Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

教育ICT:アメリカ最新動向2016 中駄氏

日本電子出版協会
2016.04.26

  • Be the first to comment

教育ICT:アメリカ最新動向2016 中駄氏

  1. 1. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. JAPET&CEC海外現地調査から 中駄 康博 みらいスクール事業部 2016年 4月27日
  2. 2. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 本日の内容  自己紹介、会社の紹介、教育事業の紹介  JAPET&CEC海外調査部会の紹介  米国訪問調査の背景  コロラド州の教育制度  デンバーの教育制度  デンバーの学校の状況 Grant Beacon Middle School(中学校) Sabin World Elementary School(小学校)  TCEAのレポート ハードウェア、ソフトウェア・教材 クラウド・バックエンド - 1 -
  3. 3. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved.2 自己紹介 ■これまでの職歴  日立ソフト(現日立ソリューションズ)で主に独自製品開発に従事  90年代前半、ペンコンピュータ上のソフトを米国のPenPoint上で開発  90年代後半~2000年代、電子情報ボード(国内は電子黒板)事業 国内の他、米国、欧州、中東、アジア、オセアニアで事業を展開  2010年代、デジタル教科書事業、2013年CoNETS結成に関わる  2015年、日立製作所から富士ソフト株式会社へ ■現在  富士ソフト株式会社 みらいスクール事業部 次長  日本教育情報化振興会 (JAPET&CEC) • 海外調査部会 部会長 • スマホ・タブレット時代の新たな学習環境に関する調査研究プロジェクト サブリーダー - 2 -
  4. 4. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 会社概要 名 称:富士ソフト株式会社 設 立:1970年5月15日 資 本 金:262億円 株 式:東証1部上場(1998年) 本社所在地:神奈川県横浜市 売 上 高:連結1,536億百万円(2015年12月期) 従 業 員 数:連結11,303名(2015年12月待つ現在) 資 本 系 列:独立系 - 3 -
  5. 5. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 事業領域 - 4 -
  6. 6. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. プロダクト&サービスの展開 車載用DVR 自社クラウド + パブリッククラウド 介護福祉分野への 展開強化 モバイル向け映像 モジュール LTE対応モバイルWiFi ルーター FS020W コンテンツ FSKAREN Refills FSDTV Microsoft Google salseforce.com Amazon Concur 筆ぐるめ その他 プロダクト - 5 -- 5 -
  7. 7. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. みらいスクールの特長 -リモコンで簡単操作- 授業に用いるデジタル教科書※や動画・ PDF・ 写真・音楽などのデータを配信サーバーに蓄積。 リモコン操作で教材コンテンツを視聴できる。 授業中にリモコンで簡単操作 ※1 デジタル教科書ビューアはオプションになります。 東京書籍、教育出版のH27年度小学校版デジタル教科書に対応 東京書籍、教育出版のH28年度中学校版デジタル教科書に対応予定 ※2 オフィスファイルビューアはオプションになります。 教材コンテンツ PPT Word EXCL 配信サーバーから USBメモリー・ SDカードから デジタル教科書も再生 生徒も操作可能 - 6 - 簡単、すばやく、確実に
  8. 8. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. みらいスクールの特長 - 1台で多彩な用途 - - 7 - これ1台で 全てOK
  9. 9. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. ■導入校による特別講演(ステージ) ■出展製品 ○みらいスクール 主要5機能 ○みらいスクールクラスパック ○プログラミング教育用ロボット ○ペーパーレス職員会議システム ○防災連携システム ■パートナー出展 ○リモコン片手で英語教育 メトロラーニングデジタル版 (LCA国際学園様) EDIX出展情報
  10. 10. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. JAPET&CEC海外調査部会の活動 目的 海外の教育政策を調査し、文科省や自治体への政策提言に活用 海外の学校現場を調査し、海外市場進出・開拓に活用 具体的な活動内容 文献、インターネット調査 問い合わせ、ヒアリング調査(文科省、大使館、現地教育省等) 海外現地調査 • 訪問先を選定し、現地教育省、教育委員会、学校を訪問 • 調査内容をまとめ、発表会を開催、調査報告書を発行 2015年度訪問調査は米国を選定 - 9 -
