Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

APL LCPと従来のDRM

341 views

Published on

2017年12月8日 日本電子出版協会
Advanced Publishing Laboratory報告会

Published in: Internet
  • Hey guys! Who wants to chat with me? More photos with me here 👉 http://www.bit.ly/katekoxx
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

APL LCPと従来のDRM

  1. 1. LCPと従来のDRM 2017.12.8 LCP WGリーダー 三瓶 徹
  2. 2. 従来型DRMの例 • 個々のコンテンツにユニークな鍵でコンテンツを暗号化し、 復号化する鍵を利用者に販売する形式を取っている。 • 復号鍵はコンテンツに対しユニークだが、ユーザに対して は共通だから、復号鍵をユーザに盗まれないセキュアな環 境が必要。 • 汎用PCの場合、ソフトウェア的にユーザやハッカーが攻 撃できないセキュアな環境を作っているが万全ではない。 • 不法プログラムが、パソコン内を流れる平文のコンテンツ 信号を盗まないよう、セキュリティを強化している。 • 最終的には目や耳で見聞きできる、いわゆるアナログホー ルもある。
  3. 3. 従来型DRMの例 セション鍵6生成 セション鍵5 秘密鍵 E 機器種別公開鍵 署名 D セション鍵6 セション鍵5生成 D E D 認証局ルート公開鍵 ライセンス EE 機器別公開鍵 機器別公開鍵 D D 秘密鍵 証明書 機器種別 公開鍵 ライセンス D HDD 暗号化 コンテンツ ライセンス サーバ セション鍵6生成 セション鍵5 秘密鍵 E 機器種別公開鍵 署名 D セション鍵6 セション鍵5生成 D E D 認証局ルート公開鍵 ライセンス EE 機器別公開鍵 機器別公開鍵 D D 秘密鍵 証明書 機器種別 公開鍵 ライセンス D 暗号化 コンテンツ ライセンス サーバ
  4. 4. LCP(Licensed Content Protection) https://readium.github.io/readium-lcp-specification/
  5. 5. LCP • 商用DRMは賛否議論がされているが、既に広く利 用されて統一の機会を失っており、新しいDRMを 採用するメリットを見いだせていない。 • Lightweight Content Protection から Licensed Content Protection へ名前を変えた、このDRMは これから採用する業者にとっては敷居が低い。 • アクセシビリティ対策として、LCPが選択肢の1つ と考えられ、委員の中で議論している。 • 特許に関しては、1995年出願の大きな特許は既に 切れているが、懸念は残る。
  6. 6. • 2000年マイクロソフト、コンテントガードに出資 • 2000年AdobeとInterTrustが電子ブックで提携 • 2001年松下とInterTrustが提携 • 2001年ソニーとInterTrustが提携 • 2001年Nokia社とInterTrustが提携 • 2002年ソニー、フィリップス社などが出資する投 資会社がInterTrustを買収 • 2004年マイクロソフトがInterTrustへ和解金4億 4000万ドル 過去の特許紛争
  7. 7. 指定番号 1世代 2世代 特許 出願 平08-526318 出願 2003-059518 登録 3996532 出願 2003-102185 登録 3950076 出願 2005-249688 登録 4272192 出願 2005-249767 出願 2003-115260 出願 2003-116576 登録 3905489 出願 2005-251627 登録 4008937 出願 2003-117920 出願 2005-253052 出願 2005-253059 登録 4643398 出願 2003-121056 出願 2003-124706 登録 4128902 出願 2003-126862 出願 2005-259768 登録 4008938 出願 2005-259801 特許は?

×