Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ARICセミナープレゼン

1,367 views

Published on

3/9 ARICセミナー 岩崎発表資料

Published in: Science

ARICセミナープレゼン

  1. 1. ARICセミナー 2016/03/09 公共セクターにおける FOSSの活用 (国研)農業環境技術研究所 OSGeo財団日本支部 岩崎 亘典 niwasaki@affrc.go.jp
  2. 2. 今日の発表内容 • FOSSについて – 無料ソフトとの違い – 関連してオープンデータについて • 公共部門におけるFOSSの活用事例 – 国内外政府機関 – 国際機関 – 地方自治体 • FOSSを利用する利点 • まとめ 2Agenda
  3. 3. 今日の発表内容 • FOSSについて – 無料ソフトとの違い – 関連してオープンデータについて • 公共部門におけるFOSSの活用事例 – 国内外政府機関 – 国際機関 – 地方自治体 • FOSSを利用する利点と注意点 • まとめ 3Agenda
  4. 4. 発表者について • 略歴 – 東京都立大地理科(学部) – 東京工業大学(修士・博士) – 農業環境技術研究所 • 生態系計測研究領域 – 4月からは農研機構に統合 • 研究テーマ – 農村地域における歴史的土地利 用変化の解明 – FOSS4Gを利用した地理空間情報 の利活用手法の検討 • 活動 – OSGeo財団日本支部 4自己紹介
  5. 5. ARICセミナー 2016/03/09 FOSSについて
  6. 6. FOSSについて • Free and Open Source Softwareの略 – 自由に利用できるソフトウェアのこと – 「FLOSS」と呼ぶこともあります – 設計図であるソースコードが公開されている 6What's FOSS?
  7. 7. 無料のソフトとは違うのか? • 「フリーソフト」は有名です – たとえばAdobe Acrobat Reader 7What's FOSS?
  8. 8. 「フリーソフト」は無料ですが・・・ • 無料ですが「制限」があります 8What's FOSS?
  9. 9. FOSSの特徴 • 自由に、入手・修正・再配布でき、どの 様な目的でも使えること – 無料ではなく自由が重要です • http://www.opensource.org/docs/osd 9What's FOSS?
  10. 10. FOSS4Gについて • FOSSに「for Geospatial」がついたのがFOSS4G – 大阪市立大学ベンカティッシュ・ラガワン教授の提唱 • 現OSGeo Foundation President • 2012年のソル・カッツ賞 (Sol Katz Award for Geospatial Free and Open Source Software) を受賞 – なにわのインド人! 10What's FOSS?
  11. 11. オープンデータについて • 同様に自由に使えるデータが「オープン データ」です – 日本政府も取り組んでいます 11What's FOSS? http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/densi/jichibukai/dai1/siryou3.pdf
  12. 12. ソフトとデータは車輪の両輪 • 両方が揃って新たな活用が生まれます 12What's FOSS? http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/densi/aratanaod/aratanaod_gaiyou.pdf
  13. 13. この資料もオープンデータです • クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 13What's FOSS? オープンデータ流通推進コンソーシアムの取組と提言 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/densi/dai3/siryou3.pdf
  14. 14. 無料で大丈夫? • 無料だから「安かろう悪かろう」では? – 海外でもよくいわれます • オープンソースソフトについての10の迷信 – 実際の利用についてご紹介します 14What's FOSS?
  15. 15. ARICセミナー 2016/03/09 公共機関におけるFOSS の活用事例
  16. 16. FOSSには様々なソフトウェアがあります • サーバ、Webアプリ – インターネットサーバーで動作 • OS、デスクトップアプリ – PCで動作 • ライブラリー、プラグイン – 他のソフトと一緒に使う 16公共機関におけるFOSSの活用事例 サーバ、Webアプリ インターネット デスクトップ デスクトップ +プラグイン デスクトップ ライブラリー ライブラリー ライブラリー
  17. 17. 日本政府における利用 • 首相官邸ホームページでも使われていた – 現時点では確認できず・・・ 17公共機関におけるFOSSの活用事例 http://www.slideshare.net/YutakaKachi/ss-8616029/11
  18. 18. DATA.GO.JP • 政府のオープンデータカタログサイト 18公共機関におけるFOSSの活用事例 http://www.data.go.jp/
  19. 19. DATA.GO.JP • CKANというデータカタログを使用 – 英国・Open Knowledgeが開発 19公共機関におけるFOSSの活用事例 http://ckan.org
  20. 20. CKAN採用サイト • 国土地理院 地理空間情報クリアリングハウス • 農業環境技術研究所 農業環境情報カタログサイトNIAES VIC 20公共機関におけるFOSSの活用事例
  21. 21. G空間プラットフォーム • 総務省が開発中のG空間情報の集約サイト 21公共機関におけるFOSSの活用事例
  22. 22. CKANを使う利点 • データの連携が可能です • 改良が可能 22公共機関におけるFOSSの活用事例
  23. 23. http://www.soumu.go.jp/main_content/000349875.pdf