  11. 11. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 米国訪問調査の背景 今まで地域でバラバラであったカリキュラムが統一:コモンコア コモンコア達成の評価をCBTで実施 21世紀型スキルに向けた教育 初中等では低位でも高等教育では世界トップである(教育の仕方に何かある?) 順位 大学名 国 1 カリフォルニア工科大学 USA 2 オックスフォード大学 UK 3 スタンフォード大学 USA 4 ケンブリッジ大学 UK 5 マサチューセッツ工科大学(MIT) USA 6 ハーバード大学 USA 7 プリンストン大学 USA 8 インペリアル・カレッジ・ロンドン UK 9 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ) スイス 10 シカゴ大学 USA アメリカ 36位 24位 28位 PISA学力調査国際比較(15歳) 世界大学ランキング 43 東京大学 日本 出典:英タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE) ところで 日本は? - 10 -
  12. 12. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 訪問地(デンバー、オースティン)選定の背景 州や学区全体で一環した教育政策を行っている所(地域の 中で一部だけが特別に尖ってない所) コモンコアを採用し、CBTを実施している地域 訪問を受け入れてくれる所 有識者にも相談(文科省生涯学習局 海外調査官、岸本氏) デンバー 大規模な教育専門の展示会(TCEA)を開催 オースティン オースティン - 11 -
  13. 13. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 2015年度米国訪問調査概要 日付 地名 訪問先 1/31(日) 成田発 (18:10) デンバー着 (12:45) - 2/ 1(月) デンバー Grant Beacon Middle School Sabin World Elementary School 2/ 2(火) デンバー コロラド州教育局 デンバー市教育委員会 2/ 3(水) デンバー発 (10:00) オースティン着 (13:07) TCEA(展示会:約2時間) 2/ 4(木) オースティン TCEA(展示会:全日) 2/ 5(金) オーステイン発 (8:58) - 2/ 6(土) 成田着 (16:30) - 参加者:22名 - 12 -
  14. 14. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. コロラド州の教育制度 コロラド州の概要  人口約500万人(北海道相当)、面積約270万K㎡(本州+九州相当)  生徒の人種構成: ヨーロッパ系:54.5%、ヒスパニック系:33.1%、 アフリカ系:4.7%、アジア系:3.1%、アメリカ・アラスカ系:0.7%  鉱山業・農業依存からハイテク産業、観光産業に注力  嗜好用マリファナ販売による増収を教育予算へ コロラド州の教育制度  コロラド州教育省の教育法に基づく  教育制度は5.3.4制、もしくは6,2,4制、義務教育は6歳~16歳  学区の裁量が大きく学年構成も学区の裁量で決められている  コモンコア準拠の州スタンダードに基づく州内統一テストを実施  アカウンタビリティを進めており、ネットにテスト結果も含めた多くのデ ータを公開 (http://www.cde.state.co.us/schoolview/) 13 - 13 -
  15. 15. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. コロラド州の教育政策 コモンコアとCBTについて  90年代からある州の基準書に加え、コモンコアを2010年に採用  CBTは選択式のみならず、簡易の筆記式も採点、 手作業での採点の移行でコスト削減に成功  PARCCは全州で実施、スコアを教育局に送付  生徒ごとに分析し、弱点を明確化  PCが不足のところは紙のテストも許可  カンニングなどの問題は先生が監視しているが、となりの問題を見ても意 味がない。  学びのオンライン化、テストのオンライン化のメリット  自分の時間で学べる。スポーツ選手の場合や病欠の場合等に有効  コスト削減。先生の人件費が安く済む  一斉授業より個々の生徒の情報を多く得られる。個々の生徒に合った指導 ができる 14 - 14 -
  16. 16. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. コロラド州教育省の情報公開 教育省ホームページ  データーセンター  コロラドの成長モデル  学校区、学校のダッシュボード  データラボ  コロラドの教育統計 スクールビュー データーセンター ■ Distinction(優秀) ■ Accredited(合格) ■ Improvement(改善要) ■ Priority Improvement (緊急改善要) ■ Turnaround(再編) 学校区の認定状況 スクールビュー - 15 -
  17. 17. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. デンバー市の教育制度 デンバー市の概要  コロラド州の州都  人口:65万人(2013年)、面積:約400K㎡ (熊本市・鹿児島市相当)  気候(2月):平均気温 最高:7.9℃、最低:-7.3℃  米国のほぼ中心のため、デンバー空港は人・物流の拠点 教育制度  公立学校は授業料、教科書(貸出し)、スクールバスは無料  デンバー市は6郡、15学区、格差は大きい (格差は、成績だけでなく、犯罪を含めた環境)  生徒数は約9万人、57%ラテン系、21%白人系、 14%アフリカ系、72%が free/reduced price lunch  33のイノベーションスクールと42のチャータースクール、イノベーション スクールには、教育課程を含めて学校管理運営に関する多くの裁量を委譲 16 - 16 -
