UIデザインは誰のもの?

26,611 views
33,564 views

Published on

Prott User Meetup vol.11 Google Playベストアプリ特集 で話したことです。
補足などをここに書きました。
http://tech.pepabo.com/2016/02/05/talked-about-ui-design/

Published in: Design
0 Comments
84 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
26,611
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11,780
Actions
Shares
0
Downloads
28
Comments
0
Likes
84
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

UIデザインは誰のもの?

  1. 1. UIデザインは誰のもの? GMOペパボ @naomeme Prott User Meetup vol.11
  2. 2. ハンドメイド作品を 売ったり買ったりできる 国内最大のマーケット
  3. 3. @naomeme minneのアプリデザイナー
  4. 4. UIデザインは誰のもの?
  5. 5. みんなのもの
  6. 6. なぜだろう?
  7. 7. きっかけ
  8. 8. アプリのデザイン はじめたばかりの頃
  9. 9. デザイナー エンジニア たのむ デザイン
  10. 10. デザイナーが画面つくって エンジニアにパス
  11. 11. こまごました作業なら まあまあ大丈夫
  12. 12. 新機能や大きな改修
  13. 13. うーん
  14. 14. デザイナー エンジニア つらい デザイン だめだった
  15. 15. デザインが行ったり来たりする
  16. 16. 実現むずかしい ここはもっとこうしたほうが… 数字落ちるかも通信量やばそう ここがいけてない 画面遷移が矛盾してる minneっぽくない 色々な理由(フィードバック)がある ○○の場合はどうなる? 工数かかる
  17. 17. なにかしら見落としたまま 実装がはじまる
  18. 18. うまくいかない
  19. 19. UIデザインってなに?
  20. 20. ユーザーが直接触れるもの
  21. 21. 開発に必要な地図
  22. 22. このままだと実装がスムーズに すすまない
  23. 23. なんでこうなる?
  24. 24. デザイナーの力不足 確認もれ
  25. 25. もっと掘り下げると
  26. 26. 視点が足りてない?
  27. 27. たとえば
  28. 28. デザイナー視点ではOK エンジニア視点ではダメ
  29. 29. UIデザインはさまざまな視点で 見られている
  30. 30. UIデザイン
  31. 31. UIデザイン 実装できそう? 通信量 だいじょうぶ? 目的は果たせてる? 工数と効果の バランスは? いいデザインか? わかりやすい? よい体験になる? あらゆる場合を 想定できてる?
  32. 32. UIデザイン 実装できそう? 通信量 だいじょうぶ? 目的は果たせてる? 工数と効果の バランスは? いいデザインか? わかりやすい? よい体験になる? あらゆる場合を 想定できてる? UIデザインする時に 考えなくちゃいけないこと
  33. 33. 当時のわたし
  34. 34. UIデザイン 実装できそう? 通信量 だいじょうぶ? 目的は果たせてる? 工数と効果の バランスは? いいデザインか? わかりやすい? よい体験になる? あらゆる場合を 想定できてる?
  35. 35. ほとんど見えてない
  36. 36. どうしよう?
  37. 37. 全部の視点を手に入れる みんなの目を借りる
  38. 38. 全部の視点を手に入れる みんなの目を借りる
  39. 39. minneのアプリ開発チームには 10人以上いる
  40. 40. みんながそれぞれの目で 同じものを見る
  41. 41. minneのみんなで見る
  42. 42. なにを見るか
  43. 43. 動くものがいい
  44. 44. 画面遷移 触り心地
  45. 45. プロトタイピング
  46. 46. Prottを選んだ理由 共有が簡単(ブラウザ!) だれでも使える sketch連携がうれしい Androidアプリがある
  47. 47. 各々で見てもらうのはもちろん、 みんなで画面を見ながら話す時にも ちょうどよかった
  48. 48. みんなで同じものを 見ながら話すこと
  49. 49. 意識のズレが少なくなる
  50. 50. 意見を言いやすい
  51. 51. 話の内容が具体的になる
  52. 52. 次にやることがはっきりする
  53. 53. どこで見るか
  54. 54. レビュー会
  55. 55. MTG 机のまわり 人多い 人少ない 深い 気軽 夕会 発生する場面
  56. 56. 発生する場面 夕会 MTG 机のまわり 人多い 人少ない 深い 気軽 夕会 朝会と夕会 夕会は自由に使える 全員参加
  57. 57. MTG 人多い 人少ない 深い 気軽 夕会 発生する場面 机のまわり 予告して集まったり 自然発生したりする 参加したい人
  58. 58. MTG 机のまわり 人多い 人少ない 深い 気軽 夕会 発生する場面 MTGのときに 画面見ながら話す 関係者MTG
  59. 59. レビュー会がおわったら…
  60. 60. メモったフィードバックを 必ず見えるところに書いて共有
  61. 61. minneではgithubのissueに 残しています
  62. 62. みんなの目を借りたら こうなった
  63. 63. デザイナー エンジニア いける デザイン いける いける
  64. 64. デザインをパスする前に 問題を発見できるようになった
  65. 65. さらに
  66. 66. 自分の目がふえた
  67. 67. UIデザイン 実装できそう? 通信量 だいじょうぶ? 目的は果たせてる? 工数と効果の バランスは? いいデザインか? わかりやすい? よい体験になる? あらゆる場合を 想定できてる?
  68. 68. UIデザイン 実装できそう? 通信量 だいじょうぶ? 目的は果たせてる? 工数と効果の バランスは? いいデザインか? わかりやすい? よい体験になる? あらゆる場合を 想定できてる?
  69. 69. 「わかった」ではないけど 「気にする」ことはできる
  70. 70. 目がふえると 提案のしかたが変わる
  71. 71. たとえば
  72. 72. こうありたい こうありたい A A′ これがいい! 見た目ちょっと 変えたやつ これが
  73. 73. こうありたい すぐできそう A B 工数かかるけど こうなりたい! すこしの工数で 目的は達成できる こうなる
  74. 74. プランがいくつかあると 開発が柔軟になる
  75. 75. スタイル中心の話から ひとつ抜けることができた
  76. 76. そろそろおわります
  77. 77. UIデザインは多くの人にとっての 「使いやすい」を目指したい
  78. 78. 多くの目に触れて揉まれると どんどんよくなる
  79. 79. たくさんの目で プロダクトを見つめよう
  80. 80. おわり

×