  24. 24. G空間プラットフォームで使用されるFOSS 24公共機関におけるFOSSの活用事例 http://www.data.go.jp/ http://i.csis.u-tokyo.ac.jp/event/20160126/index.files/160126_csisi_13_03.pdf
  25. 25. G空間プラットフォームで使用されるFOSS • FOSSで構成されています – CKAN → データカタログサイト – Drupal → Webサイト管理 – Apache Solr → 全文検索システム – REDMINE → タスク管理 – GeoServer, PostGIS, MapProxy → 地図データ管理 – Cesium, leaflet → 地図データ表示 25公共機関におけるFOSSの活用事例
  26. 26. Drupal • CMS(コンテンツ・マネージメント・シス テム) – Webサイトの管理や更新を行うシステム 26公共機関におけるFOSSの活用事例
  27. 27. Drupalの利用機関 • the WHITE HOUSE – 利用するだけでなく改良にも貢献 27公共機関におけるFOSSの活用事例
  28. 28. Drupalの利用機関 • .GOVの23.8% – FOSSでは、41.9% 28公共機関におけるFOSSの活用事例 http://i.csis.u-tokyo.ac.jp/event/20160126/index.files/160126_csisi_13_06.pdf
  29. 29. 日本国内でのDrupalの利用 • 政府CIOポータル – CIOとは最高情報責任者のこと • 政府情報化統括責任部門 29公共機関におけるFOSSの活用事例
  30. 30. 国土地理院におけるFOSS(FOSS4G)の利用事例 • 日本で最もFOSS4Gを活用している公的機関 30公共機関におけるFOSSの活用事例 http://www.slideshare.net/hfu/foss4g-27808866 2013年FOSS4G Tokyoでの発表資料より ライブラリー デスクトップ サーバー
  31. 31. 地理院地図および地理院地図3D • 地理院地図 → leaflet • 地理院地図3D → three.js 31公共機関におけるFOSSの活用事例
  32. 32. FOSSとして公開 • Web上でソースコードを公開 – 自分の地図サイトが構築可能 32公共機関におけるFOSSの活用事例
  33. 33. leaflet • 地図を表示するためのライブラリ – スマホの表示にも対応 33公共機関におけるFOSSの活用事例
  34. 34. three.js • 3Dデータを表示するためのライブラリー 34公共機関におけるFOSSの活用事例
  35. 35. その他のライブラリー • D3.js – データ可視化のためのライブラリー 35公共機関におけるFOSSの活用事例
  36. 36. 国連難民高等弁務官事務所・難民データの可視化 36公共機関におけるFOSSの活用事例
  37. 37. デスクトップ・アプリの利用事例 • LibreOffice – オープンソースのオフィススイート 37公共機関におけるFOSSの活用事例
  38. 38. 会津若松市によるLibreOfficeの利用 • 費用削減と文書の管理効率化を目的 – 普及・啓発活動も行ってられます 38公共機関におけるFOSSの活用事例 http://www.osscons.jp/jo70xbywl-25/?action=common_download_main&upload_id=313
  39. 39. デスクトップGISの利用事例 • QGIS 高機能なデスクトップGIS 39公共機関におけるFOSSの活用事例 http://www.mlit.go.jp/common/001037797.pdf
  40. 40. GRASS GIS • 分析機能に優れたGIS – 地球地図の作成に使用 40公共機関におけるFOSSの活用事例 http://www1.gsi.go.jp/geowww/globalmap-gsi/download/gmrd/manual/GMRD_manual_jp.pdf
  41. 41. ARICセミナー 2016/03/09 FOSSを利用する利点と注意点
  42. 42. 公的機関がFOSSを導入する利点 • コスト削減 – 導入よりも配布可能な点が有利 • 持続的運用 – オープンスタンダードの採用 – 業務の引継が容易 • 業務の効率化 – ライセンス管理が必要ない – ベンダーロックインを回避 – 小さな改修は自分で対応可能 42FOSSを利用する利点と注意点
  43. 43. 地理空間情報に関する今後(5~10年)の見通し • FOSSの利点と注意点が指摘されている – 作成は英国陸地測量部(Ordinance Survey) 43FOSSを利用する利点と注意点 http://ggim.un.org/docs/Future%20Trends%20JPN_rev.pdf
  44. 44. FOSS利用にあたっての注意点 • 総合的コストの考慮 – 人的資源の育成等も必要 • FOSSに限りませんが – カスタマイズ等にもコストがかかる • コミュニティとの関係の構築 – 積極的に動かなければ意見は伝わらない • 開発、改良、普及等での貢献も必要 • 日本語化の問題 – 開発母体が海外のことが多い • 有志が行っている状態 44FOSSを利用する利点と注意点
  45. 45. ARICセミナー 2016/03/09 まとめ
  46. 46. 公共セクターにおけるFOSSの活用 • FOSSとは – 無料ではなく、自由に使えるソフトウェア • FOSSの利用実績 – 日本国政府、海外政府や国際機関、地方公共 団体、研究機関等で活用されている • 信頼性があるといえる • FOSS導入の利点と注意点 – コスト削減、持続的運用、業務の効率化 – 総合的コスト、コミュニティへの関与、日本 語化 46まとめ
  47. 47. Ordnance Surveyの公式ブログもご参考に • ほとんど同じタイトルです(^^; 47まとめ https://www.ordnancesurvey.co.uk/blog/2016/03/using-open-source-gis-in-the-public-sector/
  48. 48. ARICセミナー 2016/03/09 ご清聴ありがとうございました 本スライドは http://www.slideshare.net/wata909 で公開します 連絡先:niwasaki@affrc.go.jp

×