Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

APL JLreq WG報告

396 views

Published on

2017年12月8日 日本電子出版協会
Advanced Publishing Laboratory報告会

Published in: Internet
  • Hey guys! Who wants to chat with me? More photos with me here 👉 http://www.bit.ly/katekoxx
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

APL JLreq WG報告

  1. 1. 村田真 (慶應大学特任教授、JEPA CTO) APL JLreq WG報告
  2. 2. ゴール 「JLreq_WGのゴールは、現状のJLreq(ver.2)を批判的に継承し、日本語のみな らず、さまざまなメディア上でのさまざまな言語での視覚表現の今後の在り方 を議論するための、議論の軸を提供することにある。」(小林リーダ)
  3. 3. どうして批判的継承? JLreqの組版要件は、時代と活版印刷技術という制約の下での解にすぎない。 和本の時代には、また別の解があった。 デジタル情報通信環境では、また別の解があるのではないか?
  4. 4. 小林敏 JLreq 橋口侯之介(オブザーバー) 和本 木田泰夫 元Apple Florian Rivoal CSS 小林潤平 後述 村田真 小林龍生 メンバー
  5. 5. 読みやすく誤解の少ない版面/画面とは (小林潤平らの実証研究) 文節単位での視線移動のロスが少ない 改行の際の次行行頭への視線移動が容易である
  6. 6. 四領域に分けて検討する 《行組版の領域》 《複数行にわたる組版の領域》 《ページ構成要素の領域》 《注や引用に係わる領域》
  7. 7. ページ構成(もしくはページなし) ページ分けされた文書(冊子本) ◦ 画面サイズに応じて改行・改ページ位置が変化するもの (adaptive or reflowable) ◦ いつも改行・改ページ位置が同じもの (non-adaptive or pre-paginated) スクロール可能な文書(巻子本) ◦ 画面サイズに応じて改行位置が変化するもの (adaptive or reflowable) ◦ 画面サイズに応じて改行位置が変化しないもの (non-adaptive or pre-paginated)

×