  18. 18. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. デンバー市の教育政策 デンバー市の基本政策  21世紀型スキル育成  Common Coreに基づく能力客観化として、 PARCCを採用  Blended Learning (一斉学習と個人学習、 対面学習とICT活用学習)  Project-based Learning  これらの施策の推進のため、IT技術を 活用 今後の取り組み  学校はそれぞれの意思で運営、教育委員会はサポート役  今後はPersonalized Learningのさらなる推進  Denver2020:全ての生徒が成功し、80%がハイパフォーマンス校となる 17 21世紀型 スキル 21世紀型 スキル - 17 -
  19. 19. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 5.デンバー学区教育委員会(情報公開) 生徒・親用ポータルデンバー学区ホームページ 教育方針 学校評価 緑の学校(訪問校) 赤の学校 - 18 - ■ 80-100%(優秀) ■ 51-79% (合格) ■ 40-50% (注意) ■ 34-39% (重点的注意) ■ 33%以下 (観察下)
  20. 20. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. Grant Beacon Middle School 19 - 19 -
  21. 21. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. Grant Beacon Middle School 3つの教育基本方針を設定し実行 Blended Learning, Character Development, Extended Learning Opportunities 校長が企業経営者と同等な権限、責任 運営(経営)方針立案、資金獲得、雇用、インフラ整備 長期的に取組み、評価を獲得 現校長は9年目、成果に対して良い評価(グリーン)を獲得 20 - 20 -
  22. 22. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. Blended Learning 一斉授業とグループ学習、個別学習のブレンド 対面学習とICT利用学習のブレンド 1クラスを3グループに分けて学習 学習内容や毎週のテストでグループの 組み換えを実施 教科書不使用 21 - 21 - 対面学習 協働学習 オンライン学習
  23. 23. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. Extended Learning Opportunities  サポートやアドバンストな学習が必要な生徒に対して実施  平均して、週5時間程度の学習を実施 22 - 22 - Art, Culture & History Sports & Wellness Science, Technology, Engineering, And Math (Stem) Academics Leadership
  24. 24. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 1人1台環境での学習  授業ではiPadとChromebookを使用  先生は使いこなしており、レッスンをオンラ インで作成  5年前はiPadを導入、テスト問題の作成と使い やすさで順次Chromebookに切替え中  端末は持ち帰りなし、家からはiPhone等でア クセス 23 - 23 - 使用していたChromebook Chromebookでの一斉授業 使用ハード 充電保管庫に保管
  25. 25. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. システム、インフラ環境  先生も生徒も3システムを使い分け  オンライン学習やアセスメントをEngrade(McGraw Hill)  成績やレッスンプランはGBMS Moodle(MoodleをGBMS用にカスタマイズ)  コラボレーションやドキュメントの編集等はGoogle Apps 24 - 24 - Engradeでのアセスメント結果 Google Docでの学習指示
  26. 26. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. Sabin World Elementary School 25 - 25 -
  27. 27. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. Sabin World Elementary School 4歳~10歳(幼稚園~小学校5年)まで712名が 在籍 IB(国際バカロレア)認定校 国際バカロレア: 国際的な視野を持ち世界平和を目指す全人教育 (外交官等の子供の母国での大学進学のため、 世界共通の大学入学資格、成績認定プログラム)  67%:ヒスパニック、70%以上の親は英語以外  ヒスパニックの割合が多いため、各学年1クラスは スペイン語クラス  20~25人/1クラス  Jeneas、Gates 他のFoundationから資金  教員数25名、教員以外に修士の学生なども授業を 実施、IBのコーチング教員も4名在籍 掲示は2ヶ国語 - 26 - IBの理念を掲示
  28. 28. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 授業スタイル 4クラスがPersonalized Learning、2クラスは 通常指導 電子黒板を使った一斉授業 グループ学習は、1教室を3グループに分け、 目標別に授業を実施 個別学習は、オンラインで実施 自由な雰囲気でも遊んでいる子は皆無 - 27 - 人格も含めた上位者を掲示 個別学習 一斉学習 グループ学習
  29. 29. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 目標と達成  個人毎の時間割を作成し、カラーで表示  個別目標による個別授業を実施、生徒個々の学習レベルに合わせ、毎週、授 業カリキュラムを教師と生徒で設計  週毎の目標(ゴール)の達成を確認し、カリキュラムに反映 達成状況を掲示 - 28 - 個々の時間割はカラーで識別 人格も含めた上位者を掲示 教師も担当を確認
