをモニタリングできる ユーティリティを開発 • Nova-Zabbix-InstanceManage(NZIM) • Nova-Zabbix-RealTime(NZRT) • 以下のツールを使用 – libvirt(インスタンスのパフォーマンスなど の情報を管理) – Collectd(ログ収集ソフトウェア)
  34. 34. 動作の流れ • パフォーマンスデータ – collectdがlibvirtからデータを取得 – collectdがZabbixにデータを送信 • インスタンス情報 – NZRTがNovaのイベントを受け取り、NZIMを 呼び出す – NZIMがNovaのDBを参照してインスタンス情 報やユーザー情報などをZabbixに登録 • ZABBIXはそれぞれから受け取ったデータ をまとめて管理
  35. 35. 動作イメージ図 Nova-computeノード Zabbix監視サーバー collectd Zabbix DB参照 Nova NZIM KVM NZRT 通知の受信 (RabbitMQ) パフォーマンスデータ 35 インスタンスの情報
  36. 36. 特徴 • Novaのユーザー毎にZabbixユーザーを作成 – ユーザーがログインして自分のインスタンス を監視・管理可能 – 現状のユーザーIDはUUID、パスワードは固定 – 将来的にkeystoneとLDAP認証連携を行う予定 • インスタンスをグループで分類可能 – インスタンス名の先頭に[group1]等と記述 – インスタンスのオートスケーリングなどに利 用可能 36
  37. 37. Zabbix管理画面
  38. 38. Zabbixでグラフ表示を実行
  39. 39. Horizongraph • Zabbixでまとめた各インスタンスのパ フォーマンスをHorizonで表示する • インスタンス情報にタブを追加 • Zabbixにログインすることなく、最新 のパフォーマンスデータを確認するこ とが可能
  40. 40. Horizongraph 画面 40
  41. 41. お問い合わせ先 「仮想化環境を構築したいが、どこに相談すればいい の?」 まずは我々にご相談ください http://VirtualTech.jp/ sales@VirtualTech.jp 050-7571-0584 41

×