  30. 30. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. ICT環境  1人1台Chromebookを使用、持ち帰りはしていない  生徒1人1人にGoogleアカウントを付与  Google DocをWriting授業に利用  グループ学習は、Google Driveで共有して意見交換  修士の学生や教育実習生が授業を支援 - 29 - Google DriveでシェアBritannicaを使用 Google DocでWriting 簡易的な充電保管棚
  31. 31. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. 学校訪問から見えてくること 非常に大きくレベルの違う生徒が混ざったクラスで、それぞれ が学習できる環境を作っていた(遊んでいる生徒が皆無) 一斉授業に加え、グループ学習や個別学習を組合わせた学習を 1つのクラス内で実施していた ⇒ Blended Learning 様々な学習への対応は、ICTを活用することで実現していた 学校の日常の学習活動で1人1台環境を構築して活用していた 個人個人に合わせた学習を実現し、学習結果によって次の学習 が導かれていた ⇒ Adaptive Learning 個人の学習に関するあらゆる情報が蓄積され、分析される事が 土台となって個人の学習を実現していた 学習に関する情報の蓄積、分析、次の学習へのリコメンドが活 用されており、技術的な標準化も進んでいると思われた - 30 -
  32. 32. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. TCEAレポート  TCEA( Texas Computer Education Association)会員用のイベント  TCEAは、1980年設立、会員16,000人  セミナー:900セッション、展示会出展会社:450社  開催地:オースティン  プレミアスポンサー: 米国訪問調査報告 31 - 31 -
  33. 33. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. ハードウェア -電子黒板- - 32 -  主力は従来の液晶プロジェクタ投影型からLCD タイプへ  LCD主体だったプロメシアンも、78,87,95イ ンチ(写真)LCDタイプを展示  タブレットとのコラボ等の展示から、大型提示 を中心とした本来の役割の展示  ホワイボードとの組合せも登場
  34. 34. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. ハードウェア -理科教材- - 33 -  ワイヤレス技術利用教材  力学台車と滑走台: 加速度センサーのデータを転送  データロガー 生物・化学系、物理系など 測定は温度、pH、音、照度等様々  プログラミングロボット  PCでプログラミング、ワンボードコン ピュータへ転送  ワンボードコンピュータはArduino価格 約3,000円  対象は小中学校と思われる (動きの体感は特に低学年で有効)
  35. 35. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. ハードウェア -その他- - 34 -  3Dプリンタ  価格は10万円~30万円  ABS/PLA等の樹脂を溶かし成型 する物が中心  Chromebook  Googleのサービス前提の低スペック 廉価版展示  価格:$149~  Writingやプログラム教育でキーボー ド必須Chromeへの移行が進む (米国の教育用PCは2014年からChromebookが首位)
  36. 36. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. The + bear + is + blue - 35 -  3alive STUDIOS(AR応用の教材)  ARカードには動物や花や風景の写真  カードを動かすと様々な角度から3Dモデ ルを見る事ができる  動物カードにはボタンがあり、タッチす ると鳴き声や名前の発音等が流れる  「is」「red」「eat」などの単語カード があり、組み合せて短文を作成  短文は音声再生され、その内容にあった 動きを動物が行う  ALL in Learning(形成的評価PF)  選択式問題の解答にマーク  解答用紙には学習者を識別するQRコード  スキャナーやスマートフォンのカメラで 解答用紙を読み取ることで採点・集計を 自動で行う 教材系
  37. 37. Copyright ©2016 FUJISOFT INCORPORATED, All rights reserved. - 36 -  教材・LMS総合サービス  GradPoint(ピアソン)  Engrade(マグローヒル)  SIS(Student Information System)  Infinite Campus(業界2位)  Aeries(カリフォルニアでシェア50%) クラウド・バックエンド系 Engrade Infinite Campus GradPoint Aeries くわしくは、石坂さんから・・・

    Be the first to comment

    Login to see the comments

  • okbktr

    Apr. 27, 2016
  • HiromitsuWatanabe

    Apr. 19, 2017

日本電子出版協会 2016.04.26

Views

Total views

1,986

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

79

Actions

Downloads

62

Shares

0

Comments

0

Likes

2

×